_L3A3055

明日海りお率いる花組が、新進気鋭の若手作家による冒険的な作品に挑むと同時に、トップ娘役花乃まりあの退団公演でもある宝塚花組公演、宝塚舞踊詩『雪華抄』トラジェディ・アラベスク『金色の砂漠』が、東京宝塚劇場で上演中だ(2月5日まで)

_L3A3220

まず前ものに用意されたのは、チョンパと呼ばれる、日本物に欠かせない幕開きの手法(暗転の中で緞帳が上がり、その間に居並んだ出演者たちが拍子木の「チョン」という音に続いて照明が「パ」っとカット・インする舞台に勢ぞろいしている形)で、華やかに開幕する日本ものレビュー『雪華抄』で、原田諒の作品。リンカーン、アル・カポネなど、歴史上に名高いが宝塚歌劇の主人公として取り上げるのは、いささかハードルが高いと思われてきた人物を、次々に宝塚の世界に引き込み、宝塚歌劇の枠を広げる作品を発表して、内外から注目を集めている気鋭の若手作家が初めて挑む、日本ものレビューとして、注目を集めている作品だ。

_L3A3177

全体は、紅梅白梅の初春で幕を開け、七夕幻想と波しぶきの夏、月光の秋から雪の冬、そして再びめぐりくる桜満開の春爛漫と、春夏秋冬を追った、王道の日本ものレビューの形をきちんと踏襲しているが、そこは常に新しい視点を宝塚に持ち込んできた原田のこと。彼の作品をきっかけに、宝塚でも数々の優れた仕事を重ねている装置の松井るみはもちろん、今回新たに衣装デザイン・監修にデザイナーの丸山敬太を起用して、慣れ親しんだ宝塚の和もの世界の雅やかではんなりした色調を、もう少し濃いくっきりとした色彩にシフトさせている。特に、作品の後半、秋から冬へ、そして再び春へとめぐる流れを、「清姫綺譚」と題された「安珍清姫」の情念の恋と、その昇華に持ってきたのが、これまで芝居を書いてきた原田ならでは。明日海りおの恐ろしいほどの美貌と、花乃まりあの突き詰めた表現が、この大きな流れによく合っていて、日本ものレビューを見ながら、何か物語を見たような気持ちにさせられる、妙味があった。

_L3A3089

それでいながら、宝塚の日本ものレビューに欠かせない存在である専科の松本悠里が舞う「花椿」の雅、明日海の鷹と柚香光の鷺が一騎打ちとなる「鷹と鷲」の鋭さ、二番手男役の芹香斗亜と、次期トップ娘役に決定している仙名彩世が、美しく舞う「七夕幻想」の柔らかさ、花組総出演で盛り上げる「波の華」など、組の陣容と出演者の個性を適材適所に配した流れも美しい。元々絵柄として場面を見せることに長けている原田に、レビューの演出をというのは、面白い視点だったと思わせた。総体に懐かしさと新しさが同居している日本ものレビューとなっていて、いつか原田の創る洋物のレビューも観てみたい気持ちにさせられたのは大きな収穫。今後の更なる活躍に期待したい。

_L3A3110

そんな美しく、でもどこか色の濃い日本ものレビューの後に登場したのが、トラジェディ・アラベスク『金色の砂漠』で、こちらもデビュー以来、その作品の完成度の高さが大きな話題を呼んで来た上田久美子の作品。プログラムの作者言によれば「エンターテイメントに徹っしよう!」との思いでスタートした作品作りだったとのことだが、どうして、どうして、宝塚歌劇としては、かなりの冒険作。非常にディープで、熱く濃い、狂気のような愛憎と情念の世界が展開されていく。

