IMG_7505

元宝塚雪組トップスター早霧せいなの、宝塚退団後初主演ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』が、5月19日〜27日大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマ・シティで、6月1日〜10日東京・TBS赤坂ACTシアターで上演される。

『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』は『シカゴ』『キャバレー』等、数多くの傑作ミュージカルを手がけたジョン・カンダ—&フレッド・エッブの華やかな楽曲で綴られたミュージカル・コメディ—。人気ニュースキャスターのテス(早霧せいな)が、風刺漫画家のサム(相葉裕樹)と一目惚れによる電撃結婚をしたことから「仕事と家庭の両立」という問題に直面して、悩み、ぶつかりながら新たな人生を切り開いていく物語。1981年にブロードウェイで初演され、トニー賞4冠に輝いた作品だが、むしろ女性の社会進出が進んだ現代の方がよりリアルに、ヒロインの葛藤が理解できる今日性を持っている。

IMG_7326

そんな作品の公開稽古が、5月7日都内の稽古場で行われ、主演の早霧せいなをはじめとしたキャストが大集合。白熱した場面が披露され、公演の魅力の一端が浮かび上がった。
 
♪公開稽古1「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」

IMG_7373_1

まず演じられたのは作品の冒頭場面。その年最も輝いた女性に贈られる「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたテス(早霧)が授賞式を迎えている。だが、表向きは満面の笑顔のテスの心中は、ケンカしたばかりの夫のサム(相葉)への恨み節でいっぱい。私がどんな女なのかわかっていない!という怒りを込めて歌うテスを演じる早霧は、美しいフォルムのスタイルと、豊かな表情が魅力的で、早くも新たな顔を見せてくれる。

IMG_7332_1

♪公開稽古2「戻らない時間」

IMG_7384

続いて、家庭よりも仕事優先のテスとの結婚生活がすれ違うばかりで、互いの心が離れていってしまう。と嘆くサム(相葉裕樹)が切々と歌う「戻らない時間」が披露される。サムは自分の心情を、彼が描く漫画のキャラクターカッツに語りかけるのだが、この日はカッツがどう登場するのかはシークレット。こちらは本番の仕掛けに注目だが、相葉の優しく切ない歌声が、サムの心情を十分伝えてくれていて、その思いに胸が詰まった。

IMG_7398

♪公開稽古3「女だけど男」

IMG_7408

そして、実際の上演では時系列が異なるが、風刺漫画の題材にされてきたテスと、サムの仲間の漫画家たちが理解しあい、仲間として歌い踊る「女だけど男」のナンバーへ。「男なんかには負けない!私は女だけど男なの!」と歌うテスのガッツとハートが、早霧のキレの良い動きにピッタリ。やがて全員が登場する大ダンスナンバーに発展し、ラインダンスも含めた、弾ける楽しさに満ちたシーンが展開され、衣装とセットが揃った公演本番への期待が膨らんだ。

IMG_7411
IMG_7439
IMG_7479
IMG_7490
IMG_7492

続いて囲み取材が行われ、早霧せいな、相葉裕樹、宮尾俊太郎が公演への抱負を語った。

【囲み取材】

IMG_7515
宮尾俊太郎早霧せいな、相葉裕樹

早霧 今日はお忙しい中いらしてくださりありがとうございます。こういう場を設けて頂くと、いよいよはじまるんだなという実感を持ちました。宝塚を退団して初のミュージカルに挑戦ということで、自分が今持っているものをすべて出し切って、果敢に挑戦することがテス役につながると信じているので、その信念を失わず初日に向けてこれからもお稽古に励みたいと思います。
相葉 本日はお越しくださりありがとうございます。残りの稽古が1週間となりました。まだまだやらなければならないこともたくさんあるのですが、本当に普遍的なテーマで、皆さんに共感して頂ける作品になるのではないかな?と思っています。劇場に足を運んでくださる皆様に楽しんで頂けたらなと思いますので、ラスト1週間全力で稽古して、初日に臨みたいと思います。よろしくお願いします。
宮尾 今日はありがとうございます。僕は普段はバレエダンサーとしていっさい声帯を使っていないのですけれども、今回は台詞もあるし、歌もあるということで、そこは本当に皆様に一から助けて頂きながらやらせて頂いています。本当に現役のバレエダンサーがこうしたミュージカルの舞台に、バレエダンサー役で出るというのは、なかなか他にないと思いますので、是非その辺りも楽しみにして頂けたらと思っています。

