えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

えんぶ最新号販売中!

「これからも花組を・・・」真飛聖サヨナラショー/退団会見

424日に千秋楽を迎えた『愛のプレリュード/Le Paradis!!』で花組トップスターの真飛聖が宝塚を退団した。1995年星組公演『国境のない地図』で初舞台を踏んだ真飛はそのまま星組に配属され、2005年に花組に組替え。前トップスター春野寿美礼の後を継ぎ、2008年より花組のトップスターに就任し、『太王四神記』のタムドクや、『相棒』の杉下右京、『虞美人』の項羽など幅広い役を演じてきた。退団公演となった『愛のプレリュード』ではフレディー・クラークという一人の男性として生きる中に男役の集大成をみせ、ショー『Le Paradis!!』では花組の男役らしい色気や、組だけでなく客席全体をも包み込むような大きな包容力を感じさせてくれた。
同じくこの日に宝塚を退団したのは眉月凰、真野すがた、祐澄しゅん、天宮菜生、天咲千華、鳳龍アヤ、朝陽みらいの7名で通常のショーの後に退団者を中心とした真飛聖サヨナラショーが行われた。真飛のショー代表作『EXCITER!!』ではじまり、『EXCITER!!』で終わるサヨナラショーは、退団の寂しさすら吹き飛ばす笑顔に溢れた真飛らしいものとなった。サヨナラショーの内容は以下の通りである。

【真飛聖サヨナラショー】 

1.「CHANGE LIFE」(09年、10年『EXCITER!!』より)
真飛聖

2.Passionate Night B(09年、10年『EXCITER!!』より)
真飛聖、他男役

3.「インシャアッラー」(08年『愛と死のアラビア』より)
真飛聖、壮一帆、愛音羽麗

4.「僕の悪いクセ」(09年『相棒』より)
真飛聖、壮一帆

5.「フィフティ・フィフティ」(09年『フィフティ・フィフティ』より)
真野すがた、華形ひかる、桜一花

6.「MIND TRAVELLER(06年『MIND TRAVELLER』より)
真飛聖

7.「愛のはじまり」(10年『麗しのサブリナ』より)
真飛聖、蘭乃はなのデュエットダンス

8.「愛のかたち」(09年『外伝ベルサイユのばら〜アンドレ編〜』より)
真飛聖、眉月凰、祐澄しゅん、天宮菜生、天咲千華

9.「花は花」(10年『虞美人』より)
真飛聖、眉月凰、真野すがた、祐澄しゅん、天宮菜生、天咲千華、鳳龍アヤ、朝陽みらい

10.「希望の瞳」(09年『太王四神記』より)
真飛聖、花組全員

11.Life Exciter!!」(09年、10年『EXCITER!!』より)
退団者7

12.「ドリームゲート〜チェンジBOX〜」(09年、10年『EXCITER!!』より)
真飛聖、Mr.YUとして登場

13.「EXCITER!!(09年、10年『EXCITER!!』より)
チェンジBOXで変身した真飛が花組を率いて歌い踊る

なんといっても、Mr.YUの大階段からの登場と、その後の変身から幕が降りるまでの盛り上がりが真飛を中心とした花組の団結力を象徴していたように思う。終演後に行われた会見で記者から「この公演で真飛さんが一回り大きくなった印象を受けた。」という言葉が出たが、まさにその通りである。不安な状況の下、最後までトップスターとして舞台を務めきった真飛からは、組を守りたいがゆえに生まれた大きさと、たくさんの愛、そして清々しさが感じられた。以下、会見の模様を紹介する。


【真飛聖退団記者会見】

 _MG_9694

──宝塚は真飛さんにとってどんな場所でしたか?
想像を超える幸せな空間で、幸せな時間を過ごせた場所ですね。想像していなかったです。ここまで自分が宝塚を愛せると。そして、こんなにも幸せな時間を過ごせると思っておりませんでしたので、繰り返しますが(笑)、想像を超える時間を過ごせた場所、でした。

