IMG_3577

10月28日からKAAT神奈川芸術劇場ホールで開幕するブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』の製作発表&楽曲披露イベントが、ハロウィンシーズン到来にわく横浜みなとみらいで華やかに開催された。

ミュージカル『アダムス・ファミリー』は、映画などでも広く親しまれているアメリカを代表する漫画家チャールズ・アダムスの一コマ漫画を基に、2010年、『ジャージー・ボーイズ』のマーシャル・ブリックマン&リック・エリスの台本、『ビッグ・フィッシュ』のアンドリュー・リッパの作詞・作曲により創作されたブロードウェイ・ミュージカル。日本では白井晃の演出により2014年青山劇場で初演。ゴシックテイストにあふれたユニークなおばけ一家を演じるキャストと、心に残る優れた楽曲が大きな喝采を集めた。

そんな作品の3年ぶりとなる再演がこの度実現。ミュージカル界の豪華新メンバーも加わって、更にオールスターキャストで白井晃が芸術監督を務めるKAAT神奈川芸術劇場の舞台にパワーアップして登場することとなり、その製作発表を兼ねた楽曲披露イベントが10月1日に催された。

IMG_3492

みなとみらい線のみなとみらい駅に直結するMARKS IS みなとみらい1階のグランドガレリアは、観覧スペースはもちろんのこと、吹き抜けになった2階、3階にもこのイベントを心待ちにする人、人、人でぎっとりと埋まり、熱気は最高潮。そこへ「オーバーチュア」も高らかに、ゴメスの橋本さとし、モーティシアの真琴つばさ、ウェンズデーの昆夏美、バグズリーの庄司ゆらの、フェスタ—叔父さんの今井清隆、グランマの梅沢昌代、執事・ラーチの澤魁士が舞台と全く同じ扮装で登場。ミュージカルの開幕を飾る「我らアダムス」が歌い踊られ、早くも会場は「アダムス・ファミリー」の世界一色。観覧者からは大きな拍手と歓声が沸き起こった。

IMG_3527
IMG_3546

続いて、モーティシアをWキャストで演じる壮一帆、おばけ一家であるアダムス・ファミリーに対峙する人間の一家、ルーカスの村井良大、アリスの樹里咲穂、マルの戸井勝海、そして演出の白井晃も登場。全登壇者が揃ったところで、それぞれの挨拶、更に質疑応答が行われた。
 
IMG_3574
IMG_3839
戸井勝海 樹里咲穂 梅沢昌代  澤魁士  真琴つばさ 橋本さとし 壮一帆 今井清隆 村井良大 白井晃
手前/庄司ゆらの 昆夏美

【登壇者挨拶】

IMG_3598
白井晃
 皆さん、今日はたくさんご来場いただきましてありがとうございます。演出を担当します白井晃でございます。10月の28日から11月12日まで、この「みなとみらい」の二つ先の駅「日本大通り」にあります神奈川芸術劇場で、いよいよ『アダムス・ファミリー』の幕が開きます。この作品は世界的に有名になった映画『アダムス・ファミリー』のあとに、ブロードウェイでミュージカルになったものを、2014年、3年半前に、日本版として再構築しまして上演したものです。ブロードウェイ・ミュージカルで、お話も音楽もブロードウェイと同じなのですが、演出、振付は日本のオリジナルで作りました。おこがましいのですが、もしかしたら本家本元よりも面白いんじゃないか(会場から拍手)、あ、ありがとうございます、それくらい本当に楽しい舞台になりまして、そんな作品が私が芸術監督を務めますKAATで上演されることになり、非常に楽しみに致しております。この素晴らしいキャストの皆さん、どこからどう見てもアダムス・ファミリーにしか見えない、太平洋を渡ったら少しだけお茶漬け味になったかな?(笑)という感じはありますが、まったくもって日本でやるにはこの人たちしかいないという、素晴らしいキャストの皆さんに集まっていただきました。素晴らしい歌、素晴らしいダンス、おばけの話なのですが、とても楽しくて、何回観ても楽しめる作品になっているのではないかと思います。どうぞ皆様、よろしくお願いします。ありがとうございます。
 
