IMG_3705

第一次世界大戦の激動の中、二重スパイとして逮捕・処刑された伝説のダンサー、マタ・ハリを新たな視点で描き出したミュージカル『マタ・ハリ』が有楽町の東京国際フォーラムホールCで上演中だ(18日まで)。

ミュージカル『マタ・ハリ』はフランク・ワイルドホーン作曲、アイヴァン・メンチェル脚本、ジャック・マーフィ作詞という、世界で活躍するクリエーターたちの手により、2016年に韓国で初演されたミュージカル。スパイの代名詞ともなったマタ・ハリの知られざる人生に焦点を当てた作品は、2017年の再演と合わせて累計約20万人を動員した大ヒット作品となった。今回の上演はその日本初演で、マタ・ハリに元宝塚歌劇団トップスターで、現在女優として活躍する柚希礼音、マタ・ハリの運命を変える二人の男性、フランス諜報局の大佐ラドゥーとその部下アルマンを、ミュージカルスターとして、またアーティストとして進境著しい加藤和樹が日替わりで演じ、そのWキャストには佐藤隆紀(ラドゥー)、東啓介(アルマン)が登場するという、豪華キャストが実現。ミュージカルファン必見の話題作となっている。

IMG_3772

【STORY】
1917年、第一次世界大戦の暗雲たれこめるヨーロッパ。
オリエンタルな魅力と力強く美しい「寺院の踊り」というミステリアスなダンスで、パリのみならず、ヨーロッパ中で大人気を博しているダンサーがいた。彼女の名はマタ・ハリ(柚希礼音)。その踊りを求める声は引きも切らず、戦時下にも拘わらず、同盟国、敵国に関わらず、国境を越えて活動する自由を手に入れている稀有な存在となっていた。
そんなマタ・ハリに目をつけたフランス諜報局のラドゥー大佐(加藤和樹・佐藤隆紀Wキャスト)は、彼女にフランスのスパイとなることを要求する。国に縛られない自由なダンサーであるマタ・ハリは、当然の如くその申し入れを拒絶するが、ラドゥー大佐は、もし断れば、あなたが嘘つきであることを世に知らしめることになる、と、ほのめかす。生きる為に辛酸をなめてきたマタ・ハリは、過去に引き戻されることを恐れ、それを避ける為ならばどんなことでもすると自らを鼓舞する。
同じ頃、マタ・ハリはサインを求める性質の悪いファンに絡まれ、自分を助けようとして怪我を負った戦闘パイロットのアルマン(加藤和樹・東啓介Wキャスト)に出会う。アルマンの存在は、マタ・ハリの孤独な心を揺らし、二人はともに美しい夜明けのパリを眺めて、人生を語りあい、マタ・ハリは己が運命の恋に落ちたことを感じる。
一方ラドゥーの執拗な要求は続き、一度だけスパイをつとめる決心をしたマタ・ハリを、彼女の世話を続けてきた衣裳係アンナ(和音美桜)は、必死に思いとどまらせようとするが、運命を切り開くと誓ったマタ・ハリは、公演旅行で向かったベルリンで、彼女の崇拝者の1人ドイツ将校ヴォン・ビッシング(福井晶一)の邸宅での任務を無事遂行する。だが、フランスとドイツとの間で続けられる謀略戦はすでにマタ・ハリの想像を超えて進み、アルマンへの愛に目覚めた彼女の運命を、大きく歪めていき……。