 ──チャリティー公演ということで公演後にご挨拶をされたり、ロビーに立っていらっしゃったり…ご苦労様でした。真飛さんは初舞台も阪神大震災後の再開公演でしたがそれを経験したことや、何か今回の震災を経ての思いがあれば。
初舞台公演だということも重なって、星組の方々が一丸となっていた空気を私たちもその時に感じていました。そこで「乗り越えられないものはない」と感じましたが、今回また改めて、自分が退団とはまた関係なく、やはり乗り越えられない事を神様は人に与えない、本当にその通りなのだと思いました。
今、募金の事でご苦労様と言っていただいて、みなさまからも、「無理をしないでね。」とよく声を掛けていただきましたが、でも、こういった言い方は間違っているかもしれませんが、私にとって、あの時間はある意味本当に幸せな時間で。
本来ならば舞台からしか皆様にはご挨拶できない、感謝の気持ちを舞台からでしかお伝えできないのですが、ロビーにいて観劇されたみなさまの姿を「あ、こうやって帰って行かれるんだ。」と初めて見ることができましたし、そこでみなさまと会話できたこと、目での会話、本当にそれは義援金の協力という形ではありましたが、とても大切な、かけがえのない時間でした。

_MG_9716

──改めてステージを降りられたお気持ちと、これからやってみたいことがありましたら。

今このように記者会見をしておりますけれど、まだまだ男役でキザれるんじゃないかと思っておりますし(笑)、明日も公演があるならば、同じ事はできると思うんですね。今回はこうして幕を無事におろすことが目標であり、本当に今やり終えたばかりなので、「本当に終わったのかな?」と。もしかしたら夜寝るまで、そして次の日、公演がないと思うまでは実感はわかないのかもしれません。でもそれが本当は幸せなことかもしれないと思うくらい、今、満たされた時間をゆっくりと過ごしている感じです。
これからのことは、正直に申し上げまして本当に何も考えておりません。この状況で公演をさせていただけたことだけでも感謝しておりますので、今、次のことを考えることは、私にはできませんでした。
とにかく目の前にあることを全力で、100%の思いでやっていくことが私の務めだったので、明日、12時が過ぎて「あぁ、私どうしよう。」って思うのかな、と(笑)。ゆっくりと、焦らずに自分がやりたいと思うことを、少しずつ見つけていきたいと思っています。

 ──外の舞台に立つ予定も今のところはない?
そうですね、今のところ。もちろん宝塚の舞台には立てないですけど(笑)、立たせてもらえる?いや、立たせてもらえないですね(笑)、立たせてもらえませんけれど、今後、外の舞台ということで、そのことも本当に何も今は考えておりません。もう、この舞台でこんなにも素敵な時間を過ごせる事ってないんだろうな、と思いながら1ヶ月間を過ごしていたので、今は、すごく清々しくて…だからゆっくり考えたいと思っております。

_MG_9695

──走り続けてきた自分へ贈る言葉と、まもなく
100周年を迎える宝塚歌劇に残していく言葉があったら教えてください。
とても難しいですが、ただ、今の自分に言えることは、心に嘘をつかずに、素直な思い、素直な気持ちで諦めずにいたからこそ、この時間が持てているんだということで、「諦めなければこういう時間って、持てるんだね。」と自分に語りかけております。
100周年に向けて今はこういう状況ですが、いろいろな思いを抱えながらも宝塚を愛し、そして1ヶ月間観に来て下さったたくさんの方がいらっしゃいました。みなさまがいてくださるからこそ、宝塚歌劇団というのは成り立っているということに改めて深く気付くことが出来ました。
こういうお客様と共有できる空間というのは、宝塚以外、世界にどこにもないと思うので、みなさまにたくさんの心ある舞台、そして愛を一緒に感じられる時間を宝塚は作っていって欲しい思いますし、作っていくと信じております。

──真飛さんはこの公演で、一回り大きくなられた印象を受けたのですが、ご本人の自覚は。
いや(笑)、ございません。まだまだ未熟者ではございます、本当に。ただ地震がありまして、花組のみんなで話し合いを重ね、その中で花組がもしかしたらバラバラになってしまうのではないか、という不安をみんな感じていたと思うんです。でも行こう!と決めた、そして私について行こうとみんなが思ってくれた、その思いを私は全力で受けて止め、みんなをただひたすら引っ張ってきたので、ピーンと糸はたぶん…今も張っているかもしれないし、興奮状態だとは思うんですが、でもおかげで元気でいられました。
よく睡眠もとっておりましたし(笑)、「最後なのに私こんなに元気なの、なんでだろう?」思うぐらい元気に。やはり花組みんなの思いと、宝塚を支えて下さるすべてのみなさまの思いで、もしかしたら私がそういう風に見えたのかもしれません。

