えんぶ本誌の宝塚記事取材の機動力を生かして、宝塚歌劇の製作発表、会見などをいち早く紹介。 宝塚OGの公演やインタビューのほかに公演の批評なども展開しています。

『不徳の伴侶 infelicity』

『BOYZ BALLET FANTASY』公演レポート

009

2011年10月26日〜30日にかけて銀河劇場にて上演された『BOYZ BALLET FANTASY』。
桐生園加の宝塚退団後の初舞台である。
桐生は、宝塚時代の同期である舞城のどかと共にミューズ役として出演し、
ダンスで挫折し、ダンスによって立ち上がる青年 を導く役どころをつとめた。

003007

さまざまなダンスに一度に触れることができる、わくわくするようなショー作品。
基本はバレエなのだが、ヒップホップ、タップダンス、ジャズダンスとありとあらゆるダンスが盛り沢山。中河内雅貴を中心に踊るのが大好きだという思いが全身から伝わってくるような若手ダンサーたちが集まり、そんな若いエネルギーをバレエダンサーの西島千博がきちっと締める。
挫折からダンスの世界の迷宮へ・・・そして新たなステップへ進むという構成もわかりやすく、その中にたっぷりとダンスの魅力が織り込まれていた、見応えのある舞台だった。

013037

桐生はふわっとした白い衣装であったり、大胆に背中があいた黒いドレス、またソフト帽をかぶっての登場など、男役だった魅力も生かしつつ、宝塚時代とはまた違った新たな一面も見せた。
変わらないのは桐生のダンスの正確さと、そのダンスを見たことで得られる爽快感。
気持ちがすっきりするような、凛々しい桐生のダンスの魅力は健在だ。
退団後の初舞台として作品にも恵まれたと言えるだろう。
男役を卒業した桐生が女性としてどんなダンスや、はたまたどんな演技を見せてくれるのか。
これからの桐生に対する期待がぐっと高まった公演だった。


036038

016

043






BOYZ BALLET FANTASY 2011 Loving SWAN LAKE

構成・演出◇竹邑類
音楽◇松本俊行・la malinconica sinfonia(マリンコニカ・シンフォニア)
振付◇ジャズ・ステージング:港ゆりか
    バレエ:瀬川ナミ
    タップ:HIDEBOH
    ヒップホップ:森新吾

出演◇ 中河内雅貴
    桐生園加  天空の女神(ミューズ) 
    舞城のどか 天空の女神(ミューズ)
    宮下龍之介 地上の天使(エンジェル)
 
    東文昭・長澤風海・北川優佑・アクリ士門・清水夏生
    佐野朋太郎・長澤仙明・森新吾・和田泰右・石井伶治

    西島千博

10/2610/30◎天王洲 銀河劇場





【文/岩見那津子 撮影/冨田実布】




演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/


演劇ぶっく12月号発売中

表紙・インタビューに市川亀治郎と蒼井優、

亀梨和也、早乙女太一、城田優ら舞台写真とインタビューなど盛りだくさん!


↓試し読みはこちらより(PCのみ)↓

演劇キック【演劇ぶっく試し読み】コーナー

http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html


♪ご購入はこちらより

えんぶ☆Shop
 

安寿ミラが出演するD☆Dの『TANGO Doki Doki 』が開幕


0820_1-1909

安寿ミラから出演作の知らせが届いた。

舞台は11月23日から27日まで天王洲 銀河劇場で上演する、スーパーダンスユニット「DIAMOND☆DOGS」のタンゴ・シリーズ『TANGO Doki Doki 』

 

東山義久を中心に7人のメンバーからなるD☆Dが2004年から行なってきたタンゴ・シリーズで、『Summer Fashion』、『RHAPODY in AUTUMN』、『タンゴ・アラベスク』に続く4作目。
08年の『タンゴ・アラベスク』は今は亡き大浦みずきがゲスト出演、彼女のラスト・ステージとなった作品としても知られている。そのタンゴ・シリーズも今回の『TANGO Doki Doki 』で、シリーズ・ファイナルとなる。
 

演奏は世界の至宝と言われるタンゴ楽団のアストロリコ、タンゴの名曲を歌とダンスで魅せるエンターテインメントショーで、今回のスペシャルゲストとして安寿ミラと香寿たつきが出演。
元宝塚歌劇団の花組で一緒だった安寿と香寿の共演は久しぶりで、2人が同じ舞台に立ち歌い踊るシーンは見どころの1つとなっている。
 

