宝塚ジャーナル

花・虞美人 凰稀かなめ、ユナク出演

見事なスペクタクル歴史ファンタジー劇! 児玉明子脚本・演出、茅田砂胡原作の舞台『デルフィニア戦記 第一章』上演中!

DSC_4980

原作の『デルフィニア戦記』は茅田砂胡の小説で、これまでシリーズ18作、累計320万部を突破する大ヒット・ライトノベルだ。デルフィニアという国をめぐる壮大なファンタジーであり、とある陰謀により命を狙われるデルフィニアの若き国王・ウォルと、謎の少女・リィの友情の冒険が描かれた、1つの国の歴史小説でもある。小説が発表されるや、画集、朗読CDなどが発売され、いずれも大ヒットになった。
今作は、2.5次元舞台で注目されている児玉明子を脚本・演出に迎え、1月20日から29日まで、舞台『デルフィニア戦記』として天王洲 銀河劇場で上演される。その初日前に通し舞台稽古が公開された。

DSC_5007

【あらすじ】
妾腹の生まれでありながら、デルフィニア前国王の亡き後、善政を敷いてきた国王のウォル(蕨野友也)。だが、ペールゼン(山本亨)ら貴族の陰謀によって国外に追放されていた。ペールゼンは「改革派」を名乗り、執拗なまでにウォルを殺害しようとする。絶体絶命の窮地に陥った時に、「異世界から落ちてきた」という謎の少女リィ(佃井皆美)が助太刀をする。彼らは「同盟者」として、国を取り戻すために仲間を集めるのだ。騎士団長ナシアス(細貝圭)、副団長のガレンス(須藤公一)、幼馴染のイヴン(山口大地)、ドラ将軍(三田村賢二)、その娘のシャーミアン(綾那)。彼らは徐々に力をつけ始め、「国王軍」を結成し、ペールゼン討伐に向かう。
しかし、ペールゼンは、ウォルの養父フェルナン(小林勝也)を投獄し、いとこであるバルロ(林剛史)を軟禁し、とある嘘の秘密を暴露して口車にのせて対抗する。無駄な命が奪われること、そして、自分が王位ではないかもしれないという事実が彼を悩ませ始める。そんな時に、リィの一声により事態は動き始めるのだ。「今のおまえには王冠よりも欲しいものがあるんじゃないのか?」。

DSC_4372

紗幕越しの暗い牢獄の中、手錠をかけられた手をじっくり眺めるウォルの養父のフェルナン伯爵のかすかな祈りからこの舞台が始まる。か細い目の瞬き、声の震え、命の灯火さえない老体を、読売演劇大賞優秀男優賞を3度も受賞した小林勝也がじっくりと演じているのだから、演劇ファンはもちろん、原作のフェルナン・ファンもたまらない、身悶えんばかりの投獄された苦しさが滲みでているオープニングに圧倒される。
そして残党狩りに追われたウォル達のダイナミックな殺陣が始まるのだが、殺陣師の栗原直樹によるアクションが冴え渡る。追われる身の必死の抵抗が息をつかせぬほどダイナミックな殺陣に宿っている。そしてボンジュイという地図にもない異国を探している剣の達人でもある少女リィに助けられるところから舞台は急展開を見せていく。

DSC_4411

舞台装置はシンプルである。中央に回転舞台があり、上手に階段。中央に台座。ここを舞台に、殺陣あり踊りあり、演技あり長ゼリフありのストーリーが進んでいく。元宝塚歌劇団の演出家で、退団後に手がけた『NARUTO―ナルト―』や『FAIRY TAIL』などのトリッキーな演出で有名な児玉明子だが、「今回は人間同士の物語ですから、トリックを多用する場面は少ない」(えんぶ2月号)と語っている通り、転換はアンサンブルのダンスや出演陣の歌で見せ、どちらかといえば人力で話が進んでいく。
だからこそだろうか、俳優陣の演技は迫力に満ちている。ウォルの蕨野友也は、性格上、影を背負った国王を演じているのだが、リィというどこか天然の友人に導かれて、立派な一人の国王として成長していく様は惚れ惚れする。立ち回りは初めてだそうだが、特撮ものなどで活躍してきただけに、敵を斬る動き、剣を交わすアクションは堂に入っている。

DSC_4417

リィの佃井皆美は、まさに天然でいて不思議ちゃん。どこの国からきたのかさえわからないリィの、不思議なキャラクターと存在感を、芯を感じさせながら演じている。ジャパンアクションエンタープライズに所属して、戦隊ドラマの経験もあるだけに殺陣は実に見事で、剣の交わす時の回り込み、切り返しなどは滑らかに魅せる。

DSC_4588

ナシアス役の細貝圭は、たぐいまれなる剣の達人でウォルに忠誠を誓う義の男を颯爽と演じている。殺陣はまるで中世のスペインの闘牛士のように華麗だ。とくにライバルのバルロ(林剛史)との、己のプライドをかけた丁々発止のやり取りからの殺陣は見せ場だ。

DSC_4832

ナシアスのライバルでウォルの従兄弟・バルロの林剛史は、不遇にもペールゼンに軟禁され、しかもペールゼンの口車に乗ってウォルを殺しにくる。内心ではペールゼンへの不信を持ちつつ、国のために従う葛藤は見ていて苦しくなる。
 
DSC_5269

幼馴染のイヴン役の山口大地は、忍者的な素早い動きをアクロバティックに演じていて、大立ち廻りでは冴え渡る。敵の上を飛び跳ね、階段から回転して飛び降り、敵を蹴り飛ばし殴りとばす、その様はアニメの世界と錯覚するほど。

ドラ将軍の三田村賢二は、ウォルに的確なアドバイス(主に反対意見)を伝える中に、揺るぎない忠誠心を滲み出させている。その娘のシャーミアンの綾那は、線の細さに似ず、殺陣にセリフに縦横無尽に駆け巡る。

DSC_4636

ガレンスの須藤公一は大きな体躯を活かし、大ぶりの剣で勇ましく敵をなぎ倒す様がダイナミック。愛嬌のある顔とは正反対のキャラというギャップが映えて、カッコ良ささえ感じさせる。

