えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

ミュージカルセーラームーンシリーズ最終章!お得なチケット販売中。

月船さららの主宰ユニットmetroの傑作『二輪草〜「孤島の鬼」より〜』 緊急再演!

image1 (002)

宝塚出身で女優として映像や舞台で活躍する月船さらら。彼女が主宰する演劇ユニットmetroは、本年4月に、『二輪草〜「孤島の鬼」より〜』を新宿ゴールデン街劇場で上演。キャパ60名ほどのゴールデン街劇場に連日多くの観客が押し寄せた。その好評を受けて、8月9日〜13日、この舞台が緊急再演される。

原作となる乱歩の「孤島の鬼」は、昭和4年から5年に発表された連載小説。昭和2年に乱歩初の映画化として「一寸法師」が上映されたが、それを見て激しい自己嫌悪を感じた乱歩は筆を絶ち、放浪の旅に出てしまった。翌年「陰獣」を発表。これは傑作で乱歩は完全に復活し、続けて雑誌[朝日]に「孤島の鬼」の連載をはじめた。
物語は、婚約者の殺害事件の真相と彼女の出生の秘密を探るうち、予想もできない怖ろしい事件に巻き込まれてしまうという、乱歩の好む要素が盛り過ぎなほど盛りこんであり、これで乱歩は大衆作家としての地位を確固たるものにした。 
 
作家・高木彬光は「孤島の鬼」をこう評している。「とても私には死ぬまでこれだけ恐い作品は書けないだろう、その圧巻というべき部分は〈秀ちゃん〉の手記である」。
今回の舞台『二輪草』は、この〈秀ちゃん〉の手記をフィーチャーしたもので、ある少女と少年の残酷な運命(体の一部つながった双子=結合双生児)を描いている。2人は生まれた時から外界と遮断された蔵に閉じ込められ、一度も外に出ることもなく生活を強いられていたが、思春期を迎えた頃、それまで当たり前と思っていた自分たちの姿が、実は異常なことだということを知る。さらに抑えようもない性の欲望に目覚めてしまうという残酷物語だ。

同じ乱歩の傑作『陰獣』を09年に舞台化、ミステリアスで耽美な世界を現出してみせた月船さらら。今作も、映画監督としても名高い天願大介の演出のもと、共演に若松力、村中玲子、鴇巣直樹という、どこかいかがわしさを感じさせる役者たちと立ち上げている。乱歩の作品の中でも、とくに猟奇的で恐ろしく、また悲しい物語が、まるで昔見た見世物小屋を思わせるような異質な雰囲気の会場で、エロチシズム漂う文学世界へと観客をいざなう。

〈公演情報〉
image1 (003)

metro 『二輪草〜「孤島の鬼」より〜』
原作◇江戸川乱歩
演出・脚本◇天願大介
出演◇月船さらら 若松力 村中玲子 鴇巣直樹
●8/9〜13◎新宿ゴールデン街劇場
〈料金〉前方桟敷自由席(12席限定)3500円 自由席(3列目以降のベンチ席) 3500円(税込)
〈お問い合わせ〉 ジェイ.クリップ  03-3352-1616(平日10:00〜19:00)
 コリッチ PC用 https://ticket.corich.jp/apply/83394/
          携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/83394/ 








えんぶ最新号






kick 

shop 

nikkan 

engeki 

豪華キャストが珠玉のミュージカルナンバーで紡ぐコンサート『I Love Musical』

ILM2017

ミュージカルを愛する豪華キャストによって、ミュージカルのヒストリーとともに珠玉のミュージカルナンバーを堪能できる夢のひととき─。『I Love Musical』の第4弾の上演が決定した!

出演メンバーは、泉見洋平、岡田浩暉、カン・テウル、坂元健児、渡辺大輔、井上智恵、貴城けい、増田有華、莉奈 (男女別50音順)。それぞれミュージカル界で活躍中で、歌唱力には定評のあるメンバーばかりだ。
ミュージカルファンには新たな発⾒があり、ミュージカル初⼼者には、ミュージカルの素晴らしさを知ってもらえる、楽しいコンサートとなっている。
 

