宝塚ジャーナル

お得なチケット販売中!帝劇レ・ミゼラブル

ニュース

中谷美紀×井上芳雄『黒蜥蜴』に成河、相楽樹、朝海ひかるも出演。全キャスト発表!

Miki Nakatani_sYoshio Inoue_s

三島由紀夫の最高傑作戯曲の1つと言われる『黒蜥蜴』が、2018年1月より日生劇場にて上演されることが決定。このたび全キャストが発表になった。

この作品は、美貌の女盗賊〈黒蜥蜴〉と名探偵〈明智小五郎〉が繰り広げる耽美と闇の世界。怪奇小説を世に送り出した江戸川乱歩の傑作を、三島由紀夫が戯曲化した究極のエンターテインメントである。
主演の黒蜥蜴役には中谷美紀、黒蜥蜴の好敵手であり運命の恋人、探偵・明智小五郎役に井上芳雄、それに加えて、雨宮潤一役に成河、岩瀬早苗役を演じる相楽樹、岩瀬家の家政婦ひなを朝海ひかる、岩瀬庄兵衛をたかお鷹が演じることが発表になった。

P111成河_144dpi s相楽樹s朝海ひかるsたかお鷹s
成河、相楽樹、朝海ひかる、たかお鷹

演出は、日本でも『テレーズ・ラカン』や『ナイン』、『ETERNAL CHIKAMATSU』など、数多くの作品を手掛けている英国人演出家・デヴィッド・ルヴォ―が担う。ルヴォ―は、1988年の初来日以来、日本で演出をし続けたいと願い、日本に魅了されている理由を、三島由紀夫作品と歌舞伎に出会ったことだと言っている。三島戯曲を演出することは、彼が演出家であり続けるアイデンティティの一部と言っても過言ではない。日本に魅了され続けてきた英国演劇人が、敬愛してやまない芸術家・三島由紀夫の戯曲を、長年夢に描いてきた演出プランでいよいよ実現することになる!

《ストーリー》
世界的宝石商、岩瀬庄兵衛は、愛娘・早苗の誘拐と岩瀬家の秘宝「エジプトの星」強奪を予告する女盗賊・黒蜥蜴に怯え、探偵・明智小五郎に警護を依頼した。岩瀬父娘は大阪のホテルに姿を隠したが、隣室には岩瀬の店の顧客、緑川夫人が泊っていた。実は彼女こそ黒蜥蜴だったのだ。黒蜥蜴は部下の雨宮を使って、早苗をまんまと誘拐したものの、明智は機敏な処置で、早苗を奪い返したのだった。
それから半月後、厳重な警備が敷かれた岩瀬邸から、早苗が忽然と姿を消した。黒蜥蜴が家政婦ひなの手引きで、再び早苗を誘拐したのだ。明智が駆けつけた時、早苗と引換えに、「エジプトの星」を持参せよ、という紙が残っているきりだった。指示通り、岩瀬は「エジプトの星」を黒蜥蜴に渡したが、早苗は戻らなかった。黒蜥蜴は早苗の美しさに魅せられていた。一方、そんな黒蜥蜴にひそかに恋焦がれている雨宮は、黒蜥蜴が明智を恋していることに気づき、嫉妬を感じるのだった。
その頃、明智は、一度は黒蜥蜴の手にかかって殺されたと見せかけ、部下の一人に変装して本拠地に忍び込んでいた。彼もまた、純粋な美に生きる黒蜥蜴に恋していた。黒蜥蜴を捕える自信はあったが、世間の秩序の彼方に己れの倫理と美意識を築きあげている彼女を、一番深く理解し愛しているが故に葛藤する明智。
本拠地には人間剥製の美術館があった。早苗もその一つに加えられようとしていた。雨宮はそんな早苗を助けることによって黒蜥蜴の関心を自分に向けようとしたが、捕えられてしまう。早苗の隣の檻の中で、雨宮は早苗が実は、替玉だったと知った。
一方、黒蜥蜴は明智の変装を見破ったが、その時、警官隊がなだれ込んで来た。逃れぬと悟った黒蜥蜴は毒を仰ぎ、明智の腕の中で息を引きとった。好敵手と、そして不思議な美しさで人を惹きつけた運命の恋人を失い、明智は黙然と突っ立っているばかりだった…。
 
