DSC_8214

ミュージカルを愛するキャストたちが集い、歴史に名を刻むミュージカルナンバーを聴かせるコンサート『I Love Musical』の第4弾が、東京グローブ座で9月2日から開催される(9月3日まで)。
今回は〜History〜をテーマに、往年の名ミュージカルナンバーの数々を、ダンスや芝居を交え、メドレーやキャスト全員のナンバー、ソロなどで披露する。
出演陣は、泉見洋平、岡田浩暉、カン・テウル、坂元健児、渡辺大輔、井上智恵、貴城けい、増田有華、莉奈など、劇団四季から宝塚歌劇、さらにかつてはロックバンドのボーカルを務め、さらに話題のミュージカルに出演した役者など、9名の強者の歌手たち。
 
DSC_8278

今年の構成・演出は、hicobae×project 主宰の永野拓也。「若手演出家コンクール2016」で、最優秀賞・ 観客賞をダブル受賞した今話題の演出家だ。音楽監督は鎌田雅人、逗子録音所主宰で、3人組人気バンド「いきものがかり」や、常に音楽チャートを賑わす藍井エイルなどのプロデュースでも知られている。振付は、演出家の宮本亜門に「日本の5指に入るダンサー」と評される岡千絵。
約36曲のミュージカルナンバーを歌と踊りと演技で披露する、夢のような約2時間のステージ。8月29日に行われた『I Love Musical』の公開稽古の模様をレポートする。

DSC_8253

稽古場のスタジオはすでに熱気に満ちていて、アンサンブルが岡千絵の指導のもと、ダンスの練習をしている。演出の永野拓也は鎌田雅人と曲だしのタイミングを入念に打ち合わせしている。出演陣は、それぞれストレッチを繰り返し、台本を熱心に読み込む姿が勇ましい。楽器は、ドラム、ベース、ギター(エレキも含む)、ヴァイオリン、キーボード。それぞれが音合わせをすれば、すでにあの名曲が耳に聞こえてくる。あの名曲のシーンが脳裏に蘇ってくる。

永野拓也の合図とともに最初に披露されるナンバーは、メンバー全員のレビューショーといった趣があり、その場は幸福感に満たされ、まさに奇跡のようなショーの始まりを予感させるダイナミズムをひしひしと感じる。岡千絵のキレのある振付を先導に、9人の歌手と4人のアンサンブルが歌とダンスで会場を盛り上げる。永野拓也は、誰よりもわかりやすく、誰よりもミュージカルを愛している演出家で、歌の魅せ方を熟知している。

DSC_8315

続いてソロのナンバーが披露される。まず、『南太平洋』の「春よりも若く」を渡辺大輔が朗々と歌う。初演は1949年のブロードウェイ。作曲はリチャード・ロジャース、脚本・作詞はオスカー・ハマースタイン2世、ミュージカル好きなら知らぬ人はいない名曲だ。ストーリーは、第二次世界大戦の渦中、南太平洋のとある島を舞台に、農園主エミールと島の海軍の看護婦ネリー、海兵隊のケーブル中尉と島の娘リアットという2組の恋を描いている。
神秘の島バリ・ハイを訪れたケーブル中尉は、リアットと恋に落ちるのだが、その恋心を歌った名ナンバーだ。編曲は、甘く時に苦しい恋の表現をキーボードとヴァイオリン、シンバルで引っ張って行く。渡辺は、2016年に同作でケーブル中尉の役を務めただけあって、中尉という身分に隠さなければならなかった激しい情熱を押し殺して、甘く潔い声で歌い、原曲をリアルに再現していた。

DSC_8399

次は『ミー・アンド・マイガール』の「顎で受け止めて」を貴城けいが歌う。『ミー・アンド・マイガール』は、1937年に英ロンドンで初演され、『マイ・フェア・レディ』の男性版とも言われる作品で、1987年から幾度となく上演されてきた宝塚バージョンがよく知られている。1930年代後半、英国の名門貴族ヘアフォード伯爵家の跡継ぎ問題をテーマにしたミュージカルで、貧困な家庭に育ったビルが爵位を受けることになり、一家は大混乱に陥る。彼の恋人サリーは、恋人のビルが伯爵家の世継ぎだと知り、身分が不釣り合いだから別れることを決意、わざとビルに嫌われることを口走ってしまうのだが…。
この曲は、複雑な感情の機微を表現する歌詞を、現代版ポップスといってもいい耳触りの良い楽曲に仕上げている。編曲もギター、キーボードとドラム、ベース、ヴァイオリン、それぞれの楽器が軽やかなメロディーを奏でていた。貴城も宝塚出身で、この楽曲の良さを熟知している様子で、感情豊かに歌いきる。タイトルに表現されているような強い意志、泣いていても報われないから笑ってみせようという健気さに泣かされる。

DSC_8454

そのあとは、初心者でもわかるメドレーが披露されていき、続いてのソロは、岡田浩暉の『レ・ミゼラブル』の「カフェ・ソング」。原作は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に書いたフランスの大河小説で、英国でミュージカル化、日本でも何度も上演されている。
この曲は主人公ジャン・バルジャンの娘として育ったコゼットの恋人、マリウスが歌うナンバーで、貧乏な弁護士であるマリウスは、仲間たちと六月暴動に参加するが敗れて、彼だけ一命をとりとめる。その戦いで死んでいった仲間たちと過ごしたABC cafeでの熱い日々。岡田自身もマリウスを務めていただけに、悲しみや別れ、自信の喪失、そして再び自らを奮い立たせるこの曲を、芝居心いっぱいに歌い上げる。エレキギターがグイグイ引っ張り、ドラムの怒涛のスネアの音が、マリウスの心臓の高まりを象徴しているようだ。
 
DSC_8275

そのほかのどの曲も名ミュージカルからの名ナンバーで、実際に舞台でそのナンバーを歌った俳優たちも多く、観客はノスタルジーとともに作品世界を甦らせることができるし、もちろん原曲や舞台を知らなくても、歌唱力と表現力を持つ歌い手たちによって、楽曲の持つ美しさと楽しさに浸ることができる。
DSC_8277
DSC_8247

この日の公開稽古はここまでだったが、古今東西の名曲が、これでもかと並ぶコンサートの魅力は十分に伝わってきた。そしてダンスや芝居を含め、ミュージカル愛に染められた役者たちによって、素晴らしいミュージカルナンバーが次々に披露される『I Love Musical』のステージに期待がますます高まった。
 
DSC_8220
DSC_8216
DSC_8215

〈公演情報〉
『I Love Musical』
構成・演出◇永野拓也
音楽監督◇鎌田雅人
振付◇岡千絵
出演◇泉見洋平、岡田浩暉、カン・テウル、坂元健児、渡辺大輔
井上智恵、貴城けい、増田有華、莉奈 (男女別五十音順)
松谷嵐、Marcelino一色、石毛美帆、吉元美里衣(アンサンブル)
●9/2〜9/3◎東京グローブ座
〈料金〉 S席9,800円 A席7,800円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)



【取材・文・撮影/竹下力】




ミュージカルセーラームーンシリーズ最終章!お得なチケット販売中。


kick shop nikkan engeki