えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

えんぶ最新号販売中!

女優としてスタート・愛原実花インタビュー

s_008


元宝塚歌劇団雪組のトップ娘役だった愛原実花が女優としてスタート。8月6日から名古屋の御園座で、退団後初の舞台に出演している。

作品は井原西鶴の名作『好色一代男』で、片岡愛之助が扮する色男の浮世之介が、さまざまな姿に身を変えながら、理想の女性を求めて諸国を遍歴する物語である。

世之介を取り巻く女性たちには、宝塚OGの紫吹淳や遼河はるひ、ベテラン女優の竹下景子なども出演するという贅沢なキャストの中で、愛原は島原の花魁・夕霧太夫と、やくざの囲われ者のおしのという二役で登場する。

来年初めには『ラ・カージュ・オ・フォール』という人気ミュージカルにも出演が決まって、女優として順調に歩きはじめた愛原実花に、女優初舞台の稽古場で、この作品への取り組みと、これまで、これからを聞いた。


【最高位の花魁と薄幸の女性の二役】

ーー愛原さんの役柄は二役だそうですね?
夕霧太夫という島原の花魁と、おしのというヤクザに囲われている女の役です。

ーー『好色一代男』という作品は主人公の浮世之介の女性遍歴を描いていますが、実は真実の愛を求めてさまよう物語でもありますね?

そうなんです。出演が決まってから原作を読んでみたのですが、世之介さんが理想の女性を求めて旅をするというお話なんです。

ーーおしのは悲恋だとか?

はい。すごく切ない恋で、世之介さんと道行きの舞いもあったりして、最後は悲しい別れになります。

ーー夕霧太夫のほうは最高位の花魁だそうですが、そういう役どころは?

初めてです。資料を調べてみたら、全てに長けていて、和歌、鳴り物、書、唄、踊りにも優れていて、さらに、品と芸と教養と容姿が「極上の人」という、たいへんな役です(笑)。

ーー衣裳も豪華だそうですね。

太夫の衣裳は今まで着たことがないようなものです。和物ではこれまであまり豪華な衣裳には縁がなくて。宝塚時代の『風の錦絵』など、ブーツを履いてました(笑)。

ーー御園座という劇場は?

まだ行ったことがないのですが、伝統ある劇場ということで楽しみです。

ーー今回、宝塚のOGの紫吹淳さんと遼河はるひさんとの共演もありますね?

紫吹さんの舞台は宝塚に入る前のファン時代からたくさん拝見していましたから、お会いするのをすごく楽しみにしていたんですが、まだお会いできていないんです。出る場面が紫吹さんは江戸で、私は京都ということもあってすれ違いで。遼河さんも今回初めてご一緒します。モデルさんみたいに美しくて素敵な方です。

ーー相手役の愛之助さんとの呼吸はいかがですか?

まだ一緒のシーンはなくて、ちょっとお話させていただいただけなんですが、すごく優しい方です。私はご挨拶するだけで緊張していたのですが、「こちらこそよろしくお願いしますね」と穏やかに言ってくださって、ファンの方がたくさんいらっしゃるのがよくわかりました。そこにいらっしゃるだけで雰囲気がファーとなるんです。

ーー男優さんとの舞台は確か初めてですね?

はい。まだ慣れなくて緊張しています。宝塚の娘役は、一挙手一投足まで相手役の方に合わせることが当たり前でしたし、まず相手役さんの考えを大事に、いろいろ教えていただきながら、というような形でしたが、これからは、自分の考えをちゃんと見せていかないと、ということをすごく感じています。

ーー宝塚歌劇団では「生徒」でしたからね。

愛之助さんにも最初は、「教えてください」みたいな感じになってしまって。「一緒にやっていきましょう」という姿勢で向き合ってくださっているのが、厳しくもあり、楽しみでもあって、新たな気持ちでがんばりたいと思っています。
 

s_004


【今を生きるのに必死だったトップ娘役時代】


ーー周りの役者さんたちも含めて稽古場も雰囲気がずいぶん違うのでは?