DSC_4558

女官長カリン役は大沢逸美。実はある事情で息子を失っていて、子供を持つ女性の業や、王妃に仕える身分の辛さを、朗々と感情を込めて語る長ゼリフが切ない。いわばこのデルフィニアの悪しき歴史を語るのだが、その様は感動的だ。

DSC_5162

デルフィニアの外交官を務めるブルクス・大原康裕は、ペールゼンの策略にはまっていく様子は、観ている側に腹立たしささえ感じさせてくれる。

ペールゼン役の山本亨は、デルフィニアのすべての諸悪を握っているという役どころだが、前国王のドゥルーワへの忠誠心ゆえであり、ただの悪役ではない。また朗々とした長ゼリフや、ウォルとの殺陣でも惹きつける。
 
DSC_4647

そして冒頭でも述べたように、フェルナン役の小林勝也が素晴らしい。牢獄で今まさに息絶えんとするシーンで、養父として幼きウォルを育てたという誇りが語られるのだが、ようやく再会できたウォルに「お前は国王であり、私の手から離れた存在であるのだ」と冷たく言い放つ。凛とした決意と深い愛。原作でも名シーンとなっている場面をひときわ美しく表現、ベテランの凄みを感じさせてくれた。

DSC_4762

舞台全体の流れは主に4つのパラグラフに分かれていて、殺陣のシーン、モノローグや長ゼリフ、言葉がぶつかり合うダイアローグ、流れるような転換シーン、この4つをトランプのディーラーように巧みに組み合わせて、テンポよく切り出し配置していく児玉明子の手腕には目をみはる。なおかつ物語への理解が深いので、大切なシーンや言葉のチョイスなど、再現性と組み立てが絶妙なのだ。そのおかげで、原作ファンはもちろん、原作を知らない人間が観ても物語に入り込めるようにできている。 
そんな児玉の原作への愛と、小説の舞台化というプレッシャーに真っ向から向かい合ったカンパニーの力が、今回の成功に繋がったと言えるだろう。
副題に「第一章」とついているように、今回は原作の3、4巻を描いているが、この先、第二章、第三章と繋がっていくことへの、大きな期待も抱かせてくれる見事な舞台が誕生した。

DSC_5423


【囲みインタビュー】

DSC_4157
細貝圭、佃井皆美、蕨野友也、山本亨
 
この『デルフィニア戦記』の公開舞台稽古の前に囲みインタビューが行われ、蕨野友也、佃井皆美、細貝圭、山本亨が登壇した。

DSC_4394
蕨野友也(ウォル役)
原作の世界観を、演出家の児玉さんが丁寧に描いてくれました。ファンの期待を裏切らない『デルフィニア戦記』になっていると思います。殺陣が多い舞台です。初めての立ち回りですが、先輩方にたくさんのご指導を受けて本日を迎えることができました。最初は、殺陣師の方につけていただいて、5回剣を振っただけで疲れて立てないことがありました。筋肉痛が続く毎日で、先輩方についていかなくちゃいけないところから始まっていますので、これからご覧いただく方には、蕨野が成長したところを見せられると思います。小林勝也さん演じますフェルナン伯爵の最後は、原作のファンの方達も「もう一度見たいシーン」投票で1、2位を争う印象的なシーンですので、そこは小説も読んで、気持ちを込めてしっかり演じるようにしました。本日初日を迎えるにあたり、素晴らしい劇場で上演させていただくので、緊張感もありますし誇りもあります。
 
DSC_4396
佃井皆美(リィ役)
ついにきたかという感じです。稽古が1ヶ月と少しあったのですが、本当にあっという間で夢みたい。緊張していますが、楽しみにしてくださるみなさんのためにも精一杯やるぞという気持ちです。一番のシーンは、ペールゼンとウォルが戦うシーンです。手に汗握るようシーンで、わーっと泣きそうになりました。原作のファンで、リィが大好きだったので、自分が演じるということになった時に、彼女を深く追求していくのが大変だったし楽しかったですね。

DSC_4940
細貝圭(ナシアス役)
役者陣は年齢差がありますが、すごく仲が良いので、年齢を超えた座組として、1ヶ月間以上も稽古したので、早くお客さんの前で演じたいと思います。蕨野くんは殺陣や演技はほとんど初めてとおっしゃっていましたけど、現場ではそんな感じはなかったです。あまり言葉で引っ張っていくタイプではなくて、背中を見てそれについていく座長だなと。僕は、親友であるバルロとの対立が、今まで信頼していた仲間と対立し戦わなければならない、差し違えて死んでしまうところまで、ナシアスの気持ちが揺れ動いてしまうところなど考え抜いて演じています。

DSC_4392
山本亨(ペールゼン役)
みんなで稽古をしてきたものをお客様にぶつけて、怪我なく千秋楽を迎えたいと思います。原作のファンの方によろこんでいただけるように一生懸命演じたい。実は稽古が進むにつれて蕨野くんに無視されるようになって、冷たくなっていくので、「蕨野ー!」みたいな感じで少し腹を立てていたら、親の敵ということで、ウォル役に没入してると聞いて、ウォルの佇まいが彼の中に入ってきたんだなと思って感心しました。ペールゼンは権力者になりたかったのではなくて、彼なりの正義があったと思うので、5年間国を治めてきた人間としての手腕がバックに見えたらありがたいなと思っています。

DSC_4333
DSC_4486
DSC_4727
DSC_5078
DSC_4889
DSC_5257
DSC_5303
DSC_5429

〈公演情報〉 
『デルフィニア戦記』第一章
原作◇茅田砂胡『デルフィニア戦記』(C★NOVELS/中公文庫)
脚本・演出◇児玉明子
出演◇蕨野友也、佃井皆美、細貝圭/小林勝也、山本亨 他
●1/20〜29◎天王洲 銀河劇場
〈料金〉特製台本付き1階席10,900円、特製台本付き2階席9,900円、特製台本付き3階席8,900円、1階席8,900円、2階席7,900円、3階席6,900円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉舞台「デルフィニア戦記」チケット窓口 03-6265-8518
〈公式サイト〉http://delfinia-stage.jp
 
(C)茅田砂胡(C★NOVELS/中公文庫)・舞台「デルフィニア戦記」製作委員会



【取材・文・撮影/竹下力】





えんぶ3号発売!えんぶチャート投票ハガキついてます。




kick 

shop 

nikkan 

engeki   

古川雄大、大野拓朗、生田絵梨花、木下晴香、清新なキャストが生み出す新たな世界。ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』上演中!

