s_1.(右から)浅丘ルリ子、香寿たつき

新国立劇場では、人工知能と人間の幸福をめぐる注目の舞台『プライムたちの夜』が、11月7日に開幕した。
 
この作品『プライムたちの夜』は、現代欧米戯曲を日本で初演する企画の第5弾で、アメリカの新進作家ジョーダン・ハリソンによる戯曲。2014年、ロサンゼルスでの初演直後から反響を巻き起こし、2015年にピュリッツァー賞の最終候補作品となり、オフ・ブロードウェイでの再演、さらには映画化され、2017年サンダンス映画祭でプルミエ公開され高い評価を得ている。
 
演出を手がけるのは、新国立劇場芸術監督の宮田慶子。出演は、宮田の熱望により新国立劇場初登場となる浅丘ルリ子、さらに香寿たつき、相島一之、佐川和正という演出家の信頼あついメンバーが顔を揃えている。

s_2.(右から)浅丘ルリ子、相島一之、香寿たつき

【ものがたり】
とある家の居間、85歳のマージョリー(浅丘ルリ子)が、30代のハンサムな男性(佐川和正)と会話している。だが、昔の二人の思い出に話が及ぶと、その内容に少しずつ齟齬が生まれる。戸惑うマージョリー。実はその話し相手は、亡き夫の若き日の姿に似せたアンドロイドだった。薄れゆくマージョリーの記憶を何とかとどめようとする娘夫婦(香寿たつき、相島一之)。愛する人を失いたくない家族の愛をテクノロジーはどこまで補えるのだろうか......。

愛した故人をアンドロイド ―プライム― としてもう一度蘇らせる。だが、「この人はこういう人だった」と、データをインプットするのはもちろん人間である。これは近未来を舞台に、人の記憶と永遠の愛をテーマにした、少し切なく、胸が暖かくなる物語。 
 

フォトコールと囲み取材映像はこちら

〈公演情報〉
開場20周年記念公演
『プライムたちの夜』
作◇ジョーダン・ハリソン 翻訳:常田景子
演出◇宮田慶子
出演◇浅丘ルリ子 香寿たつき 佐川和正 相島一之
●11/7〜26◎新国立劇場 小劇場
〈料金〉A席 6,480円円 B席 3,240円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999




【資料提供/新国立劇場 撮影/谷古宇正彦】



チケット全品最大で60%OFF!
kick shop nikkan engeki