やはり相手の方が本物の男の方というのが一番大きな違いですね。すごく声が太くて低いなとか具体的な違いを感じますし、年輩の男優さんや女優さんもいて、多様というか個性がある方ばかりだなと。

ーーその中で愛原実花らしさをいかに出すかですね。

そうなんです。まだ娘役の形がどこか残っていて。

ーーでも下級生時代からリアルな演技派として目立っていて、『忘れ雪』の金井静香とか、『凍てついた明日』のボニーなどは、伸び伸びと演じて好評でしたね。

何もわからないまま、自分なりにやってました。とくに原作がある役は、その役にいかに近づくか、演じていて自分でも楽しかったです。

ーー愛原実花らしさは、そういう自由さだと思うのですが?

そうですね。『忘れ雪』の頃は、ちょうどなにか吹っ切れたというか、とにかくお芝居を楽しみたいと思っていて、悪役でも濃い役でも、何でも楽しもうって。純粋に作品の中できちんと生きられればいい、作品の中で自分の役割りを見つけられたらそれでいい、そういう気持ちでした。

ーーその頃はトップ娘役になるという話はまだ?

全然ないです。考えてもいませんでした。

ーー女役とか個性派で行こう、みたいな?

セリフがなくても脇のほうで誰かと小芝居していたり、そういうことが楽しかったですね。それまでは、ふだんも娘役だから娘役らしい服にしようとか、背が高いので3センチヒールしか履かないとか、いろいろ気にしていたんですが、全部やめて自分らしくしはじめたんです。それを水夏希さんが見てくださって、「そこが良かったんだよね」と、あとでおっしゃってくださいました。

ーートップ娘役になってからは、そういう自由さと相反する部分も多かったと思うのですが、かなり苦しんだのでは?

どういう芝居をしたいとかどういうふうになりたいとか、それどころではなくて、とにかく目の前にある与えられたものに取り組むだけでした。今日を生きること、明日を生きること、それだけで必死で。トップ娘役という立場にいることだけで精一杯でした。


【父の看病をする用意を】


ーー退団公演の最中にお父様が亡くなりましたね。

宝塚大劇場の公演中でした。父が亡くなったと聞いたのが開演10分前だったので、逆に泣いている場合ではないというか、やらなくてはならないことが目の前にあったのは有り難かったと思います。今のように1日がゆったりと流れているなかで受け止めるより、あの開演前の緊張の中でよかったなと。それに、舞台ってやっぱり神聖な場所ですから、守られているのをすごく感じていました。暗転とか袖にいるときとか、近くにいるのを感じていました。そういう気持ちで冷静に舞台をつとめられたのも、お客様のおかげだと思いますし、水さんはじめ雪組の皆さんのおかげだったと思います。

ーーとくにお父さん子だったそうですね。

そうなんです。それだけに何もなかったら立ち直るのがたいへんだったと思います。だから退団の忙しさに救われました。

ーー退団後のことは相談されたのですか?

一応、こういう仕事をしたいと言ってありました。

ーー芸能界は反対だったと聞きますが?

早く辞めて医者か公務員と結婚しろというのが口ぐせで(笑)。でも最後は、私の続けたいという気持ちはわかってくれていました。ただ、役者を続けるのがどれだけたいへんか知っているので、心配もしていました。

ーー厳しい世界ですからね。

私も退団したあとはすぐ女優になるのではなく、まず父の看病をしようと思っていて、その用意をしていたんです。ちょうど退団を考えた時期に父の病気がわかったこともあって、辞めたら車の免許を取って病院に乗せて行こうとか、介護の勉強をしようとか考えたり…。

 s_007

【できれば映像にもチャレンジしたい】


ーー退団して3カ月くらいで事務所の発表がありましたね。

12月に誕生日があったので、ちょうど次のことに踏み出すのにいいきっかけだと思いました。

ーーまだ25歳ですから、早い退団でしたね。

宝塚は本当に大好きだったので、辞めるのは寂しかったんですけど、幸せに送りだしてもらったので、最高の思い出として大事にしていきたいと思っています。これからもずっと観ると思います。自分のホームだったと思えるところですから。

