362オケ前_2

地球の裏側、 アルゼンチンで生まれたタンゴは、1920 年代に欧州で大流行。洗練されたスタイル、退廃的なダンス、哀愁に彩られたメロディは日本でも多くのファンの心を掴んだ。そして日本は今やアルゼンチンについでタンゴのファンが多い国と称されるまでになった。

この秋、日亜修好120周年の記念企画を立ち上げ、10月24日と25日に記念コンサート 『Concierto del Tango』が行われる。このステージは、タンゴの代表作を豪華なキャストと日本最高のオルケスタの名演奏で、激しく煌びやかなダンスも交えて送る、タンゴ史上初のスペシャルなイベントとなる。

出演者には、彩乃かなみ、久野綾希子、クミコ、姿月あさと、真琴つばさ、星奈優里、水 夏希、渡辺えり/アルベルト城間、伊礼彼方、岡田浩暉、篠井英介(男女別50音順)に加えて、今年7月に宝塚歌劇団を惜しまれて卒業したばかりの元雪組娘役トップの咲妃みゆが、退団後初めてステージに登場する。

362オケ前

オーケストラとともに歌う咲妃みゆの動画はこちら
http://concierto-del-tango.com/index.html 


このコンサートには、8月に行われた「タンゴ世界選手権」のステージ部門において見事に優勝を果たしたアクセル・アラカキも出演するなど、素晴らしいダンスも生で目撃できる貴重な機会だ。

また10月25日にはタンゴのアルバム『Todos del Tango(タンゴのすべて)』も発売される。このアルバムにも咲妃みゆの宝塚歌劇団退団後初めての歌声が収録される。



【アルバム情報】
『Todos del Tango(タンゴのすべて) 』
発売日 2017年10月25日/価格 3,240 円(税込)/品番 UICZ-4409
収録内容(全22曲)
01. 愛せしがゆえに / 石井一孝 / Por que la quise tanto
02. 灰色の午後 / 咲妃みゆ / En esta tarde gris
03. エル・チョクロ / 戸田恵子 / El choclo
04. 歌いながら / 鳳稀かなめ / Cantando
05. ロコへのバラード / 渡辺えり / Balada para un loco
06. カミニート / 久野綾希子 / Caminito
07. ウノ / 姿月あさと / Uno
08. 淡き光に / 鳳翔 大 / A media luz
09. ビダ・ミーア / 彩乃かなみ / Vida mia
10. 追憶 / 岡田浩暉 / Remembranza
11. ポエマ / 篠井英介 / Poema
12. 失われし小鳥たち / 真琴つばさ / Los pajaros perdidos
13. 首の差で / アルベルト城間 / Por una cabeza
14. 今もなお君を愛す / 伊礼彼方 / Y todavia te quiero
15. チキリン・デ・バチン / クミコ / Chiquilin de Bachin
16. アルゼンチンよ、泣かないで  / 水 夏希 / Don't Cry for Me Argentina
17. 傷あと / 水 夏希(レシタード) / Cicatrices
18. 巡礼 / インスト / Peregrinacion
19. ラ・クパルシータ / 凰稀かなめ(レシタード) / La cumparsita
20. 恋人もなく / 真琴つばさ(レシタード) / Nunca Tuvo Novio
21. 時計 / 姿月あさと / El Reloj
22. Corriendo tristezas / インスト / Corriendo tristezas
演奏:三枝伸太郎とグランオルケスタ・ティピカ

〈公演情報〉
CD 発売記念コンサート『Concierto del Tango』
出演者◇(男女別50音順)
彩乃かなみ、久野綾希子、クミコ、姿月あさと、真琴つばさ、星奈優里、水 夏希、渡辺えり/
アルベルト城間、伊礼彼方、岡田浩暉、篠井英介
ダンサー◇クリスティアン・ロペス、セサル・カニサレス、アクセル・アラカキ、牧勢 海、月央和沙、美翔かずき
●10月24日 18:30 
●10月25日 12:00 / 16:30
〈会場〉めぐろパーシモンホール     大ホール
〈料金〉 S席10,000円 A席8,000円 B席6,000円(全席指定・税込)
〈公式サイト〉http://concierto-del-tango.com/
〈お問い合わせ〉る・ひまわり 03-6277-6622(平日 11〜19 時)








『SWAN 2017』


kick shop nikkan engeki