えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

『暗くなるまで待って』

堂々とみせた宙組新人公演『美しき生涯』

poster

宙組公演『美しき生涯』(作・大石静、演出・石田昌也、新人公演担当・岡本寛子)の、東京での新人公演が7月28日に行われた。

主演となる石田三成を演じたのは、愛月ひかる(本役・大空祐飛)。
前回の『誰がために鐘は鳴る』の新人公演に引きつづき、2度目の主演である。
下手からセリ上がりで登場した際の華やかさは抜群だった。
忠義と愛との間で揺れる三成の心情を丁寧にみせ、堂々とした主演ぶり。
歌声も台詞声もしっかりとした芝居の中での男役姿と、最後の挨拶で見せたおっとりとした役を離れた姿との間には、まだまだ下級生らしいギャップがあり、ほっこりした気持ちにさせられた。
正統派で品のある雰囲気が愛月の魅力かと思うのだが、そこがまた日本物のしっとりとした空気にも合っていたと思う。 

相手役となる茶々を演じたのは瀬音リサ(本役・野々すみ花)。
銀橋でのソロなども綺麗に聞かせて、歌える娘役なのだという印象を第一に持った。
芝居も本役の野々の茶々をなぞるようにそつなくこなしていたが、その一方で個性に欠けてしまったところが惜しい気がする。
宝塚で1回、東京で1回、たった2回限りの新人公演で役として生きることは本当に難しいことだと思うが、段取りや台詞に捕らわれることなくもっと茶々として息づくことができたら、そこから瀬音にしかない何かが生まれたのではないだろうか。

忍びでありながら茶々に思いを寄せる、疾風役には蒼羽りく(本役・凰稀かなめ)。
感情を殺し影で生きる身でありながら、三成の誠実さや茶々への思いに触れ、徐々に人間らしい熱さを見せるようになるのが疾風。
冷徹なところから、人としての心を感じさせるところまで、変化をしっかりとみせた。
愛月共々、蒼羽も歌は特別得意ではなさそうなのだが、二人とも押し出しよく歌いきることができるので不安は感じない。これからどんどん上手くなっていくのだろう。
やわらかで大きな光を感じさせる愛月と、見た目はクールでありながら内側に熱を秘めた蒼羽とが銀橋に並ぶと、宝塚らしい華やかさが一層際立つ。良い同期のコンビだ。

そのほか、福島正則役の澄輝さやと(本役・北翔海莉)、豊臣秀吉役の松風輝(本役・未沙のえる)、加藤清正役の風馬翔(本役・悠未ひろ)あたりも印象に残る。
澄輝は新人公演の最上級学年らしい落ち着いた、すっとした舞台姿が綺麗だった。
松風は秀吉という狡猾さがもとめられる難しい役どころであったのだが、ちょっとした表情や仕草で、腹の底では何を考えているのかわからない秀吉の嫌らしい部分を感じさせる好演。
風馬は元気があってパワフルな舞台姿がぱっと見たときに目に入ってくる。覚えてもらいやすい何かがあるのも、宝塚では重要なことかもしれない。

娘役では、おねを演じた百千糸(本役・美穂圭子)が歌に芝居に活躍していたし、さぎり役の藤咲えり(本役・純矢ちとせ)も、きりっとした美しさがくのいちらしく、演技の中にも積み重ねてきた経験を感じた。またこの公演での退団が決まっている七瀬りりこには、大坂城の中庭の場面で加藤清正の妻役としてソロがあり、その豊かな歌声には大きな拍手が送られていた。

日本物ということで所作や立ち回りなど、普段とはまた違った苦労も多い新人公演だったと思うが、それぞれが自分の役割を精一杯果たそうとしている意識が感じられる清々しい新人公演だった。

 



<新人公演>
『美しき生涯−石田三成 永遠(とわ)の愛と義−』

作◇大石静
演出◇石田昌也
新人公演担当◇岡本寛子

●7/28◎東京宝塚劇場


<本公演>
美しき生涯−石田三成 永遠(とわ)の愛と義−』

作◇大石静
演出◇石田昌也

レヴュー・ロマン
ルナロッサ−夜に惑う旅人−』

作・演出◇稲葉太地 

●7/8〜8/7◎東京宝塚劇場

<料金>
SS席 11,000円、S席 8,500円、A席 5,500円、B席 3,500円(税込)

<HP>
http://kageki.hankyu.co.jp/index.shtml


 

 

【文/岩見那津子】

演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/ 

安寿ミラインタビューvol.1 「ダンスアクト」で『FEMALE vol.11』

s_002JPG


安寿ミラのダンスの公演が間もなく幕を開ける。
 

これまでの形の『FEMALE』 シリーズはvol.10で一応の区切りをつけ、「ダンスコンサート」から「ダンスアクト」へと進化。新たな形、新たな可能性を追求していくもので、東京と神戸で公演が予定されている。 

