えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

『暗くなるまで待って』

ニュース

松崎祐介主演・児玉明子演出、舞台『デルフィニア戦記〜動乱の序章〜』12月に上演!


main_クレジットあり

ライトノベル作家・茅田砂胡の代表作であり、冒険ファンタジー小説として人気の「デルフィニア戦記」の舞台化第二弾、『デルフィニア戦記〜動乱の序章〜』が、12月8日から13日まで、東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールで上演される。
 
原作の「デルフィニア戦記」は、今年デビュー25周年を迎えたライトノベル作家・茅田砂胡の代表作であり、冒険ファンタジー小説。1993年に中央公論社(現:中央公論新社)C★NOVELSよりシリーズの第1巻となる「放浪の戦士」が刊行され、以後シリーズ累計で320万部を突破する人気を博している。
2017年1月には、児玉明子の演出・脚本により、天王洲 銀河劇場にて舞台『デルフィニア戦記〜第一章〜』を初演。デルフィニアの王位を追われて放浪していたウォルが、異世界から落ちてきた謎の少女・リィと出逢い、助力を得て奇跡的に玉座を奪還するという「放浪の戦士」編を舞台化、不可能とまで言われた壮大な世界観の表現に見事に成功して大評判となった。
第二弾となる本作は「動乱の序章」、演出・脚本は引き続き児玉明子が担当。壮大な冒険ファンタジーの世界観をさらに深めて立ち上げる。
物語は前作から3年後、国王として国政を取り仕切るウォル。国王の養女として迎えられ16歳となってますます美しさと強さに磨きをかけた王女リィ。そして原作ファンから圧倒的な支持を集め、後にリィのパートナーとして活躍することになるシェラ、この3人を中心に描かれる。

今回、国王ウォルに扮するのは、本作が単独初主演となる松崎祐介(ふぉ〜ゆ〜)。これまで『Endless SHOCK』や『滝沢演舞城』、『PLAYZONE』など数々の舞台に出演。ふぉ〜ゆ〜としては2015年に舞台『壊れた恋の羅針盤』で初主演を果たし、以降継続的に舞台に立ち続けている松崎が、ついに単独で主演を飾る。
デルフィニア王国の王女となったリィ役を、佃井皆美が前作から続投となり、卓越した鮮やかなアクションで、超越的な戦闘力を持つリィを体現する。
ウォルを慕う従兄弟・バルロ役に、『弱虫ペダル』やミュージカル『ファントム』『グランドホテル』などで好演を見せた若手実力派・大山真志が演じる。
バルロの親友であり、美技と謳われる剣術使いのナシアス役を石田隼が、ウォルの幼馴染・イヴン役を横井翔二郎がつとめる。ウォルの失脚を図るバルロの叔父・マグダネル役を伊藤高史が、デルフィニア王室の女官長を務めるカリン役を宝塚出身の美郷真也が、そして王国の宰相・ブルクス役には前作から引き続き大原康裕が演じる。
さらに、暗殺集団・ファロット一族の腕利きであるヴァンツァー役には、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」シリーズで人気を博した小松準弥。またシリーズ屈指の人気を誇るキャラクター・シェラがいよいよ登場、可憐な容姿に高い身体能力を持ち、身分を偽ってリィに仕える侍女となる謎多き存在を、様々な舞台で活躍中の林翔太(ジャニーズJr.)が演じる。
そして秋本奈緒美がウォルを陥れようと狙う叔母・アエラ役と魔法街に住むおばば役の二役を担い、冒険の物語に深みと奥行きを与える。
注目度の高い若手と、熟練のベテランキャストが織りなすデルフィニア王国の壮大な物語に期待が高まる。 