IMG_7527

──ご自分の役柄について教えてください。
早霧 テス・ハーディングという、1度結婚して離婚していて、テレビのニュースキャスター、アンカーウーマンとして全米で大活躍中の彼女が、サム・クレッグという1人の男性に電撃的に出会い、そこから仕事と家庭との両立をはかりながら…というところがポイントとなる作品です。なのでそこを全部説明してしまうと、観に来て頂く楽しみがなくなりますから(笑)、そこは是非観劇して頂いて楽しみにして頂きたいのですが、そこでテスがどう変わっていくか?が自分にとっても大きな見せ場になるなと思っているので、その変化を是非見て下さい。
相葉 サム・クレッグという風刺漫画家です。はじめはテスをものすごく敵対視しているのですが、ひょんなことから一目惚れをしてしまいまして、そこからなんやかんやがあり、お付き合い、そして結婚という、そこまではよくあることなのですが、そこからがすごく大変で。お互いの育ちが違い、生活環境が違い、なかなかうまくいかないんですね。それに対してサムが抱く不満というのが、一般的な男性だったら誰しもが不満に思うだろうな、というラインなんですね。本当に庶民代表と言うか、一般的な感覚を持っている男性なんじゃないかな?と思うので、劇場に足を運んでくださるお客様も、きっとサムに共感して頂けるのではないかと。テスや、テスの周りの人間にとても振り回されるので、そこは「あぁ、わかる、わかる」という感じで観て頂けると思いますので、是非劇場で確認して頂けたらなと思います。
宮尾 僕はロシアから亡命したバレエダンサー・アレクセイ・ぺトルコフです。彼は亡命はしたのですけれども、結局ロシアに帰るんです。なぜならそこには愛する奥さんがいるから、ということをテスに伝えます。それにテスは衝撃を受けて、キャリアを全部捨てて、愛する人の為に国に帰るというところで、テスに影響を与える人物です。本当にアレクセイ・ぺトルコフはそういった意味では、愛したものに突き進んでいく、とてもハッピーな男です。僕自身も元々ハッピーな男なのですが、色々人生経験を積んでハッピーだけではなくなったところもあるのですが(笑)根っこはハッピーなので、そこがとても役とリンクしているところです。

IMG_7418
 
──早霧さんとご一緒されて、稽古場の雰囲気はいかがですか?
宮尾 早霧さんは飾らずに真っ直ぐに役に向き合っていて、良い意味でプライドを捨ててやっていらっしゃるので、とても清々しいです。
早霧 ありがとうございます。
相葉 早霧さんめちゃくちゃストイックですよね。
宮尾 あぁ、そうだね。
早霧 ストイック?
相葉 そう、アスリートなんじゃないか?と思うくらい。本当にガッとやっていく感じが男らしい。
早霧 それは褒め言葉?(笑)
相葉 褒め言葉です!ものすごい褒め言葉!ガッとなった時の集中力がすさまじいので、そこに僕たちも引っ張られてね。
宮尾 なのに酔っ払うシーンとか、すごく可愛いんですよね。
相葉 そう!そこも大きな見どころですよね!
早霧 私自身は男性の皆様とこうやってお芝居をするのが初めての経験なので。
相葉 そうか!
宮尾 どうですか?
早霧 やっぱり色々なこと、小さなことから大きなことまでドギマギします。手を取られて触れた感覚が違うとか。やっぱり女性と手をつなぐ感覚とは全然違うから。
相葉 違います?
宮尾 汚らわしいとか?(笑)
早霧 そこは言えない(笑)。
相葉 それショックですよ(笑)、手をつなぐから。
早霧 いやいや、全然そんなことないです!
相葉 それこそキスシーンもありますものね。
早霧 宝塚の時よりもリアル感をすごく感じます。
相葉 あー、男女だからね。 
早霧 そう、だからそのリアルな気持ちを、作品に詰め込みたいなと思います。そこが宝塚との大きな違いだなと思っていて、やっぱり当たり前だけれど本物の男性は力強いんです。聞こえてくる声の質感も違うし、私をリフトしてくださる方たちが力強いから、自然と女子になれてます(笑)。
宮尾 早霧さんもリフトされている上で力強いですよ!(笑)絶対に上でピシっとしているから。
相葉 体幹がものすごく強い。
早霧 そうやって日々、皆さんに助けられながらの稽古場です(笑)。
──作品の音楽的な魅力はどうですか?
早霧 楽しいナンバーがいっぱいあるので、自分が出ていない場面を見ているのもものすごく楽しいし、聞き応えもあるので、全部座ってゆっくり堪能できるお客様が羨ましいです。