_L3A3267

物語は広大な砂漠の古代王国イスファンという架空の国で展開される。この架空の国というところが作者の眼目で、この国の王家には王子が生まれたら女の奴隷、王女が生まれたら男の奴隷を、「特別な奴隷」として1人ずつあてがい、共に成長させて身の回りいっさいの世話をさせるという仕来りがあった。と聞いただけで、どうしてその「特別な奴隷」が同性ではいけないのか、異性が四六時中共にいて育つのでは何かと話がややこしいのでは?と思うのだが、この疑問を「仕来りでございますから」の一言で押し通した作者の剛腕が、物語を怒涛のように展開させていく。
第一王女タルハーミネ(花乃まりあ)の特別な奴隷ギイ(明日海りお)は、身分こそ奴隷でありながら、誇り高く能力にも優れた美貌の男子として成長する。そんな彼が常に寝起きさえ共にして、やはり誇り高く、美しい女性へと花開いていくタルハーミネに想いを寄せないはずはない。もちろん王女も同様なのだが、奴隷に心惹かれる己を許せないプライドが立ちはだかり、2人の関係はうねりを起こしながら、張りつめた弦のような緊張を続けていく。そこに、王国の抱えるギイを巻き込んだ大きな秘密が横たわり、互いを支配することでしか想いを貫けない男女の愛は、憎しみと表裏一体となって砂漠に燃えてゆく……。

_MG_1681

まず基本的に宝塚の男役トップスターに奴隷を演じさせることには、相当高いハードルがあっただろう。宝塚の世界観の中には「女性が夢を見られる男尊女卑」という、実はかなり入り組んだ価値観が確かに存在していて、トップスターが虐げられる、しかも四つん這いになって足台になるなどという設定は、ただそれだけで嫌悪感を呼び起こす危険性が高い。そこに敢えて踏み込んだ上田久美子は、愛し合うことによって支配と被支配が逆転する男女の愛憎を、更に立て続く大きな出来事で二転三転させ、まさにアラベスクと題された通りの無限に展開していくドラマを仕立てた。貼られた伏線もきちんと回収しているし、そもそもの設定の大嘘は、他国の王子に疑問を呈させるなど目配りも周到で、命も罪も砕け散る美しい場所、砂漠のどこかにあるという「金色の砂漠」が指し示す、終幕への流れも壮絶だ。何より終盤のたたみ掛ける展開こそ駆け足の感が否めないが、子供時代の回想を含んだ時系列の飛翔を混乱なく提示したのは、やはり作者の確かな力量を感じさせた。一方で、主人公2人の情念と愛憎の世界があまりにディープなので、観ている側にも相当な体力が要求されるのもまた事実。コアなリピーターに最も大きく支えられている宝塚歌劇としては、あらゆる意味で挑戦的で、冒険的な作品だったと言えるだろう。

_MG_1670

そんなドロドロとした深く、濃い世界を支えたのは、類い稀な美貌と、真っ直ぐ役柄にのめり込んでいく芝居心とを持ち合わせた明日海りおというスターが、今花組で頂点にいたが故のことだ。この人の美しさの中には、どこかにほの昏い炎が燃えている凄味がある。それが愛と憎しみが隣あうこの世界を、ひたひたと満たして、この世ならぬ悲劇を、悲劇という名の狂気、ある意味ではすべてから解放され救われる道はここにしかなかったというラストシーンに至る、主人公がたどるドラマを支え切っていた。
同じことが花乃まりあにも言えて、宙組の愛らしい若手娘役だったところから、花組に移り、明日海の相手役を務めるに当たって、彼女が積み重ねたはずの研鑽のすべてが、この王女役に注ぎ込まれている。男役の前に対等に立ち、火花散る芝居のやりとりを怯むことなく演じきったのは、宝塚のトップ娘役としてはかなり稀な経験だったと思うが、美貌を誇る男役の相手役であること、ただ美しいだけでは食い足りないと評されてしまう、明日海りおの相手役というポジションを、この2人でなければ成立しなかったドラマで見事に締め括った。トップ娘役としての本懐を遂げた姿に拍手を贈りたい。