〈公演情報〉
舞台『デルフィニア戦記〜動乱の序章〜』
原作◇茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)
演出・脚本◇児玉明子
出演◇
松崎祐介(ふぉ〜ゆ〜) 佃井皆美 大山真志 
石田 隼 横井翔二郎 
伊藤高史 美郷真也 大原康裕
小松準弥 林 翔太(ジャニーズJr.) 秋本奈緒美
梅津瑞樹、大澤信児、小塚亮輔、五味良介、佐渡山貴仁、寺田新吾、本多剛幸、宮川康裕
●12/8〜13◎渋谷区文化総合センター大和田4階 さくらホール
〈料金〉S席9,800円 A席7,800円(全席指定・税込)
〈公式サイト〉https://www.delfinianwar.com/
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
  

c茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)・ 舞台「デルフィニア戦記」製作委員会2018





ポイントプレゼント実施中


kick shop nikkan engeki

生田斗真主演で『オレステイア』新国立劇場で2019年6月に上演!

生田斗真

新国立劇場では、世界が注目のイギリスの作家、ロバート・アイクによる『オレステイア』を日本初演する。
この作品は、アイスキュロス作の『オレステス」の悲劇を中心とした『オレステイア』三部作を軸に、その他のギリシャ悲劇も盛り込みながらアイクが再構成した意欲作。
演出の上村聡史は、『オレステス」も含む10本のギリシャ悲劇を集大成した戯曲『グリークス』(ジョン・バートン他編)を通し上演するなど、ギリシャ悲劇にも精通し、かつ、古典でも常に批評精神と現代的な視点で物語を紡ぐ、卓越した演出力が評価されている。イギリスと日本の若き才能が火花を散らす、まさに世界が注目する舞台となるはずだ。
主演は生田斗真、共演に音月桂、趣里、また横田栄司、下総源太朗、松永玲子、佐川和正、倉野章子、神野三鈴をはじめとする演技派俳優たちが顔を揃えている。

【あらすじ】
ドクターがオレステス(生田斗真)に小さい頃の記憶を尋ねている。「二羽の鷲と一匹の野ウサギ」。野ウサギのお腹の中には子ウサギがいる―。
オレステスの父アガメムノン(横田栄司)は戦争の勝利のために「子殺し」の神託を実行し、幼い娘イピゲネイア(趣里)は生贄として殺害された。そして凱旋の日、夫の帰りを盛大に迎えたクリュタイメストラ(神野三鈴)は、その夜自らの手で娘の仇である夫を殺す。
トラウマのために混乱するオレステスに、ドクターは真実を見るよう促す──。
ついにオレステスは父の仇である母クリュタイメストラを殺害。その罪をもって裁判にかけられる。

【メッセージ】
上村聡史(演出家)
“オレステスは、なぜ母を殺さなければならなかったのだろうか?”
戦争から生じた憎しみを、家族の血塗られた惨劇と青年の悲痛を軸に展開するこのギリシャ悲劇は、いつの時代でも、たくさんの国で上演され、または、小説・映画・オペラ・絵画などのモチーフになり、人間生活の支柱となってきた。今回は、『アウリスのイピゲネイア』も挿入された、アトレウス家の惨劇をサスペンスタッチかつスピード感に溢れた脚本で上演するわけだが、これまで多くの物語にみる戦争は、個人を苦しめる壮大な運命そのものであり、殺人は、個人が他者へ向けた愛の裏返しとして描かれることがほとんどであった。だが、今日では、愛から生まれた憎しみは、氾濫する情報を吸収し肥大化、やがて、復讐の連鎖となり、世界を包む。そんな時代に、私たちは“赦し”を見出すことはできるのだろうか。
この大きな問題を前に、今回の上演では、今を生きる私たちの刹那的な在り様を、このギリシャ悲劇に重ねてみたいと思う。そして、神が登場する“赦し”の場『慈しみの女神たち』では、現代のオレステスでもあり、私たちを写したかのような“神”を表出させたい。

生田斗真 
『オレステイア』に出演させて頂くことになりました。
演出家、上村聡史さんの作品をこれまで拝見してきて、いずれご一緒出来たらと思いを募らせていました。
敬愛する小川絵梨子さんが、2018年から新国立劇場の芸術監督を務めていらっしゃる事も、今回お話をお受けした理由の一つです。
敷居が高いと思われがちな古典作品を多くの方に楽しんでいただけるよう、一生懸命努めます。新国立劇場はとても綺麗な劇場ですので、毎日の通勤が今から楽しみです。

