えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

『カリフォルニア物語』

瀬奈じゅんインタビュー 『ビューティフル・サンデイ』で新しい顔を!


_MG_5299


2月23日からル テアトル銀座で上演される『ビューティフル・サンデイ』で初めての三人芝居に出演する瀬奈じゅんのインタビューを、1月7日発売の演劇ぶっく誌で掲載するとともに、この宝塚ジャーナルでもご紹介する。
 

あるマンションの一室が舞台、そこに住むファミレス店長の秋彦が目覚めると同じベッドで見知らぬ女が眠り込んでいた…。こんなシチュエーションから始まる日曜日。その女性ちひろと、秋彦、同居している浩樹の3人が次第に打ち解けていくなかで、それぞれの心の翳りや悲しみも描き出される。
 

2000年に初演され、その後、何回も再演されている傑作戯曲に挑む瀬奈じゅん。宝塚歌劇の男役から大型ミュージカルのヒロインとして女優デビューして、3年目。徐々にフィールドを広げてきた彼女が、等身大の女性役といってもいい三枝ちひろへの抱負と今の心境を語る。(本誌とは全く雰囲気の違う写真をチョイスして掲載、本誌と併せてお楽しみください)



不思議な優しさのある物語
 

ーーこの作品を初めて読んだとき、どんな印象を受けましたか?

登場人物の3人が、それぞれ何かに嘘をついているんですが、それがお互いを傷つけないための優しさに繋がっていて、いやな嘘では全然なくて。嘘がわかったときにもそれを責める人が1人もいなくて、どこか不思議な優しさのある素敵な物語だなと思いました。
 

ーー瀬奈さんの演じる女性、三枝ちひろはどんなイメージですか?

読んでいるときは、葛山さんが秋彦をやったらどうなるんだろう、桐山さんの浩樹はどんなふうだろうと、その興味と関心ばかりで読んでいて、自分がどう演じたいとか、どんなふうにしたいというイメージはまだないんです。共演のお二人とやりとりする中で、自然に生まれてくるものを大事にしたいですね。
 

ーー宝塚を退団されてからさまざまな女性を演じてきた中で、今回は一番普通の女性という気がしますが?

でもちひろは私の感覚でいうと絶対あり得ないことをしているし、私の生き方とはまるで違う女性なんですね。でも彼女自身の考え方とか生き方の中には確固たるものがあると思うので、そこを早く掴みたいです。


桐山さんがいちばん大人?
 

ーー共演のお二人の印象はいかがですか?

葛山さんは『アンナ・カレーニナ』でご一緒してるんですが、私の理想とする男性像です。誠実で、表面は穏やかなのに内には情熱的で熱い部分がある。『アンナ〜』では一緒の場面が少なかったのですが、今回はしっかり組めるので、その情熱を感じられるのが楽しみなんです。桐山さんは2回ほど取材でお会いしましたが、3人の中ではいちばん大人かもしれません。すごく返事がよくてお行儀がいいんです。でもそこからはみだす役者の部分も早く見てみたいです。
 

_MG_5276

ーー三人芝居は確か初めてですね?

初めてです。ストレートプレイも、こういうワンシチェーションの芝居も初めてです。そういう作品で私が何を感じてどう演じるか、まだ想像できないんですが、これまで培ってきたもの、身につけた感情や表現をフルに生かせればと思っています。
 

ーーそういえば瀬奈さんは大きな劇場で、壮大な物語を演じることが多かったですね。そういう場合、演技は違いますか?

大きい劇場では大きな演技をすればいいかというと、それはまた違うと思います。ただ昨年11月に現代劇のミュージカル、『ニューヨークに行きたい!』に出演して感じたのですが、帝劇の大きな空間でどんなに大きな背景や素敵な衣裳があっても、何を見せるかというとやはり役者の力なんだな、って。だからもっともっと実力を身につけたいと思いました。


がむしゃらな時期が大事
 

ーー『ニューヨークに行きたい!』は、大女優の浅丘ルリ子さんと母娘の役でしたね。

ルリ子さんは本当にすごい女優さんです。いろいろな話をしてくださったんですが、昔、同時に何本もの映画を撮っていらして、今どの映画なのかわからないままセリフを言っていたことがあったそうです(笑)。ほとんど寝る時間もない中で、いつセリフを覚えていたか自分でもわからないと。でもそのがむしゃらな時期を経てこられたからこそ、今のルリ子さんがいらっしゃるのではないでしょうか。
 

ーー瀬奈さんも宝塚時代は同じような状態だったのでは?

