えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

黒木瞳主演舞台『京の蛍火』

『円生と志ん生』初日が開幕! 初日前日の囲み取材コメントと舞台写真も到着!

s_『円生と志ん生』舞台写真㈰
大森博史 ラサール石井

こまつ座公演『円生と志ん生』が、9月8日、紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて開幕した。
昭和の大名人噺家と呼ばれた六代目三遊亭円生と五代目古今亭志ん生が、満州に渡った後に敗戦を迎え日本へ戻ることができなくなった史実をもとに、井上ひさしらしい大胆な発想と趣向を駆使した作品だ。

s_『円生と志ん生』舞台写真㈪
池谷のぶえ 太田緑ロランス ラサール石井 大森博史 大空ゆうひ 前田亜季
 
10年ぶりの上演となる今回の出演者は、自ら寄席にも出演するほどの落語好きで、顔も声も志ん生にそっくりのラサール石井、初日の井上戯曲で円生という大役に挑む大森博史、舞台となる大連の花々のような豪華女優陣、大空ゆうひ、 前田亜季、太田緑ロランス、池谷のぶえ。
初日前日に、このキャストたちと演出の鵜山仁が顔を揃え、舞台への意気込みを語った。

P9070379
太田緑ロランス・池谷のぶえ・大空ゆうひ・前田亜季
鵜山仁・ラサール石井・大森博史


【挨拶と質疑応答】

井上麻矢(こまつ座代表)
『円生と志ん生』は今から12年前に初演、10年前に再演しました。満州に取り残された日本人、引き揚げの時に苦労して途中で命が途切れて戻れない人もいて、その取り残された中にこの噺家2人がいました。言葉に渇望し、言葉がわかる人の前で落語をやりたいと思っていた2人の命がけの珍道中です。
ラサール石井さん、大森博史さんはじめ皆さんやっと念願かなって出演となりました。今日はラサールさんが鎌倉の井上ひさしのお墓参りに行ってくださいました。
女性達4人は当時の大連そのものを表しています。こういう歴史が過去あって、それでもめげずに名人になった2人。この2人を通して、きちんと歴史を再現することが大事だと、生前井上ひさしも話していました。鵜山さんの力を借りて形になってお届けできることを嬉しく思っています。

鵜山仁(演出)
敗戦体験、終戦体験をしたおかげで2人は落語がうまくなったと言われている。だからこの芝居をやると芝居がうまくなるはず(笑)。そして生きることが上手になります(笑)。乞うご期待!

大森博史
円生の魅力に引き込まれています。人間が好きだったんだな、というのをとても感じます。それがこの本の中にも書き込まれていると思います。紆余曲折があって現地で所帯を持ってしまったり、志ん生とぶつかったりしながら、そういうところに人間性がある。この役は役者冥利に尽きると思っています。史実に基づいて作られている作品で、鵜山さんによっていい感じに仕上がっています。

ラサール石井
志ん生を演じるのは芸人のはしくれとして畏れ多いですね。頭を剃ってみたけど、頭の形が違うので百田尚樹さんに近くなってしまった(笑)。学生時代から井上作品には憧れていた。これほど初日がこわいのは初めてです。ちょっとでも見守ってほしいと思って、今日、鎌倉の井上先生のお墓にお墓参りに行きました。明日は志ん生師匠のお墓参りに行こうかな(笑)。

大空ゆうひ
こまつ座作品には初めての参加です。ずっと憧れていて、稽古場から幸せをかみしめていました。素敵な言葉がたくさんなので、心と言葉を大切にして、毎日を愛おしみながらがんばります。

池谷のぶえ
女性4人で20人分を演じる、その重みを感じています。その時代の女性たちをリスペクトして演じたいと思います。こまつ座は初めてなので、どんなお客様なのか楽しみです。早く観ていただきたいです。

前田亜季
大変な時代、大変な生活だったと思います。でも師匠たちのまわりにはいつも笑いがあった。女性達はその笑いに助けてもらい、元気づけてもらっていた。笑いの力を信じて精いっぱいつとめたいと思います。
 