安寿のほかに、『Underground Parade』などで活躍中の佐藤洋介、そして元宝塚雪組の真波そらという2人の優れたダンサーが共演。ミュージシャンはアコーディオンとピアノ(&キーボード)の生演奏で、女性演奏家2人が参加する。
2部構成になっていて、ACT I はドラマ仕立てで、1人の女性の夢を幻想的にドラマティックに描く。ACT II は「祈り」をテーマにダンス、歌、朗読がバラエティ豊かに繰り広げられる。

 

8月3日の東京初日を前に、港ゆりかの振付けを稽古場で踊る安寿ミラを訪ねて、今回の「ダンスアクト」の内容や『FEMALE vol.11』の抱負を話してもらった。
 


【ピエトラガラにインスパイアされて】


ーー今回から
「ダンスコンサート」から「ダンスアクト」へということですが。

実はあんまりやってることは変わらなくて、踊るのも減らそうと思っていたのに、去年より踊ってるかもしれないです(笑)。

 

ーーどうしても流れでダンスを入れたくなるんでしょうね。

やっぱり良いダンサーの人たちに出てもらってるので、1人だけ芝居してるわけにもいかないですし(笑)。

 

ーー2部形式という構成ですね。


1部は簡単なストーリーがあって、2部は震災への思いを込めて「祈り」をテーマにしたものになっています。実はこの公演も震災で二転三転したんです。本当は夏のディナーショーを『
FEMALE 』形式で東京と宝塚のホテルでやるつもりでいたんです。でもあの震災後にあまり華美なことは気持ち的にもできなくなってしまって。それで無しにしようとも思ったんですけど、この時期にやるとすでに告知していたので、小さな劇場でと思って探していたら、今回の2つの劇場に空いている時期があったんです。新宿BLAZEはライブハウスとしても有名ですごく綺麗なところです。新神戸オリエンタル劇場は、ちょうどお盆の時期で空いていたので。
 

ーー新神戸オリエンタルは、FEMALE 』は何回か公演してますね。
 

そうです。それにこの間『ジョアンナ』もやったばかりで、わりと縁がある劇場です。 
 

017

ーー1部はどんなストーリーですか?
 

「これは1人の女性の夢物語です」という言葉で始まるんですが、ある女性の夢で、内容はちょっと私の実体験みたいなものも含まれているんですが……実はまたフランスでピエトラガラに会ってきたんです。
 

ーーすごいですね。またフランスまで追っかけを?


(笑)そうです。前回はナントでしたが、今回もアンジューという小さな町での公演を観て、劇場の楽屋口で待ってたんです。
 

ーー出待ちですね(笑)。


私ともう1人くらいしか待ってなくて、絶対ここから出てくるはずだと思って待ってるのに、なかなか出て来なくて。楽屋番のおばさんに聞いても「たぶんね」くらいしか教えてくれないし。そうしたらそのうちご主人のジュリアンが出てきたので、あ、もうすぐだなと思ったら、すぐ後にお嬢さんの手をひいて出てきたんです。それで、去年ナントで一緒に撮った写真を見せまして「覚えてますか?」と聞いたら「ウィ」と。「日本人なのにこんなところまでよく来るわね」なんて思ったんじゃないかな(笑)。また一緒に写真を撮らせてもらいました。一緒にいた友人の息子さんがフランス語で、「この人はあなたを観るためにここまで来たんです」と伝えてくれたら、「近いうちにまた会いましょう」と言ってくれて、最後は手と手が離れ難いみたいな感じになって、もう、嬉しくて信じられないくらいでした(笑)。
 

ーーそこまで行くという思いの強さが通じたんですね。


実はこの『FEMALE vol.11』のネタ探しのために、いろいろな公演を観て歩いたんです。パリではケンゾーさんのチャリティー公演でギエムやルグリを観たり、コンテンポラリーやミュージカルも観たりしたんですが、どうしてもインスピレーションが湧かなくて、どうしようと思っていたんです。でも最後に観たそのピエトラガラの『イブ』という作品にピンときて。女性の一生を踊ったものなんですけど、その出待ちのエピソードも含めて、ぱっと構成が浮かんできたんです。



s_008s_010











【佐藤洋介さんと真波そらさんが参加

 

ーーダンスもすごくバラエティに富んでますね。シャンソンありタンゴありで。


自分でも身体と相談してやらなければと思いつつ(笑)、振付けのかたが三人三様にそれぞれプロフェッショナルな振りをつけられるので刺激されます。その全部の振りを呑み込んでいく作業だけでたいへんです(笑)。港ゆりかさんは、何度もご一緒してるんですが、佐々木信彦さんは『スペリング・ビー』で振付けしていただいて、原田薫さんは初めてなんですが、ずっとご一緒したかった方なので嬉しいです。
 

