えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

『HEADS UP!』

OG公演レビュー

黒木瞳の圧巻のヒロインぶりが光る、明治座11月公演『京の螢火』上演中!

s_D___1177

幕末の動乱に揺れる京都・伏見を舞台に、維新の嵐が吹き荒れる激動の時代を生き抜いた寺田屋お登勢とその夫伊助を描いた物語『京の螢火』が、日本橋浜町の明治座で上演中だ(26日まで)。

『京の螢火』は1971年に明治座で上演された『京の螢火〜お登勢と竜馬〜』を、脚本家・演出家として活躍するわかぎゑふが、初演の良さを残しつつも、2017年に相応しい幕末ものとして新たに書き下ろした。黒木瞳演じる伏見の船宿「寺田屋」の女将お登勢と、筧利夫演じるその夫伊助を中心とした夫婦の物語を軸に、藤本隆宏演じる坂本龍馬、のちにその妻となる、田村芽実演じる若き日のおりょう、渡辺大輔演じる幕末の志士ら、多彩な登場人物たちが織りなす、動乱の時代の中にあってもひたむきに生きる市井の人々の、人間味あふれるドラマが展開されている。

s_X___0145

【物語】
安政の末、初夏の京都、伏見。
蛍の光が美しい夕刻、伏見の船宿「寺田屋」の跡取り息子・伊助(筧利夫)の元に、彦根から1人の娘が嫁いでくる。彼女の名はお登勢(黒木瞳)。白無垢姿も美しい彼女は、寺田屋に骨を埋める覚悟で婚礼に臨もうとしていたが、伊助の母お定(沢田亜矢子)は、この縁組が気に入らず祝言の席には出ないと言い張り、姿を見せようともしない。更に肝心の伊助も箒を手に掃除をし続けている有様で、お登勢に付き添ってきた叔父、叔母は立腹。お登勢を連れ帰ろうとするが、お登勢は「ひとたび嫁ぎ先の敷居をまたいだからには、自分は寺田屋の人間。戻る実家はありません」とその場を動こうとしない。そんなお登勢の健気さに打たれた寺田屋の親戚筋に当たる医者・玄庵(伊藤正之)のとりなしで、ようやく祝言があげられることになり、お登勢は晴れて寺田屋の若女将となる。

s_X___0110
 
だが、姑のお定だけでなく、伊助の妹お椙(桜乃彩音)もお登勢が気に入らず、恋仲の五十吉(河相我聞)と計ってお登勢を追い出そうと画策するが、やはり玄庵の機転で図り事が露見し、ここが潮時と伏見を後にした五十吉を追って、お椙は駆け落ち。老いには勝てなくなってきたお定、商売には全く身が入らない伊助に代わって、お登勢が店を切り盛りするようになり、番頭の佐市(深沢敦)をはじめ、奉公人たちも女将としてのお登勢を認めていく。
嫁入りから四年後の文久二年の春、お登勢は店の前に捨てられていた赤ん坊を拾い、居合わせた討幕派の薩摩藩士・有馬新七(渡辺大輔)は、この赤ん坊の為にも自分たちが良い世の中に変えていく、と語りかけるが、直後に穏健派の薩摩藩士の一党が現われ、味方同士のはずの薩摩藩士が互いに斬り合いとなり、新七は壮絶な最期を遂げる。心優しい青年が目の前で命を落としたことに、お登勢はただ慄然と立ち尽くす。

s_D___1056
 
事件から更に四年。捨てられた子供を我が子として育てていたお登勢の前に、変わり果てたお椙が現われ、思いもかけぬ真実を語り、祭りの喧噪の中に走り去ってしまう。必死で後を追ったお登勢は、元土佐藩の浪士・坂本龍馬(藤本隆宏)と、おりょう(田村芽実)という若い娘に出会い、龍馬からおりょうを養女として預かって欲しいと託される。新七の死から、新しい時代の胎動に目を向けるようになったお登勢は、おりょうを預かることにする。
そんなある日、龍馬を訪ねて薩摩から中村藤次郎(渡辺・二役)がやってくる。新七に面差しがそっくりの藤次郎にお登勢は驚きを隠せなかったが、薩摩と長州が手を結ぶことに奔走する龍馬と志を同じくする藤次郎を、快く迎え入れる。そんな寺田屋に、幕府守護職の新選組の一団が御用改めだと踏みこみ、藤次郎をかくまったお登勢と新選組の間で、押し問答が続いているのを、とっさの機転で伊助が助け、難を逃れる。だが伊助は、寺田屋が討幕派の隠れ家になることを好まず、天下国家がどうなろうと、自分たちはここで生きていくしかないのだと語るが、維新へと向かう時代の嵐は、確実にお登勢と伊助の夫婦を巻き込んでいき……

s_X___0688

作品の原作の1つである司馬遼太郎の『竜馬がゆく』は、やはり司馬の作品である新選組副長・土方歳三の生涯を描いた『燃えよ剣』と並ぶ、幕末ものの揺るぎない最高傑作として読み継がれている小説だ。特に坂本龍馬、土方歳三、沖田総司など、幕末の永遠のヒーローたちの人となりや、性格を、日本人のほとんどが、司馬の小説の造形そのままに信じ、認知しているのは思えば驚異的な話で、司馬遼太郎という作家の鬼才ぶりは、この一事だけでも揺るぎようのないものだろう。

