えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

ミュージカルレビューKAKAI歌会2019

ニュース

薮宏太主演の新作オリジナルミュージカル『ハル』北乃きい・安蘭けいが共演!

ハル_7shot
薮宏太 北乃きい 安蘭けい 
栗原英雄 七五三掛龍也 梅沢昌代 今井清隆
 

平成最後の春を飾る新作オリジナルミュージカル『ハル』が、10年ぶりの主演舞台となるHey! Say! JUMPの薮宏太を迎えて、2019年4月にTBS赤坂ACTシアターで上演される。
 
この公演は、脚本・高橋亜子、演出・栗山民也、作曲・音楽監督に甲斐正人といった日本を代表するトップクリエイターが結集。主人公の石坂ハルを演じる薮宏太に加えて、舞台、映像、音楽、各方面で活躍する豪華俳優陣が顔を揃えている。
ボクシングに夢中で、ハルの生き方に大きな影響を与える真由役に北乃きい。近年は映像作品のみならず舞台作品にも積極的に出演している。ハルの母親・石坂千鶴役には元宝塚星組トップスターで注目作への出演が続く安蘭けい、ボクシングジムのオーナー神尾役には大河ドラマ「真田丸」で話題を呼んだ栗原英雄、ハルの幼馴染の修一にはジャニーズJr.として活躍する七五三掛龍也、ハルを見守る祖母役には演技派女優の梅沢昌代、千鶴が働く会社の社長・高野役にミュージカル界に欠かせない存在の今井清隆。若手からベテランまで実力派キャストが一丸となって、現代の日本で懸命に生きる人々への応援歌となるようなオリジナル・ミュージカルを作り上げる。

【あらすじ】
主人公は小さな田舎町に住む高校生、ハル(薮宏太)。子供時代に患った大病を乗り越え、母・千鶴(安蘭けい)と共に暮らしている。高野(今井清隆)が経営する会社で働きながら、女手一つでハルを育てる母からの期待と裏腹に、ハルは本音を話せる友人もおらず、虚しい日々を過ごしていた。流星を見に行くために同級生たちと集まった場でも、ハルが合流するとなぜか空気が変わってしまう。しかし幼馴染の修一(七五三掛龍也)だけはいつもハルの味方だった。思い悩んでいる様子のハルに、祖母(梅沢昌代)は「心から楽しいって思うことを探したらいいよ」と優しい言葉をかける。ある日、ハルはボクシングに夢中になっている少女・真由(北乃きい)と出会う。自分とは全く違う価値観でキラキラと輝いている真由と話すうち、だんだんとハルの中で何かが動き始める。「ボクシング…。好きになれるか分からないけど、やってみたい…。」真由に誘われ、ハルは神尾(栗原英雄)が経営する寂れたボクシングジムに通う様になる。少しずつ自分の人生に向き合い始めたハルに、試練が訪れる…。

【コメント】

薮宏太
ミュージカルは約10年ぶりなのでドキドキしていますが、お話しをいただいた時は素直に嬉しかったです。ボクシングに実際に触れるのは初めてで、ビジュアル撮影で初めてバンテージを巻いて、始まったんだな、と実感してワクワクしました。漫画「はじめの一歩」が好きで全巻持っていて、知識だけは豊富なんです!ただ体で動くのは初めてなので、撮影の際にポージングなどの監修に来ていた元日本チャンピオンに褒めていただけて嬉しかったです。僕が演じるハルは、閉鎖的で素直でなく斜に構えた性格だけど、17歳の等身大の部分もあり、多面性のあるキャラクター。僕自身も理屈っぽく現実的に物事を見る部分があるので、近いかもしれません。ボイストレーニングもスタートしているのですが、普段の歌とはのどの使い方や表現の仕方も違うので、終わったあとでHey! Say! JUMPの活動にも活かせるのではないかと思っています。
演出の栗山民也さんとは初めてご一緒させていただくのですが、数々の作品を手掛けている方なので光栄です。僕自身は栗山さんが演出された『デスノート THE MUSICAL」を拝見したのですが、あのような原作を題材にし、素晴らしいミュージカルを創られていて衝撃を受けました。今回のミュージカルはオリジナル作品ですが、僕が読んでいる台本が栗山さんの手によってどのような作品として生み出されるのか!? 今から楽しみです。平成最後に上演するミュージカル『ハル』に、“Hey! Say!”の名を持つグループのメンバー薮宏太として作品に関われるのが嬉しいです。観てよかったと思っていただける作品になるように、全力でぶつかりたいです。