〈公演情報〉
新国立劇場2018/2019シーズン演劇公演
『オレステイア』
原作◇アイスキュロス 
作◇ロバート・アイク 
翻訳◇平川大作 
演出◇上村聡史
出演◇ 生田斗真  
音月桂 趣里 横田栄司
下総源太朗 松永玲子 佐川和正 チョウ ヨンホ 草智文 眩卍梢
倉野章子 神野三鈴
●2019年6/6〜30◎新国立劇場 中劇場  
〈前売開始〉2019年4月14(日)10:00〜
〈料金〉S席8,640円 A席6,480円 B席3,240円(全席指定/税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03−5352−9999(10:00〜18:00)






えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki

『オン・ユア・フィート!』相葉裕樹 休演のお知らせ

オンユアフィート画像

この度、2018年12月シアタークリエ公演ならびに1月全国公演『オン・ユア・フィート!』にエミリオ・エステファン役で出演を予定しておりました相葉裕樹は、体調不良のため休演させて戴き、同役はWキャストの渡辺大輔が務めさせて戴きます。
お客様には深くお詫び申し上げますとともに、『オン・ユア・フィート!』に変わらぬご声援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
なお、本件によるチケットの払い戻しはございませんので、何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

2018年11月19日
東宝株式会社 演劇部
シアタークリエ





えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki

人気舞台『めんたいぴりり』新作が3月に博多座で公演! 9月には東京にも進出!

新作めんたいぴりりビジュアル

博多華丸主演の人気舞台『めんたいぴりり』の最新作『新作 めんたいぴりり』が、2019年3月に博多座で上演される。またその舞台が9月に明治座で東京公演も行うことが決定した。

舞台『めんたいぴりり』は、博多土産の定番・辛子明太子の誕生を描いた『明太子をつくった男』(川原健・著)を原作に、2013年にテレビ西日本がドラマを 制作・放映。2015年に放送された続編とともに、日本民間放送連盟賞を受賞するなど各地で大反響を呼んだ。 
同年3月には、脚本・演出は東憲司、博多華丸・酒井美紀の主演で博多座で舞台化。日本で初めて明太子を商品化・販売した「ふくや」の創業者夫婦をモデルに、戦後の激動の時代を生きる人々を描いた、笑いあり、涙ありの舞台は大ヒット。博多っ子の胸を熱くしたステージは大成功をおさめ、再演を望む声も多く寄せられた。

そして2019年1月には映画版が全国公開されることになり、3月には『新作 めんたいぴりり』として博多座公演が決定。共演には大空ゆうひ、相島一之、川原和久、藤吉久美子、小松政夫など錚々たる実力派が顔を揃えている。その作品が2019年9月には、ついに東京 明治座で上演されることが決定した。 

2015年3月博多座公演より
2015年3月博多座公演より
 
コメント 
今回決定した東京進出について、博多華丸・酒井美紀からコメントが寄せられた。
 
博多華丸  
甲子園出場を決めた球児のような気持ちです。
明太子マンシップにのっとり正々堂々と戦うことを誓います。
 
酒井美紀  
私自身にとっても思い入れの深い作品ですので、また出演させていただけることを嬉しく思うとともに、博多だけでなく東京のお客様にもお届けできることが今からとても楽しみです。
 

