宝塚ジャーナル

帝劇ミュージカル『ビューティフル』お得なチケット販売中!

インタビュー

日本初演30周年記念公演開幕!『レ・ミゼラブル』初日前囲みインタビュー

IMG_3657
知念里奈、生田絵梨香、福井晶一、吉原光夫、森公美子、昆夏美

1987年の本邦初演以来、30年の長きに渡り愛され続けているミュージカル『レ・ミゼラブル』、日本初演30周年記念公演が、5月25日有楽町の帝国劇場で開幕した(7月17日まで。のち、8月1日〜26日福岡・博多座、9月2日〜15日大阪・フェスティバルホール、9月25日〜10月16日名古屋・中日劇場でも上演)。

原作は、フランス文学の巨匠ヴィクトル・ユゴーが自身の体験を基に、19世紀初頭のフランスの動乱期を、当時の社会情勢や民衆の生活を克明に描いた大河小説。その原作の持つ、「無知と貧困」「愛と信念」「革命と正義」「誇りと尊厳」といったエッセンスを、余すことなくミュージカルに注ぎ込んだ作品は、1985年のロンドン初演を皮切りに、世界中に大旋風を巻き起こすミュージカルの歴史に燦然と輝く傑作となった。日本では1987年、当時非常に珍しかった全キャストオーディションによる上演が話題を呼び、全編が歌で綴られるオペラティックミュージカルの音楽の力と、スピーディな展開、人間愛を高らかに謳った深いテーマが大きな感動を呼び、以来30年間、再演が繰り返される作品となった。

今回、その傑作ミュージカルの30周年に向けて、新たな顔ぶれも含めた強力なキャスト陣のもと稽古が重ねられ、約2ヶ月に及ぶ帝国劇場公演のチケットは全席完売。6月11日〜17日には、「日本初演30周年スペシャルウィーク」として、終演後に特別カーテンコールが用意された記念ウィークも合わせて、帝国劇場は高まる熱気に溢れている。

そんな特別な公演の初日を直前に控えた5月25日、劇場ロビーで囲み取材が行われ、ジャン・バルジャン役の福井晶一、ジャベール役の吉原光夫、ファンテーヌ役の知念里奈、エポニーヌ役の昆夏美、コゼット役の生田絵梨香、マダム・テナルディエ役の森公美子が、公演への抱負を語った。

【囲みインタビュー】

──まず、初日を前、一言ずつご挨拶をお願い致します。
 
IMG_3672

知念
『レ・ミゼラブル』日本初演30周年記念公演です。本当にずっと続いて長く愛されているこの作品ですが、『レ・ミゼ』ファンの皆様と、歴代作品をつないできてくれたキャストの皆様へのお祝いと、喜びの気持ちでいっぱいです。特別な思いでしっかり演じて行きたいと思います。是非いらしてください。

IMG_3692

生田
 30周年という歴史あるこの作品に参加させて頂けることを本当に幸せに思っています。先輩方が築き上げてくださったものをしっかり受け継ぎながらも、新しい空気感を出していけたらなと思っております。よろしくお願いします。

IMG_3666

福井
 いよいよ今日『レ・ミゼラブル』の初日の幕が開きますけれども、今年は日本初演30周年ということで、日本の皆様にこれだけ愛され続けてきた作品ということをとても嬉しく思っています。この30周年に先輩方が築き上げてきたもの、つないできたバトンをしっかりと守っていきたいと思っております。劇場でお待ちしております。

IMG_3707

吉原
 30年この作品が続いてきたということで、改めて感動しますし、感慨深いなと思います。30年たくさんのキャストやお客様、色々な人が携わってきて創り上げてきたものに、負けないように、でも意識しないように、冷静に淡々とやりたいと思います。よろしくお願いします。

IMG_3668

 30年ということでございまして、同じことを、同じ音楽なんですが、このテーマが「愛」ということで、ますますその愛を育んでいけるように、30周年に向かって素晴らしい作品になっておりますので、10月の半ばくらいまで地方公演もございますので、皆様是非30年目の『レ・ミゼ』に触れて頂きたいと思っております。

IMG_3734

 この作品は日本だけではなくて世界中で愛され続けている作品ですけれども、上演される度に新しい演出だったり、新しい表現方法だったり、常に進化をし続ける作品だと思っております。30周年という先輩方が築き上げてきた歴史と、2017年の『レ・ミゼラブル』両方の面で楽しんで頂けたらいいなと思います。よろしくお願いします。
 
IMG_3764

──福井さんから見て今回のカンパニーのチームワークはいかがですか?
福井 初演でコゼットを演じていた鈴木ほのかさんが(マダム・テナルディエ役で)参加されたり、また橋本じゅんさんなど、僕たちよりも先輩の方が新しい風を入れてくださいまして、また刺激的な稽古になっていると思いますので、(生田を示して)コゼットにも新しく入ってくれていますし、またパワーアップした新しい『レ・ミゼラブル』をお見せすることができると思います。
──チケットも完売しているようですが。
福井 そうですね。ありがたいことです。
──新しく生田さんが参加されましたが、どうですか?初めての『レ・ミゼラブル』のカンパニーは?
生田 最初はプレッシャーや緊張感もあったんですけれども、本当にこの作品は皆で作っているという感じが稽古の段階からすごくて、私もコゼットだけではなくて、アンサンブル、民衆として参加したりもしていて、皆の絆が深まっているのをとても嬉しく思っているので、それを本番でも、作品と共にどんどん自分自身も成長させていけたらなと思っています。

IMG_3696
 
──お稽古を通して成長したと感じる部分は?
生田 たくさんあります。これと言うのは難しいのですが、作品の背景をすごく考えるようになったり、自分自身の役に対しても、コゼットは綺麗なメロディの歌が多いので、最初は歌い上げようとしてしまうところが多かったりしたのですが、それをどうやって感情に乗せていくかなどの演出をたくさん受けて、変わってきたのではないかな?と思っています。
──大先輩がたくさんいらっしゃいますが、アドヴァイスを頂いたりなどは?
生田 ちょうど一昨日だったでしょうか、私が皆さんの円陣に入りそびれてしまった時に、(吉原)光夫さんが小さい円陣を組んでくださって。
──小さい円陣ですか?
生田 そうです、4人くらいの。
吉原 (冗談で)2人っきりだよね(笑)。
生田 (笑)その時に「自分のことだけじゃなくて、周りの人に集中して」とおっしゃってくださったので、それはこれからも心がけて行きたいと思っています。
──知念さんからは何かアドヴァイスは?
知念 いえ、私も修行中の身なので、とは思いますが、私も10年ちょっと前にこの役(コゼット)を演じていたので、見ていると生ちゃんがどんどんと進化していって、いつかファンテーヌ役も演じてくれたら嬉しいなと思います。 
生田 頑張ります!
 
IMG_3744

 その後はマダム・テナルディエね!(笑)
生田 是非、目指して頑張ります!
──森さんからもアドヴァイスを。
 生田さんは本当に真っ直ぐで、素直に声が出ているんですよ。だから本当に言うことがなくて。お父さんとの関係だったり、マリウスとの関係だったり、そういうものは初め少しぎこちなくて、やっぱり普段、乃木坂46の皆さんで女子の間だけでやっているからかな?と思っていて、キスシーンなどはちょっとだけぎこちなかったのが、今は大女優です。素晴らしいです。ただファンの方達が嫉妬するんじゃないかな?と若干心配しております。
──どうですか?そのあたりは。
生田 あ、でも乃木坂のファンの方も(プレビュー公演を)観に来てくださった方は、作品にのめりこんでくださっているみたいなので、そこは私は心配はしていません。
──昆さんからも是非アドヴァイスを。
 私の役どころが、自分が大好きな人が生田さん演じるコゼットに思いを寄せて、私は結構コゼットに対して、う…となる役柄ではあるんですが、これだけ美しくて、とっても歌声も素敵で、完全に完敗だなと(笑)、ひしひしと感じる美しさと美声ですね。
 そうね!イギリス人のスタッフの方が、生田さんをわざわざ呼び出して「綺麗」って言ったの。他のキャストの方が嫉妬したんじゃないかと思うんですけど(笑)。
 
IMG_3745

──森さんも嫉妬したんですか? 
 いえいえ、私は(生田が)娘のような年ですから!だけどLINEでは「生田さ〜ん、素敵だったよ」とかしてます。LINEともだちです。
吉原 してるんだ?
 そうそう。
──皆さんLINEされているんですか?
 『レ・ミゼ』のLINEがあるので。
──長丁場の公演ですが、体調管理の秘訣やコツなどは?
福井 地方に行ったら美味しいものを食べたいなと思っていますが、まず体力勝負なので、日々やっぱり『レ・ミゼ』中心の生活になりますが、その中でもリフレッシュも大事なので、自分なりにリフレッシュ方法を見つけて行けたらいいなと思います。
──吉原さんはいかがですか? 
吉原 うがい手洗いをしっかりして、あとは今福井さんが言ったみたいに、全員が『レ・ミゼ』中心の生活になっていくので、その中で如何にリフレッシュしていくかが大切なので、あまりのめり込まず冷静に行きたいなと思います。
 
IMG_3676

──地方公演で楽しみにしていることは?
吉原 そうですね、まず地方公演に行くまでに生田さんとLINEを交換して(全員爆笑)。
──吉原さんは『レ・ミゼ』のLINEに入っていないんですか?
吉原 ジャベールやってるんで、招待されていないんです。入れてくれねぇの。
 ごめん!忘れてた!(笑)
知念 私も入ってない…。
生田 あ!招待します!
福井 僕も入ってないよ。
生田 あー!!
 結構仲が悪い感じになっちゃってる(笑)。
生田 大丈夫です、まだできたばっかりなので、周知できてなくて!
 余裕がなかったのよね、もう連日大変な稽古だったものですから。
──では、今日をきっかけにまた皆さん一段と団結して。乃木坂46のメンバーの方は観にいらっしゃるんですか?
生田 はい、すでにプレビュー公演を何人かは観に来てくれていて、本当にすごく感動してくれて、メンバーもファンの方も今まで『レ・ミゼ』をいつか観ようとは思っていたけれども、なかなかそのきっかけがなかったという方が、すごく来てくださって、感動してくださるととても嬉しいので、これからの公演でもそういう方が足を運んでくださると良いなと思っています。
──ミュージカルとアイドル活動はどちらが楽しいですか?
生田 両方とても楽しいです。
福井 本当はどっちですか?(全員笑)
生田 両方、違った楽しさがあります!
福井 そうですか!

