えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

えんぶ最新号販売中!

『みんな我が子』製作発表

s_RIMG5206
アメリカの現代演劇を代表する作家、アーサー・ミラーの『みんな我が子』が長塚京三、麻実れい、田島優成、朝海ひかる、柄本佑といった魅力溢れるキャストで上演される。12月2日に新国立劇場小劇場で初日を迎える当作品であるが、その1ヶ月ほど前に行われた製作発表の模様をご紹介する。
製作発表には上記のキャストの他、演出のダニエル・カトナーも登壇。カトナーは『オペラ座の怪人』など数々の名作舞台の演出を手がけるハロルド・プリンスの一番弟子。ハロルド・プリンスの舞台の演出助手などをつとめる一方で、自身もオフブロードウェイでストレートプレイの演出を行ったりとアメリカで活躍中の若手演出家だ。
そんな経歴もさることながら、その物腰柔らかな佇まいと、にじみ出る知的さに舞台の成功を見た気がした。会見の前にも2日間だけ稽古が行われていたらしいのだが、キャスト陣はすでにカトナーの演出に大きな信頼を寄せている様子。言葉の壁も超え、充実したカンパニーであることがこの会見からも伝わってきた。

s_RIMG5080

カトナー
 「まずはじめに今いかに光栄な気持ちであるかということをお伝えしたいと思います。本当に今回は素晴らしいカンパニーのみなさんに迎えていただきました。キャストのみなさん、そしてデザイナーのみなさん、ドリームチームをそろえていただいております。本当に演出家としては、これ以上ないチームですので、演出家の仕事がそれだけ楽になると思っております。ハロルド・プリンスの元で常任の演出補といいますか、共同演出家としての仕事を持っていますので、6週間の間、そこから休暇を取って日本にやってまいりました。『みんな我が子』はアメリカ現代演劇の名作でございます。まだ稽古が始まって2日程ですので初期段階ですが、もうすでにこの作品というのはアメリカの文化を超えた、クロスカルチャーな普遍的な作品だと手応えを感じております。この作品をご存知の方はおそらくこの作品は悲劇であるという受け止め方をなさっているのではないでしょうか。ギリシャの大きな悲劇を模した作品であることには変わりありませんが、きっとお芝居をご覧になったときに、大きな良いサプライズが待ち受けているかと思います。本当にバラエティに富んだ作品になっております。コメディの部分もありますし、本当にあたたかい心が流れる、そういったシーンもございます。みなさまにまた是非、劇場でお目にかかりたいと思っております。」

s_RIMG5092

長塚
 「もうちょっと事前に打ち合わせをしておけばよかったんですが、僕が言わなきゃいけないことをみんなダニエルが言ってしまったので(笑)。僕はアーサー・ミラーが書いたいくつかの戯曲の中の父親というものに演劇をはじめたころから、思い入れがありました。この作品の父親であるジョー、それからその後に書かれた『セールスマンの死』という戯曲におけるウィリー・ローマンという父親。僕がちょうど、いくつくらいですかね?田島君ぐらいの時か、もっと若いときに、「いつかこういうものを僕はやるようになるのかな?でもあまりにも遠い話だから出るようにはならないんだろうな。」とも思ってたんですけど、とうとうそういう日が来てしまいました。梅田芸術劇場さんや麻実れいさんの方から「一緒にやってみないか?」というお話しをいただいた時には、もう迷わず手を挙げました。アーサー・ミラーの作品は大変学ぶべきところが多いような気がしております。よく「全ては脚本の中に内包されている」と言いますが、テーマであるとか、ひょっとしたら演技法なんかもその中にあるんじゃないかという気も最近はしています。2日、本読みをやったんですが、ダニエル・カトナーさんが大変良い演出をされますので、きっとたくさん学ぶことがあると思います。とにかく素晴らしいカンパニーで、これは面白い、きっとすごくセンセーショナルな、舞台が出来上がるんじゃないかと期待しております。みなさんもどうか、劇場に足をお運びください。」