 
記者からの質問に答え、会見場を去る際に真飛は一言「これからも花組をよろしくお願いいたします。」と言葉を添え、頭を下げた。真飛が、まず第一に組のことを考え、花組を笑顔で引っ張ってきた、大きな優しさをもったトップスターであったことを、この最後の一言で改めて実感した。

_MG_9690_MG_9702

_MG_9752_MG_9719_MG_9756_MG_9726



花組公演
ミュージカル・ロマン
『愛のプレリュード』作・演出/鈴木 圭

『Le Paradis!!−聖なる時間(とき)−』
作・演出/藤井大介

3/35〜4/24◎東京宝塚劇場



【取材・文/岩見那津子】【撮影/岩村美佳】 

『スミレ刑事の花咲く事件簿』舞台初日、囲みインタビュー


020


5月2日に幕を開けた『スミレ刑事の花咲く事件簿』の公開舞台稽古のあとに、主役の水夏希、そして共演者の徳山秀典、中山麻聖の囲みインタビューが行なわれた。


ーー水さんは、退団後の初舞台ですが、いかがですか?


水 この舞台の前にドラマをさせていただきまして、ドラマよりはラクにできるんじゃないなとたかをくくっていたんですけど、まったくもって宝塚にいたときの引き出しが使えないというか、使えたのは挫けない根性だけでした(笑)。あとはもう演出家の先生を信じて託して、そしてやって今日の初日を迎えました。


ーー女性役で、その同じ舞台に男性もいらっしゃるというのは?


水 男性ねー(笑)。いや、でも、美しいのであまり変わらないんですよ。なんか宝塚のときの気分でやってて、いけないいけない男性だ、みたいな。あまり違和感なく。


021


ーーそれではお2人に水さんの女っぷりをうかがいたいのですが。


徳山 すごく可愛らしいと言ったら失礼なんですが、最初はしっかりしてる、その芯の強さの奥に、ものすごい可愛らしさを持った人です。

水 いやー。ほんとにしっかりしてるとか頼りがいがあるとか、そういう強いイメージばっかりだったので、ちょっと嬉しい!っていう感じです(笑)。

中山 僕は、役もそうなんですが、ほんとに頼れる大人の女性という感じがすごいので、僕はそれにくっついてくっついて引っ張ってもらってます。


ーー女性としての水さんのいちばん印象に残ったシーンは?キュンときましたみたいなところを。


中山 水さんが女性姿で出て来るところがまずそうですね。あと女の子女の子してる芝居があって、そこにちょっとキュンとしました。

徳山 僕は胸をむにゅってところです(笑)。

水 ああ、あり得ない、宝塚ではあり得ないシーンです、あれこそ。外に出た証しかな、みたいな。


ーーライブで、奇しくも日本を応援するような。


水 本当に偶然なんですけど、ガイズ(GUYS☆FROM THE EARTH)が発足して、まだ半年なんですが、ガイズの思いとして、皆さんが元気になっていただけるような曲をこれからも作っていきたい。その思いで作りましたが、たまたま今の日本に送るエールとして歌わせていただいてます。


ーーその曲の配信が義援金に?


水 はい。今後もそれはすべてそうしたいなと。


023


ーーこの舞台の見どころなどをぜひ。


徳山 僕らは演者なので、演じることだけがパワーになると思っているので、舞台全てに全力を出し切っていきたい。全体を見ていただきたい。


ーー徳山さんの役はミステリアスに見えたのですが、心がけていることは?


徳山 最後まで、大どんでん返しまで、どう見せていくかとか。あとは水さんとの細かい息の合い方、その駆け引きをどうやっていくかですね。

水 超キザですよね。

徳山 えっ、そんなことないぴょん。

水 (爆笑)


ーー階段とかありますが。


水 そうですね、やっぱり懐かしいなみたいな感じですが、お稽古場はもう少し小さいものでしたから、舞台に来て、ああ階段だ!と(笑)。これ、絶対につまづかずに下を見ずに降りなくてはというものなんですが、今回、カーテンコールだけはここで転んではなるまいと(笑)慎重に降りてます。でもお芝居の中では宝塚のプライドにかけて階段を見ないで降りたいなと。


ーー宝塚時代はもちろん見ないで?