だがその一方で、2017年に没後20年を数えた時代小説家・藤沢周平の、歴史上のヒーローを扱うのではなく、架空の小藩の名もなき武士や、市井の人々がただひたすら真摯に、懸命に生きる姿を描いた時代小説群が、空前の大ヒットとなり愛され続けているのも、現代の確かな潮流となっている。それは、この作品の元になった『京の螢火〜お登勢と竜馬〜』が上演された1971年当時からの大きな変化で、実在したヒーローたちだけではなく、歴史に名を残してはいないが、確かに生きていた市井の人々に、今、現在の日本人の心が共振している証でもあった。

s_X___1192

今回、『京の螢火』を新たに書き下ろしたわかぎゑふは、その時代が求めている風を確実にとらえている。ここには、「寺田屋事件」の現場となったことで後世に知られる「寺田屋」を舞台にし、坂本龍馬をはじめとした実在の幕末の志士たちを多く登場させながらも、主人公はあくまでも「寺田屋」に嫁いだお登勢という女性であり、その夫の伊助であるという、市井の人々を中心にした視点がある。そのため舞台には、非常にわかりやすい嫁姑の確執や、小姑の駆け落ち騒動などの、人間ドラマが内包されつつ、登場人物たちが逃れ難く歴史の荒波にもまれる様と、だからこそ拠り所になる夫婦愛が描かれていて胸をうつ。そうした視点を持ったことで、この作品は、こんな人たちが確かにいたかもしれないと思え、絵空事にならずに共感できる、時代ものの芝居の在り方としての、ひとつの形を指し示したものとなった。明治座初登場という演出家わかぎゑふの力が、2017年ならではの時代劇を生み出しているのが素晴らしい。

D___1204

そんな舞台の中心、ヒロインお登勢に扮した黒木瞳の力量が、作品の陰影を深めている。白無垢姿で登場する初々しい花嫁姿から、姑、小姑との軋轢に耐え、幕末の志士に共感し、やがて度量の深い大女将として成長していく。まるで絵に描いたような女優芝居を、十二分に支える黒木の演技力に、持ち前の愛らしさ、美しさが加わり、押しも押されもせぬ主演ぶりだ。こうした女優芝居が、減少の一途をたどる時代にあって尚、黒木瞳が女優芝居の華を咲かすことのできる、数少ない大女優だと改めて示した快演となっている。

s_D___0924

その夫伊助の筧利夫が、飄々と舞台に位置しているのも、作品のカラーを助けている。あっちもこっちも汚いと、いつも掃除ばかりしている伊助が、つまりは世の中が汚いと言っていることを、きちんとわからせた上で決して説教臭くならないのは、筧の軽やかさあったればこそ。それでいていざとなると頼りになる夫の造形が見事。

s_D___1022

この夫婦に関わる歴史上の有名人たちでは、坂本龍馬の藤本隆宏の骨太な造形が面白かった。これまでの龍馬像からすると、もう少し軽みのある人物を想像し勝ちだが、それは前述した通り司馬史観が生み出した龍馬像であって、こうしたどっしりした人物が坂本龍馬でも何も間違っていないし、むしろ新鮮だ。
特に藤本の持ち味に鷹揚な温かさがあるのが、おりょうと結婚する前の作中の流れに相応しく、明治座初登場となった田村芽実のおりょうの、真っ直ぐに体当たりの演技を包み込んでいて、田村の清新さも生き、良い並びだった。田村にとっても女優としての大きなステップになるはずの、この舞台は長く記憶に残るものとなることだろう。

s_D___1153

また、有馬新七と中村藤次郎の二役を演じた渡辺大輔の美丈夫ぶりが、なんとも爽やかで強烈に目を引く。寺田屋騒動で、自分が盾になる形になった為に、敵を倒せない同志に「おい(俺)ごと刺せ!」と叫び、敵方と共に串刺しになって命を落としたというエピソードが、あまりにも有名な有馬新七なだけに、せっかく当代の若手人気俳優である渡辺の出番が、これだけなのかと案じられたが、そこはさすがのわかぎゑふが、有馬に面差しがそっくりという設定の薩摩藩士・中村藤次郎として2幕にも登場させ、お登勢との芝居も実に効果的。殺陣も美しく決まり、ミュージカルでの活躍が顕著な渡辺の、和物の芝居での可能性も、さらに広がっていくのを感じさせた。

s_D___0267

また、黒木と同じ元宝塚歌劇団トップ娘役だった桜乃彩音が、出産後の復帰舞台として伊助の妹お椙を演じ、ただ綺麗な小姑ではない、ドラマチックに変化していく役柄を巧みに魅せている。お登勢に辛くあたっている時でも、徹底的に嫌な女にならないのが、桜乃のたおやかな美しさならではで、やはりこの人の華は貴重。今後も是非様々な舞台で活躍して欲しいものだ。

s_X___0576
D___0078

そのお椙と恋仲の五十吉の河相我聞は、ヤクザ者の持つ危ない魅力を発揮。寺田屋の姑お定の沢田亜矢子の権高さも当を得ている。一方、番頭・佐市の深沢敦と医者・玄庵の伊藤正之は、お登勢の味方になり、観客から見て親近感がわく役柄を、温かく造形して舞台に人情の香りを立ち上らせた。

s_D___0792

演出面でも、回り舞台や幕前、花道の芝居を絡ませながら、適度にスピード感がありつつも、明治座ならではのゆったりとした芝居の流れを上手く残したわかぎの功績が光り、黒木を中心に全員が歌い踊るカーテンコールの趣向も洒落ていて、2017年の、更に明治座ならではの、親しみやすく楽しく、心に沁みる時代ものの舞台となっている。

s_X___1369
s_X___1428


〈公演情報〉

 0000000079362
明治座11月公演『京の螢火』
原作◇織田作之助「螢」司馬遼太郎「竜馬がゆく」脚本 北條誠より
脚本・演出◇わかぎゑふ
出演◇黒木 瞳、筧 利夫、藤木隆宏、渡辺大輔、桜乃彩音、田村芽実/深沢 敦、伊藤正之、河相我聞、沢田亜矢子   ほか
●11/3〜26◎明治座
〈料金〉 S席(1階席・2階前方席)12,000円 A席(2階後方席・車椅子スペース)8,500円  B席(3階席)6,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉明治座チケットセンター 03-3666-6666(10時〜17時)





【取材・文・/橘涼香 写真提供/明治座】



『えんぶ8号』
kick shop nikkan engeki 

浅丘ルリ子、香寿たつきの出演する話題作『プライムたちの夜』開幕!

