main-2

松本白鸚が主演・演出を務めるミュージカル『ラ・マンチャの男』が、2019年9月に大阪、仙台、名古屋、10月に東京・帝国劇場で上演されることが決まった。

『ラ・マンチャの男』は、聖書に次いで世界的に読まれているスペインの国民的小説「ドン・キホーテ」を原作としたミュージカルで1965年にブロードウェイ初演。翌年のトニー賞ではミュージカル作品賞を含む計5部門を受賞。
日本では1969年の初演より松本白鸚が主演し、翌70年にはブロードウェイからの招待を受けて、マーチンベック劇場にて全編英語で現地の役者と渡り合い、計60ステージに立った。その後、今日までの上演回数は1,265回にのぼる。

今回の『ラ・マンチャの男』では、白鸚演じるドン・キホーテが想い姫と慕うアルドンザ役に、2009年に宝塚歌劇団を退団後、数々の大作ミュージカルに出演、2012年には「第37回 菊田一夫演劇賞」「第3回 岩谷時子・奨励賞」を受賞した瀬奈じゅんが初めてこの舞台に挑む。また、サンチョにはこれが当たり役の駒田一、アントニアは松原凜子が抜擢された。そのほか神父・石鍋多加史、家政婦・荒井洸子、床屋・祖父江進、カラスコ・宮川浩、牢名主・上條恒彦など、この作品ではお馴染みのキャストも顔を揃えている。

【松本白鸚コメント】
1969年の帝国劇場での初演以来50年、来年2019年の喜寿に『ラ・マンチャの男』をまた演じることが出来るのは、唯々「感無量」のひとことに尽きます。決して煌びやかで明るくなく、寧ろ暗く重い哲学的な内容の『ラ・マンチャの男』が半世紀を経てもお客様に支持を頂けることは、私にとっては、まるで奇跡の様に思われます。

〈公演情報〉
日本初演50周年記念公演
ミュージカル『ラ・マンチャの男』
脚本◇デール・ワッサーマン
作詞◇ジョオ・ダリオン
音楽◇ミッチ・リー
振付・演出◇エディ・ロール(日本初演)
演出◇松本白鸚
出演◇ 松本白鸚 瀬奈じゅん
駒田一 松原凜子 石鍋多加史 荒井洸子 祖父江進 宮川浩 上條恒彦
鈴木良一 ICCOU 大塚雅夫 真田慶子 白木美貴子 北川理恵 ほか
●2019年9月◎大阪、仙台、名古屋
●2019年10月◎東京 帝国劇場
https://www.tohostage.com/lamancha/index.html





全商品対象!30%ポイント還元セール!
kick shop nikkan engeki