えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

黒木瞳主演舞台『京の蛍火』

待望の再演!鳳蘭『COCO』公開舞台稽古

240041

ブロードウェイミュージカル『COCO』の公開舞台稽古が12月3日、ル・テアトル銀座にて行われた。
2009年の日本初演に続いての再演となる今回の公演。
初演では湖月わたるが演じたノエル役を彩吹真央が引き継ぎ、他は初演と同じキャストで上演される。

物語の舞台は1953年の秋、パリ。
15年もの間、ファッション業界から引退状態にあったココは、
自分の過去を振り返り、そして、
「ココ・シャネルとしての人生を取り戻す!」
と再起を決意する。
そんな中、ココに一つの出会いが訪れる。
コレクションのモデルとして面接を受けに来たノエルだ。
語り合ううちに共通の生い立ちに気づき、二人の間には絆が生まれる。
モデルとしてノエルを迎え、再起を賭けて開いたコレクションを待っていたのは酷評の嵐。
しかし、パリでは受けなかった「ココ・シャネル」のコレクションが、
ニューヨークのバイヤーたちには高く評価される。
もう一度、全盛期の輝きを取り戻す「ココ・シャネル」。
ココはこれまでのように独りではなく、ずっと側にいてくれたノエルを本当の娘として迎え、
二人で生きていくことを望むようになる。
そんなココの秘めた思いを知らないノエルは、ある一つの決断をする。

ココ・シャネルを演じた鳳蘭は、
2009年の初演時に数々の演劇賞を受賞しているが、それも納得の熱演。
まるでココ・シャネルが乗り移ったかのようだった。
特にふとした瞬間に見せる、孤独の影が素晴らしい。
言動の一つ一つが人を惹きつける、魅力に溢れた人物をしっかりと舞台の上に根付かせた。
鳳のココはとにかく格好良い。

ココに安らぎを与えるモデル、ノエル。
ノエルを演じる彩吹は宝塚退団後、Show-ism『DRAMATICA/ROMANTICA』、
そして女優初挑戦となった『Pal Joey』を経て、今回『COCO』に出演する。
一人だけ初演時のメンバーではないのだけれど、
もうそんなことは関係のない彩吹真央のノエルがそこにいた。
綺麗に伸びていく歌声が聞いていて心地良い。
田舎から出てきた何も知らない純朴な女性が、香水の香りや、綺麗なドレス、
そしてココ・シャネルに触れ、「自立」に目覚めていく。
彩吹の持つ柔らかな強さがそのまま、ノエルの強さと重なる。

ココの周りで働くデザイナー・セバスチャン役の岡幸二郎、アシスタント・ピグノル役の今陽子、
代理人ルイス・グレフ役の鈴木綜馬、ノエルの恋人・ジョルジュの大澄賢也らもそれぞれ適材適所。
岡演じるセバスチャンの奇抜さからは目が離せないし、
今と鈴木は、自分達の生活を感じさせながらも、ココを支え続けようとする愛情をみせる。
大澄がジョルジュとして醸し出す垢抜けなさは、自立したノエルとの対比を際立たせた。
シャネルの洋服を思わせる、松井るみの舞台美術も秀逸だし、
シャネルの歴史に沿って、次々と変わっていく衣装を見ているだけで楽しい気持ちになれる。

ファッションの世界を生きたココ・シャネルという女性の気高い志が、
鳳の姿を通してありありと伝わってきた。
ノエルが出した答えを知り、どれだけココが絶望したことか。
しかし、その絶望すら大きな愛で包み込み、ノエルの未来を祝福するココ。
なんて格好の良い、素敵な人だろうか。
孤独と共に「ココ・シャネル」として生きることを誓う歌、
鳳の「いつまでもマドモアゼル」は、
もはやミュージカルの歌であること、役を演じていることを超えていた。
あそこに居たのは鳳蘭でありココ・シャネルだ。
きっとその姿は観た人の心の中に、残り続けるに違いない。