s_1.(右から)浅丘ルリ子、香寿たつき

新国立劇場では、人工知能と人間の幸福をめぐる注目の舞台『プライムたちの夜』が、11月7日に開幕した。
 
この作品『プライムたちの夜』は、現代欧米戯曲を日本で初演する企画の第5弾で、アメリカの新進作家ジョーダン・ハリソンによる戯曲。2014年、ロサンゼルスでの初演直後から反響を巻き起こし、2015年にピュリッツァー賞の最終候補作品となり、オフ・ブロードウェイでの再演、さらには映画化され、2017年サンダンス映画祭でプルミエ公開され高い評価を得ている。
 
演出を手がけるのは、新国立劇場芸術監督の宮田慶子。出演は、宮田の熱望により新国立劇場初登場となる浅丘ルリ子、さらに香寿たつき、相島一之、佐川和正という演出家の信頼あついメンバーが顔を揃えている。

s_2.(右から)浅丘ルリ子、相島一之、香寿たつき

【ものがたり】
とある家の居間、85歳のマージョリー(浅丘ルリ子)が、30代のハンサムな男性(佐川和正)と会話している。だが、昔の二人の思い出に話が及ぶと、その内容に少しずつ齟齬が生まれる。戸惑うマージョリー。実はその話し相手は、亡き夫の若き日の姿に似せたアンドロイドだった。薄れゆくマージョリーの記憶を何とかとどめようとする娘夫婦(香寿たつき、相島一之)。愛する人を失いたくない家族の愛をテクノロジーはどこまで補えるのだろうか......。

愛した故人をアンドロイド ―プライム― としてもう一度蘇らせる。だが、「この人はこういう人だった」と、データをインプットするのはもちろん人間である。これは近未来を舞台に、人の記憶と永遠の愛をテーマにした、少し切なく、胸が暖かくなる物語。 
 

フォトコールと囲み取材映像はこちら

〈公演情報〉
開場20周年記念公演
『プライムたちの夜』
作◇ジョーダン・ハリソン 翻訳:常田景子
演出◇宮田慶子
出演◇浅丘ルリ子 香寿たつき 佐川和正 相島一之
●11/7〜26◎新国立劇場 小劇場
〈料金〉A席 6,480円円 B席 3,240円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999




【資料提供/新国立劇場 撮影/谷古宇正彦】



チケット全品最大で60%OFF!
kick shop nikkan engeki 
 

大地真央と中村梅雀が演じる史上最強のおもろい夫婦の物語『夫婦漫才』開幕!

s_レタッチ済み_98A8399
 
“日本最高のコメディエンヌ”大地真央と、歌舞伎からコメディまで芸達者でドラマでも活躍中の中村梅雀。2人が史上最強のおもろい夫婦を演じる舞台『夫婦漫才』が、11月6日に福岡・博多座で開幕した。(18日まで。その後、大阪・新歌舞伎座、東京・シアター1010で上演)
この作品は俳優・豊川悦司が2001年に脚本・監督を務めたテレビドラマを原作に、ラサール石井が演出、脚本は俳優・池田鉄洋としても活躍する池田テツヒロが担当している。

s_OK_98A8743

【あらすじ】
“あんたの横にはいつもうちがおる だから行こう、一緒に行こう”
大阪の長屋で、まるで兄妹のように育ってきた信子(大地真央)と伸郎(中村梅雀)。器量よしで美人な信子とぱっとしない伸郎の“のぶ”コンビは長屋の人気者だったが、ついに伸郎に赤紙が届く。
戦後、夫婦となり3人の子宝に恵まれたが、定職にもつかずふらふらしている伸郎に信子は腹を立て、毎晩長屋に響きわたる夫婦喧嘩の声。ところが、この喧嘩が掛け合い漫才のようで面白いと評判を呼び、プロの漫才師としてデビューすることになる。家族を、長屋の人々を、お客さんを笑顔にすることが皆を幸せにすることだと仕事に打ち込む二人だが、突然悲劇はやってきて…。

s_OK_98A9190

戦争、貧困、高度成長、テレビ黄金期、漫才ブーム。激動の昭和から現代を、夫と家族を支えながら、前向きかつ豪快に突き進む信子。伸郎と共に二人手を取り、夫婦で歩む笑いと涙の珍道中の行く先は・・・。

s_OK_DSC_1714

初日公演の終演後には、出演の大地真央・中村梅雀・川麻世・正司花江、そして演出のラサール石井が登壇し、囲み取材が行われた。

主演の大地真央は、ひょんなことから夫と夫婦漫才コンビを結成し、激動の昭和から現代を明るくたくましく生きた女性を演じている。「実は、現代を生きた普通の日本人女性の役を舞台で演じることも、関西弁をしゃべるのも宝塚のトップお披露目公演以来初めてだったので、とても新鮮でした。でもお客様の反応がとても温かくてホッとしています」と初日を迎えた感想を大地が語る。
その大地を「王女とかそういう役ばかり演じてきた真央さんが、ごく普通の庶民の役を演じるというのも見どころです」と演出のラサール石井。
また、大地の夫役を演じる中村梅雀が「関西弁の役は苦手でこれまで封印してきたのですが、真央さんのおかげでスッとその世界観に入ることができました」と安堵の表情を見せると、息もピッタリに大地から「せやろ!」と関西弁で相の手が。そんな二人に、川麻世が「何があっても支え合う、夫婦のあるべき姿を舞台で勉強させていただいています(笑)」と感想を語り、笑いを誘う一幕も。 
劇中では、戦争、貧困、高度成長、テレビ黄金期、漫才ブーム、オリンピックなど昭和を象徴する事柄が多く登場。ラサール石井は「真央さんの劇中でのファッションも、それぞれの時代にあったものを揃え、コートも含めると全部で20着、着てもらっています。それだけ見ても昭和女性ファッション史として楽しんでいただけると思います」と見どころを語る。 
音楽も「東京五輪音頭」「世界の国からこんにちは」など、昭和を彩った名曲が多数登場。なんと芸歴80年(!)を迎えるという正司も「共演したことのある方の曲も多く、本当に懐かしくて涙が出そうです。皆さんにも懐かしく観ていただけると思います」と語った。
最後に大地より「本当に笑いあり涙ありの面白いお芝居に仕上がったと思います。是非劇場お越しいただき、この時間と空間を共有していただけたらと思います。」と締めくくった。