太田緑ロランス
本当に大変な時代を、笑いの力を借りて生き延びたのだなと思います。その女性達に0.1ミリくらいは近づけたらいいなと。稽古場では力いっぱい1ヶ月作ってきたので、これから本番は力みすぎずに演じられたらと思います。
 
s_『円生と志ん生』舞台写真㈭
ラサール石井 池谷のぶえ 大森博史

──志ん生師匠の魅力とは?
ラサール 破天荒さ、あまり構築されていない”その場”感。でも稽古が大好きだったそうです。人間として大きい方ですね。ふっと、ビートたけしさん、師匠の杉兵助、勘三郎さんにも似ていると感じます。そういうエッセンスが出せたら。
──円生師匠の魅力とは?
大森 なめくじ長屋に住んでいても、貧乏を笑い飛ばすという感覚。笑いの力はすごいですよね。
──鵜山さん、新生『円生と志ん生』、稽古場での発見は?
鵜山 井上さんとは30年以上一緒にやっていて、当時は親父に聞かされる戦争の話という感覚だったのが、その世代が、井上さん以外にもどんどんいなくなってきて、今回の座組では最年長。当事者にならざるを得ない。これまでは弟気分だったけれど、これから、それを僕らはどう体現していくのだろうという意味で、いい経験をさせてもらいました。
 
s_『円生と志ん生』舞台写真㈮
大森博史 大空ゆうひ 
 
──皆さん、井上ひさし作品の印象は?
太田 井上先生は素敵な先生という印象。憲法に関する本を読んで感銘を受けました。憲法は助けてくれる仕組みなんだとわかりました。まさか自分が先生の作品に出演できると思っていなかったです。この作品は演劇リレーのようで、演劇の仕組みが好きだったんだな、と思いました。
池谷 私は『道元の冒険』が初めての出演作でした。出身劇団がナンセンスコメディなので、どう読んだらいいのかと構えましたが、読み進めていくうちに「これは壮大なナンセンスコメディ」だと気づきました。良い意味でぶっとんでいるなと。言葉のたたずまいがとても刺激的ですし、言葉の丸みがすばらしいですね。
大空 言葉になにか魔法があるのではないかとずっと感じていました。役者がそれを言葉にするとどこかに連れて行ってくれるような飛躍感、不思議な力を持っています。そして本の中で知らないうちに鍛えられているなと。この作品を通して感じているのは、タイムスリップさせられるような感覚。リアルにその当時の空気を感じるんです。時がそのまま残されているような不思議な感覚になります。
前田 私は、10年前の『私はだれでしょう』が、井上先生の作品は最初で、初日が延びたこともあり余裕もなく始まってしまったのですが、今回はゆっくり台本を読む時間もあったので、リズムが心地よくて、こんなに素敵な日本語だったんだなと、改めて思うことができました。普段自分が話している言葉を少し反省しました(笑)。

s_『円生と志ん生』舞台写真㈫
大森博史 ラサール石井 
 
大森 僕は自由劇場出身で翻訳ものが多かった。それで動きを重視することが多かったんだなと思いました。今回、言葉には大きなウェイトがあると実感しました。劇中の「言葉がまっすぐそのまま届いてほしい」という歌詞に、これはとても大切だぞと思いました。言葉をきちんと伝えていくことはとても大事だと再確認しながら、今回進めています。
ラサール 井上作品は学生時代から憧れていました。鹿児島から上京して、テアトルエコー養成所の「講師井上ひさし」に飛びついて、1期生に応募して、受かって入ってみたら、その時にはもういらっしゃらなくて(笑)、すれ違いでした。先生が作品を命を削って書いているのは知っていますので、一字一句間違えずに話さねばと、毎日試行錯誤しています。コント赤信号でストリップ劇場に出演したときも、何の抵抗もなく「井上ひさしや渥美清になれるんだ」と思いました(笑)。この作品の洗濯物のシーンもストリップシーンみたいですよね(笑)。井上先生がいた孤児院も「ラサール」で、僕の出身校と同じ系列なんです。モッキンポッド師のモデルになった人が、僕の寮の先生だったというつながりもあるんです。井上先生の「芝居は趣向だ。趣向があれば拠り所にやっていける」という言葉をずっと励みにしています。
──その熱い思いをご本人に伝えたことは?
ラサール KERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)さんと3人で鼎談をしたはずなんです。写真が残っているので、でも記憶がまったくなくて(笑)、よほど緊張していたのかなと。ラサールの同窓の集いに講演に来ていただいたときに、僕が司会をしていたのでご挨拶してお話もしたのですが、先生にはあまり響いていなかったようでした(笑)。
鵜山 僕がご一緒するようになってからは、善い人ばっかり劇に出てくるようになって、なんで善い人ばっかり出てくるんだ?と斜に見ていました。でもそれは、「周りの状況が厳しいから、逆に明るさ、良さに憧れて書くようになった」と聞きました。今の世の中も、明るい方に向かって、すがらないとやっていられない、正気を保っていられないかもしれない、というリアリティを感じているので、明るい方を向くエネルギーを大事にしていこうと思っています。

