IMGL6849

歌やドラマや舞台で様々な挑戦を重ねてきた観月ありさが発起人となり、昨年12月に誕生した“座・ALISA”。名作や名曲を軸に、今を生きる女性たちに勇気と感動を伝えたいという思いのもと、歌・ドラマ仕立ての構成で綴られるシリーズだ。その第2弾となる『キセキのうた』〜私たちの「今」を歌おう〜が、8月26日〜9月3日渋谷のセルリアンタワー能楽堂で上演される(のち、大阪、愛知での公演もあり)。
 
今回は「40代女性にエールを贈りたい」という構想で、松任谷由実の楽曲を全体に散りばめ、かつてボーカルユニットとして歌い、それぞれの人生を歩んでいた3人の女性たちが、共通の友人の死をきっかけに再び出会い、新たな1歩を踏み出すまでが、歌、Reading、ダンスを交えたエンターテインメントのステージで描かれていく。
 
その舞台を観月ありさと共に務めるのが、元宝塚歌劇団トップスターの湖月わたると春野寿美礼。ちょうど同時期に星組と花組でトップスターを務め、退団後も多くの舞台で共演してきた二人だが、40代の女性という等身大の役柄で舞台に立つのは極めて珍しく、新たな二人の表情、関係性が観られるという意味でも、今回の舞台は貴重な機会となる。
そんな湖月と春野が、東京での上演場所であるセルリアンタワー能楽堂の舞台や、作品と役柄のこと。また、座長の観月ありさや、それぞれの宝塚時代から今につながる印象を語り合ってくれた。

IMGL6832

神聖な能楽堂で
憧れの女性ユニットを組んで

──歌もふんだんにあるリーディングドラマを能楽堂でということで、非常に面白い試みの舞台ですが、製作発表会見で能楽堂の舞台に立ってみていかがでしたか?
湖月 最初に能楽堂さんでとお話を聞いた時には「この作品を?」という驚きもありましたし、能楽堂さんには観客としては伺っていましたけれども、まさか舞台に立たせて頂くことになるとは、と緊張していました。でも実際に衣装を着て舞台に立たせて頂いたらとても居心地良くて。やはり神聖な場所ですし、芸の神様が守ってくださっている、包まれている場所だと感じました、心を込めて務めたいと思います。
春野 私は能楽堂に足を踏み入れるのは今日が初めてです。その上で実際にパフォーマンスをさせて頂いている時は、和の空気と、上質な木に包まれている独特な感覚を味わいました。
湖月 響きもすごく良かったしね。
春野 背筋が伸びるというか、舞台に立つ姿勢が正される、良い意味の緊張感と居心地の良さを感じました。
──「座・ALISA」への出演オファーがあった時はどう感じられましたか?
湖月 ありささんが昨年末、「座・ALISA」を旗揚げされた時にコメントを贈らせて頂いたのですが、やはりこうしてエンターテイメントを作っていくというのは大変なエネルギーが必要だと思いますし、お客様に楽しんで頂けるものを提供したいという思いが漲っていらっしゃるのを感じていたので、いつか出させて頂きたいと思っていました。それが早速第二弾にお声がけ頂けて、とても嬉しかったです。しかも「ドリームガールズ」ということで、ユニットって憧れなかった?「キャンディーズ」とか「ピンクレディー」とか。
春野 憧れました!
湖月 姉妹で真似したりっていう思い出がある方も多いと思うんだけど、私は男兄弟二人だったので「イモ欽トリオ」だったのよ!(笑)だから綺麗なお衣装で、女性だけのユニットってすごく憧れだった上に、オサちゃん(春野)と一緒という事で「こんな事が起こるんだ!」とすごく嬉しかったです。リーディングコンサートというだけではなく、これだけ歌も交えてユニットも組む、素敵な企画に呼んで頂いて本当に光栄です。
春野 私は本当にリーディングのみだと思っていました。ところが松任谷由実さんの楽曲を使いダンスもあると聞いて一気に不安が押し寄せてきました。観月ありささんは今回初めてお会いしましたが、とても素敵な方です。そんな方とユニットを組むというので、もう不安で、不安で仕方ありません。わたるさんとはここ最近共演させて頂くことも多く、その度に座長として大黒柱になってくださっていたので、わたるさんの存在で安心できる気持ちはあります。でもそこに甘え過ぎずに、一人の女優としてしっかり作品に貢献できるように頑張りたいと思います。

