宝塚ジャーナル

えんぶ4月号

中村梅雀と大和悠河が共演する新橋演舞場『二月喜劇名作公演』まもなく開幕!

IMG_1727

新橋演舞場で2月1日から12日まで上演される舞台『二月喜劇名作公演』で、中村梅雀と大和悠河が初共演する。演目は「恋の免許皆伝」、この『二月喜劇名作公演』は2本立てで、もう1つの演目は喜多村緑郎と河合雪之丞の出演する「江戸みやげ 『狐狸狐狸ばなし』」となっている。

「恋の免許皆伝」は明治43年に初演され、松竹新喜劇で近年再演されている「四海波」(作・一堺漁人)を、門前光三が脚色・演出するもので、上方発祥の傑作喜劇。共演に新派の波乃久里子、松竹新喜劇から藤山扇治郎、曽我廼家八十吉らが出演する。

【あらすじ】
泉州岸和田藩の武芸指南役の娘浪路(大和悠河)は、父譲りの剣術の腕前に加えて器量よしで、若い藩士や門弟たちの憧れの的だ。その婿養子に名家の出で剣の使い手である高砂頼母(中村梅雀)を迎えることになった。人柄も容姿もいい頼母に浪路は一目で恋してしまう。だが婿の腕前を見る木刀での試合で、頼母は浪路に負けてしまう。己の未熟を恥じた頼母は、腕前を鍛えるための武者修行に出る。頼母を愛する浪路は待ち続け、20年の時を経て戻った頼母と再び対戦することに…。
3場構成で2人の40年後まで描かれる、笑えて泣ける物語となっている。

※公演フォトレビュー追加しました。(2月5日) 

IMG_1723

この「恋の免許皆伝」の主演をつとめる中村梅雀と大和悠河、2人を囲む記者取材会が1月23日に行われ、それぞれ抱負を語った。

──この物語でおふたりは場面ごとに20年経った姿で登場するそうですね?
梅雀 40年間という長きにわたる2人の愛を3場面で見せるというお芝居で、人生の究極の3日間です。僕は22歳、42歳、62歳の姿で登場しますが、色々な状況の変化で、最終的には激変します(笑)。こちらはずっと美しいです。
悠河 いえいえ(笑)。私は19歳から始まります。次は39歳で女盛りの年頃で、最後は59歳です。でも今の59歳よりは老けた感じになると思います。
梅雀 その年齢まで2人とも愛をひたすらに貫くのですから純愛ですよね。今の時代ではあり得ないようなお話で、面白くて可笑しくてバカバカしくて、でも切なくて、でもお終いはとても幸せな気持ちになっていただけます。
──3回、立ち合いをするわけですね? 大和さんはたしか宝塚でも立ち廻りは?
悠河 ありました。洋物のほうが多かったですけど和物もありました。浪路は刀を持つと激変するお嬢様なのですが、私も刀を構えると血が騒ぐというか(笑)。
梅雀 見事に目つきが変わってます(笑)。立ち廻りは所作指導の尾上墨雪先生が、とても良い殺陣をつけてくださいまして、やってて楽しいし、観ているお客様も喜ぶものになっています。いわゆる形の立ち廻りではなく、リアルでスピード感があって、意外性も十分にあります。そして、3場がそれぞれ雰囲気が違いまして、原作者が歌舞伎出身の方なので、僕も久しぶりに渡り台詞を言ったりと、歌舞伎的な要素もありますが、基本はリアルなお芝居です。
──この『喜劇名作公演』は歌舞伎、新派、新喜劇、宝塚と色々な出身の方が参加されてますが。
梅雀 基本的に和物の基礎を身に付けている方ばかりです。そして舞台に慣れている方々、お客様の呼吸のつかみどころを知っている方ばかりで、しかもアイデアがそれぞれから出てきますから、稽古場から刺激的ですね。
悠河 私は初参加なのですが、皆さん立ったらすぐその場面の空気を作られる方ばかりで、梅雀さんにも、昨年、新派でご一緒した波乃久里子さんにも、色々教えていただいています。皆さんがあまりにお上手で、見ていて思わず笑ってしまったり(笑)。

