_L3A0425

今年6月までTV放送され話題を呼んだオリジナルアニメーション『刀使ノ巫女』(監督:柿本広大、シリーズ構成:盒粁玉蕁▲ャラクター原案:しずまよしのり)。その初の舞台化となるAiiA presents' 舞台『刀使ノ巫女』が、11月10日〜14日天王洲 銀河劇場で上演される。
 
「女子中高生×日本刀」をコンセプトに刀使(とじ)と呼ばれる女子生徒たちと、異形の存在「荒魂」との戦いを描いた歌あり、バトルアクションありの作品で、刀使の少女たちを「SKE48 Passion For You〜愛と情熱は世界を救う〜」の連動企画として、リクエストランキングの上位になったSKE48メンバー5人が演じ、宝塚歌劇団OGの美羽あさひ、大湖せしるが共演することでも話題となっている。
 
そんな舞台で、主人公・衛藤可奈美の親友・柳瀬舞衣(やなせまい)を演じる北川愛乃。そして任務に忠実でありつつ、他者とのコミュニケーションを苦手とする糸見沙耶香(いとみさやか)役を演じる竹内彩姫。2人が公演への意気込み、また互いの魅力を語り合ってくれた。


_L3A0419
北川愛乃 竹内彩姫

魅力的なアニメから生まれた
カッコ良い舞台

──作品に感じている魅力から教えてください。
竹内 私は歴史がとても好きで、小さい頃から歴史に関する本はたくさん読んできたんです。ですから自分が実際に日本刀を持って演技をできるなんて!と感動しましたし、このタイミングで日本刀に関わることができてとても嬉しいです。またこの舞台には、ファンの方に投票で選んでいただいて出演できるようになったので、ファンの方への感謝の気持ちを持って頑張っていきたいです。
北川 私は元々アニメが好きで可愛い女の子が出てくるお話も大好きなんです。このアニメを観て、そんな可愛い女の子がカッコ良く戦う姿に魅了されて、夢を与えてもらえたし、ときめきも感じたので、舞台に出させていただけるのが嬉しいです。私が感じたようなときめきを舞台からお届けできたら良いなと思っています。彩姫さんもおっしゃったように、皆さんに選んでいただいてこの舞台に立てることになったので、私自身にとっては3回目の舞台なのですが、これまで以上に気合いが入っています。
──演じるキャラクターについてはどうですか?
北川 私は柳瀬舞衣役を演じさせていただくのですが、物語の中で癒し系の存在だと思うので、台詞を言う時もちょっとゆっくり話すなどして、可愛さを大切に演じていきたいなと思っています。物語が進むにつれて、舞衣ちゃんも成長していくのが台本からも感じられるので、その部分も大切にしていきたいです。
竹内 糸見沙耶香役を演じさせていただきますが、沙耶香ちゃんは身長も私と同じくらいで、血液型も一緒なので、結構同じ部分もあるのではないかと思っていたのですが、より深く性格を知っていくと、自分を出さない子なんですね。高津学長からの任務をとても忠実にこなす子で。大人数でワイワイするのが好きな私と、学長としか行動しない沙耶香ちゃんとは、かなりの部分で真逆だなと。そういう沙耶香ちゃんを演じることで、私の新しい面を見ていただけるのではないかと思います。それから私はこのお仕事の中でショートヘアにしたことがないし、髪を染めたこともなかったのですが、今回の役は白髪にショートヘアなので、普段の私とは違った見た目のギャップも楽しんでいただけたらいいなと思います。
 
_L3A0335

両親に「最初はわからなかった」
と言われて(笑)

