えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

『不徳の伴侶 infelicity』

ニュース

朗読劇『ラヴ・レターズ』 風間俊介&咲妃みゆ ほか出演者決定!

風間俊介様アーティスト写真-1咲妃みゆ様アー写高画質-1
風間俊介 咲妃みゆ

1990 年から青井陽治とともに歩んできた『ラヴ・レターズ』。26 年間、本作品の翻訳・演出家として469 回の『ラヴ・レターズ』を演出してきた青井陽治が、昨年9月1日、天に旅立った。その後を継いで演出を担うのは藤田俊太郎。藤田は昨年12月の公演に続き、今回の上演でも青井の演出を大切にしながらも、『ラヴ・レターズ』の新たなページを紡いでいく。

舞台にはテーブルと二脚の椅子。並んで座った男優と女優が、手にした台本を読み上げるだけの2時間。大掛かりな仕掛けも、目をひく照明や音響もない、シンプルな舞台。
俳優によって、観客によって、同じ作品とは思えないほど全く新しく生まれ変わる本作。朗読劇の金字塔『ラヴ・レターズ』、今年は6月、「28周年SPECIAL」から始まる。
中川晃教&知英、福士誠治&中越典子、矢崎広&妃海風、さらに 風間俊介&咲妃みゆと華やかな顔ぶれだ。 
この舞台の演出家・藤田俊太郎、卓越した演技力で変幻自在に役を操る風間俊介、昨年宝塚歌劇団を退団。これからの活動に注目が集まる元雪組トップ娘役の咲妃みゆ、3人からコメントが届いた。

【コメント】

藤田俊太郎/演出 
風間俊介さんとお仕事を御一緒できることを熱望していました。とても素敵な女優咲妃みゆさんと一夜限りの朗読劇、『ラヴ•レターズ』紡ぎ合う愛の言葉を演出したいと思います。 

風間俊介 
『ラヴ・レターズ』は、何度も劇場に聴きに行ってる作品です。その度に自分だったら、この物語をどうやるんだろうと、密かに妄想していた作品です。今回、幸せな事に妄想が現実になりました。その幸せをちゃんと形に出来るように頑張ります。

咲妃みゆ 
この度は出演のお話を頂きまして大変嬉しく思っております。名だたる役者の皆さまが語り継いでこられた物語に、こうして携われることへの幸せを感じつつ、その重みも感じております。今回が私にとりまして朗読劇への初挑戦です。憧れていた機会に巡り逢え、感謝の気持ちでいっぱいです。動作に頼らず、表情や声の表現を軸に展開していく朗読劇。きっと想像以上の難しさに直面すると思います!五感を張り巡らせ、大切に誠実に向き合っていきたいです。今回ご一緒させて頂く風間俊介さんは、ずっと以前から尊敬している俳優さんで、これまでも様々なご出演作品を拝見してきました。同じ舞台に立たせて頂けるなんて…夢のようですし、心から光栄に思います。風間さんと藤田俊太郎さんと共に唯一無二のラヴ・レターズをお届け出来ますよう、心を込めて勤めさせて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。
 
【STORY】
アンドリュー・メイクピース・ラッド三世と、メリッサ・ガードナーは裕福な家庭に生まれ育った典型的WASP(ホワイト アングロ サクソン プロテスタント‥‥‥‥アメリカのエリート人種)である。幼馴染みの二人は対照的な性格だ。自由奔放で、束縛を嫌う芸術家肌のメリッサ。穏やかで、内省的、口よりも文章で自分を表現するのが得意なアンディー。アンディーは自分の感じること、彼女についての自分の意見などを折にふれてメリッサに伝える。メリッサは手紙よりも電話の方が楽で好きだ。しかし、電話で思ったようにコミュニケーションできないアンディーの手紙にはつきあわざるを得ない。
思春期を迎え、それぞれ別の寄宿学校に送られて過ごす二人。会えるのは休みで親元に戻った時だけである。伝統的な暖かい家庭に守られているアンディー。一方、メリッサはアンディーより裕福だが、離婚と結婚を繰り返す母親のもとで孤独な思いを噛み締めている。恋に目覚める季節、お互いを異性として充分意識する二人だが、どういう訳かぎごちなく気持ちは行き違い、しびれをきらしたメリッサは他の男の子とつきあってみたりする。そして、遂に決定的に結ばれるチャンスが巡ってきた夜、二人は友達以上にはなれない自分達を発見する。
大学を出た二人はいよいよ全く別の道を歩き始める。メリッサは画家としての修行を積むため、ヨーロッパへ単身旅立つ。アンディーは海軍に入り、地中海、インド洋を経て日本へ赴任。その間に西海岸へ戻ったメリッサは結婚して子供を産む。アンディーの消息はしばらく途絶え、友人からの噂で、日本の恋人と同棲していること、彼はその彼女との結婚を望んでいること等が伝えられる。その恋に破れ、単身帰国したアンディーもやがて結婚する。三人の子供をもうけ、政治家として成功の道を歩むアンディー。一方メリッサは画家として評価は得たものの、離婚して子供から引き離され、アルコールに頼る日々を送る。
久し振りに再会した二人。すでに別々の人生を歩いていた二人が遂に結ばれる。遅すぎた、しかしこうならずにはいられなかった激しい一瞬の交錯があった。しかしすでに上院議員として地位も面目もあるアンディーはスキャンダルを恐れるあまり、二人の関係を続けることを拒む。自分にとっていかにメリッサが大切な存在だったかを彼が知るのはメリッサがまもなく精神を病んで独り寂しく死んだという報せを受け取った時だった。
 
