龍真咲コンサート

昨年9月に、惜しまれつつ宝塚歌劇団を卒業した元男役トップスター龍 真咲が、8月23日に念願のファーストアルバム「L.O.T.C 2017」をリリース。そのアルバムを持って、待望の本格的なコンサートを8月26日、27日の2日間、計3公演を渋谷・Bunkamuraオーチャードホールにて開催、6,000人を歓喜の世界へと誘った。

オープニング、神秘的な照明と映像の中、豪華絢爛な衣裳に身を包んだ龍がステージ2階へ艶やかに登場。ステージ中央ではダンスと殺陣が繰り広げられる摩訶不思議な世界。ステージ上で早替えをし、シックなドレスでダンサーを従え「コパカバーナ」、会場はラテンの世界へ。
数曲歌い今宵の初MC、『皆さんを歌で世界各地へお連れします!』と宣言し、続いての世界はわが日本。アニメソングをメドレーでつなぎ場内を盛り上げる。

龍 真崎コンサート

そうかと思えば場面はまたもや変わり、白と黄色の素敵なコスチュームに身を包み、華麗なダンスでステージを縦横無尽に駆け巡る。その後も様々な世界を旅した龍、「ゴッドファーザー愛のテーマ」で世界巡りは幕を降ろした。
すると場面一転、今回のコンサートのために新たに撮り下ろされたレスリー・キー氏によるショートムービーがスクリーンに映し出され、龍 真咲が宝塚の世界からJ-POPのシンガーとして生まれ変わり、渋谷の駅からオーチャードホールまで駆け込んでくるという内容で、映像からそのまま妖艶な雰囲気を帯びた龍 真咲がステージに再登場する演出。会場は一気にアルバム「L.O.T.C 2017」のイメージへ。

龍 真咲コンサート

前半とは違い、ステージセンターにスタンドマイクを置き、歌い始める。“魅せる”ステージから“聴かせる”ステージに変わる。ここからアルバム収録曲をMC無しで全曲披露し本編は終了。エンターテイナー龍 真咲の魅力のすべてが表現された極上の空間となった。
前半と後半のステージの違いは見ている宝塚からのファンに、そして新しいファンへも、これから音楽の世界J-POPシンガーとしての道を進んでいくことを伝える熱いメッセージとなり、何より龍 真咲自身の硬い覚悟が感じられるコンサートとなった。
今後について「ここオーチャードホールでのコンサートを“新たな龍 真咲”のスタートにできればと思います!」と熱く語った。今後J-POPシーンで彼女の活躍に注目したい。

【コンサート情報】
[ 真咲 新曲「L.O.T.C 2017」発売記念イベント イベント&特典会
2017年9月10日(日) 16:00スタート
阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のステージ
金峯山寺ご奉納 龍 真咲「世界遺産コンサート」
2017年9月16日(土)18:00 開演
吉野山「金峯山寺」蔵王堂前 特設ステージ
 
【作品情報】
龍 真咲   アルバム「L.O.T.C 2017」(えるおーてぃーしーにーぜろいちなな)発売中
ビクターエンタテインメント龍 真咲 HPhttp://www.jvcmusic.co.jp/ryumasaki/

【収録内容】
M1「LANDING on the CITY」 作曲:巴川貴裕・松井喬樹/編曲:Integral Clover
M2「Silly game」 作詞:濱名 琴/作曲:orange spotting/編曲:南田健吾
M3「Get by me」 作詞:濱名 琴/作曲:岡本武士/編曲:南田健吾
M4「Merrily Mode」 作詞:濱名 琴/作曲:石松領平/編曲:Integral Clover
M5「Miss you always」 作詞:濱名 琴/作曲:田中隼人/編曲:山佳祐
M6「Long Island Icetea」 作詞:濱名 琴/作曲:岡本武士/編曲:山佳祐
M7「ヒーロー」 作詞:濱名 琴/作曲:長沼 良/編曲:小山 寿

【配信情報】
iTunes Store、レコチョク他、各配信サイト、また LINE MUSIC、Apple Music、AWAなど主要定額制音楽ストリーミングサービスでも絶賛配信中
※今回のコンサートのセットリストから選曲したプレイリスト「龍 真咲コンサート セットリストより」下記他、定額制音楽ストリーミングサービスにて公開中!
 




ミュージカルセーラームーンシリーズ最終章!お得なチケット販売中。


kick shop nikkan engeki