最後にココ・シャネル役の鳳蘭からのコメントを紹介する。

「去年の初演よりも良い意味で力が入らず、とても良い緊張感の中望めそうです。
初演では、おかげさまで数多くの演劇賞を受賞させて頂きましたが、プレッシャーはありません。
それを感じてしまったらいい舞台にならないと思います。
役柄(ココ・シャネル)自身になりきります!
キャストは初演時から、モデル(ノエル)役の彩吹真央さんのみ変わりましたが、
稽古の雰囲気もとてもよく、皆稽古場所に早く来たがるくらいです。
ココ・シャネルの人生をたくさんの方々にご覧いただければと思います。
是非、劇場にお越しください。」



 s_RIMG3486s_RIMG3488s_RIMG3489s_RIMG3521

s_RIMG3520s_RIMG3492s_RIMG3514








ブロードウェイミュージカル
『COCO』

台本・作詞◇アラン・ジェイ・ラーナー
作曲◇アンドレ・プレヴィン
演出・翻訳・訳詞◇G2
出演◇鳳蘭 彩吹真央 岡幸二郎 大澄賢也 今陽子 鈴木綜馬 ほか

東京公演●2010/12/3〜12/19◎ルテアトル銀座
大阪公演●2011/1/9〜1/10◎イオン化粧品シアターBRAVA!
西宮公演●2011/1/12◎兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

<料金>
東京公演・西宮公演:11,000円(全席指定・税込)
大阪公演:S席11,000円/A席9,000円/B席6,000円(全席指定・税込)

<問い合わせ>
東京公演 Quarasエンタメ事務局 03ー3779ー2681
大阪公演 キョードーインフォメーション 06−7732−8888
西宮公演 芸術文化センターチケットオフィス 0798−68−0255

 

【取材/文 岩見那津子】


演劇キック演劇情報コーナー http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/ 

星組公演フォト・レビュー『愛と青春の旅だち』

_MG_6980_MG_7035_MG_7106_MG_7072_MG_7113_MG_7154
_MG_7219_MG_7221_MG_7264_MG_7317_MG_7393
_MG_7378_MG_7472_MG_7480
_MG_7509_MG_7559_MG_7627_MG_7666

宝塚歌劇星組公演

宝塚花の踊り絵巻ー秋の踊りー』

『愛と青春の旅だち』

●11/26〜12/26◎東京宝塚劇場

〈問合せ〉03-5251-2001

星組公演フォト・レビュー『宝塚 花の踊り絵巻ー秋の踊りー』



_MG_6701_MG_6643_MG_6679_MG_6762_MG_6790_MG_6800_MG_6860_MG_6874_MG_6875_MG_6914
_MG_6917_MG_6928_MG_6951_MG_6961_MG_6965

宝塚歌劇星組公演

宝塚花の踊り絵巻ー秋の踊りー』

『愛と青春の旅だち』

●11/26〜12/26◎東京宝塚劇場

〈問合せ〉03-5251-2001

PARCO劇場でライブ! 大和悠河インタビュー

IMG_1026

大和悠河が宝塚を退団して1年半が経った。女優としてのスタートは今年2月のミュージカル『CURTAINS』で、一気に可愛い女性に変身。そこから女優として3つの作品を走り抜けた。5月の『戯伝写楽』のおせいでは狂気さえ感じさせる演技を見せ、一転して7月の『まさかのChange?!』では、男性と中身が入れ替わってしまうキャリアウーマンという役で男役時代の本領を発揮、溌剌とした動きやコメディ・センスが好評だった。
そして今年ラストの仕事はコンサート。12月5日と6日に渋谷のPARCO劇場という演劇のメッカでライブに挑む。大和悠河の新しい方向性を示唆するこの舞台について、またこれからの夢などについてじっくりと語ってもらった。

 

【ゆったりと音楽の旅をしてきました】

ーー聞くところによると夏から秋にかけてヨーロッパに行って音楽の旅をしていたそうですね?

宝塚時代から思っていたことなのですが、まとまった休みが取れたら、本格的な音楽や本場のオペラ、バレエなどに触れたいという思いがあったんです。宝塚ではレッスンも観劇もすぐ目の前の舞台に役立てるためのものでしかなかったので、一度ゆったりとした気持ちで勉強したいなと。とくにオペラは現地でちゃんと観たいなと思っていたんです。

ーーそしてまさに音楽三昧の旅だったわけですね。刺激を受けましたか?

すごく受けました。心を空っぽにして観たので、どの舞台も新鮮で「ああ、この音楽いいな」とか「この人物像は魅力的だな」とか、1つ1つに感動がありました。いくら観てもまだ足りない(笑)というくらい楽しかったです。

ーーすべて原語のままですが、わからないとかいうことは?

