IMGL0930

福田雄一の最新作ブロードウェイ・ミュージカル『サムシング・ロッテン!』が、12月17日から東京国際フォーラム ホールC で上演中だ。(30日まで。そののち2019年1月11日〜14日◎大阪 オリックス劇場で上演)
 
本作は、1990年代にケイリーとウェインのカークパトリック兄弟のアイデアから始まり、2015年にブロードウェイで上演。アメリカの演劇・ミュージカル界で最も権威ある賞であるトニー賞で9部門ノミネート、1部門受賞という快挙を成しとげた。タイトルの「Something Rotten!(サムシング・ロッテン!)」とは、「何かが、腐っている!」という意味。ハムレットの一節からの引用で、こんなふうに複数の戯曲、ミュージカル作品へのオマージュが散りばめられたコメディミュージカルだ。

IMGL0033

物語の背景は16世紀末。絶大な人気を誇るウィリアム・シェイクスピアを相手に、ニックとナイジェルのボトム兄弟が競いながら、舞台芸術業界で成功を目指す。『コーラスライン』、『アニー』、『レ・ミゼラブル』などの人気ミュージカル作品や、シェイクスピア作品を彷彿とさせるシーンの数々が、舞台・ミュージカルファンの心をくすぐる作品となっている。
 初の日本語版上演では、演出・上演台本を現代のヒットメーカーであり、「笑い」と「ミュージカル」をこよなく愛する福田雄一が手がけ、出演者は中川晃教、西川貴教、瀬奈じゅん、橋本さとし、平方元基、清水くるみと豪華なキャスト陣が熱い舞台を繰り広げている。 

【あらすじ】
ルネサンス時代のイギリス。売れない劇作家であるニック(中川晃教)は弟のナイジェル(平方元基)と共に自身の劇団を運営していた。
時代の寵児であり、スーパースターの劇作家シェイクスピア(西川貴教)にニックは対抗心をむき出しにするが、劇団運営に行き詰まり、妻ビー(瀬奈じゅん)の目を盗んで予言者ノストラダムス(橋本さとし)のもとを訪ねる。そして、彼のお告げに従い、世界初の歌って踊る「ミュージカル」を書こうと決意するのであった。
その後もノストラダムスのもとへ通うが、出てくるのは頼りない予言ばかり…ヒット確実な作品タイトルは『オムレット』(実は『ハムレット』の間違い)だと言われ、ニックはミュージカル『オムレット』を生み出すために悪戦苦闘する。
作家の才能を秘めている弟のナイジェルは、兄の言うことを聞きつつも「卵の物語なんか書きたくない!」と思い悩む。そんななか、出会った美しい清教徒の娘ポーシャ(清水くるみ)と恋に落ち、新たなインスピレーションが生まれていた。
一方、『ロミオとジュリエット』に続く大ヒット作を書かねば」と人知れず思い悩んでいたシェイクスピアは、以前からナイジェルの才能に目をつけていて、彼からなんとか次作のアイデアを得ようと画策する。そして「トービーベルチ」と名乗る役者に化け、ニックの劇団に潜入し、後の大ヒット作となる『ハムレット』の土台となるアイデアをどんどん盗んでいくが…
 
IMGL0003

時代はルネッサンスへと遡る。ニックとナイジェルのボトム兄弟は、劇団を運営しているが借金だらけ。流行作家シェイクスピアへの対抗心に燃えるニック。

IMGL9979

志があるもののうまくいかないニックに、夫を心から愛している妻のビー(瀬奈じゅん) は、助け合うのが夫婦、と働きに出ることを思いつく。
 
IMGL0081

予言者トーマス・ノストラダムス(橋本さとし) に会いに行ったニック。未来では「ミュージ力ル」が大流行すると予言するノストラダムス。

IMGL0678

南ロンドンの路上でナイジェルとポーシャ(清水くるみ) が偶然の出会いをする。惹かれあう若い2人。 
詩が好きで才能あふれるナイジェルとキュートなポーシャだが、彼らの恋は波乱万丈だ。 

IMGL0299

庭園での朗読会で、ウィリアム・シェイクスピア(西川貴教) が登場。待ちかねた民衆が熱狂する。

IMGL0359

シェイクスピアは才能あるナイジェルに近づこうとしていた。

IMGL0644

シェイクスピアは「トービーベルチ」と名乗る役者に化け、ニックの劇団に潜入する!

IMGL0120
 
シェイクスピア作品や有名ミュージカルをネタに織り込み、荒唐無稽なストーリーで展開するミュージカルだが、中川晃教と西川貴教という希代のエンターテイナー2人の共演というゴージャス感のうえに、瀬奈じゅんや橋本さとしが華やかに力強く舞台を彩り、平方元基と清水くるみの若々しさ甘さが加わり、アンサンブルはじめ、脇役たちのダンスや歌も迫力満点、見どころ満載の舞台となっている。 
福田雄一らしい出演者ネタや日本のミュージカル界の小ネタなどもふんだんに混ぜ込んであり、一度ではキャッチできないほどの情報量が、これでもかというほど押し寄せる。
笑い疲れるほど笑ったあと、物語の通奏低音として織り込まれているクリエーターであることの苦悩、家族や恋人への愛、そしてバカバカしいほど一生懸命に生きる人間たちの姿、そんな真っ当なことが心に残るミュージカルだ。


〈公演情報〉
CNI27265
 
ミュージカル『サムシング・ロッテン!』
作詞・作曲◇ウェイン・カークパトリック、ケイリー・カークパトリック
脚本◇ケイリー・カークパトリック、ジョン・オファレル
演出・上演台本◇福田雄一
出演◇中川晃教 西川貴教 瀬奈じゅん
平方元基 清水くるみ/橋本さとし ほか
●2018/12/17〜30◎東京 東京国際フォーラム ホールC
〈料金〉S席12,500円 A席9,500円 B席7,000円(全席指定・税込)    
●2019/1/11〜14◎大阪 オリックス劇場
〈料金〉平日:S席11,000円  A席8,000円  B席6,000円
    土日祝:S席11,500円  A席8,500円  B席6,500円
〈お問い合わせ〉キョードー東京 0570-550-799 (オペレーター平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00)

【文/榊原和子 撮影/友澤綾乃】



30%ポイントプレゼント実施中!


kick shop nikkan engeki