0024

斬新な振付と深い人間愛で精力的な創造を続ける謝珠栄が、全幅の信頼を置く後輩たち=宝塚OG、そして歌唱力に優れたミュージカル俳優、気鋭のダンサーを選りすぐって新たに生み出す新感覚オリジナルショー Cosmos Symphony『Pukul』〜時を刻む愛の鼓動〜。その舞台が12月9日〜16日に東京・日本青年館ホールで、12月21日〜25日には大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演される。
 
『Pukul』とは内面が活力を得て動き出す「鼓動」に、時を知らせる意味も持ち合わせたマレー語で、歌×ダンス×プロジェクションマッピングと、回り続ける大がかりなセットで、壮大な時間の旅が描かれる。ACT1では、インド舞踊やグルジニアンダンス等、アジアをはじめ各国の音楽や民族舞踊の要素を取り入れつつ、星たちの誕生と、美しくも時に脅威ともなる自然を神秘的に描く。また、ACT2では、馴染みあるジャズやポップスで、この地球で命を授かった人々の人生をスタイリッシュにたどっていく。
 
そんな作品を共に創るメンバー、宝塚退団後も数々のダンス公演で共に汗を流してきた盟友である湖月わたると水夏希。そして台本・演出・振付を手がける謝珠栄が、挑戦に次ぐ挑戦だという稽古場で、作品への想いを語り合ってくれた。
 
0002

壮大なスケールを持った宇宙の創造

──まず『Pukul』というタイトルに込められた想いから教えてください。
 はじめはリズムを現す言葉をつけたいなと思っていて、「鼓動」という言葉は心臓の動きともう1つ、内面にひそむものが活力を得て動き出すという意味があると知って、内面から出てくるものに突き動かされている表現者にはピッタリの言葉だなと思ったんです。その中でまた宇宙の成り立ちや、人の一生も描きたいと思っていたことで、「時間」を現す言葉もずっと探していたところ、マレー語の「Pukul」には、その両方の意味合いがあるとわかったんです。「プクル」という語感も可愛いでしょう?
湖月 可愛いです、本当に!
 だから『Pukul』にしようと思ったんだけど、ちょっと覚えにくいみたいね(笑)。
 「プ…プ…、なんでしたっけ?」と、言われたりしました(笑)。
湖月 「プルル」って書いてあった譜面もありましたよ!(笑)。
──このショーをきっかけに覚えてくださるといいですね。その作品ですが、先日冒頭のシーンが公開されましたが、星々や銀河の誕生という場面がとても壮大で、「おぉ!」と思ったのですが。
 あれはほんのさわりですから。
湖月 あそこから本編がはじまるので!
 まだ楽なところですよね(笑)。
──さらにすごいスケールなのですね。お二人は作品については今、どのように捉えていますか?
湖月 謝先生ならではの壮大な、人として忘れてはいけない大切なものをテーマにされたすごい作品になると思っています。まず始めにコンセプトと音楽を頂いた時には、いったいこれだけ壮大な世界を、どうまとめられるのだろう?と想像がつかなかったのですが、場面ができてくるたびに「謝先生すごい!」と。大きなテーマを具体化していかれて、盆の使い方などもすごいんです。本番でも人力で回してくださるそうで。
──青い美しいセットですね。公開稽古では人が回していましたが、本番でも?
湖月 そうなんです。しかも始まったらセットの中にずっと入りっ放しで回してくださるので、感謝してもし足りません。そういうスタッフさんのお力もあって、先日、作品を最後まで通せたのですが、ラストのナンバーを歌い踊り、前に滑り込んだ瞬間に心の中が浄化された気がしました。
謝 それは演者だけでなく皆が感じていて、スタッフさんたちも観ていて涙が出たと言ってくれました。
湖月 ありのままの、生まれたての自分に到達できた気がして、お客様にも何か大きなものをお届けできる作品になったのではないかと思っています。
 私はまだひたすら自分のことで必死で余裕がない状態です。私たちはキャストですから、台本もできて、音楽もできて、そのうえで取り組むわけですが、これを全く無の状態から立ち上げた先生やスタッフの方たちには、どれほどのご苦労があり、紆余曲折がおありだっただろうと思います。ここまでの作品を生み出す謝先生のエネルギーは、やはり本当にすごいなと思います。
 盆回しなどは、最初はあんな大がかりなことができるとは想定していなかったんです。でも作っていく過程で、これは時計だな、じゃあ回ったらどうだろう、という発想が生まれて、応えてくれるスタッフがいて、徐々に時間をかけて生み出されていったんです。