水 当然です(笑)。


022


ーー伊原すみれという人の魅力を皆さんに。


水 そうですね、とても真っ直ぐで芯の強い女性なんですけど、四角四面に規則を守ることだけが全てじゃないとわかっていて、人間としての包容力とか温かさで、罪は罪であるということとは別に罪人を包んであげる。最後まで、本当に罪を償って戻ってくるまでちゃんと見放さない。ただ罪で縛るだけでなく本当の温かさと大きさというものを持つ。なかなかできないことだなと、演じてて感じます。


ーーあのガシッという抱擁は、それですか? 男役がちょっと見えるような。


水 あれは昨日の稽古までは女性の包容力でやってたんですけど、あそこは、最後は男同士くらいな勢いでその強さでということで。女性の芯の強さみたいなところをちょっと狙ってます。宝塚の男役を生かした感じで、男役にならない程度に。


ーー今後どのような姿を見せていただけるのでしょうか?


水 宝塚はいつも同じメンバーですが、これからはいつもそれぞれのセクションの方が集まってきて、今回だけのカンパニーというか、今回だけのメンバーなので、その心を1つにしたものをお客様に届けるというか。今しかない、そういうかけがえのない、今の一瞬しかない時間を共有できるように、正直に真摯に生きていきたいなと思います。


018




002007013


014



『スミレ刑事の花咲く事件簿』

原作◇石平ひかり(「スミレ刑事の花咲く事件簿」講談社刊)

脚本◇樫田正剛

演出◇星田良子

出演◇水 夏希、徳山秀典、中山麻聖、壤晴彦ほか

●2011/5/2〜7◎東京 新国立劇場 中劇場

●2011/5/12〜15◎大阪 森ノ宮ピロティホール

●2011/5/17〜18◎名古屋 中京大学文化市民会館・プルニエホール

〈料金〉全会場 S席\8,000 A席\7,000(全席指定・税込)

〈問合せ〉

東京/SUMIRE LABO 公演事務局  03-5500-2151 (24時間音声案内)

大阪/キョードーインフォメーション  06-7732-8888 (10:00-19:00)

愛知/東海テレビ放送 事業部  052-954-1161






【取材/榊原和子 撮影/冨田実布】

女優・水夏希、ナチュラルにスタート!『スミレ刑事の花咲く事件簿』

006


小説、CSオンエアドラマ、DVDドラマ、そして舞台という複数メディアによるプロジェクト「SUMIRE LABO」。

昨年末に原作本が講談社から発売され、3月にCSドラマがフジテレビONE TWO NEXTでオンエア、5月2日にDVD-BOXが発売という展開を行なってきたが、その舞台版が5月2日に幕を開けた。

マニッシュな女性刑事の伊原すみれが難事件を解決していくという刑事ミステリーで、主役の伊原すみれには、昨年9月に宝塚を惜しまれて退団した元雪組男役トップスターの水夏希が扮し、脚本は樫田正剛、演出は星田良子という顔ぶれで、映像版とは異なる舞台版としてのオリジナルストーリーを立ち上げてある。


008


今回の舞台の背景となるのは、あるライブハウス。連続殺人未遂事件を追うために管理官の伊集院(飯田基祐)とともに潜入したすみれ刑事、だがそこで目にしたのは、メンバーの朝比奈(徳山秀典)と佐伯(西ノ園達大)の言い争い。どうやらこのバンド「L-BLOW」には隠された秘密があるようだ。そこに、すみれを慕う宝塚オタクの光矢刑事(中山麻聖)、プロダクション社長(平澤智)や舞台監督の太田黒ヤス(壤晴彦)と彼にそっくりな兄弟3人、そして舞台監督助手(麻尋えりか)が絡んで、事件は余計混乱していく。


001003


これが宝塚退団後の初舞台になる水夏希は、いきなりエプロン姿で登場するが、その日常感が思ったより違和感がない。

後半ではマニッシュなカッコよさも見せて、ナチュラルな女優デビューとなった。

シチュエーション・コメディ風に進んでいく舞台のリズムにもうまく乗って、ドタバタ場面やギャグも体当たり、かつスマートにこなしている。

一転シリアスに変わる後半では、ヒューマンな魅力を全面に押し出す。劇中でダンスのオーディションでは、変わらぬキレのいいダンスも見せてくれる。


謎を秘めたイケメンミュージシャンの徳山秀典は、すみれとの対決や感情を吐露するシーンで一気に観客を引き付ける。

光矢刑事の中山麻聖は宝塚オタクに照れずに徹し、きちんと愛されキャラにしている。

その他のメンバーも演技力のある役者ばかりで、とくにコメディシーンを引っ張る飯田基祐と壤晴彦が、ときにはベタな場面を突き抜けた笑いへと拾っていく力はさすが。

事務所社長の平澤智は巧みにボケを入れ、バンド仲間の西ノ園達大や舞監助手の麻尋えりかも見せ場では存在感を示している。


004009


背後に起きている事件のサスペンス感をひきずりながら、後半の犯人逮捕という大詰めに向かっていくストーリーは、やがて伊原すみれの抱えている心の傷、また、彼女が刑事という「人と向き合う」仕事を選んだ理由へと落とし込まれる。

そこから最後にかけて語られるいくつかのモノローグは、人と人がどう関わっていくかを問いかけるもので、己の内面を覗こうとするすみれの姿に、水夏希がかつて演じてきたいくつかの役柄が蘇り……その男たちのやむにやまれぬ心がふと重なった。


010


012


この舞台には芝居の終わりには、GUYS☆FROM THE EARTHのミニライブがついていて、爽やかな白い衣裳で登場した水夏希は、Mizとしてのソロも含めて4曲、「立ち上がれ日本」「Fortune」「RUN」「きっと夢がある」を楽しく歌い踊る。

ライブでの水には、宝塚の舞台で身につけた圧倒的な華やかさがある。この夏にはコンサートも予定されているという。また舞台でそのスターぶりを見せてくれるだろう。


015


『スミレ刑事の花咲く事件簿』

原作◇石平ひかり(「スミレ刑事の花咲く事件簿」講談社刊)

脚本◇樫田正剛

演出◇星田良子

出演◇水 夏希、徳山秀典、中山麻聖、壤晴彦ほか

●2011/5/2〜7◎東京 新国立劇場 中劇場

●2011/5/12〜15◎大阪 森ノ宮ピロティホール

●2011/5/17〜18◎名古屋 中京大学文化市民会館・プルニエホール

〈料金〉全会場 S席\8,000 A席\7,000(全席指定・税込)

〈問合せ〉

東京/SUMIRE LABO 公演事務局  03-5500-2151 (24時間音声案内)

大阪/キョードーインフォメーション  06-7732-8888 (10:00-19:00)

愛知/東海テレビ放送 事業部  052-954-1161




【文/榊原和子 撮影/冨田実布】

香寿たつきインタビュー

DSC_0589

『アニー』の子供パワーに押されないように!


赤のワンピースにもじゃもじゃヘアー、元気な女の子が主役の、とってもハッピーなミュージカル『アニー』。

これまでもたくさんの観客を惹きつけてきたが、26年目の今年はキャストを一新、よりフレッシュで活気のある舞台に生まれ変わっている。

その新キャストの1人として活躍しているのが、元宝塚歌劇団星組のトップスターだった香寿たつき。

大金持ちのウォーバックス氏の秘書で、優しく賢いグレースを適確な演技で演じている。毎日大勢の子供たちに囲まれている今回の舞台のこと、そしてこの夏に行なうという舞台生活25周年のライブについて話を聞いた。


DSC_0572


【落ち込んだときに子供の元気が】


ーー長い間愛されているミュージカルですが、舞台での手応えはいかがですか?


稽古をしているあいだは、いつものミュージカルの感覚でいたのですが、初日を迎えて、まず子供連れのお客様が多いことにびっくりしました。そして客席からの反応のすごさに、このミュージカルの人気を実感しています。


ーー笑ったり応援したりと賑やかですよね。


舞台の上も客席も本当にパワフルです。ちょうどお稽古期間中に震災があって、私は阪神淡路大震災も経験していますから、かなり気持ちが落ち込んでしまったんです。でも子供たちがひたむきに頑張っている姿を見てすごく救われて。被災地の子供さんたちもそうなんですけど、その明るさや元気な姿がいちばん私にとって励みになりました。


ーー28人ですから相当パワフルでしょう?


