えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

『不徳の伴侶 infelicity』

ニュース

荻田浩一作・演出でメアリー・スチュアートとボスウェル伯を描く朗読ミュージカル『不徳の伴侶 infelicity』上演決定!

329de0_b89775853a574dafbb30ccc99075128e~mv2
329de0_2b7be9c03b4d49d3b12ce2860ca5aeaa~mv2
彩乃かなみ 藤岡正明 百名ヒロキ
舘形比呂一 吉本真悟 シルビア・グラブ


作・演出家の荻田浩一が、十数年あたためてきたという新作『不徳の伴侶 infelicity』が、作曲の福井小百合との共同企画で、朗読(クローゼット)ミュージカルという形で上演される。

出演は彩乃かなみ、藤岡正明、百名ヒロキ、舘形比呂一、吉本真悟、そしてシルビア・グラブという歌やダンスに優れたメンバーばかり。異色かつ豪華な顔ぶれとなっている。
 
スコットランド女王で悲劇の王妃として知られるメアリー・スチュアート、そして愛人から3人目の夫となったボスウェル伯。2人を取り巻く愛憎の渦を描く波乱万丈の物語となる。

〈公演情報〉
DWwzOqDVAAAAQCn

朗読<クローゼット>ミュージカル
『不徳の伴侶 infelicity』〜女王と愛人、毒婦と奸賊、メアリー・スチュアートとボスウェル伯〜
作・演出◇荻田浩一
作曲◇福井小百合
出演◇彩乃かなみ 藤岡正明 百名ヒロキ 舘形比呂一 吉本真悟 シルビア・グラブ
●5/29〜6/3◎赤坂RED/THEATER
〈料金〉8,000円(全席指定・税込) 

リーディングドラマ『シスター』豪華出演者で開幕!

2018年03月21日22時44分の画像-2

姉と弟、二人が編み出す、静かな会話劇として、繰り返し上演され、今回で第5回を迎えるリーディングドラマ『シスター』。
3月21日の初日は三倉茉奈・黒羽麻璃央が出演、銀座・博品館劇場で幕を開けた。明日以降も、豪華出演者によるラインナップが予定されている。

中村 中・和田琢磨(22日 14:00)
中嶋朋子・梶裕貴(22日 17:00)
中村 中・和田琢磨(22日 19:30)
nakamurawada
nakajimakaji

彩輝なお・下野紘(23日 16:30)
昆 夏美・高橋健介(23日 19:00)
ayashimono
kontakahashi

篠原ともえ・相葉裕樹(24日 15:00)
舞羽美海・戸谷公人(24日 18:00)
shinoharaaiba
maihanetotani


〈公演情報〉
main
 
リーディングドラマ『シスター』
作・演出◇鈴木勝秀 
出演◇三倉茉奈・黒羽麻璃央/中村 中・和田琢磨/中嶋朋子・梶裕貴/彩輝なお・下野紘/昆 夏美・高橋健介/篠原ともえ・相葉裕樹/舞羽美海・戸谷公人
●3/21〜24◎博品館劇場
〈料金〉6,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉東京音協 03-5774-3030 
〈公演HP〉reading-sister.com




雑誌「えんぶ」2018年4月号販売ページ


kick shop nikkan engeki

中川晃教、西川貴教、瀬奈じゅん、橋本さとしが出演する福田雄一の最新作! ミュージカル『サムシング・ロッテン!』上演決定!

ROTTEN_logo_A

映像だけでなく舞台でも次々にヒット作を上演している福田雄一、その最新作となるブロードウェイ・ミュージカル『サムシング・ロッテン!』が、本年12月から来年1月、東京と大阪で上演されることが決定した。
この『サムシング・ロッテン!』は、アメリカの演劇・ミュージカル界で最も権威ある賞である“トニー賞”で、2015年、9部門ノミネート、1部門受賞という快挙を成した作品の日本語版上演となる。
演出・上演台本は「笑い」と「ミュージカル」をこよなく愛する福田雄一が手掛ける。メインキャストには、中川晃教、西川貴教をはじめ瀬奈じゅん、橋本さとしなど、日本のミュージカル界を牽引する主役級の実力派俳優たちが集結する。