IMG_0979
IMG_0908

世界を席巻したジェラール・プレスギュルヴィック作の大ヒットミュージカル『ロミオ&ジュリエット』が、主なキャストを一新して、東京・赤坂ACTシアターで上演中だ(2月14日まで。のち、2月22日〜3月5日まで大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演)。

シェイクスピアの不朽の名作を題材に、どれをとっても心に響くジェラール・プレスギュルヴィックの名曲の数々を配したフレンチ・ミュージカルとして、世界中で愛され続ける『ロミオ&ジュリエット』。今回の上演は、本邦初演である2010年の宝塚星組公演以降、雪組、月組、再び星組で上演されてきた宝塚版と、2011年、2013年の男女キャストによる日本オリジナルバージョンのすべてを潤色・演出している小池修一郎が、キャスト、演出プラン、振付、美術、衣装を一新。謂わば2017年版の『ロミオ&ジュリエット』を生み出すという話題が、大きな反響を集めている。

そんな2017年版のコンセプトは、破壊された近未来を思わせる世界の中で繰り広げられる『ロミオ&ジュリエット』の物語だ。このコンセプトは元々、ポップなリズムを持つ楽曲もある作品に合わせて、ミニ丈のスカートや、ジーンズ生地などの衣装も登場しつつ、全体的にはロマンティックな作りだった宝塚版よりも、リアリティがあるものを作ろうと考えたという小池修一郎が、2011年に男女キャストによる日本オリジナルバージョン用に想定していたものだったという。誰もが知っているロミオとジュリエットの物語を 21世紀の現代にも一遍のリアリティを感じてもらえるようにしたい、という思いがそこにはあったそうだが、準備の最中東日本大震災が勃発。自身も阪神・淡路大震災の被災者だった小池は、このタイミングで破壊された世界を観るのは、人の心として辛いだろう、との想いでこのコンセプトを封印。現代の物語というテイストは残しつつ、ロマンティックに、オシャレな方向に修正して出来上がったのが、2011年と2013年の上演スタイルだったそうだ。果たして、登場する若者たちが皆スマホを持ち、ロミオとジュリエットが秘密裏にあげた結婚式の写真が瞬く間に拡散し、フェイスブックや荷物を運ぶカートも登場。更にはロレンス神父がパソコンでアロマオイルの作り方を検索しているなど、斬新な仕掛けの数々には驚きの声も上がったものだった。

IMG_0958

その強烈な記憶を経て、今回、そもそものはじまりのコンセプト「失われた世界での『ロミオ&ジュリエット』の物語」に立ち返る、という2017年版の新演出に注目が集まった訳だが、実際に舞台に接してみると、2011年&2013年に提示された世界は、小池がそもそも想定していた世界から、実はあまり大きくは離れていなかったことがまず鮮明になった。若者たちの手にするスマホも、ロレンス神父の操るパソコンも、この舞台にもそのまま登場していて、メールの一斉送信がそれと特定されてはいないが、LINEになったのだなとわかる映像が加えられていたりという、現代のツールを持ち込んでいるならではの、謂わば流行りもののマイナーチェンジはあるものの、そこに大きな変化はない。だから、この4年間の間に個人の携帯電話を持つ時期が、ますます低年齢化している今の目で見ると、18歳になるまでは携帯電話を持つことを禁じられているというジュリエットの設定が、より苦しくなった感は否めなかった。ロレンス神父があまりにも重大な話をたった1通のメールで済ませることにもやはり違和感が残るし、そもそも通信手段がここまで容易な世界では、ロミオのヴェローナからの永久追放の重みも、どうしても変わってこざるを得ない。

IMG_0752

だが、そうした現代の機器がもたらすなにがしかの軋みを、戦いにより崩壊した近未来で争う2つの勢力という、どこかざらざらとした焦燥感さえ感じさせる設定の迫力が凌駕してくるのもまた事実だ。それは大きな戦いを示唆する映像をバックに「死」のダンサーが登場する幕開きから、それぞれの旗印を掲げて一触即発の状態にある2派に分かれた若者たちの、止めようもない暴力性が爆発する冒頭の展開ですでに大きなうねりとなって舞台を支配していく。ベンヴォーリオ、マーキューシオ、ティボルト等、主要メンバーももちろんだが、R&Jダンサーと名付けられたアンサンブルメンバーが創り出す狂気すれすれの緊迫した空気感と迫力が、KAORIalive、AKIHITO、小尻健太という、ジャズ、ヒップホップ、コンテンポラリーの世界で台頭する面々の優れた振付を得て生み出す熱量の高さには、計り知れないものがあった。

IMG_0783

これがあるからこそ、ロミオとジュリエットの出会い、すべての争いと憎しみを越える愛の、清新さと強さとが作中にそそり立ってくる。特に今回「死」のダンサーが、かなりの部分で踊ることなく気が付くとセットの高みに佇んでいる、という静けさを湛えた故に、若者たちの暴走の前に立ちふさがる「死」の不気味さがより強調されたのは、興味深い仕掛けだった。何より終幕、誰もが知っているロミオとジュリエットの物語の結末が、「死」の勝利でなく、「死」の敗北=「愛」の勝利に変換される瞬間の鮮やさは、いつまでも目に残るものとなっていた。

