えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

座・ALISA『キセキのうた』

ニュース

ある父を巡る哀しい喜劇『Le Pere 父』 橋爪功・若村麻由美・壮一帆らの出演で来年2月上演!

  S_main

フランスのモリエール賞で最優秀脚本賞ほかを受賞し、ブロードウェイのトニー賞、英国のローレンス・オリビエ賞で主演男優賞を受賞した傑作『Le Pere 父』が、東京芸術劇場と兵庫県立芸術文化センターの共同製作で、来年2月から上演される。
 
この作品は、フランスの気鋭の演出家・ラディスラス・ショラーによって2012年にパリで初演され、2014年にはフランス最高位の演劇賞・モリエール賞最優秀脚本賞のほか様々な賞を受賞した注目作。英語版に翻訳された後には、ウエスト・エンド、ブロードウエイのほか世界30カ国以上で上演され、トニー賞、ローレンス・オリビエ賞の主演男優賞など各国の主要な賞を受賞している。

本作の主人公で、認知症の症状にある父親アンドレを演じてきたのは、ロバート・ハーシュ、フランク・ランゲラ、ケネス・クラナムなどの各国の名だたる俳優たち。日本初上演となる本公演では、このアンドレ役を日本屈指の名優・橋爪功が演じる。他にアンドレの娘アンヌに若村麻由美、2人の周辺の人々を元宝塚歌劇団トップスター壮一帆、進境著しい太田緑ロランス、実力派俳優として定評のある今井朋彦と吉見一豊が顔を並べている。
演出は、フランスオリジナル版を手がけたラディスラス・ショラーが日本で初演出する。

誰しもに起こりうる、まるでSFのような現実世界を演劇で表現する本作。時間とは記憶そのものであり、その記憶が混乱していった人の現実はどうなっていくのか。また、その人を取り巻く家族たちはどう向き合っていけばよいのか。
少子高齢化が深刻化する日本においてますます増えていく認知症の問題を、極めて演劇的に突きつける衝撃作だ。

【ストーリー】
80歳のアンドレが1人で暮らすアパルトマンに、娘のアンヌが駆けつける。若い看護師が泣きながら彼女に電話をしてきたため、父に何らかの異変を感じ、行くはずだった旅行を急きょ取りやめてやって来たのだった。アンドレは看護師を自分の腕時計を盗んだ悪党呼ばわりし、自分は1人でやっていけるから看護師の助けなど必要ないと言いはる。しかし、アンヌに指摘されると、その腕時計はいつもの秘密の場所に隠してあった。なぜアンヌは誰も知らないはずの自分の隠し場所を知っているのか……。

今自分が居るのは、長年住んだ自分のアパルトマンなのか? この女や男は誰なのか? 何が真実で何が幻想なのか? 
自分自身の信じる記憶と現実との乖離に困惑する父と、父の変化に戸惑う娘。驚くほど無防備な愛の残酷さと忍耐の限界をユーモラスに描いた本作は、現代版『リア王』とも呼ばれ、記憶や時間が混迷していく父の視点で観客が物語を体験していく、という斬新な手法で描かれた哀しい喜劇(コメディ)。

〈公演情報〉
『Le Pere 父』
作◇フロリアン・ゼレール
翻訳◇齋藤敦子
演出◇ラディスラス・ショラー
美術◇エマニュエル・ロイ
出演◇橋爪功 若村麻由美 壮一帆 太田緑ロランス 吉見一豊 今井朋彦
●2/2〜24◎東京芸術劇場 シアターイースト
〈料金〉一般 7,000円/65歳以上6,000円/25歳以下3,000円/高校生以下 1,000円(全席指定・税込)
〈一般前売開始〉2018年9月9日(日)
〈お問い合わせ〉東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296(休館日を除く 10:00〜19:00)
●3/16・17◎兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
〈一般前売開始〉2018年9月9日(日)
〈料金〉7,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255(10:00〜17:00 月休 ※祝日の場合は翌日)
●3/2・3◎サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) 小ホール
〈お問い合わせ〉上田市交流文化芸術センター 0268-27-2000(9:00〜19:00 火休館日)
●3/6◎高知市文化プラザかるぽーと 大ホール
〈お問い合わせ〉公益社団法人高知市文化振興事業団 088-883-5071
●3/27◎まつもと市民芸術館 小ホール
〈お問い合わせ〉まつもと市民芸術館チケットセンタ 0263-33-2200(10:00〜18:00)
〈公式サイト〉https://www.father-stage.jp


 

『LADY OUT LAW!』
kick shop nikkan engeki

る・ひまわり×明治座「祭」シリーズ第8弾は佐奈宏紀&内藤大希のW座長! 加藤茶や貴城けいの参加も決定!

