IMGL0339

福田雄一の最新作ブロードウェイ・ミュージカル『サムシング・ロッテン!』が、12月17日から30日まで東京国際フォーラム ホールC で上演される。(そののち2019年1月11日〜14日◎大阪 オリックス劇場で上演)
 
本作は、1990年代にケイリーとウェインのカークパトリック兄弟のアイデアから始まり、2015年にブロードウェイで上演。アメリカの演劇・ミュージカル界で最も権威ある賞であるトニー賞で9部門ノミネート、1部門受賞という快挙を成しとげた。タイトルの「Something Rotten!(サムシング・ロッテン!)」とは、「何かが、腐っている!」という意味。ハムレットの一節からの引用で、こんなふうに複数の戯曲、ミュージカル作品へのオマージュが散りばめられたコメディミュージカルだ。
物語の背景は16世紀末。絶大な人気を誇るウィリアム・シェイクスピアを相手に、ニックとナイジェルのボトム兄弟が競いながら、舞台芸術業界で成功を目指す。『コーラスライン』、『アニー』、『レ・ミゼラブル』などの人気ミュージカル作品や、シェイクスピア作品を彷彿とさせるシーンの数々が、舞台・ミュージカルファンの心をくすぐる作品となっている。
 
初の日本語版上演では、演出・上演台本を現代のヒットメーカーであり、「笑い」と「ミュージカル」をこよなく愛する福田雄一が手がけ、劇作家ニック役に中川晃教、シェイクスピア役に西川貴教、ニックの妻ビー役に瀬奈じゅん、預言者ノストラダムスには橋本さとし、ニックの弟ナイジェルに平方元基、清教徒の娘ポーシャには清水くるみと豪華なキャストが揃った。 
この舞台で劇作家ニックを献身的に支える頼もしい妻ビーに扮する瀬奈じゅんに、稽古もたけなわという時期に話を聞いた。

IMGL0323

あなたは基本コメディの人
という誉め言葉を

──まずこの作品と初めて出会ったときの印象は?
私は出演のお話をいただいてからYou Tubeで拝見しました。色々知っているミュージカルの楽曲などもパロディで登場しますし、背景がシェイクスピアの生きていた16世紀という、かなり昔のお話なのですが、全然古い感じがしなくて、とても面白かったです。
──今回は、共演の方々も豪華です。中川晃教さんと西川貴教さんは初共演ですね。
中川さんとは以前『クリエ・ミュージカル・コレクション』と『岩谷時子メモリアルコンサート』で一緒に歌わせていただいたり、私の主人(千田真司)も共演していたり、色々ご縁はあるのですが、こうしてお芝居をさせていただくのは初めてです。西川さんとは「はじめまして」ですが、お芝居の表現力も素晴らしい方で、お二人とも舞台センスがあるので、稽古場で拝見していてもとても勉強になります。
──瀬奈さんが演じるのは、中川さん扮するニックの妻のビー。男装して物を売ったり家計を支えるなど、すごくパワフルで素敵な女性ですね。
献身的で逞しいんです。どうしても男勝りな部分がクローズアップされがちですが、本当に健気な女性だなと思いました。
──どう演じてほしいなど、演出の福田さんからの指示は?
福田さんは「こうしてください、ああしてください」は、あまりおっしゃらないんです。それは私だけでなく皆さんにそうで、ポイントでこうしてほしいという要望はあっても、この役はこう演じてほしいという指示はされない方で、たぶん演者を信頼してくれているのかなと思っています。ただ、「こういう面白いことを言ってほしい」とか「ここは○○さんで」とか(笑)、今回はまだないですけど、そういう細かい部分での笑いの演出はよくされます。
──コメディを演じるうえでとくに必要なことは?
笑いのための計算はもちろんありますが、とにかく役として生きることしかないと思っています。宝塚時代からそれは同じで、コメディもシリアスも、台本を読んで役をふくらませていくという点ではまったく変わりないんです。
──瀬奈さんは宝塚時代からコメディセンスは抜群で、しかも品は落とさずに客席を巻き込んでいって見事でした。
私は12年目くらいに『二都物語』という、ディケンズの悲劇に主演させていただいたのですが、そのとき演出の太田(哲則)先生に「あなたは基本コメディの人ですから」と言われたんです。超シリアスな悲劇を真面目に突き詰めていたときだけに、ちょっとショックで(笑)、でも今考えると、あれはすごい誉め言葉だったなと思うんです。コメディは間とか動きとか、相手との掛け合いとか、どれもセンスがないと笑えないわけで、それを誉めていただけたわけで、その言葉を頼りに今も生きてます(笑)。
──太田先生のコメディはお洒落で面白かったですね。瀬奈さんは『二都物語』もそうですが、悲劇と喜劇の両極を生きられる役者だと思います。
シリアスもコメディも、大切にするのはやはり役のリアリティですから。自分の発想だけでなく、周りの役者さんたちのやっていること、演出家の求めているものを探りながら、その人間がどう動くかを考え、何をチョイスするか、そこにセンスが求められているのだと思います。