IMG_3771

──改めて30周年記念公演に向けてのお稽古や、プレビュー公演の中で新たな発見などはありましたか?
知念 毎回演出が少しずつ変わるので、この間はこう言われていたけれども、今度はこのアプローチか、みたいな感じでキャラクターも少しずつ変わっていって、色々な発見があるのですが、最後に私がジャン・バルジャンを迎えに行くシーンで、大人になった生田さんのコゼットが「パパ!」と寄り添っていて、その時「こんなに美しく、こんなに聡明に育ててくれてありがとう!」と、バルジャンとコゼットの姿を見て強く思いますね。そこは今回また新たな発見だったかなと思います。

IMG_3687
 
生田 自分の役に関してだと、今までのイメージだとコゼットは大人しかったり、人形のようなイメージがあったのですが、今回はそうではない、と演出の方に指導を受けて、その中に熱い心があるし、今まで閉じ込められていた分、もっと知りたいという好奇心が沸いていたりなど、現代の女の子にも通じる部分を持って演じられたらいいなと、稽古中も今も思いながらやっています。
福井 今回で3度目になるんですが、特に2幕からのバルジャンの心の持ち方に発見があったと言いますか、より心に役を落とし込んで深めて感じることができたんです。自分のことじゃなく相手を思う気持ちを優先して行く、そういったバルジャンの心もちですとか、そういうものが自分の人生経験に重ね合わせながら、前よりも理解でるようになりました。それがあって、最後にコゼットの為に自分が突き動かされる心の動きが、今回は特に流れてきたなという印象があります。

IMG_3715

吉原 今知念ちゃんが言ったんですけど、毎回演出が変わって、前回こうだったけれども今回はこうしてみようということに、俳優陣が最初は結構混乱するんです。けれども、この混乱の中から自分たちで掴んでいくみたいなことが多いので、そういう意味で皆、毎回新鮮に気づくことがいっぱいあるんじゃないかなと思います。時代と共にまた変わっていくし、次にまた再演があるとするならば、また時代に合わせて変わっていく。良い意味で、現代に添った人格や性質を持って行くんではないかな?と思うと、毎回、毎回が初演のような感覚になっていく作品になるのではないかと感じました。
 私は1997年から『レ・ミゼラブル』に携わっていまして、10周年、20周年、30周年と来た訳ですが、テナルディエとの関係が、どっちが頭が良くて、どっちが懐を全部握っているのか?というのが毎回変わってきているんです。今回はテナルディエ、前回は私、みたいな感じで関係が変わってきますと、全部の悪だくみがテナルディエ発信なのか、マダム発信なのかが変わってきて、両方発信ということもありました。で、今回はテナルディエ発信ということになりまして、私はついていっているという感じです。それで色々と手数が増えまして、覚えるだけでも大変なんですよ!結構歳をとってますから(笑)本当に大変で!私、20年間やらせて頂いて、毎回オーディションに受かっているのですが、次の『レ・ミゼラブル』に私がいるか、いないか?と言うのは、これはまたオーディションを受けて頑張りたいと思いますけれども、そういった意味で、どんどん進化しているということは確かに言えると思います。
 
IMG_3728

 今回お稽古を共にしてきた演出家の方が言っていらした言葉ですごく印象的だったのが「音楽の力にもっと寄り添って欲しい」ということで、そう教えられまして、これだけ素晴らしい音楽の力があるドラマに表現者として、そこにプラスの表現をしたいということは常々思っていて、もちろんそれは大事なのですが、音楽が役や時代背景を表してくれているので、もちろん自分の感情を伝えつつも、音楽の力に寄り添えたらなというのが、今回の発見であり、自分の目標です。
──地方公演に楽しみにしていることは?
知念 公美さんからがいいんじゃない?
 えっ?私?まず、帝劇が終わりますとすぐ福岡公演、8月になりますと博多座公演でございまして、ちょうど惜しかったのですが、博多のね。
福井 山笠がね。
 
IMG_3762

 そう!ちょうど山笠が終わったところで、できれば7月に行きたかったなと(笑)思いつつも、博多は美味しいものがたくさんなので、皆さん毎日、連日連夜大変ですから、この7月までの帝劇公演中に痩せよう!ということになっておりまして(笑)、博多座に行くと太っちゃうんですよ!なので今全員ダイエット中です。それから大阪、名古屋。大阪はフェスティバルホールですごく大きな劇場で、しかも大阪は食いだおれの街という、ここも恐ろしいところなので(笑)。
福井 食べることばっかりだね(笑)。
 だって楽しみと言ったらそれでしょう?市内観光とか行きます?USJとか行きます?
福井 行きたいですね!
 じゅあ休演日にね!名古屋にもレゴランドがありますし!本当に楽しみはたくさんありますね!

IMG_3776

──では最後に福井さんからご挨拶をお願いします。
福井 日本初演30周年記念公演『レ・ミゼラブル』1人1人が作品と向き合って、良い仕上がりになっていると思います。たくさんの方にこの作品の感動を届けたいと思っております。是非劇場に足を運んでください。よろしくお願いします。
全員 よろしくお願いします!


〈公演情報〉
mainpage_new2

ミュージカル『レ・ミゼラブル』
作◇アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
原作◇ヴィクトル・ユゴー 作詞◇ハーバート・クレッツマー
オリジナル・プロダクション製作◇キャメロン・マッキントッシュ
演出◇ローレンス・コナー/ジェームズ・パウエル
翻訳◇酒井洋子
訳詞◇岩谷時子
出演◇福井晶一 / ヤン・ジュンモ / 吉原光夫、川口竜也 / 岸祐二、昆夏美 / 唯月ふうか / 松原凜子、知念里奈 / 和音美桜 / 二宮愛、生田絵梨花 / 清水彩花 / 小南満佑子、海宝直人 / 内藤大希 / 田村良太、駒田一 / 橋本じゅん /KENTARO 、森公美子 / 鈴木ほのか / 谷口ゆうな、上原理生 / 上山竜治 / 相葉裕樹 他
●5/25〜7/17(プレビュー5/21〜24)◎帝国劇場
●8/1〜26◎博多座(福岡)
●9/2〜15◎フェスティバルホール(大阪)
●9/25〜10/16◎中日劇場(名古屋)
〈お問い合わせ〉帝国劇場 03-3213-7221



【取材・文・撮影/橘涼香】




帝劇ミュージカル『ビューティフル』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

女優10周年記念のDANCE LIVE『will』に挑む!朝海ひかるインタビュー

s__MG_0629

宝塚歌劇団元雪組トップスターで、女優として精力的な活動を続けている朝海ひかるが、06年の宝塚卒業から10年となるメモリアルイヤーを記念して、DANCE LIVE『will』を開催する。
07年、女優として歩き始めた朝海は、ミュージカルからストレートプレイ、そして映像と実に幅広いジャンルで活躍を続けている。その10年の歩みをギュっと凝縮してまとめ、更にダンスに特化して、これまでの「感謝」とこれからも「よろしく」の気持ちを込めた舞台が、今回のDANCE LIVE『will』。あの作品、あのダンス、あの曲、あのメロディを織り交ぜた奇跡の公演は、観客の思い出に直結すること間違いなしとあって、大きな期待が集まっている。
そんなDANCE LIVEを前に、朝海がライブステージへの意気込み、女優としての10年間の歩み、更にその間に多く出演した宝塚OGによる公演を通じて、改めて感じた宝塚への思いなどを語ってくれた。

_MG_0605

10年間の歩みが詰まったDANCE LIVE

──コンセプトを伺っただけでとても素敵な企画だなと感じますが、まず今お話し頂ける範囲で内容について教えてください。
宝塚を退団してから今年で10年経ったということで、退団してから出演させて頂いた作品の中から、曲を集めて構成するショーという形になります。DANCE LIVEと銘打っていますので、全体を通じてダンスが中心の、踊りまくるショーになります。色々なお仕事をさせて頂いている中で、最近やっていないことはなんだろう…と思った時に「ダンス踊ってないな」と感じました。私自身、身体が動くうちはやはり踊る機会を作っていきたいと思っているので、「DANCE LIVEにしよう!」ということになりました。
──宝塚時代からダンスは特に定評のあった朝海さんですから、ファンの方たちも楽しみにしていることでしょうね。
そう思って頂けたら本当に嬉しいです。
──共演者の顔ぶれ、またゲストの方たちも豪華なメンバーですね。
演出の港ゆりかさんが、この方たちなら!というダンサーの方とシンガーの方を選んでくださいました。またゲストの方たちは、思い出のある作品の中でご一緒させて頂いた方ばかりですから、楽しいトークと、その時それぞれの方と一緒に歌った歌などを歌わせて頂きます。
──では日替わりで内容も変わるのですか?
そうですね。ゲストの方たちが替わったら、ガラリと雰囲気が変わるという構成になると思います。
──ということは毎回変化のある楽しいステージになるのですね。でも朝海さんはたくさん覚えることが?
ええ、4パターン覚えないといけないのですけど(笑)、でも今まで歌わせて頂いた曲でもあるので、そのへんはなんとかなるだろう!と思っていて(笑)、頑張ります!
──それぞれの方と「これぞ!」という曲になりそうですね。
このDANCE LIVEを観て頂いたら、10年間私がどんなことをやってきたか、どんな作品に出て来たのかをわかって頂けると思います。そのすべての舞台をご覧になってくださった方にはもちろん、観ていらっしゃらない方にも、「あぁ、こんな作品もあったのね」と楽しんで頂けるステージになると思いますし、その中で、私の10年間を観て頂きたいです。

