_MG_1


安蘭けいの歌声を久しぶりに堪能した。
高音部も男役だったとは思えないほどよく出ていて音域が広くなった。発声やセリフまわしの縛りから解放されたせいか、感情をたっぷり乗せて伸び伸びと歌っている。

_MG_5The Musical 『AIDA アイーダ』は、2003年に星組が上演した『王家に捧ぐ歌』を、ほとんどそのままのストーリーと音楽で外部上演、宝塚のオリジナル・ミュージカルがどこまで外で通用するか、その力を問う公演だといってもいいだろう。

そのチャレンジは、『王家に捧ぐ歌』のヒロインから『AIDA アイーダ』のヒロインへと、巧みにスライドしてみせた安蘭けいを得てみごとに成功した。この作品が現代日本のミュージカル界で、貴重なレパートリーとしてこれからも上演される可能性が大きくなったことを喜びたい。

 




もちろん成功のファクターに、演出の木村信司の力が大きいことはいうまでもない。『AIDA アイーダ』における彼の演出は、オペラのダイナミズムへの志向がより強まった気がする。この国際フォーラムCには盆がないため、場面転換はセットを割ることや、高さや向きに変化をつけることぐらいしかできないうえ、動けるエリアもあまり広くない。そのなかで精一杯ダンスや動きの迫力も見せているが、やはり歌の力と役者同士が生みだすドラマそのものが、見どころ聴きどころになってくる。その点ではスタンダードなオペラ的作りだといえよう。
_MG3jpg
音楽は甲斐正人で、アイーダ、ラダメスの新曲も含めて、彼の生み出すメロディの美しさはこの作品の土台だと改めて感じさせられる。アイーダ、ラダメス、アムネリスの3人の愛と葛藤、エジプトのファラオやエチオピア王、戦士や奴隷、女官たち、それぞれの立場や心の動きが、楽曲の力を借りて鮮明に伝わってくる。外部用のアレンジも適確で、星組版ではコメディソングだった「エジプトは強い」なども、民の驕りを象徴するナンバーとしてストレートに歌われる。

舞台美術は最近の木村作品をほとんど手がけている大田創で、ピラミッド型のセット数台をベースに、デフォルメした吊りものに象徴的な意味を持たせて、古代エジプトのイメージを伝えている。またセリがないこの劇場で地下牢への移動をどう見せるかに注目していたのだが、ピラミッドの高さを生かしたアイデアには刮目させられた。
_MG_2

 

出演者では、安蘭けいのアイーダが経験者のキャリアを発揮して役と物語をしっかり把握、ドラマを引っぱっている。衣装もヘアメイクもナチュラルになって、生身の女性を感じさせながらも、宝塚版では抑制気味だった王女の誇りも惜しみなく出して力強い。
_MG_4JPG歌唱も、テーマを伝える「私に見えたもの(アイーダの信念)」や「王家に捧げる歌(世界に求む)」、ラダメスとの愛のデュエット「月の満ちるころ」、そしてACT1の終わりの「アイーダの孤独」や、ACT2のエチオピアの惨状のなかで歌う「私は愛する」など、新曲も含めてどれも心に突き刺さる。ラダメスとの並びは、伊礼彼方の大きな体躯を前に華奢ではかなげに見える。恋人同士としては、ACT2になってから2人とも硬さがほぐれて切なさや愛が伝わってくる。

伊礼彼方は、まず身体のラインの美しさで目を奪われる。それがラダメスの内面に入り込ませにくいほどインパクトがあるのは贅沢な不満で、誠実さが根にある人なのでヒーロー役として不足はない。後半で見せるアイーダへのひたむきな愛や地下牢での再会の喜びで見せる激情は、伊礼の男性としての魅力が大きく出ているだけに、エジプトの軍人らしさがもっと加わればさらに大きさが出るだろう。歌唱も高音部の安定が課題だが、こなれてくれば低音部の響きは魅力的だけに表現が深まりそうだ。

アムネリスのANZAは、小柄なためにエジプトの王女としての威厳がやや不足して見えるのが残念だ。そのぶん王女よりも女の部分が前面に出る作りになって、ラダメスに拒まれる部分では哀れが深まる。セリフも歌唱も美しい声で魅力的だが、アイーダに対峙する歌やセリフに威圧するくらいの迫力が加わればなおいいだろう。

ファラオは光枝明彦、ラダメスを信頼し王女を慈しむ偉大なエジプト王としての懐の深さを感じさせる。エチオピア王のアモナスロは沢木順で、気がふれた様子の演技は不気味でまがまがしい。アイーダの兄のウバルドは宮川浩で、復讐と闘争心が全身からにじみ出る。この3人の底力のある歌声と神官役の林アキラのオペラティックな歌唱が、ミュージカルとしての厚みを出している。またアンサンブルでエジプト人、エチオピア人、女官、戦士など何役も演じる23人の活躍が、この舞台に迫力を加えている。とくにコーラス部分での彼らの働きは頼もしい。


_MG_7JPG終幕の地下牢は、初演以来涙なくしては見られない名シーンだが、今回はとくに抱き合うように横たわる2人を見下ろすかのように、高い壁が非情にそびえ、戦いの犠牲になった恋人たちの愛の物語を、よりいっそう切なく浮かび上がらせていた。
 
 



これまで日本のミュージカルといえば、海外の翻訳ものがほとんどという現実のなかで、今回、宝塚から生まれ、外部で新しいキャストたちによって新鮮な命を吹き込まれた『AIDA アイーダ 』。
その成功に心から称賛を送るとともに、
当たり役アイーダで、ミュージカル・スターへの幸せな第一歩を歩み出した安蘭けいに、大きな祝福の拍手を送りたい。

_MG_6

 

The Musical 『AIDA アイーダ 』
ー宝塚歌劇『王家に捧ぐ歌』よりー

8/29〜9/13◎東京国際フォーラムC 

9/18〜10/4◎梅田芸術劇場メインホール

脚本・演出◇木村信司(宝塚歌劇団)

作曲・編曲・音楽監督◇甲斐正人

出演◇ 安蘭けい 伊礼彼方 ANZA 光枝明彦 沢木順 、宮川浩 林アキラ 他

 

<料金>

国際フォーラムC S席12000/A席8000/B席5000/(全席指定/税込)

梅田芸術劇場メインホール S席12000/A席8000/B席4000/(全席指定/税込)

<チケットに関するお問い合わせ>

梅田芸術劇場 06-6377-3800

<公演概要> http://www.umegei.com

           【取材・文/榊原和子 撮影/岩村美佳】