IMGL0255

福田雄一と小川絵梨子
2人の演出家との出会い

──この物語にはシェイクスピアをはじめ作家たちが出てきます。その創作の苦悩とか葛藤なども描かれていますが、それをドタバタ喜劇的な展開で繰り広げていくところが面白いなと。
シェイクスピアの作品についていつも思うのですが、人を殺したり人を騙したりしても喜劇だったりしますよね。それはどういうことなんだろうと。たぶんそういうことをしてしまう人間というものの滑稽さを、喜劇つまり悲喜劇として描いているのかなと。今回の稽古場でシェイクスピアを演じている西川さんを見ていると、「あ、こういうことなのかも」と思ったんです。たとえばアイデアがどうにも浮かばないときに、これ真似しちゃおうとか、そうまでする自分を笑いながら、生きていくエネルギーにしている。自分たちに置き換えてみると、たとえば仕事に真剣に向き合ってる姿でも、角度を変えて見ると滑稽だったり面白かったりするじゃないですか。そう思うとシェイクスピアの喜劇って、すごく腑に落ちるんです。
──そう考えると、これはすごく懐の深いミュージカルですね。
そういう生みの苦しみさえも面白くしてしまえる器の大きい作品で、ほかにも発見が沢山あります。さとしさんの「ミュージカル(A Musical)」というナンバーの中に、「なんでここで歌い出すんだろう、でもこれがミュージカル♪」という歌詞があるんです。私は4月に『FUN HOME』というミュージカルに出たのですが、小川絵梨子さんがミュージカルを初めて演出されていて、立ち稽古になって歌の場面になったとき、「なぜここで歌い出すの?」「なぜ正面を向いて歌うの?」というところから始まったんです。それによってこちらも、ミュージカルについて改めて考えさせられて。そして自分の曲ではない歌詞もみんなで理解し合って、人の役のことも話し合って作り上げました。その経験はすごく大きかったです。そういう意味ではこの作品の「ミュージカル(A Musical)」という曲は、ミュージカルの楽しみ方がこの1曲に詰まっている気がします。
──『FUN HOME』は心情をリアルにストレートに伝えてくる現代的なミュージカルでした。
小川さんはたぶんリアルなお芝居の中に歌が入ってくることで、そこだけリアルではなくなるのが嫌だったのではないかと思います。セリフって今こうして会話しているように、思いついたことをそのまま喋るものなんですよね。それと一緒でその場で考えたことを歌ってほしいと。でも本番になると音譜の音や歌詞をどうしても追ってしまいたくなる。それをしないことはすごく怖いんですけど、初めてこの言葉を発しますというふうに歌おうと。ちゃんと出るかなと思いながら本番で思いきってやって、すごく勉強になりました。
──その役のその時の切実な言葉が歌になって出てくるわけですね。
本当はそれが基本なんですよね。公演中もどこかでやっぱり綺麗に歌おうとか、声が出しにくいなとかそういうことがよぎることもありましたけど、とにかく喋るみたいに歌おうと。たとえば私のアリソンの「電話線」という歌は、車で走っている時、目に入る電話線の1本1本が通りすぎていく光景をそのまま口に出しながら、その合間に「父に何か言わなきゃ、言わなきゃ」と考えている歌なんです。そういうリアリティの表現というのはお芝居ではいつもやってるし、当たり前のことなんですけど、歌稽古を先にすることで、前後の感情とかけ離れてしまいがちになるんです。そこを埋めることが大事で、今回もそれをできればいいなと思っているのですが。そんなふうにミュージカルは初めてという小川さんの作品に出たことで、ミュージカルの原点というものを考えるきっかけになりました。

