413_MG_6658

新トップスター珠城りょうのお披露目公演である、宝塚月組公演、ザ・ミュージカル『グランドホテル』と、モン・パリ誕生90周年レビューロマン『カルーセル輪舞曲』が、日比谷の東京宝塚劇場で上演中だ(26日まで)。

ザ・ミュージカル『グランドホテル』は、1928年のベルリンを舞台に、高級ホテルを訪れた人々が1日半のうちに繰り広げる様々な人生模様を描いたミュージカル。原典の映画は群像劇を総称する「グランドホテル形式」という言葉を産んだ作品としても知られ、1989年トミー・チューンの演出・振付により、ブロードウェイで上演されたミュージカル版はトニー賞5部門を受賞。宝塚歌劇では、同氏を演出・振付に迎えて、1993年に上演された涼風真世、麻乃佳世を中心とする月組での初演が大きな喝采を集めた。今回はそれ以来、ほぼ四半世紀ぶりとなるとなる待望の再演で、トミー・チューンを特別監修に、岡田敬二、生田大和が演出を担当。新トップスター珠城りょうが実は破産状態にあるものの、貴族のプライドを失わないフェリックス・フォン・ガイゲルン男爵に。また、トップ娘役の愛希れいかが世界的なバレリーナ、エリザヴェッタ・グルーシンスカヤに扮した、謂わば『グランドホテル』〜ガイゲルン男爵編〜の趣のある作品になっている。

045_L3A6032

【STORY】
1928年、ベルリンにある世界に名だたる高級ホテル「グランドホテル」には、今日も回転ドアを潜り抜けてやって来ては、また去っていく人々の人生が交錯している。
ここに長期滞在しているフェリックス・フォン・ガイゲルン男爵(珠城りょう)は、人生に快楽のみを追い求めるハンサムな貴族として、ホテルに関わる人々の羨望を集める存在だ。出産が長引いているフロント係のエリック(朝美絢・暁千星Wキャスト)の妻に、花を贈ることも欠かさないなど、洒脱さを示しながら悠々自適に暮らしている。だが、その実フェリックスは、ホテルの滞在費を半年以上も滞納しているほど、多額の借金を抱え困窮しており、彼の傍には今日も、借金の取り立て人である運転手(宇月颯)が忍び寄ってきていた。
そんな時フェリックスは、5回目の引退興行の最中である世界的プリマ・バレリーナ、エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ(愛希れいか)をロビーで見かけ、その美しさに圧倒される。けれどもグルーシンスカヤ自身は、バレリーナとしての自分に自信を失いかけていて、22年間彼女への思いをひた隠しにしながら、献身的につき従うラフェエラ(暁千星・朝美絢Wキャスト)に、キャンセル料を工面して公演を中止したいので、所有している高価なダイヤモンドとルビーのネックレスを売りさばくよう頼んでいた。
そこへ、ユダヤ人簿記係オットー・クリンゲライン(美弥るりか)も回転ドアを通って現れる。実は不治の病に冒されているオットーは、全財産を現金に換え、ただ働きづめに働いて来たこれまでには手に出来なかった、新しい人生を求めて「グランドホテル」に宿泊しようとしていたのだ。だが、彼の貧しい身なりを見た支配人(輝月ゆうま)は、予約は取れていない、今日は満室だとオットーをホテルから追い出そうとし、確認を懇願するオットーとの間で押し問答が続いていた。その様子を見かねたフェリックスの口添えで、一転宿泊を許されたオットーは、初めて会った本物の貴族であるフェリックスに深く感謝する。
そこにまた、フリーのタイピスト、フリーダ・フラム(通称フラムシェン、早乙女わかば・海乃美月Wキャスト)がやってくる。ホテルに宿泊しているプライジング社長(華形ひかる)の「秘書募集」の求めに応募してきた彼女は、いつかハリウッドスターになる夢を持ち続けているものの、早急にまとまった額の金銭を必要とする事情を抱えていた。そんなフラムシェンをダンスの相手に誘ったフェリックスは、彼女をオットーに紹介しダンスの相手をしてやってくれと耳打ちする。初めてのダンスに夢中になるオットーだったが、フラムシェンを探しに現れたプライジング社長は、かつての部下であるオットーの名前すら覚えてはいなかった。
その一方運転手は、借金の返済の為にグルーシンスカヤが舞台に立っている間にネックレスを盗んでこいと、フェリックスを唆す。やむなくグルーシンスカヤの部屋に忍び込んだフェリックスは、マネージャー(光月るう)と興行主(綾月せり)の懇願を受けて舞台に立ったものの、アンコールの拍手さえ沸き起こらなかった空席だらけの客席にショックを受け、公演の途中でホテルの部屋に逃げ帰ってきたグルーシンスカヤと鉢合わせしてしまう。だが、この予期せぬアクシデントによる出会いが、フェリックスとグルーシンスカヤに、思いもかけなかった情熱の火を灯すことになり……

116_MG_4223

1989年にトミー・チューンが、映画で有名だった『グランドホテル』をブロードウェイミュージカルとして上演した折には、「ミスター・ブロードウェイ」の手で鮮やかなミュージカルとして生まれ出た、作品に対する世界の評価は絶大なものだった。だからこそそんな伝説と数々の受賞歴を引っ提げて、宝塚版としてこの作品が1993年に本邦初演されたことにも、特別な輝きがあったのは間違いない。それは当時、宝塚随一のフェアリーとして礼賛されていたトップスター涼風真世が、自身の退団公演にも関わらず、重篤な病を抱えているしがない簿記係を演じるという、宝塚歌劇のセオリーからすれば、極めてイレギュラーなキャスティングを押し通すだけのパワーだった。実際に、美しい正方形が並ぶマス目の床に、金と赤の椅子が整然と置かれ、回転ドアを通って人々の人生がひと時ふれあい、またすれ違っていく、新たな様式美に満ちた舞台は、宝塚を観ているということ以上に、新しいブロードウェイミュージカルの風を感じさせてくれる興奮に満ちていた。

それからほぼ四半世紀。作品は様々な形で日本の舞台を彩ってきている。特に、現在イギリス気鋭の演出家として世界から注目を集めているトム・サザーランドが、新たな視点を持ち込んで、主要役のほとんどをWキャストとしただけでなく、それぞれ2チームの結末が異なるという、極めて刺激的な演出で展開された新たな『グランドホテル』が、我が国でわずか1年前に上演され、ミュージカル通の間で大きな話題と絶賛を集めていたことが、この宝塚版への見方を否応なく変えた面はあると思う。まず端的に言って、初演から経た年月がプラスに働いたのは、この作品で月組のトップスターとして正式な披露をする、しかも近年では異例と言える若い学年でのトップ就任となった珠城りょうが、男役としてのカッコよさを追求できるフェリックス・フォン・ガイゲルン男爵を演じられたことだ。これはやはり、ブロードウェイミュージカルを宝塚作品に変換する為の、大きな功績と仕掛けになっていた。一方、ガイゲルン男爵を主役にする為と、宝塚歌劇の二本立て公演の上演時間の制限とによって、多くのキャラクターのエピソードがカットされたのが、やはり作品全体に少なからぬ影響を与えている。特に「時間が残り少ない」とすべての登場人物が口にする、その切迫感がどこにあるのかを示すものが薄くなっているのは惜しまれる点だ。この「時間が残り少ない」という感覚は、ポピュリズムに覆われようとしているのを感じざるを得ない、今現在の世界の空気に、これは決して幸福なことではないながらピッタリと合致するものなだけに、そのヒリヒリとした感触が遠のいたのはもったいなかった。

けれども、また視点を変えると、トミー・チューン版だけが持つ様式美、回転ドアと、マス目の床と、赤のビロード張りの金色の椅子という装置に、宝塚ならではの美が実に巧みに生かされていることもまた浮かび上がってくる。まず何よりも、椅子を動かし、決められたマス目の中で立ち、歌い、時に踊り続ける出演者たちの、統一された集団の美しさが比類ない。これだけの大人数を、ホテルの従業員や客といった、名前のない役どころ、所謂アンサンブルに使える劇団は、宝塚を置いて他にはない。しかも、その大人数が必要に応じて個性を際立たせ、また一瞬にして個の魅力を消し、集団としてのユニゾンに徹する様は見惚れるばかりだ。そこには確かに、宝塚にしか成し得ない世界観を持った『グランドホテル』が広がっていて、改めて多くの人の人生が1つのホテルを通り過ぎていく、という作品の骨子を支えていた。