1幕はドラマ仕立て、2幕ではこれまでの定番に新たなナンバーを加えバラエティに富んだダンスが続く。
構成・演出には荻田浩一とD☆D、港ゆりかが振付けに加わるという充実したスタッフ陣。
よく知られたアルゼンチン・タンゴの名曲を中心に、ジャズアレンジやロックアレンジでも歌い踊る、このタンゴ・シリーズのファイナルにふさわしい集大成の舞台である。


thumbnail

『DIAMOND☆DOGS “TANGO”Series vol.4 = TANGO Doki Doki =』

構成・演出◇荻田浩一

音楽◇アストロリコ、松本俊行

振付◇港ゆりか

構成・演出◇DIAMOND☆DOGS 

出演◇DIAMOND☆DOGS/安寿ミラ/香寿たつき/アストロリコ

●11/23〜27◎天王洲 銀河劇場

〈料金〉S席8000円 A席6500円銀河劇場チケットセンター 

〈問合せ〉劇場 03-5769-0011

 http://www.diamonddog-s.com


演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/


演劇ぶっく12月号発売中

表紙・インタビューに市川亀治郎と蒼井優、

亀梨和也、早乙女太一、城田優ら舞台写真とインタビューなど盛りだくさん!


↓試し読みはこちらより(PCのみ)↓

演劇キック【演劇ぶっく試し読み】コーナー

http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html


♪ご購入はこちらより

えんぶ☆Shop

演ぶ試し読み!『アリスの恋人』に出演 紫門ゆりや&愛希れいか

66 67 次回公演画像poster

演劇ぶっく12月号では、1117日に宝塚バウホールで初日を迎えた月組公演『アリスの恋人』に出演中の紫門ゆりやさんと愛希れいかさんのインタビューをカラー2Pで掲載しております!
お二人には『アルジェの男』新人公演、宝塚全体や月組の魅力、そして『アリスの恋人』への意気込みなどを語っていただきました。
インタビューさせていただいたのは『アルジェの男』東京公演中で撮影場所は東京宝塚劇場の中。
どこで撮影したのかもぱっと見てみていただければ、わかるのではないかと。限られた空間の中、ベストな撮影場所を求めてカメラマンと二人、うろうろした結果、今回はここに決定。
とにもかくにも可愛らしく爽やかな二人。キラキラしてました。
そんな二人のキラキラが少しでも誌面から伝われば幸いです。


インタビューページサンプルはこちらよりご確認いただけます。



月組公演 バウ・ラブ・アドベンチャー
『アリスの恋人−Alice in Underground Wonderland−』
〜ルイス・キャロル作「不思議の国のアリス」より〜

脚本・演出◇小柳奈穂子

11/1711/27◎宝塚バウホール
12/2〜12/8◎日本青年館

 

演劇ぶっく12月号(154号)は全国書店でご購入いただけます。
書店でのお取り扱いがない場合は、えんぶSHOPからもご注文承っております!→えんぶSHOP

大空祐飛、野々すみ花による「イルミネーション点灯式」レポート

s_028

東京宝塚劇場にほど近い丸の内では、毎年クリスマスの時期に街頭の樹々がライトアップされるが、今年は『Marunouchi Bright Christmas 2011 Special 宝塚歌劇展』 『丸の内イルミネーション2011』のイベントが催され、丸の内全体が宝塚歌劇団の色で染め上げられている。

丸ビル1F「マルキューブ」には、宝塚歌劇をイメージして「赤」を基調とする高さ8メートルのクリスマスツリーを設置。また、被災地仙台市内の主婦を中心とした女性たちに、「愛」という花言葉を持つバラや「希望」を意味するガーベラを取り入れたモチーフの制作を依頼、仙台七夕を制作する工房にもクリスマス仕様の竹細工の工芸品を造り上げてもらうなど、「被災地と繋がる丸の内のクリスマス」を演出している。
 

また、この『丸の内イルミネーション2011』のイルミネーションは1球あたりの消費電力を65%削減する「エコイルミネーション」で、使用電力は前年比約6割を削減、さらに期間中使用する全てのエネルギーに太陽光や風力などの自然エネルギーの「グリーン電力」を使用し、環境や電力不足に配慮してある。

そのイルミネーション点灯の初日となる11月10日18時より、宙組トップスター大空祐飛と野々すみ花が登場、点灯式とトークショーが行なわれた。
 
s_003s_006

当日の朝から並んで整理券をゲットした観客がステージ前を埋め、入りきれなかったギャラリーがステージの周りや吹き抜けの2階からも多数見つめるなかに、大空・野々のコンビがステージ左方にあるエスカレーターに乗って仲睦まじく登場。拍手と歓声で迎えられる。そして巨大クリスマスツリーをバックに、トークが始まる。

s_008
 

まずはファッションチェック。大空がファーベスト、野々はブレスレットがファーで、大空「ファーでお揃いというのをコーディネートしてみました」と説明する。

ーークリスマスの思い出は?、

大空 毎年イブの日に、出演者全員でプレゼント交換をしています。何円分と決めて、組子それぞれが用意するのですが、個性が出るので面白いですね。今年も公演中にクリスマスを迎えるので、やろうと思います。