〈公演情報〉
青井陽治追悼
『ラヴ・レターズ 28th Anniversary Special』
作◇A.R.ガーニー 
訳◇青井陽治 
演出◇藤田俊太郎
●6/11〜14◎草月ホール
6月11日(月) 18:30 中川晃教&知英
6月12日(火) 18:30 福士誠治&中越典子
6月13日(水) 18:30 矢崎広&妃海風
6月14日(木) 18:30 風間俊介&咲妃みゆ
〈料金〉S席 5,400円 A席(3階席) 3,000円(全席指定・税込)
〈一般発売日〉
6月11日(月)公演 5月20日(日)
6月12日(火)公演 5月20日(日)
6月13日(水)公演 4月28日(土)
6月14日(木)公演 5月20日(日)
〈お問い合わせ〉パルコステージ 03-3477-5858(月〜土11:00〜19:00/日・祝11:00〜15:00)



『不徳の伴侶 infelicity』


kick shop nikkan engeki

名作ミュージカル『I DO! I DO!』霧矢大夢&鈴木壮麻で5月に上演!

jpg-large

霧矢大夢が2014年に主演し、読売演劇大賞優秀女優賞を受賞するなど高い評価を得たブロードウェイ・ミュージカル『I DO! I DO!』が、バージョンアップされ、本年5月に銀座 博品館劇場と兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて上演される。キャストは前回に続いてアグネス役に挑む霧矢大夢、そして夫のマイケルは今回初参加の鈴木壮麻が演じる。

本作『I DO!  I DO!』は1966年、米ニューヨークで初演。オフ・ブロードウェイで超ロングラン記録を持つ『ファンタスティックス』の名コンビ、トム・ジョーンズ(脚本・作詞)と、ハーヴィー・シュミット(作曲)が手がけた人気作。登場人物は男女2人だけ。50年間の夫婦の人生を、出演者2人が多彩なミュージカルナンバーで歌い、綴っていく。
 
日本では、1969年に越路吹雪と平幹二郎の組み合わせで初演され、越路吹雪の代表作のひとつとなった。その後、越路吹雪と細川俊之、草笛光子と細川俊之、平みちと村井國夫、久野綾希子と細川俊之、高嶺ふぶきと川崎麻世、春風ひとみと村井國夫など、さまざまな顔合わせで上演されてきた。ミュージカル俳優なら一度は演じてみたい大人のミュージカルとして知られている。
2014年版では、蜷川幸雄のもとで演出助手をつとめてきた大河内直子がミュージカルの演出に挑戦。翻訳・演出を一新、翻訳は小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞した広田敦郎が手がけ、音楽監修は島健、振付は前田清実と、スタッフ陣もこの名作にふさわしいミュージカル界で活躍する面々が顔を並べている。

【あらすじ】
きょうは、アグネス(霧矢大夢)、マイケル(鈴木壮麻)の結婚式。
「I DO!」と永遠の愛を誓った二人の、新しい生活がスタートする。
舞台は、アメリカのどこにでもいそうな中流階級の夫婦の寝室。新婚初夜、未来へのちょっとした不安を隠しつつ、甘い生活がスタートする。
でも、楽しい新婚生活はあっという間。長男が生まれた感動と喜び、そして数年、長女が誕生し、子供中心の生活へと変わっていくにつれ、少しずつすれ違っていく夫婦の思い。子供の成長、夫の浮気騒動? さまざまな出来事が起こる中で、アグネスは自分自身を見つめなおしていく。
私って何者? 2人でいる必要ってあるの? 本当の私って? アグネスは子供の自立と結婚を機に家を出ようと決意する。その言葉を聞いて、アグネスに向き合うマイケル。子供が巣立ち二人きりの生活が始まったとき、二人が見つけたものは…。

誰かと一緒に生きるとは?いつの時代も変わらぬ愛と夫婦の物語を、最高のキャスト・スタッフで届ける今回の『I DO! I DO!』、大きな期待がふくらむ!

