castPhoto8shot
堤真一、安蘭けい、谷原章介、大西礼芳
段田安則、外山誠二、大鷹明良、木場勝己
 
“近代演劇の父”とも称されるノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの代表作の1つ『民衆の敵』。『ペール・ギュント』『人形の家』『ヘッダ・ガーブレル』など、日本でもなじみの多い代表作を持つイプセンだが、その中でも1882年に発表されたこの『民衆の敵』は社会問題を扱った唯一の作品で、当時の社会に一石を投じた。ノルウェーからアメリカへ渡った本作は、アーサー・ミラーによって翻案され、ブロードウェイでの上演も高く評価されており、1978年にはスティーブ・マックイーン製作・主演によって映画化、2005年にはノルウェーで設定を現代に置き換え映画化されるなど、根強い支持を得ている。
この『民衆の敵』が、7月からの改修工事後、初の、そしてBunkamuraシアターコクーン開館30周年記念公演の第1弾として上演される運びとなった。今公演ではアーサー・ミラー翻案の戯曲ではなく、新たに戯曲を翻訳して上演に臨む。劇場の新たなスタートとともに新生『民衆の敵』が誕生する。

演出を手掛けるのは、シアターコクーンには2016年の『るつぼ』以来2年ぶりの登場となるジョナサン・マンビィ。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)出身で古典から現代劇まで幅広く精通し、2009年には『The Dog in the Manger』にてヘレン・レイズ賞最優秀演出賞候補にノミネートされるなど、常に世界中で作品を発表し続けている。日本でも『るつぼ』での演出が各方面で絶賛され、その実力は折り紙つき。本作にも高い注目が寄せられている。
そしてジョナサンとの2度目のタッグで主演を務めるのは堤真一。「真実の告白」という正義を志すばかりに、次第に「民衆の敵」となってしまう、正義が暴走しやがては家族との幸せも危ぶまれていく孤高の男、トマス・ストックマンをどのように演じるのか。そんなトマスの味方となり支え続ける妻カトリーネに安蘭けい、新聞「民報」の編集者でご都合主義のホヴスタに谷原章介、トマスとカトリーネの娘で教師のペトラに大西礼芳、カトリーネの養父で、水質汚染の原因である製革工場の主モルテン・ヒールに外山誠二、住宅所有組合の会長で印刷屋のアスラクセンに大鷹明良、トマスの唯一の理解者ホルステル船長に木場勝己、そしてトマスの実兄で市長にして警察署長、温泉管理会会長も務める町の権力者ペテル・ストックマンに段田安則など、魅力あふれる実力派が集結した。

自分の正義を貫き真実を追求する男と、己の利益や野心に固執する人間との確執、駆け引き、裏切り……。現代社会にも通じるテーマを鮮烈に描いた問題作!


〈公演情報〉
Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2018
DISCOVER WORLD THEATRE Vol.4
『民衆の敵』
作◇ヘンリック・イプセン
翻訳◇広田敦郎
演出◇ジョナサン・マンビィ
出演◇堤真一、安蘭けい、谷原章介、大西礼芳、外山誠二、大鷹明良、木場勝己、段田安則 他
●11/29〜12/23◎Bunkamuraシアターコクーン
●12月下旬◎森ノ宮ピロティホール
〈お問い合わせ〉Bunkamura 03-3477-3244(10:00〜19:00)
http://www.bunkamura.co.jp/topics/cocoon/1510.html






『大人のけんかが終わるまで』
kick shop nikkan engeki