IMG_7528
 
相葉 どれも素晴らしいのですが、僕が特に好きなのは「こりゃダメだ」というアップテンポのショーナンバーです。本当に言っている歌詞はネガティブなんですけれども、やたら明るい!そのギャップが面白くて素敵だなと思います。
宮尾 これが70年代、80年代のミュージカルの楽曲なんだと思うと、不思議な気持ちです。突然音楽に乗って情景が浮かんでくるので、感情移入しやすいですし、ラブコメの楽しさがあって。ただ、僕の曲は難しい!どう思います?僕はすごく難しいと感じるんですが。
相葉 難しいですね。正直どれも難しいんです。だから、ラスト1週間で追い上げていかないといけないなと思ってます。
宮尾 早霧さんも難しいと思います?
早霧 思います。
宮尾 特にどういったところが?
早霧 感情が爆発した時に、歌になったり踊りになったりするので、そこの気持ちからのナンバーの導入とか、ナンバーが終わったあとお芝居に戻る時の気持ちをちゃんと歌に乗せたいな、と思うと、楽曲の素晴らしさに自分の気持ちが追いついているのかな?という難しさがあります。
宮尾 つながりとか、離脱していくところですね。
相葉 そうそう、離脱!
宮尾 曲から離脱していくところが辛い?
早霧 あぁ、でもね、誰よりも、一番踊りながら歌っているのが宮尾君だと思う。
相葉 あれだけクルクル回りながらって、普通できないですものね!
宮尾 僕もこんなに踊るとは思っていなかった(笑)。ミュージカルってこんなに歌いながら踊るんだ!って。
相葉 必要以上に踊らされている感はありますよね(笑)。
宮尾 あぁ、やっぱり?(笑)
早霧 せっかくだから踊って欲しいって皆さん思ってるからね。これは見応えありですよね。

IMG_7433
 
──早霧さんはこれまで男性役がほとんどだったと思いますが、女性役の難しさはありますか?
早霧 元々男性を演じようが、女性を演じようが、自分とは別人格を演じるという時点でやっぱり私には簡単にできることではないんです。それは、毎回違う作品で違う役を演じる度に感じるところなので、それがやり慣れていない女性となると、勝手が違うことが多々ありまして(笑)。どうしてもスカートを履いて歩くとか、右肩にショルダーバッグをかけて歩くとかが板につかないんですよ!
相葉 そんなことないですよ!
宮尾 本当にそんなことない!
早霧 そう?(笑)
相葉 はい。
早霧 ありがとう!
──ヒールの靴はどうですか?
早霧 宝塚の時もヒールはついていましたが、男性用のブーツだったので、足の甲が見えるということはなかったので。そういう意味では露出も増えますし、無駄な動きがない方がよりエレガントに、より美しく見えるんだろうなと思うと、その辺りには気を遣いつつ、やはり役として呼吸していかないといけないので。頭で演じていてもダメなので、心から動けるエレガントな女性になれたらなと思います。
──男性お二人から見てその辺りは?
相葉 めちゃくちゃエレガントですね。エレガントの塊。
宮尾 そう、エレガンス。
早霧 そこまで言うとちょっと嘘っぽい(笑)。
相葉 いえ、やっぱり見せ方などを教えて頂くことが多くて。「この時はこっちの角度の方が良いよ」とか結構言ってくださるので「あぁ、そうなんですね」と(笑)。
宮尾 その様子を僕が遠くから見ていて、もうその様がすでにテスとサムになっているので、ピッタリだなと思います。
相葉 心強いし、エレガンスに関してはプロフェッショナルなので、頼ろうかなと思っています。
早霧 任せて!(笑)

