ウーマン・オブ・ザ・イヤー新ビジュアル2

『タイタニック』『キーン』等のピーター・ストーンによる脚本、『シカゴ』『キャバレー』『蜘蛛女のキス』も手掛けたジョン・カンダー作詞&フレッド・エッブ作曲による華やかな楽曲と笑いあふれる傑作ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』。1981年にブロードウェイで上演され大ヒット!トニー賞4冠に輝いている。

【STORY】
その年の最も輝いた女性に贈られる賞“ウーマン・オブ・ザ・イヤー”の授賞式を控えた人気ニュースキャスターのテス・ハーディング【早霧せいな】。お互い一目惚れでスピード結婚した風刺漫画作家サム・クレッグ【相葉裕樹】との新婚生活をスタートさせ、公私共に順風満帆の筈だったが・・・!?
バリバリのキャリアウーマン<バリキャリ>道まっしぐらのテスは、何よりも仕事が最優先。気付けばサムとの関係には亀裂が生じ、早くも離婚危機に陥ってしまう。愛するサムの事は大切にしたい、でも今まで築き上げてきたキャリアは絶対的なもの。そんな時、テスが取材をした亡命中の有名バレエダンサー【宮尾俊太郎】の思いがけない決断が、彼女の心を大きく突き動かす。家庭と仕事、女性の本当の幸せは、果たしてどちらにあるのか?キレっ切れのテス・ハーディングが目指すパーフェクトな人生とは・・・

才気と美貌を兼ね備え、仕事に奮闘する女性が恋に落ち、家庭を営もうとしたところでぶつかる壁。必要なのは、知性、ガッツ、ハート、そして心を揺さぶること…<その年最も輝いた女性=ウーマン・オブ・ザ・イヤー>に選ばれた女性と彼女を取り巻く人々の笑いあふれるラブロマンスだ!

ウーマン・オブ・ザ・イヤー新ビジュアル1

〈公演情報〉
ミュージカル『ウーマン・オブ・ザ・イヤー』
作詞◇ジョン・カンダ―
作曲◇フレッド・エッブ
上演台本・演出・訳詞◇板垣恭一
出演◇早霧せいな/相葉裕樹  今井朋彦 春風ひとみ  原田優一  樹里咲穂/宮尾俊太郎(Kバレエ   カンパニー)  他
●〔大阪〕5/19〜27◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
●〔東京〕6/1〜10◎TBS 赤坂ACTシアター
チケット発売開始:2月17日(土)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場(10:00〜18:00)〔大阪〕06-6377-3888   〔東京〕0570-077-039
〈公式 twitter〉 @WOMAN_2018



えんぶショップにて会員様限定30%ポイントプレゼント実施中!
kick shop nikkan engeki