る戦ロゴ


年末恒例のる・ひまわり×明治座の「祭」シリーズ、その第8弾は『歳が暮れ・るYO 明治座大合戦祭』(通称:る戦(るせん))を上演することが決定。このほど全キャストが発表になった。主演は、佐奈宏紀と内藤大希のW座長となる。出演者は、これまでシリーズに参加してきた人気若手や実力派のほかに、今回は加藤茶、元宝塚トップスターの貴城けいが初参加するなど、ひときわ賑やかな顔ぶれとなる。

このシリーズでは毎回、忠臣蔵・源義経・阿弖流為など、歴史的にも有名な人物や物語を題材に、小劇場・ミュージカル・映像など様々な畑から“つわもの”俳優たちが集結し、笑いあり、歌あり、踊りあり、涙ありの歴史エンターテイメントを上演。さらに舞台上でそれぞれの代表作や特技を持ちネタ化したようなパロディなど、まさに時代劇版異種格闘技戦舞台となっている。
今回も伝統ある商業演劇スタイルに則って、第一部ではお芝居、そして第二部ではオリジナルユニットによるショーという2部構成となる。

今年の第一部の演目は「風林火山をす・る」。戦国最強軍団と謳われた武田軍が、いかにして誕生したのか。武田晴信(のちの信玄)と山本勘助の運命の出会いから描く、戦に生涯をかけた男たちの青春友情物語。
その第一部『風林火山をす・る』のあらすじや第一部の全キャストが発表された。
そして第二部のショー「KAI ROCK FESTIVAL」に登場するユニットと楽曲も発表!甲斐の国で超有名なアーティストが集結する! 
 
■第一部 芝居「風林火山をす・る」
【あらすじ】
――戦国最強軍団、ここに誕生
武田の嫡男として生まれながらも争うことを嫌い、平安の世を願い続けてきた武田晴信(後の信玄)。
異形として生まれついた己の境遇を嘆き、無慈悲な世を恨み続けてきた山本勘助。
交わらないはずの二人が手を組んだ時、武田軍団の伝説の快進撃が始まる。
全国制覇という夢を追いかけた男たちの青春友情浪漫活劇!
【登場人物】
武田晴信/佐奈宏紀  山本勘助/内藤大希
顕如/辻󠄀本祐樹

謎の青年/杉江大志 
武田信繁/永田聖一朗
高坂弾正/松本岳
武田信廉/田中涼星
宇佐美定満/小早川俊輔
下間信康/大薮丘
内藤昌豊/松村優
山本光幸/井澤巧麻
真田幸綱/近藤頌利

飯富虎昌/兼崎健太郎
板垣信方/中村龍介
小山田信茂/KIMERU
諏訪姫/井深克彦
太源雪齋/谷戸亮太
蘆原忠胤/二瓶拓也
直江兼続/加藤啓
謎の男/槇尾ユウスケ(かもめんたる)
諏訪頼重/久ヶ沢徹

甘利虎泰/滝口幸広
三条の方/隅田美保(アジアン)
村上義清/木ノ本嶺浩

今川義元/泉見洋平
上杉謙信/貴城けい
武田信虎/加藤茶 

■第二部 ショー「KAI ROCK FESTIVAL」
甲斐の超有名アーティストたちがこの冬、甲斐に集結!
熱いLIVEを繰り広げる。

【出場アーティスト&楽曲】
◆TONO&KERAI『諏訪ガール』
今をトキメク王子(プリンス)たちによるラブソング。諏訪に住む女子への執着的な愛の気持ちを歌います。
◆キツツキション『川中島』
キツツキ戦法という作戦への意気込みと、そんな作戦を考えた軍師を応援したい人たちによる応援歌。
◆GIRIGIRIN(ギリギリーン)『リアル武士』
ギリギリでいつも生きていたい武士たちによるギリギリの歌。



oricon2shot

内藤大希・佐奈宏紀

【コメント】
 
佐奈宏紀
僕はこの年末の舞台が本当に大好きです。「祭」シリーズを楽しみにしている皆様を裏切ることは絶対ありません!責任を持って座長を務め、皆様に素敵な公演をお届けします。きっと幸せな気持ちにしますのでぜひ劇場へ観に来てください!! 
 