IMG_3609
橋本さとし
 皆様ありがとう〜!!(会場から大拍手)。私たちはおばけです。本当はこの時間に出てきてはいけない者なんです。太陽の光にはものすごく弱いはずなんです(笑)。ですけれどもなんでここに出てきたのか、それは皆様に観て頂きたいミュージカルがあるからなんです!(拍手)最高のミュージカルです!劇場は二つ先の駅にあるKAATです。近くには中華街もあります。そしてちょっと行けば海を見ることもできます!いいですよ、最高ですよ、『アダムス・ファミリー』を観て、海を見て、そして中華街で美味しい中華料理を食べて帰る。最高のツアーが皆様を待っていると思いますので、是非劇場でお会いしたいと思います。さっき後ろで待っている時に蚊が飛んでまして(笑)、蚊が僕の耳を刺したみたいです。血が流れていないはずなのにかゆいんです(笑)。そしておばけなのに今、めちゃくちゃ汗をかいてます(笑)。ですけれども、それぐらいの情熱をもって皆様に是非観に来て頂きたいと思っているんです!皆さん、最高のミュージカルです!是非KAATでお待ちしております!

IMG_3623
真琴つばさ 再演に際して演出の白井さんよりテーマを頂きました、「妖艶」。妖しい美しさをお届けしたいと思います。そして、Wキャストということでこの面白い『アダムス・ファミリー』が百万倍面白くなります。是非ともこの横浜の地で私たちアダムス・ファミリーをどうぞ皆様応援してください!よろしくお願いいたします。

 IMG_3625
壮一帆 はじめてのモーティシア役を演じます。先輩の背中を見習って、家族を大きな愛で包みたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_3632
昆夏美 こんにちは、ウェンズデーです。(にこりともせず、役になりきっての話しぶりに笑いが巻き起こる)大好きな家族と過ごしていたのですが、人間の男の子を好きになりました。観に来てください(拍手と笑)。

IMG_3637
 村井良大 人間その1、ルーカスを演じます。ウェンズデーと結婚できるように頑張りますので、どうぞ皆様観に来てください。よろしくお願いします。

IMG_3643
樹里咲穂
 人間その2、アリス役の樹里咲穂です。「息子好き、亭主元気で留守がいい」(笑)よろしくお願いいたします。

IMG_3649
戸井勝海
 人間その3、戸井勝海です。「頑固者、妥協の文字は見つからず」(笑)よろしくお願いします。

IMG_3651
 澤魁士 ウーオー(うなり声のみ・司会者が通訳し「高いところから失礼します。ラーチ役の澤魁士です。よろしくお願いします」)

IMG_3653
 
庄司ゆらの パグスリーです。拷問が大好きです。お願いします(笑)。

IMG_3657
梅沢昌代
 初参加、最年長、百歳を超えて人生ひと花咲かせたい。グランマです。

IMG_3665
今井清隆
 見た目と裏腹に誰よりも心優しいフェスタ—です。誰よりもこの再演を心待ちにしておりました。新メンバーが加わって更にパワーアップした『アダムス・ファミリー』になっています。是非観に来てください!よろしくお願いします。

【質疑応答】

──大変ヒットした初演ですが、再演に際して新たに気づかれたこと、またここは変えたくないというところなどありましたら教えてください。
白井 演出的には初演で楽しませていただきましたので、その形を遵守しながらやっていきたいなと思っているんですが、新しいメンバーも加わって、アダムス家と人間であるルーカスの家族とが融合していく様が、もっと明確になっていくといいなと思っています。ナンバーも同じなのですが、更にパワーアップしておりますので、その辺が見どころではないかと思います。この作品の初演は今はなくなってしまった青山劇場だったんです。ただ、この作品を再演するにあたり、関東ではKAATだけで上演するということになりまして、KAATは舞台と客席がとても良い関係にありますので、むしろ青山劇場よりもKAATの方が最終的には良い作品になるんです。はい、絶対になるんです。本当にそうなんです!なので、そこを目指してやっていきたいと思います。