宝塚は退団という終わりのあるがむしゃらさですから。ルリ子さんは14歳から今まで、そうやって女優として終わりのない旅を続けていらっしゃる。それはすごいことですね。
 

ーーそして瀬奈さんも女優として歩き出しているわけですが、この作品でまた新しい顔に出会えるのではないかと。

自分のことって意外と自分が一番わかってなかったりするので、もしこの作品を観てくださったお客様が、新しい部分を見つけてくださったり、ちひろに私を重ねてくださったら、それも面白いなと思います。演出の板垣さんと共演のお二人にうまく引き出していただいて、そういう自分を見つけるのを私も楽しみにしています。




_MG_5346撮影/岩村美佳
せなじゅん○東京都出身。92年に宝塚歌劇団に入団。05年から09年まで月組トップスターをつとめる。退団後はミュージカル『エリザベート』のタイトルロールで女優デビュー。『アンナ・カレーニナ』のアンナ、『三銃士』ミレディと幅広い役柄で活躍し、11年11月の『ニューヨークに行きたい!』で帝劇単独主演を果たす。そのほかに『ALive 〜Handsome Woman〜』などコンサート活動も行なっている。




『ビューティフル・サンデイ』

作◇中谷まゆみ

演出◇板垣恭一  

出演◇瀬奈じゅん 葛山信吾 桐山照史(関西ジャニーズ Jr. ) 

●2/23〜3/4◎ル テアトル銀座byPARCO

〈問合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

●3/10〜11◎シアターBRAVA!

〈問い合せ〉キョードーインフォメーション 06-7732-8888

●3/14◎青少年文化センター アートピアホール

〈問合わせ〉キョードー東海 052-972-7466

●3/17◎兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

〈問合わせ〉キョードーインフォメーション 06-7732-8888

http://beautiful-sunday.jp/


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】
『ビューティフル・サンデイ』 チケットをポイント特典付きで発売中!

(送料・手数料無料)


▼ご購入はこちらより▼
http://enbu.shop21.makeshop.jp/


演劇キック演劇情報コーナー http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/
 


抱腹絶倒のミュージカルコメディ!『モンティ・パイソンのスパマロット』

s_034

1月9日に初日を開けた『モンティ・パイソンのスパマロット』は、今年の初笑いにふさわしい抱腹絶倒の仕上がりとなっている。

この舞台は、60年代末から70年代に一世を風靡した英国のコメディグループ「モンティ・パイソン」の映画、『モンティ・パイソンとホーリー・グレイル』をもとにしたミュージカル。
初演は
04年、ブロードウェイをはじめ世界20カ国で公演、トニー賞で最優秀ミュージカル賞など3部門を受賞するなど大成功をおさめている。
 

内容は英国に伝わる「アーサー王伝説」をパロディ化したもので、聖なる剣・エクスカリバーを授けられたアーサー王が、円卓の騎士たちを率いて聖杯探しの冒険に出るというもの。壮大な音楽にナンセンスな歌詞、有名のミュージカルをパロディ化し、タブーとされる人種や宗教もネタにしてしまうという、シュールで毒のあるミュージカルだ。


s_008s_018

今回の日本初演は、脚色・演出をした福田雄一の笑いのセンスと、実力派揃いのキャストたちの力で、英国とのジョーク感覚の違いもクリア。身体を張ったギャグやナンセンスな言葉の応酬が小気味よいほど観客のツボにはまり、劇場中に笑いが渦巻いている。