s_『円生と志ん生』舞台写真㈬
太田緑ロランス 前田亜季 ラサール石井 池谷のぶえ 大森博史 大空ゆうひ

この公演の大空ゆうひインタビューはこちら
http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1885104.html 


〈公演情報〉
main

こまつ座『円生と志ん生』
作◇井上ひさし
演出◇鵜山仁
出演◇大森博史、大空ゆうひ、前田亜季、太田緑ロランス、 池谷のぶえ、ラサール石井
ピアノ演奏◇朴勝哲  
●9/8〜24◎紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA (東京都)
〈料金〉9,000円 学生割引 5,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉こまつ座 03-3862-5941 
●9/30〜10/1◎兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール (兵庫県) 
●10/8◎ 日立システムズホール仙台 シアターホール (宮城県) 
●10/14◎ 川西町フレンドリープラザ(山形県)
〈公演HP〉
 http://www.komatsuza.co.jp/program/

【スペシャルトークショー】
★9月11日(月)1:30公演後 樋口陽一(比較憲法学者)― 井上ひさしにとっての笑い ―
★9月14日(木)1:30公演後 大空ゆうひ・前田亜季・太田緑ロランス・池谷のぶえ
★9月17日(日)1:30公演後 大森博史・ラサール石井
★9月21日(木)1:30公演後 雲田はるこ(漫画家)―『昭和元禄落語心中』ができるまで ―
※アフタートークショーは、開催日以外の『円生と志ん生』のチケットをお持ちの方でもご入場いただけます。ただし、満席になり次第、ご入場を締め切らせていただくことがございます。
(出演者は都合により変更の可能性がございます。)



【舞台写真撮影:谷古宇正彦】




『SWAN 2017』


kick shop nikkan engeki

ミュージカル『アダムス・ファミリー』製作発表&楽曲披露イベント開催決定!

ADDAMS_宣材_m

ハロウィンシーズンのみなとみらいに、あのおばけ一家がやってくる!
10月28日よりKAAT神奈川芸術劇場ホールで上演されるブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』の製作発表を兼ねた楽曲披露イベントが、10月1日に横浜みなとみらいにて開催される。

ミュージカル『アダムス・ファミリー』は、2014年に日本初演、白井晃の質の高い演出と、心に残る優れた楽曲で喝采を浴びた。
3年ぶりとなる今回は、ミュージカル界の豪華新メンバーを迎え、オールスターキャストで上演する。映画でお馴染みのブラックな笑いとゴシックなテイストに溢れたユニークなおばけ一家が、素晴らしい楽曲にのって舞台上を大暴れするなど、おばけ的ギャグも満載!
期待される開幕を前に、あの“おばけ一家”が、ハロウィンシーズンのみなとみらいを舞台にミュージカルナンバーを披露することになった。
 
このイベントの模様を自身のSNSに投稿してくれた人には、オリジナルキャンディーがプレゼントされる!