【配役】
黒蜥蜴 ・・・中谷美紀
明智小五郎・・・井上芳雄
岩瀬早苗・・・相楽樹
家政婦ひな・・・朝海ひかる
岩瀬庄兵衛・・・たかお鷹
雨宮潤一 ・・・成河


すでに発表されていた演出家ルヴォーと黒蜥蜴役の中谷美紀、明智小五郎役の井上芳雄、今回発表になった雨宮潤一役の成河、及び岩瀬早苗役を演じる相楽樹のコメントは以下の通り。

【デヴィッド・ルヴォー(演出家)コメント】
中谷美紀さんについて
黒蜥蜴役は、まず目を見張るような絶世の美女でなければなりません。同時にある種の緊張感を持ち、何かに駆り立てられている女性で、謎めいており、この人のことを知りたいと、周囲に思わせる磁力の持ち主。中谷美紀さんは、そのすべての要素にかなうだけでなく、繊細な部分も併せ持っていて、申し分ありません。
井上芳雄さんについて
明智は、完全にアウトサイダーであり、ハンフリー・ボガードのようなハードボイルドですが、まっとうなモラルも併せ持っています。『ルドルフ・ザ・ラストキス』でご一緒した井上芳雄さんは、他者からの共感を呼ぶことができる才能に恵まれた俳優で、クールで知性的な点でも、明智にふさわしいでしょう。もう王子様役は十分でしょうから(笑)、新たなハードボイルド役に期待しています。

【中谷美紀コメント】
出演にあたって
今回、江戸川乱歩が創作し、三島由紀夫が書かれた物語をデヴィッド・ルヴォーさんが演出されるということで、三島さんが巧みに描かれた文章を表現することは容易なことではないですし、とても大きな劇場で演じるということに恐れを抱き、逡巡もしたのですが、やはり心が動いてしまい、出演させていただくことを決めました。
ルヴォーさんとスタッフの方々が温かく支えてくださるということと、また、井上芳雄さんという素晴らしい明智小五郎さんにもめぐり会えるようですので、自らの身を委ねてみたいと思います。
『黒蜥蜴』という作品の魅力
耽美的でありながら、毒も含んでいて、きちんとエンターテイメントになっている、とても分かりやすい物語であるということが、この作品の魅力なのではないでしょうか。
演出 デヴィッド・ルヴォー氏について
「言葉の魔術師」という感じで、人を抵抗なく説得する天才なのではないかと思っています。人の不安材料を取り除いたり、ご自分の世に引き込む力がある方だと思うので、ぜひ私も魔法にかけて頂きたいと思っています。
井上芳雄さんの印象
私自身は本作が舞台4作目と経験がありませんが、井上さんはミュージカルスターであることはもちろん、ストレートプレイでも実のあるお芝居をなさる方ですので、いろいろ教えて頂き、助けて頂けることを期待しています。

【井上芳雄コメント】
出演にあたって
この作品をやりたいと感じた一番の理由はルヴォーさんの演出だということです。過去に『ルドルフ 〜ザ・ラスト・キス〜(2012年 帝国劇場)』での経験が素晴らしかったので、いつかまたご一緒したいという気持ちがあり、ルヴォーさんが来日するたびに顔を見せに行き、「いつかまた一緒にやりたい」と言い続けてきました。今回のタイミングでお話を頂き、是が非でもやりたいとお返事しました。
『黒蜥蜴』という作品の魅力
お恥ずかしながら三島さんの作品はそこまで多く読んだことは無いのですが、もともと『黒蜥蜴』はすごく好きで、話自体に興味がありました。『黒蜥蜴』というキャラクターに魅力がありますし、作品で描かれている時代の日本は今の日本に無いものが沢山あるので、不思議な話ではありますが、ずっとすごく好きな作品でしたね。ルヴォーさんとやりたいというのは第一ではありましたが、題材が『黒蜥蜴』だったということも二重のラッキーでした。
演出 デヴィッド・ルヴォー氏について
今までいろんな演出家の方とご一緒させて頂いていますが、ルヴォーさんの演出は魔法にかけられているような、演出を受けて本番中も知らないうちに彼の意図する作品の世界に連れていかれているという経験だったので、「もう一度あの中に行きたい」と思っていました。数年が経ち、お互いに日々少しずつ変化していると思うので、今の彼が何を考えて、何を表現しようとするのかを知りたいですし、一緒に良い作品を作れたらこんな幸せなことはないと思います。
中谷美紀さんの印象 
以前、ドラマで一度ワンシーンだけご一緒して、その時は一瞬お会いしただけだったのですが、その一瞬だけでも「ご一緒できて良かった」と思える方でした。女優さんとして素晴らしいのはもちろんなのですが、その現場で中谷さんは主演だったのにもかかわらず、現場の誰よりも気を遣っていて、「こんなことってあるのかな」と信じられない程、素敵な印象しかありません。今回、舞台で「黒蜥蜴」と「明智」としてご一緒できることを本当に光栄に思います。