ーーダンサーのかたは今回2人が参加されますね。
 

真波そらさんは、宝塚の『ミロワール』の振付けでちゃんと意識した人なんですが、たまたま私が『シラノ・ド・ベルジュラック』(今年2月公演)の稽古をしてるときに、隣りで『DREAM TRAIL』のお稽古をしてて会いに来てくれて、それが今回の舞台の構想をしていた私のアンテナに入ってきたんです。これも縁ですね。すごく純粋でピュアな人で、早くから自主稽古をしてるし、終わっても遅くまでやってるし。
 

ーー真波さんも女性で踊るんですね?
 

男役の格好もしてもらいます。前に出てくれた匠ひびきも天勢いづるもそうでしたが、男役をしていた人はファンの方もそういう格好が見たいのではないかと。せっかく真波さんに出てもらうのだから、ファンの人は何が嬉しいかなと考えて、在団してた時の歌も歌ってもらおうと。あと『麗人』という退団してすぐに出た公演で歌った歌も歌ってもらいます。何か歌わせたいなと思ったらそれを出してきたので、ちょうどいいかなって。それから可愛い女の子はやってないというから、社会復帰の意味でそれもやってもらいます(笑)。
 

ーーリハビリですね。男性ダンサーの佐藤洋介さんは?
 

港ゆりかさんが推薦してくださった方なんです。どんなジャンルも踊れるのでダンスは心配してなかったんですけど、原田薫さんが「お芝居も彼は全然心配ないですよ」と言ってくださったので安心してます。リフトがたくさんあるんですが力強いし、タンゴのリードもすごく上手だし、初めて組むとは思えないくらい息も合って、とても頼もしい方です。
 

ーー音楽は生演奏ですね。
 

スペースの関係もあってピアノとアコーディオンだけなんですが。演奏の2人にも、ちょっとだけお芝居をしてもらうんです。そういうことが好きな2人みたいなので楽しみです。

vol.2に続く。
 


s_014


安寿ミラ ダンスアクト

『FEMALE vol.11』

構成・演出◇ANJU

振付◇原田薫 佐々木信彦 港ゆりか

出演◇安寿ミラ 佐藤洋介 真波そら

演奏◇大田智美 長見摩耶

●8/3〜5◎新宿BLAZE

●8/13〜14◎新神戸オリエンタル劇場

〈料金〉東京/7000円(1ドリンク付き/全席指定・税込)

神戸/S席 7000円 A席 5500円(全席指定・税込)

〈問合せ〉東京/キョードー東京 0570-064-708

神戸/新神戸オリエンタル劇場 078-291-1100


【取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】

演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/


安寿ミラ インタビュー vol.2

前ページから続きます。

s_013


【この時期に表現者は何をすべきか】
 

ーー今回、2部のテーマが「祈り」ということですが。

私がいま、被災地の方に何ができるかと言ったら、ただ祈ること、それから絶対に忘れないでいること、心を共にしていること、それしかできない。そこで「祈り」とか「生きる希望」をコンセプトに構成してみたんです。

 

ーー詩を朗読するんですね。

いろいろ読んでみて、被災地の子供さんの作文なども読んだりしたんですが、あまりにも生々しくて。ずっと探していたなかでこの詩に出会ったんです。でも詩を一編読むのは1つの芝居を演じるくらいの力がいるなと思っているところです。

 

ーーそう考えるとショーは、いろいろなことをしなくてはならないので、すごく労力が必要ですね。

ほんとうにたいへんで、自分でもバカだなと思います(笑)。『FEMALE vol.10』のとき、本当に心身共に疲れるからもうやめようと決心していたのに、千秋楽にラストの『All by myself』を踊っていたら、なんか悲しくなって「もう私、踊らないのかな」と思ったら涙が出てきて…。「踊れるんなら踊ろうかな」と思ってしまって。身体がなかなかついてこないんですけど、やはり踊りたいという気持ちはあるんです。先日、前田清実さんの発表会を観たときも「ああ、私も頑張らなきゃ」と。

 

ーー公演という目標があると、やはり力が出てくるのでは?

震災で一度白紙になったということもあるし、やるべきかどうかすごく迷ったんですけどね。表現する側としては、今、どういう踊りを踊ったらいいのかとても悩みますね。

 

ーー観る側は舞台から元気を貰えるのですが、やる側はそんなに単純ではない?