180_L3A6266

そんな中で、フェリックス・フォン・ガイゲルン男爵に扮した、珠城りょうの美丈夫ぶりは注目に値する。最初に新人公演で抜擢された入団2年目という段階から、どっしりと落ち着いた魅力を放っていた珠城は、これまでの道のりでも実年齢にあった若い青年役よりもむしろ、もう少し大人の役に輝きを見せる人として深い印象を残してきた。それが今回の男爵役に無理を感じさせない力になっている。特に、珠城が非常に誠実な、好人物を演じられる魅力に長けていることがはっきり表れたのは、ここからトップスターとして歩み出す珠城の指針を極めて明確に示したと思う。この人には、王道のスターの香りと存在感が確かに備わっている。それだけに必要に迫られて盗みにまで手を出していても、ジゴロにはなれない貴族の強いプライドを持つ男爵の屈折した面よりも、根は鷹揚で、良い家柄の生まれの高貴な男という面が、鮮明に前に出る形になった。その為例えば、宝塚版初演の男爵役久世星佳の表現を好むところなどからは、或いは違和感を生じさせるかも知れない。だが、今回取り入れられた男爵の大ナンバー「Roses At The Station」で回想される、野原を駆けまわっていた少年の日々、そのまぶしく清らかな少年時代をこの男爵が確かに持っていた人物であることが、納得できる男爵像は、珠城時代のはじまりにとって決して悪いものではなかった。クラシックな正統派スターの誕生を、改めて喜びたい。

その珠城の相手役を引き続いて務めることになったトップ娘役の愛希れいかの出来栄えが、全体からも頭1つ抜けていて、強烈に目を引かれる。全盛期を遠く過ぎたプリマバレリーナというには、当然ながらいささか若いが、それを適度な貫録と大物感で補い、世界に名を成した人だけが持つエキセントリックさを巧みに表現していて、突然現れた男爵との恋に少女の心を取り戻していく過程が一層鮮やかだ。もともと抜群のダンス力を誇る人でもあって、バレリーナならではの日常にも現れる足の運び、立ち姿などにリアリティーがあり、恋に落ち踊る情熱を取り戻したグルーシンスカヤのナンバー「Bonjour,Amour」の喜びの爆発の表現には、涙さえ誘われる。愛と死が手を結んだことを表す「Death/Bolero」の珠城との高度なリフトを含んだダンスナンバーも素晴らしく、珠城&愛希コンビのデュエットダンスが、月組の新たな呼び物になるだろう予感も十分。男爵を主役に据えたことで、どう描くかに注目していたラストシーンも、回転扉から出て行く愛希のグルーシンスカヤと、入ってくる珠城の男爵、純白の衣装の2人が回転扉の中で瞳を交わす演出が、作品中の白眉と言ってもよい鮮やかな余韻を残していて、秀逸だった。トップ披露作品でトップスターが銀橋に出ないというのは確かに異例だが、レビューが後に控えていることも考えると、ここで幕を切る選択も十分可能ではなかったかと思う。それほど美しいシーンを、新コンビ2人が創り出していて、今後への期待が高まった。

210_L3A6367

宝塚版初演でも、外部公演でも芯となる人物、オットー・クリンゲラインに扮した美弥るりかは、華やかな容姿を眼鏡の奥に潜め、命の残り火を見つめている人物の悲哀と、虚無感と、だからこそ燃え盛る生への執着を静かに、だが見事に表現している。初演でこの役を演じた涼風真世の大ファンだったという美弥が、今月組で新トップの珠城を支える立場で同じ役を演じるという、何かのはからいかのような機会を確実に捉え、着実な実績を残したことは、美弥るりかというスターにとっても大きなエポックになることだろう。男爵とチャールストンを踊り興じる姿の我を忘れた没頭ぶりも、死の恐怖を抱えた人のギリギリの行動に見えて、病だけでなく時代がユダヤ人のオットーにそれを許さないことを承知で、平穏な未来が彼に訪れることを祈らずにはいられない、「オットー・クリンゲライン閣下にお車を!」の終幕のエリックの台詞が、胸にしみる演じぶりだった。

そのホテルのフロント係エリックと、グルーシンスカヤの付き人を交互に演じたのが、朝美絢と暁千星。暁のエリックには、この作品中「時間は残り少ない」ことが希望につながっている、唯一の人物に相応しい明るさがあり、子供の誕生を喜ぶ歌声も実に伸びやか。観る度に歌が上手くなっていて伸び盛りの勢いを感じさせる。一方の朝美は、感情を押し殺したホテルマンになろうと努めながらも、根の優しさが邪魔をするギャップを丁寧に表現した役作り。その丁寧さが、更にラファエラの造形にも生きていて、グルーシンスカヤへの複雑な愛情に、ほの昏いものもにじませた好演だった。暁がグルーシンスカヤへの純粋な憧れと敬愛で、ひたすらに彼女の楯となろうとするラファエラだったのと併せて、各役、両者の個性の違いが面白かった。