【イベント概要】
日時/2017年10月1日(日)13時開始
会場/MARK IS みなとみらい 1階 グランドガレリア
登壇者/白井晃(演出) 橋本さとし  真琴つばさ/壮一帆(ダブルキャスト)  昆夏美 村井良大 樹里咲穂 戸井勝海 澤魁士  庄司ゆらの  梅沢昌代 今井清隆
内容/登壇者挨拶、楽曲披露、フォトセッション、キャンディープレゼント

このイベントの模様を自身のSNSにハッシュタグ  #我らアダムス  をつけて投稿し、投稿画面を見せてくださった方には、オリジナルキャンディーをプレゼント。
※オリジナルキャンディーはイベント終了後から配布します。オリジナルキャンディーは、数に限りがあります。
※会場にマスコミの取材が入ります。

【諸注意】
※観覧スペースへの入場は、12時45分ごろから案内を予定しています。
事前にお並びいただくことはできませんので、入場開始時間に合わせてお越しくださいますようお願いいたします。
観覧スペースには限りがございますため、ご入場いただけない場合もございます。
※観覧スペースに椅子はございません。
※イベントスペースでは、係員の指示に必ずお従い下さいますようお願いいたします。
係員の指示にお従いいただけない場合には、本イベントの観覧をお断りする場合がございます。

 〈公演情報〉
ADDAMS_宣材サブ_m
 
PARCO Produc
ミュージカル『アダムス・ファミリー』
台本◇マーシャル・ブリックマン&リック・エリス
作詞・作曲◇アンドリュー・リッパ 原案チャールズ・アダムス
翻訳◇目黒条/白井晃
訳詞◇森雪之丞
演出◇白井晃
出演◇橋本さとし  真琴つばさ/壮一帆(ダブルキャスト) 昆夏美  村井良大
樹里咲穂 戸井勝海  澤魁士 庄司ゆらの 
梅沢昌代 今井清隆  ほか
●10/28〜11/12◎KAAT神奈川芸術劇場 ホール
〈料金〉 S席12,000円 A席9,000円(全席指定・税込)U-25チケット6,000円(観劇時25歳以下対象・当日指定席引換・要身分証明書・チケットぴあのみ取扱い)
〈前売開始〉7月15日(土)
〈お問い合わせ〉チケットかながわ  0570-015-415(10:00-18:00)
●11/18・19◎大阪 豊中市立文化芸術センター・大ホール
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888
●11/24・25◎富山 オーバード・ホール
〈お問い合わせ〉チューリップテレビ  076-444-8888  イッセイプランニング 076-444-6666

〈総合問い合わせ〉パルコステージ  03-3477-5858(月〜土11:00〜19:00  日祝11:00〜15:00)






『SWAN 2017』


kick shop nikkan engeki

咲妃みゆ、宝塚退団後初のステージが決定!豪華出演者がタンゴを歌い踊る『Concierto del Tango』

362オケ前_2

地球の裏側、 アルゼンチンで生まれたタンゴは、1920 年代に欧州で大流行。洗練されたスタイル、退廃的なダンス、哀愁に彩られたメロディは日本でも多くのファンの心を掴んだ。そして日本は今やアルゼンチンについでタンゴのファンが多い国と称されるまでになった。

この秋、日亜修好120周年の記念企画を立ち上げ、10月24日と25日に記念コンサート 『Concierto del Tango』が行われる。このステージは、タンゴの代表作を豪華なキャストと日本最高のオルケスタの名演奏で、激しく煌びやかなダンスも交えて送る、タンゴ史上初のスペシャルなイベントとなる。

出演者には、彩乃かなみ、久野綾希子、クミコ、姿月あさと、真琴つばさ、星奈優里、水 夏希、渡辺えり/アルベルト城間、伊礼彼方、岡田浩暉、篠井英介(男女別50音順)に加えて、今年7月に宝塚歌劇団を惜しまれて卒業したばかりの元雪組娘役トップの咲妃みゆが、退団後初めてステージに登場する。

362オケ前

オーケストラとともに歌う咲妃みゆの動画はこちら
http://concierto-del-tango.com/index.html 


このコンサートには、8月に行われた「タンゴ世界選手権」のステージ部門において見事に優勝を果たしたアクセル・アラカキも出演するなど、素晴らしいダンスも生で目撃できる貴重な機会だ。

また10月25日にはタンゴのアルバム『Todos del Tango(タンゴのすべて)』も発売される。このアルバムにも咲妃みゆの宝塚歌劇団退団後初めての歌声が収録される。



