s_015

6月17日〜19日に上演されたショー『DRAMATICA/ROMANTICA W』は、昨年の『DRAMATICA/ROMANTICA』の好評を受けての2回目にあたるもので、今年も充実したステージとなった。

 

アーティストは彩吹真央、J Kim、知念里奈、新妻聖子、井上芳雄の5人。
昨年と同じ顔ぶれだが、より高度な部分により自由になっていて、密度もクオリティも上がった今回の「W」となっている。

昨年、外部で初めての舞台とあってやや硬さの見えた彩吹真央が、この1年の間に自信をつけたのがよくわかる。声も伸びと強さが出てソロを歌うときは自分を押し出している。昨年のショーで他の4人に刺激されて自分を磨いたのだとしたら、この「W」を一番待っていたのは彼女かもしれない。
 

それにしても、なんと優れたアーティストばかりだろう。多忙でもあるこの5人が顔を揃えたことに改めて感動する。

J Kimの表現力に富んで、魂の底まで届く声は、聴くものの感情をかき立てる。

知念里奈は、温かな優しさと素直な人間性がそのまま伝わってくる歌声だ。

新妻聖子の5オクターブと言われる音域の広さ、そしてソプラノの美しさと力強さには圧倒される。
彩吹真央は柔らかな歌声によりドラマが加わった。 

そして、クラシックからロック、ポピュラーまでミュージカルの舞台で歌ってきた井上芳雄が、その経験と実力で、個性や声質がそれぞれ違う女性歌手4人と、デュオを成立させてしまうことに感嘆する。


このショーの成功の原因は、5人の歌い手の魅力をよくわかっている演出の小林香が、それぞれの魅力を生かすナンバーや楽曲をセレクトして、巧みに構成するところにあるのだろう。何よりも、小林自身が観たいもの、聴きたいものを、丁寧に作っていることがどの場面からも伝わってくる。

衣裳や舞台装置、照明などのスタッフワークも含めて、これだけのショーを作ることは、今の日本ではかなり贅沢なことだと思うが、このクオリティをよりグレードアップして、三回目『DRAMATICA/ROMANTICA』見られることを期待したい。

 

曲目は次のページに。
s_003s_008
s_004s_014
s_013s_017
s_018s_020
s_019





SHOW-ism lll
『DRAMATICA/ROMANTICA W』


構成・演出・訳詞◇小林香
音楽監督・編曲◇前嶋康明
振付◇原田 薫、港ゆりか

美術◇松井るみ

出演◇彩吹真央 、J Kim 、 知念里奈 、新妻聖子、 井上芳雄


●6/17〜19◎品川ステラボール


【取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】

演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/