えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

お得なチケット販売中!『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』

ニュース

日替わりで豪華ゲストが歌うミュージカルコンサート。『I LOVE MUSICAL〜precious time music〜』来年3月開催が決定!

s_ILM_03photo2

客席と一体感があり、豊かな音楽が響き渡る銀座のヤマハホールでミュージカルコンサート。来年3月に、その第4弾、『I LOVE MUSICAL〜precious time music〜』の開催が決定した。

ディズニーミュージカル『美女と野獣』や『レ・ミゼラブル』、『ミス・サイゴン』、『エリザベート』といった“ザ・ミュージカル”ともいうべき王道な楽曲に加え、カタログ・ミュージカル(1組のアーティストの既存曲を使って、新しい脚本と構成で創るミュージカル)の代表格である『マンマ・ミーア!』(ABBA)や『オール・シュック・アップ』(エルヴィス・プレスリー)を中心に、ポップスなどの様々なジャンルのナンバーも取り混ぜた豪華なラインナップ。
 
今回の出演者は、岡田浩暉を中心に各回バラエティに富んだメンバーで構成。このステージでしか観ることのできないデュエットも必見だ。

【前回の舞台写真】
過去舞台写真2
過去舞台写真4
過去舞台写真3過去舞台写真1

【今回の内容】

1日目(2018年3月1日)
元宝塚歌劇団月組トップスターの紫吹 淳が、2015年に岡田浩暉と共演した不朽のブロードウェイミュージカル『グッバイ・ガール』にスポットを当てる。さらにはミュージカル『薄桜鬼』の風間千景役で人気を集めた鈴木勝吾が初参加。安定した歌唱力に評価が高い元AKB48の増田有華と、元劇団四季で『レ・ミゼラブル』などで活躍中の野島直人が脇を固める。

2日目(2018年3月2日)
まさにジュークボックスのイメージ。人気と実力を兼ね備えた元雪組トップ娘役の咲妃みゆの出演が決定。人気オーディション番組「ASAYAN」出身で現在はミュージカル俳優として注目を集める藤岡正明と、劇団四季を経て舞台や映像で積極的に活動中の吉沢梨絵が加わる。バックボーンが異なるメンバーの競演で新たな化学反応が起こるにちがいない。

3日目(2018年3月7日)
2007年に大ヒットしたオフ・ブロードウェイミュージカル『テン・ミリオン・マイルズ』がメインテーマ。日本初演キャストの岡田浩暉と貴城けいが再びデュエインとモリーとして登場、派手なだけがミュージカルじゃないという、繊細な心情を綴った楽曲が詰まったロード・ミュージカルを再現。そこへ劇団四季出身の中井智彦、沼尾みゆきと宝塚歌劇団出身の鳳翔 大たちの参加で、華やかに彩る。
 
様々なミュージカル音楽が一度に楽しめるスペシャルイベントとなる!

〈公演情報〉
『I LOVE MUSICAL  〜precious time  musi
●2018年3月1 日・2 日・7 日 
各回 15 時開演/19時開演◎銀座ヤマハホール
3 月 1 日(木)岡田浩暉・紫吹  淳・鈴木勝吾・野島直人・増田有華
3 月 2 日(金)岡田浩暉・咲妃みゆ・藤岡正明・吉沢梨絵 
3 月 7 日(水)岡田浩暉・貴城けい・中井智彦・沼尾みゆき・鳳翔大
構成・演出◇土城温美
音楽監督◇鎌田雅人     
司会◇立花裕人 
〈料金〉S 席 8,800 円   A 席 5,800 円(全席指定・税込)


【資料提供/る・ひまわり】




お得なチケット販売中!『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』
kick shop nikkan engeki 

丸美屋食品ミュージカル『アニー』辺見えみり、白羽ゆりらの大人キャスト発表!

アニー大人キャストkai
山本紗也加、白羽ゆり、藤本隆宏、辺見えみり、青柳塁斗

また新しいアニーが発表されて、2018年の上演に期待が高まる丸美屋食品ミュージカル『アニー』。その大人キャストが決定、孤児院院長ハニガン役に辺見えみり、大富豪ウォーバックスの秘書グレース役には白羽ゆりという新メンバーが加わることがわかった。

