チラシ表面

デパートの老舗中の老舗、日本橋三越百貨店。その中にある三越劇場は今年、開場90周年記念を迎えた。レトロかつ重厚な内装の劇場内は趣きがあり、日本の数々の劇場の中でも特別な存在だ。その三越劇場で、デパートを舞台にした新作オリジナルミュージカル『デパート!』が、11月1日〜7日まで、上演される。

人々の暮らしに寄り添い、根付いてきたデパート。かつてデパートでの買い物が憧れだった時代から、ネットショッピングが盛んになった現代へと時代は変わってきてはいても、デパートは依然としてそこにあり、人は集まる。このミュージカルは、そこで働いている人、お客様、様々な事情を持った人間が織りなす物語。

脚本は劇団「キリンバズウカ」主宰で、映画『くちびるに歌を』の脚本(第8回東京新聞映画賞受賞)と、舞台、映画、TVドラマ等多岐にわたって活躍している登米裕一。音楽はミュージカル『Color of Life』のNY公演に参加、Midtown International Theater Festival AWARDS 最優秀ミュージカル作品賞を受賞した伊藤靖浩。演出はミュージカル『レ・ミゼラブル』にてガブローシュ役、アンジョルラス役、マリウス役。『ミス・サイゴン」ではクリス役で出演、『KAKAI歌会』、オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』で演出を務めた原田優一。
いずれも30代の、新進気鋭の若手クリエイター3人が新作のオリジナルミュージカルに挑戦する。
 
出演者は、出雲綾、太田基裕、岡田亮輔、シルビア・グラブ、染谷洸太(Wキャスト)、橋本真一(Wキャスト)、畠中洋、浜畑賢吉、前島亜美、愛加あゆ(50音順)。ベテランから若手まで、ミュージカル界で活躍する顔ぶれが揃った。

【あらすじ】
創業130年を迎えるスクエアデパート。
いつもと変わらない日常。その裏で従業員たちが様々な問題を抱えていた…。
お得意様係のモリス(太田基裕)はわがままな常連客オズマン夫妻(浜畑賢吉・出雲綾)の対応に追われ、社長のファーガソン(畠中洋)は思うように成長しない息子モリスの事で頭を悩ませている。
フロアマネージャーのビビ(シルビア・グラブ)は若手社員の教育に手を焼き、手を焼かれているナミ(前島亜美)は人の話を聞かないビビに逆に参ってしまっている。
そうした状況を他人事のように見つめていたインフォメーション係のマリ(愛加あゆ)もある出来事に巻き込まれ渦中の人に…。
警備員のイギー(岡田亮輔)、地方からデパートを訪ねてきたピート(染谷洸太/橋本真一Wキャスト)、果ては創業者のトト(畠中洋/2役)まで巻き込み、デパートが 1 年で一番忙しいクリスマスセールは大騒動に……!?

【コメント】
 
演出/原田優一
声を大にして言います。「オリジナルミュージカル」です。昨今、たくさんの日本産ミュージカルがありますが、まだまだ日本で日本人の手によって全てが作られるミュージカルは世界を見渡せばごくごく少ないものです。やはりゼロから生み出すのはとても難しいことだと思いますが、今回新たな作品を作るにあたってとても楽しみなクリエイターとキャストの皆様が集まってくれました。
街のシンボルでもあるデパートで働く人々と、訪れる人々。たくさんの想いが交錯する暖かくて、ちょっぴり笑える人間模様を楽しんでいただければ幸いです。
そして、実際のデパートの中で我々が作り出すデパートの世界を繰り広げるという新たな企画に、全面的なご協力を賜っております日本橋三越様に感謝申し上げます。

脚本/登米裕一
日本ではミュージカル作品は海外から輸入する事が多いのですが、
本当は MADE IN JAPANの作品がもっと増えればいいのになと思っています。そして輸出するくらいになればこの国で幸せになる演劇人がもっともっと増えるのになとも思っています。
この 『デパート!』という作品がいつか海外で上演される 事を夢見つつ、 それくらいの気概で挑みましたが、 それはまた別のお話。
まずはこの初演が皆さまに愛されることを心から願っています。見守ってやってください。 ご来場お待ちしております。

音楽/伊藤靖浩
小さな頃、家族で行くデパートが大好きでした。エスカレーターで登っていくと、各階ごとに色彩が豊かで、色々な物があって。上の階まで登っていくと、ご飯を食べながら一日を振り返れます。まるで、大きなおもちゃ箱のようだなと思っていました。
オリジナルミュージカル『デパート!』にも、様々な人物や、シーンが次々とあらわれます。生演奏にのせて、おもちゃ箱をひっくり返したような音楽をお届けしようと思います。様々なジャンルの作曲をしました。楽しんで聞いていただければ幸いです。

プロデューサー/坂紀史
優れた海外のミュージカルが通年上演される日本において、原作も無いオリジナルミュージカルは規模も小さく、厳しい状況にあると思っています。それでも敢えてオリジナルにこだわったのは、いずれブロードウェイやロンドンのように、日本で作られた作品が海外に輸出され、上演できるような未来を夢見ているからです。日本にも素晴らしい才能のクリエイター、スタッフ、キャストがおります。本作がすぐに海外で上演されるようになるかというと、そんなに甘くはありませんが、繰り返し上演することによりいつか夢が現実となるよう挑戦していきたいと思っています。そういう意味で、今回どこの国にもあるデパートでどこのデパートでも直面している出来事やトラブルをコメディタッチの群像劇スタイルでミュージカル化しました。演劇ファンのみならず、デパートが好きという皆様にも劇場にお越しいただければ嬉しいです。ご期待ください。


〈公演情報〉
チラシ裏面
 
ミュージカル『デパート!』
演出◇原田優一
脚本◇登米裕一
音楽◇伊藤靖浩
出演(50音順)◇出雲綾、太田基裕、岡田亮輔、シルビア・グラブ、染谷洸太(Wキャスト)、橋本真一(Wキャスト)、畠中洋、浜畑賢吉、前島亜美、愛加あゆ
●11/1〜7◎日本橋・三越劇場(日本橋三越本館6階)
〈料金〉S席8,500円 A席7,000円(全席指定・税込)
〈劇場お問い合わせ〉三越劇場 0120-03-9354(10:30~18:30)





ゲストに大和悠河『SWAN2017』
kick shop nikkan engeki