【成河コメント】
雨宮という役はどちらかというと若いフレッシュな俳優が適任であろうと思っていたので、お話を頂いた時は正直少し尻込みをしました。ですが、直接演出家とお話する機会を頂き、彼の演出プランやこの作品に向けた意気込みを聞くにつけ、何よりもまず「デヴィット・ルヴォーの黒蜥蜴」というものを立ち上げる事に興味を覚えました。その一助たるべく頑張ろうと思います。

【相楽樹コメント】
黒蜥蜴は舞台でも拝見したことがあったのですが、彼女の中に居る怪物のような一面をいかに見せていくか、きっと私にとって課題になっていくだろうと思っていたので、早苗役が決まったと知って純粋に嬉しかったのと同時に不安もありました。ですが、ルヴォーさんの演出でどんなところへ連れて行ってもらえるのか、最初には想像もしなかった早苗に出会えるのではないかとワクワク感もあり、今は楽しみな気持ちの方が強いです。



〈公演情報〉
原作◇江戸川乱歩
脚本◇三島由紀夫
演出◇デヴィッド・ルヴォー
出演◇中谷美紀、井上芳雄 他
中谷美紀 井上芳雄/相楽樹 朝海ひかる たかお鷹/成河 
一倉千夏 内堀律子 岡本温子 加藤貴彦 ケイン鈴木 鈴木陽丈 滝沢花野 長尾哲平 萩原悠 藤田玲 松澤匠 真瀬はるか 三永武明 宮菜穂子 安福毅 山田由梨 吉田悟郎(50音順)
●東京公演 2018/1/9〜28◎日生劇場
●大阪公演 2018/2/1〜5◎梅田芸術劇場メインホール
〈料金〉東京公演 S席 12,500円 A席 9,000円(全席指定・税込)
    大阪公演 S席 12,500円 A席 9,000円 B席 5,000円(全席指定・税込)
一般発売 2017年9月30日(土)〜
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 0570-077-039[東京] 06-6377-3800[大阪]10:00〜18:00)
http://www.umegei.com/schedule/634/





お得なチケット販売中!CLUB SEVEN -ZERO- 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

ミュージカルレビュー『KAKAI 歌会 2017』間もなく上演!

main_c

ミュージカル界の歌人たちが歌って歌って歌いまくるミュージカルレビュー『KAKAI 歌会』が、今年も5月3日から三越劇場で幕を開ける。(6日まで)
 
「歌会」とは、古き時代、和歌を詠む歌人が季節折々の風景や恋など、テーマに応じた歌を披露していたことにちなみ、現代のミュージカル界の歌人がテーマに添ってナンバーを披露するライブ。
スタートは2013年。ミュージカル俳優・原田優一の構成・演出により一夜限りで上演。ミュージカル界の歌人(原田優一、今井清隆、樹里咲穂、和音美桜)たちが、"私の大事な曲"を厳選し、歌い上げた。
ミュージカルナンバーはもちろん、POPSや歌謡曲、果てはCMソングまで次々と華麗に歌い継ぐステーズは、客席から歓声が湧き、ミュージカル界の話題となった。
 