北乃きい
私が生まれて初めて観劇した作品がミュージカルでした。幼少期から音楽が大好きでしたので、音と共にその作品の世界に入って行ける感じが楽しくて、その時に受けた衝撃を今でも忘れられません。そんなミュージカルに自分が出演できること、とても嬉しく思います。これから自分が演じる真由、そして作品に深く向き合っていく時間を大切にしていきたいです。現段階の台本でも、それぞれの人間の生の歩みが様々な形で表現されていて、とても興味深く、気付いたら、あっという間に読み終わっていました。読み終わった後もいろいろなことを考えさせられる物語でした。高橋さんの脚本、甲斐さんの音楽、そして栗山さんに演出していただけること、薮さんをはじめ大先輩の皆様と作品作りに参加出来ること全てが貴重で、大変嬉しく思います。“舞台だからこそ出来ること”というのがたくさんあると思います。生ものにしかない緊張感や達成感、そういったものを感じられる場所であり、改めて言葉の大切さやその場の空気の大切さに気付かされます。私はまだまだ舞台経験が少ないので、これからもっと舞台の魅力に気付かされていくと思います。真由もボクシングをする役なので、ボクシングの練習、歌の稽古、お芝居の稽古…と課題はたくさんありますが、課題がある程燃えるので楽しみです!

〈公演情報〉
ミュージカル『ハル』
作◇高橋亜子
演出◇栗山民也
作曲・音楽監督◇甲斐正人
出演◇薮宏太(Hey! Say! JUMP) 北乃きい 安蘭けい 栗原英雄 七五三掛龍也(Travis Japan) 梅沢昌代 今井清隆   
枝元萌 大薮丘 藤谷理子/岡 智 照井裕隆 安福毅 家塚敦子
新井俊一 岩橋大 高瀬育海 西田健二 羽賀悠仁 羽鳥翔太 りんたろう 
井上花菜 可知寛子 斉藤綾香 坂口杏奈 田口恵那 吉田玲菜 他
●2019/4/1〜14◎TBS赤坂ACTシアター
〈料金〉S席11,500円 A席9,500円(全席指定・税込) 
〈チケット発売日〉 2019年2月16日(土)AM10:00
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜18:00)
●2019/4/22〜~28◎全9公演梅田芸術劇場メインホール
〈料金〉S席11,500円 A席9,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888 (10:00〜18:00)
〈チケット発売日〉 2019年2月16日(土)AM10:00
〈公式サイト〉 https://www.ktv.jp/event/haru/   
〈公式ツイッター〉@musicalharu2019
 



新春恒例!福袋セール実施中!


kick shop nikkan engeki 

愛媛・坊っちゃん劇場の名作ミュージカル『誓いのコイン』3ヶ月限定で上演!

誓いのコインチラシ

愛媛県東温市にあるミュージカルの常設劇場、坊っちゃん劇場はこれまでも海外との文化交流を積極的に行ってきたが、2012年9月にミュージカル『誓いのコイン』でロシア公演を行って以来、愛媛県とロシアとの交流は文化に留まらず、スポーツや観光、産業と幅を拡げている。
2018年1月には、坊っちゃん劇場アウトリーチ事業部の役者たちが、オレンブルグ大学の生徒たちに、愛媛県の伝統芸能である伊予万歳を指導、大学の式典で共演した。また、先日、日露青年交流事業によりオレンブルグ州から学生舞踊団が来県、県民総合文化祭にゲストで参加するなど、活発な交流は今も続いている。
 
この交流のきっかけとなったミュージカル『誓いのコイン』が、「愛媛・ロシア オレンブルグ友好特別公演」として、愛媛県をはじめとする共催各団体の協力で、2019年1月1日から3月24日まで、3ヶ月限定で上演されることが決まった。また、2019年5月にオレンブルグで開催される国際演劇祭に、8K映像作品としてこの作品で参加する予定となっている。

