DownloadedFile

霧矢大夢が2014年に主演し、読売演劇大賞優秀女優賞を受賞するなど高い評価を得たブロードウェイ・ミュージカル『I DO!I DO!』が、バージョンアップして帰ってくる。
今回のキャストは、前回に続いてこの名作ミュージカルに挑む霧矢大夢、そして今回初参加の鈴木壮麻。このコンビで、5月11日から20日まで銀座 博品館劇場で、5月26日には兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで公演を行う。
本作『I DO! I DO!』は、1966年にニューヨークで初演。オフ・ブロードウェイで超ロングラン記録を持つ『ファンタスティックス』の名コンビ、トム・ジョーンズ(脚本・作詞)と、ハーヴィー・シュミット(作曲)が手がけた人気作品。日本では、1969年に越路吹雪と平幹二朗の組み合わせで初演され、越路の代表作のひとつとなっている。その後も、さまざまなスターたちの顔合わせで上演されてきた。
2014年版では、蜷川幸雄のもとで演出助手をつとめてきた大河内直子が演出を手がけ、翻訳は小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞した広田敦郎、音楽監修は島健、振付は前田清実とスタッフ陣もこの名作にふさわしい面々での作品作りだったが、今回も同じスタッフ陣による上演となる。
登場人物は男女2人だけ。50年間の夫婦の人生を、多彩なミュージカルナンバーで歌い、綴っていく。「私って何者? 2人でいる必要ってあるの? 本当の私って? 」子供の自立と結婚を機に家を出ようと決意する妻。その言葉を聞いて、妻と向き合う夫…。いつの時代も変わらぬ愛と夫婦の物語を生きる2人、霧矢大夢・鈴木壮麻に今回の上演への抱負や、本作の魅力を語り合ってもらった。

DownloadedFile-2-1

持っていた楽譜に
思わず「出られるよ!」と

──霧矢さんが前回この作品を演じたのは4年前ですね。
霧矢 早いですね、4年も経ったんだという気持ちです。宝塚を退団後の2作目で、その前が『マイ・フェア・レディ』のイライザでした。そこからいきなり夫や子供がいる役で、しかもダブルキャストでしたから旦那様が2人もいて(笑)。歌、ダンス、台詞と覚えることに追われて毎日が戦争のようでした。でも1人の女性の半生を演じるというのはなんて楽しいのだろう、役者冥利に尽きるなと思いました。今回もやらなくてはいけないこと自体は変わりませんけど、鈴木壮麻さんという頼もしい旦那様がいらっしゃるので、胸をお借りして思い切り体当たりしようと思っております。
鈴木 こちらこそ、頼りにしています(笑)。
──鈴木さんは、この名作のことはもちろんご存じだったと思いますが。
鈴木 僕にとって、トム・ジョーンズとハーヴィー・シュミットという人たち、そして彼らが作った『ファンタスティックス』はバイブルみたいなものでしたから、この『I DO! I DO!』も、出演する予定もないのに楽譜を海外で買って持っていました。ですから出演の話をいただいたとき、思わず楽譜に「出られるよ!」と声をかけたくらいです。もちろん霧矢さんの前回公演も拝見していましたし、村井(國夫)さんのときも拝見しています。僕の好きなフレージング、曲の展開のしかた、コード進行、ピアノのバッキングとか、音楽的にも僕にとってはめくるめく時間なんです。だから今、ピアノ譜のついた楽譜を見ながら、この和音がこうぶつかってくるんだとか、見ているだけで楽しくて。色々な戯曲が宝物ですけど、今、50代後半ですごい宝物と出会わせてもらえたなと感動しています。
──この作品は宝塚の先輩、越路吹雪さんの代表作の1つでもあります。
霧矢 越路さんと平幹二朗さんの日本初演のときのCDを聴かせていただきました。越路さんは日本のミュージカルの先駆者で、この作品も日本初演の成功があったから、今でもずっと上演され続けているわけです。私は越路さんとは全然キャラクターが違うのですが、敬意をもって演じたいと思いましたし、今回もその思いで取り組んでいます。
──前回公演ではその成果で、みごとに読売演劇大賞の優秀女優賞を受賞しました。
霧矢 いえいえ、本当に思いがけない受賞で、たまたま評価はしていただきましたけれど、思えば課題は沢山残ったままだったなと。ただ、4年の間に他の作品で夫婦役を演じたり、子供がいる役もあったりする中で、少しくらいは幅が広がっているかなと。ですから当時は表現できなかった部分も、もしかしたら出来るようになっているかもしれません。それは自分への期待も込めて(笑)。

DownloadedFile-7

男と女の生物としての違いとか
色々勉強しました!