さらに2015年にはパワーアップして三越劇場に再登場。新たに泉見洋平、伊東えり、白羽ゆり、谷口ゆうな、福井晶一らミュージカルの第一線で活躍するスターが集結し、構成・演出・出演の原田優一が、メンバーの“隠れた”魅力を引き出した。

そして2017年。第3弾となる今回は、前回から引き続き出演の泉見洋平、そのほかに出演者は入絵加奈子、佐山陽規、はいだしょうこ、綿引さやかと顔ぶれが一新。定番のミュージカルナンバーをはじめ、懐かしの歌謡曲や、どこかで一度は聞いたことがあるアニソンがクラシカルに大変身するなど、誰もが楽しめるラインナップを予定している。どんな宴が繰り広げられるか、是非客席で見届けたい!

〈公演情報〉
kakai2_omote_c
 
ミュージカルレビュー『KAKAI 歌会 2017』 
構成・演出◇原田優一
音楽監督◇ YUKA
振付◇中村陽子
出演◇泉見洋平、入絵加奈子、佐山陽規、はいだしょうこ、原田優一、綿引さやか(五十音順)
●5/3〜6◎三越劇場 
〈料金〉S席(前方5列目まで)8,000円、一般席7,500円、学生席4,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉三越劇場 0120-03-9354 (10:00〜18:00)





ミュージカルレビュー『歌会』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

蓮城まことが退団後の初舞台に挑む『河童村ブルース』間もなく開幕!

omote_low

元雪組男役スターの蓮城まことの退団初の舞台『河童村ブルース』が5月3日から、東京北区の赤羽会館で上演される。(7日まで)

蓮城まことは2003年に宝塚歌劇団に入団。以来、数々の作品で男役スターとして華麗な舞台を見せてきた。2016年、惜しまれつつ退団。未知なる扉を開けるべく、さらなるステージに進むことになった。
今回の舞台は、気鋭の演出家・大浜直樹との初タッグ。大浜直樹は劇団LIVESを1999年に旗揚げ。以来全公演で脚本・演出・出演を務めている。またドラマ『記憶の海』『奇跡のホスピス』『ムッシュ』、映画『京都太秦行進曲』など、映像作品を多数手がけている。
共演には池田努、片山陽加、田川大樹、上地  慶など、人気と実力を兼ね備えた充実のキャストが実現した。

【ものがたり】
過疎化が進む河童村に若き女村長が誕生した!新村長は村を活性化させようとアイデアを出すが、伝統にこだわる村人達が反発し、美人過ぎる村長 VS 古すぎる村人達は一触即発状態。そこへクズ過ぎるチンピラも加わって、村は分裂の危機を迎える!ありえなさそうでありえる設定に、予測出来そうで予測出来ない展開は、やがて感動のクライマックスへと繋がっていく!?


【蓮城まことコメント】
宝塚歌劇団で男役として 13 年間を過ごしてきた私にとりまして、初の女性役となります。初主演ということもあり、今は楽しみと緊張が入り混じった心境です。
まず、『河童村ブルース』というタイトルを聞いて、どんなお話なのだろうとすごく興味が湧きました。きっとお客様も「え、何?河童が出て来るの?」と思われる方も多いのではないでしょうか(笑)。どんなお話になるのか、私自身も楽しみです。しかも、私の役は「美人過ぎる若き女村長」と書いてありました。私にとっては女性役というだけでもハードルが高いのに、美人過ぎるという冠まで付いていて、いったいどうしたものかと…(笑)。
今は、無理に女性らしさを前面に出すのではなく、「蓮城まことが演じる女性って魅力的だね」と思って頂けるように演じられたらなと思っています。宝塚歌劇団を退団した後は NY に留学したり、たくさんの舞台を観劇したりして過ごしてきました。以前は何を観ても無意識に男性が演じる姿を目で追っていましたが、今は不思議と女優さんが演じる姿に目が行くようになりました。早く女性役に慣れるよう、普段からなるべくスカートやヒールを履くようにしています。退団後 1 年経ったこのタイミングで、この作品に巡り合えたことを嬉しく思います。
村長役ということで、私にとっての理想のリーダー像はどんな人物かなと考えてみました。私の頭に思いうかんだのは、私が(宝塚歌劇団)在団中にいらしたトップの方たちです。自分が率先して努力をしている姿を見せることによって周りが付いていくというのを、言葉ではなく、実際の行動で見せて下さいました。そういう方がリーダーとして魅力を持った人だと思うので、私も勇気と信念を持ち、行動で表す女村長をイメージして演じられたらと思っています。
先日、作・演出の大浜直樹さんにもお目にかかりました。稽古が始まったらゆっくり語りあいたいです。今回、私にとって初めてのことばかりで緊張の連続ですが、「大浜さんを始め、出演者のみなさんと一緒に、楽しみながら作品を創る!」というのを公約に掲げます!皆様、応援のほどよろしくお願い致します。