もう1人、ハリウッドスターを夢見るフラムシェンもWキャストで、早乙女わかばと海乃美月。『1789〜バスティーユの恋人たち』でも、主人公ロナンの恋人役であるオランプをWキャストで演じていて、月組の重要な娘役としての地位を確立している2人だ。華やかな存在感で早乙女が、安定した歌唱力で海乃がそれぞれ際立ち、これもまた見比べる楽しさのあるWキャスト。プライジング社長から提示される、謂わば愛人契約をビジネスと割り切れると信じて引き受けてしまうことが、悲劇を呼ぶ役どころだけに、そういう行動に出ざるを得なかったフラムシェンの切迫感を、もう少し強く出しても良い気もするが、2人共に比較的余裕を強調した演技なので、そういう演出意図なのだろう。宝塚の娘役としては難しい役柄に、果敢に挑んでいた。

044_L3A6031

そのプライジング社長は、専科から特出の華形ひかる。専科に転出以来、所謂外箱公演で数多くのヒットを飛ばしてきていたが、本公演には久しぶりの登板。基本的に彼女はスターだし、更に明るさと朗らかさを有した魅力的な人だけに、もちろん健闘しているが、柄違いの香りは拭えなかった。特にプライジングがどれだけ追い詰められ、破滅的な心境に陥っているかを表すエピソードがごっそりカットされているので、ともするとただの好色な男性に見えかねないのは、あまりにも気の毒だ。折角の人材、是非配慮を持った起用を願いたい。
こうした全体のシーンの取捨選択によって、割りを食った役柄がある一方で、男爵が主役になったことで俄然大きな役柄として際立ってきたのが、男爵に借金返済を迫る運転手役の宇月颯。物語が男爵を軸に動くだけに、その男爵を追い詰め、次の行動、その次の行動へと促していく運転手役は、宇月の色気たっぷりの、妖しさもにじませた凄味の表出と相まって、作品の展開を握っている存在ともなっていたのが嬉しい発見だった。起用に応えた宇月の快演と共に、群像劇のどこにフォーカスを置くかによって、作品の見え方がかくも変わることを証明した役柄として印象深い。
そんな作品のストーリーテラーとして、グランドホテルのすべてを見つめ続けているドクターに扮した専科の夏美ようが、決して出過ぎず、けれど気配を消し過ぎもせず、常に全体を俯瞰して舞台に位置する按配が絶妙。作品の重石として得難い存在感を示していた。

他に「グランドホテル」で踊り続ける盲目の伯爵夫人・憧花ゆりのと、ジゴロ・紫門ゆりやが、初演ほどには効果的に見えなかったのは、演者ではなく演出の問題ではないかと思われるのが惜しまれる点だったが、前述したようにコールドの美しさが特に印象的で、新生月組の総力を結集したテクニカルでありつつ、様式的な舞台となっている。
 
253_L3A6473

そんな作品の後に、美しい回転木馬のシルエットからスタートするのが、日本初のレビュー「モンパリ」誕生90周年を記念したレビュー『カルーセル輪舞曲』で稲葉太地の作。90年前に、パリから学び宝塚に蒔かれた「レビュー」の種が、今、こんなにも大きな花を咲かせました、と、高らかに歌い上げたレビュー讃歌が晴れやかだ。
特に、ひと昔、ふた昔前までの宝塚で当たり前だった花の都パリへの徹頭徹尾の賛美が、あくまでも敬意は持ちながら品良く後退して、宝塚レビューを誇らかに提示してくるのは、やはり現代のレビュー作家である稲葉ならではの感性の賜物だろう。何より王道のお国巡りレビューが、パリからはじまり、世界各地を周り、宝塚に帰ってくる、宝塚伝統の黒燕尾のダンスが「モンパリ」の音楽で展開される見事さ、この誇り高き宝塚讃歌には、胸を熱くさせるものがある。

286_L3A6601

しかも素晴らしいのは、この作品がレビュー誕生90周年を寿ぐだけでなく、新トップスター珠城りょうのお披露目をも、華やかに提示していることで、どこへたどり着くのかはわからないが、旅のはじまりに胸は震える、と珠城が晴れやかに歌う時、月組の新たな未来への夢が大きく膨らんでいくのを感じた。特に、珠城に添うだけでなく1人で立派に場面を持つことができる愛希の、まるでバービー人形のようなプロポーションとダンス力、ファンタジックなシーンにピッタリの美弥るりかの、華やかな容姿とスター性の上に、正統派二枚目であるトップスターの珠城が揃った陣容は、ラストランがはじまっている雪組のトップ、トップ娘役、二番手男役の「トリデンテ」と称される強力さを思い起こさせるものがあり、新たなトリデンテ伝説が新生月組ではじまる予感を覚えた。