IMG_7439

──早霧さんご本人とテスの共通点は?
早霧 たまに猪突猛進しちゃうところがあって、周囲の人たちを忘れて突っ走ちゃう時があるんです。でもそうしないように心がけているのですが、テスはそれが常になので、私が猪突猛進しているところをずっとやり続けたらテスになるのかな?(笑)とも思ったりしています。
──男性陣から見てはどうですか?
宮尾 宝塚でトップになって、ひとつの偉業を成し遂げているキャリアをお持ちの方が、新しい作品と出会い、新しい男性と出会うところはリンクしているかな?と思いますが、猪突猛進は全然思わないですね。いつも皆さんを気遣っていらっしゃるから。
早霧 ありがとうございます。いつもこうやって優しい言葉をかけてくださる方々がお二人だけでなく、皆さん多いので、裸の王様にならないようにしないと(笑)。
宮尾 裸のお姫様でしょう?
早霧 お姫様? ほら、こうやってね(笑)。
──早霧さん新たな現場で勝手が違うことや、とまどったことなどは?
早霧 実はこのミュージカルをやる前に『SECRET SPLENDOUR』というショーもやっていて、そこでもだったのですが、不思議と男性といる時の方がリラックスできるんです。舞台上ではなく、こういう稽古場などでの時に。なんでなのか?がその時も今もよくわからないのですが、もしかしたらまだ男役だった時の感覚が抜けないのかな?と思って、その辺りは自分でも分析しかねています。あとは、テスとサムの場面をやっている時に、演出家の板垣恭一さんから「テスは…」「サムは…」というアドヴァイスを頂いていて、どうしても男側で考えちゃう時があって。結構お稽古の前半の段階では「いけない!テス側なんだ!」と思った時がありました。それはちょっと自分でも無意識の行動だったので、もう解き放たれて良いのに、どうしても男性側の心情を考えたりしていました。
──今はその辺りは?
早霧 サムの心情を考えたりもしますが、それはテスから見たサムの心情なので、そこは捉え方が変わってきました。あとはやっぱりすごい高い位置のリフトの、その眺めたるや!スカイツリーもびっくりという!(笑)
宮尾 スカイツリーもびっくり?(笑)
早霧 新感覚でした!
宮尾 いつもリフトしてたからね(笑)。

IMG_7529_1

三人のトークの和やかさから、稽古場の雰囲気がよく伝わってきた公開稽古はこれで終了となり、まだまだ楽しいシーン、大爆笑のシーン満載のミュージカルで、観て頂きたいシーンはたくさんありますが、それは本番のお楽しみということで、是非劇場に足をお運びください!という締めくくりの言葉があり、公演への期待が膨らむ時間となっていた。
 
IMG_7509
 
〈公演情報〉
ウーマン・オブ・ザ・イヤー新ビジュアル2
 
ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』
作曲◇ジョン・カンダ—
作詞◇フレッド・エッブ
上演台本・演出・訳詞◇板垣恭一
キャスト◇早霧せいな、相葉裕樹、今井朋彦、春風ひとみ、原田優一、樹里咲穂、宮尾俊太郎(Kバレエ カンパニー) ほか
●5/19〜27◎大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〈料金〉12.500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 06-6377-3888(10時〜18時)
●6/1〜10◎東京・TBS赤坂ACTシアター
〈料金〉S席12.500円 A席8.500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 0570-077-039(10時〜18時)
〈公式ホームページ〉 http://www.umegei.com/womanoftheyear/



【取材・文・撮影/橘涼香】




えんぶ最新号販売中!
kick shop nikkan engeki