タイトルの「Something Rotten!=サムシング・ロッテン!とは直訳すると「何かが、腐っている!」という意味。ハムレットの一節「something is rottenin the state of Denmark.(デンマークの國では、何かが腐っている。)」を思わせるタイトルで、本ミュージカルは複数の戯曲、ミュージカル作品へのオマージュが随所に登場するコメディミュージカルとなる。
本作は、1990年代にケイリーとウェインのカークパトリック兄弟のアイデアから始動。2015年には、シアトル・五番街劇場で試験興行する予定を、内容が評価され、すぐにブロードウェイでの上演が決定。現在は全米をツアー公演中。
物語は、1595年、ニックとナイジェルのボトム兄弟が絶大な人気を誇るウィリアム・シェイクスピアと競いながら舞台芸術業界で成功を目指す内容。『コーラスライン』、『アニー』、『レ・ミゼラブル』などの人気ミュージカル作品や、シェイクスピア作品を彷彿とさせるシーンの数々が、舞台・ミュージカルファンの心をくすぐるとして話題になり、2015年のトニー賞では9部門にノミネートされ、1部門受賞した。

今回の出演は、主人公でスランプ中の劇作家ニック役に中川晃教、そのライバルでありルネサンス時代のスーパースター劇作家シェイクスピア役に西川貴教、ニックを献身的に支える頼もしい妻ビー役に瀬奈じゅん、ニックの作品に大きな影響を与える預言者ノストラダムスには橋本さとしという豪華な布陣が決定。ニックのピュアな弟ナイジェル役に平方元基、清教徒の娘ポーシャ役に清水くるみという若い実力派キャストにも注目が集まる。
 
【コメント】

FukudaYuichi
 
福田雄一(演出家・監督)
何故か自分が知る前に周りの業界の方々から次々と「ロッテンは福田さんがやるべき!」と言われ、「なんだそれ?」と思い、観た作品です(笑)。そして…「福田さんがやるべき!」の意味が分かりました。本当にミュージカルが好きな人たちがその愛を溢れんばかりに表現したコメディです。ということで、ミュージカル界で大活躍する役者さんたちが集まって頂けたことは、とても幸せなことですし、出来上がりも幸せなことになることでしょう。

中川晃教small
中川晃教(ニック役)
福田雄一監督ってすごい人だと、思っています。笑いの間合いが日本人っぽくなくって。こう書くと語弊があるのかもしれませんが、音楽で表現するなら、BPMが洋楽。ミュージカルへの愛情というか、エンターテイメントに対する貪欲さにはスタミナを感じます。『GREEN&BLACKS』(WOWOW)にゲスト出演した際、リハーサル中に福田雄一監督が時折見せる、真剣で鋭い眼光。本当にキレッキレッで怖いです。でも、その奥にあるものが「すごい人!」と僕が感じるところです。僕は面白いことはできません。たぶん。でも、『サムシング・ロッテン!』は、役者としてもどれだけ弾けられるかどうかが鍵の作品!最高かつ夢のあるキャスト!そしてクルーと!本作の持つエンターテイメント性をジュウニブンにお届けできるよう精進していきます!どうぞご期待下さい!そして応援を宜しくお願いします!

西川貴教アー写small
西川貴教(シェイクスピア役)
昨年の11月、フジテレビ湾岸スタジオで番組の収録をしていたのですが、知人の作家から僕と仕事をしたがってる人がいるので会って欲しいと連絡をもらいました。「いつにしましょうか?」と返信したところ「もう楽屋の前にいるらしいので、ノックしてもいいか?」と返ってきました。慌てて扉を開けると、なだれ込む様に楽屋入ってくるやいなや、矢継ぎ早に作品と僕の役どころへの情熱を全力で伝えて下さいました。それが福田雄一氏、その人でした。結局押し切られる形で『Something Rotten! 』への出演となったわけですが、演ると決めたからには福田雄一演出を存分に堪能したいと思っています。以前シェイクスピア作品を演じたことはありましたが、まさか自分がシェイクスピアを演じることになろうとは、思ってもみませんでした。

瀬奈じゅん宣材
瀬奈じゅん(ビー役)
多才で個性的な共演者の皆様と共に、最高なエンターテイメントをお届けしたいと思います。福田さんの演出…何をやらされるのか、今からドキドキ…いや、ワクワクしています!皆様、楽しみにしていて下さい! 