IMG_0937

思えば、ここまで争いの絶えない世界にリアリティがあるのは、すべての人類の抱える悲痛な課題故だが、だからこそその争いを終わらせる唯一の力は「愛」である、という作品の崇高なテーマが、鮮烈に浮かび上がる様には悲しいほどの美しさが宿っていた。ここに小池が向かおうとした『ロミオ&ジュリエット』のシンプルな真髄がある。映像の使い方などには、ともすると説明過多な印象を残す部分もあったものの、作品の根幹に向かう視点がブレないことで、様々な試みもまた、1つに収斂されていったと言えるだろう。更に、この作品を唯一無二のものにしている、ジェラール・プレスギュルヴィックの名曲の数々には、やはり何ものにも代えがたい魅力がある。これほどすべてのミュージカルナンバーが名曲揃いという作品も、そう多いものではない。例えるならば、レナード・バーンスタインが『ウェスト・サイド・ストーリー』を、アンドリュー・ロイド=ウェバーが『オペラ座の怪人』を、クロード=ミッシェル・シェーンベルクが『レ・ミゼラブル』を、シルヴェスター・リーヴァイが『エリザベート』を、それぞれがそれぞれの作品の楽曲の数々を書いた時と同様に、クリエイターには神が宿る瞬間がある。プレスギュルヴィックにとって、その瞬間がこの『ロミオ&ジュリエット』を書いた時だったことは、疑いようもない。すべての楽曲たちの、類い稀な多彩さと魅惑にはただ平伏すばかりだ。

IMG_0806

そんな楽曲と、新たな世界観を新鮮なキャストたちが見事に支えている。前回公演から引き続いての出演となったロミオ役の古川雄大は、この期間に様々な役どころに挑んできた経験の蓄積で、より大きくなった存在感に加え、文字通りの貴公子ぶりが、互いが一目で恋に落ちる『ロミオ&ジュリエット』という物語の根幹を支える力になっている。言うなれば持ち前のビジュアルの良さに、役者としての力量が追いついて来ていることが如実に表れたロミオで、ミュージカル界の次世代のプリンスとしてますます台頭していくことだろう。更なる活躍が楽しみだ。

IMG_0878

もう1人のロミオの大野拓朗は、如何にも育ちの良い好青年らしい、甘く、優しい雰囲気に秀でている。長く親しまれている『ロミオ&ジュリエット』の物語世界のロミオ像が担っているイメージにぴったりで、何よりもミュージカルデビューだった『エリザベート』の皇太子ルドルフ役から、長足に進歩した歌唱力に驚かされた。この作品を愛し出演を念願していたという大野が、夢を叶える為にコツコツと積み重ねてきた努力が手に取るようにわかる仕上がりで、その真摯な姿勢に敬意を表したい。長い公演期間にまだまだ伸びしろがあると感じられるのも頼もしい。

IMG_1011

対するジュリエットは、生田絵梨花の1つの瑕疵もない完璧な乙女ぶりに感心させられる。宝塚の娘役とはまた違った、もう少しリアリティを伴いつつも、「乙女」というある意味の記号に己を完全に同化させることのできる力量は、他の追随を許さない。さすがは大人気アイドルグループの一員として、「アイドル」というやはり1つの記号の中で勝負している人ならではの強さがあった。彼女が出演することによって、初めて「ミュージカル」の世界に足を踏み入れた観客も多いだろうことも併せて、果敢な挑戦の大いなる意義に拍手を贈りたい。歌唱も健闘していて、大野同様更に伸びる力も感じさせた。

IMG_0884

もう1人のジュリエットの木下晴香は、この大作ミュージカルのヒロインを射止めたことによって、女優デビューを果たしたシンデレラガール。それだけに新鮮さはとびっきりだし、そもそも歌唱力を競うテレビ番組で注目を集めた人だから、透明感のあるソプラノが耳に心地よい。芝居面にまだ硬さが残るが、きっと公演ごとに表現力を増していくことだろう。今後に注目していきたい。

IMG_0766
IMG_0869
 
また、ロミオ&ジュリエットだけでなく、重要な若者たちの役どころもすべてWキャストなのが、この公演の眼目でもあって、組み合わせにもこだわり始めると何度でも足を運びたくなる魅力的な面々が顔を揃えている。

IMG_0808
IMG_0725

ベンヴォーリオの馬場徹 には、作中1人だけ生き残る役柄に相応しい誠実さがあり、一方の矢崎広には鋭利な痛みがある。大曲の「どうやって伝えよう」もそれぞれの色合いで歌っていて、広がるイメージの違いが興味深い。

IMG_0810
IMG_0727

そして、思えばこの人の死がすべての歯車を狂わせる、物語のキーマンでもあるマーキューシオは、平間壮一と小野賢章。2人共に、役柄に不可欠な危なさと狂気が感じられる。その中で平間のダンスの切れはやはり見事だし、小野の豊かな台詞表現はドラマをグイグイと引っ張っり、双方武器となる長所を、役柄によく活かしている。

s 広瀬2撮影/田中亜紀
s田中亜紀 渡辺1撮影/田中亜紀

また、従姉妹のジュリエットを密かに愛しているという、このフレンチミュージカル独自の解釈が加えられて、より大きな役柄になっているティボルトは、渡辺大輔が想いの持って行き場のないいら立ちをストレートに表したのに対して、広瀬友祐が内に籠る屈折感をにじませたのが面白い。双方のアプローチが、役者の個性とも合致していて、見比べる妙味の多いWキャストになった。

s017】真(C)田中亜紀 大貫1撮影/田中亜紀
s_【 宮尾1撮影/田中亜紀

もう1組、これは経験者によるWキャストである「死」のダンサーの大貫勇輔が、表現力をより増した造形を披露したのに対して、宮尾俊太郎がバレエダンサーならではの、静謐な佇まいで作品全体に影を落とす役柄を支えたのが、やはりそれぞれならでは。特に今回の「死」は動きがかなり減っているので、本人の存在感が相当に要求される難役となっていることもあり、経験者の2人が出演した効果は大きかった。

s】渡辺香寿11s_0082★撮影/田中亜紀

Wキャストの面々をしっかりと受け留める大人たちは、キャピュレット夫人の香寿たつきが、愛のない結婚への絶望と、失われていく自らの若さへの焦燥を、きめ細かく表現している。同じ宝塚のトップスター経験者であるこの役どころの前任者涼風真世が、彼女ならではの魔性の女的な表現を全面に出して演じた記憶が鮮明なところを、芝居心に秀でた香寿ならではの造形で、新たなキャピュレット夫人を創り出していて見応えがあった。