本作は、1924年からアメリカで新聞連載がスタートした漫画「ザ・リトル・オーファン・アニー(小さい孤児アニー)」をもとに、1977年にブロードウェイのアルヴィン劇場(現ニール・サイモン劇場)で誕生したミュージカル。同年のトニー賞において、作品賞をはじめ7部門を受賞、現在も世界各国で上演され続けている。
日本公演は、1986年に日本テレビ主催でスタート。現在までに全国で約172万人もの人たちに深い感動を与え続けている国民的ミュージカルとなっている。2017年の公演からは、『ラ・カージュ・オ・フォール』『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』などの演出で知られる山田和也を演出に迎え、翻訳台本、振付・舞台美術・衣裳なども一新した、新演出版『アニー』となり、好評を博している。

【ストーリー】
舞台は1933年、世界大恐慌直後の真冬のNY。街は仕事も住む場所もない人であふれ、誰もが希望を失っていました。そんな中、どんな時も夢と希望を忘れないひとりの少女がいました。11歳の赤毛の女の子、アニーです。10年前に孤児院の前に捨てられていたアニーは、いつか本当の両親が迎えに来ると信じて暮らしています。
ある日、なかなか迎えに来ない両親を自分から探しに行こうと、院長のミス・ハニガンに見つからないよう、こっそり孤児院を脱け出しますが、すぐに警官に捕まって連れ戻されてしまいます。ふとしたきっかけで、大富豪オリバー・ウォーバックスの秘書グレースと出会ったアニーは、ウォーバックスの自宅で休暇を過ごすことになります。
前向きなアニーに魅かれたウォーバックスは、養女にしたいと考えますが、彼女は本当の両親のことが忘れられません。けなげなアニーの気持ちに心打たれたウォーバックスは、懸賞金をかけてアニーの両親を探そうとするのですが、お金を目当てに大勢の人々が自分こそアニーの親だと名乗りをあげ、なかにはルースターとリリーという悪巧みをしている人物もいて・・・。
はたして、アニーは本当の両親を探し出すことができるのでしょうか?

日本では33年目となる2018年の公演で、主人公のアニー役に選ばれたのは、新井夢乃(あらいゆめの)、宮城弥榮 (みやぎ やえ) 。そして孤児役、ダンスキッズらに個性豊かな子役たちが選ばれた。
さらに、このほど2018年の大人キャストも決定。2017年公演では歴代最年少の大富豪ウォーバックス役が好評だった藤本隆宏が今回も続投。同じく昨年、ルースター役の歌やダンスで観客を魅了した青柳塁斗、リリー役で初出演ながらも見事な存在感を与えた山本紗也加の続投が発表された。
また新メンバーのハニガン役・辺見えみりは、母の辺見マリが2006年にハニガン役を演じ、親子2代での出演となる(夫の松田賢二もルースター役で2回出演)。そしてグレース役は元宝塚娘役トップの白羽ゆり。人気と実力と備えた大人キャストが揃った。
さらに充実のメンバーで、2018年の 丸美屋食品ミュージカル「アニー」が登場する!
 

〈公演情報〉
丸美屋食品ミュージカル『アニー』
2018年4月21日(土)から5月7日(月)◎東京・新国立劇場 中劇場
8月より全国を巡演予定。
HP  http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52039478.html



お得なチケット販売中!『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』
kick shop nikkan engeki

『越路吹雪に捧ぐ~トリビュートコンサート』来年1月、梅田芸術劇場で再演。咲妃みゆ、伶美うららも出演!

越路吹雪

本年2017年は、永遠の大スター越路吹雪の三十七回忌を迎え、越路吹雪のマネージャー兼作詞家・翻訳家としてもヒット曲の数々を世に送り出した岩谷時子の生誕100周年だった。
 
後世に越路吹雪の素晴らしい歌声を継承すべく、3月には越路吹雪三十七回忌特別追悼公演『越路吹雪に捧ぐ』と題したトリビュートコンサートが想い出の地、日生劇場で開催され、植田紳爾の総合演出により、越路吹雪の後輩でもある元宝塚歌劇団のトップスターたちが出演。往年の越路ファンから、若い宝塚ファンまで幅広い層の観客が詰めかけ、越路吹雪の世界に酔いしれた。
 