ミュージカル『誓いのコイン』は、オリジナルミュージカル『手紙』や『生きる』の脚本や、「アナと雪の女王」の歌詞翻訳などを手がけた高橋知伽江が脚本を担当。日露戦争で捕虜となったロシアの青年将校と日本赤十字の看護師の間に通い合った愛を描いている。


2014誓いのコイン4
『誓いのコイン』2014年の舞台

【あらすじ】
日露戦争時下の明治37年。人口約3万人だった愛媛県松山市には、戦場からのべ6千人ものロシア兵俘虜が送りこまれてきた。近代国家として成立して間もない日本は、戦時国際法「ハーグ陸戦条約」をかたくなに守るため、ロシア兵俘虜たちを手厚く保護した。同市街地には、ビリヤード場や靴屋、パン屋などロシア人町ができるほど好景気に沸き、国際化した。捕虜の治療にあたった衛戍病院では献身的な看護が施され、市民は俘虜たちをもてなした。目を負傷した俘虜のニコライは日本人を恨んでいたが、ロシア語が話せるサチや市民らの真心に触れ、閉ざした心を開いていく。松山では日露交流が芽生え、共同で新年会を行うまでに深まった。ところが、戦局は激しさを増し、最終決戦へ突入。ロシア国内ではヒタヒタと革命が進行していた。時代が急旋回する中、サチとニコライは平和な未来を信じ、共に歩む将来を夢見るが……

田島サチ:帆風 成海婦長 高杉トシ:森奈 みはる(特別出演)
帆風成海 森奈みはる
ニコライ:四宮 貴久レオーノフ海軍大佐:田代 久雄
四宮貴久 田代久雄

今回の上演では、日本人看護師の田島サチに愛媛出身の帆風成海、そして婦長の高杉トシに森奈みはると2人の宝塚OGが出演。ロシア兵俘虜のニコライには、ブロードウェイをはじめ海外のミュージカルでも活躍する四宮貴久がロシア公演でも演じた当たり役に取り組む。レオーノフ海軍大佐はベテラン田代久雄、そのほかに11月に東京公演も行った『よろこびのうた』で活躍したメンバーらも出演する。
ロシア公演では観客を感動の渦に巻き込んだ名作ミュージカル『誓いのコイン』が、1月から3月まで、坊ちゃん劇場の舞台に甦る!

2014誓いのコイン
『誓いのコイン』 2014年の舞台

〈公演情報〉 
愛媛・ロシア オレンブルグ友好特別公演
ミュージカル『誓いのコイン』
作・作詞◇高橋知伽江 
演出◇栗城宏(わらび座)   
作曲◇深沢桂子
振付◇尚すみれ
キャスト◇
田島サチ:帆風成海
ニコライ:四宮貴久
レオーノフ海軍大佐:田代久雄
婦長 高杉トシ:森奈みはる(特別出演)
石浦宗介大尉:水野栄治
田島ミチ:中野祥子
アンドレイ:佐藤靖朗
ピョートル:岩渕敏司
セルゲイ:宇高海渡
ボリス:岡部雄馬
本条ヤエ:脇山尚美
浅岡マキ:保 可南
石川ソノ:小林可奈
●2019/1/1〜3/24◎坊っちゃん劇場(愛媛県東温市)
〈お問い合わせ〉 089-955-1174 坊っちゃん劇場

ミュージカルプリシラお得なチケット販売中!


kick shop nikkan engeki 

児玉明子演出の傑作ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』〜暁の調べ〜 2019年秋に再演!