IMG_3698

──再演が決まられた気持ち、また初参加の皆さんは出演が決まられた時の気持ちを教えてください。
橋本 再演が決まった時、ゴメス役、僕で良かったなと思いました。よくあるんですよ、再演だけど他の人がやっているパターンって(爆笑)。あぁ橋本さとしだった、ということでひとつ役者としてはとてもホッとしました。このゴメスという役は自分にとってすごく大事な役ですし、稽古場からこのメンバーにファミリー感があって、皆さんがこの作品の為に一丸となった気持ちっていうのは、初演も再演も変わらない中で、自分がいられるのがとても嬉しいです。その良い空気感をKAAT、そして大阪、富山とそのまま皆さんに伝えていきたいなと思います。
真琴 (モーティシアになり切って)あら嬉しい(爆笑)。
 初演からやっていらした皆様の輪に入るのは、想像以上に大変だなと思っているところですけれども、とにかく人の倍稽古をして、1回1回集中して演じていきたいと思っています。参加できて嬉しいです。
 初演の思い出は本当にたくさんあって、毎日本当に楽しかったので、再演が決まった時は「やったー」と思ったのですが、新しいキャストの方々と初演よりもパワーアップしなければならないという思いで、ここにいるファミリー、そして今ここにはいないけれども「祖先」というアンサンブルの皆さんとも一丸となって、皆様にお届けします!
村井 僕は今回からの参加となります。僕らの家族は全部初参加ですので、家族一丸となってアダムス・ファミリーに立ち向かっていく力と、全員でこの作品を楽しみながら、『アダムス・ファミリー』にしかない空気感をとらえながら、劇場に持っていけたらいいなと思っています。
樹里 私はブロードウェイで初演の『アダムス・ファミリー』を偶然観ておりまして、本当に純粋に楽しんでいたのですが、中でも印象に残っていたのが「あの黄色い服を着たお母さんの役いいな」と思っていて。そんなことを漠然と思ってきたら、ふいに私の前にアリス役がやってきて、幸せなんてものではないくらい嬉しかったです。頑張りたいと思います。
戸井 今、途中まで立ち稽古をしているんですが、観ていると本当に普通の人がいないんですよ。我々人間としては、お客様目線で、舞台の上でアダムス・ファミリーに翻弄されたいなと思っています。
庄司 私も初参加させていただくのですが、参加させていただくと決まった時に、皆さん豪華な方々でこの中で本当にできるのかな?と不安だったのですが、とても楽しい現場なので、皆さんにも楽しい舞台をお届けできるように頑張っていきたいなと思います。
 ウー(司会者から「頑張りますとおっしゃっています」)。
梅沢 稽古場で皆さんの稽古を観ていると観客になって笑っています。橋本さん本当に面白いです。私も珍しい役なので、新しいジャンルが開けるように頑張りたいと思います。是非観に来てください。
今井 (ここで司会者が誤って質疑応答を打ち切ろうとして、平謝りするのに)大丈夫です!頑張ります!(明るい気遣いに大きな拍手)。

IMG_3737

ここから再び歌唱披露が行われ、ウェンズデーの昆夏美とルーカスの村井良大のおばけと人間の恋に横たわる障害に立ち向かう「狂ってる」がパワフルに歌い上げられる。
続いてアリスの樹里咲穂、マルの戸井勝海が歌い継ぎ、やがて4人の大迫力の歌唱へ。全員が歌えるメンバーの、力強さと楽しさが爆発するナンバーに大きな拍手が贈られた。

IMG_3778

更に「死ぬまで生きよう」をゴメスの橋本さとしと、モーティシア壮一帆というこのイベントで初お目見えとなるコンビが披露する。壮の佇まいは美しく微かに退廃的で、真琴つばさのブラックな戯画的造形とはまた一味違う面白さがあり、このWキャストは絶対に双方見逃せない!という気持ちが高まった。

IMG_3801

ここから舞台のクライマックス「愛のタンゴ」につながるところで、楽曲披露はお開きに。「ここからがすごく盛り上がるところなんです!」と訴える橋本の言葉を受けて、「是非それを楽しみに劇場にいらしてください!」との司会者の言葉を、橋本が「うまく締めますね!」と褒めたたえながら楽しい会見は終了。会見の様子を「#我らアダムス」のハッシュタグつきでSNSに投稿した観覧者に記念のキャンディーが配られるなど、今の時代ならではの盛りだくさんな内容に、公演への期待が高まる時間となっていた。

IMG_3857


〈公演情報〉
アダムスPR
PARCO Produce ブロードウェイミュージカル
『アダムス・ファミリー』
台本◇マーシャル・ブリックマン&リック・エリス
作詞・作曲◇アンドリュー・リッパ 
原案・原作◇チャールズ・アダムス
翻訳◇目黒条/白井晃
訳詞◇森雪之丞 
演出◇白井晃
出演◇橋本さとし 真琴つばさ/壮一帆(Wキャスト)  昆夏美 村井良大
樹里咲穂 戸井勝海 澤魁士  
庄司ゆらの 梅沢昌代  今井清隆 他 
●10/28〜11/12◎KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉 
〈料金〉S席12,000円 A席9,000円 U-25チケット6,000円(全席指定・税込) 
大阪、富山公演有り
〈お問い合わせ〉パルコステージ 03-3477-5858




【取材・文・撮影/橘涼香】


会員様限定キャンペーン実施中!

kick shop nikkan engeki