IMG_1722
 
──共演は初めてだそうですが、お互いの印象は?
梅雀 なんといってもよかったなと思うのは、40年間思い続けることが出来る方で(笑)、真っ直ぐな可愛さがあるんです。抱きしめる場面が何回かあるんですけど、本当に可愛いなーと思いますし、悠河さんでよかったなと思います。
悠河 そんなふうに言っていただけるなんて。私がまだ慣れなくてぎくしゃくしているときも、包み込んでくださるので、本当に有り難くて、引かれないようにしないと。
梅雀 全然そんなことないですよ。
悠河 本当に優しくて、嬉しいです! 初めて抱き合うシーンを稽古したとき、思いのほか恥ずかしくて、あがってしまって、今までにないぐらい汗が出まして(笑)。「私は恥ずかしいんだ?!」と自分で思いました(笑)。
梅雀 いやあ、本当に初々しくて、真っ直ぐで、可愛いです!
──場面ごとに老ける姿はどうなりそうですか?
梅雀 そこはお楽しみに(笑)。久しぶりに3種類の外見を作るので、変身願望が満たされて、楽しいです。
悠河 初めて62歳で出てこられたときは、思わず稽古場で笑いが起きました(笑)。ここまで変わるのかというくらいの姿で出てこられるんです。思わず「こんなになるまで修行していたんだ」と。
梅雀 その老いて出ていくときは、動きや呼吸も全身を使ってますから、かなりの疲労感があるのですが、幕切れがそれを吹き飛ばすくらい喜ばしくて幸せで。それにその場面も墨雪先生が素晴らしいアイデアを出してくださったので、僕は乗りに乗ってます(笑)。お客様がそこで泣き笑いをしてくださったら最高ですね。
──大和さんは最近和物の舞台への取り組みが多いのですが、いかがですか?
悠河 昨年の新派公演『糸桜』を体験して、奥が深くて素敵だなと思いましたし、日本語もとても綺麗ですよね。そして久里子さんのお芝居がどんどん進化されていくのを拝見して、すごいなと。自分ももっと勉強したいなと思っています。
梅雀 すごいですよ、毎日かわいい着物でフル装備で来ますから(笑)。久里子さんなんか「毎日、すごいわね。こんな人いないわよ」と。
悠河 とにかく着慣れないので、着ている時間を長くして慣れないとと思っていて。宝塚の男役でもそうでしたが、着るものから役に入っていくほうなんです。
──大和さんはこれだけ長い人生を演じるのは?
悠河 初めてです。子供のある役まではやりましたが。3場では見た目はうまく変化させながら、内面のピュアさを保ちながらと思っています。 

IMG_1724

──これは喜劇ですが、どんなふうに演じようと?
悠河 周りの方々が面白く演じられているのを見て、私もちょっと案を出してみたのですが、私は笑いを取りにいってはいけないんだと気づきました。浪路は本当に一途に思っているだけでいい、お客様がそこを面白く思ってくださればいいので、本当に真面目にやろうと思っています。
梅雀 周りの方たちが笑いを誘って、空気をゆるめてくれるおかげで、2人の純愛がさらにギュッと引き締まるんです。そういうバランスの良さを掴める方がいっぱい周りにいますので。
──では最後に意気込みを。
梅雀 毎年恒例になりました『二月喜劇名作公演』ですが、やっぱり観にきてよかったねと言っていただけるように頑張ります。ちょっとほんわかして、ウルッときて、最後は幸せな気持ちになっていただけると思いますので、ぜひ観にいらしてください。
悠河 こんな素敵な役をさせていただけることを、本当に有り難く思いますし、梅雀さん久里子さんをはじめ、新派の方、新喜劇の方、皆様とこういう幸せになれる作品に取り組めるのがとても嬉しいです。全身全霊で取り組みますので、ほっこりしに来ていただければ嬉しいです。

IMG_1729

【公演フォトレビュー】
DSC_6989DSC_7123DSC_7147DSC_7190DSC_7203DSC_7320
DSC_7494DSC_7534
DSC_7536
DSC_7576
DSC_7592DSC_7647DSC_7653DSC_7687DSC_7763DSC_7787
舞台撮影/竹下力

公演情報〉
170201_kigeki_1209_l

『二月喜劇名作公演』
一、「恋の免許皆伝 一堺漁人作『寿祝う 四海波』より」
 脚色・演出:門前光三
 演出補:成瀬芳一
 出演:中村梅雀、大和悠河、波乃久里子、藤山扇治郎、曽我廼家八十吉 ほか
二、「江戸みやげ『狐狸狐狸ばなし』」
 作:北條秀司
 補綴・演出:成瀬芳一
 出演:市川春猿改め河合雪之丞、喜多村緑郎 / 渋谷天外、曽我廼家寛太郎 / 山村紅葉 ほか
●2/1〜12◎新橋演舞場
〈料金〉1等席13,000円 2等席8,500円 3階A席4,500円 3階B席3,000円  桟敷席14,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉チケットホン松竹 0570-000-489
http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/schedule/2017/2/post_306.php 





【取材・文・撮影/榊原和子】


水夏希出演、アルジャーノンに花束を




kick 

shop 

nikkan 

engeki

ウェルメイド・コメディの傑作『サクラパパオー』が塚田僚一・中島亜梨沙・黒川智花らの出演で4月に上演!

spp_logo1

喜劇の名手・鈴木聡の傑作『サクラパパオー』が劇団「柿喰う客」代表で新進気鋭の演出家・中屋敷法仁の手により新しいコメディに生まれ変わる。
この作品は鈴木聡が主宰するラッパ屋で初演、2001年にパルコ・プロデュースとして再演され、好評を博した。競馬場を舞台に展開するスリリングで可笑しく、温かい物語は、時代や場所を超え、観客の気持ちをわしづかみにする。

演出に、俳優の身体能力を最大限生かしきる演出家で、劇団外でもエンターティーメントな舞台を作り続けている中屋敷法仁。
出演者には、パルコ劇場『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー〜パパと呼ばないで〜』や『ボクの穴、彼の穴。』などで俳優としての実力を示した塚田僚一を中心に、元宝塚歌劇団の娘役スターで映像で活躍中の中島亜梨沙、映像や舞台で活躍する黒川智花が共演。伊藤正之、広岡由里子、木村靖司、市川しんぺー、永島敬三といった芸達者な個性派俳優たち、さらにクセモノ役者・片桐仁が加わるといった豪華な顔ぶれだ。

