DSC_7682

舞台芸術集団・地下空港の最新作『ポセイドンの牙』Version蛤が、10月13日から紀伊國屋ホールで上演される(21日まで)。
 
地下空港は、1999年の旗揚げ以来、[劇場に旅をする]をテーマに、空間芸術と比喩的寓話を融合させたオリジナルの演劇スタイルを確立している。全作品の脚本・演出を手がける主宰の伊藤靖朗は、2014年にはウェールズ国立劇場の招聘を受けて渡英。現地でのリサーチを経て、2016年に発表した音楽劇『赤い竜と土の旅人』では、「CoRich舞台芸術まつり!2016春」の準グランプリを受賞。2017年3月には、移動型参加型演劇『Safaring The Night』を上演するなど、意欲的な作劇で高く評価されている。今回の舞台は、2016年5月に紀伊國屋ホールで上演された『ポセイドンの牙』の改訂版にあたる。

【あらすじ】 
ナカツ県の乙亀(オトガメ)市にある水産高校に通う陽気なバカ男子仲間・スイサンズたちはある日、自治体の資金難から母校がなんと防衛人材育成高校(男子校)へと変わる計画を聞く。海と女子と夢と女子を愛するスイサンズはそれを阻止するべく、乙亀市海外のスニオ岬の海底に沈むと伝わる「黄金の釣針」を手に入れようと画策。しかし期を同じくして、海底に沈む太古の神々がその「釣針」をめぐり動き出すのであった…。

物語の中心となる陽気な男子高校生たち「スイサンズ」。そのリーダー格の須永宇宙期役に初舞台となる前田航基。親が牧師のインテリ道井磨多井役に初演にも出演していた原嶋元久。貝類オタクの葛崎賢人役に小早川俊輔、エロで頭がいっぱい生方英役に小松準弥、スイサンズのバカ筆頭・萩原安打尊役に森田桐矢。ヒロインとなるスイサンズの憧れの武闘派美少女・寅一知花役に山下聖菜。さらにスイサンズたちの担任教師・豊玉エリー役に、元宝塚歌劇団トップ娘役の愛原実花、海神・ポセイドン役にはキャラメルボックスの看板俳優の岡田達也と豪華出演陣が揃う。
この作品で、ストーリーに重要な役割を果たす岡田達也と愛原実花、そして作・演出の伊藤靖朗に、今回の公演への抱負を聞いた。