初演のチケットが即完売だったこともあり、再演を熱望する観客の声に応えるために、2018年1月、大阪梅田芸術劇場での再演が決定した。梅田芸術劇場へ会場を移すにあたり、越路が出演した旧・梅田コマ劇場(現・梅田芸術劇場)の「こけら落とし公演」から5曲を選び、元宝塚歌劇団のトップスターたちが再現する。
越路吹雪のトリビュートコンサートは、ほかにも各地で開催されているが、今回の公演は越路の王道の曲はもちろん、隠れた名曲を多数取り上げることにより、他とは一線を画すラインナップを予定している。
56歳という若さで燃え尽きるように生涯を駆け抜けた越路吹雪、その歌やステージに懸ける愛と情熱に対する正にオマージュともいえるステージになることは間違いない。

sakihimiyu_photo201709_2_light咲妃みゆ

出演者は、前回も出演した鳳 蘭、安寿ミラ、真琴つばさ、姿月あさと、湖月わたる、春野寿美礼、水 夏希、凰稀かなめなどに加えて、7月に宝塚歌劇団を退団してから待望の関西での初舞台となる元雪組トップ娘役の咲妃みゆの出演が決定。さらに今月19日付で宝塚歌劇団を退団し、退団後初のステージとなる元宙組娘役の伶美うららの参加も決定した。

〈公演情報〉
o1654233814075815494
o1654233814075815159

『越路吹雪に捧ぐ~トリビュートコンサート』
総合演出◇植田紳爾 
出演◇鳳 蘭、安寿ミラ、真琴つばさ、姿月あさと、湖月わたる、春野寿美礼、水 夏希、凰稀かなめ、咲妃みゆ、
鳳翔 大、伶美うらら、中原由貴、水沙るる  他
●2018年1月10日(水)13時開演/17時開演
会場◎梅田芸術劇場 メインホール
〈料金〉S席11,000円  A席9,000円   B席5,000円(全席指定・税込) 
〈一般発売〉12月2日(土)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 06-6377-3800 


 

『えんぶ8号』
kick shop nikkan engeki

“あの男たち”がBunkamuraオーチャードホールに立つ! cube三銃士『 Mon STARS Concert 〜Again〜』2018年2月開催決定!

monsters2018photo

2011年上演のミュージカル『三銃士』で、タイトルロールの三銃士(アトス・アラミス・ポルトス)を演じた橋本さとし・石井一孝・岸祐二。そんな彼らが、いつしか同じ芸能事務所・キューブに所属し、ユニット“Mon STARS”を結成。2015年に初コンサートを開催した。
「ひとりはみんなのために みんなはひとりのために」cube三銃士『Mon STARS Concert』の歴史はそこから始まった。

MSC_3218
2016年Mon STARS Live

橋本さとしは、劇団☆新感線出身、『レ・ミゼラブル』ジャン・バルジャン役、『ミス・サイゴン』エンジニア役など数々のミュージカル作品で主演、現在上演中(再演)の『アダムス・ファミリー』主役・ゴメス役で、第22回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。2018年1月には、主演舞台Japanese Musical『戯伝写楽 2018』の上演が控える。
 
石井一孝も『レ・ミゼラブル』ジャン・バルジャン役経験者であり、当時史上最年少のバルジャン役抜擢が話題となった。その後、第35回菊田一夫演劇賞受賞。現在『スカーレット・ピンパーネル』に出演し、高い歌唱力でミュージカル界を支える。
 
岸祐二は、新演出版『レ・ミゼラブル』で2015年からジャベール役を担当。舞台、映像、声優としても幅広く活躍。2018年2月上演大型ミュージカル『リューン〜風の魔法と滅びの剣〜』に出演が決定している。

MSC_7432
2016年Mon STARS Live

この『Mon STARS Concert』は、2015年草月ホール、2016年グローブ座(他大阪、福岡)と公演を重ね、毎公演、豪華ゲストが加わり、ミュージカルの名曲や歌謡曲とともに、尽きせぬ捧腹絶倒のトークを繰り広げて来た。そんな3人のコンサートが、満を持して2018年2月、Bunkamuraオーチャードホールに進出する。
今回も豪華ゲストとともに、ミュージカルファン垂涎の贅沢な宴を開催する。
 
s_inoues_nakagawa
井上芳雄・中川晃教

今回のゲストには、橋本・石井・岸が友情を育んだミュージカル『三銃士』で、主役・ダルタニャンを演じた井上芳雄が、ついに登場!
井上は“ミュージカル界のプリンス”として絶大な人気を誇り、また、浦井健治、山崎育三郎とのユニット「StarS」のリーダーとして武道館公演を成功させた“3人ユニットの先輩”でもある。「StarS」と「Mon STARS」の初対決(?!)にも注目だ!
そして、ミュージシャンとして、ミュージカル俳優として、唯一無二の輝きを放つ中川晃教。

konishiso kazuho
小西遼生・壮一帆

さらに、小西遼生、壮一帆とMon STARSメンバーとも共演経験を持ち息のあったコラボレーションが期待出来る、実力派豪華メンバーが集合した。

【コメント】
久しぶりの”三銃士”集結に際し、メンバーからコメントが届いた。

hashimoto satoshi
橋本さとし 
遂にやります!待望のアルバムをひっさげてのライブツアー!!
Mon下生のみなさん、予習復習はきっちりやって来て下さい。
そして豪華なゲストを迎えて他力本願爆裂です!