0027

どんなジャンルのダンスもこなせるのは宝塚出身だからこそ

──今回、アジアの民族舞踊を多く取り入れようと思われたのは?
 そもそも一番やりたかったことがそこなんです。アジアの様々な民族舞踊を使ったショーを作りたかった。それにはもうタカラジェンヌしかないと。彼女たちにしかできないと確信していました。私は中国舞踊をやっているのですが、中国舞踊は日本舞踊と西洋のダンスの間くらいなんですね。それでまず宝塚では皆日本舞踊をやっているでしょう?
湖月 はい、そうですね。
 でも他のダンサーの方たちで日本舞踊もやってきたという人はほとんどいないの。もちろん中国舞踊は日本舞踊ともまた違う首の使い方だったりするのですが、幅広い経験のある宝塚出身者だったらできるだろうと。中国舞踊と韓国の舞踊はつながっているし、インドネシアの舞踊もつながっているので、全く西洋の踊りと切り離されているわけでもなく、総合的に出てくるんです。これができるのはタカラジェンヌしかいないし、皆誇りに思っていいよと言っています。
湖月 宝塚では本当に色々な国の作品がありますから、様々な踊りを自然にやらせて頂いてきているので。
 私自身も振付家として社会に出た時に、それがすごく役に立ったの。どんなジャンルにも対応できる振付家は、当時いなかったので、これはやっぱり宝塚のおかげだなと。
──やはり宝塚で培ったものが大きく役立っているのですね?
湖月 与えられた課題を絶対になんとかやり遂げる。そこがまず培われていますから。
 たとえば舞台稽古の時、早替わりが間に合わない人がいっぱいいるんです。でも、初日には、全員絶対間に合う!
湖月 そう、初日までには必ずお客様にお見せできるものにする。そのパワーはすごいよね。
水 本当に色々な作品をやってきましたからね。
 小道具1つとってもそうよね。色々なもの持たされることに慣れているから。どんなものを使ってもらっても、決して「嫌です」とか「できません」とか言わずに挑戦してくれるので、こちらも創り甲斐があります。

