えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

『暗くなるまで待って』

公開稽古と囲みインタビュー『ニッポン無責任新世代』

s_001

植木等主演のコメディ映画として高度経済成長時代に爆発的な人気を博した「無責任シリーズ」を題材にしてた『ニッポン無責任新世代』が、7月15日、初日を迎えた。

その前日、囲み取材と公開舞台稽古がシアタークリエで行われ、主演の原田泰造、星野真里、黒部進、真琴つばさ、そして作・演出も手がけた後藤ひろひとが登場、「いまニッポンに必要なのはこの明るい舞台」と盛んにアピールを行なった。
 

s_002

【一問一答】
 

ーー責任を持って、初日を迎えられそうですか?
 

原田「はい、植木さんも喜んで下さる舞台になると思います。責任を持ってやります(笑)」
 

ーー劇中で歌もありますが、その稽古も責任を持って?
 

原田「……厳しい稽古でした」

後藤「楽しい、です(笑)」

原田「(笑)楽しく稽古しました」

後藤「今、クレイジーキャッツのかたがいらしたら本当に作られそうな、明るい曲を作曲の中村中さんと考えて作りました」
 

ーーぜひここで聞かせていただきたいですが。
 

原田「♪グ〜ダラダ〜、グ〜ダラダ〜(笑)ちょっと違いましたかね。歌唱力がなくてもうまく聞こえる、いい歌です」
 

s_003

ーー星野さんは、原田さんからプロポーズされる役ですね、いかがですか?s_006

星野「台本を読んだら劇中の早い段階でプロポーズをされるので、ビックリしました」

原田「僕もびっくりしました(笑)」

星野「勢いのあるプロポーズで嬉しいです」
 

ーー実生活でもそろそろ。
 

星野「年齢が年齢なので(笑)、プロポーズされれば嬉しいです」

真琴「年齢ってどういうことですか!(笑)。プロポーズなんかずっとされてますけど、どうってことありませんから(笑)」
 

ーー黒部さんは今回の舞台はもしかして笑いも?
 

黒部「僕は、あんまり遊びがないんですよ」

原田「いや、ありますよ、ずいぶんあります(笑)」

黒部「シリアスなところしかさせてもらってない。僕は硬い役しかできないんです」

原田「稽古場で"進ちゃん"と呼ばれてるんですけど、稽古中に進ちゃんが一番笑いを取っていらっしゃった」

黒部「とんでもないです」
 

ーーサカタ隊員みたいなポーズは見られるんですか。
 

後藤「そのポーズではないんですが、ぜひ見たいと私も思いまして、気づかれないように台本に書いておきました(笑)」

黒部「巧妙なんです。台本も巧妙ですがそういうところが実に巧妙ですね(笑)」

s_008


ーーチャリティー公演ということですが。
 

原田「この公演こそチャリティーにしなくてどうするんだという。これだけ明るいし。ポスターもみんなでサインして販売してます」
 

ー―今日の原田さんの衣裳ですがレディガガ風ですね?
 

原田「どこがですか?グリーンというところだけね(笑)。かわいい感じですごい気に入っています。舞台が終わったら貰おうと思ってます(笑)」
 

ー―公演を乗り切るためにも、バテずにすむような対策は?
 

原田「そりゃ、休憩になんとかゴールドとか飲んでますけど(笑)、ちゃんと寝てよく食べることです」

黒部「とくに考えず、よく睡眠を取って、体を動かして、軽い酒を飲むことです」

星野「水分をしっかり取って、うきうきしながら舞台を楽しむことですね」
 

s_005真琴「あの、楽屋は冷房を切っています。その方が外の涼しさを感じられるんです、もちろん節電対策もあります」

原田「気がつかなかった」

真琴「だって部屋に入ってこないでしょ」

原田「そうだ!」

真琴「無責任だわよ(笑)」











後藤「そりゃ、よく笑ってもらうことが一番の夏バテ防止だと思いますし、こちらからしたら笑わせることが一番です」
 

ーー最後にもう一度、歌っていただけますか?
 

原田「♪そんなわきゃねぇー、そんなわきゃねぇー(笑)。あれですね、舞台では全然恥ずかしくないのに、なんか恥ずかしいですねー(笑)みんななら大丈夫かな(笑)。やりましょうよ」

黒部「僕はやったことないからね(笑)」

原田「そんな(笑)。僕しかやらないですからね、こんな歌(笑)」
 

ーー最後にメッセージをお願いします。
 

原田「暑くて外に出たくないなという人もいるかもしれませんが、ぜひ来てください。たぶん相当いい1日になると思いますから」
 
s_014s_015
 
s_017s_016
 
s_018s_019

s_020
 

 『ニッポン無責任新世代』

作・演出・出演◇後藤ひろひと

音楽・出演◇中村中

出演◇原田泰造、真琴つばさ、星野真里、黒部進 他

●7/15〜30◎シアタークリエ

●8/1◎名鉄ホール

●8/3〜4◎サンケイホールブリーゼ

●8/12◎北國新聞赤羽ホール

●8/17◎アステールプラザ

〈料金〉

東京/愛知/大阪 8500円(全席指定・税込) 

石川/S席7500円 A席7000円(全席指定・税込) 

広島/S席7000円 A席5000円(全席指定・税込) 

〈問合せ〉東宝テレザーブ 03-3201-7777

http://www.tohostage.com/nippon/index.html



演劇キック演劇情報コーナー
http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/


取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】




一路真輝出演の『リタルダンド』公演にご招待!

元雪組トップスターとして活躍し、退団後は東宝ミュージカル『エリザベート』の初演からタイトルロールを6年間つとめた一路真輝。結婚・出産を経て『アンナ・カレーニナ』から復帰し、歌や芝居の才能を再び舞台で発揮しているが、その一路真輝が、初めての「音楽劇」、そして初めての「PARCO劇場出演」という話題の作品が『リタルダンド』。
題名は「だんだん、しばらく、ゆっくり」という意味の音楽用語で、最近多くなっている若年性のアルツハイマーにかかってしまった夫に対しての妻の思い、壊れていく最愛の人への願いを象徴している。
この作品で、一路は晩婚で結婚した妻となって、病気と向き合いながらも過ごす明るい毎日と、その陰で増していく病気への恐怖、くじけそうになる心などを表現、夫婦の愛を日常を通して描き出していく。
夫には蜷川幸雄作品などで活躍する吉田鋼太郎、ほかにも高橋由美子、伊礼彼方など「音楽劇」にふさわしい歌える演技派が揃っている。
脚本は家庭劇では定評のある中島淳彦、演出は売れっ子のG2とスタッフも充実。働く人たちとその家族にとって、いつ起こるかもしれない現実を前向きに描き出す舞台となる。

110712_ritaru

◆公演ご招待!
音楽劇『リタルダンド』
演劇ぶっくが運営している「演ぶShop」がぜひ観ていただきたい作品として『リタルダンド』公演を、5名様にプレゼントいたします。

◇ご招待日
7月27日(水)13:30開演の回、7月28日(木)13:30開演の回

◇応募方法
本サイトのこちらのURLにお入りになってご応募ください。
【期間は7月15日(金)14時〜7月17日(日)14時の48時間です】

http://enbu.shop21.makeshop.jp/html/new_event.html?code=20110715132610

音楽劇
『リタルダンド』
作◇中島淳彦
演出◇G2  
出演◇吉田剛太郎 一路真輝 高橋由美子 伊礼彼方 松下洸平 市川しんぺー 山崎一
7/15〜31◎PARCO劇場
8/5◎名古屋 青少年文化センター アートピアホール
8/6〜7◎シアターBRAVA!
〈お問い合わせ〉
キューブ 03−5485−8886
http://www.cubeinc.co.jp/

チャリティオークションのお知らせ

このたび「演劇ぶっく」編集部では、東日本大震災の被災に対し演劇界有志の発案で

チャリティオークションを開催することになりました。

たくさんの演劇人の皆様にご協力いただき、私物をご提供いただいておりますが、

宝塚OGである姿月あさとさん、和央ようかさん、大和悠河さんにもご協力をあおぐことができました。

ぜひともこのチャリティオークションにたくさんの皆様のご参加をいただき、

被災地への募金のご協力が集まりますよう、心よりお願い申し上げます。


●チャリティオークション期間 7/15〜31

●「演劇ぶっく」152号にチャリティオークション情報掲載 (発売中)

●HP「演劇キック」にチャリティオークションページ掲載


このチャリティオークションについては、

以下のURLから演劇ぶっくのページへと入ることで参加することができます。

http://www.enbu.co.jp/kick/charity/


(株)えんぶ 演劇ぶっく編集部

大和悠河インタビュー Vol.2


【演じて面白かった『綺譚桜姫』


s_DSC_0318

ーーまた舞台活動の話に戻りますが、4月に名古屋御園座の『歌舞劇(オペラ)綺譚桜姫』に主演されて、とても好評でした。
 

鶴屋南北の『桜姫東文章』を荻田浩一先生がアレンジしてくださったもので、斉藤恒芳さんの音楽で、内容が深くて面白くて、演じていて自分でも楽しかったです。家が没落したお姫様が、最初は運命に流されるのですが、だんだん自分の強さに目覚めていって、人生を変えていこうとする。大きなうねりの中での桜姫の思いの変化みたいなものがちゃんと書き込まれていたので、演じていて充実していました。
 