s_OK_98A8983

〈公演情報〉
『夫婦漫才』 
原作◇豊川悦司
脚本◇池田テツヒロ
演出◇ラサール石井
出演◇大地真央、中村梅雀
川麻世、村上ショージ、竹内都子、上杉祥三
朝倉伸二、福本伸一、弘中麻紀、未沙のえる、南翔太
吉沢京子、正司花江 ほか
●11/6〜18◎博多座
〈料金〉A席13,000円 特B席10,000円 B席7,000円 C席4,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉博多座電話予約センター 092−263−5555(10:00〜18:00)
●11/22・23◎新歌舞伎座 
〈料金〉1階席10,000円 2階席5,000円 3階席3,000円 特別席12,000円
(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新歌舞伎座テレホン予約センター 06-7730-2222(10:00〜18:00) 
 http://www.shinkabukiza.co.jp
●11/29〜12/4◎シアター1010 
〈料金〉全席指定9,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉TEATRE1010 03-5244-1010







チケット全品最大で60%OFF!
kick shop nikkan engeki

「Discover Nelly Arcan」プロジェクトの掉尾を飾る舞台『この熱き私の激情〜それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』上演中。

IMG_8040

6人の女優と1人のダンサーが、1人の女性の人生を描く舞台『この熱き私の激情〜それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』が、天王洲銀河劇場で上演中だ(19日まで。そののち、広島、北九州、京都、豊橋で公演)

わずか8年間に、心の内側に秘めた怒りを爆発させ、熾烈で思わず目をそらしたくなるほどの作品を執筆し、36歳の若さで自ら命を絶ったカナダ・ケベック州生まれの女性作家ネリー・アルカン。
この作品は、彼女の世界を、本、映画、舞台で紹介するビッグプロジェクト「Discover Nelly Arcan」の最後を飾る一編で、ネリー・アルカンが残した4編の小説をコラージュし、カナダ人演出家マリー・ブラッサールが舞台化したもの。出演する松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、霧矢大夢の女優6名が、それぞれガラスで閉じられたキューブ体の部屋に入り、お互いに顔も見えないまま、イヤーモニターから聞こえる音、共演者の台詞だけを頼りに、ネリーの孤独、慟哭、女性であることの苦悩を演じ、台詞のセッションを奏で、ダンサーの奥野美和が、象徴的に各部屋を行き交うという、非常に斬新で、官能的で、かつ難度の高い舞台となっている。

そんな作品の初日を前に、出演の松雪泰子、小島聖、初音映莉子、宮本裕子、芦那すみれ、奥野美和、霧矢大夢と、演出のマリー・ブラッサールが、開幕直前会見に臨み、娼館の飾り窓とも、ショーウィンドウとも取れる、舞台上に置かれた10個のキューブを前に、新たな挑戦となる公演への抱負を語った。
 
【登壇者挨拶】

IMG_7883
マリー・ブラッサール
 
皆様、本日はお集り頂きどうもありがとうございます。こうして素晴らしい皆様とご一緒に初日を迎えることができて、光栄に思っております。少し作品についてお話しさせてください。ネリー・アルカンはとても知性あふれる若い女性で、作家でした。彼女は自分の作品の中でも描いていますが、自分を生きているには相応しくない人間だと感じることがとても多かったんです。ネリー・アルカンは皆様ご存知の通り、36歳という若さで自殺をしてしまいました。私は今こうして日本の皆さんに、彼女の深み、また知性を共有できることを嬉しく思っておりますし、自分自身とても感動しています。こうして素晴らしい女優の皆さん、そしてダンサーの奥野美和さんと、ネリー・アルカンが表現してきた作品を皆様にお見せできる、彼女へのオマージュを皆様にお届けできることをとても嬉しく思います。
 
IMG_7888
松雪泰子
 
今日までマリーさんと稽古を重ねてきて、どこまでこの作品を表現できるのか、今、とても緊張感を持っておりますが、良い初日を迎えられるようにと思っております。

IMG_7896
小島聖 
ここにいる皆様とご一緒させて頂いているのですが、全く顔が見えず、声だけの交流しかないというのは、なかなかセクシーで良いものだなと思っております。マリーさんには言葉と身体がつながっているようにと言われているので、それを胸に今日の初日を迎えたいと思います。
 
IMG_7905
初音映莉子
 
ネリーの36年の人生がなかったら、今、自分はここにいないんだなと。ネリーの人生が私に与えてくれた、マリーや、日本人のスタッフ、素晴らしい共演者の方達との出会いに感謝しながら、ネリーの魂を自分の中にグッとこめて演じたいと思います。

IMG_7912
宮本裕子 
本当にあっという間の5週間で、稽古場を去りたくないという思いがとても強く、マリーをはじめスタッフ、キャストの方達とすごく楽しい、でも俳優としての自分としてはこんなに苦しく、久々にガツンときたネリーの人生でした。製作発表の時には「真綿で首を絞められるような感じだ」と言ったのですが、いざ稽古が進んでいくと真綿が水を含んでいた感じで、自分の役者人生を破壊されかねないと思うほど、衝撃的な稽古でした。ネリーを感じながら、本番をやっていきたいと思います。
 
IMG_7915
芦那すみれ
 
今回の舞台を通して、この素敵な先輩たちと一緒に、またマリーと海外のクルーと一緒に過ごした時間が、自分の中ですごく楽しかったです。でも楽しいだけで終わってはいけなくて、今日からが本番だという気持ちの中に、楽しい気持ちもちょっと忘れないでやっていけたらいいのではないか?と思っています。皆さんにも楽しんで頂けて、何かを感じて帰って頂けたら、それが一番いいなと思っています。
 