【今回の予定作品】
★レ・ミゼラブル  
★ジキル&ハイド
★ミス・サイゴン  
★アイーダ
★ウエスト・サイド・ストーリー 
★南太平洋
★RENT
★10・ミリオン・マイルズ
★bare
★ロミオ&ジュリエット
★ウィキッド
★マンマ・ミーア!
★サウンド・オブ・ミュージック 
★glee
★キューティ・ブロンド
★リトルマーメイド
★ハイスクール・ミュージカル
★ビクター・ビクトリア
★フットルース   
★愛と青春の宝塚


〈公演情報〉
構成・演出◇永野拓也
音楽監督◇鎌田雅人
キャスト◇泉見洋平、岡田浩暉、カン・テウル、坂元健児、渡辺大輔、井上智恵、貴城けい、増田有華、莉奈(男女別50音順)
●9/2/3◎東京グローブ座
9月2日(土)13:00開演/17:30開演  
9月3日(日)12:00開演/16:30開演
〈料金〉S席9,800円 A席7,800円(全席指定・税込)
チケット発売日  8月13日(日)10:00〜
〈お問い合わせ〉 サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00-18:00)
〈公式HP〉www.ilove-musical.jp







えんぶ最新号






kick 

shop 

nikkan 

engeki

フランス革命記念日にシャンソンとミュージカル曲などを華やかに歌い上げる!『龍 真咲 シャンソン★LIVE」レポート

_7K_2347

銀座ヤマハホールにて、6〜8月に開催されている『L' ge d'Or de la Chanson 〜シャンソンの黄金時代2017〜』に、7月14日、龍真咲が出演した。

7月14日といえば、フランス革命記念日。パリでは航空ショーやシャンゼリゼ通りでの豪華な軍隊パレード、そして夜にはエッフェル塔を大々的な花火が上がるほど、フランス人にとってはなくてはならないお祝いの日。そんな記念すべきこの日に、龍真咲の出演と聞けば、宝塚時代にフランス革命を扱った出演作『1789』や『ベルサイユのばら』を思い出さずにはいられない。革命に燃え、革命に散ったあの熱演から時を経て、男役トップスターを卒業した今、『MUSE』では、JPOPや宝塚・ミュージカルでの名曲を披露したが、今回は今まであまり龍から聞いたことのないシャンソンというジャンル。期待に胸を膨らませたファンも多かったのではないだろうか。
 
ピアノ・ベース・アコーディオン・チェロ・パーカッションでのインストルメンタル「La Mar」に続いて、「君を待つ」が始まると、黒と白のロングドレス、そして豊かなドレープのアップヘアに白い花飾りで登場した龍。MCでは「今までシャンソンは難しそうで敬遠していた」と控えめに語ったが、なかなかどうして。越路吹雪に思いを寄せて歌った「愛の賛歌」では、情感豊かな歌声と、さらに女性らしい柔らかな高音が加わり、ひとたび歌い始めれば、”シャンソン×龍”、その素晴らしいマリアージュに身も心も引き込まれる。
 
スペシャルゲストに訪れたのは、音楽プロデューサー高橋まさひと。ファンには嬉しい龍真咲の裏側を話し、トークに強い彼女が高橋の絶妙なツッコミにたじたじとさせられている、その攻防戦も新鮮で客席を沸かせた。高橋は龍の退団公演で久々に宝塚を見て「龍にしか醸し出せない情感」に瞠目したとのこと。特に宝塚100周年公演『TAKARAZUKA花詩集』にて、「黒きばら」を元とした龍の「Black Rose」を聞き、“こんな風に違う時代に伝えられ、歌の命がまた伸びた気がした”とその時の感動を語った。古き良きシャンソンを歌い継ぐこの夜にふさわしいそのエピソードに続いて、ただでさえ距離の近いヤマハホールの客席に降り「桃の花咲く丘」を、そして「黒きばら」を歌い上げた。
 
_7K_2166

続いては龍の代表作であり、来春の公演も期待が寄せられる『1789』から、ロナン役としても心に残る「二度と消せない」「この愛の先には」「サイ・ラ・モナムール」「肌に刻み込まれたもの」の豪華な4曲。前奏を聞くだけで宝塚時代の記憶がよみがえり血が沸き立たつ。ちょうどこの日、15時に発売発表となった「ヴェルサイユ宮殿 公式写真集」(筑摩書房)では、龍が日本でのオフィシャルサポーターを務めることにもなり、どこまでもフランスに縁があるようだ。そんなフランスのまだ行ったことのない”パリの秋”に想いを馳せて、宝塚でのデュエットダンスでも思い出深いという「枯葉」、そして映画「紅の豚」で初めて聞いて大好になったという「さくらんぼの実る頃」を披露。この「さくらんぼ〜」は、「いつか歌って見たいと熱望していたが、今までの自身のキャラクター的に、なかなかそのチャンスが無かった。でも、今日はどうしても歌いたかった、今後も大切に歌っていきたい曲の1つ」と語り、ピアノ1本でしっとりと、せつなく歌い上げた。
 