IMGL0321

──福田さんとの出会いも大きいと思いますが、『ヤングフランケンシュタイン』が初めての出会いですね。  
そこから続けて今回で3本目で、ドラマにまで出させていただいてます(笑)。福田さんは「ミュージカル大好き!」という方で、出演するたびにミュージカルの楽しみ方とかエンターテイメントの作り方を学ばせてもらっています。小川さんとはある意味真逆なのですが、でもこのお二人のおかげで、ミュージカルの根本、基本みたいなものを改めて考えさせていただくことになりました。
──小川さんが演じる基本を追求しているとしたら、福田さんは観客の目線を追求する演出家ですね。
お客様に絶対に楽しんで帰ってもらうということを大事にしていらっしゃるし、楽しませることにすごく情熱を注がれる方なんです。
──そこは宝塚時代のショーでの瀬奈さんを思い出します。お客様を楽しませることには徹底していましたね。
宝塚は二本立ての場合は必ずショーがついてますよね。お芝居では役で出てきますが、ショーでは瀬奈じゅんでお客様を楽しませなくてはいけない。役名のところに「踊る男」とか書いてあるのですが(笑)、「踊る男」の瀬奈じゅんとしてお客様に楽しんでいただく、そのために命を注いでいたんです。ただそういう「瀬奈じゅんはこうでなくてはならない」という意識が退団してからもしばらくは抜けなくて、苦しんだこともあります。
──退団してもう10年になりますね。すっかり女優が身についてきました。
男役10年と言いますけど、女優も10年かなと(笑)。でもまだまだわからないことが多いですし、それこそゴールのない世界ですし。
──50歳、60歳の瀬奈じゅんも楽しみです。
年相応の役者になりたいですね。息切れしないように地道に長く続けていきたいと思っています。