【STORY】
舞台は夜の競馬場、トワイライトレースが始まろうとしている。
田原俊夫は婚約者の岡部今日子と競馬場デートを楽しもうとしていた。競馬に詳しい様子の俊夫に今日子は小さな疑念を抱く。そこへ正体不明の女性・ヘレンが現れる。ヘレンとの浮気を疑った今日子は怒って去る。一方ヘレンは、見るからにエリートで神経質そうな男性・的場博美を待ち伏せしていたらしい。的場は外務省勤務なのだが、水商売のヘレンに貢ぎ、使い込んだ公費の800万円を明日までに用意すべく20万円を片手に今日の5レースに挑もうとしているのだった。取り残された俊夫とヘレンに翻弄された中年男性・井崎修、二人には奇妙な友情が芽生える。
今日子は結婚直前の微妙な時期の迷いを、馬券窓口で出会った菅原幸子につい相談してしまう。幸子は競馬好きだった亡き夫の影響で競馬場に通うようになったのだ。そして謎の女・ヘレンは実は幸子の亡き夫の愛人だった……。優柔不断なサラリーマン・横山一郎や得体のしれない予想屋・柴田達、さまざま事情を抱えた8人の人生が夜の競馬場で交錯する……。
予想屋・柴田が今日の大一番!と賭ける一頭の馬がいた。第4レースに出走予定、その名は〈サクラパパオー〉。しかしサクラパパオーが突然パドックで暴れ始めた。その様子に、サクラパパオーが亡き夫、亡き愛人の生まれ変わりだと確信する幸子とヘレン。
的場は800万円を手にすることができるのか?俊夫と今日子の仲は修復できるのか?様々な思いが交錯する中、ゲートが開く……。

【登場人物】
田原俊夫/塚田僚一(A.B.C-Z)
会社員。今日子と婚約中。明るい性格だが調子が良すぎるところがある。
ヘレン/中島亜梨沙
男を破滅に追い込む謎の女。水商売をやっているらしい。幸子の亡き夫の愛人。
岡部今日子/黒川智花
俊夫の婚約者。真面目なOL。結婚直前で気持ちが微妙に揺れている。
井崎修/伊藤正之
商店街の店主。賭け事、女にはまる典型的な中年オヤジ。
菅原幸子/広岡由里子
未亡人。亡き夫の賭け事、浮気で苦労するが、夫の死後、自分が競馬にはまる。
柴田達/木村靖司
競馬の予想屋。得体のしれない感じだが、【サクラパパオー】への愛情は深い。
横山一郎/市川しんぺー
うだつが上がらない中年サラリーマン。優柔不断を絵にかいたような人間。
実況アナウンス/永島敬三
的場博美/片桐仁
外務省のエリート。プライドが高く神経質。ヘレンに溺れ公金を使い込む。

劇場は夜のどこかにある夢の競馬場になり、たった4レースの間にも何もかもが、始まって、終わる。しかし決して馬やギャンブルを主役にした物語ではない。何かを信じ、何かに賭けなければ気がすまない、人間という不思議な生き物たちの物語。笑いがあって、スリルがあって、人生が交錯して、そして最後に、思いがけない奇跡が起きる、ワンナイト・コメディ!


〈公演情報〉
sakurapapao_kari2
 
パルコ・プロデュース 
『サクラパパオー』
作◇鈴木聡  
演出◇中屋敷法仁
出演◇塚田僚一(A.B.C-Z)/ 中島亜梨沙 黒川智花 伊藤正之 広岡由里子 木村靖司 市川しんぺー 永島敬三/片桐仁
●4/26〜30◎彩の国さいたま劇場 大ホール
●5/10〜14◎東京国際フォーラム ホールC
〈料金〉 S席9,000円  A席7,000円(全席指定・税込)
〈前売開始〉3月4日(土)
●5/16◎仙台 電力ホール
●5/19◎愛知 穂の国とよはし芸術劇場
●5/25、26◎大阪 サンケイブリーゼ





水夏希出演、アルジャーノンに花束を




kick 

shop 

nikkan 

engeki

霧矢大夢・深川麻衣が演じる北村薫原作の伝説の舞台『スキップ』4月に上演!

pic_title

伝説の舞台『スキップ』が、13年の時を経て、今春、サンシャイン劇場での上演が決定した。
本作は、2004年にキャラメルボックスの成井豊により舞台化されたもので、再演が期待されていたが、今春、サンシャイン劇場での上演が決定した。

【あらすじ】
昭和40年代の初め。一ノ瀬真理子は17歳で、県立高校の2年生。運動会が雨で中止になり、帰宅して、レコードを聴きながら、ついうたた寝をしてしまう。次に目覚めた時、真理子は見知らぬ家の中にいた。そこへ、同い年くらいの女の子が帰ってきて、真理子を「お母さん」と呼んだ……。そこは真理子の家だった。真理子は42歳で、苗字は桜木。職業は高校の国語教師で、夫と17歳の娘がいた。うたた寝をしている間に、25年の月日が流れてしまったのだ。真理子は元の時代に戻れるまで、42歳の桜木真理子として生きていこうと決心する。まずは教壇に立って、国語の授業をしなければならない……。 