357_L3A6790

他にも、雪組への組替えを控えて重要なポジションを立派に務めた朝美絢、「モンパリ」へのオマージュである汽車のラインダンスを堂々と担った暁千星の巧みな使い方をはじめ、月組スターたちへの目配りが隅々にまで行き届いていて、目に耳に楽しい。ニューヨークでは朝美と共に紫門ゆりやが愛希と踊り、組長憧花ゆりの以下、多くの娘役たちが大活躍。千海華蘭と晴音アキの歌唱力も生かされている。『ノバ・ボサ・ノバ』へのオマージュを感じさせるブラジルでは、響れおな、貴澄隼人、輝月ゆうまが銀橋に出る。輝月には更にシルクロードで白雪さち花と共に抜群の歌声を披露するカゲソロがあるし、果てしない未来を目指すインド洋では、1人では越えられない荒波を、あなたの翼になり手を取りあって越えて行こう!と新生月組を高らかに宣言する「飛翔」と名付けられた佳曲を、宇月颯が見事な美声で歌い上げた。優れたダンサーとしてはかねてから定評のあったこの人が、実は優れた歌手でもあることは、これまであまり知られていず、宝の持ち腐れをもったいなく思っていたものだが、それがあたかもこの日の為の温存だったのかと思わせたほどの、秘密兵器ぶりが鮮やかだ。そしてもちろん貴千碧、咲希あかね、煌海ルイセ、美里夢乃の退団者たちへの餞があり、水先案内人として全体を引っ張る華形ひかるは、セリ上がりあり、銀橋渡りありの八面六臂の活躍で本領を発揮していて、華形ならではの魅力がショーで全開になったことに安堵した。だからと言って月組生の活躍も負けず劣らず顕著で、エトワールの麗泉里まで、見どころ満載。珠城率いる月組の、輝く未来に期待の高まる輝かしいレビューとなっている。

392_L3A6898


457_L3A7037

また、初日を前に、囲み取材も行われ、新トップコンビ珠城りょうと愛希れいかが、新たな月組の旅立ちとなる公演への抱負を語った。

439_L3A6983

その中で、新コンビとしての互いの魅力を問われた珠城が、トップ娘役としてのキャリアを重ねた今、大人っぽいものから可愛らしいものまで幅広く演じられるのが、愛希の魅力だと語ると、愛希は、珠城とは1学年違いという関係性から、密な立ち位置で見続けてきたが、舞台に対するまっすぐさがずっと変わらないと、珠城を語り、黒燕尾の似合う男役さんらしい男役としての、珠城の魅力を改めて真摯に伝えて、早くも互いのコンビネーションは上々の様子。

431_L3A6962
452_L3A7018

更に、どんなトップスターになりたいか?を問われた珠城から、これまで自分が見続けてきたトップさんのいずれもが、組の中で太陽のような存在だったので、自身も組の皆を照らすような存在でありたい、という決意が語られ、新生月組の新たな船出の順風満帆な航海が予感される時間となっていた。

446_L3A7002

尚、囲み取材の詳細は5月9日発売の、えんぶ6月号に舞台写真の別カットと共に掲載致します。どうぞお楽しみに!


〈公演情報〉
宝塚歌劇月組公演 
ザ・ミュージカル『グランドホテル』
脚本◇ルーサー・ディヴィス
作曲・作詞◇ロバート・ライト、ジョージ・フォレスト
追加作曲◇モーリー・イェストン
オリジナル演出・振付・特別監修◇トミー・チューン
演出◇岡田敬二
演出◇生田大和
翻訳◇小田島雄志
訳詞◇岩谷時子 
モンパリ誕生90周年 レヴュー・ロマン『カルーセル輪舞曲』
作・演出◇稲葉太地  
出演◇珠城りょう、愛希れいか ほか月組
●2017/2/21日〜3/26日◎東京宝塚劇場 
〈料金〉SS席12,000円 S席8,800円  A席5,500円 B席3,500円 
〈問い合わせ〉東京宝塚劇場 03-5251-2001




【取材・文/橘涼香 撮影/岩村美佳】




えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki