IMG_2742

元宝塚宙組トップスターで、退団後は女優として活躍中の大和悠河が、オペラ『魔弾の射手』で、オペラデビューを飾ることになった。この公演はハンブルク州立歌劇場と世界的オペラ団体の二期会との提携公演で、2018年7月に東京文化会館で公演が予定されている。
大和悠河のオペラ出演については、東京文化会館で7月26日に行われた「東京二期会2018/19シーズンラインナップ発表会」の席上で発表された。会見には東京二期会理事長の中山欽吾、二期会事務局長兼企画制作部長の山口毅、来年2月の『ローエングリン』でタイトルロールを演じる二期会の小原啓楼(テノール)、そして大和悠河が出席した。

IMG_2741
二期会事務局長兼企画制作部長・山口毅、東京二期会理事長・中山欽吾、大和悠河、二期会・小原啓楼

大和が出演する『魔弾の射手』はウェーバー作曲で1821年に初演、歌とセリフで演じられる「ジングシュピール」で、ドイツの国民的オペラと言われている。大和は悪魔ザミエルの役で登場、射撃大会を前にスランプに悩む主人公に、絶対に的を外さない「魔弾」を与えるという、物語のカギを握る役を演じる。悪魔役はセリフでの登場となる。

演出を手がけるのは、ペーター・コンヴィチュニー。ベルリンでオペラ演出を学び、1980年以降ドイツを中心とする著名劇場で数多くのオペラを演出、現代屈指のオペラ演出家として活躍中。二期会では『皇帝ティトの慈悲』『エフゲニー・オネーギン』『サロメ』『マクベス』を手がけ、今回は5年ぶりの登場となる。また今回はセリフ部分はすべて日本語で上演、岩下久美子の新訳となる。

IMG_2757

会見の中で、ザミエルに大和悠河を起用した経緯について、山口毅(二期会事務局長兼企画制作部長)より説明があり、また大和悠河からも出演にあたっての今の気持ちが語られた。

山口毅 演出を手がけるペーター・コンヴィチュニーさんから、今回は悪魔役には両性具有、男女両性を見せる演出を考えていたこともあって、女優を起用したいという希望がありました。また、この作品は音楽とセリフで出来ていますが、セリフだけの出演でも音楽がわかっていないと成立しません。大和悠河さんはミュージカルへの出演なども多数あるうえに、なによりもオペラや音楽への造詣が深く、沢山の作品を観ていますし、本も書かれるなど音楽への愛があるということは前々から存じ上げていました。そこで今回、コンヴィチュニーさんから女優を起用という要望があったとき、大和さんのプロフィールや資料を送ったところ、すぐにコンヴィチュニーさんも魅了されて、即答をいただきました。

IMG_2758

大和悠河 このたびオペラデビューさせていただきます。世界的なオペラ団体、二期会に出演させていただけるのは、本当に光栄に思っております。私は小さい頃の夢は宝塚の男役でした。念願かなって宝塚に入団し、トップスターを務めることができました。そして、その夢が叶ったら第2の夢、新たな夢がふつふつと湧いてきました。私は宝塚時代からマリア・カラスが大好きで、毎日、曲を聞いて感動して、それから眠りに着いていました。いつかオペラの舞台に立ちたい、でもそれは夢のまた夢だと思っていましたが、このお話をいただいて、夢の第一歩を踏み出せることが本当に嬉しく思っています。
この『魔弾の射手』という作品の魅力は、なんといっても音楽が素晴らしいこと、そして物語の中で悪魔の出てくる部分の緊張感がなんとも言えません。まるで心臓を射抜かれるようにドキドキさせられます。私の役の悪魔ザミエルは、ハンブルグのプロダクションでは男性歌手の方が演じていらっしゃいましたので、私が宝塚の男役で培ったものを役立てられるとともに、退団後に色々な舞台で経験してきた女性として部分もお見せできるのではないかと思っています。公演までまだ1年近くありますが、この作品のCDを毎日のように聞いていますし、今出演中の舞台が終わりましたら、またすぐ海外の舞台を観に行きますので、さらにオペラの世界に浸って、そしてドイツ語にも慣れていきたいと思っています。

IMG_2745


【東京二期会2018/19シーズンラインナップ】


──2018年──
2月『ローエングリン』(新制作)
~二期会創立65周年・財団設立40周年記念公演シリーズ~ 
【オペラ全3部 字幕付原語(ドイツ語)上演】
作曲:リヒャルト・ワーグナー
指揮:準・メルクル
演出:深作健太
管弦楽:東京都交響楽団
●2/21、22、24、25◎東京文化会館 大ホール

3月『ノルマ』(新制作)
【オペラ全2幕<セミ・ステージ形式上演>】
作曲:ヴィンチェンツォ・ベッリーニ 
指揮:リッカルド・フリッツァ 
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
●3/17・18◎Bunkamuraオーチャードホール 

5月『アルチーナ』(新制作)
~二期会ニューウェーブ・オペラ劇場~
【オペラ全3幕 字幕付原語(イタリア語)上演】
作曲:ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデル
指揮:鈴木秀美
演出:フローリス・ビッサー 
管弦楽:ニューウェーブ・バロック・オーケストラ・トウキョウ 
●5/19・20◎めぐろパーシモンホール
  
7月『魔弾の射手』(新制作)
~ハンブルク州立歌劇場との提携公演~
【オペラ全3幕 字幕付原語(ドイツ語)上演】
作曲:カール・マリア・フォン・ウェーバー
指揮:アレホ・ペレス
演出:ペーター・コンヴィチュニー 
管弦楽:読売日本交響楽団
●7/18、19、21、22◎東京文化会館 大ホール
 
9月「三部作」(新制作)/『外套』『修道女アンジェリカ』『ジャンニ・スキッキ』
~デンマーク王立歌劇場とアン・デア・ウィーン劇場との提携公演~
【オペラ各1幕 原語(イタリア)上演】
作曲:ジャコモ・プッチーニ
指揮:ベルトラン・ド・ビリー
演出:ダミアーノ・ミキエレット 
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
●9/6、7、8、9◎新国立劇場 オペラパレス
 
11月『後宮からの逃走』(新制作)
【オペラ全3幕 字幕付原語(ドイツ語)上演】
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
指揮:下野竜也
演出:ギー・ヨーステン
管弦楽:東京交響楽団
●11/22、23、24、25◎日生劇場

──2019年──
2月『金閣寺』(新制作)
~フランス国立ラン歌劇場との共同制作~
【オペラ全3幕 字幕付原語(ドイツ語)上演】
作曲:黛敏郎
指揮:マキシム・パスカル
演出:宮本亜門
管弦楽:東京交響楽団
●2/22、23、24◎東京(予定)




【取材・文・撮影/榊原和子】



ミュージカルセーラームーンシリーズ最終章!お得なチケット販売中。


kick shop nikkan engeki