IMG_5415

2006年に韓国で初演され、8年に及ぶロングランを記録した大ヒット・ミュージカル『あなたの初恋探します』(原題『キム・ジョンウク探し』)が、日本版オリジナルキャスト村井良大、彩吹真央、駒田一の揃い踏みで、更にパワーアップし有楽町のオルタナティブシアターで上演中だ(28日まで。のち、福岡、愛知、大阪でも上演)。

ミュージカル『あなたの初恋探します』は、韓国ソウル大学路の小さな劇場で2006年に産声をあげたミュージカル。韓国創作ミュージカルの金字塔として愛され続け、2010年には映画化(2011年日本でも公開)。メインとなる恋人同士以外の役どころをすべて「マルチマン」と呼ばれる1人の俳優が演じるスタイルの先駆けともなったラブコメディーの決定版だ。そんな作品の2016年日本版初演を担ったオリジナルキャスト、村井良大&彩吹真央&駒田一の3人が再び集結。ロマンチック・コメディ・ミュージカルに、熱いパワーを注ぎ込んている。

IMG_5194

【STORY】
会社をクビになり、恋人にもフラれた何をやっても冴えない男ムン・ミニョク(村井良大)が、一念発起してはじめたのは「初恋探し株式会社」。誰の心にも永遠に残っている初恋の人が、今どこでどうしているのか、探し出してあげましょうという会社だ。そこに父親(駒田一)に連れられて現れたのは、やはり仕事を失い結婚を急かされている女性アン・リタ(彩吹真央)。彼女が新しい恋に踏み切れないのは、インド旅行中に出会った初恋の人キム・ジョンウク(村井・二役)が忘れられないからだった。けれどもわかっているのはただ「キム・ジョンウク」という名前だけ。かくして、ムン・ミニョクとアン・リタは初恋の人キム・ジョンウク探しの旅に出る。果たしてアン・リタの運命の人は見つかるのか?更に旅の途中で近づいて行くムン・ミニョクとアン・リタの距離はどんな展開を見せるのだろうか?

IMG_5335

舞台高みにバンドメンバーが位置する生演奏で、出道具とアメリカンコミックを連想させるポップな映像を駆使してテンポ良く進む舞台は、今回も幕開けから強烈な求心力で劇場空間を染め上げていく。たった3人の出演者、でも登場人物は実に多彩という、この作品が持つ手作り感あふれる独創的な構成は、やはりここにしかない楽しさでいっぱい。更に今回は日本版オリジナルキャストが初演を遥かに上回る弾けっぷりを見せつつ、ちゃんと初恋の切なさ、複雑な恋心をしっとりと見せてもくれるから、どんなにはっちゃけても物語の核がブレない理想的な成熟度を示している。上演台本・作詞・演出の菅野こうめい、振付の広崎うらん、音楽監督のかみむら周平が、客席も巻き込んだより親近感の高まる新たな取り組みを数多くしているのも面白く、日本でも一世を風靡した韓国ドラマが共通して持っている、どこかファンタジーでロマンチックな恋物語と、家族の絆の強さが改めて感じられた。

IMG_5515

そんな舞台の成熟度を高めたのが、揃い踏みを果たした日本版オリジナルキャストの面々の力で、何をやっても上手くいかない男ムン・ミニョクと、ヒロインの初恋の人キム・ジョンウクを二役で演じる村井良大は、人間味にあふれ、弱さを見せることにためらいのない、ある意味でとても強い青年ムン・ミニョクを温かな持ち味と豊かな演技力で造形している。こうした三枚目的な役柄に、村井はまるで本人そのもののように染まる力があり、舞台から親しみやすさとハートフルな空気を常に発し続けているから、その雰囲気に騙されることが多いのだが、実はとても美しく整った容姿の二枚目なのだということが、この舞台ではキム・ジョンウク役も演じることでストレートに見えてくる。実際、キム・ジョンウクを演じる時の村井の端正なルックスと立ち居振る舞いには見惚れるばかりのものがあって、ヒロインがこの男性を忘れられないのも当然だと思わせる説得力を生んでいる。初演よりはその二枚目ぶりが、より様式化された面があり、演技派、実力派として鳴らす村井の力量と美しさ、双方が楽しめるのもこの舞台の豪華さにつながっている。

IMG_5572

そのキム・ジョンウクを忘れられないヒロイン、アン・リタの彩吹真央も、初演よりも更に思い切り良く振り切れた女性を表現している。その可笑しさがあるからこそ、アン・リタという女性の複雑な心理と、恋に正面から立ち向かって傷つくのを極端に恐れている心根とに、切実さが加わった。だからこそ、観ていてアン・リタの行動にやきもきさせられ、もう1歩出ればいいのに!と何度も思わせられるのは、彩吹演じるアン・リタに真実味がある証。常に真摯で真面目な彩吹の資質が、役柄の好感度を高めている。戯画化された動きにキレがありつつ、柔らかさもあるのが地力を感じさせた。