s_RIMG5106

麻実
 「今日はどうもありがとうございます。所属事務所制作の作品に参加させていただくのは、実ははじめてです。そのおかげでアーサー・ミラーという作家の素晴らしい作品に出会えました。大変シンプルな中に、深さと豊かさがたくさんたくさん詰まった作品です。私のお役は、夫に大変従順な妻であると共に、戦時中に行方不明になってしまった息子の死をどうしても受け入れることができないという母親なんですけれども、そこに留まらず、ケイトの心の中は何層もの思いに占められていて、それが同時進行していくわけですね。やはり演じるものとしては大変難しいです。でも、今、こんな素晴らしい課題をいただけたことに、幸せを感じています。そして私がずっとずっと、ずーっと舞台でご一緒させていただきたいな思っていた、という大きな夢が叶いまして長塚さんとご一緒させていただくことも大変嬉しいです。とにかくダニエルの元で、素敵な共演者共々、アーサー・ミラーの世界を作り上げたいなと思っています。今はまだ、お稽古始まったばっかりで、一語一語、一行一行確認している段階なんですが、素敵な何かが先に見えるようなそんな気がして、わくわくしています。みんなで力を合わせて良い作品にしたいと思います。どうぞいらしてくださいませ。お待ちしています。」

s_RIMG5116

田島
 「はじめまして、田島優成といいます。稽古が始まりまだ2日ですが、緊張とすごく楽しいという興奮と、本番に向けてのプレッシャーでお腹が空いていても食べられなかったり、眠くても眠れなかったりという状態が何日か続いています。ある尊敬している演出家の方が、「名優ほど繊細なんだ。」ってことをおっしゃっていたんですけど、麻実れいさんと長塚京三さんを観ているとまさにそれを目の当たりにしているという感じです。自分がこの脚本をはじめて読んだ時に、この父はどういう人で、この母はどういう人でと思ったことよりも、もっともっと深く・・・すごくそんな深い所からこの感情は、この言葉はきてるんだということを学んでいます。これは今までになかったことなんですけど、麻実さんと長塚さんを通して自分の父と母はこういうことを考えているのかもしれないということを、今考えるようになりました。それは今、僕にとって衝撃的で、またさらに、自分の中で演劇が深くなったという感動を覚えています。演出家のダニエル・カトナーさんは非常に知性とユーモアを兼ね揃えたカリスマ的存在です。この人に従えば絶対に上手くいくってことよりも、この人と一緒にいたらきっと自分の良いところを引き出してくれる、という風にわくわくさせてくれる人です。最後まで、悔いのないよう一生懸命頑張りますので、是非是非劇場に起こし下さい。」

s_RIMG5131

朝海
 「本日はありがとうございます。まずこの作品に出演できると聞いたときは本当に、舞い上がる気持ちでいっぱいでございました。本当に素晴らしいキャストの方々と、このアーサー・ミラーの世界を少しずつ紐解いていく、この作業が本当に夢のようで、一日一日とても濃い時間を味わっています。本当にこの作品がどういう形でみなさまの前に現れるか、私も今、光に向かってみんなで走っていっているような、そんな感じを受けます。私が演じます、アンはこのお話しの展開させる鍵を持っているような女性なんですが、そういうことを考えずに、アンとして生きることができたらいいなと思っております。是非みなさま劇場に足をお運びください。よろしくお願いいたします。ありがとうございました。」

s_RIMG5139

柄本
 「ジョージ役をやらせていただきます、柄本佑です。本当に素晴らしい共演者の方々と、とにかく長塚京三さん、麻実れいさんと一緒にお芝居をさせていただくのがすごく楽しみです。昨日一昨日と本読みをされていたらしいんですが、僕は失礼ながら昨日30分ほどだけ(笑)参加させていただいて、それもみなさんが本読みをされているところに行ったもので、そういう緊張しながら・・・未だにちょっと緊張してるんですけど(笑)、本当にみなさんが本読みをされているのを観て、ダニエル・カトナーさんという英語を喋られる演出家さんということで(笑)、あの僕は英語が全くわからないんです。ですが、すごくダニエルさんが熱意を込めて演出されてて、身振り手振りがすごく入ってるんですね。それを見ながら通訳の方の声を耳で聞くって作業がけっこう大変なんだな(笑)と昨日ちょっと思って。やっていくうちにたぶん楽しめると思うんですが、はい。『みんな我が子』という作品を読み、すごくシンプルな作品なんですがその中にある種、時代の気色悪さっていう、そういうものがあって。やっぱり、海外の戯曲でわからないことがいっぱいあるのですが、そういったわからないことを大切にしながら、台詞を言えるようになればいいかな、と思っております。頑張らせていただきます。よろしくお願いします。」