【R&J2017】舞台写真(C)田中亜紀 阿部、秋園2撮影/田中亜紀

もう1人の宝塚出身者秋園美緒が、宝塚時代から定評があった歌唱力をフルに発揮して、大きなナンバーがあるモンタギュー夫人の高音部を絶妙に歌い上げたのが頼もしい。アンサンブルとして地道に活動を続けてきた秋園が、近年、『エリザベート』のリヒテンシュタイン、そして今回のモンタギュー夫人と、大きな役どころで活躍しているのは、実に嬉しいことだ。

IMG_0950 
 
また、乳母に扮したシルビア・グラブは、キャスト発表当初は、持ち味と役柄が或いは香寿と逆でも良いのではないか?との思いも抱いたものだが、高音部まで力強さを必要とする大ナンバー「あの子はあなたを愛している」の見事な歌いぶりはもちろん、一見態度が豹変するようでいて、実は常にジュリエットを思い、本気で良かれと思って発言している乳母役の持つ元々の難しさを、きちんとクリアしたのはたいしたもの。幕を開けてみれば納得のキャスティングになっていた。

IMG_0987

一方、ロレンス神父の坂元健児は、生来の個性に憎めない軽やかさがあるのが、取り返しのつかない掛け違いを招く役柄に、従来のイメージとは異なる色彩を加えていて新鮮だった。この神父像であれば、やがてまた神を呪う心から立ち直るのではないか?と思えたのは、今回の世界観による終幕に相応しいし、潤沢な歌唱力は改めて言う必要もないほど充実している。

岡。川久保
撮影/田中亜紀

更に、モンタギュー卿の阿部裕が骨太な造形で、パリスの川久保拓司が個性的な作りこみで、 大公の岸祐二が豊かな歌唱力でそれぞれの役柄を印象的に描いている中、 キャピュレット卿の岡幸二郎の存在感が、大きく目を惹きつける力になっている。いつまでもオシャレで、いつまでも若く美しいミュージカル俳優であり続けてきた岡が、ジュリエットの父親役を演じている姿には、観る側にある種の感慨を起こさせるが、大ナンバーの「娘よ」を、決して持ち前の声量で歌い上げるのではなく、切々と娘への想いを訴える芝居歌として表現していたのにはただ感服。岡が今後更に役幅を広げて行く、1つのエポックメイキングに立ち会っている気持ちがした。

他に、前述したようにアンサンブルメンバーも1人1人が個性的にこの世界の登場人物に成りきって、様々なダンスシーンをあくまでも芝居として盛り上げたのが素晴らしく、悲劇の中に高らかに愛の尊さを唄う『ロミオ&ジュリエット』の美しき真髄を感じられる舞台となっている。

IMG_1044
IMG_0911


〈公演情報〉
ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
原作◇ウィリアム・シェイクスピア 
作◇ジェラール・プレスギュルヴィック 
潤色・演出◇小池修一郎(宝塚歌劇団) 
出演◇古川雄大・大野拓朗(Wキャスト)/生田絵梨花(乃木坂46)・木下晴香(Wキャスト)/馬場徹・矢崎広(Wキャスト)/平間壮一・小野賢章(Wキャスト)/渡辺大輔・広瀬友祐(Wキャスト)/大貫勇輔・宮尾俊太郎(Kバレエカンパニー)(Wキャスト)/ 香寿たつき/シルビア・グラブ/坂元健児/阿部裕/秋園美緒/川久保拓司/岸祐二/岡幸二郎/他 
●2017/1/15〜/2/14◎赤坂ACTシアター (東京)
〈料金〉S席13,00円、A席9,000円、B席5,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 0570-077-039(10時〜18時)
●2017/2/22〜3/5◎梅田芸術劇場 メインホール (大阪)
〈料金〉S席13,00円、A席9,000円、B席5,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 06-6377-3800(10時〜18時)
〈公式ホームページ〉http://romeo-juliette.com




【取材・文・撮影/橘涼香】


えんぶ3号発売!えんぶチャート投票ハガキついてます。




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

第24回読売演劇大賞ノミネート決定!

_MG_9187
『For the people−リンカーン 自由を求めた男−』(宝塚歌劇団花組) 撮影/岩村美佳

第24回読売演劇大賞(主催・読売新聞社、後援・日本テレビ放送網)の第1次選考会が東京都内で開催された。
昨年1年間の演劇界の成果を顕彰するもので、以下の作品、男優、女優、演出家、スタッフの計5部門が優秀賞に選ばれ、最優秀賞へのノミネートが決定された。 

◇作品賞(公演日順)
・『For the people−リンカーン 自由を求めた男−』(3月、宝塚歌劇団花組)
・『ジャージー・ボーイズ』(7月、東宝/WOWOW)
・『宮本武蔵(完全版)』(8月、ワタナベエンターテインメント/Age Global  Netwaorks)
・『三億円事件』(9月、ウォーキング・スタッフ)
・『ヘッダ・ガブラー』(11月、地点)

◇男優賞(以下、50音順)
・市川猿之助 『義経千本桜』
・坂本昌行 『MOUDER for Two』
・千葉哲也 『いま、ここにある武器』
・中川晃教 『ジャージー・ボーイズ』
・三浦春馬 『キンキーブーツ』

◇女優賞
・鈴木杏 『イニシュマン島のビリー』『母と惑星について、および自転する女たちの記録』
・轟悠  『For the people−リンカーン 自由を求めた男−』 
・濱田めぐみ 『ジキル&ハイド』『Tell Me on a Sunday〜サヨナラは日曜日に〜』
・山本郁子 『越前竹人形』『舵』
・吉田羊  『エノケソ一代記』

◇演出家賞
・ケラリーノ・サンドロヴィッチ 『8月の家族たち』
・千葉哲也 『いま、ここにある武器』『青』
・原田諒  『For the people−リンカーン 自由を求めた男−』 
・藤田俊太郎 『ジャージー・ボーイズ』
・三浦基  『ヘッダ・ガブラー』『桜の園』