──お二人の役柄は交流がありますね。
竹内 はい、あります。沙耶香ちゃんは学長以外にはあまり心を開いていなかったのですが、舞衣ちゃんと出会ったことによって変わっていく。舞衣ちゃんによって自分を出せるようになっていくので。実生活では私が先輩なのですが、この舞台では後輩を演じるので、役に成りきらないと!と思っています。「先輩!」って呼びかけるのがね (笑)。
北川 そうなんです! SKE48では彩姫さんが先輩の6期生で、私は8期生なのですが、入った年数で言うと5年以上離れているんです。しかも私は人見知りでガツガツ行けないタイプなので、いつも彩姫さんに引っ張っていただいているんです。普段と役の関係性が全く真逆なので難しい部分もあるのですが、ご飯に連れていってくださったり、私がやりやすいように彩姫さんが気遣ってくださるので、演技もしやすくなっています。
──ではお互いに新鮮な感覚も?
竹内 そうですね。この舞台に一緒に選ばれたからこそ、これまでよりもずっと話すようになりました。SKE48は大所帯なので、今までは仲間の中の1人でしたが、この舞台に出ることでとても親しい間柄になれたのは、投票してくれたファンの方のおかげでもあるなぁと感謝しています。
──キャラクタービジュアルの写真もとても素敵ですね。
竹内 自分では「これが私」とわかっているので、「ヘアメイクでこんなに変わるんだな」と思いながら見ていたのですが、家族はどれが私かわからなかったみたいで!(笑)「娘だよ!?」ってツッコんだんですけど(笑)。両親は「最初はわからなかった」と言っていて、祖父に至っては「本当にいるのか?」と(爆笑)。そうしたら握手会でファンの方からも、「ゴメン!ずっと推してきたけど、どれだかわからなかった」と言われて、「そんなことある?」と思って(笑)。でもそのくらい違う一面を引き出してもらえたのは、ヘアメイクや美術の方の技術の賜物で、その凄さに驚きました。
北川 私はアニメを観ていて、舞衣ちゃんのことを本当に可愛いなと思っていたので、本当に私にできるのかな?と不安が大きかったのですが、メイクさんが髪の毛1本にまで拘って表現してくださったので、とても嬉しかったです。出来上がったものを見て、少しは舞衣ちゃんに近づけたかなと思いました。

_L3A0353
 
演技面やプロ意識の高さに
刺激を受ける稽古場

──殺陣のお稽古はいかがですか?
竹内 私達は普段でも歌ったり踊ったりはしているのですが、殺陣となると使う筋肉が違うようで、いつもとは別のところが筋肉痛になっています。でもこの経験は今後にもつながると思いますし、歴史好きとしては出てくる名前だけでも楽しいので(笑)、もしこの作品をご存知なくても歴史が好きな人だったら観ていて楽しいと思います。
北川 殺陣のお稽古はまだ数少ないのですが、さっきもキャストの方に見せ方を教えていただいて、やはりカッコよさが全然違うなと。この舞台は殺陣がとても重要ですから、ひとつひとつの所作がカッコ良く見えるように研究していきたいです。
──アイドルとしてのライブ活動と、役を演じる舞台作品の魅力の違いはいかがですか?
竹内 違う仲間ができた感じです。普段SKE48のライブでは引っ張っていく立場なのですが、この舞台では演技の先輩の方がたくさんいらっしゃるので、その中に入れていただけたのも光栄ですし、これだけで終わるのがもったいないと思うくらい素敵な方達ばかりなので、お互いの仲を深めていきたいです。
北川 私も普段はSKE48としての活動をしているので、こういう舞台に出演させていただくことで、演技面でもすごく勉強になりますし、休憩時間もずっと自主練されている方達がたくさんいらして、プロ意識の高さからも学ぶものがたくさんあります。彩姫さんもおっしゃったように、折角この舞台に出演させていただくので、この機会に人見知りを克服して、色々な方と関わっていきたいです。
──学長役との絡みも多いということですが、元宝塚の美羽あさひさん、大湖せしるさんとの共演はいかがですか?
竹内 私は演技経験がまだとても浅いので、プロフェッショナルな「元宝塚の方」と伺っただけで背筋が伸びる思いでしたから、そんな方と一番関わりの多い役ということで、「どうしよう!」と最初はとても緊張しました。でもお会いしたらとっても優しくて、沙耶香は厳しくされて育つという役なのですが、演技が終わった途端にせしるさんが「ごめんね、怖かった?」と声をかけてくださって、「なんて良い方なんだろう」と。優しさに溢れた方々なので、今ではこちらからもお話にいけるようになって、とっても嬉しいですし光栄です。
北川 お稽古がまだ浅い状態で、私は台詞も入っていないし、役もつかめていない段階なのに、既にお二人は完璧で!本当にすごいなと思います。