0022

男性陣が加わる豊かさと、宝塚OGならではの団結力

──それぞれの役柄について教えてください。
湖月 私は「太陽」、アディティアといって、皆にエネルギーを届ける中心的存在として登場させて頂いています。そして水ちゃん演じる「地球」に生命を与える意味で、太鼓の鼓動で息吹を吹き込む役どころです。もう1つ「氷の女王」という役どころがあって、それは地球に試練を与えます。全く逆の二役をさせて頂きます。
謝 やはり太陽の光が届かなかったら、凍っていくわけですからね。その両方をしてもらっています。
湖月 役割が真逆なのできちんと演じ分けたいです。
 私は「地球」で、劇中で「孤独の星地球」という言葉があるのですが、生まれた時には他の星と変わらなかったものが、宇宙で唯一の空気と水を持ち、生命を育み、人間が生まれ、科学を持ち、というストーリーを描いていく作品なので、「孤独な地球」がどんどん豊かになっていく、という風にできたらいいなと考えています。
 あと、蘭ちゃん(蘭乃はな)が「月」なんです。太陽の光を受けて闇を照らしてくれる、私たちにとって必須の存在です。
 普段「星が綺麗」とか「太陽が暖かい」とか、何気なく思っていますけれど、実はすごいことですものね。
湖月 だから、水ちゃんと蘭ちゃんの地球と月のダンスのシーンも、観ていて微笑ましくほっこりしますね。
 三つ星と考えていて「太陽、月、地球」それに、「過去、現在、未来」を現す三神が出てくるので、ちよっと「三」という数字にはこだわっています。
──その三神も含めて男性が加わっているのが、宝塚OGの方が集まって作るショーとしては新しいものだと思うのですが。
湖月 女性がOGだけで、男性も加わってという形は初めてですね。
──やはりそれによって豊かになる部分も?
 それはありますね。立体的にもなりますし、力もあるし。でもダンサーとして確かな力量があって背も高い、という人を揃えるのはなかなか大変でした(笑)。
湖月 毎日彼らの身体能力には感心しています。
 本当にすごい!私は退団して間もなく謝先生の舞台に出させて頂いた時には、メンズの技にチャレンジして、なんとか出来るようになろうとしていましたが(笑)、退めて8年も経つと、男性ができることと女性ができることは違うんだ!ということがよくわかったので(笑)、それにはチャレンジしないことにしました。
 もう8年も経った?
 そうなんです!だから自分のギリギリできる最大限のことにチャレンジしようと思っています。
湖月 皆さん、私たちのこともバンバンリフトしてくれて頼もしいよね。
──そこもまた大きな見どころですね。また、女性陣が全員宝塚OGということで、やはり安心感も?
湖月 それはありますね。
 私にもすごくある。
湖月 ちゃんと意見を言い合えるし、助け合えるし。昨日も蘭ちゃんが「あそこのリフト大丈夫でしたか?」って言ってきてくれて。「あ、やりにくそうだった?」と訊いたら「ちょっと心配でした」って。あぁ、そう見えるんだなと思って、調整ができて。
 確かにそうですね。
湖月 もちろんこちらからも気になったことは言うし。「ちょっと音かけようか?」と言ったら、パッとね。
 自然に集まりますよね。
湖月 そういうことを何一つ決めておかなくても、チームとして団結できるんです。だいぶ世代も違ったりしてるんだけど(笑)。
 蘭ちゃんとか(舞羽)美海ちゃんとか。
湖月 これは宝塚力だなと。
 良い意味でお互い遠慮なくいられますよね。

0046
 

作品に深く入り込む役どころが楽しみなスペシャルゲスト

──また、そこにやはり宝塚OGのスペシャル・キャストの方たちが日替わりで出演されますが、ゲスト出演と聞いていたのとはまるで違う、しっかりと内容の中に入り込んだ役どころですね。
 想像以上でしょう?
湖月 がっつり中に入っていますから。
 あれはゲストじゃないですよね(笑)。
湖月 普通は「ここからスペシャルゲストの方たちのコーナーです」という感じで。
水 単独で出てくるものだと思いますからね。
 でも、それじゃ寂しいと思ったの。やはり皆と1つのカンパニーになって欲しかったし、1つの作品を共に創る仲間でいて欲しかったから。三人とも毎日稽古に来てくれて、一緒にやってくれて嬉しいですね。もう全部出たら?と思うくらい(笑)。
──やはり、三人の方それぞれで、作品の雰囲気も変わりますか?
湖月 これまでは、ゲストの方が歌っているコーナーを毎日出ているキャストが袖から応援しているという感じが多かったのですが、今回は物語の中で一緒なので、ゲストの方によって作品の空気が変わることを、最も感じられる公演になっていると思います。やっぱり全然違うものね、歌の表現も、台詞も。
 姿月(あさと)さん、春野(寿美礼)さん、ゆみこ(彩吹真央)と変わることによって、三神の雰囲気が全く変わるんですよね。本当に楽しみです。
──では、絶対に三回観ないといけませんね!
 そうです! 
湖月 少なくとも三回は観て頂きたいですね!(笑)