〈公演情報〉
i_do2018_omote_fixw_234
 
ブロードウェイ・ミュージカル
『I DO! I DO!』
脚本・作詞◇トム・ジョーンズ
作曲◇ハーヴィー・シュミット
演出◇大河内直子
翻訳◇広田敦郎
音楽監修◇島健
出演◇霧矢大夢 鈴木壮麻
ピアノ演奏◇江草英貴 松田眞樹
●5/11〜20◎銀座 博品館劇場
〈料金〉8800円(全席指定・税込)
●5/26◎兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
〈お問い合わせ〉アン・ラト info@ae-on.co.jp
〈劇場HP〉http://theater.hakuhinkan.co.jp/pr_2018_05_11.html


【宣伝写真提供/ アン・ラト】



えんぶショップ内全商品セール実施中!


kick shop nikkan engeki 

「第43回菊田一夫演劇賞」発表!

main
『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』宣伝ビジュアル

日本の演劇界に多大な影響を与え、優れた作品群を残した作・演出家の菊田一夫。その業績を永く伝えるとともに、演劇界の発展を祈って設けられた「菊田一夫演劇賞」(主催・一般社団法人映画演劇文化協会)の第43回の受賞者が、4月4日、発表された。
 
この賞は、昨年の4月1日から本年3月31日までの1年間に上演された大衆演劇作品を対象に、優れた成果を上げた人物に贈賞されるもので、今回の第43回は以下の団体・個人が受賞した。受賞者には賞状と正賞の記念楯と副賞が贈られる。

 
 《菊田一夫演劇大賞》
『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』上演関係者一同
(『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』の高い舞台成果に対して)

《菊田一夫演劇賞》
城田 優  (『ブロードウェイと銃弾』のチーチの役の演技に対して)
戸田恵子  (『Sing a Song』の三上あい子の役の演技に対して)
神田沙也加 (『キューティ・ブロンド』のエル・ウッズの役の演技に対して)
原田 諒  (『ベルリン、わが愛』『ドクトル・ジバコ』の脚本・演出の成果に対して)

《菊田一夫演劇賞特別賞》
甲斐正人(永年の作曲および音楽活動の功績に対して)

なお受賞式は4月下旬に予定されている。






雑誌「えんぶ」2018年4月号販売ページ


kick shop nikkan engeki

大人気ミュージカル『魔女の宅急便』がフレッシュなキャストとともに6月に帰ってくる!

クレジット表記:【角野栄子 「魔女の宅急便」福音館書店刊】
(C)角野栄子『魔女の宅急便』 福音館書店刊 


児童文学作家・角野栄子の人気作「魔女の宅急便」を原作に、昨年6月と9月に上演されたミュージカル『魔女の宅急便』が、フレッシュなキャストを迎えて本年6月に帰ってくる。

原作は角野栄子が27年間に渡り執筆した全6巻の児童書で、宮崎駿監督でアニメーション映画化し大ヒット、日本のみならず世界的に有名な作品となった。1993年〜1996年には蜷川幸雄演出によりミュージカル化。2014年に実写映画化、そして2016年にはイギリスにて舞台化が行われた。
昨年の舞台は、若手新進気鋭の制作チームにより、キキ役に上白石萌歌、トンボ役に阿部顕嵐(ジャニーズ Jr.)で、新しいミュージカル版となり、チケットは即日ソールドアウト、連日大盛況のまま幕を閉じた。
 
今回キキ役に大抜擢されたのは、今作品が初舞台・初主演で、第8回東宝シンデレラグランプリを受賞した福本莉子、トンボ役には関西ジャニーズ Jr.で活躍中の大西流星、キキのお母さん役(コキリ)には、数々のドラマや舞台、映画などで活躍中の生田智子が新キャストとして出演する。また、キキのお父さん役(オキノ)には、NHKEテレ『おかあさんといっしょ』のうたのおにいさんとして歴代最長出演記録を持つ横山だいすけ、コリコの街のパン屋のおかみさん役(おソノ)には、元宝塚歌劇団星組・雪組トップ娘役の白羽ゆり、おソノさんの旦那さん役(フクオ)には、お笑いコンビ「ライセンス」のボケ担当の藤原一裕が昨年に引き続き出演する。 