最後は「おおシャンゼリゼ」で会場も一体となり盛り上がる。今までの落ち着いた曲調からの変化はもちろんだが、龍の晴れ渡るようなさわやかな笑顔には、どうやらこちら側の心も踊りださせるパワーがあるようだ。最後の挨拶では、衣装を間山雄紀、ヘアメイクは黒田啓蔵と紹介、「いろいろな事を一人でやっていくのは難しい、今はたくさんの方に相談も出来、助けてもいただき、支えてくださることが幸せ」と、単独で活動し始めた中での感謝の意を示した。
 
冒頭のナレーションで「シャンソンは人生の歌。そして人生は一編のシャンソン」と語った龍。この若さにして、惜しげもなく今の想いを歌に込めて全身で歌い上げ、舞台でもなく、歌い込んだ曲でもなく、今日初めて龍から聞くその曲が、しかしこれまでの龍の歌の中でも最高峰と思わせてしまうその力にただただ感服である。派手なビジュアルや奇抜な発想、奇想天外な陽の印象が強い龍だったが、いったいこの人は、本当はどういう思いでこれまでの日々を重ねてきたのだろうかと、その内面にも興味が尽きない日であった。

先日発表されたCD「L.O.T.C 2017」でのメジャーデビューに続き、Bunkamuraオーチャードホールでの『龍真咲コンサート2017』、奈良・金峯山寺での『世界遺産コンサート』等々、今年の龍はさまざまなジャンルの音楽にかかわり、そして来春は東宝のミュージカル『1789』で、今度はマリー・アントワネットとして務める。このスピードで多くを吸収し、人生を積み重ね、また来年、そして5年後、10年後、龍の人生を綴ったシャンソンがどう変化し深みを増していくのか、楽しみで仕方なくなってしまった。(文/AIKO) 


〈公演情報〉
『龍 真咲コンサート』
●8月26日・27日◎渋谷オーチャードホール 
〈料金〉¥10,000(全席指定・税別) 
 
【写真提供/スペースクラフト】



えんぶ最新号






kick 

shop 

nikkan 

engeki 

ミュージカル『マタ・ハリ』柚希礼音・加藤和樹 W主演で来年1月〜2月に日本初演!

matahari_cast_01
柚希礼音・加藤和樹
 
作曲家フランク・ワイルドホーンの最新作で、韓国で今も上演中の人気ミュージカル『マタ・ハリ』が、2018年1月〜2月まで、大阪・梅田芸術劇場メインホールと東京・東京国際フォーラム ホールCにて、上演されることが決定した。

本作は、ミュージカルファンを魅了する作曲家フランク・ワイルドホーン(『スカーレット・ピンパーネル』『ジキル&ハイド』)の最新作として、2016年に韓国で世界初演。素晴らしい楽曲と豪華なセットが話題となり大ヒット。翌年、2017年6月より再演、今なお上演中(8月6日まで)の超話題作だ。

今回の日本での初演は、今注目の女流演出家 石丸さち子が訳詞・翻訳・演出を手掛け、あらたなる日本版として上演する。
出演者は、宝塚歌劇団OGで絶大な人気を誇る柚希礼音が、神秘的な「寺院の踊り」でスターとなったダンサー、そしてフランスのスパイ “マタ・ハリ”に挑む。また、マタ・ハリの運命を変える2人の男性、フランス諜報局の大佐 ラドゥとその部下アルマンを、人気实力ともに演劇界を牽引する加藤和樹が日替わりで演じ、そのWキャストとして佐藤隆紀(ラドゥ)、東啓介(アルマン)と、次代のミュージカル界を担う俳優たちが集結。さらに、マタ・ハリが唯一心を許す友であり衣裳係のアンナには和音美桜、ドイツの高等将校ヴォン・ビッシングを福井晶一が演じる。

