えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

ミュージカルセーラームーンシリーズ最終章!お得なチケット販売中。

ニュース

龍 真咲デビューアルバム曲のミュージックビデオ完成!

ryumasaki
撮影/レスリー・キー

ビクターエンタテインメントから8月23日にアルバムを発売、メジャーデビューが決まっている元宝塚歌劇団男役トップの龍 真咲。そのアルバムの収録曲「Silly game」のミュージックビデオが完成した。

龍は、元・宝塚歌劇団男役トップスター。2012年より4年半「月組」の看板スターとして組を背負い活躍。2014年4月、宝塚歌劇団100周年記念式典公演では、全5組を代表して主演を務めた実績を持つトップオブトップでもある。幼いころから歌が好きで、学生時代に見た宝塚に憧れ入団、その後も、得意の歌を活かし、数々の名作で主演を張り、宝塚100周年の節目に一時代を築いた。
昨年9月に宝塚を退団後も歌への情熱は冷めることなく、次々と歌を中心としたゲスト出演のオファーを受けながらも、その合間を縫って、本格的なトレーニングの為に単身渡米。満を持して、いよいよ2017年夏、日本を代表するトップクリエーターチームとのタッグで、全てオリジナル曲のJ−POPに挑み、自身初のアルバム「L.O.T.C 2017」(読み方:えるおーてぃーしーにーぜろいちなな)を発売する。

本格的音楽活動の第一歩となる、記念すべきファースト・アルバムのジャケットは、龍 真咲自身の強い希望により、宝塚時代にも仕事をしており、親交が深く既に互いの感覚で意思疎通の出来るレスリー・キーに依頼した。レスリー・キーはシンガポール出身の写真家でレディー・ガガや松任谷由実、安室奈美恵など多くの著名人を撮影したことで知られる。アート、ファッション、広告などの撮影、更に映像監督としても世界で活躍している。

彼の快諾を得て早朝の渋谷ロケを中心に写真撮影が行われた。撮影当日朝5時、メイク時間に何気なくアルバムの曲「Silly game」を流していたところ、突然レスリーから『ナイスソング!イメージが湧いたので是非ミュージック・ビデオを作ろう!」と思いがけない発案があり、レスリー自ら早朝の電話で映像スタッフを召集、当初はジャケット撮影だけの予定が、スタジオで急遽映像セットを組み撮影が開始された。こうして、映像監督レスリー・キーの芸術的閃きと比類なきアート魂溢れる、龍 真咲・初ミュージックビデオ「Silly game」が完成となる。

8月10日公開 「Silly game(Short Ver.)」
映像監督/レスリー・キー 

○アルバム 作品情報
アーティスト:龍 真咲
作品:アルバム 「L.O.T.C 2017」(読み方:えるおーてぃーしーにーぜろいちなな)
発売日:2017年8月23日(水)
ビクターエンタテインメント 龍 真咲HP http:/www.jvcmusic.co.jp/ryumasaki/

○収録内容
M1「LANDING on the CITY」 作曲:巴川貴裕・松井喬樹/編曲:Integral Clover
M2「Silly game」 作詞:濱名 琴/作曲:orange spotting/編曲:南田健吾
M3「Get by me」 作詞:濱名 琴/作曲:岡本武士/編曲:南田健吾
M4「Merrily Mode」 作詞:濱名 琴/作曲:石松領平/編曲:Integral Clover
M5「Miss you always」 作詞:濱名 琴/作曲:田中隼人/編曲:山佳祐
M6「Long Island Icetea」 作詞:濱名 琴/作曲:岡本武士/編曲:山佳祐
M7「ヒーロー」 作詞:濱名 琴/作曲:長沼 良/編曲:小山 寿

配信情報/iTunes Store、レコチョク他、各配信サイト、またLINE MUSIC、Apple Music、AWA他、定額制音楽ストリーミングサービスにて8月23日より一斉配信開始

○コンサート情報
●8/26、27◎東京 渋谷オーチャードホール 
〈料金〉¥10,000(全席指定・税別)全席指定 
〈お問い合わせ〉 オフィシャルサイト http://www.ryumasaki-scp.com/





ミュージカルセーラームーンシリーズ最終章!お得なチケット販売中。


kick shop nikkan engeki

元宝塚歌劇雪組トップスター早霧せいな、退団後初のステージ決定!

ss_早霧せいな_軽

ジャズ、ポップス、シャンソン、ミュージカルほか、様々なシーンでスプレンダーが輝くSong&Dance&Entertainment! 早霧せいな、再び舞台に舞い降りる!

宝塚雪組のトップスターとして活躍、7月23日に惜しまれて退団した早霧せいな。その退団後初のステージ『シークレット・スプレンダー』が発表された。
 
演出を担当するのは、宝塚歌劇団で数々の優れた作品を生み出し、退団後は人気ミュージカル『王家の紋章』などを手がけている荻田浩一。
共演には大野幸人、小野妃香里、海宝直人、JKim、丹澤誠二、原田薫といったダンス界・ミュージカル界の実力派や人気者たちに加え、安寿ミラが特別出演する。
豪華メンバーとともに歌って踊る、早霧せいなの11月のステージに期待が膨らむ!

〈公演情報〉
『SECRET SPLENDOUR(シークレット スプレンダー)』
〜Super StarsによるSpecial な Showtime〜
構成・演出◇荻田浩一
CAST◇早霧せいな
大野幸人 小野妃香里 海宝直人 JKim 丹澤誠二 原田薫/安寿ミラ(特別出演)
Dancer◇笹岡征矢 鮫島拓馬 花岡麻里名 吉田繭
Guest◇平澤智 桜木涼介(日替わり)
●11/5〜14◎東京・TBS赤坂ACTシアター
●11/17〜19◎大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〈料金〉東京・S席10,800円/A席8,800円
    大阪・10,800円(全席指定・税込)
〈一般発売〉10月初旬予定
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 (10:00-18:00) 東京・0570-077-039/大阪・06-6377-3888 






妃海風コンサート2017






kick 

shop 

nikkan 

engeki

加藤和樹主演のサスペンス劇の傑作『罠』間もなく東京公演が開幕!

『罠』0655

加藤和樹の主演で09年に初演、大きな反響を巻き起こした舞台『罠』が7年ぶりに上演され、7月13日の亀有公演、7月15日、16日の兵庫公演を経て、8月8日からサンシャイン劇場で、いよいよ東京公演の幕を開ける! その舞台写真が到着した!

『罠』0370

この作品はフランスを代表する劇作家、ロベール・トマが1960年に発表し、パリで初演。トマはこの1作でフランス演劇界の寵児となり、以来、大ヒット人気作品として世界各国で上演されている。
日本においても度々上演されていて、09年の加藤和樹主演の舞台は、開幕と同時に反響と絶賛の嵐を巻き起こし、翌年には全国ツアーとして再演を果たした。この『罠』で記念すべき舞台初主演を飾った加藤は、その後の活躍も目覚ましく、演劇界の次代を担うトップスターとして大躍進を遂げている。

登場人物はわずか6人だけ、誰もが怪しく、誰もが真実を語っているとは思えない状況の中、殺人事件の取り調べは二転三転、緊張感漂うセリフ(証言)の応酬が続く。物語の巧みな伏線と見事な構成、そして物語は衝撃的なクライマックスを迎える!

『罠』0493

物語はとある山荘での出来事。新婚3ケ月のカップルがバカンスのため訪れていたが、些細な夫婦喧嘩から妻のエリザベートが行方不明になってしまう。夫のダニエルがカンタン警部に捜査を依頼するが、なかなか見つからない。そこへマクシマン神父に付き添われてエリザベートが戻ってきたが、全くの別人だった! ダニエルは激しく抵抗し、妻ではないと主張するが、状況証拠はどれもこれも現れた女が妻であると印象づけるものばかり。証人として絵描きや看護婦も登場し、騒動の渦は大きくなるが、ついに殺人事件にまで発展してしまう。誰が正しいのか、誰が嘘をついているのか、そしてエリザベートは一体どうなってしまったのか、やがて思わぬ事態から意外な真実があきらかになる!
 
『罠』0639

今回の舞台化にあたって、演出を手がけるのは、初演からタッグを組んでいる気鋭の深作健太。さらに白石美帆、渡部秀、初風緑、山口馬木也、そして筒井道隆など、人気と実力を兼ね備えた充実のキャストが参加して、より充実の舞台を繰り広げている。                     
 
『罠』1069


〈公演情報〉
0000000078102
 
『罠』
原作◇ロベール・トマ
翻訳◇平田綾子
演出◇深作健太
出演◇加藤和樹、白石美帆、渡部 秀、初風 緑、山口馬木也、筒井道隆
●8/8〜15◎サンシャイン劇場
〈料金〉8,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 (全日10:00〜18:00)

※えんぶshopでもチケット取り扱い中!
http://enbu.shop21.makeshop.jp




【舞台写真撮影/宮川舞子】




えまおゆう30周年記念コンサート






kick 

shop 

nikkan 

engeki

月船さららの主宰ユニットmetroの傑作『二輪草〜「孤島の鬼」より〜』 緊急再演!

image1 (002)

宝塚出身で女優として映像や舞台で活躍する月船さらら。彼女が主宰する演劇ユニットmetroは、本年4月に、『二輪草〜「孤島の鬼」より〜』を新宿ゴールデン街劇場で上演。キャパ60名ほどのゴールデン街劇場に連日多くの観客が押し寄せた。その好評を受けて、8月9日〜13日、この舞台が緊急再演される。

原作となる乱歩の「孤島の鬼」は、昭和4年から5年に発表された連載小説。昭和2年に乱歩初の映画化として「一寸法師」が上映されたが、それを見て激しい自己嫌悪を感じた乱歩は筆を絶ち、放浪の旅に出てしまった。翌年「陰獣」を発表。これは傑作で乱歩は完全に復活し、続けて雑誌[朝日]に「孤島の鬼」の連載をはじめた。
物語は、婚約者の殺害事件の真相と彼女の出生の秘密を探るうち、予想もできない怖ろしい事件に巻き込まれてしまうという、乱歩の好む要素が盛り過ぎなほど盛りこんであり、これで乱歩は大衆作家としての地位を確固たるものにした。 
 
作家・高木彬光は「孤島の鬼」をこう評している。「とても私には死ぬまでこれだけ恐い作品は書けないだろう、その圧巻というべき部分は〈秀ちゃん〉の手記である」。
今回の舞台『二輪草』は、この〈秀ちゃん〉の手記をフィーチャーしたもので、ある少女と少年の残酷な運命(体の一部つながった双子=結合双生児)を描いている。2人は生まれた時から外界と遮断された蔵に閉じ込められ、一度も外に出ることもなく生活を強いられていたが、思春期を迎えた頃、それまで当たり前と思っていた自分たちの姿が、実は異常なことだということを知る。さらに抑えようもない性の欲望に目覚めてしまうという残酷物語だ。

同じ乱歩の傑作『陰獣』を09年に舞台化、ミステリアスで耽美な世界を現出してみせた月船さらら。今作も、映画監督としても名高い天願大介の演出のもと、共演に若松力、村中玲子、鴇巣直樹という、どこかいかがわしさを感じさせる役者たちと立ち上げている。乱歩の作品の中でも、とくに猟奇的で恐ろしく、また悲しい物語が、まるで昔見た見世物小屋を思わせるような異質な雰囲気の会場で、エロチシズム漂う文学世界へと観客をいざなう。

〈公演情報〉
image1 (003)

metro 『二輪草〜「孤島の鬼」より〜』
原作◇江戸川乱歩
演出・脚本◇天願大介
出演◇月船さらら 若松力 村中玲子 鴇巣直樹
●8/9〜13◎新宿ゴールデン街劇場
〈料金〉前方桟敷自由席(12席限定)3500円 自由席(3列目以降のベンチ席) 3500円(税込)
〈お問い合わせ〉 ジェイ.クリップ  03-3352-1616(平日10:00〜19:00)
 コリッチ PC用 https://ticket.corich.jp/apply/83394/
          携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/83394/ 








えんぶ最新号






kick 

shop 

nikkan 

engeki 

豪華キャストが珠玉のミュージカルナンバーで紡ぐコンサート『I Love Musical』

ILM2017

ミュージカルを愛する豪華キャストによって、ミュージカルのヒストリーとともに珠玉のミュージカルナンバーを堪能できる夢のひととき─。『I Love Musical』の第4弾の上演が決定した!

出演メンバーは、泉見洋平、岡田浩暉、カン・テウル、坂元健児、渡辺大輔、井上智恵、貴城けい、増田有華、莉奈 (男女別50音順)。それぞれミュージカル界で活躍中で、歌唱力には定評のあるメンバーばかりだ。
ミュージカルファンには新たな発⾒があり、ミュージカル初⼼者には、ミュージカルの素晴らしさを知ってもらえる、楽しいコンサートとなっている。
 

【今回の予定作品】
★レ・ミゼラブル  
★ジキル&ハイド
★ミス・サイゴン  
★アイーダ
★ウエスト・サイド・ストーリー 
★南太平洋
★RENT
★10・ミリオン・マイルズ
★bare
★ロミオ&ジュリエット
★ウィキッド
★マンマ・ミーア!
★サウンド・オブ・ミュージック 
★glee
★キューティ・ブロンド
★リトルマーメイド
★ハイスクール・ミュージカル
★ビクター・ビクトリア
★フットルース   
★愛と青春の宝塚


〈公演情報〉
構成・演出◇永野拓也
音楽監督◇鎌田雅人
キャスト◇泉見洋平、岡田浩暉、カン・テウル、坂元健児、渡辺大輔、井上智恵、貴城けい、増田有華、莉奈(男女別50音順)
●9/2/3◎東京グローブ座
9月2日(土)13:00開演/17:30開演  
9月3日(日)12:00開演/16:30開演
〈料金〉S席9,800円 A席7,800円(全席指定・税込)
チケット発売日  8月13日(日)10:00〜
〈お問い合わせ〉 サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00-18:00)
〈公式HP〉www.ilove-musical.jp







えんぶ最新号






kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について