◇スタッフ賞
・沢田祐二 (照明)『越前竹人形』
・高橋巌     (音響)『クレシダ』『DISGRACEDS/ディスグレイスト─恥辱』
・玉麻尚一 (作曲・編曲)『For the people−リンカーン 自由を求めた男−』 
・原田保  (照明)『MOUDER for Two』『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』
・堀尾幸男 (美術)『逆鱗』『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』


◆読売演劇大賞の選考方法について
 
第1次選考会で【選考委員】の9人がノミネート(推薦)した作品や人は、そのまま「優秀賞」が確定。(読売新聞の紙面で発表)
「優秀賞」の中から全国の演劇評論家や新聞、雑誌の演劇担当記者らで構成した107人の【投票委員】による投票の結果により、5部門の「最優秀賞」が決まる。
次いで、【投票委員】が推薦を寄せた方々の中から、将来の活躍が期待される新人を対象とする「杉村春子賞」を決め、5部門の「最優秀賞」と「杉村春子賞」の受賞者から、最高賞のグランプリとなる「大賞」を選出する。
また、演劇界に長年にわたり貢献したり、優れた企画を進めたりした功績のある個人や団体を顕彰する「芸術栄誉賞」も、1月下旬の最終選考会の席上で決定する。

【選考委員】(50音順)
青井陽治(演出家、翻訳家、訳詞家、劇作家)
大笹吉雄(演劇評論家)
河合祥一郎(東京大学教授)
中井美穂(アナウンサー)
萩尾瞳(映画・演劇評論家)
前田清実(振付家、舞踊家)
みなもとごろう(演劇評論家、日本女子大学名誉教授)
矢野誠一(演劇・演芸評論家)
渡辺保(演劇評論家) 




えんぶ3号発売!えんぶチャート投票ハガキついてます。




kick 

shop 

nikkan 

engeki  

新演出で開幕!ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』初日前囲みインタビュー

IMG_1131

フレンチミュージカルの金字塔として日本でも愛され続けている大ヒットミュージカル『ロミオ&ジュリエット』の、新キャストと新演出による新たな公演が、1月15日東京赤坂ACTシアターで開幕した(2月14日まで。のち、2月22日〜3月5日まで大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演)。

シェイクスピアの不朽の名作が、ジェラール・プレスギュルヴィックの神が宿ったとしか思えない、数々の名曲に彩られたミュージカル『ロミオ&ジュリエット』としてパリのパレ・デ・コングレで初演されたのは2001年のこと。たちまちにして熱狂によって迎えられた作品は世界を席巻。全世界で500万人以上を動員し、CD&DVD売り上げ700万枚以上という、大ヒットミュージカルとなった。

日本では、2010年に宝塚歌劇団星組が本邦初演。その後、雪組、月組、再び星組で上演される宝塚歌劇団にとっても財産と言えるレパートリーに成長している。この宝塚バージョンの潤色・演出を担当した小池修一郎が2011年と2013年、新たに日本オリジナルバージョンとして男女版の公演も担当。こちらも計16万人を動員する大ヒットを記録した。今回の上演は、その日本オリジナルバージョンから、演出プラン、振付、美術、衣装を一新。オーディションによって選ばれた新鮮なキャストも得て、新たに生まれ変わった『ロミオ&ジュリエット』となっている。

そんな作品の初日を控えた15日、ロミオ役の古川雄大と大野拓朗(W キャスト) 、ジュリエット役の生田絵梨花(乃木坂46)と木下晴香 (W キャスト) 、ベンヴォーリオ役の馬場徹と矢崎広(W キャスト) 、マーキューシオ役の平間壮一と小野賢章(Wキャスト) 、ティボルト役の渡辺大輔と広瀬友祐(Wキャスト) 、そして潤色・演出の小池修一郎が、囲み取材に応えて公演への意気込みを語った。

IMG_1085

【出演者挨拶】

IMG_1135

古川雄大
 ロミオ役の古川雄大です。本日はお集り頂きありがとうございます。いよいよこの日が来たという気持ちです。僕自身前にロミオをやらせて頂いて、千秋楽を迎えた時にもう1回この役をやるんだと、密かに強く深く思っておりました。その思いをこの初日から千秋楽まで、長い期間ですけれどもぶつけて行きたいと思っております。稽古の段階でだんだん精度が上がって行くのを目の当たりにしましたし、僕自身も感じていましたので、早く皆様にお届けしたい気持ちと、新演出になって新しい『ロミオ&ジュリエット』で皆様を驚かせたいなと思っております。よろしくお願い致します。
 
IMG_1139
大野拓朗
 ロミオ役をやらせて頂きます大野拓朗です。本当にこんなにたくさんの方が集まってくださるとは思わず、すごくびっくりなのと同時に光栄です。本当にありがとうございます。僕自身の初日は明日なのですが、このカンパニー自体は今日から初日と言うことで、本当に休む間もなく毎日毎日夜遅くまで稽古してきて、皆一生懸命闘ってきて、その成果を舞台上で早く皆様に届けられたらいいなと思い、僕はこの後は何にもないんですけれど(笑)すごくドキドキしています。皆頑張ってねっという思いで、ちょっと気楽ですけど(笑)。僕自身も初演の2011年の公演も何度も観させて頂いて、再演でも雄大さんのロミオを観させて頂いて、本当に僕が今まで観た中で1番好きなミュージカルで、ずっと憧れの舞台だったんですけれど、その舞台でまさか自分がロミオをやらせて頂けるとは思いませんでした。舞台稽古に入って衣装をつけて、扮装の皆さんと装置に囲まれて本当に改めてロミオをやらせて頂ける幸せを感じています。この幸せとロミオを演じられる楽しさのすべてを、16日の初日にぶつけられたらいいなと思っています。よろしくお願い致します。
 
IMG_1148
生田絵梨花
 ジュリエット役をさせて頂きます生田絵梨花です。この役が決まったのが1年くらい前で、半年前に制作発表があり、稽古があって、と、1年を通して作品をやるというのが、私の人生の中では初めての経験なので、やっと今日幕が開くというので、ワクワク感と緊張で心臓がこの辺に(喉元を示して)来ちゃうくらい緊張しています。でも本当にエネルギーいっぱいの熱い舞台なので、それを自分自身も感じながら発せられるように精一杯頑張りたいと思います。何よりこの役をやれるという喜びを毎日噛みしめながら、1歩1歩進んでいけるように頑張りたいです。よろしくお願いします。
 
IMG_1152
木下晴香
 ジュリエット役をさせて頂きます木下晴香です。私もジュリエット役をさせて頂けることが決まった時には、まだまだ1年くらい先だなという思いがあったのですが、本当にお稽古が始まってからは今日まであっという間で、私も今朝緊張して起きたくらいドキドキしています。でも今までお稽古場でたくさん小池先生や先輩方に指導して頂いて、積み重ねて来たものを舞台上で思いっきり発揮できるように、精一杯ジュリエット役を演じてお客様に喜んで頂けるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします。
 
IMG_1160
馬場徹
 馬場徹です。ようやくこの日が来たなという気持ちでいっぱいです。早く舞台に立って初日を迎えたいという気持ちが強いです。ベンヴォーリオという役はここにいる皆さんと違って最後まで生き残らせて頂いているもので(笑)、本当に幕が閉まるところまで舞台上で楽しめる役なので、精一杯舞台上で楽しませて頂きたいと思います。よろしくお願いします。

IMG_1168
矢崎広
 ベンヴォーリオ役を演じます矢崎広です。怒涛の稽古を経て劇場に入り、遂に幕が開くんだなという気持ちでいっぱいです。あとは稽古でやっていたことを、小池先生、スタッフ、そしてここにいる皆、キャストの皆を信じてぶつけるだけだと思っているので、それをお客様に観て頂いて一緒に千秋楽の最後まで楽しんで行ければなと思います。皆様よろしくお願いします。

IMG_1176
 平間壮一 平間壮一です、よろしくお願いします。『ロミオ&ジュリエット』という作品は物語が有名で、観た時に「その話知ってるよ」という方が多いと思うのですが、この個性的な素敵なメンバーの中でやらせてもらって、今回のメンバーにしかできない『ロミオ&ジュリエット』が出来たのではないかな?と僕は思っております。その中で僕が目標としているのは、自分らしいマーキューシオがやれるように、色々挑戦してやっていきたいと思っているので皆様楽しみにしていてください。よろしくお願いします。
 
IMG_1180
小野賢章
 マーキューシオ役の小野賢章です。本当に今日初日ということで、ここまであっという間だったなという思いがとても強くて、僕も明日が初日なのですけれども、気持ちは皆さんと一緒で今日が初日ということで、臨みたいなと思っています。本当に若者のエネルギッシュな作品なので、そこをすごく全面的に出して、千秋楽まで怪我なく務められるように頑張りたいと思います。どうぞ皆様よろしくお願いします。
 
IMG_1192
渡辺大輔
 ティボルトを演じます渡辺大輔です。やっと来たなという皆と一緒の気持ちなんですけれど、本当に稽古場から和気藹々と、時には切磋琢磨して、時にはぶつかりながらやってきて、皆たぶん自信はついていると思います。ここでそれを発揮するのは当たり前なのですが、スタッフさんの力をお借りして、小池先生の指導の元、1日1日楽しんで進化していければいいかなと。そして最後にはお客様が「楽しかったな」「また観に来たいな」と思ってもらえる作品になっていれば、これは大成功じゃないかなと思っております。頑張ります!よろしくお願いします。
 
IMG_1201
広瀬友祐
 広瀬友祐です。僕は前回の『ロミオ&ジュリエット』を観させて頂いて、密かに、強く、深く(笑)誰よりもティボルトを演じたいと思ってきました。明日が初日ですけれども、今日迎える初日メンバーと共に、アンサンブルメンバーさん全員で千秋楽まで突っ走りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

【質疑応答】

──作品の見どころは?
小池 今皆が言いましたけれども、実際に舞台に出ているのはこの半分ずつですけれども、その他のメンバーたち、またここにいないアンサンブルダンサー、また「死」のダンサーなど、皆が醸し出すエネルギーで、エネルギッシュな舞台になっております。また昨日ゲネプロ、通し稽古を行ったんですけれども、それは古川、生田コンビで、生田絵梨花のジュリエットに新しい日本のミュージカル女優の誕生を見ました。彼女は本当に忙しいスターさんなので、ミュージカルの舞台をどこまでやっていけるのかはわからないけれども、そこに向かった時には日本のミュージカルをリードする女優さんになると思って、非常に感心しました。楽しみにしていてください。

IMG_1096

──新しいというのはどういうところが?
小池 清純と言いますか、今時いないような感じがあって、テレビで観ていた時には失礼ながら営業用と言いますか、作ってやっていらっしゃるものであるのかな?(笑)と思っていたのですが、実際にやってみて日々本当にきちっとした生き方をしている。まだ19歳で公演中に二十歳になるんだけれども、本当に今時いない人で、そういう彼女がジュリエットをやるということで、役とオーバーラップしていく、強い意志を持って目標に向かっていくところが、ジュリエットと合っているかなと思います。
──きちっと、と言うのはどんなところで?
小池 それは1つ1つのことを、出された課題をクリアして行こうとするし、2人のちょっと心許ない相手役の(笑)男性陣のリードに対して動じないで、やっていくところの度胸と集中力が素晴らしいです。

IMG_1138

──生田さん、新しいミュージカル女優ということですが?
生田 この後力んでしまってできないかも知れない(笑)、でもすごく嬉しいですし、自分もやっぱり常に満足せず高みを目指してやっていきたいと思います。
──仕上がりはいかがですか?
小池 とても良いと思います。そして今、生田絵梨花がそうなのと同時に、新人ですけれども木下晴香もおそらくこれから日本のミュージカルのジャンル、或いは音楽のジャンルなどで大変な活躍をすると思っています。とても楽しみです。あと、このなんと申しますか、世間的にはイケメンなんですか?(笑)の彼らは、それぞれ色々なフィールドで歌い踊ったりですとか、声優として活躍していますが、なかなか皆、ミュージカルというジャンルはやってくれないんです。おそらく面倒くさいんですよね、歌も踊りも芝居もやらなければならないし、時にコスプレもしなければならない。ですから、ミュージカルをしなくてても俳優をやっている方、歌手をやっている方がたくさんいらっしゃる中で、よくぞ集まってくれたという素晴らしいメンバーです。

