s_ミュージカル「陰陽師」_メインビジュアル

本年春に中国での公演を予定しているミュージカル『陰陽師』〜平安絵巻〜、3月に東京で開幕するプレビュー公演に向けて、そのメインビジュアルが発表された。
ミュージカル『陰陽師』は、中国のゲーム会社ネットイースゲームズが制作し、2016年9月に運営が開始されたソーシャルゲーム。細部まで描き込まれた美麗なグラフィックと豪華声優陣の起用で大きな話題となり、全世界で2億ダウンロードを突破。日本では 2017年2月に配信が開始されてから、わずか5カ月で300万ダウンロードを突破している。プレイヤーは妖が蠢く美しき平安時代を舞台に、様々な式神とともに魑魅魍魎と戦い、謎を解き明かしていく。
その舞台化作品となるのがこのミュージカル『陰陽師』〜平安絵巻〜。演出・脚本・作詞は、ミュージカル『薄桜鬼』 や『黒執事』シリーズ『Messiah メサイア』シリーズなどの毛利亘宏が手がけ、「陰陽師」晴明役には良知真次、また黒晴明役には佐々木喜英、宝塚出身の舞羽美海も八百比丘尼役で出演するど、華やかな顔ぶれが揃った。

【解説】
これは、人間と妖怪が共存していた平安時代の物語である。もとより陰界に属していた魑魅魍魎は、恐怖に慄く人々の間に潜んで機会を伺い、陽界の秩序は危機に晒されていた。しかし幸いなことに、この世には天文を読み解き、呪術を操り、陰陽二界を自在に行き来し、霊体を司ることすら可能にする異能者がいた。彼らはそれぞれの能力を駆使して、陰陽二界の協和を保つため、己の命を懸け戦っている。そんな彼らを世の人々は敬意をこめて「陰陽師」と呼ぶ。

【あらすじ】
晴明が目覚めたとき、自身が陰陽師である事と、都を守る義務があるという事以外、全ての記憶を失っていることに気がついた。やがて、神楽や小白などの仲間達とともに、記憶を取り戻す旅に出ることとなる。そんな旅のさなか、仲間達は一人また一人と増え、一行は徐々に力を蓄えてゆく。
遭遇する妖怪が増えていくにつれ、手掛かりも多くなり、一行達は都に忍び寄る大きな影の存在に気付く。この存在が、晴明自身の分身である「黒晴明」であり、都を壊滅させる事を企んでいることを知る。
晴明はこの悪行を阻止しするべく奮闘するが、その背後に潜む更に大きく凶悪な黒幕が存在するとは、この時はまだ誰も気づかずにいた…

【キャラクター&キャスト】
 
s_キャラクタービジュアル_晴明
晴明 (せいめい)良知真次
都で知らぬ者は居ないほどの天才陰陽師。しかし、気づくと自分の記憶が失われていた。失った記憶を取り戻した時に待ち受けるのは美しい思い出か、それとも残酷な真実なのか・・

s_キャラクタービジュアル_神楽
神楽 (かぐら)伊藤優衣
神秘的な雰囲気を醸し出す無口な少女。記憶を失ったことをキッカケに晴明に付き従う。鋭敏な感覚と強大な霊力を持っているが、その過去は謎に包まれている。

s_キャラクタービジュアル_源 博雅
源博雅 (みなもとのひろまさ)三浦宏規
皇室の血筋を引く貴族の青年。弓術と結界術を得意としている。見た目から捻くれ者に見られることもあるが、実は率直な性格。ある人を探し歩いている。

s_キャラクタービジュアル_八百比丘尼
八百比丘尼 (やおびくに)舞羽美海
各地を渡り歩いている名高い占い師。人魚の肉を食べ不老不死となってしまった。夢占いで見た運命の人を鳳凰林で長い間待ち続けている。

s_ミュージカル「陰陽師」_大天狗
大天狗 (おおてんぐ)矢田悠祐
整った顔立ちで、冷たい性格だが強い力を持つ鬼。聴いた者が忘れないような音色を持つ笛の名手である。かつては勇敢な良い鬼で、博雅と共に悪鬼を打ち倒していたが、黒晴明に心酔し、悪鬼へと変わってしまった。絶対的な力にひれ伏し、自ら望んで黒晴明の手下となった