NARUTO2019_teaser

世界を熱狂させたライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』が、2019年秋に再演される。
原作の「NARUTO-ナルト-」は、1999年より週刊『少年ジャンプ』(集英社)で15年間連載され、単行本の累計発行部数は全世界で2億3500万部を突破、日本をはじめとするアジア各国での人気はもちろん、ヨーロッパやアメリカでも熱狂的な人気を誇り、日本を代表する 漫画・アニメ作品として知られている。
2015年〜2017年に舞台化され、児玉明子による緻密で斬新な演出と、まるで漫画から飛び出してきたようなビジュアルにより、世界各地で旋風を巻き起こしてきた。その2017年版のライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』〜暁の調べ〜を、2019年秋に再演する。

前回に引き続き、主人公うずまきナルト役を松岡広大、うちはサスケ役を佐藤流司、うちはイタチ役を良知真次が演じ、本シリーズならではの、さまざまなギミックを取り入れた演出アイデアが駆使されることはもちろん、これまで公演を重ねてきたからこそ魅せる「進化」にもご注目したい。
 
〈公演情報〉
ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』〜暁の調べ〜
原作◇「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社  ジャンプ コミックス刊)
脚本・演出◇児玉明子
音楽◇和田俊輔
出演◇うずまきナルト:松岡広大、うちはサスケ:佐藤流司、うちはイタチ:良知真次 他

c岸本斉史 スコット/集英社
cライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会 2019

 



ミュージカルプリシラお得なチケット販売中!


kick shop nikkan engeki 

霧矢大夢が主演するヴェデキント『LULU』共演者発表!

『LULU』宣伝ビジュアル縦(撮影:宮田浩史)

霧矢大夢が2019年3月、主演するドイツの名作戯曲『LULU』。その公演の共演者など詳細が発表された。
『LULU』は『春のめざめ』などで知られる、ドイツの劇作家フランク・ヴェデキントの『地霊』と『パンドラの箱』の二部作を一作品としてまとめた物語。ドイツ演劇を専門とする演出家小山ゆうなが満を持してドイツの名作戯曲に取り組む。今回はこの2部作から『パンドラの箱』に焦点をおき翻案。演劇ユニットunrato(アン・ラト)のプロデュース公演として、現代化して上演する。

霧矢大夢 プロフィール写真

波乱の人生を送るルルに挑むのは霧矢大夢。元宝塚歌劇団月組トップスターで、退団後はミュージカルを中心に活躍。『I DO! I DO!』(2014年)では読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。2019年1月にはミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』、6月にはミュージカル『ピピン』の出演が控えている。
演出の小山ゆうなは、昨年の舞台『チック』で読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した注目の演出家。今回は小山の曾祖父である楠山正雄の翻訳を元に、上演台本も手がける。霧矢大夢と小山ゆうなは初顔合わせとなる。

共演者は、劇団四季出身の広瀬彰勇と文学座の中村彰男というベテラン実力派、演劇集団キャラメルボックスの看板俳優・多田直人、声優としても活躍する山本匠馬、元宝塚歌劇団娘役トップスターの紫城るい、翻訳劇に定評のある雷ストレンジャーズの霜山多加志と多彩な顔ぶれが揃った。音楽は松田眞樹の書き下ろしで物語を彩ります。

中村彰男広瀬彰勇多田直人
中村彰男 広瀬彰勇 多田直人 
山本匠馬紫城るい霜山多加志
山本匠馬 紫城るい 霜山多加志 


【あらすじ】
町で拾った少女ルルを連れ帰り育てたシェーンは、彼女に惹かれながらも官僚の令嬢と婚約し、ルルは老ゴル博士に嫁がせる。
カメラマンのシュヴァルツのスタジオ。若き妻、ルルを撮影させるゴル。シュヴァルツ、シェーンの息子で劇作家のアルヴァ、画家のゲシュヴィッツはルルに出会い、魅了されていく。
ルルはシュヴァルツと愛し合うようになるが、その現場を目撃したゴルは怒りでショック死する。
ルルはシュヴァルツと結婚。しかし、真面目すぎるシュヴァルツに飽き始めるルル。そこへ、ルルの父親を名乗るシゴルヒがやってきて金をせびり、シェーンはルルの過去の秘密を暴露。絶望したシュヴァルツは自殺する。
シェーンは、息子のアルヴァに舞台を書かせ、ルルを踊り子として出演させ成功する。そして、ルルは権力者であるシェーンの妻の座を手に入れる。
だが、奔放な関係を続けるルルに逆上したシェーンはピストルを突きつけ、逆にルルに殺されてしまう。
ルルを求めるゲシュヴィッツは、シェーン殺害の罪で収監されたルルのため、自らルルと入れ代わり救い出す。
逃亡の果てに娼婦となったルルは4人の客をとる。
その4人目の客が切り裂きジャックだった…。