高校2年、17歳の一ノ瀬真理子が、うたた寝から目を覚ますと25年後、夫と娘がいる高校教師になっていた……。直木賞受賞作家、北村薫の名作の舞台化である。
 
大人になった真理子と高校生の真理子がダブル主演となり、ひとりの人物を二人の女優が演じる。「大人の真理子役」には元宝塚トップでミュージカルや1人芝居などで高い評価をあげている霧矢大夢。そして「高校生の真理子役」は、乃木坂46として活動、昨年6月に卒業し、映像で活躍中の深川麻衣。これが舞台初主演となる。
夫・桜木役は、キャラメルボックスの岡田達也が、13年前に続いて同じ役を演じる。また父親役は、劇団☆新感線の粟根まこと。真理子の娘・美也子役は、キャラメルボックスの木村玲衣。密かに真理子に思いを寄せる新田役には、D-BOYSの碓井将大。その他、柿喰う客の深谷由梨香や長濱慎、範宙遊泳の熊川ふみ、キャラメルボックスの原田樹里らの出演が決定した。

s_okada3317s_【宣材】粟根まこと
岡田達也・粟根まこと

 
【コメント】
この発表に伴い、原作者の北村薫と、主演の霧矢大夢、深川麻衣からコメントが届いた。

北村薫(原作者)    
前回の公演は新聞の劇評でも絶賛されました。しかし、世評以上に、観客の方々が舞台にぐいぐいと引き込まれ心をふるわせていたことが記憶にあざやかです。もう一度観たいと願っていました。夢がかなって本当にうれしいです。
                      
kiriya3027

霧矢大夢    
この作品は、ある日、高校生だった真理子が、目覚めると突然大人になっている。しかも高校教師という立場になっている、というストーリーです。気が付くと夫がいて、娘もいる。見た目は大人なんだけど、中身は17歳。その現実を自分なりに受け入れて、健気に、ピュアに、その状況に立ち向かっていく。そんな一生懸命な真理子を表現したいなと思っています。演出の成井豊さんとも初めてですし、キャラメルボックスのエネルギッシュなお芝居に刺激を受けて、自分なりの真理子像を作っていきたいと思います。

s_fukagawa2405
深川麻衣     
今回の舞台『スキップ』では、主人公の一ノ瀬真理子役を、霧矢大夢さんと一人二役ではなく、二人一役で演じさせて頂くということで、どんな風になるのかとても楽しみにしています。稽古はこれからですが、脚本を読ませて頂いて、面白くなること間違いないと確信しています。大きな役で、個人的にはもの凄く緊張しているのですが、みなさんと力を合わせて、毎日の稽古を励んでいきたいと思います。ぜひぜひ観に来てください。


〈公演情報〉
s_skip_チラシ


NAPPOS PRODUCE 『スキップ』
原作◇北村薫『スキップ』(新潮文庫刊)
脚本・演出◇成井豊(キャラメルボックス)
出演◇霧矢大夢 深川麻衣
岡田達也 粟根まこと 木村玲衣 碓井将大 深谷由梨香 長濱慎 熊川ふみ 原田樹里 
関根翔太 石森美咲 大滝真実 山崎雄也 元木諒 
●4/26〜5/5◎サンシャイン劇場 
〈料金〉7,500円 ユースチケット(20歳以下)5,000円(全席指定・税込)
一般発売:2月25日(土)10:00〜
〈公式サイト〉http://napposunited.com/skip/



【撮影/たかはしじゅんいち】




水夏希出演、アルジャーノンに花束を




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

紅ゆずる&綺咲愛里新トップコンビお披露目、宝塚歌劇星組公演『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』制作発表会見

_L3A3477

紅ゆずる&綺咲愛里の新トップコンビ率いる新生星組の披露公演である、宝塚歌劇星組公演『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』が3月10日、兵庫県・宝塚大劇場で幕を開ける(4月17日まで。のち5月5日〜6月11日まで東京日比谷の東京宝塚劇場で上演)。

_L3A3465

ミュージカル『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』(※以下、『スカーレット・ピンパーネル』)は、1997年にブロードウェイで初演され、大ヒットを記録したミュージカル。バロネス・オルツィの小説「紅はこべ」を原作に、大革命勃発後の恐怖政治の嵐吹き荒れるフランスで、次々と処刑されていく罪なき貴族たちを救うべく、イギリス貴族のパーシー・ブレイクニーが仲間たちと秘密結社を結成し、スリルと知恵で歴史の荒波に立ち向かう冒険活劇の要素と、それによってすれ違う夫婦の心理描写を描いた娯楽作品は、フランク・ワイルドホーンの数々の名曲と共に喝采を集めた。
このブロードウェイミュージカルに、ワイルドホーンが宝塚版の為に書き下ろした佳曲「ひとかけらの勇気」を主題歌に据え、王大使ルイ・シャルルの救出劇という新たな軸を加えた、小池修一郎の潤色・演出による宝塚バージョンが2008年宝塚星組により本邦初演。安蘭けい、遠野あすか、柚希礼音らによる上演は絶賛を集め、第16回読売演劇大賞優秀作品賞、第34回菊田一夫演劇大賞を受賞。 続く2010年、霧矢大夢、蒼乃夕妃、龍真咲、明日海りおらによる月組での再演も大好評。常に再演の呼び声の高い 傑作ミュージカルとして愛され続けている。
 