0038

上級生、下級生を超えた「同士」で刺激し合い高め合って

──謝先生の演出や振付の魅力を、改めて語るとすると?
湖月 これだけ長年、作品を創り続けてこられて、尽きることのない創作のエネルギーが本当にすごいです。
 本当に、そこがすごいですよね!
湖月 先生の中で「ここでいい」というものがなくて。
 皆に苦労させてるね(笑)。
湖月 いえいえ!私たちダンサーって、筋肉痛が心地良いのと同じで、大変なほどやる気がわくところがあるから。先生がどこまでこの作品を創りあげていくのかが、楽しみです!
 韓国の先生に、私がパッと思いついて「こういうのもあるから、これも入れたら?」と言ったら「えっ?今から入れるんですか?」って驚かれて(笑)。
湖月 「皆さんも大変ね、いつもこんなですか?」と訊かれたので、「はい」と(笑)。
 私はやっぱり観客目線で見てしまうのね。観客の皆さんに楽しんでもらいたい、面白いと思ってもらいたいということを、常に考えているから。自分が見て楽しいと思うものでないと、お客様に楽しいと思ってもらえないだろうと信じているから、「こうしたらもっと楽しいよ!」ということになっていく。
 先生のそのエネルギーや、活力、ビジョンが尽きないから、そこに応えたい!という気持ちにこちらもなっていくんです。なんとかして謝先生に喜んでもらいたい「それ良いね!」と言ってもらいたい、その掛け合いですね。
 それは創り手としては本当に嬉しいことですね。皆が「もういいです」となったら、私も多分それ以上要求しないと思うけれど、皆が食いついてきてくれるから、「まだいけるんじゃないか?」と思える。特に、わたると水の場合は、ダンスが好きだからずっと続けていてくれる。宝塚を退団してからだんだんにダンスから離れていく人も多い中で、彼女たちがいてくれるのは嬉しいですね。
湖月 とくに水ちゃんとは、退団してからずっと一緒にダンスの公演をやってきたので、本当に頼りになる存在です。
 いえそんな、とんでもない!
──そういう、ご縁のあるお二人が互いに感じる魅力は?
湖月 水ちゃんとこんなにご縁ができたのは退団してからなのですが、一見クールな中に、実はすごく情熱があって、探求心もあるし、本当にすごいと思っています。フラメンコ、タンゴ、今回はアジアですが、これをやるとなった時の突き詰め方は尊敬に値する人なので、いつも刺激をもらっているし、家に帰ってもよく水ちゃんのことを考えています。「水ちゃん筋トレしてるかなぁ」とか、「水ちゃん動画見てるかなぁ?」って(笑)。
 私も「あ、この動画、わたさん(湖月)に送ろうかな?」と思って、時間を見て「あ、もう絶対寝てるからやめよう」(笑)と思うことがよくあります。
湖月 同世代の宝塚卒業生として、ダンスに向き合い続ける数少ない同士という感じです。もう上級生下級生という感覚は全然ないですし、一緒に高め合っていきたい、続けていきたい、水ちゃんが頑張ってから私も頑張るって。
 それは本当に同じです。学年は私が下なので、いつもわたさんの後ろを追いかけています。いつもは割りと同じことを一緒にやるという形が多かったのですが、今回は違うジャンルで、太鼓に正面から取り組んでいるわたさんを見て、改めて客観的に、その枯渇することのないエネルギッシュなパワーに刺激を受けています。私は低血圧なので、朝ぐったりしていることが多いのですが、朝からパワー漲るわたさんを見ると「今日も前向きに頑張らなくちゃ!」と思えます。
──そんな信頼篤いお二人をはじめ、素晴らしい皆様が活躍する『Pukul』について、改めてメッセージをお願いします。
 1幕はオールキャストが挑戦の連続です。2幕はガラリと変わって皆が身体に馴染んだダンスや歌のナンバーをご覧に入れます。新しいものが詰め込まれているので、それに挑戦している皆の姿に、「ブラボー!」と拍手が頂けたら、と思っています。
湖月 『Pukul』は、生命の源である私たちの鼓動、生きるエネルギーに満ち溢れたステージになっています。是非劇場に足をお運び頂きたいです。きっと何かを持って帰って頂けると思います。
 本当に百聞は一見に如かずで、この作品こそ言葉で説明するのではなく、目で見て、耳で聞いて、肌で感じて、五感プラス第六感でも感じ取って頂きたいです。全員、命を削ってやっていますので、命の輝きが燃え上がる瞬間を観にいらしてください。