_L3A0354

殺陣とお芝居はもちろん
歌ありダンスありの親しみやすい舞台

──お互いの普段の関係性はどんなものですか?
竹内 はじめに彼女がSKE48に入ってきた頃は、髪が長いなという印象でした。「先輩、先輩」とくるタイプではなかったので、関わることはそれほど多くなかったのですが「真面目な子」というのは、メンバーからもファンの方からもずっと聞いていました。そのイメージをずっと持っていたんですが、こうして同じ作品でお稽古したり、ご飯にいったりしていたら、実際はすごくポンコツで(爆笑)。有り得ないようなことをするんです!バッと見ただけで熱いってわかりきっているものを、無防備に触って「熱い!」って騒いだりとか(笑)。真面目、真面目と聞いていたので、全てにおいてしっかりしているイメージだったんですが、こんなに天然な子だったのか!という驚きがあって可愛いです。きっとこの天然な部分がファンの方にも愛されているんだと思いますし、この舞台を通してまた違う一面が見えてくるんじゃないかと楽しみです。
北川 私がSKE48に入って間もない時に、初めてのラジオの収録があって。名古屋から岐阜県まで行かないといけなくて、道中も長かったしとても緊張していたのですが、彩姫さんが緊張をほぐしてくださって。
竹内 ラジオでは伝えられないので、ちゃんと仲良くならないと楽しさを伝えられないなと思ったので、コミュニケーションを取らなきゃ!と必死だったんですが、それにちゃんと応えてくれる子だったし、仕事の面でもやりやすいなとすごく思いました。
北川 私は、ラジオでは伝わらないということが当時はわからなかったので、教えていただけたのがありがたかったです。それは今も変わらなくて、本当に色々なことを教えてくださる親しみやすい先輩です。
竹内 私は同期生の中では最年少で、後輩たちと年齢が近いんです。憧れの先輩がいることもとても良いことだと思いますが、後輩が友達感覚で接することができる先輩も必要かなと思っていて、自分がそういうポジションになれたらと思っているので、親しみやすいと言ってもらえるのはとても嬉しいです。

_L3A0340
 
──お二人が良い関係でこの舞台を創っていくのを楽しみにしています。では改めて舞台『刀使ノ巫女』を楽しみにしているお客様にメッセージをお願いします。
竹内 SKE48のファンの方には普段とは全く違う私達を観て頂けると思います。同時に、殺陣とお芝居はもちろんですが、歌ありダンスありの舞台なので、普段私達のライブを観てくださっている方には、親しみやすい舞台になっていると思います。原作ファンの方達がどう観てくださるかという不安もありますが、その方達にも楽しんでいただけるよう私達も必死で頑張りますので、是非劇場にいらしてください!
北川 アニメを元々知ってくださっている方はもちろん、舞台を観て初めて『刀使ノ巫女』を知ってくださる方にも、この作品を好きになって欲しいです。私達の舞台がこの作品の入り口になってくれたら嬉しいですし、そうして輪が広がっていって、今回の舞台だけではなくて、続編の舞台もできるようになったら良いなと思っています。
竹内 今は共演者の方々に圧倒される日々ですが、その状況も楽しめるように努力していきます!劇場でお待ちしています!

_L3A0432
北川愛乃 竹内彩姫

きたがわよしの〇大阪府出身。2016年、SKE48の8期生としてお披露目。17年、正規メンバーへの昇格とチームS所属が発表され、活躍を続けている。2018年5月に堤幸彦演出の舞台、劇団れなっち公演『ロミオとジュリエット』で「ばあや役」を演じた。

たけうちさき〇愛知県出身。2013年、SKE48の6期生として活動開始。15年チームKIIに昇格。16年「金の愛、銀の愛」でSKE48のシングル曲で、初の選抜メンバーとなるなど、躍進を続けている。

〈公演情報〉
main visual
 
AiiA presents' 舞台『刀使ノ巫女』
原作◇「刀使ノ巫女」
脚本・演出◇赤澤ムック  
音楽◇ 楠瀬拓哉&月蝕會議    
振付◇U★G
出演◇斉藤真木子(SKE48) 谷真理佳(SKE48) 北川愛乃(SKE48) 竹内彩姫(SKE48) 桑江咲菜 長谷川里桃/
北川綾巴(SKE48) 谷口莉緒 門田奈菜 愛わなび 百音/
春川芽生 美羽あさひ 大湖せしる/
陰山泰
●11/10〜14◎天王洲 銀河劇場
〈料金〉8,800円(前売・当日共/全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉 サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
〈公式Twitter〉@toji_stage
 
(C)伍箇伝計画/刀使ノ巫女製作委員会 
(C)舞台『刀使ノ巫女』



【取材・文/橘涼香 撮影/山崎伸康】


チケット半額セール実施中


kick shop nikkan engeki