s__MG_0567

発見の連続の中で成長させてもらう日々

──節目のDANCE LIVEを控える中で、宝塚を退団してからの10年間を振り返るといかがですか?
無我夢中で走ってきた10年間でした。宝塚しか知らなかった自分が外の世界に出て、右も左もわからない中で、ひたすらに突っ走ってきた日々でした。
──あくまでも拝見している側からの印象なのですが、朝海さんは比較的すんなりと女優になられて、男役時代の影をあまり感じさせない方のようにお見受けしていました。ご自身としてはその辺りは?
男から女への切り替えというよりも、それまで自分が宝塚の中で「こうであろう」と思っていた舞台上での常識とか舞台人としての在り方が、やはり宝塚と外の舞台とではずいぶん違いましたので、考え方を変えていくことが必要でした。毎公演、「こういう考え方があったのか」とか「こういう表現の仕方があったのか」とか、「こうすれば良いんだ!」という新たな発見の連続で、その1つ1つを受け入れていくことが自分にとって大変だった気がします。
──劇団時代は、スタッフや共演者がよく知っている顔ぶれで、外では毎回新たな方たちとの舞台創りになると思うのですが、そういう面では?
確かに、毎回違う共演者の方たちやスタッフの方たちとの舞台創りは、私は意外と人見知りで、あ、意外ではないですね(笑)、自分から話しかけていくことが得意ではなかったので、最初のうちはその環境に慣れることで精一杯でした。でもお稽古を積んで公演をしていく中で、仲良くなっていって、色々な人から様々なことを教わって楽しく過ごしたり、皆で力を合わせて1つの作品を創って、それが素敵な思い出になっていく。そういう点では、宝塚も外も変わらないということがわかり始めてからは、自分からも積極的に話す努力をすることで、より早く皆さんと仲良くなれて、色々な話が伺えるようになりました。たくさんの方々から、自分が経験してこなかったことを教えて頂いてきた日々でした。
 
s__MG_0583

ちゃんとお芝居ができる女優になるために

──朝海さんの場合、この10年間の活動は非常に多岐に渡り、バラエティに富んでいますが、それはご自身でも色々なことをやってみよういう意識が?
そうですね。宝塚を卒業して一女優となった時に、自分の魅力というか武器というものが、自分でもまだわかっていない部分がありましたので、1つのことに固まろうとするのではなく、私にと言って頂いたお仕事は、できる限りやらせて頂こうというスタンスでいました。すると、ありがたいことに色々な分野の方たちからお声をかけて頂けて、本当に様々な方たちと共演することができて、すごく充実した10年だったと思います。
──では、例えば「できるだけミュージカルに出演したい」というような、1つのものに特化するといった気持ちは?
それはなかったですね。ただ、女優としてちゃんとお芝居ができるようになりたい、という思いは持っていましたので、なるべくお芝居の仕事は積極的にやらせて頂いてきました。そういう意味でも、本当に様々な舞台に出演させて頂けていることに感謝しています。
──その中で、何本か井上ひさしさんの舞台にも出演されていますね。
井上先生の作品は昔から大好きで、井上先生の舞台に出られるような女優になりたいとずっと思っていました。ですから『しみじみ日本・乃木大将』(2012年)に出させて頂けた時には、夢が1つ叶った!という気持ちでした。そして夢が叶ったら、次はこまつ座さんの舞台に出たいという夢がまた生まれて、一昨年の『國語元年』でこまつ座さんへの出演が叶って。そうやって1つずつ進んできました。今年の3月〜4月にも、『私はだれでしょう?』という素晴らしい作品に出演させていただきましたが、井上先生が一文字一文字考え抜かれたセリフを話すことの重みと、女優としての幸福感とを同時に味わえた日々でした。
──井上さんの作品は、不穏な時代の時局のことを扱っていても、声高に批判するというのではなくて、笑いにくるんだ中などから静かに訴える深さがありますね。
事実をきちんと伝えた上で、あとは観客の方たち1人1人が物事に接した時に何を思うかに委ねていらっしゃるので、私も毎回拝見する度に、怒りに震えることもあれば、涙を流すこともあるし、何日も悶々と考えることもあります。そういう、自分自身を成長させて頂ける作品ばかりで、それは出演させて頂いた時も同様で、毎回少しずつ人間として勉強させて頂いています。

s__MG_0590

ダンス歴で大きかったフォッシーダンスとの出会い

──10年間の活動期間中には、宝塚歌劇が100周年を迎えたこともあって、OGの方々の公演が盛んに行われましたが、そういう公演に臨まれていかがでしたか?
やはり宝塚が私のベースなのだということを、OG公演に出演させて頂く度に思います。それと同時に、どんなに上級生の方でも下級生の方でも、同じ方向を向くことができるという宝塚の素晴らしさを感じました。例え現役時代に一緒の舞台に立ったことがなくても、宝塚の卒業生というだけで呼吸がカッチリと合う、1つ1つの公演が、すべて宝塚の偉大さを改めて知る場でもありました。学年がどんなに離れていてもすぐに打ち解けて仲良くなれますし、私が下級生のときトップスターで雲の上の存在だった方とも、気軽にお話をさせて頂けたりする。それもOG公演の嬉しさです。
──その中でも『CHICAGO』は特に大きな公演となりました。
『CHICAGO』に最初に取り組んだのは、『DANCING CRAZY2』(2012年)という公演で、名場面の抜粋をさせて頂いた時だったのですが、その時点では、まさか全幕通して宝塚OGだけでの上演ができるとは夢にも思っていなかったんです。ただその時、抜粋の名場面だけなのに、ブロードウェイのスタッフの方たちが来てくださって、振付から指導して頂くという全く新しい経験をさせて頂けたことで、宝塚のOG公演というよりも一女優として新しい作品に向かっていくという気持ちがありました。その公演を全幕通して演じられるという機会を頂けたことは、私にとっては宝塚のOG公演という枠組みを超えて、『CHICAGO』という作品に女優として全力で取り組んだという想いでした。
──本当に力のこもった舞台でしたが、フォッシースタイルのダンスとの出会いについては?
洗練された動きを、とにかくオシャレにクールにというもので、1つ1つの動きに決まりがあって、でもその決まりが人間の動きとして存在していなくてはいけない。究極のところに行きついているのがフォッシーダンスで、それに出会えたというのは、私のダンスの歴史の中でもとても大きなものでした。ただ大きく踊ればいいというわけではなく、身体の中から湧き出るエネルギーを使って踊る、そのことを教えてもらったのがフォッシーダンスでした。
──では、今回のDANCE LIVEでも拝見できそうですね?
はい。ダンサーの方の中にも二人『CHICAGO』経験者がいるので、何曲かできたらいいなと思っています。
──では、そんな朝海さんの10年間の経験が詰まったDANCE LIVEについて、改めて意気込みお願いします。
宝塚を退団した時には、ここまで自分がやってこられるとは思っていなかったので、気がついたら10年の月日が流れていたことに、自分自身にも驚きがあります。その中で、様々な方たちとの幸せな出会いがあり、自分の考え方もどんどん更新され、目標もどんどん変わっていきました。その私の日々を、客席から見守って、応援し続けてくださった方たちがいらしたから、ここまで充実した舞台生活が送ってこれたのだと思っています。そんな方々に感謝の気持ちを込めて、この作品を是非楽しんで頂きたいと思っています。精一杯頑張りますので、是非足をお運びください。お待ちしています!

_MG_0571
あさみひかる○1991年宝塚歌劇団に入団。入団当初より透明感ある爽やかな個性とダンスの実力が注目され、02年雪組トップスターに就任。06年『ベルサイユのばら』で主演のオスカル役が好評を博す。同年、宝塚歌劇団を惜しまれつつ退団。女優としてミュージカル、ストレートプレイ、映像など幅広い活躍を続け、日本を代表する演出家の舞台への出演も数多い。近年の主な舞台作品は、ミュージカル『ボンベイドリームス』、『Golden Songs』、『アドルフに告ぐ』、こまつ座第111回公演『國語元年』、ミュージカル『DNA-SHARAKU』、明治座『御宿かわせみ』、ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』宝塚歌劇OGバージョン、『幽霊』、『エリザベートTAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート』、こまつ座『私はだれでしょう』等。7月には再々演の『ローマの休日』でアン王女役が控えている。


〈公演情報〉 
s_Unknown
朝海ひかる 女優10周年記念ツアー
DANCE LIVE『will』
構成・演出・振付◇港ゆりか
出演◇朝海ひかる/神谷直樹・中島康宏・ 伯鞘麗名・福田えり
ゲスト◇Spi、伊礼彼方、石井一孝、石川禅
●6/7〜6/8◎東京 よみうり大手町ホール
〈料金〉10,000円(全席指定・税込)
●6/11◎ 大阪 ナレッジシアター
〈料金〉10,000円(全席指定・税込)
●6/14◎仙台 イズミティ21 小ホール 
〈料金〉9,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉東京音協 03-5774-3030(平日11時〜17時)



【取材・文/橘涼香 撮影/山崎伸康】




えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

愛され続けるエンターテイメントステージ『CLUB SEVEN ZERO』間もなく開幕! 玉野和紀・吉野圭吾・東山義久・西村直人インタビュー

_L3A1302_OK

ありとあらゆるエンターテイメントの要素をギュっと詰め込んで、ノンストップで走り続けるステージとして愛され続ける『CLUB SEVEN』。
その総合クリエーターである玉野和紀が『CLUB SEVEN』の形を創ってくれたメンバーとして絶大な信頼を寄せるのが吉野圭吾、東山義久、西村直人。この4人に今回はさらに原田優一、蘭乃はな、香寿たつきが加わった『CLUB SEVEN ZERO』が、6月8日からシアタークリエで幕を開ける。(6月22日まで。5月26日〜28日◎シアター1010でプレビュー公演、6月3日、4日◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、6月23日◎刈谷市総合文化センターアイリス公演あり)

10作目のメモリアルステージを経て、11作目となることで、新たに「ZERO」と名付けられた舞台に向けて、オリジナルメンバーの4人が、それぞれが抱く『CLUB SEVEN』への思い、4人の絆、また、お互いの魅力などを語り合ってくれた「えんぶ6月号」の記事をご紹介する。

_L3A1309_OK
東山義久・玉野和紀・吉野圭吾・西村直人

名場面をたっぷり盛り込んだ「A」「B」2つのパターン

──1昨年の『CLUB SEVEN 10th stage!』を経て、今回新たに『CLUB SEVEN ZERO』ということですが、この「ZERO」に込めた思いから教えてください。
玉野 じゃあ、ヨシ(東山)から。
東山 えぇ? それはやっぱり(笑)。
西村 そこはまず玉野さんからでしょう(笑)。
玉野 (笑)6年ぶりにこの4人が集まって、『CLUB SEVEN』の立ち上げと言いますか、形を作ってくれたのがこの4人なので、1つの集大成であり、新しい出発という意味で、「ZERO」がいいんじゃないかな? と。今回、男性5人、女性2人、作品がはじまった一番最初の形にもなっているので「ZERO」と名付けました。
──はじまりであり集大成でもあると言うと、これまでの名場面なども?
玉野 そうですね。「10」まではとにかく走り続けて来て、次々と新しいものを創ってきたので、今回はこれまでの色々なキャラクター、面白いものも、楽しいものもたくさんあるので、手直ししつつまたお見せできたらなと。
吉野 新作もやりますよね。
玉野 あぁ、もちろん、もちろん。回顧だけではなく、新たなものも創っています。ただ、お客様の中からも『CLUB SEVEN』ならあれがなくちゃ! というものが、どんどん出てきた中で、進化もし、ハードルも上がって、ある意味1人歩きをしている。それも含めて『CLUB SEVEN』なのかな? と思うので、「1」から観てくださっているお客様には、懐かしいキャラがいっぱい出てくると思います。この機会にあれもこれも、とピックアップしていったら3時間じゃ収まらなくなって、AとBの2つのパターンになりましたので、是非両方観て欲しいです。
──そういう意味で、2つのパターンがあるんですね? かなり内容は違うのですか?
玉野 そうですね、「スケッチ」と呼んでいるコントの要素のあるものは、4つ変えているので。
東山 4つっていうことはほぼ全部ですよね?(笑)。
玉野 あぁ、まぁね(笑)。
──では2公演分覚えるということですか?
西村 (間髪を入れず)そういうことなんです。
吉野 早かったよね、今(笑)。
東山 即答だった(笑)。
玉野 だから僕も今一生懸命やっているのに、終わらないのは何故なんだろう? と思っていたら、倍作っていたんだ! と(笑)。でも、お客様への感謝の意味も込めて、頑張ろうと思います。

_L3A1331_OK

阿吽の呼吸で通じ合える4人

──改めて、こうしてこの4人が集まったことについては?
吉野 なんでもできるね。
西村 うん、なんでも来い!
玉野 なんでも渡せるメンバーなので、もう極端に言えば「ここ頼むね」って白紙の台本でも渡せる連中だから。
東山 いや、方向性だけは示してくれないと!(笑)
西村 でもタイトルだけとかあるよね(笑)。
玉野 ここで面白いことして!とネタを出してもらったり、アイディアを持ち寄りながら、『CLUB SEVEN』は皆で創ってきたという感じなので。
──この4人ならではのものというあたりは?
吉野 やっぱりチームワークじゃないですか? それぞれが自分を出してきて、ちゃんとまとまると言うか。
玉野 阿吽の呼吸はあるね。それぞれ1人1景、任せられる、『CLUB SEVEN』の皆が主役であり、皆がアンサンブルである、という基本の方向性をきちっと押さえてくれている人たちなので、僕が芯となるものを作ってしまえば、後はどんどん進化させてくれる。安心して任せられるメンバーですね。

_L3A1357

皆が主役でありアンサンブルである『CLUB SEVEN』

──他の共演者の方達については?
玉野 香寿たつきさんと原田優一さんは『CLUB SEVEN』に出ていますし、今回、蘭乃はなさんだけが初めてなんですが、他の仕事で一緒にやっているし、宝塚では、百戦錬磨で色々やってきている人だから信頼しています。ただ『CLUB SEVEN』はとにかくやることが多いので、初めての人はびっくりするかなとは思います。1つのショーの中で色々なキャラクターをやり、ミュージカルもやり、最後の「五十音メドレー」は今回78曲ありますから。
──そんな『CLUB SEVEN』ならではの魅力を、改めて語るとすると?
西村 僕がもし客席で『CLUB SEVEN』を観たとしたら、やっぱり一番驚くだろうなと思うのは、出演者の意外性ですね。ヨシにしても、圭吾(吉野)にしても、他の舞台でこういう人だと思っているイメージが覆る新しい発見があるので、それはきっとお客様に楽しんで頂けるんじゃないかなと。
吉野 出演者全員がこれだけヒーヒー言っている舞台はないと思いますし、自分で演じていてもこれだけ体力を使う舞台はなくて、毎回自分への挑戦なので「俺たちの生き様を見ろ!」みたいな(笑)。覚えることも多くて本当に大変なのですが、それを乗り越えた時の達成感にはなんとも言えないものがあります。
東山 色々な自分が出せる、新しい発見が常にあって、それが次の舞台に役立つことも多いので、お2人が言った通りなのですが、あとは『CLUB SEVEN』は家族のようになれる場なんです。とにかく全員で力の限りやるので、苦しい顔も、大変な部分も見せていて、客席からも「これだけやっているんだから応援しよう!」という共通の空気感が生まれる。文字通りのジェットコースターエンターテイメントなので、遊園地みたいな感じで楽しんで頂けるのが最大の魅力だと思います。
玉野 ミュージカルなら基本的には1つの役を演じますし、ショーは歌と踊りで構成されて行きますが、『CLUB SEVEN』にはそれらの要素に、更にコントの要素もあったり、あらゆることをやる、というのが他の舞台とまず違うところです。更に『CLUB SEVEN』って必ずその人の本質が見えてくるので、そこは引き出したいなと思っています。その人の得意分野だけじゃなくて、何にでも挑戦して必死でやる、「一生懸命ってカッコいいじゃないか」というところを、最初から大切にしてきました。今では皆成長してくれて、グレードアップしているけれど、その一生懸命さは変わっていないし、「もっと上を!」と目指し続けている皆が、第一線で活躍してくれているのも嬉しいですね。昨年、弟分という意味合いの『GEM CLUB』も創りましたけれど、そこに出ていた若い人たちにとって『CLUB SEVEN』が目指す場所であってくれたら嬉しいなと思いますね。

_L3A1342

認め合い、高め合って、新たなステージを

──是非、お互いの魅力を語ってください。
西村 お互いに?
玉野 ちょっと難しいよね(笑)。
東山 直人さん(西村)は「ミスターCLUB SEVEN」ですよね。
吉野 完全に玉野さんの右腕だから、玉野さんと直人さんがいないと『CLUB SEVEN』はできない。あとは、僕は直人さんの絶対に役を捨てないという姿勢を「1」の時から強く感じていて、それが自分の指針になりました。どんな舞台でも頂いた役を捨てないように、直人さんに負けないようにと思ってやってきました。
西村 あぁ、今日はいっぱいお酒飲もう(笑)。いや、でも恥ずかしいね、褒められるって(笑)。
玉野 日本人は褒められ慣れてないから(笑)。
西村 次行かせてもらって(笑)、圭吾はとにかく努力家。先輩にはたくさんいたんだけれど、今熱い人が本当に減っているので、唯一残っていると言っていいくらい熱い人です。
東山 僕の初舞台が圭吾さんの主演舞台で、その後も『レ・ミゼラブル』や『宝塚BOYS』で同じ役をやらせて頂いて、ずっと背中を追ってきた憧れの人の1人だし、なんでもできる人だと思っていたら、稽古場でここまでやるんだというくらいとことん探求されるので、またこうして一緒にできるのが嬉しいです。
吉野 そういう風に、ヨシは人のことをよく見てるよね。それでフォローもしてくれる。コントでもなんでも拾ってくれるから、安心して投げかけられます。
玉野 よく見てるし、覚えてるし、視野が広いね。
西本 一見アウトローな感じがするんだけど、ちょっとワルっぽい感じ?
東山 チャラい感じなんでしょう?(笑)
西村 そこにちゃんと、すごくきちんとしたところが混ざっている、その微妙なバランスがヨシの魅力だよね。親御さんに感謝しないといけないのかもしれない。
玉野 そこに女子はやられちゃうんだよね。だからモテるんだ。
東山 いい話をして頂いたと思ったのに!(笑)そういう玉野さんは、よく奢ってくれます(爆笑)。
西村 地方公演に行く度に一番良いところをリサーチしてくれて。
吉野 楽しみだなぁ(笑)。
玉野 また出費が重なる(笑)。

_L3A1352_OK
 
西村 (笑)玉野さんの良いところは、いつも言いますけど子供なところです。自分のおもちゃ箱から、これで遊ぼう! これも、これも、と、どんどん出して来て遊んでいる、そこから出来上がるのが『CLUB SEVEN』であり、他の舞台なので、その箱に魅力がいっぱい詰まっていて、これからもまだまだ出てくるんじゃないですか。
玉野 どうだろうね(笑)。でもプレイヤーがやってくれて、また発見もあって、おもちゃが増えていくんだと思う。
東山 とにかく愛が深い方なので、1人1人のことをよく見てくれていて、直人さん、圭吾さん、僕、それぞれにしかできないものを作ってくださるから。
玉野 僕が観客だったら、直人のこれが観たい、圭吾なら、ヨシなら、そうして創ってきたのが『CLUB SEVEN』だからね。
吉野 それに応えて、観て良かった! と思えるものを必ず創りたいと思います。
西村 今回懐かしいものもたくさんあるからこそ、初めてご覧になる方にも楽しめるものにしたいですね。
東山 「ZERO」ということで、原点に帰って誇りを持って、日本を代表するエンターテイメントショーを創りましょう!
玉野 このメンバーでまたいつできるか分からないので、一期一会の気持ちで最高のショーを創りますので、是非観に来てください!

_L3A1377_OK
東山義久・玉野和紀・西村直人吉野圭吾

たまのかずのり○山口県出身。オリジナルミュージカルの作・演出・振付、また出演もこなすオールラウンドのエンターティナーで、日本を代表するタップダンサー。最近の主な作・演出・振付・出演作品に『CLUB SEVEN』シリーズ、『道化の瞳』『私のダーリン!』Show House『GEM CLUB』A NEW MUSICAL『CROSS HEART クロスハート』『ALTAR BOYZ』等、『サットン・フォスター来日記念ガラコンサート』の演出・振付・出演、『小林幸子50周年記念コンサート』の総合演出なども。第34回菊田一夫演劇賞受賞。

よしのけいご○東京都出身。音楽座、劇団四季を経て、『MOZART!』『レ・ミゼラブル』『ジキル&ハイド』『ダンス・オブ・ヴァンパイア』『ライムライト』等、数多くのミュージカルで活躍。最近は性格俳優としても活躍の幅を広げている。第34回菊田一夫演劇賞受賞。最近の主な出演作品は『1789〜バスティーユの恋人たち〜』『ピーターパン2016』『バイオハザード〜ヴォイス・オブ・ガイア〜』等、本年7月に『空中キャバレー』、10月に『レディ・べス』への出演も控えている。『CLUB SEVEN』は「9th stage!」以来の出演となる。

ひがしやまよしひさ○大阪府出身。00年『エリザベート』のトートダンサーで一躍注目を集める。03年に「DIAMOND☆DOGS」を結成し、総合演出も手掛けている。その後も新プロジェクト「BOLERO」など、多方面に表現活動を展開中。最近の主な出演作品はVOCE CONCERTO 『GALAXY DREAM』プレミアム・ファンタジー・アクト・シアター『カルメン〜ドン・ホセの告白〜』『BOLERO 2016〜モザイクの夢』『ALTAR BOYZ』『エジソン最後の発明』等、『CLUB SEVEN』は「10th stage!」に続いての出演となる。

にしむらなおと○東京都出身。劇団急旋回を経て、持ち前のダンス力や、タップダンスの特技を活かし、ミュージカル作品をはじめとした様々な作品で幅広く活躍中。近年の主な出演作品は『レ・ミゼラブル』『まさかのChange!?』『マイ・フェア・レディ』『ミー&マイ・ガール』『志村魂』『しゃばけ』水木英昭プロデュース『眠れぬ夜のホンキートンクブルース第二章〜飛躍〜』など。本年、8月には『志村魂12』への出演も控えている。『CLUB SEVEN』シリーズのすべてに参加している。


〈公演情報〉
クラブセブンPR

『CLUB SEVEN  ZERO』
脚本・構成・演出・振付・出演◇玉野和紀
出演◇吉野圭吾 東山義久 西村直人 原田優一 蘭乃はな 香寿たつき
●6/8〜22◎シアタークリエ 
〈料金〉10,000円(全席指定・税込) 
〈お問い合わせ〉東宝テレザーブ 03-3201-7777
●5/26〜28◎シアター1010(プレビュー公演)
〈料金〉9,500円(全席指定・税込)
●6/3・4◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
●6/23◎刈谷市総合文化センターアイリス公演 
〈HP〉http://www.tohostage.com/club_seven/



【取材・文/橘涼香 撮影/岩村美佳】



えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

新たなダンスステージの創造!『ダンスカンタービレ』 森新吾×梅田彩佳×風花舞インタビュー

s_ MG_0412

DIAMOND☆DOGSのメンバーとして活躍するかたわら、その卓越したダンス力を駆使しての振付はもちろん、構成・演出のジャンルでも優れたクリエーターとして才能を発揮している森新吾。
そんな多彩な輝きを持つ森を中心に、華と実力を兼ね備え、現代を駆け抜けている8人の女性パフォーマーが集って繰り広げられる、ショーアクトMORI SHINGO×8人のFOXY GIRLS『ダンスカンタービレ』が、銀座の博品館劇場で上演される(5月18日〜21日)。

1人の男性を取り巻く魅惑の女性達。19世紀末のロンドンを震撼させた「切り裂きジャック」からインスパイアされた、現実と虚構が入り交じるイメージを、森自身が自由に膨らませて構成・演出・振付を手掛け、原田薫、港ゆりかのスタイリッシュな振付が加わるダンスシーンは万華鏡のような魅力に満ち、T-LAYLAの音楽と共に大胆で、豪華なステージが繰り広げられるとあって、今、大きな期待が集まっている。
そんな舞台の中心となる森新吾、AKB48メンバーの頃よりトップクラスのダンステクニックを持つと讃えられた梅田彩佳、元宝塚トップ娘役で、初舞台からすでにその卓越したダンスの実力を発揮してきた風花舞が、新たな創造のステージの内容や意気込み、作品での役割り、またそれぞれの印象や魅力について語りあってくれた。

s_ MG_0436 風花舞・森新吾・梅田彩佳

ガールズパワーがあふれる稽古場

──まず、この企画が立ち上がった経緯から教えて頂けますか?
 僕自身がずっとDIAMOND☆DOGSで活動してきた中で、プロデューサーの栫ヒロさんが「15年やってきた節目として、新吾を中心にしたダンスのカンパニーを立ち上げよう」という企画を持ってきてくれて、「2017年の5月に博品館さんでやらせてもらえるから、ついては、この舞台は新吾以外は全員女性で行きたい」という話だったんです。僕はこれまで、もちろん外部のミュージカル作品などでは女性と絡ませて頂いたことも多々ありますが、基本的にはDIAMOND☆DOGSという男だけが集まっているフィールドでやって来ましたから、僕以外が全員女性の舞台、それは面白いだろうな!ということで、是非にと即答して企画が進んでいきました。僕が軸にあるとして、女性のパフォーマーが8人いるということでは、やっぱり男女の関係性、必ずしも恋愛に限らずとも、そこは持ちつ持たれつのものになっていくだろうし、騙し騙されというトリッキーな面も創れたらなと考えています。
──森さんを中心に8人の女性たちを配する、その顔ぶれはどのようにして決まっていったのですか?
 はじめは漠然としていたのですが、作品を創っていく流れの中で、僕のことをまずよく知ってくれていて、僕をサポートし、包み込んでくれる女性の方が1人いて欲しいということを話しましたら「風花舞さんだろう」と。
風花 そうなんだ!(笑)。
 そうなんです(笑)。そこがまずお1人決まったところで、ダンスでしっかり表現が出来て、甘くない芸能界を渡り歩いてきた梅田彩佳さんに「いかがでしょうか?」と。これはキャスティング・ディレクターの植木豪さんと相談して、オファーをさせて頂きました。
梅田 ありがとうございます!
──そんなオファーを、よし受けよう!と思われた時の気持ちはどんなものでしたか?
風花 新吾ちゃん以外は女性だけのパフォーマーが集まる舞台、年齢的にもおそらく私が一番上になる、ということで、まず体力的についていけるかな?があったので「私で大丈夫ですか?」と訊いたのですが(笑)、「大丈夫」と(笑)。
梅田 即答だったんですね。
風花 そうそう(笑)。それで、新吾ちゃんと一番はじめに一緒に仕事をしたのが、まだ若い時よね?
 浦井健治くんのディナーショーの時だから、まだ25か、26の時ですね。浦井くんと僕がワイワイやってる頃で、彼が1本主演したあとのディナーショーに舞さんが出られて、僕も参加していたので。
風花 私もDIAMOND☆DOGSのステージは観ていたのですが、共演したのはそれが初めてでしたから、新吾ちゃんとは個人として最初に会っているのよね。その後DIAMOND☆DOGSの『真夏の夜のロミオとジュリエット』を一緒にやって、それからはこの間の『BOLERO』もそうですけど、振付をしてもらってずっとご一緒させて頂いてきて、私としては新吾ちゃんは「親戚の子が大きくなりました」みたいな(笑)感覚で。

s_MG_0484
 
 年数的にもそのぐらい長く交流させて頂いていますよね。
風花 そう、だから親心と言うか(笑)、新吾ちゃんがこういう形で初めて主演をされる舞台だったら、良い意味で支えられたらいいなと思って「是非お願いします」とお伝えしました。
梅田 最初にお話を頂いた時に、私がこのメンバーの中でついていけるかな?と不安だったんです。でも絶対に学ぶこともあると思って、挑戦しよう、是非よろしくお願いしますと言いました。
──お2人共、ガールズチーム出身ということになりますが、今回の稽古場はいかがですか?
梅田 女性の方がずっと多いので違和感なくやれています。森さんと絡むシーンの方が緊張します(笑)。これまで男性と絡むことがほとんどなかったので。
 あぁ、そうか!じゃあ「失礼しま〜す」って感じ?(笑)
梅田 心の中では毎回思ってます(笑)。
風花 私は外に出てから男性と踊る機会もたくさんありましたが、やっぱり基本的には女性の中にいる方が楽です。気が楽と言うか、自分の居場所が見つけやすいし、何をするべきかもわかりやすいですね。周りが何を考えているかもだいたいわかるので、すごく楽です。
──一方、男性中心の活動が多かった森さんは?
 稽古初日に顔合わせがあった時に、僕がまとめる役なのでちょっと前の方から皆さんを見渡した時に、皆さん凜としていつつ、悠然としているのに圧倒されちゃって、とても緊張しました。僕こういう環境初めてだったんで(笑)。女性1人と面と向かって会話したり踊ったりということはやって来ましたけれども、これだけの人数の女性に「森さん」ってパッと見られた時の圧がすごくて!(笑)これは敵わないなと思いました。それくらい皆さんがそれぞれに魅力と個性を持った方達だということだし、いざ稽古を始めたら、やっぱり皆さん1人1人が第一線でやっている方達だけに、理解力や吸収力がすごく高くて、稽古がサクサク進むんです。だから僕は今までとあまり変わらないスタンスでいられることに気づいて。僕が男性1人だからと言って変に気を遣われることもないので、物事が上手く流れていきますから、今、僕としては最初の壁をクリアした!という気持ちです(笑)。
──では、良い流れでお稽古が進んでいるんですね?
森 そうですね。とてもありがたいです。

s_MG_0487

言葉がないからこそ難しく、奥深いダンスの表現

──内容についてもお聞きしたいのですが、「切り裂きジャック」がイメージにあるとも伺いましたが、今、お話し頂ける範囲で教えて頂けますか?
 19世紀のロンドンがベースになっていて、ある男が恋に落ち、熱を帯びた時間が過ぎ去った時に、恋人がいながらにして新たな恋に落ちてしまう。そういった状況での男女の距離感ですとか、男自身の生き様が、ある面では退廃的に見えたり、ある面では美しく見えたりする。それを俯瞰で見ている別の1人の女性がいて、話の流れが「切り裂きジャック」を想起させるような事柄が起きてくる。男自身も「自分が切り裂きジャックなのか」と思ってしまうような流れの中で、さて、彼の結末や如何に?といったものです。物語は男が考えていることが軸になって進むのですが、それを俯瞰で見ると滑稽だったり、可憐だったり、美しくもある、という部分を、ジャンルレスなダンスとパフォーマンスで表現していけたらなと。なので「切り裂きジャックっぽいね」と思われる方もおられるだろうし、一方で「切り裂きジャックっぽくはないけれども、イメージはロンドンだったよね」と思われる方もおられると思います。見え方や、音楽の聞こえ方はすごくクラシカルで、19世紀という中に、現代のダンスの表現がクロスオーバーして見えたら、という思いのもとに作品が進んで行きます。ですから「切り裂きジャックの話なんだよ」と言ってしまうと違うのですが、その風味があるものを、食べて見たらズシンと来た「あと味渋いぜ!」(笑)というものにできたらなと思っています。
──お2人のキャラクターは場面によって様々なのですか?それとも決まっている?
 決まっています。僕から紹介すると梅ちゃんは僕と一番近い恋人の女性です。男との距離感を大切にして僕を支えてくれる女性の役です。なので燃え上がるところはすごく燃え上がるし、落ち着くところは落ち着くし。僕が自分のところからいなくなったら探しに行くし、でも突き放す部分もあってという、日常的な夫婦のような間柄で、その女性がある事柄に巻き込まれていきます。で、舞さんは…
風花 あんまり言えないのよね、私は(笑)。
 そう、あんまり言えない(笑)。この作品を色々な角度から見て、見守って、その中に入っていく。はじめは一番遠くにいて、渦のようにだんだん真ん中に流れてきて、最後は中心になる。まぁ、言葉としては「謎の女性」と書いて頂ければ(笑)。
風花 言いたくてしょうがないんだけど(笑)。
梅田 言っちゃダメです(笑)。

s_MG_0522

──では、言ってはいけない中で、こんな風に存在したいというところは?
風花 私は新吾ちゃんから設定を伺った時に、私が一番やりたかったタイプの役だなと。
 おっ!本当ですか?
風花 そう。宝塚時代から色々なタイプの役をやらせて頂きましたし、退団してからも様々に経験させて頂きましたが、一番やりたかったものだと思うものが、今来たんだ!と思って嬉しかったし、楽しみですね。ただ、ミュージカルではないので言葉で表現することができませんから、身体と表情だけでどこまで表現できるか。ストーリーもものすごく細かいということではなくて、あくまでダンス公演なので、観てくださるお客様にこうなのかな?と想像して頂けるところまで、創り上げて行くことが難しいだろうと思います。言葉ではありませんから、ご覧になった方がいかようにも解釈されるでしょうし、それはそれでもちろんいいので、ただ私としてはこうやりたいというイメージ、新吾ちゃんから頂いたものをきちんと持って、1人の人物として幕が下りるまで舞台に存在できたらいいなと思っています。
──ダンスでの表現というのは、ある意味では観た人の数だけ受け取り方がありますものね。
 そうなんですよね。ダンス公演の構成・演出も色々やって来ましたけれども、台詞一字一句をダンスで表現するのは不可能なので。その中で僕がやっぱり一番素晴らしいと思っているのはバレエの『白鳥の湖』で、捉え方は色々あるにせよ、あれだけわかり易い物語に集約されていくのが、僕の中では究極のものなんです。だから僕がダンス公演を創る時には、表現したいところは、僕の思っていることを台詞に変えてみて「これを表現してもらいたいんだ」というところまで一応落とし込んでいきたいんです。それがどう見えるかは僕のタクト次第なので、僕の思っていることを身体の表現に変えて、それを如何にお客様に伝えることができるか?が勝負だと思っています。だから、今、舞さんが言ってくださったように、僕が舞さんに伝えたい思いを板の上でどれだけ皆さんに理解して頂けて、そこに感情の爆発と同時にペーソスが見えて来たらいいのかなと思っています。
風花 ショーケースのようなダンス公演だと、場面ごとに区切って、この場面はこう、次はこう、となるのですが、こういう物語がベースにあるものですと、踊っている人間だけがわかっていればいいんだよではなく、そのベースは伝えた上で自由に受け取ってください、というところが必要だと思うので、そこが言葉がない分難しいですね。
 そうですね。
風花 言葉がないからこそ面白いとも言えるんだけど、ただ技術だけに走ると物語は伝わらないので、やはり踊りでありつつ、お芝居であり、音楽ね。
 そうなんです、そこですね!

s_MG_0417

絵面も綺麗で可愛い、森と梅田のシーン

──梅田さんはご自身の役どころについては?
梅田 今、お二方のお話を聞いていて、ますます難しいなと思って(笑)、ドキドキしてます。でも私の役柄的には、母性が必要で、男性が好きなんだけれども、ついて行くのではなく港で待っている。そういう女性って演じたことがなかったですし、年齢的にも「好き!好き!」って男性にアピールするような役が多くて、物静かだけれども、心の中では燃えているという役柄は初めてなので、難しさを感じています。でも、私自身も年齢を重ねて来ましたし、新しいことにチャレンジできることが、お話を聞いていてますます感じているので、難しいからこそやってみたいし、言葉がないからこそどう伝えるのか?をいつも以上に感じると思うので、いつも以上に頑張りたいなと、今、素直に思っています。
──梅田さんをずっと応援して来られたファンの方にも新鮮なものになるでしょうね?
梅田 新鮮に映ると思います。今までは「元気!パワフル!」という感じだったのですが、それとは本当に逆のイメージなので、ファンの方にも楽しんで頂けるかなと思います。
──そして、日替わりゲストの方達がまた豪華ですが、この方達の役割については?
 4人の方にやって頂くのは、僕を追い詰める役どころです。僕に対してプレッシャーでいて欲しいなと。何かのきっかけで歯車が狂って来た時に、そこを止めなければいけない部分というのが必ず出てくるので、それを絵的に止めて行くという役割として、僕を追いかける役になると思います。この時代って今でも生き続ける表現者がたくさんいる時代、ピカソや、ニジンスキー、ラフマニノフ、ブラームスなど、色々な人が駆け抜けていく時代なので、そういった人達を集約したナンバーを僕と絡めていければと。4人の方それぞれ全くジャンルが違うので、音楽のT-LAYLAと相談して、日替わりの良さを見せられたらと思っています。

s_MG_0488
 
──では、毎日観ても新鮮で楽しいものになりますね?
 日替わりと謳った以上、そうならなければならないと思っているので、僕がたくさん覚えればいいことですから(笑)、そこは毎日楽しみにして頂けたらと思います。
──お2人からご覧になっての森さんは、いかがですか?
風花 どうですか?
梅田 あー、どうだろう?
 これ、一番緊張する(笑)。
梅田 まだお稽古に入ったばかりなのですが、最初の日から私、結構森さんに触れることが多くて(笑)。今まで男性と絡むことって本当になかったので、緊張するのですが、そこに包まれている感覚、身を委ねやすいものを感じました。
 ホントに?(笑)
梅田 ホントです!(笑)すごくリードしてくれて、教えてくださるので、これからもっとついて行こう!と思いました!
 良かった〜!
風花 私はこのストーリーを聞いた時に「頭良いね!」って言ったのよね?(笑)
 そうそう!
風花 「これ新吾ちゃんが考えたの?すごいね、頭良いね!」って(笑)。だから、私が出会った頃の新吾ちゃんはダンサーさん、という感じだったのが、そこから年月を重ねてご自分で演出や振付もたくさんされて、出演もして、色々な経験を重ねてきて、満を持してこれが出て来たんだなと思うと、すごいなと思いますし、だからこそこちらはそれを何とか形にしていきたいと思いますね。女の人の中で男の人が1人って、華やかだけれども、やっぱり真ん中というのはどんな時でも大変だと思います。だから支えていますよ!という感じを出すつもりはないですけれども、でも真ん中の人が伸び伸びやってくれるものが一番良いものになるので、そういう作品になったらいいなと思います。他の女性メンバーにも、それぞれに光が当たるシーンがあるので、それぞれに輝いてくれたらいいですね。この2人(森と梅田)の絵面もとても綺麗で可愛いので、楽しみです。

s_MG_0465

カンタービレ(歌うように)ってこういうことかと

──では森さんから見て、お2人のパフォーマーとしての魅力は?
 舞さんは僕、ご一緒させて頂く前から存じ上げていましたけれど、華やかさの中のどこかに攻撃性があって。僕が魅力的だなと思う女性の中には必ずそういう面があります。だから舞さんをこれまで色々な形で見させて頂いて来ましたけれども、その1つ1つの中に一瞬垣間見える魅力があって、舞さんってどんどん進化されてるんです。前回の『BOLERO』でも踊り自体も進化していて、「怖いこの人!」って。
風花 (爆笑)。
 「怖い」って言うのは「凄い」ってことなんですが(笑)、やっぱりダンスだけでなく、お芝居でも歌でも表現できる人でないとたどり着けない踊りの表現ってあるんだなと、僕の振付ではすごく感じました。他の先生の振付で踊っている舞さんを観た時には「カッコいいな」って思って。そのカッコよさを今回も出したいんですが、ちょっと作品とはまた違った、もっと大きな女性としての優しさと、毒のあるところを異なる見せ方で表現してもらえたら、舞さんと10年来つきあってきた中で、お互いに相乗効果で次に行けるんじゃないかなと思っています。今稽古場でも、それをわかってくれた上で、皆さんをまとめて頂いているので「アネキ」と言うか、憧れの女性です。
風花 任せとけ!(笑)
 ありがたいです!梅ちゃんは僕もアイドルの時代から知っていましたが、そこから今度僕の舞台に出て頂けるということになって、踊りの上手さも知っていたので、観に来てくださるお客様に何か違う形で梅ちゃんを見せられたらと思っていて。と言うのも僕が梅ちゃんに「この人絶対になんでもできる」と思っている部分があったからで、女性らしい部分をもっと見たいというところもありますし、従来通りにパワフルな部分も見て頂きたいですし、近寄って色々な見せ方をしたい、色々な面を見せて欲しいと思わせてくれる人です。だから今回すごく舞台での居方なども大変だと思うのですが、立って振り向いただけでカッコいいと思って頂けるような女性でいて欲しい。色々な梅ちゃんが好きだと、まず僕が思っているので、それを舞台の上で表現して頂けたらと思います。
──お2人は初顔合わせで、第一印象としてはいかがですか?
風花 私はテレビなどでは拝見していましたが、まさか共演させて頂ける日がくるとは思ってもいなくて。そうしたらこうして直接会っても可愛いし、アイドルの人達って本当に可愛いなと。その上素直だし、特に今回はこういう現場に来て緊張もしていると思うので、彼女にも伸び伸びやってもらいたいなと、お姉さんとしては(笑)思っています。

s_MG_0512
 
梅田 毎回どの現場でも思うのですが、間近で見られるってすごいことで、大変なチャンスだなと思ってずっと拝見しているのですが、ただ手を動かす動作でも、うわー!と伝わるものがあるのがすごいなと。言葉ならすぐ伝わっても、ダンスは自分の枠の中から出ないとなかなか伝わらないのに、こんなにわーっと来るって素晴らしいと思って、見ていてとても楽しいです。でも楽しいだけでは自分が置いて行かれてしまうので、ヤバいとも思っていて。刺激的な現場なので、風花さんからもいっぱい吸収したいです。
──お話を伺ってますます期待が高まりますが、では公演に向けての意気込みをお願いします。
風花 新吾ちゃんの魅力が全開になる作品になると思います。女性も本当に皆魅力的なので、どこを見ても全部が見どころになると思うので、AKB48のファンの方、宝塚のファンの方、ダンサーズのファンの方、もちろん新吾ちゃんやDIAMOND☆DOGSのファンの方、それぞれの方達にとっても、今まで観たことがない人が舞台上にいると思いますから、その出会いも楽しんで頂けると思いますし、日替わりゲストの方もいらっしゃるので、毎回違うものが観られると思いますので、是非何回でも劇場にいらして頂きたいなと思います。
梅田 終演後しばらく椅子から立てないような、次の舞台も観たい、再演もして欲しいと思って頂けるような作品にしたいと思いますので、頑張っていきたいです。
 この企画をまず頂けたことが僕の中での財産であり、なんて恵まれた環境にいられるんだろうと思いますので、まずこれを形にして、先の話をするとするならば、いつか僕ではなく、別のキャストでもまたこの作品ができるような、そんな作品を創りたいと思っています。今まで僕が培ってきたものに、皆さんのお力を頂いて最高のダンスの公演にしたいというのが1つあります。大もととしては僕とFOXY GIRLSでの『ダンスカンタービレ』なので、観終わった後にお客様に「カンタービレ(歌うように)ってこういうことだったんだ」という会話をして頂ければと思っています。道程はまだまだ長い作業なので、皆は「森新吾、このヤロー!」と思われるかも知れませんが(笑)、やり遂げた時に「やりきった!」と思えるような作品にしていきたいので、舞台の人間も客席のお客様も爽快感あふれるカーテンコールになれるように頑張っていきたいと思います。



s_MG_0417
風花舞・森新吾・梅田彩佳

もりしんご○卓越したダンサーとして頭角を現し、03年「DIAMOND☆DOGS」に設立メンバーとして参加。『アルジャーノンに花束を』『ALTAR BOYS』などでの優れた出演成果のみならず、舞台構成、振付、演出にも才能を発揮し数多くの舞台を創り続けている。NHK「みんなのうた」でも振付を2年連続で手掛けるなど、多方面で活躍中。近年の作品に『Dramatic Musical Collection2016』『THE SHINSENGUMI』『DANCE SYMPHONY2015』『Silver Star、Silver Moon、Silver Snow』などがあり17年『ALTAR BOYS』では、TEAM LEGACYにルーク役で出演、TEAM GOLDの振付を担当した。

うめだあやか○06年にAKB48の第二期生としてデビュー。幾度となく選抜入りを果たし、チームBのキャプテンを務めた後、14年からはNMB48に移籍し、チームB2の副キャプテンとして活動を開始。話題となったミュージカル『ウィズ〜オズの魔法使い〜』で主演を務めるなど、個人としても活躍。16年デビュー10周年を節目にAKBグループから卒業。現在は舞台や、バラエティ番組など多方面で活躍中。

かざはなまい○元宝塚歌劇団月組娘役トップ。退団後は宝塚OG公演ほか、『ラ・カージュ・オ・フォール』『回転木馬』『プライヴェート・リハーサル』など、ミュージカル、ストレートプレイ、和物芝居、ダンスショー、テレビドラマ、映画、CM、バラエティ番組など、どんな役柄や分野にも柔軟に対応できる女優として幅広く活躍。最近の舞台では、タンゴに続きBORELOの世界を魅力的なダンサー達と共に踊り演じた。現在は女優と並行し、ダンス指導(バレエ、ジャズ、シアタージャズ)にも力を注ぎ活躍中。


〈公演データ〉
news_xlarge_dancecantabile

MORI SHINGO × 8人のFOXY GIRLS……!!
『ダンスカンタービレ』
構成・演出・振付◇森新吾 
音楽◇T-LAYLA 
振付◇原田薫 港ゆりか Show-hey
出演◇ 森新吾 
梅田彩佳 
藤田奈那 西野名菜 Yachiyo PSYCHE Hara
長岡美紅 Kayane 橋本由希子 
風花舞 他
●5/18〜21◎博品館劇場
〔日替わりゲスト〕 
18(木)19:00 東山義久 
19(金)19:00 長澤風海 
20(土)14:00 植木豪 
20(土)18:00 東山義久 
21(日)14:00 町田慎吾 

〈料金〉7,500円(全席指定・税込) ※ 未就学児童入場不可
〈お問合せ〉博品館劇場 03‐3571‐1003




【取材・文/橘涼香 撮影/山崎伸康】



朝海ひかる女優10周年記念ツアー『will』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

ミュージカルレビュー『KAKAI 歌会』で共演! 原田優一&はいだしょうこインタビュー

_L4A6257OK

ミュージカル界の歌人たちが歌って歌って歌いまくるミュージカルレビュー『KAKAI 歌会 2017』が、今年も5月3日から三越劇場で幕を開ける。(6日まで)

古来より和歌を詠む歌人が、季節折々の風景や、恋など、テーマに応じた歌を披露していた「歌会」の風習は、現在でも新年に皇居で執り行われる「歌会始」などで、その一端を知ることができる雅な催し。そんな「歌会」にちなみ、現代のミュージカル界の歌人がテーマに添ってナンバーを披露しようというのが、ミュージカル・レビュー『KAKAI 歌会』のコンセプトで、ミュージカル俳優・原田優一の構成・演出により2013年にスタート。ミュージカルナンバーはもちろん、POPSや歌謡曲、果てはCMソングまで次々と華麗に歌い継ぐ一夜限りのステージが大好評を博した。そんな魅惑のステージが、2015年の第2回に続いて、第3回『KAKAI 歌会 2017』として開かれることになり、原田優一、泉見洋平、入絵加奈子、佐山陽規、はいだしょうこ、綿引さやかという、豪華な顔ぶれが揃うとあって、大きな期待が集まっている。
このステージについて、プリンスから色濃いキャラクターまでなんでもござれの実力派ミュージカル俳優で、構成・演出も手掛ける原田優一と、宝塚歌劇団では歌唱力に優れた娘役として活躍、退団後はNNKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」のうたのお姉さんとして人気を博し、映像や舞台で幅広く活躍中のはいだしょうこが、見どころや意気込みを語り合ってくれた。

本気の歌と笑いの「大人の音楽遊び」

──大人気のステージの3回目ということになりましたが、今お話頂ける範囲で、内容について教えて頂けますか?
原田 最初にはじめた時のコンセプトが「大人の音楽遊び」というもので、初演の時はコンサート色が強かったのですが、だんだんエンターテイメントの部分も増えて来ました。ただ、あくまでも音楽を聴かせる、ということがメインなのは一貫していて、アレンジで遊びつつ、皆さんのキャラクター、個性も引き出しながら豪華なレビューにしていく形です。今回も大きな4つのメドレーを用意していて、前回はCMソングをコーラス隊のメドレーにしてやったのですが、今回はアニメソングをやはりコーラス隊でやりますし、昭和歌謡、もちろんミュージカルソングと、王道のものから、遊び心のあるものまで、幅広く取り入れています。最終的には『KAKAI歌会』の名物になっている「マッシュ」といいまして、『レ・ミゼラブル』の「ワン・ディ・モア」をイメージして頂くとわかり易いのですが、いくつものメロディーが最後には1つになるというものが『KAKAI歌会』の名物になっていて、それを今回はいつもとは違った趣向で「マッシュ」しているので、楽しみにして頂けたらと思っています。
──はいださんは、これまで『KAKAI歌会』にはどんなイメージを?
はいだ 私は2015年のものをビデオで観させて頂いて、今まで観たことがないステージで、すごく真面目な歌を歌っていると思ったら、急に笑いの場面になったり(笑)、その発想の豊かさと面白さが、たぶん他にはないだろうな思って衝撃的でした。こういう舞台があるんだ!と。出演されていらっしゃる方々は皆さん素晴らしい歌唱力を持っていらして、歌も楽しめるし、エンターテインメントとしても楽しめる、豪華な舞台だなという印象を受けました
──そういう舞台に初参加されるということで、今の心境は?
はいだ 皆さん「はじめまして」の方々でしたから、私は人見知りをすることもあって、お稽古初日は結構ドキドキして、ほとんどしゃべれなかったほどでした。どの方もミュージカルの世界で大活躍をされている方ばかりで、大きなミュージカルの舞台には、あまり多く立っていない私がここにいていいのかな、という気持ちもあったのですが、今はこのすごい方々とご一緒にお稽古することや、どんなステージに発展していくんだろう、という気持ちで、ワクワクしています。
──そんな、はいださんはじめ、今回のメンバーを構成・演出という立場でご覧になっていかがですか?
原田 稽古初日に譜面をお渡ししたとき、皆さんすぐに「あ、私こういう役割りなのね?わかったわ」みたいな感じで(笑)、どんどんツッコんで来てくださるので、面白いです。はいださんに対しても、こうして頂くと面白いだろうな、と僕から見て思うイメージもありますし、得意の歌や得意のお絵かきなど(笑)、武器を最大限に使って頂こうと思っています。でもさっきミュージカルの経験が少ないという風におっしゃっていましたが『王様と私』や『ひめゆり』をやっていらっしゃるし、何と言っても宝塚のエトワールですからね! 歌に関しても色々なジャンルのものを聴かせて頂けるのが、楽しみだなと思っています。「私のキャラクターはこうです!」というのを如何なく発揮してくださっている先輩方に対して、はいださんもこの間などは「本当にお上手ですよね」と入絵さんに向かって言っていたりして、また入絵さんが「上手?良かったわ」と、すごい早い返しをしていて(笑)。昭和の香りのプンプンする先輩方と、面白くやれるのではないかと思っています。
──では、今回のメンバーならではのステージになりそうですね。
原田 そうですね。皆、根が明るくてね。
はいだ はい、優しい方達ばかりです。
原田 優しくて温かいので、すぐにできなくても「大丈夫、大丈夫、私もダメだから」(笑)と、バッと声をかけ合えるので、良い雰囲気で稽古が重ねられると思います。