IMG_5275

そんな2人の運命に絡む22役を演じ分けるマルチマンの駒田一は、舞台にいる時が最もひと息つける時間なのではないか?と思うほどの早替わりに次ぐ早替わりを、あくまでも軽やかに見せている。役柄の中で中心になるのはなんと言ってもアン・リタの父親役で、韓国ものらしい厳格な父親を骨太に表現しているが、その厳しさの中に娘への愛情、親子の絆が深く感じられるのが魅力だし、その他大小様々な役柄を、生身の人間が目の前で早替わりをしているならではの面白さ、舞台作品の醍醐味いっぱいに駒田が演じ分けるのが、やはりこの作品の楽しさの要。インド人、アイドル喫茶のジェシカなど、話題を集めた役柄はよりパワフルにバージョンアップしているので、是非注目して欲しい。

総じてたった3人で、たった3人だからこその楽しさと胸キュンのあふれる舞台が、より輝きを増して帰ってきたことが嬉しく、オリジナルキャスト集結のパワーを感じさせる再演となっている。

IMG_5784
駒田一・彩吹真央・村井良大

【コメント】

初日を前にキャスト3名からのコメントが届いた。

村井良大(ムン・ミニョク/キム・ジョンウク役
いろんなことを試し、たくさん失敗しながら作りあげる。演出のこうめいさん、オリジナルキャストの3人で充実した稽古をしてきました。僕らにとって再演ということもあり、何度も通し稽古をすることができましたが、一度として同じでない。決して慣れたり、ダレたりしない。それは3人それぞれが、日々挑戦しているからこそ。挑戦は開幕後も続きます!
初めてご覧になる方は、最初はビックリするかもしれませんが、15分も経てば馴染めます(笑)。そこからは作品に身を委ねてください。さらに今回は、観るたびに新たな面白さが生まれる、リピートもしたくなる舞台になっているんじゃないかな。
この作品は、“初恋探し”にキュンキュンするポイントもあれば、テンポの良い会話で笑わせるところもある。さらに笑いの中にある“ちょっといい感じのメッセージ”が不意に心に響くところも魅力。そうやって、若い頃のトキメキを思い出したり、これからへの思いを馳せたり、過去も未来も体感できる作品です。だから韓国でも長く親しまれているのだと思います。日本でも一人でも多くの方に、その魅力を体感していただきたい!
ビックリするような暑い日が続きますが、劇場は空調が効いて涼しいです。涼しいところで、表も裏も、結構アナログな暑苦しい舞台を楽しむ!僕らも大汗かきながらやっているので、皆さんもできればちょっとテンション高めで参加し、エキサイトしてください。

彩吹真央(アン・リタ役)
このメンバーでの2年ぶりの“初恋探し”が始まります!
初演時もやり切った感はありましたが、この2年という年月のなかで私自身はもちろん、共演者のおふたり、スタッフの皆さんそれぞれが変化しました。それぞれの経験を持ち寄って、この作品をより楽しんでいただけるように稽古を積んできました。単純明快なラブコメディミュージカルでもありますが、やればやるほどその深みも感じています。そして、個人的には良大くん、一さんが繰り出すアドリブには大変鍛えられました(笑)。こうしてお稽古場で作ってきたことを引っ提げて、今年は東京、大阪に加えて福岡や愛知のお客様にお会いできることが楽しみです。でも……、お客様とともに楽しい時間を過ごす喜びとともに、公演が始まるといつかは訪れる「終わり」への寂しさも、すでに感じています(笑)。それほどまでに、この作品への愛しさが高まっています。村井良大くんに、駒田一さんにゾッコンです。
厳しい暑さが続きますが、この作品には暑苦しさとともに(笑)、“初恋”がもつ爽やかさがあります。心の涼を求めて、ぜひ、劇場へお越しください。損はさせません!

駒田一(マルチマン/お父さん、お母さん、インド人 ほか22役)
他の芝居の初日とは違う気持ちです。
日本版初演から2年経っていますが、初演の楽日から一夜明けたら、「あれ、このシーンの演出、変わった?」というような。つまり良大とゆみこ(彩吹さん)と僕の3人による初演から連続しているような感覚です。一晩で動きが鈍くなっているという困った面もありますが(笑)。だからこそ、演出のこうめいさんのもと、稽古でもたくさんのことを試し、物語を深めながらも展開をシェイプアップできたと感じています。手前みそになりますが、そう言えるだけの準備をしました。初演時は自分のことで一生懸命だったところから、互いに影響を与え合える関係、共演のふたりを改めてリスペクトしています。
そして、作品を作る最後のピースはお客様、気構えることなく、遠慮せず思い切り楽しんでください。僕はお客様に期待しています!というか助けてください!!
今回は、まるで我が家!?のような有楽町から始まり、(自称)第二の故郷福岡、リアル故郷の愛知、そしてゆみこの地元大阪とツアーが続きます。各地で、素晴らしい出会いがあることを楽しみにしています。

〈公演情報〉 
ミュージカル
『あなたの初恋探します』
上演台本・作詞・演出◇菅野こうめい
音楽監督◇かみむら周平
振付◇広崎うらん
出演◇村井良大 彩吹真央 駒田一
●7/21〜28◎東京・オルタナティブシアター
8/4〜5◎福岡・大野城まどかぴあ 大ホール
8/14〜15◎愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT
8/18〜19◎大阪・サンケイホールブリーゼ
〈お問い合わせ〉東京公演/東京音協  03-5774-3030
〈公式HP〉http://musical-firstlove.com




【取材・文・撮影/橘涼香】



えんぶ最新号販売中!
kick shop nikkan engeki