ほとんどイタリア語でしたが、言ってることの意味は表現で伝わってくるし感情もよくわかりました。歌の技術ももちろん素晴らしいんですけど、何よりも心がすごく伝わってきて素晴らしかったです。とくに感動したのはヴェローナの野外劇場で観た『アイーダ』で、まるで本物のようなピラミッドがある壮大な空間で、出演者もすごい人数でスケールの大きさに圧倒されました。すりばち状の劇場なので声が上のほうまで上がっていくし、本当に気持ちいい空間でした。

ーー風景と一体化してるんですね。

そうなんです。そこに、この小さな町のどこから集まってきたの?(笑)と思うくらい、たくさんのお客様が集まって来るんです。しかもお客様の質が高くて、うまい人にはリアクションが違うんです。長い伝統で町の皆さんの目と耳が肥えているんだなと感じました。

IMG_1012

【わくわくするPARCO劇場、そして渋谷】

ーーその感動を持ち帰って自分の舞台でも表現してみたいと思ったのが、今回の『YUGA OPERA』なんですね。

この旅で舞台というものの素晴らしさを改めて感じていたところに、このライブのお話をいただいたのですごく嬉しかったです。オペラはもともとチャレンジしてみたいものであり夢だったので、私が観て感じてきたものを、少しでも伝えて思いを分かち合えたらと思ったんです。

ーーPARCO劇場のライブは、どんな構成になるのですか?

タイトルに『YUGA OPERA』とあるように、オペラの世界を感じさせるものになっていますが、日本のアイドルの曲も歌いますし、スタンダードのポップスやジャズも入っています。メドレーを入れたら全部で20曲以上、その中でオペラのアリアを3曲歌いますし、「第九」をお客様と一緒に合唱します。

ーーオペラの曲は具体的にどんなものを歌う予定ですか?

『蝶々夫人』『ラ・ボエーム』『椿姫』という有名な3演目のアリアを、原曲原語で歌います。この3作はヒロインがみんな愛に一途でドラマティックで、そこも素敵だなと思っているんです。宝塚時代にもオペラをアレンジした作品には何回か出させていただきましたが、どの登場人物も激しくて、演じるのにパワーもいるしエネルギーも必要でした。でもそういうところも大好きなんです。これからも少しずつオペラの世界に私なりにチャレンジできたらいいなと思っています。

ーーそのために歌もレッスンされているとか?

はい。あちらでもレッスンしましたし日本でも続けています。少しずつでも夢をめざして進んでいきたいのでがんばっています。

ーーPARCO劇場という場所ですが、これまでに観にいらしたことは?

だいぶ前なんですが、三谷幸喜さんの『オケピ!』を観ました。すごく演劇好きなかたが集まる劇場だと思っています。聞くところによると、まだ西武劇場という名前の頃に大地真央さんが『ディーン』の東京初演をされたそうで、そういうご縁のある劇場というのも嬉しいです。

ーー宝塚OGさんがここでライブをするというのも、これまでにあまりないことだと思います。

そういう意味ではすごい挑戦をさせていただけるので嬉しいです。渋谷という若い人たちが溢れている街でできるのも楽しみですし、PARCO劇場が好きな演劇ファンのかたにも、ぜひ観ていただきたいと思っています。曲目もなるべくお客さまとコミニュケーションしやすいものを選んでいて、原語で歌うのはオペラだけで、あとは私の色を出せる日本語の歌詞をつけてもらってますので、構えずに聞いてほしいですね。

ーーそして17日には神戸でディナーショーですね。

神戸に行くのは久しぶりなので嬉しいです。音楽学校の時代や下級生の頃はよく買い物などに行っていたし、大好きな街なんですが、忙しくなってからは行く機会が少なくなって。ディナーショーも退団してから初めてなので2年ぶりぐらいになります。ディナーショーは客席に降りていって、お客様と直接コミニュケーションできるのがいいですね。

IMG_1006

【女優としてのチャレンジを恐れずに】

ーー女優としては、今年前半の舞台3作を走り抜きましたね。

すごく密度の濃い公演ばかり3作出させていただきました。そのなかで「あ、こういう大和悠河もあるんだな」という発見の日々で、すごく勉強になりました。

ーー1作ずつ簡単に振り返っていただきたいのですが、まずは『CURTAINS』。

女優になっての第一作目で、女の子の自分を楽しむという感覚でした。東山紀之さんとか鳳蘭さんに出会えたこと、共演者の皆様と知り合えたことが楽しかったです。

ーーすっかり女性に戻ってましたね。

自分では抵抗なくすぐ戻れたんですが、あまりの変身の早さにファンのかたたちは驚かれたみたいです(笑)。普通の女の子の役で出発できたのがよかったなと思ってます。

ーー次の『戯伝写楽』では荻田浩一さんならではの切り口で、大和悠河の魔性の魅力を見せましたね。

おせいという役はすっと入り込んでいけたし、表現者として自分と共通する部分があったので大好きでした。魔性と言われる部分なども台本を読んですぐにイメージが浮かんできたし、私はとってはすごくやりがいのある面白い役であり作品でした。