_MG_1821

この物語の語り部でもあり、主役2人と同じ立場でありながら、いつしか王女への愛も、王女からの愛も家族のような親密さに姿を変えて行く奴隷ジャーに扮した芹香斗亜は、柔らかで優しい持ち味が作品に一服の清涼剤となる効果を与えている。ドラマ全体の役割としては、常に一歩引いた傍観者である立場なので、二番手男役としては難しい立ち位置だったと思うが、この人がいなかったらドラマがどこまで殺伐としたことか、と思わせたのは芹香の存在感あったればこそ。相手役となる第二王女ビルマーヤ役の桜咲彩花の、童話の世界に出てくるお姫様をそのまま体現したたおやかさも良い。
 
_L3A3460

また、ヒロインの求婚者に扮する柚香光の、明日海とはまた違った直線的な美貌が作品のインパクトを高めている。奇妙な風習に疑問を呈したり、主人公が足台になる場面に「野蛮だな」と心情を吐露したりという、謂わば客席の反応の代弁者でもある役どころに、舞台に登場しただけで目を引き付ける柚香が扮した効果は絶大。ヒロインへの求愛も、これぞ宝塚男役のキメっぷりで、異色の作品と宝塚歌劇とのバランスをも担っていて頼もしい。
他に、王国が抱える闇を体現する存在である国王役の鳳月杏の色悪の魅力が、哀しみを湛えて生きる王妃役の仙名彩世の心の動きに説得力を与えて、この配役も見事。久しぶりに若々しい役どころが新鮮だった瀬戸かずやをはじめ、花野じゅりあ、水美舞斗、音くり寿などが目を引き、専科の英真なおきの好助演も得て、難しい作品に組全体で体当たりした様が、砂漠の熱風を生んでいた。

それにしても、フィナーレがついていて本当に良かったと思える重い作風は、翻せば上田久美子が宝塚のセオリーを巧みに利用しているのだとも言え、日本ものレビューの原田共々、若手ならではの攻めの姿勢にあふれた公演となっている。

_L3A3626

そんな公演の初日を前に、通し舞台稽古が行われ、花組トップコンビ明日海りおと花乃まりあが囲みインタビューに応じて作品への抱負を語った。

_L3A3606

まず何よりも、記者の質問は『金色の砂漠』の難しい設定に対して、苦労はなかったか?という点に集まったが、明日海からは「台本を読んだ時に、これは難しいと思った」という趣旨の素直な感懐が聞かれ、ただ愛しい、愛しているというだけでは済まない関係なので、千秋楽までが発展途上の日々だとの想いが語られた。

_L3A3599

また花乃も大劇場公演を終えても、まだまだこの作品をよくする為に何ができるかを考える毎日だとの言葉があり、千秋楽まで進化し続けるこのコンビらしい回答が揃った形となった。

_L3A3597

そんな状況であるだけに、公演中にはこれが退団公演だという想いには全く至らないという花乃に、明日海も芝居の間にはそのような気持ちがよぎらないでくれる方が良いので、千秋楽の幕が下りた時に役を生き抜いて、やりきったという想いで晴れ晴れと卒業して欲しいというエールが贈られ、ハードルの高い作品に共に立ち向かっていく、このコンビならではの決意が伝わる時間となっていた。

_L3A3617

尚、囲みインタビューの詳細は、本誌用の舞台写真と共に3月9日発売の「えんぶ」4月号に掲載致します。どうぞお楽しみに


〈公演情報〉
宝塚花組公演
宝塚舞踊詩『雪華抄』
脚本・演出◇原田諒
トラジェディ・アラベスク『金色の砂漠』
作・演出◇上田久美子
出演◇明日海りお、花乃まりあ ほか花組
●2017年1/2〜2/5◎東京宝塚劇場
〈料金〉SS席 12,000円 S席 8,800円 A席 5,500円 B席 3,500円 (全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉東京宝塚劇場 03-5251-2001





【取材・文/橘涼香 撮影/岩村美佳】




水夏希出演、アルジャーノンに花束を




kick 

shop 

nikkan 

engeki