67_MG_2917

宝塚歌劇団は、現雪組トップスターの壮一帆と現雪組トップ娘役の愛加あゆが、2014年8月31日付で退団するのに伴い、9月1日付で次期雪組トップスターに早霧せいな、また次期雪組トップ娘役に咲妃みゆが決定したことを、3月4日に発表した。

お披露目公演は、2014年10月11日に初日を迎える雪組日生劇場公演『伯爵令嬢』となる。


早霧せいな(さぎりせいな)

長崎県出身。2001年『ベルサイユのばら』で初舞台。同年5月、宙組に配属。2006年『NEVER SAY GOODBYE』で新人公演初主演。2009年2月、雪組に組替え。同年バウホール公演『雪景色』で6役の早替わりに挑戦。2011年『ロミオとジュリエット』ではマ−キューシオ役を鮮烈に印象付ける。同年『ニジンスキー』でバウホール公演の単独主演を果たし、伝説的バレリーナを好演。2012年バウホール公演『双曲線上のカルテ』に主演し、不治の病を抱えた外科医の葛藤を繊細に表現した。同年『JIN-仁-』では坂本龍馬を豪快に体現。2013年中日劇場公演『若き日の唄は忘れじ』では友情に篤い小和田逸平を爽やかに演じる。同年『ベルサイユのばらーフェルゼン編ー』でオスカルを役替わりで熱演。同年『Shall we ダンス?』ではヒロインのダンス教師エラに扮し、ナチュラルで凜とした役作りが好評を得た。2014年3月7日から26日までの全国ツアー公演『ベルサイユのばらーオスカルとアンドレ編ー』にオスカルで主演する。


咲妃みゆ(さきひみゆ)

宮崎県出身。2010年4月『THE SCARLET PINPERNEL』で初舞台。同年10月、月組に配属。2012年『ロミオとジュリエット』新人公演で初ヒロインを務め、瑞々しい演技で期待に応える。同年バウホール公演『春の雪』でバウホール公演初ヒロインを果たし、悲劇的な運命を辿る令嬢・綾倉聡子を情感豊かに演じて好評を得た。2013年バウホール公演『月雲の皇子』ではヒロインの衣通姫を神秘的な風情で好演。続くシアター・ドラマシティ公演『THE MERRY WIDOW』でもヒロインを務め、未亡人ハンナを華麗に演じて好評を博した。2014年1月、雪組に組替え。2014年3月7日から26日までの全国ツアー公演『ベルサイユのばらーオスカルとアンドレ編ー』に出演する。



【公演情報】
雪組全国ツアー公演

宝塚グランドロマン『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』 

〜池田理代子原作「ベルサイユのばら』より〜

脚本・演出◇植田紳爾

演出◇谷正純

出演◇早霧せいな 夢乃聖夏 ほか宝塚歌劇団雪組 夏美よう(専科)

●3/7〜9◎梅田芸術劇場メインホール 

以降26日まで全国巡演(長野、山梨、名古屋、三重、北九州、福岡、長崎)

お問い合わせ 大阪/梅田芸術劇場 06−5251−3888

https://kageki.hankyu.co.jp/




【写真:雪組1月東京公演より 撮影/岩村美佳】


★演劇ぶっく4月号(3月8日店頭発売)では、早霧せいなさんのインタビューをグラビアとともに掲載。

えんぶチケット日時・枚数限定、お得に販売中! 
shop_rogo_sp

header_rogo

side_twitterside_facebook