0016


【プロフィール】
0031
しゃたまえ○兵庫県出身。71年宝塚歌劇団に入団。75年退団後渡米。帰国後振付家として東京キッドブラザース、夢の遊眠社、こまつ座、劇団四季、宝塚などで活躍。85年にTSミュージカルファンデーションを設立し、90年より本格的に演出家へと転向。数々のオリジナルミュージカルの企画・製作し、話題作を発表し続けている。第43回芸術選奨文部大臣新人賞、第20回菊田一夫演劇賞のほか、第43回紀伊國屋演劇賞個人賞、第16回 読売演劇大賞最優秀スタッフ賞、第34回松尾芸能賞など多数受賞。

0039
こづきわたる○埼玉県出身。1989年宝塚歌劇団に入団。2003年星組男役トップスターとなり、『王家に捧ぐ歌』で文化庁芸術祭優秀賞を受賞。2005年日韓国交正常化40周年記念『ベルサイユのばら』では、宝塚歌劇団初の韓国公演を成功に導いた。2007年『DAMN YANKEES〜くたばれ!ヤンキース』で女優デビュー。『カラミティ・ジェーン』、『愛と青春の宝塚』、『絹の靴下』、『クザリアーナの翼』等舞台を中心に活躍。女優としてはもちろん、ダンサーとして圧倒的な存在感を持ち、2015年『CHICAGO』アメリカカンパニー来日公演では唯一日本人女性としてヴェルマ役を好演。ダンス、ミュージカル、ストレートプレイと幅広く活躍中。

0049
みずなつき○千葉県出身。1993年宝塚歌劇団入団、2007年雪組男役トップスターに就任。宝塚歌劇の代表作『ベルサイユのばら』では、オスカル、アンドレなど主要4役を演じ、宝塚初の天覧公演の主役も務めた。2010年退団後は、舞台を中心に活動中。主な出演舞台は『7DOORS〜青ひげ公の城』、『客家〜千古光芒の民』、『屋根の上のヴァイオリン弾き』、『新版 義経千本桜』、『FLAMENCO CAFE DEL GATO』、ブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚OGバージョン、『エリザベートTAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』、ミュージカル『アルジャーノンに花束を』『パンク・シャンソン』〜エディット・ ピアフの生涯〜』ミュージカルコメディ『キス・ミー・ケイト』『ラストダンス−ブエノスアイレスで。〜聖女と呼ばれた悪女 エビータの物語』など。

〈公演情報〉
Cosmos Symphony『Pukul(プクル)』〜時を刻む愛の鼓動〜
構成・演出・振付◇謝珠栄
出演◇Regular Cast:湖月わたる、水 夏希、蘭乃はな、舞羽美海、坂元健児、大貫勇輔、島地保武/岡 幸二郎
千田真司、神谷直樹、田極翼、舞城のどか、鶴美舞夕
Special Cast:姿月あさと、春野寿美礼、彩吹真央(日程別出演)
●東京公演 12/9〜16◎日本青年館ホール
●大阪公演 12/21〜25日◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〈料金〉東京公演/S席11,000円 A席7,000円、大阪公演/11,000円
〈お問い合わせ〉東京公演 0570-077−039(梅田芸術劇場)
 大阪公演 06-6377-3888(梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)
〈公式ホームページ〉http://www.umegei.com/schedule/654/
 



【取材・文/橘涼香 撮影/岩田えり】




お得なチケット販売中!『HEADS UP!/ヘッズ・アップ!』
kick shop nikkan engeki