IMGL6774

それぞれの来し方が
重ねられた等身大の役柄

──そんな観月ありささんの魅力をどう感じますか?
湖月 やはり長年に渡って、主演作を何年も連続でされていて、本当にお忙しいスケジュールの中にも関わらず、一切疲れた顔をお見せにならないんです。ドラマの撮影で「京都に衣装合わせに…」とかサラッとおっしゃって。この猛暑の中「えっ?京都ですか?」「そうなの、暑かったの」とか、もうね。
春野 なんでもないことのようにお話しされます。
湖月 多忙なスケジュールをこなしながらこのお仕事をされているのに、少しも大変だとは周りに気づかせない。プロとしての培って来たもののエネルギーを感じます。あとは気配りがとても細やかで。
春野 そうなんですよ。私はお目にかかってからまだ数日ですが、最初にお会いした時、緊張していた私にありささんの方から自然に歩み寄ってきてくださって、「よろしくお願いします」と言って深々と頭を下げられたのです! そんな風に人を敬う気持ちがありささんの言葉の端々にも表れていて、外見だけではなく人間性も素晴らしい方なんだと思いました。そんなありささんにしっかりついていきたい、微力ながら支えさせて頂きたいと思いました。
──演じる役柄についてはいかがですか?
湖月 私たち三人それぞれが歩いている人生を、投影してくださった作品になっていて。歌手としてユニットで歌っていた三人が、解散してそれぞれの道を歩いていた中で、ある友人の死をきっかけにまた集まって「もう一度歌おう」という想いに至るお話なんですが、私は一度ユニットが解散したあとも、歌い続ける人生を選んでいるという役どころです。同じ目的に向かって夢を追いかけた仲間っていうのは、例えひと時離れていたとしても、永遠に繋がっているものがあるんだというのは、私とオサちゃんがまさにそうで。同じところでやって来た人間というのはやっぱり永遠の絆があって、いざとなればパッと集まれるということに実感があります。それはこういうお仕事だけではなく、皆さんそれぞれの人間関係の中にもきっとあることだと思いますし、やりたい事がある、続けたい事があるって素敵な事ですよね。やっぱり人って何かにときめいていたいし、何かにやりがいを見つけて一生懸命生きたいという想いは誰しもが持っていると思います。そういうメッセージ性がユーミンさんの歌の中にもたくさん込められていて。特に今回改めて台本の中で、活字になっているユーミンさんの歌詞を読んだら、「こんなに深い意味があったのか」と気づくことが多いです。それは私が年齢や経験を重ねたからこそ、更に感じられるものでもあると思うので、ユーミンさんの歌の魅力をきちんとお届けできたらなと思っています。
春野 私の役は、ユニットで活動をしてる時に「結婚をしたい」と言い出して、それによってユニットが解散するきっかけを作ってしまった人物なんですが、再会したあと「もう一回三人で以前のように歌えないかな?」と言い出す勝手な人なんです(笑)。
湖月 ううん、こういう人が必要なんです!人生ドラマには(笑)。
春野 私自身も宝塚を退団した時に「もうこの仕事はやらない」と言って去って行った人間なので(笑)。
湖月 「やらない」と言ったのに!(笑)。台本と同じ(笑)。だからこの脚本すごいよね。オサちゃんのエピソードもちゃんとご存知で書かれているのかな?
春野 どうなんでしょう?だけどまたこうやって戻って来たのは、私の中に「歌いたい」という気持ちや、皆で舞台を作ることが、自分にとって生きがいなんだということが、違う生活をしてみて改めてわかったのです。実際にそれを自分の人生の中で経験しているので、今回の台本に書かれているセリフで、共感できるものがたくさんあります。その自分の経験を最大限生かして、役と作品に投影して行きたいと思います。今色々な悩みを抱えている方達は大勢いらっしゃると思うし、そんな方達に、何か新たに挑戦して頂いたり、距離を置いて遠く離れてしまっているものをもう一度取り戻そうとする、そんなきっかけになるように演じられたらと思っています。