【アルバム情報】
『Todos del Tango(タンゴのすべて) 』
発売日 2017年10月25日/価格 3,240 円(税込)/品番 UICZ-4409
収録内容(全22曲)
01. 愛せしがゆえに / 石井一孝 / Por que la quise tanto
02. 灰色の午後 / 咲妃みゆ / En esta tarde gris
03. エル・チョクロ / 戸田恵子 / El choclo
04. 歌いながら / 鳳稀かなめ / Cantando
05. ロコへのバラード / 渡辺えり / Balada para un loco
06. カミニート / 久野綾希子 / Caminito
07. ウノ / 姿月あさと / Uno
08. 淡き光に / 鳳翔 大 / A media luz
09. ビダ・ミーア / 彩乃かなみ / Vida mia
10. 追憶 / 岡田浩暉 / Remembranza
11. ポエマ / 篠井英介 / Poema
12. 失われし小鳥たち / 真琴つばさ / Los pajaros perdidos
13. 首の差で / アルベルト城間 / Por una cabeza
14. 今もなお君を愛す / 伊礼彼方 / Y todavia te quiero
15. チキリン・デ・バチン / クミコ / Chiquilin de Bachin
16. アルゼンチンよ、泣かないで  / 水 夏希 / Don't Cry for Me Argentina
17. 傷あと / 水 夏希(レシタード) / Cicatrices
18. 巡礼 / インスト / Peregrinacion
19. ラ・クパルシータ / 凰稀かなめ(レシタード) / La cumparsita
20. 恋人もなく / 真琴つばさ(レシタード) / Nunca Tuvo Novio
21. 時計 / 姿月あさと / El Reloj
22. Corriendo tristezas / インスト / Corriendo tristezas
演奏:三枝伸太郎とグランオルケスタ・ティピカ

〈公演情報〉
CD 発売記念コンサート『Concierto del Tango』
出演者◇(男女別50音順)
彩乃かなみ、久野綾希子、クミコ、姿月あさと、真琴つばさ、星奈優里、水 夏希、渡辺えり/
アルベルト城間、伊礼彼方、岡田浩暉、篠井英介
ダンサー◇クリスティアン・ロペス、セサル・カニサレス、アクセル・アラカキ、牧勢 海、月央和沙、美翔かずき
●10月24日 18:30 
●10月25日 12:00 / 16:30
〈会場〉めぐろパーシモンホール     大ホール
〈料金〉 S席10,000円 A席8,000円 B席6,000円(全席指定・税込)
〈公式サイト〉http://concierto-del-tango.com/
〈お問い合わせ〉る・ひまわり 03-6277-6622(平日 11〜19 時)








『SWAN 2017』


kick shop nikkan engeki 

舞台『私のホストちゃん REBORN 〜絶唱!大阪ミナミ編〜』が来年1月から華やかに4都市で公演!

K8sy1pm6

人気モバイルゲームからTVドラマ化を経て、2013年にスタートした舞台版「私のホストちゃん」シリーズの新作、『私のホストちゃん REBORN 〜絶唱!大阪ミナミ編〜』が、古屋敬多(Lead)、TAKUYA(CROSS GENE)をはじめとする新メンバーを迎え、またLiLiCo、大林素子、悠未ひろ、小柳ゆき、三ツ矢雄二ら豪華キャストも参加して、2018年1月〜2月、東京・愛知・広島・大阪の4都市にて上演される。

総合プロデュースは人気放送作家・鈴木おさむ、脚本は俳優・脚本家・演出家とマルチに活動する村上大樹。ホストのきらびやかで厳しい世界をコメディ・タッチで描き、歌やダンスだけでなく、実際にお客様をアドリブで口説く[口説きタイム]や、[指名制]や[ランキングシステム]を導入、毎公演ごとに観客から貢がれたラブ(ポイント)によって、ランキングが日々変動。その結果によりフィナーレの内容が毎公演変わるなど、臨場感溢れる演出を織り交ぜた、ライブ・エンターテイメントだ。

【新鮮なホストメンバーと豪華な共演者たち】
今作よりホスト役デビューとなるのは、3人組ダンスボーカルユニット Lead のリーダー古屋敬多、3ヵ国の遺伝子が集結したアジアグローバルユニットCROSS GENEのボーカル担当TAKUYA、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』で話題をさらった小坂涼太郎と三浦海里、映画『兄に愛されすぎて困ってます』出演の小林亮太、舞台『煉獄に笑う』に出演中の釣本南(Candy Boy)、ミュージカル『忍たま乱太郎』シリーズに出演している杉江優篤、2015年デビュー以来、各方面から高い楽曲性が支持されるボーイズユニットCUBERSからTAKA。さらに米原幸佑、松井勇歩、KODAI(X4)、森田桐矢、佐々木和也(SOLIDEMO)、蔵田尚樹、糸川耀士郎、藤戸佑飛、橋本全一ら、お馴染みの先輩ホストの出演も決まり、総勢17名のホスト役が決定した。