内藤大希
『歳が暮れ・るYO 明治座大合戦祭』に山本勘助役で主演させていただきます。前回初めて祭シリーズに出演し、年末年始をお客様と共に駆け抜けました!今回は座長として、佐奈くんと物語を引っ張り、昨年よりも熱い舞台になるよう頑張ります。

〈公演情報〉
『歳が暮れ・るYO 明治座大合戦祭』
第一部:芝居「風林火山をす・る」  
第二部:ショー「KAI ROCK FESTIVAL」
●2018/12/28〜31◎明治座
●2019/1月◎大阪公演予定
演出:板垣恭一
脚本:ほさかよう
出演:佐奈宏紀(W主演) 内藤大希(W主演)/
辻󠄀本祐樹/杉江大志 永田聖一朗 松本岳 田中涼星 小早川俊輔 大薮丘 松村優 井澤巧麻 近藤頌利/ 
兼崎健太郎 中村龍介 KIMERU 井深克彦 谷戸亮太 二瓶拓也 加藤啓 槇尾ユウスケ(かもめんたる) 久ヶ沢徹/ 
滝口幸広 隅田美保(アジアン) 木ノ本嶺浩/泉見洋平/貴城けい/加藤茶
〈チケット〉10月7日 一般発売予定
〈公式HP〉http://www.rusen.jp/






『ドリアン・グレイの肖像』
kick shop nikkan engeki 

香寿たつきがアルバム「Gladiolus」発売記念コンサートを開催!

ジャケット写真

元宝塚星組トップスターで、ミュージカルからストレートプレイまで幅広く活躍中の女優・香寿たつきが、1月にリリースしたアルバム「Gladiolus」の発売記念コンサートを、10月に東京と名古屋で開催する。

アルバム「Gladiolus(グラジオラス)」は“大人の恋”をテーマに、香寿たつき選りすぐりの昭和の名曲をカヴァー。また現在全国公演中の『モーツァルト!』で歌っている「星から降る金」を、舞台と同じアレンジで収録してある。
そんな収録曲以外のミュージカルナンバーも織り込んだ渾身のコンサートで、東京は10月13日、14日、原宿クエストホールにて、また名古屋はブルーノートで10月16日に開催される。
 
宝塚時代から歌・ダンス・芝居と三拍子そろったスターとして知られる香寿だが、とくにその素晴らしい歌唱力は、聴くものを酔わせ、深く心に沁み入る力を持っている。まさに香寿たつきの魅力がつまったコンサートとなるにちがいない!
チケットは名古屋は8月2日(木)から、東京は8月3日(金)から一般発売。

〈公演情報〉
香寿たつき「Gladiolusu」発売記念コンサート
●東京公演◎原宿クエストホール
10月13日(土)
[夜公演]17:30開場 /18:00開演
10月14日(日) 
[昼公演]11:30開場 /12:00開演
[夜公演]16:30開場 /17:00開演
〈料金〉7,600円(全席指定・税込)
〈一般発売日〉2018年8月3日(金)
〈お問い合わせ〉キャピタルヴィレッジ 03−3478−9999(平日11:00〜18:00)
 
●名古屋公演◎名古屋ブルーノート
10月16日(火)
16:00開場 /17:00開演
19:00開場 /20:00開演  
〈料金〉8,400円(全席指定・税込)当日受付順(中学生以上入場可)
〈一般発売日〉2018年8月2日(木)
〈お問い合わせ〉名古屋ブルーノート 052−961−6311(平日11:00〜20:00)






『しあわせの雨傘』
kick shop nikkan engeki 

堤真一、安蘭けい、段田安則らでイプセンの社会劇『民衆の敵』11月〜12月 シアターコクーンで上演!


ms_main

ノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの代表作の1つ『民衆の敵』が、11月〜12月に、Bunkamuraシアターコクーンで上演される。(大阪公演あり)

この公演はシアターコクーンが海外の才能と出会い、新たな視点で挑む演劇シリーズ「DISCOVER WORLD THEATRE」の第4弾で、英国の演出家ジョナサン・マンビィが2年ぶりにシアターコクーンに再登場する。出演者は堤真一、安蘭けい、谷原章介、大西礼芳、赤楚衛二、外山誠二、大鷹明良、木場勝己、段田安則など実力派キャストが集結する。