【ストーリー】(※原作より)
13歳になった魔女のキキは、古くから伝わる習わしにのっとり相棒の黒猫ジジと共に満月の夜に旅立つ。自分で新しい町を見つけ、一年後には自力で暮らせるようにならなければいけないが、空を飛ぶ魔法しか知らないキキは、新しい町コリコでも様々な壁にぶつかる。皆が家族同然の小さな街で育ったキキは、大きな町での価値観の違いに驚き、また魔女であることに対する好奇の目や偏見にも苦しむ。自分という小さな存在に葛藤しながらも、飛ぶことに憧れる少年トンボとの交流や、パン屋のオソノさんに励まされながら、思春期の少女は少しずつ成長していく。オソノさんの提案で飛べることを生かしお届けもの屋さんを始めたキキだが、なかなかうまく町に馴染むことができない。何かとちょっかいを出してくるトンボへの淡い恋心も、まだまだ子どものキキにはその気持ちを整理することができない。そんな中、町長からある依頼がくる。それは町の一年で一番大きな行事に関わる重要な仕事。キキは無事にその依頼を果たせるのか。そしてトンボとの淡い恋の行方はどうなっていくのか?!
 
【コメント】

20180328_fukumoto_041s

キキ役/福本莉子
 
──『魔女の宅急便』という作品の印象
始めて観たミュージカルが昨年の『魔女の宅急便』でした。まさか自分がやると思っていなかったので、普通に観客として、先輩の上白石萌歌さんが演じるキキを観てすごく素敵だなと思いました。
スタジオジブリの映画「魔女の宅急便」を小学生の時に初めて観たのですが、そのときのキキの印象は、好奇心旺盛で、元気で活発な女の子だと感じました。自分とはあまり似ていないかなと思ったのですが、演出の岸本さんには、まっすぐで芯が強いところとが似ていると言って頂き、嬉しかったです。
──キキ役を演じるにあたっての意気込み
お客さんとして観た『魔女の宅急便』もすごく良かったのですが、そこを追うのではなく、私なりの新しいキキを生み出せたらいいなと思います。新しいシーンもあるみたいなので、ワクワク楽しみながらお稽古をしたいと思います。少しずつお芝居や発声のお稽古を始めています。普段の話し方と、舞台上での相手とのやり取りをする距離感の違いを教えて頂き、発声の仕方を意識するようになりました。その後、歌の録音をした時にスタッフさんに「変わったね」と褒められたのが嬉しかったです。
歌では、おなかを意識してどれだけ声を前に飛ばせるか。カラオケだと結構裏声で歌ったりするのですが、舞台では地声を生かしつつ、きれいに歌えるようになるのが課題かなと思います。今は緊張と不安しかないですが、たくさんお稽古をして、緊張と不安をはねのけられるくらいに成長して舞台に立ちたいと思います。
 
20180328_Onishi_314s

トンボ役/大西流星(関西ジャニーズ Jr.)

── 『魔女の宅急便』という作品の印象
作品全体が暖かい雰囲気に包まれていて、ストーリーが素敵だなと思っていました。スタジオジブリの映画も大好きですし、前回の舞台公演も見ていましたが、まさか自分が参加できるとは思っていませんでした。素敵な作品に出演が決まり、とても嬉しいです。
──トンボ役を演じるにあたっての意気込み
トンボは、空を飛びたいというまっすぐな心を持っていて、慣れない恋に戸惑う純粋な少年という印象です。街のみんなに愛されているトンボと同じように、舞台を見に来ていただいたお客様や共演者のみなさんに可愛がっていただけるような自分なりのトンボを表現したいです。僕も小さいときから空を飛ぶことに憬れていて、生まれ変わったら鳥のトンビになりたいと思っています(笑)。空を飛びたいトンボとの共通点もあるのかなと感じています。

原作者/角野栄子
 
──キキ役福本莉子さん、トンボ役の大西流星さんの印象
キキ役の福本さん。初々しくて、かわいらしいキキ。さあこれから旅立ちです。希望に満ちた空へ、風をきって元気に飛ぶ姿が見えるようです。トンボ役の大西さん。あどけない少年、その眼差しの中に純粋な夢がいっぱい。少年の夢、それはいつでも美しい。憧れいっぱい、楽しさいっぱいの舞台になるでしょう。あたらしいキキとトンボさん。二人がどんな魔法を見せてくれるか、とても、とても楽しみです。
──再演が決まっての気持ち
この魔女の宅急便のミュージカルは去年うまれたばかりです。今年は新しい役者さんたちが集まり、さらに進化させ美しい舞台を作ってくれると、楽しみにしています。作者の私も、とびっきりの魔法を飛ばすつもりです。もうすぐ開幕、わくわく、待ち遠しい!


〈公演情報〉 
ミュージカル『魔女の宅急便』
原作・監修◇角野栄子(『魔女の宅急便』 福音館書店刊)
脚本・演出◇岸本功喜 
作曲・音楽監督◇小島良太
振付◇舘形比呂一
出演◇福本莉子 大西流星(関西ジャニーズ Jr.)
生田智子 横山だいすけ 藤原一裕(ライセンス)/白羽ゆり 他
●6/15〜24◎新国立劇場 中劇場
●7/4・5◎大阪メルパルクホール
〈料金〉S席10,500 円、A席8,000 円(税込・全席指定)※未就学児童入場不可
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(前日 10:00〜18:00)
〈公式 HP〉http://www.musical-majotaku.jp/



雑誌「えんぶ」2018年4月号販売ページ


kick shop nikkan engeki

いま一番 "アツい!" ブロードウェイ・ミュージカル『オン・ユア・フィート!』朝夏まなと主演で12月にシアタークリエにて上演!

onyourfeet_sokuhou2

全米で人気のブロードウェイ・ミュージカル『オン・ユア・フィート!』が、ついに日本初上陸。朝夏まなと主演で12月にシアタークリエで上演される。
 
本作『オン・ユア・フィート!』は、全世界でのレコード売り上げ1億枚以上、「CONGA」や「1−2−3」など数々のヒット曲を生み出し、80年代〜90年代にヒットチャートを席巻した[グロリア・エステファン&ザ・マイアミ・サウンド・マシーン]。そのヴォーカルで世界の歌姫、グロリア・エステファンの、栄光と挫折の波乱万丈の半生を、情熱と躍動のラテンミュージック&ダンスに乗せて描くミュージカル。2015年8月にブロードウェイで開幕したのち、現在も全米ツアーの真っ最中。今回が日本初上陸となる。
 
日本版の主演には、元宝塚宙組トップスターの朝夏まなと。退団後2作目で初の単独主演を飾る。本作では、歌への情熱を秘めているものの、引っ込み思案で母親の言う通りに地道な人生を送ろうとしていた少女グロリアに扮し、様々な困難と直面しながらも歌への情熱を燃やし続けて、再び自分の足で立ち上がる主人公を演じる。

【ストーリー】
少女グロリアは歌うことが大好きだったが、そんな彼女のことを母親のグロリア・ファハルトは認めていなかった。そこでグロリアはこっそりと自作の曲を作ってはベトナム戦争の前線で戦う父へと送っていた。父も彼女の歌声と才能をかっていたが、戦争で大けがを負い、口がきけない状態に。そんな家族の状況もあり、成長したグロリアは内気な性格になっていた。才能がありながら一歩踏み出せないグロリアの代わりに、彼女を応援する祖母のコンスエロは、プロデューサーのエミリオ・ステファンにグロリアを売り込む。彼はグロリアの希有な歌声を聴いて、すぐに自分のバンド[マイアミ・ラテン・ボーイズ]のボーカルに抜擢。公私ともに惹かれ合うグロリアとエミリオは、一躍スターへの階段を駆け上がる。だが、そこには栄光と挫折が待ち受けていた──。

つい踊り出したくなるようなラテン・ミュージック、そして魅力的なダンスナンバーが満載のミュージカル『オン・ユア・フィート!』は、そのパワーで観るものを元気にしてくれるにちがいない!

〈公演情報〉
ミュージカル『オン・ユア・フィート!』
脚本◇アレクサンダー・ディネラリス
音楽・歌詞・編曲◇グロリア・エステファン、エミリオ・エステファン
翻訳・訳詞・演出◇上田一豪
振付◇TAKAHIRO、藤林美沙、金光進陪
出演◇朝夏まなと ほか
●12/8〜30◎シアタークリエ





雑誌「えんぶ」2018年4月号販売ページ


kick shop nikkan engeki 
〈一般前売〉2018年9月予定
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について