s_ミュージカル「陰陽師」_酒呑童子
酒吞童子(しゅてんどうじ)君沢ユウキ
鬼の頭領で、妖で一番強い力を持っている。紅葉に想いを寄せているが、紅葉は晴明によって悪鬼に堕落させられたと思い込み、晴明のことを憎んでいる。悪鬼となった紅葉を見るのが辛く、酒に溺れるようになり、かつての最強の鬼の姿も失われ、茨木童子にも不満をぶつける。

s_ミュージカル「陰陽師」_茨木童子
茨木童子(いばらきどうじ)遊馬晃祐
強力な力を持つ鬼。単純明快かつ豪快な性格で、何事も戦いによって解決しようとする。唯一、酒吞童子の力を認め、絶大な信頼をおいている。強力な酒吞童子を尊敬し、唯一の友人だと思っており、ずっと酒吞童子を追いかけてるが、いつも避けられている。

s_ミュージカル「陰陽師」_黒無常
黒無常(くろむじょう)平田裕一郎
冥界の案内人、鬼使(おにつかい) 黒無常。生前、白無常の兄で、両親から虐待されて死んだ弟に代わり、復讐を遂げるため、代価として、鬼使・黒無常の役目を引き継いだ。代々、冥界で役人となって、生を受けることができない。一緒に役人となる相手が弟だと知り、喜んで引き受けた。素直で豪快、好戦的な性格。

s_ミュージカル「陰陽師」_白無常
白無常(しろむじょう)内海啓貴
冥界の案内人、鬼使(おにつかい) 白無常。生前、黒無常の弟で、両親から虐待されて死んだ。死後、復讐を遂げるため、代価として、鬼使・白無常の役目を引き継いだ。代々、冥界で役人となって、生を受けることができない。鬼使になる際に記憶を抹消されたため、黒無常が兄だということを忘れている。表には表さないが、実は黒無常のことを非常に気にかけている。穏やかで、礼儀正しく、他人に誠意を持って接する。

s_ミュージカル「陰陽師」_判官
判官(はんがん)片山浩憲
冥界の役人で、生死を司る判官。目が見えぬが、務めをきちんとこなし、冥界で一目置かれている。好き勝手に動く黒無常・白無常兄弟や、閻魔のもとにやってくる妖たちが悩みの種である。真面目な性格で、人間味に欠けているが、閻魔に対しては、絶対的忠誠を尽くす。

s_ミュージカル「陰陽師」_雪女
雪女(ゆきおんな)七木奏音
黒晴明の式神。冷たく、吹雪を巻き起こす。心も冷え切っており、すべてのことに無関心で、黒晴明の命令だけに従う。黒晴明に忠誠を尽くし、彼のためなら自分の命まで差し出すことができる

s_ミュージカル「陰陽師」_紅葉
紅葉(もみじ)門山葉子
朽ち果てそうになっていたところを晴明に救われた過去を持つ。それ以来、晴明に恋心を抱き、楓林で待っているが、晴明に似た何者かにそそのかされ、人を喰らい、悪鬼へと変貌した。、晴明に対して強い独占欲がある。

s_キャラクタービジュアル_黒晴明
黒晴明(くろせいめい)佐々木喜英
都に陰の気を落とす張本人。分離された晴明の片割れで、記憶の全てと、心の闇を受け継いでいる。都の人々の憎みを受けて、また虐待されたことで都を憎んでいる。都に復讐し、都を完全に壊滅させようとする。そして力のある晴明と再び完全体となり、共に都を支配することを望んでいる。


〈公演情報〉  
ミュージカル『陰陽師』〜平安絵巻〜
原案◇本格幻想RPG「陰陽師」より (NetEase Inc./All Rights Reserved)
演出・脚本・作詞◇毛利亘宏
音楽◇佐橋俊彦
振付◇本山新之助
出演◇
良知真次/三浦宏規/伊藤優衣/舞羽美海/矢田悠祐/君沢ユウキ/遊馬晃祐/平田裕一郎/内海啓貴/片山浩憲/七木奏音/門山葉子/佐々木喜英/
西岡寛修 笹原英作 服部 悠 杉山諒二 松ヶ谷ほのか 渡邉 南 光岡茉美 佐竹真依
●プレビュー公演/3/9〜18◎東京 日本青年館ホール
●本公演/北京、上海、深セン(予定)予定 
〈料金〉S席 8,800円 A席 7,800円(全席指定・税込)
〈一般発売日〉1月21日(日) 10:00〜 
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)


cMusical OMJ 2017
 



えんぶショップにて会員様限定30%ポイントプレゼント実施中!
kick shop nikkan engeki