──ところでお2人は初共演なのですね?
霧矢 そうなんです。一方的に舞台は色々拝見していたのですが。
鈴木 僕はこの『I DO! I DO!』しか拝見してなくて。でも、その作品で初共演というのもどこか運命的だなと。今回の話をいただいたとき、僕は『フロッグとトード』(17年)に出ていて、共演の樹里(咲穂)ちゃんに「霧矢さんってどんな人?」って聞いたら「自然体で素敵な人」と。
霧矢 樹里さんありがとう!(笑)
鈴木 「絶対合うと思う」って言ってました。
霧矢 樹里さんは、一緒の公演ではいつも同じ関西人のノリで、いじっていただいてるんです(笑)。
──鈴木さんはマイケル役について、どう演じようと?
鈴木 意外と共感を持てる気がするんです。マイケルって作家ですよね。自分も一応俳優というクリエイティブな仕事をしている。そこは共通点で、具体的な話で言えばサラリーマンのように安定した暮らしではないわけで、そこは共感を持ちやすいかなと。そして妻と息子と娘がいて、その奥さんがかなりズバッズバッと厳しいことを言ってくる、これって当て書きですか?と聞きたいくらいです(笑)。僕は板の上で俳優として居るときは「ちゃんとしていよう」と思っても、家ではすごくダメンズで(笑)、そういうところはみんなあると思いますが、生活は綺麗事じゃないぞという、そこをうまく出しながら、ウィットとかユーモアとか愛情とか、そういうもので包んでエンターテインメントとして成立させて、その中からお客様に何か心に触れるものを届けられたらいいなと。そして、どれだけ作り込んだマイケルを提示するかよりも、作り込まないマイケルを提示するところに辿り着けたらいいなと思っているんです。
──鈴木壮麻さんの実態に近いものが見られるかもしれませんね。
鈴木 素でやってるの?みたいな(笑)。
──霧矢さんは改めてアグネス役をどう捉えていますか?
霧矢 アグネスは専業主婦で夫を支えていますが、でも言いたいことを言いますし、自分の手のひらで踊らせてあげているという(笑)、そういうところがよくある夫婦らしいなと。私も初演のときは女優2年目でしたので、そこまで男と女の違いとか考える余裕もなかったんですけど、多少なりとも時間を重ねた今は、男と女の生物としての違いや、脳からすでに違うということなど、色々勉強したんです。男の人はこう捉えるけど、女の人はこっちが気になるのよねなど、そういう違いがわかってきたんです。
鈴木 すごく勉強したんだね(笑)。
霧矢 ただ、私は壮麻さんと反対で、アグネスの中に自分と近いものを一生懸命探さないといけなくて。
鈴木 でも遠いほうがやりいいでしょ?
霧矢 そうですね。でも本当に全部想像するしかないんです。夫がいるわけでもないし(笑)。自分の周りにいるご夫婦を見ながら、きっとバトルもあるんだろうなとか(笑)、外では旦那様のことを立てているけど、家では奥様が実権を握っていらっしゃるんだろうなとか想像しています。
鈴木 そうです。それで成り立ってるんです(笑)。
──夫婦だからこそ出てくるやり取りがリアルで、それがこの作品の魅力でもありますね。
鈴木 僕なんかこの台本を読んでいると反省させられるところばかりで(笑)。
霧矢 「それ言ったらダメでしょ」とツッコミたくなるようなところが沢山出てくるので、お客様はクスクス笑いながら観てくださるんです。