IMGL6803

印象的だった宝塚歌劇90周年の
舞台での共演

──折角の機会ですので、お二人の宝塚時代も振り返って頂きたいのですが、同じ時期にトップスターとして過ごされた間柄ですよね。
湖月 私たちがトップを務めさせて頂いたのが、宝塚歌劇創立90周年の頃で、オサちゃん率いる花組公演に、各組のトップコンビが特別出演させて頂いたことがあって。
春野 90周年の幕開けの公演でした!
湖月 大劇場だけの特別出演だったんですけど、オサちゃんは舞台に上がるとスイッチが入るんですよ。これオサちゃんにはいつも言っているんだけど、この普段のオサちゃんからは決して見られない顔があるの。あの公演で、男役同士で踊るところがあったの覚えてない?
春野 覚えています!
湖月 その時の「これだ」って言う感覚が忘れられない。客席から見ているのと、やっぱり舞台上で実際にお互いがスイッチを入れて向き合うのとは違った、タカラヅカスペシャル等のイベントではそういうシーンが無かったので、あそこで オサちゃんの男役の美学を感じられて、あの特別出演はすごく印象的だった。あとは歌が素晴らしいのは勿論なんですけれど、独特の世界観をまとっていて、空間を支配する人ですね。
春野 わたるさんにスイッチのことを言われた時には、ちょっと驚きました。自分でも楽屋にいる自分と舞台にいる自分の、精神的なものが全く違うのはわかっていました。でも、それを言葉にして言われたのはわたるさん初めてでした。
湖月 本当に?いや、みんな思っていたと思うよ!
春野 わたるさんの言葉をきっかけに自分を俯瞰して見るようになって「ああ、今入ってるな私」って(笑)。「あぁ、これか」と、その時から、もう一人の自分が自分を見ているような感覚を覚えました。改めて自分を発見させて頂けた言葉だったのでありがたかったですね。私から見たわたるさんは、宝塚男役の頃も今も、存在そのものが大きい方です。包み込んでくださる、優しさ、暖かさ、明るさ、私に無いものをすべて持っていらっしゃる方です。だから同じ時代に横に並ばせて頂いていても、とても近づけないと思っていました。
湖月 えっ?そんなことない!
春野 いえいえ、近づけないです。同じトップだったとしても、私にとって、わたるさんは眩しすぎる方でしたから。
湖月 本当にそんな風に思ってくれていたの?ええ、それびっくり(笑)。
──確かに客席から拝見していても好対照なトップスターさんでしたよね。太陽のような明るさと月のような神秘性という。
湖月 その神秘的に憧れてたのよ、私は!「ミステリアスだわ〜、あの瞳は何を物語ってるのか」と(笑)。神秘性って私には多分無いものだったから、余計に惹かれて。
春野 私もわたるさんのようにダイナミックに踊れたら、どれだけ楽しいだろうって何度思ったことか!
湖月 だから退団後の話になりますけど、『エリザベートガラコンサート』で、オサちゃんがトートで私がルキーニという、在団中には叶わなかったことをさせて頂けたのも、新鮮で楽しかったね。
春野 楽しかったです!

