jpg-large

霧矢大夢が2014年に主演し、読売演劇大賞優秀女優賞を受賞するなど高い評価を得たブロードウェイ・ミュージカル『I DO! I DO!』が、バージョンアップされ、本年5月に銀座 博品館劇場と兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて上演される。キャストは前回に続いてアグネス役に挑む霧矢大夢、そして夫のマイケルは今回初参加の鈴木壮麻が演じる。

本作『I DO!  I DO!』は1966年、米ニューヨークで初演。オフ・ブロードウェイで超ロングラン記録を持つ『ファンタスティックス』の名コンビ、トム・ジョーンズ(脚本・作詞)と、ハーヴィー・シュミット(作曲)が手がけた人気作。登場人物は男女2人だけ。50年間の夫婦の人生を、出演者2人が多彩なミュージカルナンバーで歌い、綴っていく。
 
日本では、1969年に越路吹雪と平幹二郎の組み合わせで初演され、越路吹雪の代表作のひとつとなった。その後、越路吹雪と細川俊之、草笛光子と細川俊之、平みちと村井國夫、久野綾希子と細川俊之、高嶺ふぶきと川崎麻世、春風ひとみと村井國夫など、さまざまな顔合わせで上演されてきた。ミュージカル俳優なら一度は演じてみたい大人のミュージカルとして知られている。
2014年版では、蜷川幸雄のもとで演出助手をつとめてきた大河内直子がミュージカルの演出に挑戦。翻訳・演出を一新、翻訳は小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞した広田敦郎が手がけ、音楽監修は島健、振付は前田清実と、スタッフ陣もこの名作にふさわしいミュージカル界で活躍する面々が顔を並べている。

【あらすじ】
きょうは、アグネス(霧矢大夢)、マイケル(鈴木壮麻)の結婚式。
「I DO!」と永遠の愛を誓った二人の、新しい生活がスタートする。
舞台は、アメリカのどこにでもいそうな中流階級の夫婦の寝室。新婚初夜、未来へのちょっとした不安を隠しつつ、甘い生活がスタートする。
でも、楽しい新婚生活はあっという間。長男が生まれた感動と喜び、そして数年、長女が誕生し、子供中心の生活へと変わっていくにつれ、少しずつすれ違っていく夫婦の思い。子供の成長、夫の浮気騒動? さまざまな出来事が起こる中で、アグネスは自分自身を見つめなおしていく。
私って何者? 2人でいる必要ってあるの? 本当の私って? アグネスは子供の自立と結婚を機に家を出ようと決意する。その言葉を聞いて、アグネスに向き合うマイケル。子供が巣立ち二人きりの生活が始まったとき、二人が見つけたものは…。

誰かと一緒に生きるとは?いつの時代も変わらぬ愛と夫婦の物語を、最高のキャスト・スタッフで届ける今回の『I DO! I DO!』、大きな期待がふくらむ!

〈公演情報〉
i_do2018_omote_fixw_234
 
ブロードウェイ・ミュージカル
『I DO! I DO!』
脚本・作詞◇トム・ジョーンズ
作曲◇ハーヴィー・シュミット
演出◇大河内直子
翻訳◇広田敦郎
音楽監修◇島健
出演◇霧矢大夢 鈴木壮麻
ピアノ演奏◇江草英貴 松田眞樹
●5/11〜20◎銀座 博品館劇場
〈料金〉8800円(全席指定・税込)
●5/26◎兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
〈お問い合わせ〉アン・ラト info@ae-on.co.jp
〈劇場HP〉http://theater.hakuhinkan.co.jp/pr_2018_05_11.html


【宣伝写真提供/ アン・ラト】



えんぶショップ内全商品セール実施中!


kick shop nikkan engeki