IMG_1142

──特にここを観て欲しいというところは?
木下 見どころは全部と言ってもいいのなら、全部と言いたいところなのですが、お稽古場からすごく迫力を感じていたのは、ダンサーさんが全員参加しているナンバーです。エネルギーとパワーがものすごく伝わってきて、実際に劇場に入って、セットと照明の中で衣装をつけてやられているのを観て、迫力が何倍にもなっていたので、皆さんのエネルギーやパワーを感じられるナンバーに注目して頂きたいと思います。
──具体的にこのシーンと言うのは?
木下 1番迫力を感じるのは、2幕の決闘のシーンです。ジュリエットは出ていないシーンなんですけれども、決闘のシーンは皆さんもびっくりされるくらい凄いものになっていると思うので、注目して頂きたいです。
大野 僕自身が初めて拝見させて頂いた時に感じた、ものすごく曲が綺麗で、ダンスもカッコよくてというところでこのミュージカルが大好きになったのですが、それから5年間、僕は毎日、毎日、初演の時に買ったCDを聞いていたんですけれど、全く飽きなくて毎回毎回感動できるものなので、その曲たちにまず聴覚から感動して頂けると思います。また今回新たにダンスの振付も全部変わって、そのダンスもものすごくカッコいいので、視覚でも聴覚でも楽しんで頂けるということと、もちろん『ロミオ&ジュリエット』という素敵なお話にそれが加わるので、2倍3倍に膨れ上がって素晴らしい舞台になるんじゃないかなと思います。あとは皆が言っているように若いエネルギーというところ、岡(幸二郎)さんはじめベテランの皆さんが土台を固めてくれて、その上で僕たちは精一杯一生懸命動き回らせて頂いていて。やっぱり若いからこそ1日、1日成長していけるのかなと思いますし、日々の公演でどんどん進化していく幅が広いと思いますので、そこも観てくださった皆さんが、次に観て「もっと進化してる!」という風に日々の成長も楽しんで頂けるんじゃないかな?と思っています。

IMG_1211
 
古川 『ロミオ&ジュリエット』の音楽というのは魅力の1つで、音楽に乗せるダンスも今回の魅力だと思います。KAORIaliveさん、AKIHITOさん、小尻健太さん、それぞれ、ジャズ、ヒップホップ、コンテンポラリーのトップの方々が創るダンスでの表現力が今回の魅力の1つだと思います。そしてあとベンヴォーリオ、マーキューシオ、ティボルト、この後ろにいらっしゃる方々の魅力ですね。この3役は本当にこの『ロミオ&ジュリエット』で大切な役なので、それをWキャストで、人が変わるとこんなにも違うものかというものになっていますし、また組み合わせによっても出来上がってくるものが違いますので、そういった部分も魅力かなと思います。
生田 見どころは全部と言いたいところなのですが、私が好きなシーンを1つあげるとしたら舞踏会のシーンで、どこを観てもストーリーがある、出会っては離れてまたすれ違ってというところを、本当に目が足りないくらい動きがありますし、踊りもセットも全て華やかで、何度も来てくださる方がもしいらしたら、今回はこの役というフォーカスを決めながら目で追ってもらえたらより楽しいのではないかと思います。

IMG_1216

──生田さん乃木坂46のメンバーから「普段の仕草がジュリエットっぽくなってきたよ」など言われることはありますか?
生田 色々なメンバーやスタッフさんから「強くなったね」とすごく言われるようになりました。だからもしジュリエットの強さというものが自分にだぶって見えているのだとしたら、それはすごく嬉しいなと思います。
──強さというのは具体的には?
生田 詳しくはわからないのですが、「たくましい」とか言われます(笑)。
──乗り移っているような感じなのですか?
生田 そうかも知れないです。
──上演中に誕生日を迎えて二十歳になられますけれど、19歳の生田さんと二十歳の生田さんに変わりそうなところは?
生田 結構大きな境目だと思っていて、今まではある程度自分のイメージが決まっていたところがあると思うのですが、これからはどんどん広げて行きたいですし、皆さんが驚いたりするようなこともできるくらい、枠をはみ出して行きたいなと思います。

IMG_1164

全員の強い意気込みが感じられる会見はこれで終了。公演への期待が膨らむ時間となっていた。尚、公演レポートも近日中に掲載致します。どうぞお楽しみに!

IMG_1130

〈公演情報〉

ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
原作◇ウィリアム・シェイクスピア 
作◇ジェラール・プレスギュルヴィック 
潤色・演出◇小池修一郎(宝塚歌劇団) 
出演◇古川雄大・大野拓朗(Wキャスト)/生田絵梨花(乃木坂46)・木下晴香(Wキャスト)/馬場徹・矢崎広(Wキャスト)/平間壮一・小野賢章(Wキャスト)/渡辺大輔・広瀬友祐(Wキャスト)/大貫勇輔・宮尾俊太郎(Kバレエカンパニー)(Wキャスト)/ 
香寿たつき/シルビア・グラブ/坂元健児/阿部裕/秋園美緒/川久保拓司/岸祐二/岡幸二郎/他 
●2017/1/15〜/2/14◎赤坂ACTシアター (東京)
 〈料金〉S席13,00円、A席9,000円、B席5,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 0570-077-039(10時〜18時)
●2017/2/22〜3/5◎梅田芸術劇場 メインホール (大阪)
〈料金〉S席13,00円、A席9,000円、B席5,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 06-6377-3800(10時〜18時)
〈公式ホームページ〉http://romeo-juliette.com



【取材・文・撮影/橘涼香】



えんぶ3号発売!えんぶチャート投票ハガキついてます。




kick 

shop 

nikkan 

engeki 
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について