ーー着物が豪華でしたし、袴姿は凛々しくて、女郎は仇っぽいという七変化で。
 

いろいろな格好ができました(笑)。着物は玉三郎さんのものを着させていただきました。時代物でしたが装置が抽象的で現代的で、御園座さんという由緒ある小屋だからこそ出来たチャレンジだったと思います。
 

ーー桜姫も『風を結んで』の大林由紀子もそうですが、演じる女性が大和悠河の延長上にあって共感されやすいのがいいなと。
 

男役の時代もそうですけど、1人の人間に自分を重ねながら生きることはすごく楽しいし、そこが好きなんです。また、外に出てからは自分でも思いがけない面を引き出してもらえる機会が多くて、ちょっと自分が目覚めていくような感覚があるので、これからもどんどんそういう舞台に巡り会いたいですね。


s_DSC_0166_2s_DSC_0180_2

s_DSC_0109s_DSC_0334_2

【ライブ、ショー、レビュー】

ーーこのあとはちょっとライブやショーが続くそうですが。まずはこのオペラ本の中身をシリーズ化していく『YUGA OPERA CAHIER(オペラ カイエ)』がありますね。

 

本の中に出てくるオペラにちなんだライブで、第1回は7月10日の「薔薇の手帖」で『ばらの騎士』に絡めたものになります。一応、本の中に出て来る『椿姫』『トスカ』『蝶々夫人』などシリーズで定期的にやっていきたいなと思っているのですが。
 

ーー今回は燕尾服姿も見られるとか。
 

はい、久しぶりに(笑)。歌う曲はクラシックに限らず広く選んでいきますので、どんなものを飛び出してくるか、楽しみにしていただたきたいです。
 

ーーそして、8月と10月にショーとレビューですね。
 

8月に北海道と東京で公演する『100年のI love you 〜A CENTENARY』は、『まさかのChange?!』のときにお世話になった玉野和紀さんのミュージカル・ショーで、共演のかたたちも実力ある方ばかりなので、お稽古中から刺激的です。出番がすごくあるので、ちょっとたいへんなんですが(笑)。そして秋は、宝塚歌劇団100周年に向けての『DREAM FOREVER〜宝塚OGレビューツアー2011〜』です。鳳蘭さん、麻路さきさんなど、大先輩のかたがたとご一緒させていただきます。退団後に初めて参加するOG公演ということも嬉しいですし、全国の皆様にお会いできるということでも、とても楽しみにしています。




operatookasi

※演劇キックから大和悠河の本をプレゼントします。


◇応募方法

本サイトのこちらのURLにお入りになってご応募ください。

【応募期間は7月10日(日)13時〜7月12日(火)13時です】


http://enbu.shop21.makeshop.jp/html/new_event.html?code=20110710130409



『大和悠河のオペラとお菓子の旅』

中央公論新社刊 

定価(税込)1,890円 

全国書店で発売中



『YUGA OPERA CAHIER(オペラ カイエ)』

「第一章 YUGA-Mon cahier de l’Opera〜薔薇の手帖 Le carnet rose」
音楽・演出◇斉藤恒芳

7/10 11時受付開始・11時30分〜お食事・12時30分〜開演
〈場所〉Aimee Vibert 東京都千代田区二番町14-1
〈料金〉27000円




ミュージカル・ショウ
『100年のI love you 〜A CENTENARY』

脚本・構成・演出・振付・出演◇玉野和紀

出演◇大和悠河、今井清隆、原田優一、井澤勇貴

●8/5、6◎幕別町百年記念ホール

北海道公演/ 北海道十勝芸術祭参加作品
●9/6〜11◎日本橋三越劇場
東京公演/ 日本橋架橋100周年記念作品
http://www.show-biz.jp/
http://www.facebook.com/100iloveyou



TAKARAZUKA WAY to 100th ANNIVERSARY Vol.2 
『DREAM FOREVER〜宝塚OGレビューツアー2011〜』

作・演出◇酒井澄夫(宝塚歌劇団)

出演◇鳳蘭、麻路さき・大和悠河、風花舞、星奈優里、初風緑 他
●10/29〜30◎日本青年館大ホール
●11/21〜23◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
【全国ツアー】
11/2〜27◎下関市民会館(山口)〜江南市民文化会館(愛知)
http://www.umegei.com/schedule/52/



【取材・文/榊原和子  撮影/冨田実布(風を結んで) 写真提供/御園座(株)GOOGA】

演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/

 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について