 
▼共に雪組でトップをつとめた宝塚OGでもある(左)朝海ひかる(右)麻実れい。二人の共演も見逃せない。s_RIMG5085

▼会見中の(左)長塚の発言からも、何か得るものがないかと真剣に耳を傾けていた(右)田島の姿も印象に残った。
s_RIMG5164



 



57_play_image1

『みんな我が子』

作◇アーサー・ミラー
演出◇ダニエル・カトナー
出演◇長塚京三 麻実れい 田島優成 朝海ひかる 柄本佑
   和膕陝〇害射捺住沺_端将樹 浜崎茜

12/2〜18●新国立劇場 小劇場
12/20〜21●サンケイホールプリーゼ

 <料金>
新国立劇場 S席:8,500円 A席:6,000円(全席指定・税込)
サンケイホールプリーゼ S席:8,500円 A席:6,000円 B席:3,000円(全席指定・税込)

<問い合わせ>
梅田芸術劇場(東京)03−3503−5851
梅田芸術劇場(大阪)06−6377−3888


http://www.umegei.com/schedule/57/

【取材・文/岩見那津子】 



演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/


演劇ぶっく12月号発売中

表紙・インタビューに市川亀治郎と蒼井優、

亀梨和也、早乙女太一、城田優ら舞台写真とインタビューなど盛りだくさん!


↓試し読みはこちらより(PCのみ)↓

演劇キック【演劇ぶっく試し読み】コーナー

http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html


♪ご購入はこちらより

えんぶ☆Shop

 


『BOYZ BALLET FANTASY』公演レポート

009

2011年10月26日〜30日にかけて銀河劇場にて上演された『BOYZ BALLET FANTASY』。
桐生園加の宝塚退団後の初舞台である。
桐生は、宝塚時代の同期である舞城のどかと共にミューズ役として出演し、
ダンスで挫折し、ダンスによって立ち上がる青年 を導く役どころをつとめた。

003007

さまざまなダンスに一度に触れることができる、わくわくするようなショー作品。
基本はバレエなのだが、ヒップホップ、タップダンス、ジャズダンスとありとあらゆるダンスが盛り沢山。中河内雅貴を中心に踊るのが大好きだという思いが全身から伝わってくるような若手ダンサーたちが集まり、そんな若いエネルギーをバレエダンサーの西島千博がきちっと締める。
挫折からダンスの世界の迷宮へ・・・そして新たなステップへ進むという構成もわかりやすく、その中にたっぷりとダンスの魅力が織り込まれていた、見応えのある舞台だった。

013037

桐生はふわっとした白い衣装であったり、大胆に背中があいた黒いドレス、またソフト帽をかぶっての登場など、男役だった魅力も生かしつつ、宝塚時代とはまた違った新たな一面も見せた。
変わらないのは桐生のダンスの正確さと、そのダンスを見たことで得られる爽快感。
気持ちがすっきりするような、凛々しい桐生のダンスの魅力は健在だ。
退団後の初舞台として作品にも恵まれたと言えるだろう。
男役を卒業した桐生が女性としてどんなダンスや、はたまたどんな演技を見せてくれるのか。
これからの桐生に対する期待がぐっと高まった公演だった。


036038

016

043






BOYZ BALLET FANTASY 2011 Loving SWAN LAKE

構成・演出◇竹邑類
音楽◇松本俊行・la malinconica sinfonia(マリンコニカ・シンフォニア)
振付◇ジャズ・ステージング:港ゆりか
    バレエ:瀬川ナミ
    タップ:HIDEBOH
    ヒップホップ:森新吾

出演◇ 中河内雅貴
    桐生園加  天空の女神(ミューズ) 
    舞城のどか 天空の女神(ミューズ)
    宮下龍之介 地上の天使(エンジェル)
 
    東文昭・長澤風海・北川優佑・アクリ士門・清水夏生
    佐野朋太郎・長澤仙明・森新吾・和田泰右・石井伶治

    西島千博

10/2610/30◎天王洲 銀河劇場





【文/岩見那津子 撮影/冨田実布】




演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/


演劇ぶっく12月号発売中

表紙・インタビューに市川亀治郎と蒼井優、

亀梨和也、早乙女太一、城田優ら舞台写真とインタビューなど盛りだくさん!