祈りだとか希望だとか、そういうテーマを踊ることさえ偽善かなという気持ちもありますし、ただ元気よく華やかにすればいいのかとか、いろいろ葛藤があります。でもやってもやらなくても言われるんだったら、結局は自分の心に忠実になるしかないんですよね。

 

ーー安寿さんはサヨナラ公演中に阪神淡路大震災も経験してますからね。

実はファンの方たちのことも気にかかっていたんです。仙台の一番被害の大きかった地区にファンの方がいて、消息がしばらく不明だったんです。そのほかの被災地にもたくさんファンの方たちがいたので、皆さんの無事を確かめたときは本当に嬉しかったです。そのファンの方たちが「やはり舞台を観たい」と言ってくださって。そのことも今回、大きな励みになりました。

 

ーー現実がたいへんな時ほど夢が必要ですから。

なでしこジャパンなんて、すごい希望を与えてくれましたものね。スポーツっていいなと思いました。

 

ーーこういう時だからこそ、どんどん舞台に出てください。といってもこのあと年内には舞台が目白押しですが。

11月にゲストでDIAMOND☆DOGS の『TANGO”Series vol.4』に出て、12月に上田遥さんと宮川彬良さんとで創る音楽舞踊劇『PIAF』でピアフを演じます。それから夏のディナーショーの振り替えをホテル側のご好意でクリスマスにやります。なんか倒れそうなスケジュールですが(笑)。

 

ーー倒れないでください。『FEMALE』も11から20まで続けるつもりで、なつめさん(大浦みずき)のぶんまで。

いや、身体がついていくかどうか(笑)。

 

ーーなつめさんの首飾りを胸にがんばってください。

はい、がんばります(笑)。東京はまもなくですが、新神戸オリエンタル劇場はお盆の時期に参ります。関西の皆様もぜひ観にいらしてください。

 s_018s_012JPG

s_005PGs_009



安寿ミラ ダンスアクト

『FEMALE vol.11』

構成・演出◇ANJU

振付◇原田薫 佐々木信彦 港ゆりか

出演◇安寿ミラ 佐藤洋介 真波そら

演奏◇大田智美 長見摩耶

●8/3〜5◎新宿BLAZE

●8/13〜14◎新神戸オリエンタル劇場

〈料金〉東京/7000円(1ドリンク付き/全席指定・税込)

神戸/S席 7000円 A席 5500円(全席指定・税込)

〈問合せ〉東京/キョードー東京 0570-064-708

神戸/新神戸オリエンタル劇場 078-291-1100

『FEMALE vol.10』安寿ミラインタビュー

http://blog.livedoor.jp/enbublog-journal/archives/1352738.html



 
【取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】


演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/

和央ようか主演の『ドラキュラ』で献血イベント

txt


『ドラキュラ』公演にちなんで、小西遼生ほかキャストが献血に参加を呼びかけるイベントが、8月21日の『献血の日』に行なわれる。
 

夏場は暑さとお盆などで企業献血が休みになるため、献血提供者が減少する。今年の夏は節電の影響で、献血そのものが中止になっている献血会場もあるとのこと。

そこで、8/20〜9/11まで東京国際フォーラムホールCにて開幕するミュージカル『ドラキュラ』では、東京都赤十字血液センターと協力して、8月21日の「献血の日」に、公演会場の一角に献血会場を特設し、朝10時〜夕方4時まで献血を行うことが決定した。
この日に公演を鑑賞する観客のなかに、献血をご希望の人がいたら参加をよびかけている。 
 

被災地に対する支援と同じように、血液提供には「継続的」な協力が不可欠である。

また、若い世代の献血協力者が減少しているということもあって、21日夜公演の終演後、ロビーにてキャスト5名(ジョナサン役/小西遼生、ジャック役/上山竜司、アーサー役/矢崎広、レンフィールド役/小野田龍之介、クインシー役/松原剛志)による、献血協力の呼びかけも行う予定となっている。


※『献血の日』イベントに関して、詳しくは後日公式HP http://dracula-the-musical  にて発表する予定。



ミュージカル 

『ドラキュラ』

作曲◇フランク・ワイルドホーン

訳詞・演出◇吉川徹 

出演◇和央ようか/花總まり 安倍なつみ 小西遼生 上山竜司 矢崎広 小野田竜之介・松原剛志/鈴木綜馬 ほか
 
<東京公演>

●8/20〜9/11◎国際フォーラムC

〈料金〉S席12000円 A席9000円 B席6000円 プレミアム席¥20,000

〈お問合せ〉キョードー東京 0570-064-708

http://kyodotokyo.com/dracula2011

<大阪公演>

●9/15〜9/18◎梅田芸術劇場 メインホール

〈料金〉  S席¥12,000 A席¥9,000 B席¥6,000 SS席\19,000

〈お問合せ〉 キョードーインフォメーション 06-7732-8888




演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/



記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について