出演者はユースケ・サンタマリアを中心にした8人のメインキャストと、KENTAROをはじめとする12人のアンサンブル。その全員が、壮大な聖杯探しの物語の中で、シチュエーションが変化するごとに、敵になったり味方になったり、騎士や村人、王様から死人にまで大変身。それぞれの役替わりを見極めるだけで忙しい。
 

また、ミュージカルと銘打っているだけに楽曲はたっぷり入っていて、その部分を牽引するのは宝塚出身の彩吹真央。もちろんユースケをはじめとするほかのキャストもしっかり歌っていて、本格派ミュージカル歌手とまではいかないまでも聴きづらい歌い手はいない。タイムリーに入るショー部分は、ダンサー揃いのアンサンブルの力で華やかで迫力がある。


s_038s_011

s_026s_045

アーサー王を演じているユースケ・サンタマリアは、ひょうひょうとした持ち味が生きて、自然な風格を醸し出す。また、物語の中心に力まずに居ることで、逆に求心力を発揮している

ランスロット卿の池田成志は、いったい何役演じているのだろう?まさに変幻自在の活躍ぶり。パッツィをからかう護衛にはじまり、フランス軍人や「ニッ」と言う騎士など数え切れない数のキャラを演じ分け、そのうえフランス軍人の長い罵倒では、圧倒的な面白さで場をさらう。

ロビン卿の戸次重幸はヘタレな騎士で、すぐちびってしまうエピソードで笑わせる。ほかにも護衛や兵士など細かく変身している。

デニス・ガラハット卿の賀来賢人は、汚い村人から一気にイケメンの若い騎士となって目を奪うが、ランスロット卿の馬の役でも大健闘。 
 

s_042s_016

ナビゲーター役で始まるムロツヨシは、マルチという役名だけあって、死んでないフレッドから父親に幽閉されるハーバート王子まで幅広く演じ分ける。なかでもランスロット卿を虜にする王子のキュートさは特筆もの。

アーサー王の忠実な馬(人?)のパッツィはマギーで、蹄の音をココナツで響かせながら従う姿が感動的。他の役ではハーバート王子を見張る兵士のボケっぷりが圧巻。

ベデヴィア卿は皆川猿時で、ほかにもデニスの母からハーバート王子の父王まで演じているが、手足を斬られても気づかない黒騎士のシュールさは一番の見せ場。

メインキャストの紅一点として、ひときわ目立つ登場が用意されている彩吹真央は、湖の貴婦人としてソロを歌い上げたり、デュエットを聴かせたりと本領を発揮。笑いの部分でも、『オペラ座の怪人』のパロディを演じたり、出番にクレームをつけたり男役の過去を匂わせるなどの自虐ネタも全開で、観客を沸かせている。

s_040s_030s_021

KENTAROを中心に活躍する12人のアンサンブルは、役替わりだけでなくショー場面を実力で支えて、華やかなミュージカルというこの作品のもう1つの楽しさに大きく貢献している。
 

そしてキャストだけでなく、たとえば英国地図、城、森、神の巨大な脚、トロイのウサギ木馬などのダイナミックな舞台美術や、聖杯、殺人ラビット、鉢植え、落ちてくる牛などの沢山の小道具、その全部がバカバカしいほど贅沢に手をかけられていることにも感動する。そう、壮大で真剣なムダ、それこそが確かにモンティ・パイソンの魅力でありポリシーなのである。
 

s_039
  ※写真は一幕のみ

ミュージカル

『モンティ・パイソンのスパマロット』
脚本・詞・音楽◇エリック・アイドル
作曲◇ジョン・ドウ・ブレ
企画・脚色・演出◇福田雄一
出演◇ユースケ・サンタマリア、池田成志、戸次重幸、賀来賢人、ムロツヨシ/マギー、皆川猿時/彩吹真央
KENTARO/大木智貴、小島良太、高原紳輔、那須幸蔵、夏樹弘、秋山千夏、磯貝レイナ、遠藤瑠美子、可知寛子、福田えり、保泉沙耶(男女50音順)
●2012/1/9〜22◎赤坂ACTシアター
●2012/2/2〜5◎森ノ宮ピロティホール
〈料金〉
東京/S席10500円 A席9000円 
大阪/S席10500円
〈問合せ〉
東京/サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜19:00)  
大阪/キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00〜19:00)  

http://www.spamalot.jp/


【文/榊原和子 撮影/冨田実布】

演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/

◇演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】
瀬奈じゅん主演『ビューティフル・サンデイ』
大鳥れい出演ミュージカル『パルレ』
公演チケット
特典付き販売中!