ーー魔性のおせいちゃんのあとには、大和悠河ならではの明るいミュージカル『まさかのChange?!』。男役時代を彷彿とさせる姿が楽しかったです。

女性の外見で中身は男性という役だったんですが、男役のニュアンスも残しながら、男役ではないカッコいい女性というところがポイントだったと思います。宝塚の男役とは違う演じかたを見せなくてはならなくて、とても勉強になりました。

ーーこの3作で全部違う色を見せられたのは、大きな土台になりましたね。

この成果をもとにこれからの作品に挑みたいと思っていたところに、来年の4月と6月に刺激的な舞台をいただきまして、どちらも大好きな先生がたとの作品作りなのですごく幸せです。

ーー4月にある『綺譚・桜姫』は荻田浩一さんで御園座ですね。IMG_0999

荻田先生には『YUGA OPERA』も演出していただくのですが、私のために『桜姫』を考えてくださったというのがすごく嬉しいです。有名な鶴屋南北の作品で坂東玉三郎さんの代表的なお役ですから、光栄だという思いと同時にどこまで私に出来るかなと。でも荻田先生を信じて無になってついていこうと思っています。

ーー恋に溺れて堕落していく姫で、だからこそ演じる人に品が必要なのですが、おせいを演じきった大和悠河だけに楽しみです。

どこか透明感のある魔性の桜姫になれればと思っています。ショーアップするとも聞いていますので、あまり重くない綺麗な舞台になるのではないかと。音楽の斉藤恒芳先生も宝塚時代から大好きで、先生の曲になると色が変わるのがわかりました。たくさん素敵な曲を書いてくださると思います。

ーーそして6月にシアタークリエで謝珠栄さんの『風を結んで』ですね。

こちらは明治維新の激動期を生きた青年たちの物語で、私は洋行帰りの女性で青年たちを組織して「パフォーマンスの一座」を作るという役です。再演ですが、私のために少し書き換えてくださる部分もあるそうです。演出と振付の謝先生は、宝塚時代にもすごくお世話になりました。とくに新人公演でも演じた『黒い瞳』は忘れられません。先日も演出された『Dianaー月の女神ー』を拝見して、すごく深い世界を作ってらして感動しました。『風を結んで』の音楽の甲斐正人先生も、いつもドラマティックな曲を作られるかたですから嬉しいです。

ーー来年も次々に楽しみな作品が続きますね。また新しい悠河さんを見せてください。

大和悠河の舞台を観に来られるかたには、元気と楽しさを持って帰っていただきたいと思っているので、まずはこの『YUGA OPERA』で、皆様に夢と感動とそして愛をお届けできたら幸せです。

 

 

 

【大和悠河出演予定】

1269

Live@PARCO 『〜 YUGA OPERA〜』

演出◇荻田浩一

音楽◇ 立川智也

●12/5〜6◎PARCO劇場

〈料金〉 8000円

〈問合せ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜19:00)  

*前売り完売/当日券少々あり

 

ディナーショー 『〜 YUGA OPERA〜』

演出◇荻田浩一

音楽◇ 立川智也

●12/17◎ホテルオークラ神戸

〈料金〉30000円

〈問合せ〉ホテルオークラ神戸 078-333-3533(10:00〜19:00)  

 

歌舞劇『綺譚・桜姫』

原作◇鶴屋南北

脚本・演出◇荻田浩一

音楽◇斉藤恒芳

主演◇大和悠河

●2011/4月2〜7日(予定)◎名古屋・御園座

〈問合せ〉御園座  052-222-8222

 


ミュージカル『風を結んで』

演出・振付◇謝珠栄

脚本◇大谷美智浩

音楽◇甲斐正人

出演◇中川晃教・藤岡正明・小西遼生・大澄賢也/大和悠河   他

●2011/6/4〜19◎シアタークリエ

thumbnail






【取材・文/榊原和子 撮影/田中亜紀】 

演劇キック演劇会見コーナー http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/ 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について