↓試し読みはこちらより(PCのみ)↓

演劇キック【演劇ぶっく試し読み】コーナー

http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html


♪ご購入はこちらより

えんぶ☆Shop
 

安寿ミラが出演するD☆Dの『TANGO Doki Doki 』が開幕


0820_1-1909

安寿ミラから出演作の知らせが届いた。

舞台は11月23日から27日まで天王洲 銀河劇場で上演する、スーパーダンスユニット「DIAMOND☆DOGS」のタンゴ・シリーズ『TANGO Doki Doki 』

 

東山義久を中心に7人のメンバーからなるD☆Dが2004年から行なってきたタンゴ・シリーズで、『Summer Fashion』、『RHAPODY in AUTUMN』、『タンゴ・アラベスク』に続く4作目。
08年の『タンゴ・アラベスク』は今は亡き大浦みずきがゲスト出演、彼女のラスト・ステージとなった作品としても知られている。そのタンゴ・シリーズも今回の『TANGO Doki Doki 』で、シリーズ・ファイナルとなる。
 

演奏は世界の至宝と言われるタンゴ楽団のアストロリコ、タンゴの名曲を歌とダンスで魅せるエンターテインメントショーで、今回のスペシャルゲストとして安寿ミラと香寿たつきが出演。
元宝塚歌劇団の花組で一緒だった安寿と香寿の共演は久しぶりで、2人が同じ舞台に立ち歌い踊るシーンは見どころの1つとなっている。
 

1幕はドラマ仕立て、2幕ではこれまでの定番に新たなナンバーを加えバラエティに富んだダンスが続く。
構成・演出には荻田浩一とD☆D、港ゆりかが振付けに加わるという充実したスタッフ陣。
よく知られたアルゼンチン・タンゴの名曲を中心に、ジャズアレンジやロックアレンジでも歌い踊る、このタンゴ・シリーズのファイナルにふさわしい集大成の舞台である。


thumbnail

『DIAMOND☆DOGS “TANGO”Series vol.4 = TANGO Doki Doki =』

構成・演出◇荻田浩一

音楽◇アストロリコ、松本俊行

振付◇港ゆりか

構成・演出◇DIAMOND☆DOGS 

出演◇DIAMOND☆DOGS/安寿ミラ/香寿たつき/アストロリコ

●11/23〜27◎天王洲 銀河劇場

〈料金〉S席8000円 A席6500円銀河劇場チケットセンター 

〈問合せ〉劇場 03-5769-0011

 http://www.diamonddog-s.com


演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/


演劇ぶっく12月号発売中

表紙・インタビューに市川亀治郎と蒼井優、

亀梨和也、早乙女太一、城田優ら舞台写真とインタビューなど盛りだくさん!


↓試し読みはこちらより(PCのみ)↓

演劇キック【演劇ぶっく試し読み】コーナー

http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html


♪ご購入はこちらより

えんぶ☆Shop

演ぶ試し読み!『アリスの恋人』に出演 紫門ゆりや&愛希れいか

66 67 次回公演画像poster

演劇ぶっく12月号では、1117日に宝塚バウホールで初日を迎えた月組公演『アリスの恋人』に出演中の紫門ゆりやさんと愛希れいかさんのインタビューをカラー2Pで掲載しております!
お二人には『アルジェの男』新人公演、宝塚全体や月組の魅力、そして『アリスの恋人』への意気込みなどを語っていただきました。
インタビューさせていただいたのは『アルジェの男』東京公演中で撮影場所は東京宝塚劇場の中。
どこで撮影したのかもぱっと見てみていただければ、わかるのではないかと。限られた空間の中、ベストな撮影場所を求めてカメラマンと二人、うろうろした結果、今回はここに決定。
とにもかくにも可愛らしく爽やかな二人。キラキラしてました。
そんな二人のキラキラが少しでも誌面から伝われば幸いです。


インタビューページサンプルはこちらよりご確認いただけます。



月組公演 バウ・ラブ・アドベンチャー
『アリスの恋人−Alice in Underground Wonderland−』
〜ルイス・キャロル作「不思議の国のアリス」より〜

脚本・演出◇小柳奈穂子

11/1711/27◎宝塚バウホール
12/2〜12/8◎日本青年館

 

演劇ぶっく12月号(154号)は全国書店でご購入いただけます。
書店でのお取り扱いがない場合は、えんぶSHOPからもご注文承っております!→えんぶSHOP

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について