IMG_7923
奥野美和
 
私は失われた部屋の女というキャラクターを演じさせて頂くのですが、私にとって演劇作品に出演するのは初めてのことで、今日初日を迎えるまで皆さんにアドヴァイスを頂いて、出来立てほやほやの状態でもあります。ですから本番1回、1回を集中した濃い時間を過ごして、私にはとても難しいことだった演劇と、ダンスの身体表現をしっかり習得して、1日1日を過ごしたいと思います。
 
IMG_7937
霧矢大夢
 
ネリーの心の闇、怒りや苦しみ悲しみを表現するということは、自分自身の闇に向き合うことでした。稽古中苦しかったり、今、初日を迎える瞬間が怖い気も致しますけれども、皆様の前で、客席からの力をパワーに変えて、素晴らしいキャストの皆様とネリーを伝えていきたいと思います。

IMG_7882

【質疑応答】

──マリーさんはご自身も女優として活動されていますが、この1ヶ月間日本の女優たちとの仕事はいかがでしたか?
マリー 日本の女優の皆様とお仕事ができるということで、謙虚な気持ちで楽しくお稽古をさせて頂いてきました。皆様1人1人素晴らしい女優さんで、深い知性と才能をお持ちの方達とご一緒できて本当に嬉しかったです。今回演出をする上でわかったことは、演出家というのは台詞の話し方を1つ1つ指導する訳ではなくて、パフォーマーが言葉の真実により深く近づける為のお手伝いをする、そういう仕事なんだということを改めて実感致しました。そして私が気づいたのは、どこの国の人間であっても、知性的な意味で近づくことができれば、言語の違いは壁にはならないということを感じました。
──作品から感じ取って欲しいメッセージなどは?
マリー この作品は、正確なメッセージをお客様に届けたいという訳ではありませんが、この作品を観ることによって、ネリー・アルカンというアーティストの作品をまた深く見直し、現代の女性が置かれている状況、立場を皆で一緒に見直せればなと思っております。それとこの作品は現代社会におけるプレッシャーというものも提示しています。メディアから与えられるプレッシャー、また自分以上の何かにならなければならないという、概念によるプレッシャーが表されています。それは世界共通のものだと思いますし、男女共にあるプレッシャーだと思います。この作品を観た後で、ネリー・アルカンの詩的な言葉に感動すると共に、そういうことについても内省して頂き、お客様に考えて頂ければと思っています。なので、観て頂くお客様には是非感動して頂きたいです。それは詩的な表現であったり、インスピレーションであったり、是非、闇ではなく光を持ち帰って頂きたいと思います。

IMG_7943

──この5ヶ月間、心を引き裂かれるようなテキストと向き合い、テクニカルを含めて大変な稽古だったと思いますが、この稽古中に最も苦労した点や、また新しい発見などありましたら教えてください。
霧矢 この部屋の中から出ないで皆様の呼吸を感じながら、それぞれが個々のようでいて、同じ空気を感じなければいけない、という演劇手法がまず初めてで難しくて、それは未だに課題でもあります。先ほども言いましたように、ネリーの闇を深く深く探求していくと、本当に自分もズンと落ちそうになるところを、今マリーがおっしゃったように光に変える、そのパワーに持っていくことが難しくもあり楽しくもあります。
奥野 さっき言ったことと重複してしまうかも知れませんが、私は演劇作品が初めて、デビューの作品だということでした。でも私も演技の手法が初めてでしたが、今回の作品では皆様にも演技だけではなく、身体表現もあったり、後はこの美術と、歌もあり、色々なジャンルが混ざったような作品ですので、自分がどのように作品の一部として溶け込めるか?というのが、わかっているつもりでやはり理解に時間がかかります。これは公演中もずっと考えてパフォーマンスをしないと、なかなか身体に入っていかないと思うので、そこを頑張っていきたいと思っています。
芦那 ネリーは大人の女性なので、大人の女性であって欲しいというところが、自分にとって一番ネックでした。
宮本 私がいるのが死の部屋で、ネリーが死んだあとの部屋なんですけれども、死というものとすごく向き合わなければいけないので、ここに今ネリーがいるのかも知れない、天国にも地獄にもまだ行っていないのでは?ネリーってまだいるのかな?と思ったり、自分が死んだらどこに行くのだろう?と思ったり、死をすごく考えさせられています。これは本番が終わるまでずっと向き合うことなので、体力がいるなと思っています。
初音 台本を読んでいて、ネリーの言葉がグサッと刺さってきて泣いてしまったりもしました。彼女の思いと対峙することが最初はすごく辛かったです。あとは、部屋に入っているので、皆の声を聞きながら芝居をしたり、実際に舞台に来て照明が入って初めてわかることもあって。部屋の前にあるガラスなんですが、中に入るとまるで鏡のように見えて、客席はいっさい見えない状態なんです。鏡に対峙して話している感覚なので、ネリーもこういう経験をしたんだろうな、と感じています。
小島 言葉を単純に覚えた方が楽なのですが、シンプルに捉えてそれをしないということが、とても大変でした…いえ、大変です(笑)。