〈公演情報〉
ura_low
 
 『河童村ブルース』
作・演出◇浜直樹
●5/3〜7日◎赤羽会館
〈料金〉前売/当日 4,900円 高校生以下1,000円(当日券のみ)(全席指定・税込)

音楽劇『魔都夜曲』全キャスト決定!

mato promotion photo typeA net

2017年7月にBunkamuraシアターコクーン他にて上演される新作、マキノノゾミ作・河原雅彦演出、藤木直人主演の音楽劇『魔都夜曲』の全キャストが決定。李香蘭役に「東京パフォーマンスドール」(TPD) の高嶋菜七、浜崎香帆が抜擢されることになった!


第1弾キャスト発表時から、主演・藤木直人(白河清隆役)、ヒロインにマイコ(周紅花役)をはじめ、小西遼生(周志強役)、壮一帆(川島芳子役)、松下洸平(鳥谷良治役)、橋本さとし(新田日出夫)ら、演劇界のスター俳優が結集することで話題となっていた音楽劇『魔都夜曲』。
 
華やかさと暗部を抱えた1930年代の上海、異国情緒溢れる租界のジャズクラブを舞台に、歴史に秘められた恋と濃密な人間ドラマが、生のジャズバンドの演奏と共に、鮮やかに展開される。

この作品の主人公・白河清隆は、実在の人物・近衛文麿元首相の子息、近衛文隆がモデルになっている。白河清隆は日本政府要人の子息であり、諸国遊学を経て、父の命で上海に赴任してきた御曹司。その清隆と日本人の母と中国人の父を持つ美女・周紅花(チョウ・ホンファ)が、恋に落ち展開される、
史実をモチーフにしたオリジナルストーリーが大胆に描かれる。
川島芳子、李香蘭、といった実在の人物も登場し、大戦前夜の上海で巻き起こる群像劇を彩る。

既に発表されている強力なキャストの布陣に加え、李香蘭役としてガールズグループ「東京パフォーマンスドール」(TPD)の高嶋菜七と浜崎香帆が、オーディションを経て抜擢された。
劇中、李香蘭はまだ、美貌の中国人スターとしてデビューしたばかりの10代。花もほころぶ美貌と美しい歌声で、「蘇州夜曲」や「支那の夜」等、今も残る名曲の数々を歌った伝説の歌姫の若き面影をTPDでも歌唱力に定評のある、高嶋菜七、浜崎香帆がどう演じるのか。
今まで数々のTVドラマや舞台で描かれ、多くの有名女優が演じてきた「李香蘭」。観客の期待もあつまるのではないだろうか。


今回の出演に際し、高嶋菜七は、「東京パフォーマンスドールの高嶋菜七です。音楽劇『魔都夜曲』への出演が決まり、自分がこんなにも素敵なキャストの皆さんの中でステージに立てることが信じられないのが正直な気持ちですが、先輩方からたくさんのことを学び、最後まで精一杯演じきりたいと思います。」と語り、浜崎香帆は、「李香蘭役を演じさせて頂くことになりました、浜崎香帆です。私が大好きな歌を大きな舞台で歌える事が凄く嬉しいです。緊張もしていますが、自分の力を発揮できるように頑張ります!」と抱負を語った。

nana&kaho
高嶋菜七、浜崎香帆

また演出の河原雅彦は、二人の李香蘭の決定について、「今回、李香蘭役だけはオーディションで決めました。ダブルキャストとなりましたが、課題曲を歌った瞬間、李香蘭としての絵が浮かんだ二人でした。本番ではもちろん歌も披露して頂きます。李香蘭の当時の年齢とほぼ同い年の二人が、生き生きと演じてくれることを期待しています。」と期待を寄せた。