_L3A3456

そんな作品が、星組新トップコンビ紅ゆずると綺咲愛里を中心とした新生星組の披露公演という華やかな祝祭に包まれ、宝塚で三度蘇ることとなり、1月23日都内で制作発表会見が華やかに行われた。会見には、宝塚歌劇団理事長小川友次、潤色・演出の小池修一郎、星組トップスター紅ゆずる、トップ娘役綺咲愛里、星組二番手男役スター礼真琴が登壇。公演への意気込みを語った。 

_MG_0001

まず会見は出演者によるパフォーマンスからスタート。主人公パーシー・ブレイクニーに扮した紅ゆずるが主題歌「ひとかけらの勇気」を歌う。この作品の初演時、研究科7年目という新人公演最後の学年で、初主演として主人公パーシーを演じて、一躍スターダムに躍り出た紅にとって、この役柄は文字通りのエポックメイキングなもの。そんなドラマチックな邂逅に、トップスターとしての決意がにじむ誠実な歌声が響き、抜群に美しい立ち姿が姿が一段と映える。

_MG_0005

続いてスカーレット・ピンパーネルの正体を負う革命政府の公安委員ショーヴランを演じる礼真琴が登場。「鷹のように」を朗々と響く低音でダイナミックに歌い上げる。若き実力派らしい確かな歌いぶりが頼もしい。

_MG_0007

音楽が変わり、パーシーの妻マルグリット・サンジュストの美しいドレス姿の綺咲愛里がマスクを手に現れる。可憐な容姿が印象的な綺咲が、メイクアップの効果的な工夫もあり、艶やかに大人の女性に変貌していて驚かされる。そこに礼、更に紅が加わり、1幕ラストを劇的に盛り上げる「謎解きのゲーム」が展開され、会場内には早くも新たなキャストが生み出す『スカーレット・ピンパーネル』の世界が広がった。

_L3A3392
_L3A3402
_L3A3405

その余韻冷めやらぬままに、出席者全員が登壇。まずそれぞれからの挨拶、そして質疑応答へと引き継がれた。

_L3A3435

【登壇者挨拶】

_MG_0010
小川友次理事長
 本日は『スカーレット・ピンパーネル』の制作発表会見にお越しくださいましてありがとうございます。ご存知のように『スカーレット・ピンパーネル』はフランク・ワイルドホーンの素晴らしい音楽で、2008年の星組公演で、小池先生の「小池マジック」で素晴らしい作品にして頂きました。僕も初演の時に見させて頂いて、その時の感動は今でも覚えております。その(初演を担った)星組の紅(ゆずる)と綺咲(愛里)のお披露目でこうしてまた公演をさせて頂くということです。ご存知のように宝塚歌劇団は103周年を迎えました。100周年の正月公演は星組で、柚希礼音主演の小池先生の作品『眠らない男・ナポレオン〜愛と栄光の涯に〜』で開けました。新世紀は星組が輝き続けていなければいけないと思っております。その後、北翔海莉が去年退団致しましたが、新世紀になっての2人のトップスターが星組を引っ張ってくれて、歌劇団では過去最高の、6作品で(観客動員の)新記録を更新中でございます。超大入りを続けてくれています。そして今回、満を持して紅と綺咲のトップコンビのお披露目として、3月に宝塚大劇場、5月に東京宝塚劇場での公演となります。『スカーレット・ピンパーネル』は日本名にしますと『紅はこべ』ですから、作品が紅を待っていたのだと思っております。この星組が輝いていないと、宝塚が輝いていけないと思いますので、新生星組を皆様のお力で、ご支援賜りますように、どうぞよろしくお願い致します。

_MG_0024
小池修一郎
 本日は寒い中お集まりくださいましてありがとうございます。この『スカーレット・ピンパーネル』は、2008年に宝塚版の初演を致しました。9年前のことです。もう9年も経ったのかと驚いてしまいますが、その後2010年に再演して、お客様に大変愛された作品と記憶致しております。今回紅ゆずるのトップお披露目に際して、満を持してと申しますか、2010年からですから、7年ぶりになります再々演ということになりました。ある意味ではこの作品が星組に還るという形になりますけれども、ちょうど紅ゆずるが新人公演の最後の学年、研7でこの『スカーレット・ピンパーネル』で主演をしまして、大変好評を得て、そのことが紅が今日あることにつながったのではないかなと思っております。そういう意味でも理事長からもありましたように、紅と「紅はこべ」の紅つながり、『スカーレット・ピンパーネル』のパーシー役というのは、紅の人生の中でも大きい役どころであると思っております。今ここで客席からパフォーマンスを観ていて、やっぱりその新人公演の頃のことを思い出しますと、本当によく成長したなという部分が多々ございました。星組のスターとして、星組らしい伝統というものが彼女の中にすごくあるのだなと感じました。それはおおらかなスター性と言ったらいいのでしょうか。でもまた今の彼女を観ていると、意外と憂いを秘めたような雰囲気もあって、そこがまた魅力として、お客様にアピールしていけるのではないかなという気持ちもございます。そういう意味で、新しいスターの誕生をこの作品を通じて観て頂けるというのを大変嬉しく思います。あとトップ娘役の綺咲愛里と、男役二番手の礼真琴という並びも大変フレッシュで、この陣容は面白いものになると思います。これも今後の星組を観る上で、とても楽しみになるのではないかなと思っております。このあとの質疑応答などでも、新生星組の魅力をひも解いて頂けたらと思います。よろしくお願いします。

_MG_0037
紅ゆずる
 本日はお寒い中足をお運びくださいましてありがとうございます。私が星組の主演男役としてお披露目公演で『スカーレット・ピンパーネル』をさせて頂けますことは、私にとりまして大変光栄であり、大変嬉しく思っております。15年間育って参りました星組で培ってきたものを、この『スカーレット・ピンパーネル』で、皆様の前でお披露目できたらなと思っております。そして、小池修一郎先生のもと、厳しくご指導して頂きまして、初日には皆様のご期待に添える舞台を是非お観せできるように、邁進したいと思いますので、皆様是非、是非、足をお運びください。本日はありがとうございます。
 
_MG_0054
綺咲愛里
 本日はお集り頂きありがとうございます。歴代素晴らしい上級生の方々が演じられたマルグリットという役に挑戦させて頂けるのは、本当に光栄なことだなと感じております。そしてこの大劇場から紅さんの相手役としてさせて頂けることをとても光栄に思います。初日までにお稽古を精一杯重ねて参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

_MG_0066
礼真琴
 本日はありがとうございます。今回は紅さん、そして綺咲のお披露目公演に『スカーレット・ピンパーネル』という超大作の上演、素晴らしい機会にショーヴランという役をさせて頂けますこと、本当に身の引き締まる思いと緊張でいっぱいでございます。『眠らない男・ナポレオン〜愛と栄光の涯に〜』ぶりとなりますが、また小池先生にたくさん学んで、勉強して、星組の戦力になれるように精進して参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

【質疑応答】

_MG_0018

──出演者の皆さんがそれぞれの役に取り組むにあたっての期待と、出演者の皆さんそれぞれの意気込みを教えてください。
小池 今回紅ゆずるが星組のトップ就任に伴ってといいますか、彼女は2002年が初舞台ですので、21世紀入団の子たちが、トップスターになるという時代に入りました。そういう意味では、2000年からもう17年も経っていますが、やはり21世紀型と言っていいのか、時代の感受性と言いますか、その時代時代の若者、若い女性としてのスター達が持っている輝きで、宝塚というものが続いてきたと思います。その中で、彼女はこれまでの人たちと比べて、どこか違うと思うところがたくさんあります。彼女はおおらかで、艶のある男役なのですが、特に有名なのはお笑いのセンスと言いますか、そういう面をよく見て頂いていると思いますが、先ほどのパフォーマンスのパーシーを観て頂いてもわかるように、意外と憂いのある感じというのは魅力になるのではないかなと思います。彼女は新人公演でパーシーを演じる直前の、2008年にバウホール公演『ANNA KARENINA(アンナ・カレーニナ)』 でカレーニンというヒロインの夫の役を演じまして、当時の彼女のキャリアと実際の年齢から言ったら有り得ないくらい壁があった役だったと思うのですが、その公演でちゃんと演じている彼女を初めて観ました。こんなに役の実在感を出せる人だったのかと、認識を新たにして驚いた記憶があります。たぶん彼女はやはり面白いところですとか、ちょっと素っ頓狂なところが特徴であり、人気を集めるところでもあると思いますが、同時に笑わせながらも、バランスの取れた役の本質をきちんとつかんで出してくれると思いますので、それを楽しみにしています。やはり二面性をうまく使い分けていると言いますか、ブレンドしていくという意味ですごく楽しみですね。

_L3A3363

綺咲はご存知の通り美形の娘役ですが、普段はちょっとギャル系の(笑)子なんですね。つまり紅とのコンビで『キャッチー・ミー・イフ・ユー・キャン』ですとか、先日の『オーム・シャンティ・オーム』でも可愛いらしい女の子を演じられるものが備わっている、トレンディだし、アイドル性みたいなものが売りだと思うのですが、今パフォーマンスを観て、彼女の歌声とか艶やかな雰囲気にちょっと驚きました。マルグリットは2人の男性それぞれに愛される役なのですが、この可憐な姿からそういうものは想像がつかないかも知れませんが、でも演技した時に彼女が持つ艶やかさという部分で補っていけるかなと観ていて感じました。ですから、この2人のコンビは普通のコンビからは少し逸脱したようなイメージがありますが、実際には意外と大人っぽいものができるのではないか?と今日は感じました。礼はキャリアとしても男役スターとしてもちょうど真ん中くらいだとは思いますが、大変実力があります。そして、ショーヴランという役は『レ・ミゼラブル』のジャベールをやった方の為に書かれた役なので、渋い大人の男という設定で、大変難しいのですが、私からすると少年漫画のヒーローのようなイメージです。彼女のショーヴランは(そこからすると)子供っぽくなるかなと思ったのですが、ここまで芸歴を積んでいますので、若さを活かしつつも、ショーヴランの内に滾る暗い情熱を大人っぽく表現できるだろうと感じております。とても楽しみにしています。
 私がやらせて頂くパーシー・ブレイクニーという役は、本当はすごく信念と正義感が強く、フランスの貴族を救う為に平和なイギリスから、わざわざ自分の身を危険にさらしてまでも助けようとする。そんな正義感の強さを持ち合わせていながら、イギリスの社交界では道化のような振る舞いをして、人の目を欺いている。妻のマルグリットとも愛し合っているにも関わらず、フランスから亡命してくる貴族を助けていることを隠した為に、2人の愛がギクシャクしていき、自分自身の正義論のようなものがぐちゃぐちゃになってしまって、自分の理想としているものはなんなのか?と悩みはじめたりと、一言で言いますと二面性のある役だと思っております。ですのでイギリス紳士としての異常な振る舞いと、フランス貴族を守る為に海を渡る時の正義感の強さ、そういうものをしっかりと出していきたいと思います。なぜパーシーがそのような振る舞いをするのか、彼の育ってきた環境なども関係していると思いますので、掘り下げていきたいです。