DownloadedFile-6

波乱万丈の50年の
素敵な夫婦生活

──名ナンバーも多いこの作品ですが、音楽への初演の取り組みはいかがでした?
霧矢 なんといっても女優2作目でしたので、当時の私には難しいナンバーもありました。でも、歌と言ってもお芝居の台詞に近い感じで、会話の続きで歌に入っていくところもありますので、気持ちが入ってくるとどんどん楽しくなっていくんです。
鈴木 いいな。僕も早く楽しくなりたいな(笑)。
霧矢 私も最初は、歌とか台詞とかダンスとか1つ1つ覚えていく期間がもどかしくて、早く全部覚えてしまいたいと焦っていました。こういう名作って完成形があるわけですよね。早くそこまで行きたいと。
──今回は再演ですから、かなりラクですね?
霧矢 いえ、良い感じに忘れてます(笑)。ゼロからではないので壮麻さんよりはちょっとラクですけど。
鈴木 あんなこと言ってますけど、この人のことだから絶対に忘れてないと思う(笑)。
霧矢 本当に忘れてます!大丈夫です(笑)。夫婦2人でゆっくり歩んでいきましょう(笑)。
──鈴木さんにとってはバイブルも同然ということで、音楽はすでに頭の中に入っているのでは?
霧矢 そうですよね。壮麻さんのほうが、絶対にこの作品や音楽への造詣は深いと思います。
鈴木 どれも素敵な曲ばかりなんですが、さりげなく口ずさめるような、これでもかという曲じゃないところがいいんです。
霧矢 いわゆる大曲じゃなくて、聴いていて心が温かくなるような曲が多いですよね。
──それをお2人がどう歌うか楽しみです。では改めて意気込みを。
鈴木 霧矢さんと波乱万丈の50年の素敵な夫婦生活を営みたいと思います。それをこの博品館劇場で、皆様、ぜひ覗き見してください(笑)。
霧矢 ふつつかな嫁ですが、よろしくお願いします(笑)。最後のナンバーの中に「いろいろとあったけど」(と歌ってみせる)というところがあるんですけど、初演のとき、そこを歌っていると、稽古場や怒濤の日々が毎回ブワーッと浮かんできて、思わず胸に迫るものがあって、千秋楽は本当に泣きそうになりながら歌っていました。ですから今回もきっと「いろいろとあったけど」と歌うたびに、壮麻さんとの密な稽古の日々を思い出すでしょうし、千秋楽には泣きそうになるのだろうなと、今から想像しております(笑)。そういう裏のドラマも含めて、お客様には楽しんでいただけたらいいなと思っています。

DownloadedFile-1
鈴木壮麻・霧矢大夢
 
きりやひろむ○大阪府出身。1994年、宝塚歌劇団入団。09年、文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞するなど活躍し、10年、月組トップスターに就任、12年に退団。退団後は女優として舞台を中心に活躍中。主な出演作品は、ミュージカル『ラ・マンチャの男』音楽劇『レミング』ひとり芝居『THE LAST FLAPPER』ミュージカル『マイ・フェア・レディ』ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』『この熱き私の激情』『SKIP』など。本作品ミュージカル『I DO!I DO!』で第22回読売演劇大賞優秀女優賞受賞、10月にミュージカル『タイタニック』への出演が控えている。

すずきそうま○東京都出身。1982年、劇団四季入団。『オペラ座の怪人』『美女と野獣』などの大作に出演した後、98年退団。その後も主にミュージカルを中心に『エリザベート』『レ・ミゼラブル』『ドラキュラ』『ミュージカル シラノ』など数々の舞台に出演。また第23回読売演劇大賞優秀男優賞を『ミュージカルサンセット大通り』『End of the RAINBOW』 で受賞した。NHKドラマ10『マチ工場のオンナ』、映画『関ケ原』に出演。NHKオーディオドラマ青春アドベンチャー『また、桜の国で』に出演し多彩な活動を行っている。7月には4年振りのストレートプレイ『WATAER by the SPOONFUL』に、10月にはミュージカル『タイタニック』の再演に出演する。

〈公演情報〉
i_do2018_omote_fixw_640_hq

ミュージカル
『I DO! I DO!』 A Musical About Marriage
脚本・作詞◇トム・ジョーンズ
作曲◇ハーヴィー・シュミット
演出◇大河内直子
翻訳◇広田敦郎
音楽監修◇島健
出演◇霧矢大夢 鈴木壮麻
ピアノ演奏◇江草啓太 松田眞樹
●5/11〜20◎銀座 博品館劇場
●5/26◎兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
〈料金〉8,800円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉アン・ラト info@ae-on.co.jp

 
【取材・文/榊原和子 撮影/山崎伸康】 




銀河鉄道999 お得なチケット販売中
kick shop nikkan engeki