平方宣材small
平方元基(ナイジェル役)
福田さんの舞台に出させていただくのは初めてで、今からワクワクしています。共演者の方々も個性豊かな方ばかりで僕なんかがご一緒させていただいていいのだろうかと思うほど。若干緊張しています。お客様に喜んでいただくべく、僕自身も楽しんで作品作りに取り組めたらと思います。新しい平方元基をお見せできたら嬉しいです。このワクワクをみなさまと共有できる日を楽しみにしています。

清水くるみ新アー写トリミング
清水くるみ(ポーシャ役)
久々にミュージカルに出演させて頂くので、今からとてもわくわくしています!福田さん演出で『サムシング・ロッテン!』日本版、こんな豪華な作品に出演させて頂くこと、とても幸せです。絶対に面白い。私も客席から観たい(笑)。お話を頂いた時はあまりに嬉しくて、暫く興奮していました…。そして素晴らしい先輩キャストの方々に少しでもついていけるよう、しっかりトレーニングして、今年の年末もパワフルに迎えたいと思います!

橋本さとしsamll
橋本さとし(ノストラダムス役)
何本かミュージカル作品に出演させていただきましたが、まだまだミュージカル俳優と呼ばれる事におこがましさを感じてしまいます。ですが僕はミュージカルが好きです。この作品に散りばめられた数々のミュージカルの名作に対して単にパロディーだけでなく愛とリスペクトを込めて演じて、この作品を終えた時には橋本さとしも立派なミュージカル俳優と呼ばれるでしょう。もしくは2度とミュージカルするな!と言われるでしょう。どっちかです。ダメならシェイクスピア俳優を目指します。福田雄一さんとの仕事も楽しみです。お客さんを楽しませて笑顔にする娯楽エンターテインメントに徹底した演出に、アドリブが苦手な自分がどう色をつけれるか、本能と直感で臨みたいと思います。
 
【あらすじ】
ルネサンス時代のイギリス。売れない劇作家であるニック(中川晃教)は弟のナイジェル(平方元基)と共に自身の劇団を運営していた。時代の寵児であり、スーパースターの劇作家シェイクスピア(西川貴教)にニックは対抗心をむき出しにするが、劇団運営に行き詰まり、妻ビー(瀬奈じゅん)の目を盗んで予言者ノストラダムス(橋本さとし)のもとを訪ねる。そして、彼のお告げに従い、世界初の歌って踊る「ミュージカル」を書こうと決意するのだった。
その後もノストラダムスのもとへ通うが、出てくるのは頼りない予言ばかり…ヒット確実な作品タイトルは『オムレット』(実は「ハムレット」の間違い)だと言われ、ニックはミュージカル『オムレット』を生み出すために悪戦苦闘する。作家の才能を秘めている弟のナイジェルは、兄の言うことを聞きつつも「卵の物語なんか書きたくない!」と思い悩む。そんななか、出会った美しい清教徒の娘ポーシャ(清水くるみ)と恋に落ち、新たなインスピレーションが生まれていた。一方、「ロミオとジュリエットに続く大ヒット作を書かねば」と人知れず思い悩んでいたシェイクスピアは、以前からナイジェルの才能に目をつけていて、彼からなんとか次作のアイデアを得ようと画策する。「トービーベルチ」と名乗る役者に化け、ニックの劇団に潜入し、後の大ヒット作となる『ハムレット』の土台となるアイデアをどんどん盗んでいくが…。