IMGL6828

女優としてのお互いの
進化に刺激を受けて

──退団後、女優同士、宝塚OG同士として共演されることも多いお二人ですが、新たに見つかったものはありますか?
湖月 プロ意識を強く感じます。結婚されてお子さんもいらして犬もいてご主人もいて。
春野 犬もご主人も!そこ、みんな一緒なんですね!(笑)
湖月 みんな一緒(笑)。そういう家族の中でお仕事するってとても大変な事だと思うんですよ。でも、昨年末『Pukul(プクル)』という作品にゲスト出演してくれた時、ゲストではなくレギュラーじゃないかっていうくらいお稽古も大変だったのですが、稽古場での集中の仕方がすごくて。「覚えてくる」という作業は、やっぱり家でどれだけやってくるかにかかってくると思うんですが、そこに家族がいて、物理的にも時間を大きくとられているだろうことを決して言い訳にしない。集中して見せてくれるパフォーマンスが素晴らしいので、すごく刺激を受けてます。最近はね、朝起きると「あぁ、オサちゃんはもう犬の散歩に行ってるのかな」とか(笑)、「今日の稽古の前に子供さんは預けられたのかな」とか、そんなことがいつも気になります。
春野 そんなに気にかけて頂いて嬉しいです。わたるさんは、私だけでなく、皆にそういう気配りができる方で。スタッフさん含め、個別に周りの方のケアをしてくださるのです。在団中は自分も同じ立場にありましたが、周りを見ている余裕なんてありませんでした。わたるさんは自分のこともやりつつ周りの皆さんのケアもしてくれて、本来人には見せていないところもちゃんとわかってくださる方です。そんなわたるさんがいてくださるから、私も集中出来ているんです。それから、退団してから私が一番すごいと思ったのは、わたるさんはダンスの方だとずっと思っていましたが、今やすごく高い綺麗な声を出されて歌うシンガーなのです!
湖月 いや〜、でも時間かかったよ。私は元々声が高いのに、男役時代に低い声を作って作って歌ってきていたから、本来の自分の声を見つける作業には、とても時間がかかったの。今、やっとなんとなく素直に「自分の声ってこれだな」というのが見つけられたというか。
春野 とても可愛い綺麗な声ですよね!女優さんとして、役の幅も広がり、ショー等でも色々な役をやられていて。
湖月 この間の『ショー・ストッパーズ!』は自分でも挑戦したいと思っていた分野に、ついに行けたの。ハイソプラノの親心を歌った歌とか、色々な曲があったから、やりがいがすごくあった。
春野 素晴らしい表現力だ!と思いました。
──男役から女優になる時の難しさは、皆さんからお聞きします。
湖月 皆言っていますか?良かった、それ聞くと安心する(笑)。でも、ある意味楽しいよね。若い頃大好きで身につけた、身体で覚えてしまったことって、なかなか抜けにくいんだけど、やっぱり長い人生の中で、今度は女優としてという、同じ舞台に立つ仕事でありつつも自分の身体や表現が変化していく、新しい事に挑戦できるっていうのは楽しいです。
春野 わたるさんはそういう表現の変化を、本当に苦労ではなくて、楽しんでいらっしゃるなと、見ていて思います。今回の『キセキのうた』でも、製作発表の為の準備をしている段階から、もう楽しくて仕方がないというお話を聞いたので、見習わなくてはと!
湖月 製作発表会見での三人の歌も、ユニットとして歌うとなった時に、どの程度動くかを考えるのが楽しかった。「これは大人だからやりすぎか?でももう少しドラマティックに…」とか。
春野 すごく真剣に考えてましたよね!
湖月 振りを付ける人がいないということは「私たちで考えていいんだ!」と思って。
春野 自分で自由に表現できるのが楽しいですよね。
 うん。だから本番もどんどんアイデア出しながら出来たら良いよね。それによって三人の個性が引き立つと思うから。
──そんな個性のぶつかりあうステージを楽しみにしています。では改めて意気込みと、舞台を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。
湖月 リーディングコンサートって見る方の想像力が掻き立てられる素敵な空間だと思います。その中で、等身大の役柄にチャレンジする事で、今までとは違った、自分の心をさらけ出した自分自身を表現したお芝居ができるように、台本と向き合っていきたいです。ユーミンさんのコンサートに伺うとユーミンさん自身から発せられるパワーをすごく感じるんですね。そのユーミンさんの歌の素晴らしさ、歌の力もお借りして、来て頂いた方の背中を押せるような、新たな一歩を踏み出せるような、そんな勇気をお届けできる作品になればいいなと思っています。
春野 今回は等身大の役どころなので、自分が実際経験した事を投影してぶつかっていきたいなと思っています。今回ユーミンさんの曲で「例えばどんな曲が歌ってみたい?」と訊いてくださったのですが、あまりにも名曲ばかりで。
湖月 本当にね!
春野 自分が知っている曲だけでも良い曲ばかりで選べないと思ったほどなのに、調べていくと「これも!これも!」と思う素晴らしい曲がたくさんあって。
湖月 ある意味途方に暮れたよね。とても選べないって!
春野 そうなんです。これまでもユーミンさんは大好きな方でしたが、その大きさを改めて知ることができました。この作品でユーミンさんの楽曲と詞を勉強して、自分なりに噛み砕いて表現していきたいと思っています。そして、40代の女性にエールを贈るというテーマの作品ですが、全ての女性の方々に輝いて欲しいという気持ちをこめて、大切に演じていきたいと思います。是非観にいらしてください。