【STORY】
1917年、第一次世界大戦の暗雲たれこめるヨーロッパ。オリエンタルな魅力と力強く美しいダンスで、パリ市民の心をとらえて放さないダンサーがいた。名は、マタ・ハリ。彼女の人気はヨーロッパ中におよび、戦時下であっても国境を越えて活動する自由を、手にしていた。その稀有な存在に目をつけたフランス諜報局のラドゥ大佐は、彼女にフランスのスパイとなることを要求する。もし断れば、人生を賭けて隠してきた秘密を暴くことになる、そう、ほのめかしながら…。自らの過去に戻ることを恐れ、怯えるマタ。同じ頃、彼女は、偶然の出来事から運命の恋人に出会う。戦闘パイロットのアルマンは、彼女の孤独な心を揺らし、2人は、ともに美しい夜明けのパリを眺め、人生を語りあう。一方ラドゥの執拗な要求は続き、一度だけスパイをつとめる決心をしたマタ。彼女の世話を続けてきた衣裳係アンナの祈りの中、公演旅行でベルリンへ向かい、ドイツ将校ヴォン・ビッシング宅で、任務を無事遂行する。しかし、謀略はすでにマタ・ハリの想像を超えて進み、アルマンへの愛に目覚めた彼女の運命を、大きく歪めようとしていた…。

【コメント】
 
フランク・ワイルドホーン(作曲)
親愛なる友人の皆さま、我々の『マタ・ハリ』を皆さまにお届けすることができ、大変誇りに思います。マタ・ハリは見事なキャラクターです。彼女について書き、彼女の物語を伝え、音楽を通して彼女を生かすことができてとても嬉しいです。
「マタ・ハリ」を作品化したいという思いは、1990年代終盤に芽生えました。女性スパイが、世界で初めて有名になったエキゾティックなダンサーでもあったというアイディアに、私は惹きつけられたのです。日本にも女性スパイの歴史があると存じております。やはり、これほど人の心を掴む女性キャラクターは、劇的な状況だけでなく、素晴らしい曲をも生み出すのです。
私たちは、幾つもの素晴らしい冒険を共にしてきました。皆さまが何年もの間サポートしてくださり、大変感謝しております。私は、皆さまに誓います。いつも、私の精一杯をお届けすると。
感謝と愛を込めて、フランク

石丸さち子(訳詞・翻訳・演出)
第一次世界大戦の最中、ダンサーとして多くの人に愛されたマタ・ハリですが、夢見ていたのは、ごく普通の幸せでした。一人の女が、稀代の女スパイとして歴史に名を残した悲劇の顛末。フランク・ワイルドホーン氏の美しく雄弁な音楽、また、柚希礼音さん、加藤和樹さんをはじめ、魅力的な出演者とともにこのドラマをお届けできることは、大きな喜びです。
 
柚希礼音(マタ・ハリ)
この度、マタ・ハリ役を演じさせて頂くことになり、自分自身にとって、又大きな挑戦の機会を頂き、とても身の引き締まる思いです。演出の石丸さち子さん、共演の加藤和樹さんを始め、出演者、スタッフの皆さんと一緒にたくさんのことを勉強し、挑戦をしながら自分らしい新たなマタ・ハリ像を作っていきたいと思っております。是非楽しみにしていてください。
加藤和樹(ラドゥ/アルマン)
韓国ミュージカルとして生まれた『マタ・ハリ』を今回日本で上演するということで、出演できることをとても光栄に思います。個人的には、ラドゥとアルマンというそれぞれ違うタイプの役柄を日替わりで演じることは初めてなので、挑戦でもあります。楽しみにしていてください。

〈公演情報〉
675_play_image1
 
ミュージカル『マタ・ハリ(MATA・HARI)』 
脚本◇イヴァン・メンチェル
作曲◇フランク・ワイルドホーン
作詞◇ジャック・マーフィー 
訳詞・翻訳・演出◇石丸さち子
出演◇柚希礼音、加藤和樹
佐藤隆紀(LE VELVETS)、東啓介/和音美桜/福井晶一 ほか
●2018/1/22〜28(予定)◎梅田芸術劇場メインホール
●2018/2/3〜18(予定)◎東京国際フォーラム ホールC
〈料金〉 S席13,000円 A席9,000円  B席5,000円(全席指定・税込・東阪共通)
一般発売:2017年10月22日(日)(東阪共通)
〈お問い合わせ〉梅田芸術劇場 (東京)0570-077-039(大阪)06-6377-3800(10:00〜18:00)




えんぶ最新号






kick 

shop 

nikkan 

engeki

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について