omote_low

元雪組男役スターの蓮城まことの退団初の舞台『河童村ブルース』が5月3日から、東京北区の赤羽会館で上演される。(7日まで)

蓮城まことは2003年に宝塚歌劇団に入団。以来、数々の作品で男役スターとして華麗な舞台を見せてきた。2016年、惜しまれつつ退団。未知なる扉を開けるべく、さらなるステージに進むことになった。
今回の舞台は、気鋭の演出家・大浜直樹との初タッグ。大浜直樹は劇団LIVESを1999年に旗揚げ。以来全公演で脚本・演出・出演を務めている。またドラマ『記憶の海』『奇跡のホスピス』『ムッシュ』、映画『京都太秦行進曲』など、映像作品を多数手がけている。
共演には池田努、片山陽加、田川大樹、上地  慶など、人気と実力を兼ね備えた充実のキャストが実現した。

【ものがたり】
過疎化が進む河童村に若き女村長が誕生した!新村長は村を活性化させようとアイデアを出すが、伝統にこだわる村人達が反発し、美人過ぎる村長 VS 古すぎる村人達は一触即発状態。そこへクズ過ぎるチンピラも加わって、村は分裂の危機を迎える!ありえなさそうでありえる設定に、予測出来そうで予測出来ない展開は、やがて感動のクライマックスへと繋がっていく!?


【蓮城まことコメント】
宝塚歌劇団で男役として 13 年間を過ごしてきた私にとりまして、初の女性役となります。初主演ということもあり、今は楽しみと緊張が入り混じった心境です。
まず、『河童村ブルース』というタイトルを聞いて、どんなお話なのだろうとすごく興味が湧きました。きっとお客様も「え、何?河童が出て来るの?」と思われる方も多いのではないでしょうか(笑)。どんなお話になるのか、私自身も楽しみです。しかも、私の役は「美人過ぎる若き女村長」と書いてありました。私にとっては女性役というだけでもハードルが高いのに、美人過ぎるという冠まで付いていて、いったいどうしたものかと…(笑)。
今は、無理に女性らしさを前面に出すのではなく、「蓮城まことが演じる女性って魅力的だね」と思って頂けるように演じられたらなと思っています。宝塚歌劇団を退団した後は NY に留学したり、たくさんの舞台を観劇したりして過ごしてきました。以前は何を観ても無意識に男性が演じる姿を目で追っていましたが、今は不思議と女優さんが演じる姿に目が行くようになりました。早く女性役に慣れるよう、普段からなるべくスカートやヒールを履くようにしています。退団後 1 年経ったこのタイミングで、この作品に巡り合えたことを嬉しく思います。
村長役ということで、私にとっての理想のリーダー像はどんな人物かなと考えてみました。私の頭に思いうかんだのは、私が(宝塚歌劇団)在団中にいらしたトップの方たちです。自分が率先して努力をしている姿を見せることによって周りが付いていくというのを、言葉ではなく、実際の行動で見せて下さいました。そういう方がリーダーとして魅力を持った人だと思うので、私も勇気と信念を持ち、行動で表す女村長をイメージして演じられたらと思っています。
先日、作・演出の大浜直樹さんにもお目にかかりました。稽古が始まったらゆっくり語りあいたいです。今回、私にとって初めてのことばかりで緊張の連続ですが、「大浜さんを始め、出演者のみなさんと一緒に、楽しみながら作品を創る!」というのを公約に掲げます!皆様、応援のほどよろしくお願い致します。

〈公演情報〉
ura_low
 
 『河童村ブルース』
作・演出◇浜直樹
●5/3〜7日◎赤羽会館
〈料金〉前売/当日 4,900円 高校生以下1,000円(当日券のみ)(全席指定・税込)