ーーあちこちの劇場や関係者ゲネプロなどでよくお見かけするので、すごく舞台が好きなんだろうなと。

いろいろな舞台を見ることで本当に勉強になってます。芸能界の先輩方とかスタッフの方たちとお会いできる機会にもなって、視野がすごく広がりました。それに宝塚もすごくたくさん観に行ってます(笑)。

ーーそして、今後の方向性ですが、どんなものをやりたいですか?

舞台だけでなく映像もチャンスがあったらやってみたいです。今は型にはまらないでなんでもやってみたいし、可能性を探るためにもなんでも経験したいです。

ーー演技の資質をどんどん伸ばしていければいいですね。まずは、この初舞台にチャレンジですね。

皆さんの胸を借りて頑張りたいです。すごく素敵な舞台になりそうです。和物なのにイタリア歌曲みたいな音楽が入ったり、照明も道具もいろいろ凝っているし、踊りもあるし。楽しく観ていただけるものになると思いますので、皆さんぜひ名古屋までいらしてください。
 


PNG

御園座八月納涼公演

『好色一代男』

原作◇井原西鶴

脚本・演出◇岡本さとる

出演◇片岡愛之助、紫吹淳、愛原実花、守田菜生、遼河はるひ、

原田龍二、桂雀々、田根楽子、上村吉弥、竹下景子 ほか

8/6〜21◎名古屋・御園座

〈料金〉一等席 13,000円/二等席 7,800円/三等席 3,900円/特別席 15,000円/特別室[食事付]東(4名)40,000円/西(3名)30,000円   (全席指定・税込)

〈問合せ〉御園座 052-222-1481 (午前10時〜午後5時)
http://www.misonoza.co.jp/


【取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】

演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/

大地真央が来春「地球ゴージャス」に出演。


03岸谷・寺脇_軽量


岸谷五朗・寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」が、2012年春にACTシアターをはじめとする全国5箇所で、12万を動員する最大規模の新作公演が決定した。
 

これまで数々のゲストと様々なコラボレーションを実現させてきた「地球ゴージャス」が、今回新たに迎えるの大地真央。ミュージカル界の大スターとして、これまで数々の名作舞台で主演をつとめてきた。その大地と、歌と踊りと笑いに満ちたオリジナルのエンタテインメントを追及してきた「地球ゴージャス」の異色のタッグが実現ということになった。
 

共演は、2009年の『星の大地に降る涙』で初舞台を踏んだ三浦春馬が再び参加、また昨年の『Xday』に出演した森公美子や、施鐘泰(JONTE)、小野武彦、藤林美沙、原田薫、SHUN(大村俊介)、春川恭亮など多種多様な才能が集結する。






地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.12

『タイトル未発表』

作・演出・出演◇岸谷五朗

出演◇大地真央、三浦春馬、森公美子、施鐘泰(JONTE)、小野武彦/寺脇康文

藤林美沙、原田薫、SHUN(大村俊介)、折井理子、春川恭亮 ほか

2012年春 赤坂ACTシアター

名古屋・新潟・福岡・大阪公演あり


http://www.chikyu-gorgeous.jp/vol_12/

お問合せ:地球ゴージャスFC 03-5457-3485(平日15:00〜18:30)





 演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/ 

御園座『好色一代男』チケットプレゼント


PNG

夏の御園座で宝塚OGたちが華麗に競演する。
 

作品は元禄上方文化を代表する井原西鶴の名作『好色一代男』。

様々な姿に身を替えながら、理想の女を求め、諸国を遍歴する天下の色男、浮世之介を、 上方歌舞伎の新しいスター片岡愛之助が華やかに演じる、今夏一番の話題作である!
 