ほとんど黙っている時がないですね(笑)子役さんと共演の経験がないわけではないんですが、こんなに大勢とは初めてですから、やることなすこと新鮮で。子供たちも大勢だと遠慮しないので、大人のほうが押されてます(笑)。


ーーこの作品は、アメリカの不況時代を背景にしていて、ホームレスの人たちがいたり孤児院が出てきたり、身につまされるようなシーンもありますが、それをアニーが跳ね返していくのがいいなと。


最近、私もちょっと暗いというかリアルで重いミュージカルが多かったのですが、久しぶりに華やかな宝塚を彷彿させるような舞台に出てるなと思いました。ウォーバックス邸とかホワイトハウスのようなゴージャスなところと、橋の下みたいな貧しさの差がはっきり描かれているし、悪い人もいい人もわかりやすいんです。


ーーそんな中でアニーの歌う「トゥモロー、あしたは幸せ!」という歌が素敵ですね。


そうなんです。すごくハッピーになれる。だから今、みなさんに観ていただきたいです。


DSC_0685


【アニーがみんなを変えていく】


ーー香寿さんの演じる秘書のグレースはすごく素敵な女性で、すべてをわかっているけど出すぎないで、でも大事な時にはきちんと言うし。


こんな役は初めてです。理想の女性で、私とは遠いというか(笑)。


ーーそういえば『さくら色 オカンの嫁入り』で、ダメなおかんを演じていましたね。


あちらのほうが近いですね(笑)。グレースの役作りでは、私は最初に考えすぎていたところがあったんです。彼女は有能な秘書だから、ウォーバックスさんの考えをすべて理解していて、彼の意志をかわりに実行していると思っていたんです。ところが演出家に、もっとビジネスライクに、言われたことだけきちんと片付ける人でいいと。そしてアニーと出会ってからグレースも変わっていくのだと。上司のウォーバックスさんがアニーによって変化していく姿を見ることで、グレースの気持ちも変化していくわけです。


ーーただの上司だったのが、1人の男性としても見るようになるんですね。


そうですね。ニューヨークの街を3人で歩く「NYC」というシーンがあるんですが、そこで知らない間に気持ちが変わっていく。アニーに対してもたぶん母性とか人間くささとか、隠れていた部分が出てきたのと、今まで見たことのないウォーバックスさんを見て何かを感じたんだと思います。


ーーそう考えるとアニーってすごいですね。周り中にいる大人を変えていく。なんといってもアメリカの大統領まで変えてしまうし。


夢がありますよね。本当に、やればやるほど楽しくて深いお話だと思います。


DSC_0779


ーーそして、このミュージカルが終わると、夏にご自分のライブも予定しているそうですね。


実は今年で舞台生活25周年なんです。


ーーもうそんなになるんですね。


これからの自分を考えていったとき、できればいろんなジャンルの歌を歌っていきたいなと。半年とか何か月に1度とかでいいし、場所は小さくてもいいから、できれば定期的にいろいろな歌を歌っていきたいなと思っているんです。まずその1回目なのでがんばります。


DSC_1010


丸美屋食品ミュージカル

『アニー』

脚本◇トーマス・ミーハン

作曲◇チャールズ・ストラウス

作詞◇マーティン・チャーニン

演出◇ジョエル・ビショップ

出演◇近貞冬奈、高地杏美、目黒祐樹、友近、香寿たつき(東京公演)、彩輝なお(地方公演)徳永邦治、太田彩乃、嶋崎伸夫 他

●4/23〜5/8◎こどもの城 青山劇場

※大阪公演、名古屋公演あり

〈料金〉S席8000円 A席6000円

〈問合せ〉キョードー東京 0570-064-708

http://www.ntv.co.jp/annie/


香寿たつきライブ

7月のライブに関しましては、詳細が決まり次第、香寿たつきオフィシャルHPにて

お知らせいたします。

http://www.tatsukikohju.com/




【取材・文/榊原和子】












記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について