DSC_7705
愛原実花、岡田達也、伊藤靖朗

トリックスターのポセイドンとスペシャルなエリー先生

──岡田達也さんと愛原実花さんは初共演だそうですね。
岡田 そうなんです。初めましてです。
愛原 初めてお会いした時は笑顔が優しい印象でした。
岡田 いやいや、劇団ではドラえもんのジャイアンと呼ばれて、後輩相手には暴れてばっかりで(笑)。
愛原 そうなんですか!意外です。
岡田 愛原さんの印象は、「お綺麗な人だな」という。でも、初めて挨拶するときに「綺麗ですね」と言うと「なんだこいつ?」と思われるから、怖くて言えなかった(笑)。
愛原・伊藤 (笑)。
──地下空港の印象についてはいかがですか。
岡田 初出演させていただきますが、伊藤さんはパフォーマンスを使った表現が好きな方で、セリフにリズムを求める人なのかなと。そして、動きのある演劇を作る人という印象です。僕自身はわりと落ち着きのない人間なので(笑)、じっくり芝居をやるよりも動くほうが得意なので、相性がいいなと思っています。
愛原 私も初出演ですが、プライベートでも仲良くしている地下空港の田代絵麻さんに「アットホームだから全然緊張しなくて大丈夫」と聞いていたので、とても楽しみにしていたんです。実際に稽古が始まったら、本当に男子校にいる感じです。
岡田 そのままスイサンズだもんね(笑)。
愛原 伊藤さんはその中で、ピリッとしているところはピリッとしているし、でも、みんなで稽古前のウォーミングアップをするときなど、生徒の1人みたいに一緒にアップをしていらして、とてもチャーミングで可愛らしい人だなと。
伊藤 大人げないだけですよ(笑)。
愛原 私は緊張してしまうタイプなので、ザ・劇団といった感じよりも、こういう、みんなで一緒に和気藹々とやらせていただけるのが好きなので、朝起きて毎日稽古場に行くのが楽しみです。
──それぞれの役柄についても伺いたいのですが、愛原さんは堅物の英語教師、豊玉エリーですね。
愛原 エリーは前半から一字一句を大切にして、セリフにあるメッセージを、きちんと伝える重要な役割なのですが、岡田さんもおっしゃったように、セリフの1つ1つにリズムがあり、メッセージが込められているので、胸にグサリと刺さりますし、気が抜けないです。
伊藤 エリー先生はスペシャルな存在なので、愛原さんがどういう風に表現するのか楽しみです。一番パワーをぶつけて欲しい役どころですし、おそらく愛原さんにしかできないエリー先生を、示されることになるだろうなと予感しています。
──岡田さんの役は海神ポセイドンですが、どのように捉えていますか。
岡田 トリックスターですね。そしてスイサンズの若者にとって、どれだけ迷惑な高い壁になれるかですね。はた迷惑な存在であればあるほどいいんだろうなと思っています。そうすればこの作品がますます面白くなる気がしています。
伊藤 その通りです。岡田さんは、キャラメルボックスの『鍵泥棒のメソッド』を拝見させていただいて、立ち姿やセリフからすべて研ぎ澄まされていて、岡田さんご自身の美学を持った人だと思いました。
岡田 いやいや(笑)。
伊藤 演出としては、その岡田さんの美学をどう爆発させて、ジャイアンぶりを(笑)、発揮できるようにするか考えたいですね。
岡田 めんどくさいぐらいのツッコミ気質ですけど、大丈夫ですか? 
伊藤 それは大いに出してください(笑)。

DSC_7698

所詮お芝居という前提を崩さないこと

──今回、お二人が客演することについての期待は?
伊藤 ご一緒できることは光栄で、本当にありがたいです。岡田さんは昔から拝見していて、まさにキャラメルボックスの顔ですから、その方を『ポセイドンの牙』に迎えられるのはとても幸せです。そして、愛原さんはそのまま妖精みたいな方なので。
愛原 ええっ?!
岡田 フェアリー実花ですね(笑)。
伊藤 予測不能な輝きをフワーッと持っていらっしゃるなと。
愛原 伊藤さんは、私が稽古で不思議なリアクションをすると、本当に驚かれたりするんですよね。
伊藤 独創性が凄いんです(笑)。とにかく輝いているお二人なので、思いきりそのパワーを炸裂させてほしいというのが、僕の願いです。とんでもない舞台になるに違いないという期待がふくらんでいます。
──この作品は海洋冒険アドベンチャーですが、キャラメルボックスもSFやファンタジー作品を沢山上演していますね。
岡田 成井豊はファンタジーを作るとき、一生懸命だけれど所詮お芝居という前提を崩さないんです。お芝居だからなんでもありで、お芝居だからこそ真剣にやるというラインを外さない。一本筋が通っているんです。無理に現実っぽく見せようとして、現実と虚構をフラフラするような芝居をしないところが、成井と伊藤さんに共通しているところかなと思います。書かれていることは本気でやる、だけどやっぱりお芝居である、ということを忘れない。
伊藤 虚構と現実をお芝居でしっかり区別しているということですか?
岡田 ええ。現実感を出すように演じるんだけども、現実感だけではお芝居は見世物にならないと思うんです。エンターテインメントとして、生身の人間がなりきるのではなく、ちゃんと演じていますという姿勢を崩さないのが、成井の教えなんです。そこが伊藤さんは似ていらっしゃいます。
伊藤 それは嬉しいですね。
──愛原さんは、こういうファンタジーの舞台は初めてですか。
愛原 初めてです。楽しいですね。岡田さんがポセイドンとして稽古場に入られた瞬間、ピシッとした空気に変わりました。
岡田 ウソウソ(笑)。
伊藤 いや、本当にそうでした。
愛原 ポセイドンは海の王ですから、ポセイドンに掴まって海に行くというお芝居をさせてもらった時に、雰囲気があってフワーッと思わずついて行きたいと思わせてくださいました。

DSC_7667

なかなかないような贅沢な舞台になります!