世之介を取り巻く女性たちとしては、宝塚OGで元月組トップスターの紫吹淳が、江戸吉原の花魁・高尾太夫。
元雪組トップ娘役の愛原実花は、京都島原の夕霧太夫とやくざの囲われ者のおしの。
世之介の病いを診断する女医に元月組の男役スターだった遼河はるひ。
そのほか竹下景子をはじめとする華麗な女優陣で織りなす、男と女の波乱にみちた「愛」の物語となっている

 


◆公演ご招待!

御園座八月の納涼公演『好色一代男』

演劇ぶっくが運営している「演ぶShop」がぜひ観ていただきたい作品として『好色一代男』公演の二等席(二階正面)を、ペア3組6名様にプレゼントいたします。


◇応募方法

本サイトのこちらのURLにお入りになってご応募ください。

http://enbu.shop21.makeshop.jp/html/new_event.html?code=20110806095817


【期間は8月6日(土)10時〜8月8日(月)10時の48時間です】



御園座八月納涼公演

『好色一代男』

原作◇井原西鶴

脚本・演出◇岡本さとる

出演◇片岡愛之助、紫吹淳、愛原実花、守田菜生、遼河はるひ、

原田龍二、桂雀々、田根楽子、上村吉弥、竹下景子 ほか

8/6〜21◎名古屋・御園座

〈料金〉一等席 13,000円/二等席 7,800円/三等席 3,900円/特別席 15,000円
特別室[食事付]東(4名)40,000円/西(3名)30,000円(全席指定・税込)

〈問合せ〉御園座 052-222-1481 (午前10時〜午後5時)
http://www.misonoza.co.jp/

安寿ミラの祈りと思いが伝わる『FEMALE vol.11』

s_034s_002

「これは一人の女性の夢の物語です。」 その言葉からはじまる、ダンスアクト『FEMALE vol.11』。
プログラムを大切そうに抱えて、楽屋口で大好きなダンサーを待つ一人の女性。
まだか、まだかと待ち焦がれ、やっと憧れの人が楽屋口に出てきた。
サインを貰い、写真も撮ってもらう。 憧れの人はそのまま去っていったけど、嬉しくて、胸がいっぱいで、その場にうずくまる。そしてそのまま眠りにおちた。
幸せの余韻に浸る、彼女が見た夢…。

ピエトラガラというバレエダンサーに傾倒し、フランスで彼女の公演を見て、さらに出待ちまでしてしまう安寿ミラ。
そして、その安寿に宝塚時代から憧れてきた真波そら。 安寿と真波の姿が重なったところから、ダンスアクト、夢がはじまる。

s_006s_007s_010

ソフト帽をかぶり、ばりっと格好良くきめるダンスシーンから始まり、そこからだんだんと男と女の物語が動き出していく。出会い、惹かれ合い、恋人同士になった二人の男女。そこに亀裂を入れるもう一人の女が現われる。
となると、一人の男性を二人の女性が取り合うというドロッとした形がスタンダードだと思うが、今回はそうならないのが面白い。
いうならば、一人の女性(安寿)を二人の男女(佐藤、真波)が取り合うようにも見える。
憧れが強いから、恋人同士が濃密に踊っている姿がなんとなく面白くない。
私も一緒に踊りたい!と軽いアピールをかけたところ、ふらっと男性が自分になびく。
ためしに男性と踊ってみたら、女性がそのことに嫉妬して、喧嘩に発展。といった感じで、理由はともかく、もう一人の女が現われたことで、男と女は一度別れてしまう。
ちょっとしたすれ違いから生まれた溝。残る後悔、つのる未練。
男性ダンサーの佐藤洋介と組んで踊っているときの安寿には、情熱的で凛とした格好良さがあったけれど、別れたあと一人で踊るシーンではその凛とした格好良さが崩れる。
絶望や、孤独、切なさが全身から溢れ出ていて、見ているだけで胸がきゅっと締め付けられた。
愛する人を失ったことで、脆く、儚くなる女性の姿…踊ることで、身体で、そこにある思いを表現していく。