IMG_7956
 
松雪 私もまず「ピュタン」という小説を読みまして、あまりにもネリーの痛みが深すぎて。とにかく死に向かっていく彼女の精神状態を考察し、読み進めていくと、自分の中にある潜在的な痛みが、彼女の持っている痛みとフィットする瞬間がありまして、その度にかなり苦しくて身動きが取れなくなる時間が相当ありました。本当に怖くて、死に向かっていく精神状態を捕まえるのが、とても困難でしたし、自分が台詞を通して体現していくという段階になってからは、苦労の連続でした。でも言葉自体というものはとても美しいので、それをまず皆様にしっかりお伝えしたいなということのみで、稽古場でやっておりました。あとはマリーさんと皆さんと稽古をしていく中で、本当にこの劇自体が全体で1つなんだということがハッキリとわかりますし、私達はイヤーモニターを通してしかお互いの言葉が聞こえないのですけれども、そこからエネルギーが積み重なってすべて、最後の私の死に至るまでの時間が、個々でありながら全体として1つだということがすごく大事だと思いました。美術、照明、マリーさんの演出を含めて、すべて計算されているこの劇構造に圧倒されつつも、皆様にお伝えできたらという思いでいます。
──それぞれ、ズバリ見どころを一言でお願いします。
松雪 この劇全体を通して、見事に調和が取れた瞬間だと思っているので、見どころはすべてという感じです。
小島 女性っていいなと思います。
初音 自分の人生を振り返ることができるところだと思います。
宮本 日本で観たことのない手法、演劇表現が見られることだと思います。
奥野 美術と演出と身体表現すべてが融合した、コンセプトに沿ったジャンルが、融合された瞬間が見どころだと思います。
芦那 私は稽古場で皆様のお芝居を観させて頂いて感じていたことなのですが、松雪さんが演じられる、自殺するところに向けて皆のお芝居が少しずつ重ねられていくので、影の女のところが見どころだと思いますし、そこから死んだ女の(宮本)裕子さんが出てくる、2人が変わる瞬間が曲もおどろおどろしくて、是非注目して観て頂きたいです。
霧矢 女はしなやかで、美しくて、強いというところを感じて頂きたいです。
──代表して松雪さんにお伺いします。女性の心情を描いた作品ですが、男性が観る上で何かアドヴァイスはありますか?
松雪 霧矢さんがおっしゃったように女性は強く、美しいと感じて頂ければと思います。

IMG_7970

続いて、舞台上で3つの場面が公開され、それぞれ、演出のマリー・ブラッサールからシーンの説明があり、この斬新な舞台の一端が立ち現れた。

【公開場面1】

マリー まず皆さんにお見せするのが「悲しみの仮面」というシーンです。このテキストの中で、ネリー・アルカンは「自分は美しくもなく、醜くもない」という言葉を繰り返し言っています。自分は生きるに値しない人間だという思いが籠められています。なので、結論として自分で自分の人生を終わらせるという方向に向かっていきます。これは作品の中で「失われた女、失われた歌」という場面ですね。

IMG_7974

前衛的な音楽が流れ出し、それぞれの部屋に入った女たちが台詞のセッションを奏ではじめる。「私は美しくない、醜くもない」「どっちつかずで上手くいかない」「身体」「まなざし」「時と共に私は醜くなる。事態は好転しない」「悲しみに飲みこまれていく私の顔」等々の言葉が、連なり、重なって発せられる。各部屋が完全に仕切られている為に、徐々に誰が今言葉を発しているのかも、定かではなくなる眩惑感がなんとも独特だ。

IMG_7982
IMG_7984
IMG_7983
IMG_7987
IMG_7986
IMG_7985

【公開場面2&3】

マリー 次に皆様にお見せ致しますのは「娼婦たちは自殺を宣告される」という歌です。この歌の中でネリー・アルカンが話しているのは「娼婦というのは消えた後、長い間消えたことを周りに気づいてもらえない。それはまるで消滅した星のようだ」という言葉です。そこに続いて「影の部屋」のシーンの「影の歌」に今日は続けます。これは「影の部屋の女」を演じている松雪泰子さんが歌います。この歌の中では、ネリー・アルカンが死について語り、やがて首つりについて歌います。一部を抜粋してお見せします。

IMG_8002
IMG_8009
IMG_8054


リズムが強く響き、各部屋の女たちは「娼婦は自ら命を絶つと宣告されている」「自分を殺す!」「死んだ星が光る」「娼婦たちは死んだ星の光」などと、ある者は語り、ある者は叫びながら、激しく動く。「天文学者は言う、死んだ星の光はどんなに遠くても1番眩しい」「1番眩しいのは死ぬ時」「自分の1番いいものを手放すのは死ぬ時」女たちの動きはますます激しくなり、天空の部屋ではこの部屋の女小島聖と、現実的には部屋にいない「失われた女」の奥野美和が絡み合う。やがて言葉をリズムがかき消していき、部屋の灯りが1つ1つ消えていく。

闇の中から「影の部屋の女」松雪泰子が浮かび上がる。幼少時に言い含められた父からの警句、それに応えて「私がお父さんに愛される、良い子でいますように」という祈りのような台詞が消えると、影の部屋の女は首つりについての歌を語るように、つぶやくように歌い、それがいつか祈りの言葉となっていく。
 
IMG_8063
IMG_8065

ステージが闇に包まれて、約15分弱の場面公開が終了。ただ、実際に舞台を目にしている時間は、もっと極端に短いように感じられ、このあまりにも刺激的な舞台の世界観の鋭さが伝わってくるようだった。この作品は、2017年の演劇界にとって、1つの「事件」ともなりうる舞台と言えそうだ。


〈公演情報〉
2d373bbc
PARCO Production
『この熱き私の激情〜それは誰も触れることができないほど激しく燃える。あるいは、失われた七つの歌』
原作◇ネリー・アルカン 
翻案・演出◇マリー・ブラッサール    
翻訳◇岩切正一郎
出演◇松雪泰子 小島聖 初音映莉子 宮本裕子 芦那すみれ 奥野美和 霧矢大夢
●11/4〜19◎天王洲 銀河劇場
他、広島、北九州、京都、愛知にて上演
〈お問い合わせ〉パルコステージ 03-3477-5858 
                



【取材・文・撮影/橘涼香】




チケット全品最大で60%OFF!
kick shop nikkan engeki 

元宝塚雪組トップスター早霧せいな、退団後初ステージ『SECRET SPLENDOUR』開幕!