〈公演情報〉
cube 20th. presents 音楽劇『魔都夜曲』
作◇マキノノゾミ   
演出◇河原雅彦
出演◇藤木直人 マイコ 小西遼生 壮一帆 松下洸平 秋夢乃 高嶋菜七/浜崎香帆(Wキャスト) 中谷優心 キッド咲麗花 村上貴亮 吉岡麻由子 前田悟 板倉チヒロ 
田鍋謙一郎 奥田達士 コング桑田 春風ひとみ 山西惇 村井國夫 橋本さとし  
●東京公演  Bunkamura シアターコクーン  7月7日(金)〜7月29日(土)  
 チケット一般発売 5月13日(土)
●愛知公演 刈谷市総合文化センター 大ホール  8月5日(土)〜8月6日(日)
    チケット一般発売  5月13日(土)
●大阪公演  サンケイホールブリーゼ  8月9日(水)〜8月13日(日)
     チケット一般発売 5月下旬予定
〈公式サイト〉http://www.cubeinc.co.jp 
                    


えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki 


ヒューストンの「Anime Matsuri 2017」にミュージカル『美少女戦士セーラームーン』が登場!今秋上演の新作公演タイトルも発表!

s_am1

2013年より上演し好評を博しているミュージカル『美少女戦士セーラームーン』(セラミュー)。  
この度、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン市にて開催中の「Anime Matsuri 2017」に特別招待枠として、セーラー戦士とタキシード仮面が出演、パフォーマンスを披露した。そのレポート及びタキシード仮面(地場衛)役の大和悠河からコメントが届いた。
   
4月7日、1万人のキャパの会場は満員となり、セラミューステージがスタート! Anime Matsuriオリジナルのストーリー展開で、レムレスに襲われるヒューストンの街に、セーラー戦士たちが駆けつけた! 劇中では「白月5人娘」をはじめ全4曲を披露。ミュージカルがぎゅっと凝縮されたショーに、会場は終始大盛況だった。 

s_am2
 
【コメント】

大和悠河(タキシード仮面/地場衛役)
世界中からたくさんの人にお集まりいただき、ありがとうございます! このひとときが皆様の心の中で、永遠に輝く素敵な時間になりますように!! 
 

【キャスト】 
セーラームーン・月野うさぎ/野本ほたる  
セーラーマーキュリー・水野亜美/竹内 夢  
セーラーマーズ・火野レイ/小林かれん  
セーラージュピター・木野まこと/楓  
セーラーヴィーナス・愛野美奈子/長谷川里桃  
セーラーウラヌス・天王はるか/汐月しゅう  
セーラーネプチューン・海王みちる/藤岡沙也香  
セーラープルート・冥王せつな/石井美絵子  
セーラーサターン・土萠ほたる/未来  
セーラーちびムーン・ちびうさ/神田愛莉  
タキシード仮面・地場 衛/大和悠河  
 

今回のタイトルはミュージカル『美少女戦士セーラームーン』-Le Mouvement Finall-と名付けられているように、物語としては、原作の第5期に準拠した公演に2013年から紡がれてきたこの舞台の「最終章」となる。  

〈公演情報〉
『美少女戦士セーラームーン』-Le Mouvement Finall- 
出演◇野本ほたる、竹内夢、小林かれん、楓、長谷川里桃/汐月しゅう、藤岡沙也香、石井美絵子、未来、神田愛莉/大和悠河  
●2017年秋◎東京  AiiA 2.5Theater Tokyo その他で公演予定。

 
【写真提供/ネルケプランニング】


水夏希主演!リーディング「パンク・シャンソン」〜エディット・ピアフの生涯〜 




kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について