_TAK2571

柚希礼音ソロコンサート『REON JACK2』が、3月23日から大阪・梅田芸術劇場メインホールで幕を開けた。(26 日まで。その後、東京公演・パシフィコ横浜国立大ホール、福岡公演・福岡市民会館が開催)

_TAK7930

今回のコンサートでは、音楽プロデューサーにポルノグラフィティやいきものがかりなどを手掛ける本間昭光、国内外のアーティストを手掛けるクリエイティブスタッフも加わり、柚希の今までの楽曲全て、そして世界的バレエダンサーの上野水香との「リベルタンゴ」、様々なジャンルで活躍している大貫勇輔&世界で活躍するタンゴダンサーのクリスティアン・ロペスとのタンゴナンバーなどを披露。柚希の新たな魅力を存分に楽しめる内容になっている。

_TAK6336

初日を前にした23日昼、報道陣にプレスコールが行われ、3月1日にリリースした柚希の1stミニアルバム『REONISM』の楽曲より、女らしく妖艶な世界観をダンサー達とともに魅せる「Witch’s Mirror」、大貫勇輔とのコラボレーションによるリード曲「僕は何を探してるんだろう?」を披露した。そのフォトコールの写真と囲み取材の柚希礼音のコメントをお届けする。

柚希礼音囲み取材㈪

【コメント】

──地元・大阪で初日を迎えられるお気持ちをお聞かせください。
本日はお集まりいただきまして、ありがとうございます。大阪で初日を迎えることができ、本当に嬉しいです。張り切っていきたいと思います。
──公演の意気込みをお願いいたします。
『REON JACK2』をやることができるのも、応援してくださる皆様のおかげだなと
感謝の気持ちでいっぱいです。今回は、よりクールでアーティスティックに、そして挑戦ということをテーマに作り上げてきました。稽古場でも、毎日毎日挑戦をしてきました。ぜひ楽しみにしていていただければと思います。
──どんなところに期待して観ていただきたいですか?
今回、各ジャンルで活躍されている素敵な方々と様々なダンスでコラボさせていただいております。共演の皆様にも挑戦していただいていて、日々稽古場でも挑戦の連続でした。皆様にいいもの観たぞ!と思っていただけたら幸いです。
──照明・映像もすごいとお伺いしましたがいかがですか?
在団中から、ずっとこんなことしてみたいと思っていたものが今回実現できて映像・照明・バンドも素晴らしく、感動が多い稽古だったので、そこにお客様が更に加わってくださることで、素敵なステージが完成すると思います。

_TAK5303

──先ほど挑戦ということをおっしゃっていらっしゃいましたが…。
上野水香さんとはどういうステージにするか散々悩んだ結果、上野さんも私自身も、お互い挑戦するということをやりたく「リベルタンゴ」を披露させていただきます。良いシーンに仕上がったのではと思います。
──大村俊介さんに初めて振付をして頂いた際、衝撃を受けたとおっしゃっていましたが、他の方とどういった点が異なりましたか?
宝塚の男役の振りをこうした方がカッコいいいなど、色々な方に教わって経験を積んでいくのですが、SHUN 先生がいらしたときは、男役がやったら新たな魅力が出るような振りで、色っぽくて、隙のない動きがたくさんありまして、なんとかマネをしたいと思って必死に稽古しました。自分の男役像もSHUN 先生の振りが加わったことによって、新たに作られたように思います。退団公演も、退団してからも全部知っているSHUN 先生に、今回出演だけでなくステージングも構成も全部入って頂いて、ステージ上で2人で踊ることになり感動しています。

_TAK7515

──プレスコールで披露する2曲「僕は何を探してるんだろう?」「Witch’s Mirror」に思い入れなど何かございますか?
「僕は何を探してるんだろう?」は、3/1(水)にメジャーデビューしましたミニアルバム『REONISM』に入っている曲で、これから進んでいく、希望のある曲になっております。今の自分にとてもしっくりくる曲なので、昨年はあえて僕という一人称は使わずCD を出したのですが、退団から2年弱経った今回は、あえて僕ということで、男役の僕とは違う、僕と歌うことで純粋に自分に問いかけるような気持ちになるので、そこも楽しみにして頂きたいのと、コラボしている方も凄いので、そこも楽しんで頂ければと思います。「Witch’s Mirror」は、前の自分ではきっと歌えなかった歌だと思います。恋愛のダークサイドを描いた楽曲です。今回披露させていただく歌は、今の自分が凄く入っていると思います。
──上野さんと待望の共演ということで、実際共演されてみて新たな発見・こんな自分を見つけたという何かありますか?
上野さんの身体は毎日の努力によって出来上がっていると、日々痛感致しました。簡単そうに踊っているようで、凄まじい努力の方だなと痛感したのと同時に、刺激を頂いたので、日々これからも努力しようと思いました。
──最後に一言。
今まで現役中からREON シリーズをたくさんやってきましたが、今回はガラリと変えて、しっかり観て頂けるものになっているんじゃないかなと思っております。皆さま、是非楽しみに、また多くの方に観て頂けたらと思います。

柚希礼音囲み取材㈰
 

※この公演の稽古場レポートはこちら
http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1878090.html


〈公演情報〉
柚希礼音ソロコンサート 『REON JACK2』
音楽プロデューサー◇本間昭光
ステージング◇大村俊介(SHUN)
振付◇大村俊介(SHUN)/YOSHIE 他
出演◇柚希礼音
上野水香 [大阪・東京公演]
大貫勇輔、大村俊介(SHUN)、YOSHIE [福岡公演] 
クリスティアン・ロペス
●3/23〜26◎梅田芸術劇場メインホール
〈料金〉S 席 10,000円、 A 席 7,500円、B 席 5,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(全日10時〜18時)
●3月30〜31◎パシフィコ横浜国立大ホール
〈料金〉S 席 10,000円、A 席 6,500円、B 席 4,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉チケットスペース 03-3234-9999
●4/19〜20◎福岡市民会館
〈料金〉S 席 10,000円、A 席 7,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉キョードー西日本 092-714-0159(平日10時〜19時/土曜10時〜17時)
〈公式ホームページ〉http://www.reonjack2.com/




【資料提供/梅田芸術劇場】



えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki