main_クレジットあり

ライトノベル作家・茅田砂胡の代表作であり、冒険ファンタジー小説として人気の「デルフィニア戦記」の舞台化第二弾、『デルフィニア戦記〜動乱の序章〜』が、12月8日から13日まで、東京・渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールで上演される。
 
原作の「デルフィニア戦記」は、今年デビュー25周年を迎えたライトノベル作家・茅田砂胡の代表作であり、冒険ファンタジー小説。1993年に中央公論社(現:中央公論新社)C★NOVELSよりシリーズの第1巻となる「放浪の戦士」が刊行され、以後シリーズ累計で320万部を突破する人気を博している。
2017年1月には、児玉明子の演出・脚本により、天王洲 銀河劇場にて舞台『デルフィニア戦記〜第一章〜』を初演。デルフィニアの王位を追われて放浪していたウォルが、異世界から落ちてきた謎の少女・リィと出逢い、助力を得て奇跡的に玉座を奪還するという「放浪の戦士」編を舞台化、不可能とまで言われた壮大な世界観の表現に見事に成功して大評判となった。
第二弾となる本作は「動乱の序章」、演出・脚本は引き続き児玉明子が担当。壮大な冒険ファンタジーの世界観をさらに深めて立ち上げる。
物語は前作から3年後、国王として国政を取り仕切るウォル。国王の養女として迎えられ16歳となってますます美しさと強さに磨きをかけた王女リィ。そして原作ファンから圧倒的な支持を集め、後にリィのパートナーとして活躍することになるシェラ、この3人を中心に描かれる。

今回、国王ウォルに扮するのは、本作が単独初主演となる松崎祐介(ふぉ〜ゆ〜)。これまで『Endless SHOCK』や『滝沢演舞城』、『PLAYZONE』など数々の舞台に出演。ふぉ〜ゆ〜としては2015年に舞台『壊れた恋の羅針盤』で初主演を果たし、以降継続的に舞台に立ち続けている松崎が、ついに単独で主演を飾る。
デルフィニア王国の王女となったリィ役を、佃井皆美が前作から続投となり、卓越した鮮やかなアクションで、超越的な戦闘力を持つリィを体現する。
ウォルを慕う従兄弟・バルロ役に、『弱虫ペダル』やミュージカル『ファントム』『グランドホテル』などで好演を見せた若手実力派・大山真志が演じる。
バルロの親友であり、美技と謳われる剣術使いのナシアス役を石田隼が、ウォルの幼馴染・イヴン役を横井翔二郎がつとめる。ウォルの失脚を図るバルロの叔父・マグダネル役を伊藤高史が、デルフィニア王室の女官長を務めるカリン役を宝塚出身の美郷真也が、そして王国の宰相・ブルクス役には前作から引き続き大原康裕が演じる。
さらに、暗殺集団・ファロット一族の腕利きであるヴァンツァー役には、『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」シリーズで人気を博した小松準弥。またシリーズ屈指の人気を誇るキャラクター・シェラがいよいよ登場、可憐な容姿に高い身体能力を持ち、身分を偽ってリィに仕える侍女となる謎多き存在を、様々な舞台で活躍中の林翔太(ジャニーズJr.)が演じる。
そして秋本奈緒美がウォルを陥れようと狙う叔母・アエラ役と魔法街に住むおばば役の二役を担い、冒険の物語に深みと奥行きを与える。
注目度の高い若手と、熟練のベテランキャストが織りなすデルフィニア王国の壮大な物語に期待が高まる。 

〈公演情報〉
舞台『デルフィニア戦記〜動乱の序章〜』
原作◇茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)
演出・脚本◇児玉明子
出演◇
松崎祐介(ふぉ〜ゆ〜) 佃井皆美 大山真志 
石田 隼 横井翔二郎 
伊藤高史 美郷真也 大原康裕
小松準弥 林 翔太(ジャニーズJr.) 秋本奈緒美
梅津瑞樹、大澤信児、小塚亮輔、五味良介、佐渡山貴仁、寺田新吾、本多剛幸、宮川康裕
●12/8〜13◎渋谷区文化総合センター大和田4階 さくらホール
〈料金〉S席9,800円 A席7,800円(全席指定・税込)
〈公式サイト〉https://www.delfinianwar.com/
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
  

c茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)・ 舞台「デルフィニア戦記」製作委員会2018





ポイントプレゼント実施中


kick shop nikkan engeki