▼ご購入はこちらより▼
http://enbu.shop21.makeshop.jp/
  

雪組公演『Samourai(サムライ)』日本青年館公演

前田正名/音月桂

フランスのパリという異国の地で、日本人の侍であることを貫き通した男・前田正名(音月桂)の生き様を描いた物語、雪組公演『Samourai』が13日、日本青年館での初日を迎えた。原作は月島総記作の『巴里の侍』。
そこから脚本と演出を担当した谷正純が一番に抽出したのかったのは、命の尊さに対する思いだろう。
生き残った者は果てていった命を背負って生きていく。
どんなときもそれが生き残った者の使命であり、決してなくしてはならない死者に対する誠意である。
結末は明るいハッピーエンドではないかもしれないが、メッセージをきちんと見る側の心に届けてくれる誠実な舞台だった。

一幕では正名と彼が師と仰ぐ坂本龍馬(緒月遠麻)とのエピソード、またそこから龍馬の死を受けて正名がフランスに渡り、市民兵に志願するところまでが描かれる。
初々しい少年っぽさを残した音月の正名と、何事も楽しむ心意気、そしておおらかで懐の深さを感じさせる緒月の龍馬とが好対照。
正名と龍馬が絡む場面は少ないながらも、龍馬を尊敬する正名の真っ直ぐな思いがひしひしと伝わってくるので、龍馬から受け取った刀を手に正名がフランスへと渡る決意をするのも納得である。
龍馬の自由な思想がそのまま演出に繋がったような客席降りがあるのも一幕の楽しさ。
先に正名と龍馬が舞台上から下手通路、中通路と進み、そのあと上手通路を通って移動。
そのあと龍馬を慕う侍の面々がまた通路に降りて来て歌う。

渡会清玄/早霧せいな

正名がフランスで出会う、もう一人の日本の侍、渡会清玄役は早霧せいな。
日本でもフランスでも女性に嫌われるという粗野な男を早霧が好演。
早霧自身見た目は粗野とはほど遠いとても綺麗な人なのだが、役を通して見ると“モテない”というのもわかってしまう男っぷり。
笑いの部分も請け負い、また渡会の血気盛んな言動はそのまま芝居のムードを高めていく。
音月と早霧のがっつり組んだ芝居もこの作品の見所の一つだろう。

二幕では戦争の中、必死にパリを守ろうとする人々の生き様が描かれる。
幾度かの戦闘を経て、その中で誇り高い日本人の侍である自分を自覚していった正名。
一幕で見せていたような若い姿はそこにはなく、精神的に成長を遂げた一人の侍がそこにいた。
顔付きまでもが変わる、音月の演技の変化に注目したい。
歌声はのびのびと緩急自在で表現力が一層増したのを感じるし、随所に取り入れられた殺陣も決まり、さすがは“日本物の雪組”のトップスターといったところ。また音月時代の雪組で日本物の芝居が見たくなった。

フルーランス/緒月遠麻

正名や渡会のいる小隊の隊長・フルーランスを緒月遠麻が二役で演じ、こちらの役でも龍馬と通じるような大きさを印象付けた。隊長ということで、動き回らずただそこにかまえて、兵士たちの動きを見ている芝居も多いのだが、ただ立っているだけであっても、その内側で熱い心が奮い立っているのを感じる。
市民兵として戦争に参加する兵士のチプリアニには香綾しずる。ちょっと小生意気なことを言ってみたりもするが、根が素直な若者役に香綾がぴったりとはまる。泣かせる芝居も見逃せない。
敵役のレオンを大湖せしるがたっぷりと演じ、この大湖の演技が正名たちの怒りを充分に煽っていた。