野々 朝起きたら枕の横にプレゼントがあったらいいなと思いますけど、ふと目が覚めたら父がプレゼントを抱えていたり…そんな思い出ばかりです(笑)。

大空 クリスマスが近くなるとサンタさんにわかるように、あれが欲しいなとつぶやいてみたりします(笑)。
 

s_011

ーー宝塚といえばフィナーレの羽ですが、羽を背負った感想は?

大空 重いですね〜。人をおぶっているようです(笑)。降りるときの一歩目が大事で、不思議と今まで落ちた人がいないのは舞台の神様がいるんでしょうね。

野々 舞台袖にいる時は重いなと感じますが、舞台に出ると忘れてしまいますね。

ーー相手役としては、如何ですか?

大空 分身のようです。半分自分みたいですね。 

ーー2人でひとつ?

大空 そうですね、本当に、2人でつくるものに関してはそういう気持ちです。

野々 私は本当に、相手役としていられることが幸せです。

ーー羽を背負って大階段を降りられる時の笑顔には、どんな気持ちがこもっていますか?

大空 羽を背負って降りてきた時には、本当にいつも温かい拍手や声援を下さっていて、受け止めていてすごく幸せで、本当にありがとうございましたという気持ちです。 

野々 大きな羽に守られながら、本当に幸せな気持ちで一杯です。ありがたいなと思いながら、幸せを感じています。 

 s_007


ーー幸せを感じる時はどんな時ですか?

野々 やはり、大空さんに…こう近くで…こう近くで!(とだんだん大空に近づくが、逃げられる)(笑)。相手役としていられることで毎日幸せです。

ーー大空さんは如何ですか?

大空 え、別に。いや、役の気持ちです。はっはっは(笑)。

 

s_0001s_015

そんな仲良しぶりを発揮したトークショーの後は、宮城県仙台市の主婦たちが制作した赤の「シャンシャン」によって、会場の人達も一緒に「3、2、1」の掛け声の中、点灯。一斉にイルミネーションが点くと会場から大きな歓声が上がる。大空、野々も一緒に感動の声を上げる。

s_016

s_017

s_018

大空は「感動しました。ちょっと鳥肌立ちました」。思わず涙ぐむ野々に「泣いてる」と大空がツッコみ、野々が「祐飛さんも感動してたじゃないですか」と負けじとツッコむ可愛いやり取りも。

また、このイベント中には、丸の内カードの入会者の中から抽選で3名にクリスマスカードと赤いバラの花束のプレゼントが贈られ、カードの絵柄の名称を額を寄せて相談し合うなど、最後まで抜群のコンビネーションで、ギャラリーを楽しませてくれた宙組トップコンビだった。

 

s_022

s_023

このイルミネーションは12月25日まで、丸ビル、新丸ビル、丸の内オアゾ、東京ビルTOKIA、丸の内ブリックスクエアでビルや街頭で見られるほか、丸ビル1F「マルキューブ」に宝塚歌劇の舞台で使用される「大階段(体験用模型)」や「ベルサイユのばら」で登場する「銀河の馬車(実物大模型)」を設置する展示をはじめ、宝塚歌劇の華やかな世界を感じる様々なイベントが予定されている。また、スター関連、OG関連のイベントは、11月18日の雪組トップ音月桂と舞羽美海のトークショーなど、このあと多数開催の予定。
 

s_030



 11月18日 18;30〜19:00 
雪組トップ 音月桂&舞羽美海 トークショー
      丸ビル1F マルキューブ
【問合せ】 丸の内コールセンター 03-5218-5100

      [月〜土] 11:00〜21:00 
      [日・祝日] 20:00まで(※連休の場合は最終日のみ20:00まで)
      http://www.tokyo-event.jp/11takarazuka-event/event/index.html


【取材・文・撮影/冨田実布】


演劇キック演劇情報コーナーhttp://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/


演劇ぶっく12月号発売中

表紙・インタビューに市川亀治郎と蒼井優、

亀梨和也、早乙女太一、城田優ら舞台写真とインタビューなど盛りだくさん!


↓試し読みはこちらより(PCのみ)↓

演劇キック【演劇ぶっく試し読み】コーナー

http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html


♪ご購入はこちらより

えんぶ☆Shop

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について