安倍晴明_組写
 梅若実玄祥、野村萬斎、大空ゆうひ
 
本年9月に新宿文化センターにて上演し、野村萬斎によるイリュージョンなどを起用した演出で話題を集めた現代能『陰陽師 安倍晴明』が、2019年1月9日と10日に、中野サンプラザにて追加公演を開催する。
前回と同キャストの梅若実玄祥、野村萬斎、大空ゆうひによる迫力ある絡み合いが展開される。
 
現代能「安倍晴明」は、原作者は映画監督の吉田喜重で、平成13年サントリーホールにて初演以来、海外公演を含み20回以上の公演を行い、新作能としては新しい未来への可能性ある作品として注目を集めた。この原作を基に新たに藤間勘十郎が補綴、野村萬斎が演出した現代能『陰陽師 安倍晴明』が誕生。晴明を中心とした葛葉、道満の対決など三者の絡み合いが演じられる。
 
【あらすじ】
時は平安の御世。
朱雀帝は宮中に今話題の陰陽師、安倍晴明と葦屋道満を呼び出し、術比べの催しを行います。その勝負に負けた葦屋道満は安倍晴明を恨み、晴明の父・安倍保名の許嫁で時の勢力争いに巻き込まれ非業の死を遂げた 榊の前 の霊を蘇らせます。
そこで道満は、榊の前亡き後、安倍保名は葛葉姫(実は狐の精)と夫婦になり晴明が生まれたことを告げ、狐の化身・葛葉姫と契り、子をもうけた保名への嫉妬の念を晴明に向けさせます。道満の企みをいち早く察した晴明でしたが、彼の前に現れたのは…
女の嫉妬、母の愛、様々なかたちで晴明を苦しめる榊の前。その背後で鬼とも化した葦屋道満。晴明と道満の戦いがはじまります。

【おもな出演者と配役】
葦屋道満/梅若実玄祥(能楽シテ方観世流・人間国宝)
安倍晴明/野村萬斎(能楽狂言方和泉流)
葛葉姫・榊の前/大空ゆうひ(女優・元宝塚歌劇団宙組トップスター)
舎人/高野和憲、月崎晴夫
晴明の武神/初姫さあや、琴音和葉、花柳まり草、花陽みく、西尾萌  ほか

〈公演情報〉
現代能『陰陽師 安倍晴明』〜晴明  隠された謎・・・〜
●2019/1/9・10◎中野サンプラザ ホール
監修◇梅若実玄祥
原作◇吉田喜重
脚本補綴◇藤間勘十郎
演出◇野村萬斎
振付◇藤間勘十郎 
出演◇梅若実玄祥 野村萬斎 大空ゆうひ 
高野和憲 月崎晴夫 初姫さあや 琴音和葉 花柳まり草 花陽みく 西尾萌 ほか
〈料金〉S席10,000円 A席8,000円 B席6,000(全席指定・税込)
〈チケット発売日〉2018年11月10日(土)AM10:00〜
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日 10:00〜18:00)
梅若会HP 
https://blog.goo.ne.jp/umewakakai_info/e/9be4af4272b06d41d41c39b55090526f






暗くなるまで待って


kick shop nikkan engeki