その他、酒場の女将のブランシェの涼花リサが落ち着いた大人の女性の芝居を見せていたり、レティシア(花帆杏奈)とマティアス(凛城きら)の台詞のやり取りなど、ちょっとした場面の芝居の落ち着きが、芝居全体のまとまりに繋がっている。
それを主な役どころを演じる音月、早霧、緒月の演技がぐっと引っ張っていくという良いバランスだ。

マリー/舞羽美海

そこに舞羽美海演じるマリーの淡い恋心が加わる。はじめは日本人を毛嫌いしていたマリーだが正名たちの生き様に触れ、徐々に心を開いていく。その変化の過程を舞羽は丁寧に、けな気に演じてみせた。

1871年の普仏戦争が舞台ということで、人々が死んでいく場面も多い。
死んでいく人と生き残る人との関係がそれまでに見えるからこそ、死にドラマが生まれるのではないかと思う。その点を考えると、正名や渡会がフランス人兵士たちに認められ、絆を深めていく過程などをもう少し描いてくれてもよかった気がする。
また前田正名は実在の人物であり、その次男に嫁いだのが元タカラジェンヌである前田光子(麻樹ゆめみ)だったというエピソードには確かに縁を感じるが、そこを説明しただけのプロローグは必要だったのか?というと疑問である。

お正月公演らしく冒頭では音月、早霧、緒月が白頭、赤頭をかぶり毛振りを披露。こちらの身もぴりっと引き締まるような荘厳さだった。フィナーレでは宝塚らしい燕尾服のレビューが付く。音月と舞羽、早霧と麻樹、緒月と早花まこ、彩風咲奈と桃花ひな、4組のデュエットダンスもあり華やかさは増す。

パリを舞台に活躍した日本人の物語。
パリを、そして何よりも傍らにいる大切な人を守りたいという思いの為に精一杯生きた人々の姿から、「限りある命をどう生きるのか?」という問いかけが聞こえてくるような、胸に迫る舞台だった。

フィナーレ






雪組公演
ミュージカル
『Samourai(サムライ)』
〜著・月島総記「巴里の侍」(メディアファクトリー刊)より〜

脚本・演出◇谷 正純

●1/13〜20◎日本青年館

<料金>
S席:7,500円 A席:5,000円

<HP>
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/253/index.shtml




【文/岩見那津子 撮影/冨田実布】



演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/

◇演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】
瀬奈じゅん主演『ビューティフル・サンデイ』
大鳥れい出演ミュージカル『パルレ』
公演チケット
特典付き販売中!

▼ご購入はこちらより▼
http://enbu.shop21.makeshop.jp/

 

演劇ぶっく2月号 早霧せいなさんの記事をご紹介!

早霧さん記事画像

1月7日に発売された演劇ぶっく2月号では、1月13日より日本青年館で上演される『Samourai(サムライ)』に出演される早霧せいなさんの記事を掲載しております。
グレーのパイピングの入ったジャケットもびしっと決まった早霧さんの記事はP42から2ページでの掲載です。
早霧さんが演じるのは、パリに留学した日本人の侍、渡会晴玄。
インタビュー時はまだまだ『Samourai』の稽古も始まる前で、早霧さん自身にとっても舞台はパリでありながらも演じるのは日本人という設定が新鮮に感じられた様子。
公演に対する意気込みと合わせて、渡会を演じている少し未来の自分に対するメッセージをお伺いしましたので、そちらは是非本誌でお確かめください。
「あぁ、確かに美味しいですよね!」と 共感しつつも、早霧さんのイメージとはちょっとかけ離れたような好きな食べ物と絡めてのメッセージでした。
その食べ物からもパワーを得て?の13日からの舞台も楽しみです!


poster

<公演情報>

雪組公演
ミュージカル
『Samourai(サムライ)』
〜著・月島総記「巴里の侍」(メディアファクトリー刊)より〜

作・演出◇谷正純

●2011/12/23〜1/6◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
●2012/1/13〜1/20◎日本青年館 

【文/岩見那津子】

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

★早霧せいなさんの記事をカラー2pで掲載!


▼こちらでもご購入いただけます▼
演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について