★518A0727

世界トップレベルのダンサーたちによる圧倒的なパフォーマンスで、ブロードウェイを始め、世界30ヶ国以上で観客を熱狂の渦に巻き込んできた『バーン・ザ・フロア』。その10回目の来日公演が5月17日開幕した。(21日まで東急シアターオーブにて。そののち、5月25日〜28日、大阪 フェスティバルホールで公演)

★518A0992

様々なジャンルの音楽にのせて繰り広げられる、ワルツやタンゴ、サンバにルンバなど、ダンスの魅力がたっぷりと詰め込まれたステージは、まさに”ダンスのフルコース”!
そんな、至極のダンスエンタテインメント集団がお届けする最新作は、カンパニーの創設20周年とともに、来日10回目を迎えるスペシャル・アニバーサリー公演。日本での公演は世界でも類を見ないほどの盛り上がりを見せると語る彼らが、20年分の感謝と喜びを爆発させる、まさに「ベスト・オブ・ベスト」のステージである。
その初日を前に、プレス用の公開リハーサルが行われた。公開されたのは第1幕のみだが、その迫力あるダンスに劇場中が沸き立つ。

★518A0269

まずは優雅な宮廷でワルツを踊るシーンから始まり、その場に客席から乱入(?)したロッカーたちによって、ヘヴィメタルが始まる。古典と現代のダンスのコラボレーションが見事だ。
次は都会的なスーツとドレスで洗練されたダンス、といっても動きは過激かつ華麗でセクシー。鍛え抜かれたダンサーたちの身体そのものだけでも、目を奪われずにはいられないのに、その身体が躍動しながら曲芸に近い動きを次々にこなしていく様は最高のエンターテインメントだ。

★518A0907

この1幕で披露された楽曲の一部を紹介すると、プリンス「Kiss」、ジェームス・ブラウン「I  Feel Good」「Sex Machine」マイケル・ジャクソン「Smooth Criminal」それに「Jumpin’Jack」「Let me entertain you」など。日本公演初披露の曲もあって、カンパニーの来日公演への気合いが感じられるプログラムとなっている。

★518A1010

【囲みインタビュー】
 
公開リハーサルのあと、演出・振付のピータ・ロビー、そして出演者のグスタホ・ヴィグリオ、ヴィクトリア・マーティン、アルベルト・ファッシオ、ローレン・オークレイ、ジョルジョ・イオリ、ヤラスラヴァ・ソコロヴァというダンサーたち。そしてそのステージに感動したスペシャルサポーターの紫吹淳、柴田英嗣、村上佳菜子、金光進陪という面々が登壇し、それぞれにこの公演への期待などを語った。

IMG_5066
後列/ジョルジョ・イオリ、ヤラスラヴァ・ソコロヴァ、グスタホ・ヴィグリオ、ヴィクトリア・マーティン、アルベルト・ファッシオ、ローレン・オークレイ
前列/ピータ・ロビー、柴田英嗣、村上佳菜子、
紫吹淳、金光進陪

紫吹淳(女優)
これまでに何度も観せていただいているのですが、始まった瞬間から、瞬きをする暇もないくらいで、いつ瞬きしたらいいの?みたいな。息もそうで、気がついたら口を開いて観てました(笑)。あと10年若かったら混ざりたいです(笑)。観ていると足が動いてしまうので、お客様も絶対混ざりたくなると思います。ダンスになじみがない方も、ぜひたくさんの方に観ていただきたいです。
 
柴田英嗣(タレント[アンタッチャブル])
今まで、何度か観させていただく機会はあったんですが、今までのは何だったのかと思いますね(笑)。今までで感動していた自分が恥ずかしいくらいです。やはり本場の皆さんが全員集まってやるとこんなにすごいんだと驚いています。明日の本番では、またさらに違うように見えるんだろうなと楽しみです。でも皆さんダンスの専門家の中で、なぜ僕がサポーターなのか、誰か関西テレビ(主催)に聞いてほしいです(笑)。自分でもわからないんですが、そんな僕でも楽しめるということで選ばれたんだと思います。

村上佳菜子(プロフィギュアスケーター)
私は現役時代、小さいころから『バーン・ザ・フロア』が大好きで、公演を観に来ていたので、今回スペシャルサポーターに声をかけていただいて、とても嬉しいです。今日観せていただいて、やっぱり目が2つでは足りないと思うぐらい観るところも楽しむところも沢山あって、ぜひ沢山の方に観にきてほしいと思います。今回一番テンションがあがったのは自分が使った「Jumpin' Jack」があって、テンションあがりました(笑)。老若男女問わず楽しめますので、皆さんに観に来てほしいです!

金光進陪(プロダンサー)
専門家として、ボールルームダンサーとして、素晴らしいショーにつくり上げてくださって、我々業界の人間としても嬉しく思うとともに、この素晴らしい感動を皆さんに観ていただき、共有してもらいたいと思います。ショー自体が素晴らしい。生の演奏と生のダンスの迫力が全然違います。僕たちが観て感じたこの感動を、皆さんにも実際に観ていただき、共有したいです。

IMG_5068

〈公演情報〉
mainvisual
 
『バーン・ザ・フロア Joy of Dancing』
●5/17〜21◎東京 東急シアターオーブ
●5/25〜28◎大阪 フェスティバルホール 
〈料金〉S席12,000円 A席9,500円 B席7,500円 エキサイティングシート20,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10時〜18時)



【取材・撮影(会見)/佐藤栄子 舞台撮影/阿久津知宏】



チケット50%OFF!
kick shop nikkan engeki