IMG_8100

宝塚雪組のトップスターとして活躍し、7月23日惜しまれつつ退団した早霧せいなの、宝塚退団後の初ステージ、〜Super StarsによるSpecial な Showtime〜『SECRET SPLENDOUR』が、東京・赤坂のTBS赤坂ACTシアターで開幕した(14日まで。のち、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで17日〜19日まで上演)。

IMG_8314

『SECRET SPLENDOUR』は、その名の通り、絶大な人気を誇った男役早霧せいなが、宝塚卒業後、1人の表現者として見せる新たな顔、秘密の輝きをキーワードに繰り広げられるショーステージ。『SECRET SPLENDOUR』の頭文字「SS」と早霧せいなの頭文字「SS」とがかけられているタイトルでもあって、更に、早霧退団公演のショー『Dramatic“S”』で連呼された「SS」からもイメージが引き継がれた、退団から3ヶ月という今だからこその、粋なネーミングが心憎い。

IMG_8118

そのタイトルに込められたオシャレな感覚が、ステージにもそのまま表れている。こちらもやはり元宝塚の演出家であり、ミュージカルやストレートプレイだけでなく、こうしたショーの、特に様々な魅力をコラボレーションする力に、他の追随を許さないものがある作・演出の荻田浩一ならではの、ユニークな場面構成が際立つ。何よりも面白いのは、男役時代の早霧の代表作。ちょっとマニッシュな女性=「今」現在の早霧せいなの、等身大の魅力を表現したシーン。更にはゴージャスなドレス姿で、ミュージカルナンバーを歌い上げる早霧という、未来への期待が膨らむシーンが、くるくると回転しながら現れることだった。

IMG_8175

こうしたショー作品の場合、多くは回顧のコーナー、未来への夢のコーナーといった形で、それらは流れの中で固められて登場することが多いが、1つ1つがショー全体の中に散りばめられることによって、びっくり箱を開けていくような意外性が続く妙味がある。「あ、回顧にはこの有名シーンを使ったのか…」と、思う間もなく、艶やかな早霧が登場したかと思うと、また別の懐かしいシーンがはじまる、という形で、どこまでいっても驚きの連続なのが、客席にいてなんとも楽しい。

IMG_8227
IMG_8252

中でも、同じ長崎県出身の、早霧にとって同郷の先輩トップスターである、安寿ミラが特別出演したことによって「今どう?どんな感じ?あぁ、そうね、わかるわ」と言った、シャンソンそのままのやりとりがあれば「そうか!二人共この作品で主演していた!」という共通点に改めて膝を打った、宝塚作品『哀しみのコルドバ』の闘牛士エリオ・サルバドールを、共に演じるというゴージャスなプレゼントもあって心躍る。安寿の自然体のしなやかな舞台姿は、早霧の今後にとっても何よりの指針ともなることだろう。

IMG_8479
IMG_8412
IMG_8500

IMG_8653

また、早霧ならではの和物のシーンでは、寸劇的な要素もあり、鮮やかに殺陣を決めて魅せるのは現役時代そのままだ。一方、美しいドレス姿で、意外なミュージカルナンバーを歌い上げるシーンでは、むしろ現役時代よりも高めの音域の方が早霧の声質が活きることがわかり、来年主演することが発表されたミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』への期待も大いに高まった。

IMG_8561

だからと言って、決して早霧ワンマンショーではないのが、実力派が大挙して出演したこの作品の見どころの1つ。大野幸人、小野妃香里、海宝直人、JKim、丹澤誠二、原田薫等、ダンス界・ミュージカル界の代表的な顔が揃い、その豊かな実力を如何なく発揮してくれる。大野の舞台狭しと踊りまくるダンスの伸びやかさ、小野、JKimのオールマイティー何でもござれの振り幅の広さ、丹澤のサックス、原田の力強いダンスと歌などが随所で楽しめる。更に、ミュージカル界の若手筆頭として躍進している海宝が、端正な若き二枚目の現在では役柄として演じることはまだ先かも知れないが、楽曲として取り組むことで格段の新鮮味と魅力が迸ったミュージカルナンバーを披露。これは実に貴重な必聴ものとなっていて、早霧以外のメンバーを目当てに客席に座った観客も、等しく満足できるだろう構成が美しい。

IMG_8155
 IMG_8453
IMG_8602
IMG_8683

何より、宝塚の男役を卒業して3ヶ月余り、早霧せいなの「今」が詰まったショー作品となっているのが嬉しく、日替わりゲストの平澤智と桜木涼介と早霧の掛け合いシーンも含め、今この時にしか味わえないスペシャルなショーとなっている。

【囲みインタビュー】 

IMG_8085

初日を控えた11月4日、マスコミ向けの公開ゲネプロを前に、早霧せいなが囲み取材に応えて公演への抱負を語った。

──『SECRET SPLENDOUR』がどのような作品になっているのか教えてください。
宝塚歌劇団を退団しまして、初めてのショー、外の舞台に立つ作品ということで、内容としては男役的な部分もありながら、1人の女性として、表現者としての変換期と言いますか、ちょうど今を切り取ったショーになっているんじゃないかな?と思います。でも私だけが出てくると言うよりも、他の出演者の皆さんとのコラボレーションや、歌ありダンスあり寸劇あり、その中でも和物もあったり、ボリューミーで盛りだくさんなショーになっています。
──『SECRET SPLENDOUR』という公演名の意味は?
「SECRET」は「秘密」で「SPLENDOUR」は「輝き」ということで、その名の通りです(笑)。特にそこまで深い意味はないんですけれども、自分の名前もSAGIRI SEINA でSSが入っていますし、『SECRET SPLENDOUR』もSSですので、そこにかけたというこもあり、観に来てくださる皆様に、観てのお楽しみ、観て頂ければその秘密がわかるよ!というような内容になっていると思います。
──宝塚歌劇団の公演と大きく違うところはどこでしょうか?
やはり宝塚の場合は「組」の中に存在していますので、組子の仲間たちとその作品が終わっても、また次の作品も共にあるという形なのですが、卒業しまして、今回は『SECRET SPLENDOUR』の為に集まった出演者、スタッフの方々と共に創り上げるということで、そこは大きな違いなのではないかと思います。一期一会ではないですが。
──男性が一緒の現場という点ではいかがてすか?
稽古当初は男性がいるということも含めて、知らない皆さんと振付を受けたり、お稽古をするということが、どの瞬間もそうですが、とても新鮮でした。
──苦戦したことなどは?
苦戦ですか?そうですね、リフトをする側からされる側になって、どうしていいか戸惑いました(笑)。今でも戸惑っております(笑)。