主人公・ルルは“ファムファタル”の代表とされているが、今回は、ただ男性に翻弄される女性ではなく、また男性を翻弄する女性でもなく、あくまでも自分に忠実に生きた知的で自由な女性として現代によみがえらせる。資本主義をベースに男性中心で築かれて来た社会構造が変わろうとしている今、新しい男性像・女性像の魅力的なあり方、そしてこれからの女性の自由や権利の本質を探る舞台を目指す。

〈公演情報〉
unratoプロデュース
『LULU』
原作◇F・ヴェデキント(「地霊/パンドラの箱」より)
翻訳◇楠山正雄
上演台本・演出◇小山ゆうな(雷ストレンジャーズ)
出演◇霧矢大夢
広瀬彰勇 多田直人 山本匠馬 紫城るい 霜山多加志 中村彰男
●2019/2/28〜3/10◎赤坂RED/THEATER
〈料金〉一般7,800円/学生5,000円(全席指定・税込) 
  2/28、3/1:プレビュー6,500円(全席指定・税込)
〈一般発売〉2019年1月19日(土)10時〜
 





『暗くなるまで待って』


kick shop nikkan engeki 

シリーズ第5弾『I Love Musical〜GIFT あなたに贈る詩〜』5月に開催!

ILM1905_組み写真n
岡田浩暉・戸井勝海・原田優一・藤岡正明
咲妃みゆ・田村芽実・林 愛夏・北翔海莉・松原凜子
 
ミュージカルコンサート「I Love Musical」、その第5弾となる今回は、『I Love Musical〜GIFT  あなたに贈る詩〜』として、運河沿いにできた新しい街のランドマーク「晴海トリトンスクエア」の中に
ある第一生命ホールで行われる。

今回のキーワードは《GIFT》。
家族・友人・恋人などなど…《GIFT》を贈る関係性やシチュエーションは様々。
具体的な《あなた》、具体的な《シーン》を思い描きながらお楽しみいただく“今、
あなたに贈りたい豪華なラインナップを目指す。
ディズニーミュージカルの『美女と野獣』、『アラジン』、“ザ・ミュージカル”ともいうべき『レ・ミゼラブル』、『ミス・サイゴン』、『エリザベート』などの王道な楽曲はもちろん、ポップスなどの様々なジャンルのナンバーも取り混ぜ、このステージでしか観ることのできないソロ、デュエットも必見!

【披露予定候補曲】 
■On My Own(レ・ミゼラブル)
■ONE DAY MORE(レ・ミゼラブル)
■世界が終わる夜のように(ミス・サイゴン)
■だったらいいな(マイ・フェア・レディ)
■ひとかけらの勇気(スカーレット・ピンパーネル)
■Your Song(ムーラン・ルージュ) 
■The Greatest Show(グレイテスト・ショーマン)
■This Is Me(グレイテスト・ショーマン)
■スーパースター (ジーザス・クライスト=スーパースター)
■You Can‘t Stop The Beat(ヘアスプレー)
■A Whole New World(アラジン)
■バルコ

 
〈公演情報〉
『I Love Musical〜GIFT  あなたに贈る詩〜』
構成・演出◇板垣恭一
音楽監督◇鎌田雅人
出演◇(※男女別 50 音順)
岡田浩暉・戸井勝海・原田優一・藤岡正明
咲妃みゆ・田村芽実・林 愛夏・北翔海莉・松原凜子 ほか
●2019/5/5・6◎第一生命ホール (東京都中央区晴海1-8-9 晴海トリトンスクエア内)
〈料金〉SS席11,800円 S席9,800円 A席7,800円(全席指定・税込)
〈一般発売〉2019年2月9日(土) 10 時
〈お問い合わせ〉る・ひまわり 03-6277-6622(平日 11〜18 時)
公演HP〉http://ilove-musical.jp




『暗くなるまで待って』


kick shop nikkan engeki 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について