〈公演情報〉
サムシンロッテン仮チラシsmall
 
ミュージカル「サムシング・ロッテン!」
作詞・作曲 ◇ウェイン・カークパトリック、ケイリー・カークパトリック
脚本◇ケイリー・カークパトリック、ジョン・オファレル
演出・上演台本◇福田雄一
振付◇上島雪夫
音楽監督・指揮◇上垣聡
出演◇中川晃教 西川貴教 瀬奈じゅん 平方元基 清水くるみ 橋本さとし
池田紳一 可知寛子 小暮キヨタカ 小山侑紀 坂元宏旬  高橋卓士  高原紳輔 竹内真里 常住富大 丹羽麻由美 伯鞘麗名 福田えり 辺田友文 横山敬  横山達夫 ほか
●12/17〜30◎東京国際フォーラム ホールC 2 
●2019年1月◎大阪・オリックス劇場 
〈料金〉S席¥12,500- A席¥9,500- B席¥7,000−(全席指定・税込)
〈一般発売〉 2018年9月予定




えんぶチャート2017掲載!えんぶ10号


kick shop nikkan engeki

緒月遠麻の好評主演舞台が6月に続編を上演!『希望のホシ 2018』

past_kibou2018

あの刑事たちが帰ってきた!
2015年に上演された『希望のホシ』は大好評を博し、絶賛と反響の嵐を巻き起こした。この度、観客からの熱い要望に応えて、前作をさらにブラッシュアップ、待望の続編『希望のホシ 2018』として、さらにパワーアップ。新たなキャストも参加、6月に池袋のあうるすぽっとにおいて上演される。

この度の上演にあたり、劇団LIVESの主宰・大浜直樹が、前回に引き続き『希望のホシ2018』の脚本・演出を手がける。ドラマ「記憶の海」「奇跡のホスピス」「ムッシュ!」などの脚本で、巧みなセリフ運びとユーモアにあふれた人間ドラマの作り手として定評のある大浜が、再び腕を奮う。

主演は前回公演に引き続き、元宝塚歌劇団宙組の男役スター緒月遠麻。池田努、金児憲史も引き続き出演、息の合った3名の刑事たちが帰ってくる。さらに、2016年「石原プロ次世代発掘オーディション」において準グランプリに輝いた岩永ジョーイ、また数々のドラマ、映画、舞台で活躍している実力派俳優・野村宏伸の初出演が決定した!
人気と実力を兼ね備えた充実のキャストを得て『希望のホシ2018』がいよいよ始動する!

【ものがたり】
中原悠希(緒月遠麻)は、「警察とは組織」を信念とする警視庁捜査一課の女刑事。同じく捜査一課の刑事であり、ワイルドな風貌の上條光隆(金児憲史)は「警察とは権力」と考える。石渡署の国東大刑事(池田努)は「警察とは正義」と信じてやまない熱血漢。前回の事件から数年を経て、三人の刑事の前に再び難事件が立ちはだかった時、己の信念を貫こうとするゆえに刑事たちは激しくぶつかる。そして事件に隠された真相が明らかになるにつれ、今回もまた正義が揺れる。そして刑事はブレる。犯人役に野村宏伸を迎えて繰り広げられるのは、笑い満載のサスペンスか、それともサスペンスのフリしたシチュエーションコメディか。

【コメント】

ozuki-214x300
緒月遠麻
宝塚を卒業してはじめての舞台出演だったこの『希望のホシ』に再び出演出来る喜びを、今、噛み締めております!今回もご一緒させて頂きます“頼れるお兄様方”の金児憲史さんと池田努さん。お二方のパワーと心ある芝居が大好きなので、また、近くで体当たりの芝居が出来る事を今から楽しみにしています!そして、熱い熱い大浜さんの演出はもちろんのこと、今回初めてご一緒させて頂きます野村宏伸さんとのお芝居、熱いメンバーでさらにパワーアップする『希望のホシ』を皆さまにお届け出来ることがとても楽しみです!6月は是非皆さまと、池袋あうるすぽっとで熱く盛り上がりたいです!まだまだ男役が残っていた頃の出演でしたが、様々な作品と出逢い、成長し変化した緒月をお見せできればと思っております!お待ちしております!