戯曲『民衆の敵』は、『ペール・ギュント』『人形の家』『ヘッダ・ガブラー』など、日本でも馴染み深い代表作を持つイプセンの作品の中でも、社会問題を扱った唯一の作品で、1882年に発表され、当時の社会に一石を投じた。ノルウェーからアメリカへ渡ってアーサー・ミラーによって翻案され、ブロードウェイでの上演も高く評価され、1978年にはスティーブ・マックイーン製作・主演によって映画化、05年にはノルウェーで設定を現代に置き換え映画化されるなど、根強い支持を得ている。
この『民衆の敵』を、Bunkamura30周年記念シアターコクーン公演の第1弾として上演。また、今公演では新たに戯曲を翻訳、新訳での上演となる。

演出を手がけるジョナサン・マンビィは、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC))出身で古典から現代劇まで幅広く精通し、09年には『The Dog in the Manger』にてヘレン・ヘイズ賞最優秀演出賞候補にノミネートされるなど、世界中で作品を発表し続けている。シアターコクーンでは16年に『るつぼ』を演出した。
 
そのジョナサンとの2度目のタッグで主演を務めるのは堤真一。「真実の告白」を志すばかりに、次第に「民衆の敵」と憎悪され、やがては家族との幸せも危うくする孤高の男トマス・ストックマンを演じる。
共演も魅力あふれる実力派が揃った。トマスの味方となり支え続ける妻カトリーネには安蘭けい。新聞「民報」の編集者でご都合主義のホヴスタに谷原章介。トマスとカトリーネの娘で教師のペトラに大西礼芳、ホヴスタと同じ「民報」の若き記者ビリングに赤楚衛二。カトリーネの養父で水質汚染の原因である製革工場の主モルテン・ヒールに外山誠二。住宅所有組合の会長で印刷屋のアスラクセンに大鷹明良。トマスの唯一の理解者ホルステル船長に木場勝己。トマスの実兄で市長にして警察署長で温泉管理会会長も務める町の権力者ペテル・ストックマンに段田安則が扮する。

ms_9shotS
堤真一、安蘭けい、谷原章介
大西礼芳、赤楚衛二、外山誠二
段田安則、大鷹明良、木場勝己

【STORY】
温泉の発見に盛り上がるノルウェー南部の海岸町。
その発見の功労者となった医師トマス・ストックマン(堤真一)は、その水質が工場の廃液によって汚染されている事実を突き止める。汚染の原因である廃液は妻カトリーネ(安蘭けい)の養父モルテン・ヒール(外山誠二)が経営する製革工場からくるものだった。トマスは、廃液が温泉に混ざらないように水道管ルートを引き直すよう、実兄かつ市長であるペテル・ストックマン(段田安則)に提案するが、ペテルは工事にかかる莫大な費用を理由に、汚染を隠ぺいするようトマスに持ち掛ける。一刻も早く世間に事実を知らせるべく邁進していた、新聞「民報」の編集者ホヴスタ(谷原章介)と若き記者ビリング(赤楚衛二)、市長を快く思っておらず家主組合を率いる印刷屋アスラクセン(大鷹明良)は、当初トマスを支持していたが、補修費用が市民の税金から賄われると知り、手のひらを返す。兄弟の意見は完全に決裂し、徐々にトマスの孤立は深まっていく。カトリーネは夫を支えつつも周囲との関係を取り持とうと努め、長女ペトラ(大西礼芳)は父の意志を擁護する。そしてトマス家に出入りするホルステル船長(木場勝己)もトマスを親身に援助するのだが……。
トマスは市民に真実を伝えるべく民衆集会を開く。しかし、そこで彼は「民衆の敵」であると烙印を押される……。
 
 
〈公演情報〉
ms_main2
 
Bunkamura 30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2018 
DISCOVER WORLD THEATRE Vol.4『民衆の敵』 
作:ヘンリック・イプセン 
翻訳:広田敦郎
演出:ジョナサン・マンビィ 
美術・衣裳:ポール・ウィルス
出演:堤真一、安蘭けい、谷原章介、大西礼芳、赤楚衛二、外山誠二、大鷹明良、木場勝己、段田安則
●11/29〜12/23◎Bunkamuraシアターコクーン
●12/27〜30◎森ノ宮ピロティホール ほか
〈料金〉S席10,500円 席8,500円 コクーンシート5,500円(全席指定・税込)  
〈東京公演チケット発売日〉2018年9月15日(土) AM10:00〜プレイガイド
 Bunkamura チケットセンター(オペレーター対応 10:00〜17:30)03-3477-9912 【発売日初日特電】
〈お問い合わせ〉Bunkamuraチケットセンター【9/16(日)以降】03-3477-9999(10:00〜17:30)
〈大阪公演チケット発売日〉 後日発表
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメ―ション 0570-200-888(10:00〜18:00) 






公演間近のチケットが半額!
kick shop nikkan engeki

観月ありさ・湖月わたる ・春野寿美礼がユニット結成!?   “座・ALISA”リーディングコンサート『キセキのうた』今秋上演!

HK-061_0718b
撮影:レスリー・キー
 
歌やドラマや舞台で様々な挑戦をしてきた観月ありさが発起人となり、昨年12月に誕生した“座・ALISA”。名作や名曲を軸に、今を生きる女性たちに勇気と感動を伝えたいという思いのもと、歌・ドラマ仕立ての構成で綴られるシリーズだ。今回は「40代女性にエールを贈りたい」という構想で、松任谷由実の楽曲を原作に『キセキのうた』〜私たちの「今」を歌おう〜を上演する。
その上演に向けて新たなボーカルユニット結成! 観月ありさ、湖月わたる 、春野寿美礼という40代女性3人で、歌と朗読、そしてダンスのエンターテインメントを融合した悲喜劇を披露する。
 
物語は、離ればなれになっていた3人の女性が、ある友人の死をきっかけに再集結。40代を迎えた彼女たちが、かつて思い描いた歌への情熱をリスタートする。果たして、それぞれの心を通わせ、歌を通じて再び生きることの喜びを見出していけるのか・・・。

【劇中キャラクター紹介】
 
30791_観月ありさアー写
観月ありさ(愛称アリ)
20代の時、アイドルとして最も輝いていた。でも、歌う事に次第に疲れ、歌う事が大好きだったのに、歌う事さえしんどくなった。人気にも陰りが見え始め、当時、一緒に活動していた人たちとグループ結成の話があり、その事に乗り切れず、歌を辞め、普通の女の子に戻りたいと、生活を変える。やがて、好きな人と結婚。ようやく40歳になり、これからの人生をどう生きるのか、考えるようになる。そんな時に、3人共通のかっての友達が亡くなる。その時、10年ぶりに結成したであろうメンバーと出会う。
 
30791_湖月わたるアー写

湖月わたる(愛称ワタル)
20代は、2人の仲間たちより年上ということもあって、ちやほやされるタイプではなかったが、真面目で女性らしく、誰よりも先に結婚して、幸せな家を築くと思われた。でも、現実は、優柔不断なのか、何事もスッパリ決められないのか、ずるずると歌を続けている。昔を忘れられず、今は、バーで歌を歌っている。

30791_春野寿美礼アー写
春野寿美礼(愛称オサ)
20代は、やはり、彼女もアイドルで輝いていた。一番結婚しないタイプと言われていた女性が、好きな人が出来たからと、歌を辞めた。そして普通の主婦になる。子供と一緒が楽しいと言いながら、歌はやっぱり忘れられない。だから、彼女からもう1度、当時、結成できなかったグループを再挑戦したいと言い出した。


〈公演情報〉
座・ALISA Reading Concert vol. 
『キセキのうた』〜私たちの「今」を歌おう〜
原作◇松任谷由実 楽曲集
上演台本・演出◇モトイキシゲキ
音楽監督◇鎌田雅人
出演◇観月ありさ 湖月わたる 春野寿美礼
●8/26〜29、9/1〜3◎セルリアンタワー能楽堂
●9/22・23◎サンケイホールブリーゼ 
●9/29・30◎ウインクあいち大ホール
〈料金〉東京 10,000円(全席指定・税込)
〈料金〉大阪・愛知 8,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉
東京/サンライズプロモーション東京  0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
大阪/キョードーインフォメーション  0570-200-888(全日10:00〜18:00)
愛知/中京テレビ事業:052-588-4477(平日10:00〜17:00)
〈公式twitter〉@za_alisa_info





えんぶ最新号販売中!
kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について