IMGL6871
 

IMGL6680
こづきわたる○埼玉県出身。1989年宝塚歌劇団に入団。2003年星組男役トップスターとなり、『王家に捧ぐ歌』で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。2005年日韓国交正常化40周年記念『ベルサイユのばら』では、宝塚歌劇団初の韓国公演を成功に導いた。2007年『DAMN YANKEES〜くたばれ!ヤンキース』で女優デビュー。『カラミティ・ジェーン』、『愛と青春の宝塚』、『絹の靴下』、『クザリアーナの翼』等舞台を中心に活躍。女優としてはもちろん、ダンサーとして圧倒的な存在感を持ち、2015年『CHICAGO』アメリカカンパニー来日公演では唯一日本人女性としてヴェルマ役を好演。ダンス、ミュージカル、ストレートプレイと幅広く活躍中。19年1月『ベルサイユのばら45〜45年の軌跡、そして未来へ〜』への出演が決定している。

IMGL6678
はるのすみれ〇東京都出身。1991年宝塚歌劇団に入団。2002年花組男役トップスターに就任。『エリザベート』では黄泉の帝王トート役を演じ、緩急自在な歌唱力が絶賛を浴びる。04年度芸術祭演劇部門新人賞を受賞。07年『アデュー・マルセイユ/ラブ・シンフォニー』で宝塚歌劇団退団。09年主演ミュージカル『マルグリット』で女優デビュー。コンサート活動も精力的に行い、12年東宝ミュージカル『エリザベート』でタイトルロールを務めた。主な舞台作品に『ファニーガール』『ア・ソング・フォー・ユー』『モーツァルト!』『貴婦人の訪問』等があり、19年2月『ロミオ&ジュリエット』のキャピュレット夫人役での出演が決定している。

〈公演情報〉
座・ALISA Reading Concert vol.II 
『キセキのうた』〜私たちの「今」を歌おう〜
原作◇松任谷由実 楽曲集
上演台本・演出◇モトイキシゲキ
振付:KENZO(DA PUMP)
音楽監督◇鎌田雅人
歌唱指導:今井マサキ
出演◇観月ありさ 湖月わたる 春野寿美礼/松下優也(※松下優也は、大阪・愛知のみストーリーテラーとして出演いたします。)
●8/26〜29、9/1〜3◎セルリアンタワー能楽堂
●9/22・23◎サンケイホールブリーゼ 
●9/29・30◎ウインクあいち大ホール
〈料金〉東京 10,000円(全席指定・税込)
〈料金〉大阪・愛知 8,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉
東京/サンライズプロモーション東京  0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
大阪/キョードーインフォメーション  0570-200-888(全日10:00〜18:00)
愛知/中京テレビ事業:052-588-4477(平日10:00〜17:00)
〈公式twitter〉@za_alisa_info



【取材・文/橘涼香 撮影/友澤綾乃】 


こちらの広告から3人の歌声が聞けます。

座・ALISA『キセキのうた』
kick shop nikkan engeki