『LULU』宣伝ビジュアル縦(撮影:宮田浩史)
撮影:宮田浩史 
 
演劇ユニットunrato(アン・ラト)は2019年3月、霧矢大夢主演でドイツの名作戯曲『LULU』を赤坂RED/THEAERで上演する。
 
『LULU』はドイツの劇作家フランク・ヴェデキントの『地霊』と『パンドラの箱』の二部作を一作品としてまとめた物語。今回はunratoのプロデュース公演として現代化し、主演は霧矢大夢、演出は小山ゆうなの初顔合わせでの上演となる。
霧矢大夢は元宝塚歌劇団月組トップスターで、退団後はミュージカルを中心に活躍中。『I DO! I DO!』(2014年)では読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。2019年1月にはミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』、6月にはミュージカル『ピピン』の出演を控えている。
演出の小山は昨年の舞台『チック』で読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した注目の演出家で、今回は小山の曾祖父である楠山正雄の翻訳を元に、上演台本も手掛ける。

主人公・ルルは“ファムファタル”の代表とされているが、自分を隠さず素直に生きる勇気を持ち、かつ行動した女性ではないだろうか。男性に翻弄される女性ではなく、また男性を翻弄する女性でもなく、あくまでも自分に忠実に生きた知的で魅力的で自由な女性として現代によみがえらせたいという解釈で上演される。
 
〈公演情報〉
『LULU』 
作◇フランク・ヴェデキント 
翻訳◇楠山正雄 
上演台本・演出◇小山ゆうな 
出演◇霧矢大夢、ほか
●2019/3/2〜10◎赤坂RED/THEAER
(2/28・3/1プレビュー公演)
〈チケット発売開始〉 2018年12月下旬予定(詳細は後日発表)





『暗くなるまで待って』


kick shop nikkan engeki