nomura-214x300
野村宏伸 
今回の私の配役は犯人役ということを聞かされた時には、ワクワクしました!というのも、舞台では犯人役というのはやったことがなかったので、そういった意味では新鮮な気持ちですね。今回の演出家の大浜さんの演出した舞台は、一度拝見させていただきました。非常に緻密に計算された芝居を役者さんたちは見事にこなしていたので、相当稽古に時間を費やしたのかなと思いました。私は基本的には演出家さんに任せますが、時には自分の考えを話したり、相談しながらコミュニケーションをとりつつ、演出家さんの意図する部分を感じ取ることでより良い芝居を創っていくタイプなので、私の良いところを十分に引き出してもらいつつ、逆に私が気付いてなかった良い部分などを掘り起こしてもらいたいです。だからこそ今回の舞台は僕にとって期待感でいっぱいの舞台ですね。ということで今回も必ずいいお芝居をみんなで一緒に創っていきますので、皆様、乞うご期待ください!

ikeda-215x300
池田 努
大浜直樹さんの作品には何度か出演させていただきましたが、中でも『希望のホシ』は思い出深い作品です。緒月遠麻さんの心のこもったストレートなお芝居に心掴まれ、同期の金児とは千秋楽ギリギリまで切磋琢磨し高め合いました。この度パート2が決まり、あの時の刑事達の絆と情熱が再び蘇り、メラメラと熱いものがこみ上げて来ました!そして今回は野村宏伸さんが犯人役ということで、舞台上で一体どんな感情の火花が散るのか? 楽しみで仕方ありません。とても大きな犯人に刑事一丸となって立ち向かわねばと今から力が入っております。
石原プロ新人の岩永ジョーイも加わり、みんなで力を合わせて劇場を熱くしたいと思います!パート2をやるからには前回を超えるものをお客様も期待しておられると思います。その期待にお応え出来るよう全力を尽くします!どうぞお楽しみに!

kaneko-214x300
金児憲史
前回の『希望のホシ』を最後に舞台から遠ざかっていたので、個人的にもそれ以来の3年振りの舞台という事でかなり張り切っています。緒月遠麻さん、同期の池田は経験も豊富で本当に頼りになる仲間なので、僕の役割としてはその包容力にどっぷり甘えさせて頂き、どんどんかき回して2人を困らせる事が出来たらより面白くなるんじゃないかと今から色々企んでいます(笑)。野村宏伸さんとは初めてご一緒させて頂きますが、大先輩なのでたくさん学ばせて頂けたら、盗めたらと、そして石原プロの後輩であります岩永ジョーイが緒月さん、池田、僕の関係性の中にどういう風を吹き込んで来るのか。嵐か、はたまたそよ風か(笑)。いずれにしても今から稽古が楽しみです!皆様の想像以上の舞台が出来上がる事を約束します!

〈公演情報〉
『希望のホシ 2018』
作・演出◇大浜直樹
出演◇緒月遠麻 池田 努 金児憲史 岩永ジョーイ/野村宏伸 ほか
●6/13〜17◎あうるすぽっと
〈料金〉S席 7900円 A席 5900円(全席指定・税込)
〈一般発売〉2018年3月24日(土)販売開始







えんぶチャート2017掲載!えんぶ10号


kick shop nikkan engeki

天海祐希・古田新太の『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』《ライブビューイング》4月12日に全国規模で開催!

Goku_Senzai1_A_L_fixw_640_hq

豊洲の新劇場IHIステージアラウンド東京において、1年3ヵ月にわたり、"花・鳥・風・月・極"の5シーズンに分けて上演してきた『髑髏城の七人』。
大絶賛のSeason花、Season鳥、Season風、Season月に続き、3月17日より、シリーズ最後の作品となるONWARD presents 劇団☆新感線『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』Produced by TBSの初日の幕が上がる。(公演詳細はhttp://www.tbs.co.jp/stagearound/shuratenma/

これまでの“花・鳥・風・月”で好評を博した本公演の生中継《ライブビューイング》が、『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』でも開催される。今回のライブビューイングは、47都道府県を全制覇、このシリーズのライブビューイングでは過去最大規模での上映を予定している。
 
〈上映情報〉
ライブビューイング
ONWARD presents 劇団☆新感線
『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』Produced by TBS
●2018年4月12日(木) 12:30開演/18:00開演
会場:全国47都道府県 約90館にて上映(予定)
館数は変更になる場合があります。最新の上映館情報は下記特設HPページにて。
〈料金〉4,500円(税込)
〈販売〉先行販売中(3/18まで)
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について