_MG_0081
 
──小池先生からお話があった、紅さんご自身の二面性についてはいかがですか?
 二面性はすごくあると思います。自分で言うのもおかしいのですが(笑)。喋らなければ利口に見えると言われることがよくございまして(会場爆笑)、でも喋らないでいるのは私は無理なので(笑)。ただ、『オーシャンズ11』のベネディクトの時にも小池先生が「紅はお笑いの部分を隠すこと」とおっしゃっていて、隠したつもりですが(笑)、今回は二面性のある役ということなので、自分の二面性の部分も使っていきたいと思います。
綺咲 マルグリット役は、本当に強い女性で芯のある、一本筋の通った女性像だなと感じております。パーシーと結婚してからどんどん気持ちがすれ違っていく、心の微妙な揺らぎとか細かい部分をしっかりお芝居で表現していけたらなと思っております。小池先生のご指導のもとお稽古場でたくさんのことを学んで、自分に吸収して取り入れていきたいなと思っています。
礼 ショーヴランというのはパーシー・ブレイクニーさんと同じように、彼は彼なりの正義感を持って生きているので、その野心だったり信念だったりというものが少し残酷なのですが、でも人としての感情というのはちゃんとあると思います。マルグリットへの愛や、それを諦められない自分へのもどかしさ、人間の面倒くさい部分も小池先生がおっしゃるように大人っぽく出して行けるように頑張りたいと思います。

_MG_0093
 
──今回の星組バージョンで新たに演出を変えるところがあれば教えてください。また七海ひろきさんが演じるロベスピエール役についてはどのようになるのでしょうか? 
小池 去年の、2ヶ月ほど前まで、梅田芸術劇場製作のミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』が上演されていたので、ご覧になった方もたくさんいらっしゃると思うのですが、宝塚は80人が1つの組ですので、いくつか役を増やして宝塚版を作っております。その中で、今までと同様、王太子のエピソードを入れた形での物語や、楽曲の展開は基本的には変わりません。ただ、去年やりました梅芸版に書き加えられましたロベスピエールの曲というのがあります。上演時間の制限がありますので、宝塚歌劇団はフィナーレがあるので実質の時間が短いですから、長さとしては短めかもしれませんが、梅芸版とは違う形でロベスピエールの楽曲は増えるようになると思います。でも、全体のもので何かが無くなってしまうということは今は考えていませんので、圧縮される形です。トータルとしては、今までの『スカーレット ピンパーネル』とそんなに大きくは変わらないと思っています。
──梅芸版ではロベスピエールとプリンス・オブ・ウェールズが一人二役でしたが、その点はどうなりますか?
小池 少しコミカルな感じで一人二役がなされていたと思いますが、宝塚では従来通り、それぞれがそれぞれの役をやるという形です。
──前回、前々回、シマウマ柄のような奇抜な衣装がありましたが、今回衣装や装置などで何か仕掛けを考えていますか?
小池 すみません、特別今回、紅だから変わった動物ということはありません(笑)。実は、衣装デザイナーの有村淳先生にも相談したのですが「変なことはしないほうがいいと思う」と言われました。生地は新たに入手して染めたりしているので、私も仕上がりを楽しみにしていますが、基本ラインは変わっておりません。それは初演から、再演をするときに少し手直しをしましたので、それを再現するということに専念致しております。毎回、目先のことが変わることがそれほど大事かというと、宝塚の場合、一昨日『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』を終えたのですが、その時つくづく思いましたことは、演技者たちが、すごく自分なりの役作りを必死で構築して表現していくことから、私の演出や歌詞は一緒なんだけれど、皆様がお受け取りになられる印象が非常に違うというのを経験として痛感しております。こちらが、秩序を変えてしまうということよりは、彼女たちが必死で物語や役を全うしていく結果、また新たな『スカーレット ピンパーネル』が生まれるのだという風に思っております。 