IMG_3947

人類史上最初の世界大戦である第一次世界大戦下で、フランスとドイツの二重スパイとして逮捕・処刑されたマタ・ハリの名は、のちにスパイの代名詞とさえなったほど著名なものだから、マタ・ハリ=スパイとの認識で、記憶している人は多いだろう。ただ、戦時下でありながらヨーロッパを股にかけて活躍していたマタ・ハリが、何がしかの情報をもたらしたことはあったにもせよ、それらはほとんど戦況に影響を与えるような重大な機密ではなく、彼女は長引く戦争に疲弊したフランス国民の不満を軍部から逸らし、戦意を高揚させるスケープゴートとして利用され、フランス軍の不利益の責任を押し付けられた形で処刑されたということが、現在ほぼ定説とされている。ただ、マタ・ハリの行動や、その真実の姿はほとんどわかっていず、ここにドラマを創る鉱脈がある、と捉えたフランク・ワイルドホーンをはじめとしたクリエーター達の着眼点は見事なものだった。実際、ここには戦時下という過酷な状況の中で、己を守る為に闘い、恋をし、運命に抗いながら信じる道を歩み続けた女性としての、マタ・ハリ像が鮮やかに描かれていて、彼女の行動と運命に観る者を共感させる力がある。これは新作ミュージカルにとって、極めて力強い利点で、ワイルドホーンならではの、多彩で壮大な楽曲にのせて、物語世界が広がる様には、ロマンとスリルがあふれていた。

IMG_4150

そんな作品の日本版演出を担った石丸さち子は、小劇場からこうした大劇場までの演出を自在にこなす逸材として、近年大きな注目を集めていて、今回も彼女ならではの緻密なアイディアが、作品の理解を深めている。まず時にマタ・ハリとアルマンが共に日の出を見る屋上になり、時にパーティ会場を見下ろす部屋になり、時に戦況を監視する兵隊の見張り小屋となるステンレスの階段をはじめとした舞台空間を縦にも使う大がかりな装置のいくつかで、舞台を大胆に埋めつつ、歌舞伎の定式幕を思わせる引き幕という、極めてアナログな手法で、フランス、ドイツを行き来する作品展開の状況説明を、あくまでもさりげなく行っている手腕が光る。両者のバランスが絶妙で、舞台面いっぱいに降り注ぐライトでフランスの三色旗を表す美しい場面があれば、椅子が並べられるだけでマタ・ハリが秘密裏に敵国に向かう汽車の中が表現される場面もあり、作品が壮大なグランド・ミュージカルの趣一辺倒に傾かず、人間ドラマとしての面もきちんと浮かびあがる効果になっていた。大劇場のミュージカルで、このきめ細やかさは貴重だし、アンサンブルの配置も実によく考えられていて、彼らの動きや歌を見るだけでも舞台を観る楽しさが充分に感じられる満足感があった。

IMG_4057

その出演者陣の頂点に立つタイトル・ロール、マタ・ハリの柚希礼音は、まず伝説のダンサーであるマタ・ハリ役を、持ち前の高い身体能力で支えている。舞台に登場した瞬間から観る者を惹きつける華があり、ワイルドホーンの壮大で難易度の高い楽曲もよく歌いこなしているし、ハスキーな歌声ながら高音部に無理がないのも嬉しい驚きだった。思えばダンサーとしていち早く注目を集めた宝塚での新人時代を経て、歌い手としてこの人が化けたのが『スカーレット・ピンパーネル』のショーヴラン役だったから、ワイルドホーンメロディーとの相性が元々良いのだろう。マタ・ハリが経て来た壮絶な過去には、柚希の持つ生来の明るさがややフィットしにくい面は確かにあるが、その陽性な個性があるからこそ、作品がマタ・ハリを描いている以上当然帰結するラストに、どこか救いを与えた効果になっていたのもキャスティングの妙。マタ・ハリが自分の踊りを神に捧げたものだと主張することも、彼女の健康的な持ち味のダンスが過度にセクシーにならなかったことと上手くつながり、上々の主演ぶりだった。

IMG_4455

その柚希とW主演という形で、マタ・ハリ運命の恋人アルマンと、フランス諜報局の大佐ラドゥーを日替わりで演じるという離れ業を成し遂げた加藤和樹が、ミュージカルスターとしての成長を、この困難な挑戦で更に印象づけている。正直なところ、二役があまりにも互いに大役な上、上司と部下として直接会話を交わす場面も多く、両方の役をこなしただけでも感動的なほどだが、アルマンの純粋な恋の表現と、ラドゥーの一癖も二癖もある捻じれた愛情表現との、双方で異なる魅力を見せたのはただあっぱれの一言。歌唱力にも長足な進歩が見られ、これだけ負担の大きな公演を成し遂げたことは、加藤の未来にとって大切な財産となることだろう。 
そのラドゥー大佐のWキャストの佐藤隆紀は、圧巻の歌唱力は言うまでもないとして、演技面での進歩に感嘆させられる。前述したようにラドゥーの愛情表現はかなり捻じれていて、マタ・ハリへの複雑な想いを表すには、相当に高い演技力が要求されるが、それをきちんと描き出していて、最早ただ歌の人ではない、俳優としての存在感を高めたのが素晴らしい。もちろんワイルドホーンメロディーの求める豊かな声量も頭1つ抜けていて、ミュージカル俳優としての佐藤の今後がますます楽しみになった。
アルマンのWキャストの東啓介は、若さからにじみでる生一本な質感が、役柄が持つ甘い二枚目の雰囲気を更に増幅していて爽やか。恵まれた長身の持ち主だが、長身の人特有のどうしても猫背になる癖が、軍服を着た時にやや気になるが、これは経験を重ねれば自ずと改善されていくことだろう。大役に臨んだチャンスを確実に活かしていて、動向に注目したい存在として鮮烈な記憶を残している。

IMG_3972

彼らの周りを固めた人材が非常に贅沢なのも、今回の布陣の特徴で、マタ・ハリの衣装係アンナの和音美桜は、マタ・ハリというスターに自らの夢を仮託してきた人の、慎み深さの中にある情熱を的確に表現している。美しいソプラノばかりでなく、マタ・ハリと交わす同じ会話の受け応えで、状況の変化を鮮やかに描き出したのはこの人の高い地力の賜物だろう。
またフランスの首相パンルヴェに栗原英雄、ドイツ将校ヴォン・ビッシングに福井晶一が揃い、両国の謀略の中にマタ・ハリの運命が定められていく怖さを、浮き彫りにするに十分な存在感をそれぞれが示している。マタ・ハリを逮捕しにくる警官役に二人が扮しているのも、非常に示唆的で、演劇の豊かさにつながる巧みな工夫だった。一方、若いパイロット・ピエールをWキャストで演じた西川大貴と百名ヒロキは、それぞれの持ち味を生かして、戦争の恐怖とそれに立ち向かう使命感を作品に記す役割を果たしている。

IMG_4486
 
他に、ラドゥーの妻キャサリンを少ない場面できちんと印象づけた則松亜海をはじめ、様々な役柄に扮する面々が躍動。「捕らえろスパイを」のナンバー等に代表される、舞台の登場人物でありつつ、真実を暴こうとする視線でもある、という存在に力感があり、作品の演劇的興奮を大きくしていた。
総じて、日本版ならではの新たなチャレンジが数多く観られ、そのチャレンジが醍醐味を生んだ舞台になっている。

IMG_4236

IMG_4537

〈公演情報〉
ミュージカル『マタ・ハリ』
作曲◇フランク・ワイルドホーン 
劇作・脚本◇アイヴァン・メンチェル
作詞◇ジャック・マーフィー
翻訳・演出・訳詞◇石丸さち子
出演◇柚希礼音、加藤和樹、佐藤隆紀(Wキャスト)、東啓介(Wキャスト)、西川大貴・百名ヒロキ(Wキャスト)、栗原英雄、和音美桜、福井晶一他
●2/3〜18◎東京国際フォーラムホールC
〈料金〉S席 13000円 、 A席 9000円 、 B席 5000円 、 前方サイド注釈付S席 13000円 (全席指定・税込み)
〈お問い合わせ先〉梅田芸術劇場 0570-077-039 
http://www.umegei.com/matahari/




夢幻朗読劇『一月物語』
kick shop nikkan engeki 

【取材・文・撮影/橘涼香】