s_ishii kazutaka
石井一孝

歌唱力。演技力。創造力。迫力。オモシロ力。色気力。天然力。ボケ力。デッサン力。オッサン力。不可抗力。我々の力を駆使して今回も碧い星のレディ達を救いたい。
いよいよ武道館が近づいてきた...そんな空気を感じる(笑)。

kishi yuji

岸祐二
空前絶後のぉ!超絶怒涛のぉ怪物3兄弟!の復活だぁ!
ミュージカルを愛し!ミュージカルに愛された全ての狂宴の産みの親ぁ!エモ過ぎ!バズり過ぎ!もうこれは忖度しかない!いや!ちーがーうーだーろー!
さぁ!Mon STARSファーストでアウフヘーベンして一線を越えよう!

“他力本願で武道館へ”というやや不純な野望を口にしながら、高い歌唱力と茶目っ気溢れる楽しいステージで病み付きになるファンを増やして来たcube三銃士『Mon STARS Concert』。今回も目が離せない。さらに、このコンサートに向け、ファン待望の、「Mon STARS」初のCDリリースも決定した(タイトル等詳細は後日発表予定)。
チケット最速先行受付は、11/30(木)12時より、キューブメルマガ会員「cubit club」(登録無料)対象実施予定。その後、各プレイガイドにて販売、2018年1月13日(土)に一般発売開始する。詳細はキューブHPで確認のこと。

〈公演情報〉
cube三銃士『Mon STARS Concert 〜Again〜』
演出◇Mon STARS  
音楽
立川智也
出演◇橋本さとし 石井一孝 岸祐二
ゲスト◇小西遼生 壮 一帆  井上芳雄 中川晃教 (出演日順)
会場◎Bunkamura オーチャードホール
2018年2月20日(火)19:00 ゲスト:小西遼生 壮 一帆
2018年2月21日(水)19:00 ゲスト:井上芳雄
2018年2月22日(木)19:00 ゲスト:中川晃教
〈料金〉S席/8,800円 A席/6,800円(全席指定・税込)
〈チケット一般前売り開始〉2018年1月13日(土) 
〈お問い合わせ〉キューブ 03-5485-2252(平日12時〜18時)
〈キューブHP〉http://cubeinc.co.jp/news/#26




『えんぶ8号』
kick shop nikkan engeki

天海祐希の極楽太夫、古田新太の天魔王で『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』来年3月〜5月上演!

20171117-00000044-sanspo-000-1-view

東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京で、さまざまなバージョンで上演中の『髑髏城の七人』の最終版『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』の出演者が決定、天海祐希が主演することが発表された。

『髑髏城の七人』は1990年に初演、以来7年ごとに上演されてきた劇団☆新感線の代表作の1つ。今年3月から始まったIHIステージアラウンド東京でのロングラン公演は、“Season花"の小栗旬、“Season月"の阿部サダヲ、“Season風"の松山ケンイチ、“Season月"の福士蒼汰(上弦)宮野真守(下弦)というメンバーが主演を飾っているが、天海は最後の“Season極"で主役をつとめる。

この“Season極"では物語も一新、天海を迎え撃つのは新感線の看板俳優・古田新太。新たな物語の名は『修羅天魔(シュラテンマ)』で、『髑髏城の七人』でありながら、捨之介も蘭兵衛も出てこない“もうひとつの『髑髏城の七人』。完全新作となる本作は、天海演じる織田信長に愛された雑賀衆のスナイパーで今は遊女の〈極楽太夫〉と、古田演じる〈天魔王〉の二人の愛憎劇。これまでの『髑髏城の七人』の中で、最も“織田信長”像が引き立つ物語が描かれる。

天海、古田と共に、新生『髑髏城の七人』に挑むキャストも発表された。いのうえ演出は『サイケデリック・ペイン』以来2度目、劇団☆新感線には初参加となる福士誠治。同じく初参加の竜星涼。新感線初の本格派時代劇『乱鶯』以来2度目の参加となる清水くるみ。2004年上演の「アオドクロ」に出演の三宅弘城と、「アカドクロ」に出演の山本亨は、共に14年ぶりの『髑髏城の七人』。そして2017年6〜9月の“Season鳥”で狸穴二郎衛門役を演じた梶原善の出演が決定している。