DownloadedFile-2

「面白かったね」と言って頂けるものを創りたい

──先ほど、歌と同時にエンターテインメントとしても楽しめる舞台というお話がありましたが、原田さんご自身がエンターテインメントに対して持っている思いはどうですか?
原田 自分の場合は特に、笑ってもらえる要素が入っているものに、より自分の特性が活かせると思っていて。これまで出演してきた大作ミュージカルはほとんど感動するもの、泣けるものなのですが、一方で、自分自身で演出するもの、創るものには、笑いがついてくるものが多いです。自分自身も観ていて好きなジャンルが、笑えてかつ感動できるエンターテインメントなので、自分が創る時にはそれをやりたいと思っています。海外ものとか観ていても、笑いに対して綿密に計算されているショーが多いんです。自分も、力技ではない、きちんと計算された笑いを届けることを理想としていて、コンサートのトークでも、かなりきちんと台本を作ります。もちろん生のハプニングから起きる笑いは、お客様もほっこりされると思うのですが、それはしっかり作りこんだからこそ起きるハプニングであって、ショーや、コンサート、イベント、すべてきちんとした筋書がないとダメだと自分は思っています。そこから笑いを取るのはすごい技術だと思いますし、泣かせる以上に難しいことですが、やっぱり今お客様も笑いを求めている方が多いので、そういう方が劇場を出た時に「面白かったね」と言ってくださるものを創るというのが、自分の一番目指すところです。難しいことをやるんだけれども、決してそれを難しく見せずに、サラリとやっているということがエンターテインメントだと思いますから。
──はいださんは、宝塚のショーなどで、お芝居の「役」を演じるのとは違う、素の部分が出るステージの経験も豊富だと思いますが、そのあたりは?
はいだ そうですね。コンサートなどでも歌う時にはスイッチが入りますが、トークの時は「はいだしょうこ」のままですし、宝塚でも私はかなり早く退団したので、役を演じているというよりも「はいだしょうこ」で臨んでいることが多かった気がします。今回のステージでも、皆で歌い上げるというような場面ではスイッチが入りますが、それ以外ではきっと素の部分が見えてくるものになるのかな?と思います。
原田 この可愛らしいイメージにはじまって、お客様が期待しておられる「はいだしょうこ像」というものがあると思うんですね。その期待以上の個性を乗せて「あ、エンターテイメントに乗せてきたね」とか、歌の面でも「ここまでは聞いたことがなかった、すごいね」というところの、はいだしょうこさんが出れば良いなと思っています。

Unknown

エンターテイメントの1つの提案として

──改めて、お互いの印象や、感じている魅力はどうですか?
原田 先ほども「人見知りなので」とおっしゃっていましたが、こうしてちゃんとお話になっているのを聞くとすごいなと。謙虚な人という言葉では片づけられない、非常に純粋なピュアなものをお持ちなので、きっと色々な色に染められる方であり、もちろん技術もお持ちなので、創り手としてワクワクさせてくださる方です。様々な可能性を期待させてくださいますし、とても優しいので、いらっしゃるだけで場を和ませる力がある方だなと思っています。
はいだ うれしいです。私は原田さんが『ひめゆり』の檜山さんを演じておられるのも拝見していて、歌も演技も実力があって素晴らしい方だとわかっていましたが、今回本当に初めてお会いして、歌稽古をさせて頂いたら明るくて、優しくて、しかも皆のことをすごく見ていてくださるんです。ほんのちょっとした表情の変化なども見逃さずにいてくださって、不安になっていたら、スッと近くに来て一緒に歌ってくださったり、「もう1回やりましょう」と言ってくださる。舞台に立たれている時のストイックな部分以外に、とても柔らかで、細やかで、皆を見抜く力をお持ちで、皆の良いところを出してあげようという気持ちを持ってくださることが、舞台創りにもつながっていっていると感じます。まだお稽古開始から、間がないのですが、原田さんについて行こう!と自然に思わせてくれるので、初日までにどうなるんだろうというドキドキが、ワクワクに変わっています。周りの方からも色々情報が入ってくるのですが、すごく才能があって良い方だという話ばかりで。
原田 何それ?(笑)
はいだ ホント、ホント、誰からも悪口を聞かないの。
原田 本当に?
はいだ 本当に。しかも私はすごく周りを観察する方なので。
原田 稽古初日とか、本当に観察してたよね(笑)、ずっと周りを見てた。
はいだ そう、喋らない分じっと見ていて(笑)、自分自身でも「ああ聞いていた通りの方だった」と感じたので、ついて行きたいと思います。
原田 良かった!
──お2人共、ミュージカルの二枚目役や、宝塚の煌びやかさとうたのお姉さんの優しさなどがイメージとしてありつつ、コミカルな面もお持ちで、振り幅の広さも魅力ですが、そういう点もこのステージに活かそうと?
原田 自分は「振り幅」が職業という気持ちですね(笑)、「振り幅俳優」だと思っているので(笑)。ただ、それは王道のプリンス役もやってきたからこその振り幅ですし、自分の信条としては「品を保つ」というのがあって、例えどんなに下世話なことをやっても品は崩さない中での振り幅なので、そういう面を共通認識として持ってくださっている方が、今回も集まってくださっていると思っていますので、そういう意識で創っていけると思います。
はいだ はい、そうですね!
──ますます楽しみが広がりますが、では改めて意気込みをお願い致します。
はいだ 歌もあり、笑いもありという舞台に立たせて頂くのは初めてですし、ミュージカルではなくコンサートのステージで、色々な方とご一緒に出演させて頂くこともこれまでなかったので、今、これは絶対面白くなるだろう、お客様がきっと喜んでくださる、その姿が想像できます。なので、音楽と笑いで癒されてお帰り頂ける素敵な舞台になると思うので、是非皆さんにたくさん観に来て頂きたいなと思います。
原田 上級な歌と上級な笑いを、出演してくださる方達と共に楽しんで創っているので、是非皆さんも楽しみに観にいらして頂きたいと思います。歌が上手いということは、ただそれだけで笑える要素にもなって「歌が上手いだけで笑えるってずるいよね」(笑)と言って頂くくらい、技術でしっかり遊ぶということを今回も実現させたいなと思っています。ですから、歌をしっかり聞きたい方にもいらして頂きたいですし、ミュージカルの歌にはこういう歌い方もあり、こういう見せ方もありますという、エンターテイメントとしての1つの提案なので、こういうことも日本で出来るようになりましたという、こういう技術を持った方達がたくさんいますということを、どんどんお見せしていきたいです。お客様の目も今はとても肥えていらっしゃるので、逆にそこの不意を突いていくような感じのミュージカルレビューが提案できたらいいなと思っています。是非多くの方に劇場に足をお運び頂きたいなと思っています。

6251OK_
はいだしょうこ、原田優一

はらだゆういち○埼玉県出身。9歳よりTV、舞台、映画、ライブ、ダンス・イベントに多数出演。安定感のあるソフトな歌声と、二枚目役から個性的なキャラクターまで、幅広い役をこなせる逸材として、ミュージカルを中心に活動中。『KAKAI歌会』、オフブロードウェイミュージカル『bare』等、構成・演出活動にも積極的で好評を得ている。15年自身初のソロCD「いつか」をリリース。主な出演作に、『ミス・サイゴン』(クリス役)『レ・ミゼラブル』(ガブローシュ役、アンジョルラス役、マリウス役)、『ラ・カージュ・オ・フォール』(ジャン・ミッシェル役)、『TARO URASHIMA』、『瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々』等がある。

はいだしょうこ○宝塚歌劇団出身。在団中は作品のフィナーレを飾る歌手「エトワール」を務めるなど、歌唱力に優れた娘役として注目を集めた。退団後の2003年からNHK「おかあさんといっしょ」うたのおねえさんとして親しまれた。その後は、TV出演、コンサート活動、舞台出演と多岐に渡る活躍を続け、16年にはNHK大河ドラマ『真田丸』にも出演。主な出演舞台作品に、ミュージカル『若草物語』主演ルイーザ役、ブロードウェイミュージカル『回転木馬』キャリー役、ブロードウェイミュージカル『王様と私』などがあり、15年、16年に続いて、17年7月にはミュージカル『ひめゆり』で3度目となる主演キミ役での出演が控えている。

〈公演情報〉
kakai2_omote_c

ミュージカルレビュー『KAKAI 歌会 2017』 
構成・演出◇原田優一
音楽監督◇ YUKA
振付◇中村陽子
出演◇泉見洋平、入絵加奈子、佐山陽規、はいだしょうこ、原田優一、綿引さやか(五十音順)
●5/3〜6◎三越劇場
〈料金〉S席(前方5列目まで)8,000円、一般席7,500円、学生席4,000円(税込/全席指定)
〈お問い合わせ〉三越劇場 0120-03-9354 (10:00〜18:00)




【取材・文/橘涼香 撮影/安川啓太】





お得なチケット販売中!帝劇レ・ミゼラブル 




kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について