IMG_8080
 
──衣装も新しい挑戦が?
宝塚の時も女役をやったことがあったので、ドレスも着たことがあったのですが、その時は「男役だもん!」という気持ちが入っていて(笑)、ちょっと強すぎたり、違和感があったりしても「男役だから仕方がないよね」というところで許してもらっていたのですが、今はそういう訳にもいかないんじゃないかな…と、思っていたりもしているのですが、やっぱり「元男役だもん!」というのを(笑)、自分の中での言い訳にしながら、慣れないヒールと慣れないドレスシーンもやっています。でもそこで早霧せいなとしては、新しい挑戦をするんだという心意気でやっています。
──ドレスアップした衣装に抵抗があったりもしましたか?
抵抗と言うよりも、恥ずかしさの方がありました、慣れなくて。当初よりはだいぶ慣れましたが、やはり仕草ですとかドレスの裾裁きなどは、まだまだ自然には身についていなくて、1回1回考えながらやっているという感じです。
──楽曲にも早霧さんの代表曲と言うべきものが多く入っていますね。
やはり、今早霧せいなのショーを観に来てくださるお客様というのは、私の宝塚現役時代をたくさんご覧になった方々が多いのではないかなと思いましたので、その方々が入って来やすいように、(宝塚時代を)思い出して頂きながら、でも新しい部分も見せながら、というバランスを取りながらですね。でも、曲ってとても大切で、知っている曲が流れてくると人ってテンションが上がったり、聞きたくなったりするので、その辺の意味もあると思っています。
──公演以外のお話になりますが、退団されて3ヶ月、新しい生活で変わったことはありますか?
以前は本当に稽古場か劇場かと、自宅との往復だけで、どうしてもそこに集中するしかなかったのですが、退団して(この公演の稽古に入るまでの)2ヶ月間自由な時間が与えられて、視野が広がった気がしています。
──何か新たに始めたことなどは?
臆病者なので(笑)。特に何かを始めたということはありませんでした(笑)。その自由な時間そのものを楽しむと言いますか、味わう感じでしたね。まだまだ2ヶ月なので、何を始めるというところまでは行かず、この公演に臨むまでの覚悟の2ヶ月だったような気もします。
──来年、初ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』で主演されることも発表されましたが、そちらへの抱負なども。
まだこのショーが始まっていないので、宝塚を卒業しての外の舞台というものをこれから感じていくと思うのですが、このショーとは別で、やっぱりお芝居、ミュージカルとなりますと、今までやってきたことプラス違うものが要求されるのではないかな?と思いますので、ますます早霧せいなという自分自身を磨いていかなければと思います。でもちょっと違和感が残るくらいが、男役から女役への変換期にはちょうど良いんじゃないかな?と思いますし、そこを作品に取り込んでお客様に楽しんで頂くのが1番ではないかと思っているので、ちょっと無理をしつつ、でも無理をし過ぎずに、自分らしさをちゃんと残しつつ作品の中で生きられたらと思っています。

IMG_8082
 
──今回のショーは元宝塚の荻田浩一先生の作品ですが、ご一緒されていかがでしたか?
宝塚のことはもちろん、宝塚以外の舞台のこともよくご存じですし、男役さんから1人の女性として演技者になられた方とお仕事をなさった経験もすごく豊富でいらしたので、私よりも先に今の私の気持ちをわかってくださって。相談してもすぐ答えが返って来ますし、この時期をすごく大切にしてくださっているので、決して押し付けではなく、基本的には1番私の気持ちを優先してくださるのが、とてもありがたかったです。
──ショーの中で早霧さんが発信されたアイディアや要望はあったのでしょうか?
特にはないですが、早霧せいなのショーとはなっていますが、決して私だけのものではなくて、お客様に楽しんで頂ける作品にすることが1番大切だと常に思っているので、その辺りはお願いしました。だからと言って具体的にこれがやりたい、というものは特になく、演出の荻田先生や制作の皆さんにお任せしました。
──では、改めて『SECRET SPLENDOUR』に向かう意気込みと、ファンの皆様にメッセージを。
自分でも初日が開けてお客様がどう楽しんでくださり、どう反応してくださるのかがとても楽しみになっております。宝塚の公演ももちろん緊張したり、ワクワクしたり、また不安だったりと色々な思いの中で歩んできたのですが、今回はそれとはまた違う、言葉にできない不思議な気持ち、未知の世界が待っているという感覚が大きくあるので、1回1回の公演を大切にしながら、出演者の皆さんとお客様とその瞬間を感じとって、自分の中でも吸収して楽しんでいきたいと思いますので、千秋楽までどうぞ応援よろしくお願い致します。

IMG_8088
IMG_8087

〈公演情報〉
『SECRET SPLENDOUR(シークレット スプレンダー)』
〜Super StarsによるSpecial な Showtime〜
構成・演出◇荻田浩一
CAST◇早霧せいな
大野幸人 小野妃香里 海宝直人 JKim 丹澤誠二 原田薫/安寿ミラ(特別出演)
Dancer◇笹岡征矢 鮫島拓馬 花岡麻里名 吉田繭
Guest◇平澤智 桜木涼介(日替わり)
●11/5〜14◎東京・TBS赤坂ACTシアター
●11/17〜19◎大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〈料金〉東京・S席10,800円/A席8,800円
    大阪・10,800円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 (10:00-18:00) 東京・0570-077-039/大阪・06-6377-3888?



【取材・文・撮影/橘涼香】



『夢一夜』お得なチケット販売中!
kick shop nikkan engeki 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について