〈公演情報〉
『新作  めんたいぴりり』
原案◇川原健  
監修◇江口カン
脚本・演出◇東憲司
出演◇博多華丸 酒井美紀  大空ゆうひ 斉藤優(パラシュート部隊) ゴリけん 瀬口寛之  福場俊策
井上佳子 酒匂美代子 相島一之 原西孝幸(FUJIWARA・W キャスト) ワッキー(ペナルティ・W キャスト)
博多大吉(映像出演) 川原和久 藤吉久美子 小松政夫
●2019/3/30〜4/21◎福岡   博多座 
〈料金〉A席12,000円 特B席9,000円 B席7,000円 C席4,000円(全席指定・税込) 
〈一般発売〉2019年2月9日(土)午前10:00
●2019/9/22〜29◎東京 明治座 
出演◇博多華丸  酒井美紀  ほか
〈料金〉S席11,000円 A席8,000円 B席6,000円(全席指定・税込) 
〈博多座HP〉https://www.hakataza.co.jp





えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki
 

屋良朝幸の主演でコール・ポーターの珠玉の名曲で彩るミュージカル『Red Hot and COLE』来年3月、博品館劇場で上演!

屋良朝幸アー写

屋良朝幸の主演、共演に矢田悠祐、吉沢梨絵、彩乃かなみ、彩吹真央、鈴木壮麻など、歌唱力抜群のメンバーで送るミュージカル『Red Hot and COLE』が、来年3月、博品館劇場を皮切りに大阪、静岡、愛知で上演されることになった。
 
【解説】
ブロードウェイで活躍し、アメリカのポピュラー音楽史に多大なる足跡を残したソングライターのの名曲をたっぷり紹介するシリーズ「ブロードウェイ・ショウケース」。2017 年の『I LOVE A PIANO』、2018 年の『ロジャース/ハート』、そして第3弾の今回は、作詞・作曲家コール・ポーターの生涯を綴る『Red Hot and COLE』を上演する。
ポーター(1891〜1964年)と言えば、エキゾチックな〈ビギン・ザ・ビギン〉を思い出す方が多いだろう。この曲に代表されるように、名家に生まれ、10代でフランスやスイスを豪遊したポーターは、その作風も異国情緒に溢れ、スケールが大きかった。また、名士たちとの交際を好んだ彼は、洗練されたウィットに富んだ楽曲を得意とした。〈エニシング・ゴーズ〉や〈イッツ・デ・ラヴリー〉など軽妙なナンバーから、〈恋の売り物〉のような官能的な曲まで、今もスタンダードとして親しまれている楽曲が多い。
ミュージカル『Red Hot and COLE』は、ポーターが愛したパーティーを舞台に、彼と愛妻リンダの不思議な関係や、その数奇な人生が描かれる。もちろん全編を彩るのが、優雅かつ艶やかな名曲の数々だ。そしてこれを歌い踊るのが、8名の素晴らしいパフォーマーたち。それぞれの個性と実力を生かして、豪奢なパーティーを存分に盛り上げてくれるだろう。文=中島薫(音楽評論家)

〈公演情報〉
ブロードウェイ・ショウケース第3弾
ミュージカル『Red Hot and COLE』
翻訳演出◇小林香 
訳詞◇高橋亜子 
音楽監督◇岩崎廉 
振付◇加賀谷一肇
出演◇屋良朝幸
矢田悠祐 吉沢梨絵/彩乃かなみ 木内健人 真瀬はるか/彩吹真央 鈴木壮麻
 
●2019/3/1〜17◎東京 博品館劇場
〈料金〉9,000円(全席指定・税込)  
〈一般発売日〉2018年12月16日(日)
〈お問い合わせ〉チケットスペース 03-3234-9999
●2019/3/21◎大阪 森ノ宮ピロティホール
〈料金〉9,000円(全席指定・税込) 
〈一般発売日〉2018年12月16日(日)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00〜18:00)
●2019/3/24◎静岡 富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
〈料金〉S席8,000円 A席7,000円(全席指定・税込) 
〈一般発売日〉2019年1月16日(水)
〈お問い合わせ〉ロゼシアター  0545-60-2500 テレビ静岡事業部  054-261-7011
●2019/3/27◎愛知 刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール
〈料金〉9,000円(全席指定・税込) 
〈一般発売日〉2019年1月19日(土)
〈お問い合わせ〉キョードー東海  052-972-7466


 

えんぶ最新号


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について