IMGL0259

家族がいるほうが
頑張れるんです

──その女優である瀬奈さんが、母親にもなったわけですが、やはり仕事も子供も両方とも瀬奈さんには必要だった?
私にとっては仕事をするうえでも家庭というものがすごく大事で、家族がいるほうが頑張れるんです。今回のミュージカルも、家族のために闘うとか、家族のために懸命になる人たちなので、共感できるところがいっぱいあります。
──お子さんを持ってからの1年半の仕事はすごく充実していて、モチベーションが上がっているのだろうなと拝見していました。
子供は特別養子縁組というかたちで授ったわけですが、その前の2年間は子作りのためにお休みをいただいてたんです。その時、この仕事は舞台に出続けていないと難しいだろうなと思ったし、他にも沢山できる方はいる、復帰しても需要はないかもしれないと覚悟しながら休みました。でもその2年間にさまざまな経験をしたことで、今、色々なジャンルのお仕事をいただけるようになりました。1回休んで自分をリセットしたから、今の自分があるのかなと思っているんです。
──その期間はたぶん落ち込んだり悩んだりしたと思いますが、そのことが女性として人として膨らみになっていると思います。
ただその期間はつらすぎてあまり記憶がないんです。今は自分の子供に出会えて幸せだし充実しているので、そんなことは吹っ飛んでしまいましたけれど。会う人にもハッピーオーラがすごいねとか言われて「え?子育てで疲れてるんだけど」って(笑)。思い通りに時間が使えないとか、熱があるから迎えに来てくださいとか、予定通りいかないことばかりで。でもそれが面白いと思えるようになりました。今、2年間を思い出すとき、やっぱり自分の子供が欲しかったとはこれっぽっちも思わないんです。ただ、この子は私が生んであげたかったなと、そのくらい可愛くてしかたないです。
──瀬奈さんとお子さんが出会うための2年間だったのでしょうね。そういう人生のひだを経験したことで、女優としても肩の力が抜けてさらに素敵になりました。宝塚ではトップスターで、退団してからは帝劇の真ん中をつとめて、もともと繊細な方でしたからプレッシャーも人一倍だっただろうなと。
たえずアンテナを張っていました。組のためにこうあらねばならないとか、周りは楽しんでくれているかな?とか。その経験から、主演のたいへんさにはつい敏感になってしまうので、どの作品に出ても主演の方が気持ち良くできるようにしたいなと思うんです。自分がそうしていただいてましたから。
──今は子育てとの両立も慣れましたか?
『ヤングフランケンシュタイン』の時がちょうど子育てのスタートで、育てながらの稽古とか本番に、ちょっとテンパっていました。初めての福田作品にも戸惑いながら(笑)。そこから1年経って、ペースも掴めてきましたし、主人も一緒に子育てしてくれるので心強いです。それに福田さんも家族をとても大事にされる方なので、今回もご一緒できてとても嬉しいです。
──そんな福田さんとともに作っている『サムシング・ロッテン!』への意気込みを、改めてぜひ。
どの方も才能あふれる魅力的な方々ばかりで、物語もとてもよくできていて、有名なミュージカルのナンバーもいっぱい出てきます。とても楽しい作品です。ミュージカルを大好きな方も、ミュージカルを知らない方も、絶対に楽しめると思います。ぜひ観にいらしてください。

IMGL0356
せなじゅん○東京都出身。1992年宝塚歌劇団に入団。05年から月組トップスターをつとめ09年退団。以後、女優として『エリザベート』『アンナ・カレーニナ』をはじめとするミュージカルやストレートプレイの主役をつとめ、また映像でも活躍中。2012年に菊田一夫演劇賞演劇賞、岩谷時子賞を受賞。近年の出演昨品は、舞台『エジソン最後の発明』『JunSena25th Anniversary concert』『ヤングフランケンシュタイン』『FUN HOME』『シティ・オブ・エンジェルズ』など。4月にはコンサート『トロワ・バイオレット』(宝塚バウホール)に出演する。またドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ)に出演中。

〈公演情報〉
CNI27265
 
ミュージカル『サムシング・ロッテン!』
作詞・作曲◇ウェイン・カークパトリック、ケイリー・カークパトリック
脚本◇ケイリー・カークパトリック、ジョン・オファレル
演出・上演台本◇福田雄一
出演◇中川晃教 西川貴教 瀬奈じゅん
平方元基 清水くるみ/橋本さとし ほか
●2018/12/17〜30◎東京 東京国際フォーラム ホールC
〈料金〉S席12,500円 A席9,500円 B席7,000円(全席指定・税込)    
●2019/1/11〜14◎大阪 オリックス劇場
〈料金〉平日:S席11,000円  A席8,000円  B席6,000円
    土日祝:S席11,500円  A席8,500円  B席6,500円
〈お問い合わせ〉キョードー東京 0570-550-799 (オペレーター平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00)

【取材・文/榊原和子 撮影/友澤綾乃】


『暗くなるまで待って』


kick shop nikkan engeki