脇を固めるのは、本作が舞台初出演となる映画コメンテーターでタレントのLiLiCo、元バレーボール選手でスポーツキャスター・タレント・女優の大林素子 、元宝塚歌劇団宙組男役スターで退団後も舞台や映像で活躍中の悠未ひろ、パワフルな歌唱でヒットを記録し幅広い客層にその歌声を届けている小柳ゆき、アニメ『タッチ』(上杉達也役)や『キテレツ大百科』(トンガリ役)などの声優・ナレーター・俳優・音響監督・ミュージシャン・タレントとマルチに活動している三ツ矢雄二。まさに個性派揃いのメンバーが集結した。

【舞台「私のホストちゃん」とは】
ホストクラブの世界を詳細にリサーチしてノンフィクションスタイルで構成されたドラマ『私のホストちゃん〜しちにんのホスト〜』(2011年)は、新宿を舞台に「クラブバニラ」でのホスト同士の争いが描かれリアリティのあるホスト業界と生き残りをかけた凄まじいバトルを描き、登場するホストの魅力的なキャラクターは幅広い女性層から支持を得た。
 
そして2013年、ドラマの設定を元に、『私のホストちゃん』舞台化が実現。ドラマに出演していた「クラブバニラ」の8人のホストたちとオーナー役甘王に加え、舞台版の主演には、第一弾(2013年)に山本裕典、第二弾(2014年)に松岡充、第三弾(2016年)に廣瀬智紀を迎え、その他、人気・実力派キャストが集結し、舞台オリジナルストーリーで展開してきた。そして前作、2017年上演の『私のホストちゃんREBORN』は、染谷俊之・久保田秀敏を中心に据え、オリジナルメンバーが代替わり。新しいホストちゃんたちによる、前3作とは違う新シリーズとして描かれ、話題を呼んだ。
 
そして来年1月からの『私のホストちゃん REBORN 〜絶唱!大阪ミナミ編〜』は、大阪ミナミを舞台に繰り広げられる。また一段と華やかなホストの世界が展開されるにちがいない。
 

〈公演情報〉
舞台『私のホストちゃん REBORN 〜絶唱!大阪ミナミ編〜』
総合プロデュース◇鈴木おさむ 
脚本・演出◇村上大樹
出演◇
古屋敬多(Lead) TAKUYA(CROSS GENE) 小坂涼太郎  三浦海里  小林亮太 釣本南(Candy Boy) 杉江優篤 TAKA(CUBERS)/
米原幸佑  松井勇歩  KODAI(X4)  森田桐矢  佐々木和也(SOLIDEMO) 蔵田尚樹  糸川耀士郎  藤戸佑飛  橋本全一/
LiLiCo[Wキャスト] 大林素子[Wキャスト]/悠未ひろ/緒方雅史  野口かおる  鬼頭真也(夜ふかしの会)/小柳ゆき/三ツ矢雄二
●2018/1/19〜28◎東京・サンシャイン劇場
●2018/1/31〜2/1◎愛知・東海市芸術劇場
●2018/2/6◎広島・上野学園ホール(広島県立文化芸術ホール)
●2018/2/10〜11◎大阪・サンケイブリーゼ
〈料金〉V.I.P.シート15,500 ゴージャスシート8,800 カジュアルシート¥5,800(全席指定・税込 
〈お問い合わせ〉
東京公演/サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
愛知公演/中京テレビ事業 052-957-3333(平日10:00〜17:00)
広島公演/広島テレビ イベントインフォメーションセンター 082-249-1218(平日10:00〜18:00)
大阪公演/キョードーインフォメーション  0570-200-888(全日10:00〜18:00)
〈前売り開始〉9月19日(火)〜 
〈公式HP〉 http://www.hostchan.jp/
  




kick shop nikkan engeki 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について