【物語】
関東荒野に現れた一人の美女、渡り遊女の極楽太夫(天海祐希)。だが彼女こそは、かつて織田信長に最も信用され愛された凄腕の狙撃手だった。
折しも関東では。髑髏の仮面で素顔を隠した第六天魔王(古田新太)が率いる関東髑髏党を名乗る軍団が難航不落の髑髏城を築城、豊臣秀吉の天下統一を阻まんと関東に覇を唱えその勢力を広げていた。
その髑髏党に追われる熊木衆の少女・沙霧を行きがかりで助けた極楽は、関八州荒武者隊の頭目である兵庫の口利きで無界の里に身を寄せる。街道を旅する様々な諸事情を抱えた人々が出入りする色里・無界では、一番人気の若衆太夫・夢三郎がこの里を盛り立てていた。
そこで極楽を待つ狸穴二郎衛門と名乗る牢人。彼は、極楽に天魔王暗殺を依頼する。二郎衛門の正体は徳川家康。信長を通じて極楽とも親しい仲だったのだ。
秀吉は天魔王討伐のために20万余の大軍を率いて進軍していた。関東で大戦が起きる前に天魔王を倒そうという策に乗る極楽。だが、彼女に狙われていることを知った天魔王は自ら極楽の前に現れその仮面を取る。その顔は、織田信長と瓜二つだった。
「貴様こそ信長公の仇」。極楽が銃口を向けたとき、天魔王は意外な真実を告げた。
修羅の道を行く女と天魔の世を作らんとする男。二人の奇しき縁の歯車が再び回り出す…。

【コメント】

天海祐希(極楽太夫) 
「生誕半世紀公演(50周年記念祭)」をやらなきゃいけないねと何年か前に言われて「やった ー!」と無邪気に喜んでいたら、こんな大変なことになりました(笑)。でも、この360°客席が回転する劇場で同じ作品を5パターン、6チームで上演するという大規模な企画に参加させていただけるのは、大変ありがたいことです。その同じ舞台に古田新太さんがいてくださるのはものすごく安心感があります。“Season花”から始まった企画の最後が、この“Season極”。いいシメ方ができるようにがんばりたいです。

古田新太(天魔王) 
正直なところ、〈天魔王〉も『髑髏城の七人』ももういいよ、と思ってたんですが(笑)、天海さんが「古田センパイが出ていないとヤダ」と言うので出ることにしました(笑)。歴代の〈天魔王〉の中では一番年寄りになりますが、これまでとは違うお話なので全くの別物として考えています。『髑髏城の七人』もこれでついに最終回です。ちょっとだけ変えたマイナーチェンジではなく、あの世界観の中のもうひとつの物語になるはず。乞うご期待!

中島かずき(作)
今回のメインタイトルは「修羅天魔」。修羅の道を行く〈極楽太夫〉と〈天魔王〉との愛憎劇となります。これはあくまでもスピンオフでもアレンジでもなく、“完全新作”の、もうひとつの『髑髏城の七人』の物語です。“織田信長に愛されたスナイパー”で、今は渡り遊女として知られる極楽太夫を演じる天海祐希さんと、天魔王を演じる古田新太とが、がっつり芝居できるシチュエーションを考えました。まったく新しい「髑髏城」を、最後にお楽しみください。

いのうえひでのり(演出)
織田信長にまつわる奇(くす)しき縁(えにし)に結ばれた男と女の運命の話で、これまで以上に 信長がキーワードになることは間違いありません。
『髑髏城の七人』をご存知の方には、〈捨之介〉も〈蘭兵衛〉も今回は出ないということで、まったく違う物語になるということが伝わるかと思います。「髑髏城」の世界観の中で、それなりの年齢を感じさせる大人の男女の話にするつもりなので、まさに今の劇団☆新感線が作る、今の『髑髏城の七人』になるんじゃないかと思います。

〈公演情報〉
ONWARD presents 劇団☆新感線 『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』 Produced by TBS 
作◇中島かずき
演出◇いのうえひでのり
出演◇天海祐希 / 福士誠治 竜星涼 清水くるみ / 三宅弘城 山本亨 梶原善 / 古田新太 他
●2018年03月17日〜05月31日◎IHIステージアラウンド東京(豊洲)
〈前売開始〉2018年1月21日(日)  






『えんぶ8号』
kick shop nikkan engeki 
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について