_MG_0090

──好きな場面を教えてください。
 私が大変好きな場面は、新人公演で「ひとかけらの勇気」を歌わせて頂きました時に、最初は本当に口から心臓が飛び出るんじゃないかと思うくらい緊張致しましたが、銀橋の真ん中に来た時にお客様からの拍手を頂いて、その時銀橋を通るのも初めてでございましたが、とても何か違うものが開けたような感覚がありました。その「ひとかけらの勇気」という歌と自分の心情がすごくリンクしたという思い出がございます。ですので今回も、自分の新しい出発点と「ひとかけらの勇気」というものがリンクして、お客様にお届けできたらと思っております。そこが好きな場面です。 
綺咲 私は『スカーレット・ピンパーネル』という作品自体が本当に大好きなのですが、1番幸せになれる場面が、1幕の結婚式の場面だと思います。とても綺麗なお衣装を着て、とても華やかな場面なので大好きです。 
 私は本科生の時に星組の、初演の『スカーレット ピンパーネル』を観て、毎休日に観に行くくらい好きな作品だったのですが、その時にピンパーネル団の皆さんが船の真上で変装するところを、観る度に今日こそはタネを見破ってやろうと毎回楽しく観ていました。今回は袖から見られるので、すごく楽しみな場面です。 
小池 自分のやるシーンでは? 
礼 あ、自分のやるところでは、「君はどこに」の歌のところで、バレリーナのような娘役さんたちが後ろで踊っていらっしゃる幻想的な場面がとても素敵です。
──新生星組への期待と、どんなトップコンビに、どんな星組にしていきたいか、意気込みをお願い致します。
小川 やはり先ほども言いましたけれども、星組が新世紀の始まりを担ったという中で、紅は歴代のトップの背中を見て育ってきたと思うのです。星組で育った星組っ子がDNAを継いで満を持して、新人公演で演じた役でお披露目公演をする。星組の伝統を継いで、或いはこの公演、この役が紅の為に在ったと。ですから今まで背負ってきたものを、今回トップになりますから、次の世代に教えていってくれると思います。それが103周年、ホップ、ステップ、ジャンプではないですが、100周年、101周年、102周年とたくさんのお客様に来て頂いているので、この勢いをつないでくれると思いますし、我々スタッフも全力で後押しをして、この公演、また次の新作へと盛り上げていく、紅と新生星組に期待をしております。

_MG_0083

 私は初舞台から星組でして、星組しか経験がございません。ですので、星組の良さであり、星組の伝統を一番自分がわかっていると思っております。星組で培ってきましたもの、たくさんの上級生の方々から頂いた多くの教えを下級生に伝えていくべく、この立場に立たせて頂いたのだと。やはり最近の若い学年の子たちは、少し引っ込み思案なところがあって、皆と一緒でなければいけないというような考えが、どこかにあるんじゃないかな?と思います。ですので、1人1人がどういう想いで宝塚を受験し、5組の中に入って周りを見てきたのか、そういう初心をもう1度皆に思い出してもらおうと強く思っております。1人の役者としてどのように輝いていきたいか、せっかく配属された星組の、5組の中で星組に入ったということ、星組愛をもっともっと強く持って頂きたいと。そして、私たち、綺咲と私のトップコンビ、これはやはりトップコンビの空気感や雰囲気というものは、組子全員に伝わるもですので、組をまとめるという立場になりますから、是非星組の下級生にも、我々がこういう風にやっているから、じゃあこうしよう!と思ってもらえる、そういう主演でありたいと思っています。
綺咲 私もずっと星組で育って参りまして、下級生の頃から紅さんには本当にたくさんのことを教えて頂き、学ばせて頂いて、今があります。これからは紅さん率いる星組の一員として、そして星組の娘役として日々精進して参りたいなと思っております。よろしくお願いします。

_MG_0088

 今回の『スカーレット・ピンパーネル』も団体戦と言いますか、大勢のコーラスがあったり、群舞のところが本当に重要になってくる作品だと思いますので、紅さんと綺咲が心地良いと思ってもらえるような、そんな地盤をしっかり作って盛り上げていけるように、私も先陣を切って下級生をまとめていきたいなと思っております。
 
_L3A3464
_L3A3474

〈公演情報〉
宝塚歌劇星組公演
ミュージカル 『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』

THE SCARLET PIMPERNEL 
Book and Lyrics by Nan Knighton  Music by Frank Wildhorn 
Based on the Novel “The Scarlet Pimpernel” by Baroness Orczy 
Original Broadway Production Produced by 
Radio City Entertainment and Ted Forstmann 
With Pierre Cossette, Bill Haber, Hallmark Entertainment and 
Kathleen Raitt 
潤色・演出◇小池 修一郎
出演◇紅ゆずる、綺咲愛里 ほか星組
●2017/3/10〜4/17日◎宝塚大劇場
〈料金〉SS席12,000円 S席8,300円  A席5,500円 B席3,500円 
〈お問い合わせ〉宝塚歌劇インフォメーションセンター 0570-00-5100
●2017/5/5日〜6/11日◎東京宝塚劇場 
〈料金〉SS席12,000円 S席8,800円  A席5,500円 B席3,500円 
〈お問い合わせ〉東京宝塚劇場 03-5251-2001



【取材・文/橘涼香 撮影/岩村美佳】


えんぶ3号発売!えんぶチャート投票ハガキついてます。




kick 

shop 

nikkan 

engeki  

記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について