──スイサンズは10代の高校生で、実際に前田航基さんをはじめフレッシュな俳優が多いですね。ベテランとしては稽古場でどう引っ張っていこうと?
岡田 引っ張るというよりも早く仲良くなって、ガシガシ突っ込んでジャイアンのようにいじめていけたらいいなと(笑)。
伊藤 どんどんお願いします(笑)。
岡田 少しだけそういう気配を振りまいておいたつもりです(笑)。そして、稽古中は気を抜けないぞという雰囲気は常に持っていたいですね。
愛原 私は宝塚にいて女性ばかりで、小学校から女子校で、男兄弟もいなくて、男性がほとんど周りにいない環境で大人になったんです。ですからスイサンズの子たちが、男子校のノリで「先生!」みたいにガツンとくるのに最初は戸惑ったんですけど、私も引っ張るというよりも、そのとき感じたままをエリー先生として素直にリアルに表現した方が、みんなのためにもいいのかなと思っています。
伊藤 お話を聞いていると、本当にこのお二人に参加してもらって良かったと思います。ポセイドンの岡田さんが稽古場に入られて、この作品の心臓が脈動して生き始めた感覚がしました。だからこのまま鼓動を続けてもらいたいです。実花さんにはこの環境をどんどん楽しんでほしいですね。ものすごく真面目な方なので、こちらの要求にどう応えようか真剣に悩んでくださいますが、自由に実花さんのもっているフェアリーの魔法を発揮して、すべてを覆すように舞台を変えてしまっていただきたい。そんなお二人をお迎えして海洋アドベンチャーをお届けできることが嬉しいですし、なかなかないような贅沢な舞台になると思うので、ぜひ劇場にお越しください。

DSC_7595
おかだたつや○鳥取県出身。92年、演劇集団キャラメルボックスに入団。以降、劇団公演に数多く出演、二枚目からコミカルな役どころまで多彩に演じる。近年は外部公演にも積極的に参加、俳優としての幅を広げている。最近の出演作品は、『鍵泥棒のメソッド』『世襲戦隊カゾクマンII』など。

DSC_7521
あいはらみか○東京都出身。04年宝塚歌劇団に入団。09年雪組トップ娘役に就任、10年9月『ロジェ/ロック・オン』で退団。以降、女優としてドラマや舞台で活躍中。最近の舞台はミュージカル『ザ・オダサク』『熱海殺人事件』『グレイト・ギャツビー』ミュージカル『ナイスガイinニューヨーク』など。
 
DSC_7616
いとうやすろう◯静岡県出身。作・演出家。1999年、舞台芸術集団地下空港を旗揚げ。全作品の作・演出を手がける。2017年5月には渡英し、共同脚本&俳優として演出家ブリジット・キーハンの新作『Project Hush』に参加。主な作・演出舞台に『赤い竜と土の旅人』『サファリング・ザ・ナイト』など。

〈公演情報〉 
056_PR

 
メディアミックス・ジャパン プロデュース公演
『ポセイドンの牙』Version蛤
作・演出◇伊藤靖朗
出演◇前田航基 原嶋元久 小早川俊輔 小松準弥 森田桐矢 山下聖菜/森山栄治 汐崎アイル 渡辺和貴 西丸優子/野田孝之輔 野々目良子 竹岡常吉 鎹さやか 大塚由祈子/愛原実花 岡田達也
●10/13〜21◎紀伊國屋ホール
〈料金〉一般 7,500円 18歳イカシート4300円(全席指定・税込) 
〈お問い合わせ〉メディアミックス・ジャパン03-6804-5456(平日12:00〜18:00)



 
【取材・文・撮影/竹下力】




タクフェス『ひみつ』
kick shop nikkan engeki