s_018s_021

s_025s_023

安寿が煙草をふかしながら踊るプロローグや、土岐麻子の「あなたはマドンナ」で真波が踊る場面など、格好良かったり、ちょっとコミカルだったりと魅せる振付をしているのが原田薫。
佐々木信彦が本格的なアルゼンチンタンゴの振りや、大胆で色っぽいリフトの振付などを担当。
物語を感じさせるような、しなやかな振りを港ゆりかが付けている。
それぞれテイストの違うダンス場面が上手く組み合わさって一つの流れになっているので、見ごたえも抜群。
またそれを、自分なりの魅力で踊りこなす3人もさすがである。

安寿の大人っぽくて知的、かつ女らしい人間的な魅力が、実際に憧れの人を前にして本当に本当に嬉しそうに舞台に立っている真波の幸福感を包み、そこに佐藤のダンスに打ち込む誠実さやダイナミックな技術が加わって、この3人にしかできない舞台が出来上がっていた。
一見、個性の全く違う3人の魅力が、踊ることへの思いを通じて繋がっていたAct I。

s_030s_031

間奏のタンゴをアコーディオン奏者の大田智美とキーボードの長見摩耶が鮮やかに聞かせ、そのあと「祈り、そして希望」と題されたAct  IIへと続く。
日本を襲った大震災、「自分に出来ることは小さなことかもしれないけれど、でも…。」朗読された谷川俊太郎の詩や、ダンスの一つ一つから安寿の気持ちが伝わる。
安寿の祈りに、佐藤と真波が応え、さらに大きな祈りとなって、まずその光は客席を照らす。
光に照らされたら、またそこから更に光が広がっていけばいい。それが希望となる。
笑っていて欲しい。静かな、でも力強い、安寿の思いを感じるAct IIだった。
 
Act IIでは安寿が大浦みずき主演で上演された『アンダーライン』から「遠いあの日」を、真波が自身の退団公演である『ロジェ』から「ラストソング」を歌う場面もあった。
『アンダーライン』も『ロジェ』も正塚晴彦が作・演出をつとめた作品なのだが、こうして改めて曲に触れると、その歌詞の良さが光る。
歌詞の中にいるのは何かを成し遂げた英雄でもないし、特別格好良いヒーローでもない。
でも、なんてことのない日常を生きる中で忘れてはいけないこと、大切なことが、さりげない言葉の中にたくさん込められている。生きていこうと、じんわりと、強く温かな気持ちになれる歌だ。

1時間半ほどの短い上演時間なのだが、短い分、中身はぎゅっと濃厚。 ダンスから生まれる物語に想像を巡らせ、ダンスから生まれる祈りに思いを重ねる。
「ダンスコンサート」から「ダンスアクト」と形を変えたとはいえ、踊ることで自身を表現し続けようとする安寿ミラの思いに変わりはない。
それを実感できた『FEMALE vol.11』だった。

s_038s_042s_044

s_039






安寿ミラ ダンスアクト
 『FEMALE vol.11』 

構成・演出◇ANJU
振付◇原田薫 佐々木信彦 港ゆりか
音楽◇大田智美(アコーディオン) 長見摩耶(ピアノ&キーボード)
出演◇安寿ミラ 佐藤洋介 真波そら 

●8/3〜8/5◎新宿BLAZE
●8/13、14◎新神戸オリエンタル劇場 

<料金>
東京 7,000円(全席指定・ワンドリンク付き)
神戸 S席(1、2階)7,000円 A席(3階)5,500円(全席指定) 

<問い合わせ>
東京 キョードー東京 0570-064-708 (オペレータ受付時間 10:00〜18:00)
神戸 新神戸オリエンタル劇場 078-291-1100



【文/岩見那津子 撮影/冨田実布】

演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/ 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について